2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/30(月) 23:15:44.66 ID:xbUidgla0
アニ「お父さんへ。この壁の中の世界は無事終焉に向かっています」

アニ「ですからもういいですか?」

アニ「これ以上の意味が私にはわかりません」

とこんな風な手紙を私は書き、捨てる

だって届ける方法がどうやってもわからないし

わからなくなった

この世界は誰かが望んだように人類は負けそうだった

どのくらいなんだろう?

負けたかどうかは知らないし、分からない

私は一人で暮らしていた

誰とも会わない。会いたくない

滅んでしまった?かまわない。変わらないから

それは昔だって今だったそうだ

いやになる

いやになった

だから離れた

【アニ「壁に穴のある街で」】の続きを読む