えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

エレン

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: とことんとことん 2013/08/30(金) 22:04:23 ID:LuAb7yng0
エレン「え?」

アルミン「ア………///」

エレン「あ?」

アルミン「アニの事なんだッ……//」




【アルミン 「エレン、相談があるんだ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 名無しに代わり進撃の巨人ちゃんねるがお送りします 2013/09/17(火) 01:12:19 ID:l.r63.zA0

~食堂~

エレン「おはよー、アルミン、ミカサ」ファ-


アルミン「おはよ。エrミカサ「おはよう。エレン」


アルミン「」シクシク


エレン「アルミン...」


ミカサ「?、どうしたの?アルミン」


アルミン「何でもないよ...」グスッ


エレン「と、とりあえず飯食おうぜ」


ミカサ「そう...じゃあ私が取ってくる」タッタッタッ


エレン「あぁ。ワリィな、ミカサ」


アルミン「そういや、エレンは知ってるかい?」グスッ


エレン「?、なにをだ?」




【エレン「犯人はお前だ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
9: 名無しに代わり進撃の巨人ちゃんねるがお送りします 2013/07/11(木) 16:30:09 ID:/CEw/7UM

ライナー「な、なな……」

ベルトルト「何だって!?」

アルミン「そのまんまだよ! 見れちゃうんだよ!!」

ライベルアル「クリスタの夢が!!」

ジャン「ミカサの夢……」

エレン「騒がしいなぁ、何の話だよ」ガチャ

マルコ「僕も乗っちゃって良いかな!?」(待っていてくれ、すべての女子よ)

アルミン「とにかく行こうっ!すべては女子寮だ!! 夢は女子寮だ!!」

一同「わあああぁぁぁああ!!」

エレン「わぁぁあ!!」(みんなすごい団結力だ、すごいぞアルミン、きっとすごいんだな!すごいんだ!)

アルミン「いざ出陣 出チン!!」

一同「出チイイイィィイン!!」




【エレン「いい夢見たなミカサ、母さんに会うなんてよ! それにこれからもずっと俺たちは家族だ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しに変わり進撃の巨人ちゃんねるがお送りします 2013/05/30(木) 01:53:12 ID:Wx5SxwpM
夜 訓練兵団 女子寮


ミカサ(もう何年も一緒にエレンとねんねしてない・・・・・・)

ミカサ(小さい頃は夜寝るときはいつも一緒だったのに・・・・・・)

ミカサ(エレンのお家で住むようになった頃、エレンはよく私のことを気遣ってくれてた)

ミカサ(特に夜になると・・・)

【ミカサ「エレンと一緒に寝たい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 進撃の名無し 2014/04/24(木) 21:38:36 ID:LQvRCxhc0
エレン「どうしてだ?昨日はあったハズ…」

コニー「……ww」

ライナー「…w」

【エレン「あれ?俺の靴がねぇな…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 名無しに代わり進撃の巨人ちゃんねるがお送りします :2013/07/07(日) 20:16:34 ID:.fA1MDwc
=I=

―――ここはどこだ?

さっきまで食堂にいたような……

いや……ここは食堂だ……

そうか……みんなの雰囲気が違いすぎるから……

どう違うんだ……?

あぁ……みんなの表情がいつもと違うんだ……

でも一体何でそんな―――





【エレン「この目に映る彼方の時」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 名無しに代わり進撃の巨人ちゃんねるがお送りします :2013/10/04(金) 08:14:46 ID:95QNiF7k0
エレン「はあ…今年もこの季節が来たか…」

2月10日。

ミカサの13回目の誕生日がもうすぐやってくる。

エレン「今年くらいなんかいつもと違ったことやりてえな…」

エレンはカレンダーを見つめながらもやもや考えた。

エレン(毎年「おめでとう」と言ってハグして終わり、だもんな。それだけでいいってミカサは言うけど…正直、味気なさすぎるよな)

こういう事は誰かに相談したほうがいい気がする。

エレン(思い切って女子の意見を聞いてみるか…)

そう思ったエレンのこと後の行動が…

ミカサを天国へと導く第一歩になるのだが…。

この時のエレンは、まだそれを知らない。




【エレン13変化(エレミカ寄り)】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しに代わり進撃の巨人ちゃんねるがお送りします :2013/07/04(木) 00:58:20 ID:kCeRbqn2

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
~食堂~


エレン「なぁアルミン?最近おもったんだけどよ・・・」

アルミン「どうしたんだい?」

エレン「なんか、俺ら以外の104期生があからさまにアニを嫌ってないか?」

アルミン「うん・・・僕も思ってたよ。なぜだろう?」

ミカサ「悪質な嫌がらせが酷くなってるらしい」

エレン「悪質って?」

ミカサ「休暇の日とかはみんな部屋を留守にすのだけど・・・その時にアニの服だけゴミ箱に捨てられてたりする」

エレン「ひっでーな・・・」

アルミン「さすがにやりすぎだね・・・」



【エレン「いっただろ?お前は俺が守るって」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しに代わり進撃の巨人ちゃんねるがお送りします :2013/10/02(水) 03:24:32 ID:95QNiF7k0
訓練兵だった頃、こういうやりとりがあったらいいなという妄想SSです。
 
とある雨の日の夜のことだった。

ミカサはエレンに用事があって男子寮に来ていたが、

ふと目に止まったソレに眉間の皺を増やして話題を変えた。


ミカサ「エレン…これは?」

エレン「は? 何が」

ミカサ「……これ」



【ミカサ「エレン…これは?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しに代わり進撃の巨人ちゃんねるがお送りします :2013/12/23(月) 13:31:13 ID:FYOOfyEA0
*幼少期のエレンとミカサとアルミンの三人のお話。
*小さいエレンとミカサとアルミンが書きたくて書いてみる。
*一人称に挑戦します。多少変なところは大目に見てね!



【エレン「ミカサがうちにやってきた」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: とことんとことん :2013/09/01(日) 17:50:01 ID:i4omW5KA0
エレン「………って何だアルミン」

アルミン「知らないで盛り上がっていたのかいエレン……」

エレン「なんなんだー?」

アルミン「お芝居を皆でするんだよ」

エレン「何の芝居だ?」

アルミン「何々………『眠れる森のミカサ』……………」

エレン「ミカサ?」

アルミン「姫:ミカサ 王子:エレン
いい魔女:クリスタ・ユミル・ミーナ
悪い魔女:アニ その他…」

エレン「アニ魔女………///」





【エレン「演劇祭り!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しに代わり進撃の巨人ちゃんねるがお送りします :2013/06/30(日) 16:20:16 ID:wmoKSsS.
~壁内~

エレン「アルミン!」スタッ

アルミン「え、エレン!?君はライナーとベルトルトに・・・」

ライナーベルトルト「・・・」

アルミン「ライナー・・・ベルトルト!」ギリッ

エレン「アルミン!詳しい話はあとで話す!今言えることは・・・」

アルミン「・・・?」

エレン「あいつ・・・アニの力が必要なんだ!」

アルミン「なっ・・・!」






【エレン「アニ救出作戦」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しに代わり進撃の巨人ちゃんねるがお送りします :2013/08/22(木) 09:50:25 ID:MV639.pc0
~対人格闘(一時間前)~

しちがつむいか、はれのちくもり!

アニ「フッ!」バシッ

エレン「どぉわ!」アタマガンッ

アニ「ほら、立ちな…って、え?」

エレン「」

アニ「医務室に…ったく、脆いんだから」クスッ

アルミン「エレン大丈夫かな?」

ミカサ「ちょっとあの女狐削いでくる」

アルミン「ストップ!ストップミカサ!」






【エレン「僕は誰なんだ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: とことんとことん :2013/09/11(水) 15:19:41 ID:Zb/dxA720
ライナー「そうか?」

アニ「なんだろう……言葉で表せない怖さっていうか……」

ベルトルト「エレンはいい人だと思うよ?」

アニ「ん、まぁ、そうなんだけど」

ライナー「見方を変えてみたらどうだ?そうすれば怖さも減るんじゃないか」

アニ「やってみる」



コニー「黒板ゲームしようぜ!」

サシャ「たまには良いですね」

クリスタ「やろう!」

ユミル「そういうのだりぃからお題だすわ」

ミーナ「やる気満々じゃない」

マルコ「僕もやるよ!」

ジャン「ま、まぁ?どうしてもっつーなら?やってやっても良いけど?」

ミカサ「エレン、やる?」

エレン「あー、俺は………」

アルミン「じゃ、エレンはやらないのか」

ライベル「おい、いたぞアニ」

アニ「うん…………」

エレン「アニ」ヒョコ

アニ「う、うわぁっ」




【アニ「エレンが怖い」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :名無しに代わり進撃の巨人ちゃんねるがお送りします:2013/06/08(土) 20:48:18 ID:91.V0hU.

リヴァイとエレンたちは同年代設定


エレン「さっきは驚いたぜ。まさかキース教官を逆にビビらせるなん」

リヴァイ スタスタ

エレン「っておい、無視すんなよ」

リヴァイ「ちっ、うるせぇな。気安く声かけんじゃねえ(ギロッ」スタスタスタスタ

エレン「変わったやつだな、あいつ」

アルミン(きょ、巨人より怖いかも)ブルブル

ミカサ(エレンの挨拶を無視した...いつか私が然るべき報いを)ゴゴゴゴゴゴ





【エレン「エレンイェーガー、よろしくな」 リヴァイ「・・・・・」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2 : アニ・イエーガー :2013/09/10(火) 20:01:42 v5uwUFB60
対人格闘技訓練~


エレン「アニやり方はわかるよな..いくぞ!」


アニ「ふっ」ゲシ



エレン「うわっ!なんだ蹴られたのか!うっ..」



アニ「もう行っていいかい?」



ライナー「まだだ短刀を取り上げるまでだ!」



エレン「お、おい」




アニ「はぁ」ドガッゲシッ



~~~~~~~~~

~~~~~~

~~~






【エレン「覚悟を決めないといけないのか」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2 : アニ・イエーガー :2013/09/02(月) 01:43:53 v5uwUFB60
エレン「アルミン相談があるんだけど....」


アルミン「なんだいエレン?エレンからの相談は珍しいね?」


エレン「まぁな...」


アルミン「ところで相談って何?」


エレン「まぁ直にいうと俺...アニが好きだ///」




【エレン「アニが好きだ」アニ「エレンに恋をした...」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :名無しに代わり進撃の巨人ちゃんねるがお送りします:2013/06/23(日) 01:05:21 ID:RcAp.O8E
キース「実施は2週間後である。競技内容と組分けは掲示物をよく読むように。」

キース「余興であるが、戦場においていかなる状況にも適応し、それに応じた戦略を練り、また何よりも仲間との信頼が重きをなす。」

キース「転じて様々な競技に対応した戦略、仲間との信頼を築く機会ではないであろうか。」

2 :名無しに代わり進撃の巨人ちゃんねるがお送りします:2013/06/23(日) 01:08:43 ID:RcAp.O8E
キース「なお、練習時間を特別に設けたりはしないため練習は各々でするように。」

キース「また組分けに関する異論は受け付けない。以上!」

一同「ナンダナンダ」

一同「ヨクワカラネエゼ」

ガヤガヤ






【エレン「体育祭?!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :名無しに代わり進撃の巨人ちゃんねるがお送りします:2013/06/02(日) 10:48:12 ID:jAX1qmFk
-----夜・男子寮

ジャン「てめぇ・・・またミカサといちゃつきやがって!羨ましいんだよ!」

エレン「別にいちゃついてなんかねえd・・・っておい服が破けちゃうだろ!離せよ!」

ワーワーギャーギャー

アルミン「まったくあの二人は・・・」

ライナー「気にするな。いつものことだ。」

アルミン「それもそうだね。」

ジャン「もう我慢できねえ!お前、俺とミカサを賭けて勝負しろ!」

エレン「さっきから何訳分かんねえこと言ってんだよ・・・ まあでも勝負なら受けて立つぜ。」

ジャン「明日の立体起動の訓練でより獲物を多く狩ったほうが勝ちだ。いいな?」

エレン「望むところだ!」


【エレン ジャン「「パラレルワールド?」」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/03(金) 21:37:43.52 ID:O3lcwuWC0
夜・食堂

エレン「ん?あぁ、どこだ」

ミカサ「とってあげる…」ブチッ

エレン「いってぇっ!?」

ミカサ「ごめん。一緒に髪も一本抜けた」

アルミン「(10本位毟り取ってるよね…)」

ミカサ「取った埃、捨ててくるから」

エレン「? お、おう」

アルミン「エレン、僕なんだかいやな予感がするよ…(小声」

エレン「あぁ?あんなもんいつも通りだろ」





【ミカサ「エレン…髪にほこり付いてる」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3 :タピオカ◆qZUCpA/gIM:2013/07/06(土) 12:05:15 ID:.yBRQm5k
ミカサ「・・・・え?」

デレン「てかいきなり何言ってんの?あほみたい!」ツンツン

ミカサ「・・・・なにこれ」

アルミン「あっ、おーいミカサ!」タッタッタ

ミカサ「あっ、アルミン」

アルミン「エレン見なかったかい?」

ミカサ「…いや、そこにいるんだけど、何か様子がおかしい」

デレン「ミカサってほんとに意味わかんない」

アルミン「あちゃー、成功品だったかぁ」 





【ミカサ「エレン可愛い」デレン「べ、別に嬉しくないんだから//」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/20(日) 23:35:39.57 ID:BBGznOO+0

なんだぁ、そのツラは?

俺が来たら悪いってのかよ。

ったく、毎日毎日飽きもせず隣にミカサを侍らせやがって。

その上、お前に一目会いたいって物好きが後を断たないそうじゃねえか。

いいご身分だな、英雄さんよ。

……つうか実際のとこ、ミカサに会いに来てるようなもんなんだぜ、俺はよ。

じゃなきゃこんなとこ、誰が好きこのんで来るかってんだ。

ようミカサ、こいつに飽きたらいつでも俺のとこに……

冗談だよ、そんな顔すんなって。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1382279739

引用元: ジャン「よう、死に急ぎ野郎」 


 

  【ジャン「よう、死に急ぎ野郎」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/11(火) 21:15:39 ID:NYVz/uPQ
リヴァイ「…で?」

ハンジ「多分一時的なものだから、いつも通り面倒見てもらえると助かるなー」

エレン「…」ソソッ




【ハンジ「いやーエレンが幼児化しちゃったよー」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/11(火) 08:33:26 ID:1bTp6/oQ
基本エレユミ

カップリング要素・キャラ崩壊・捏造などなど注意

引用元: エレン「いろんな場所で」ユミル「二人きり」 

 

  【エレン「いろんな場所で」ユミル「二人きり」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/13(日) 12:05:31.10 ID:DG58EzCM0
あれ…ここどこだ?

頭がボッーとする…

教室?

やべっ!座学の途中だったか!?

でも、真っ暗で誰も居ないぞ?

記憶がない……ミカサ…アルミン…どこだ?ここ?
とりあえず、こっから出ねぇと

なんだか、座学の教室とも全然違うみたいだし……

もう、訓練兵も3年目なのにこんな部屋今まで知らなかった。


廊下に出てみると、さらに見たこともない光景が広がっていた。

あれ?マジでここどこだ?今日、何してたんだっけ?誰か人はいねぇのか?

ちょっと不安になってきた…


まるで、異世界に迷い込んだかのようだった。"そこ"は普段とは全然違う世界のように見えた。

しかし、そんな世界にも必ず光は射す。

エレン「この部屋、灯りがついてる」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1381633530

引用元: エレン「学級裁判」 


 

  【エレン「学級裁判」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
エレン「何を言ってるんだアルミン?」

ミカサ「アルミン? 調子が悪いなら休んだ方がいい」

アルミン「いや、僕は大丈夫……っ! 頭が痛い……」

エレン「結構な勢いでぶつかってたからな。無理せず医務室へ行こうぜ」

ミカサ「私達も付きそう」

アルミン「医務室? 医務室って何処の?」

エレン「何言ってんだよ、訓練兵団のに決まってるだろ?」

アルミン「訓練、へいだん?」

ミカサ「これは、まさか……!」




【アルミン「なんでミカサとエレン成長してるの?」エレン「えっ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/12/24(木) 20:07:47 NN7Veoi2

ワイワイ ガヤガヤ



肉屋の主人『そこの仲良しお二人さん、寄ってきな!サービスしとくよォ!』



八百屋のおじさん『ヘイらっしゃいお嬢さんにお兄さん、今日は卵が安いよッ!!』



雑貨屋の店員『あらアナタたち、お揃いの腕輪なんて買ってみない?きっと似合うわ!』





クリスタ『わぁいいなあ…!私、ああいうの昔からすっごく憧れなの!』


『欲しいのか?』


クリスタ『えっ?』



『あれ。欲しいんだろ?買ってやるよ』





【エレン「カップリングマシーン?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/01(土) 14:39:26 ID:kpA13b4Q

この話は 






の続きです。


前回も今回も、単行本10巻までの情報で書いているので、ネタバレ苦手な方はご注意ください。

【エレン「2人の相性グラフ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/21(火) 13:54:32 ID:P8fTcG3Y

この話は 




の続きです。
 

【エレン「巨人を見てる時の脳内メーカー?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/26(日) 00:34:15 ID:AyS5QW3g
クリスタ「こんばんは...」キラキラ

エレン(゚д゚)

クリスタ「あなたが落としたのはこの金の剣?」

エレン(゚д゚)

クリスタ「それとも、この銀の剣?」

エレン「....何やってんだクリスタ...?」

クリスタ「ギクッ」


【エレン「池に剣落としたらクリスタが出てきた」】の続きを読む

このページのトップヘ