えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

キョン

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/01(火) 01:30:21.84 ID:TjcYtVP70
長門「……!」

みくる「え!?涼宮さん今何て言いました!?」

ハルヒ「だ、だから…キョンの好きな人って誰なのかなって…」

みくる「ぎょぴー!!!気になるんですか!?気になるんですかぁ!?」

ハルヒ「ちょ!みくるちゃん輝きすぎよ!!」

長門「気になるの?」

ハルヒ「気、気になるっていうか……まぁ、うん」

引用元: ・ハルヒ「キョンって誰が好きなのかしら」 



涼宮ハルヒの消失 限定版 [Blu-ray]
角川映画 (2010-12-18)
売り上げランキング: 20,765
【ハルヒ「キョンって誰が好きなのかしら」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/01/02(木) 13:58:46.51 ID:yJm2b4iho
古泉「はい。昨日、涼宮さんから一つ頼まれ事をされまして」

キョン「またか。で、その頼まれ事ってのは?」

古泉「ある人の名前がどうしても思い出せなくて困っているそうです。それで特徴を言うから、今日の団活までに調べておいてと」

キョン「いつも通り傍若無人な頼み事だな。それでお前も困ってるって訳か」

古泉「ええ。涼宮さんが言うには、僕やあなたも絶対に会った事がある人物だそうなんですが、どれだけその人の特徴を聞いても誰かわからないんですね。このままだと、また涼宮さんの機嫌が悪くなりそうで正直まいっています」

キョン「仕方ない、俺も一緒に考えてやるから、ハルヒが来る前に誰か突き止めとこう。それで、一体、どんな特徴をハルヒは言ってたんだ?」

古泉「はい。『女の子で、背は低い方で、無口で、ショートカット』だそうです」

キョン「長門じゃないか」

古泉「え?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1577941126

引用元: 古泉「どうしても名前が思い出せないらしいんです」キョン「名前?」 



【古泉「どうしても名前が思い出せないらしいんです」キョン「名前?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/06(火) 00:42:22.85 ID:tjlauCkS0
「メり―ー―ーさん」










キョン「ん?」

妹「たぶんキョン君宛てだと思うよ?」

キョン「なんだろ、身に覚えがないな」

キョン「ん? んだこれ」

中身は四肢のない人形であった。
可愛らしい顔をしているが胴体と頭しかない。

キョン「なんだ……」

キョン「……ん?手紙か…? これ……」

引用元: ・キョン「涼宮ハルヒのちょっぴり怖い怪談」 



涼宮ハルヒの憂鬱 (角川文庫)
谷川 流
KADOKAWA (2019-01-24)
売り上げランキング: 201,223
【キョン「涼宮ハルヒのちょっぴり怖い怪談」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 21:57:54.11 ID:49q++hz70
古泉「イブですけど」

キョン「細かい事は気にするな」

古泉「これは失敬」

キョン「まあ良い。とにかく作戦開始だ」

引用元: キョン「メリークリスマス」 

 

【キョン「メリークリスマス」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03(土) 19:45:04.13 ID:wJx4T0Ct0
~放課後 部室~


ハルヒ「キョン、ちょっとゴミ捨ててきて」

キョン「はぁ? ゴミ?」

ハルヒ「うん。ドアの外の所に置いてあるから」

キョン「何で俺が」

ハルヒ「ざ・つ・よ・う・が・か・り」

キョン「はぁ、分かったよ」ガチャ


キョン「えーと、この半透明の袋のだな。うわ、いろいろゴミが詰まってるな」

キョン「何でお菓子の箱や袋がこんなに大量にあるんだよ。勝手に飲み食いでもしてるのかアイツ」


ボトッ・・・


キョン「……ん? もう1つあるな。黒いゴミ袋? こっちは中身が見えないな」

キョン「何か得体の知れないものでも入ってるんじゃないだろうな? ま、どうでもいい」

キョン「さて、ゴミを捨てにいくか」

引用元: キョン「さて、ゴミを捨てにいくか」 

 

【キョン「さて、ゴミを捨てにいくか」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 23:37:09.13 ID:WAJpEfDa0

キョン妹「あれー? キョンくんとキョン子ちゃん、喧嘩でもしてるの?」 


キョン「キョン子?」 

キョン子「キョン?」 


キョン&キョン子「…………またハルヒか」 


【キョン「お前、誰だ……」 キョン子「あんたこそ、誰?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/18(月) 23:55:45.27 ID:8FC/C5gb0
 ん~困った 

どうやら俺は死んじまったらしい 

何故かはわからないし俺が死んだことを誰も知らないようだ 

俺も含めて、誰もが気づかないうちに死ぬなんてことはあるのか? 

昨日から家族は連休をとって泊まり込みの旅行に行っているから俺の姿がどうとかは分からなかったのだが・・・ 

俺はとりあえず今部室にきている 

そこには朝比奈さんと古泉と長門がいる 

特に何をする訳でもなく皆がそれぞれのことをして楽しんでいるようだ 

そんな俺はというといつもの席に座ってぼーっとしている 

さっきから古泉や長門の顔の前で手を振ったり変な顔をしてみたりしているのだが 

誰も反応してはくれない 


Figma 涼宮ハルヒの憂鬱 キョン 制服 Ver.
Max Factory (2008-07-12)
売り上げランキング: 155,315
【キョン「お前ら俺が見えてないのか?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/09(水) 14:09:33.16 ID:Z4vUVN3OO
いつもと変わらない日常。 
小学生である妹に起こされて、着替えて 
やけにきつい坂を登って 
ハルヒの憂鬱そうな顔を後ろに俺は授業を受けて 
放課後は部室に行って朝比奈さんの淹れてくれたお茶を飲んで 
静かに本を読む長門を眺めながら古泉とボードゲーム。 
そんな所にハルヒがやって来て滅茶苦茶な事を言い出す。 
震える未来人に苦笑いする超能力者、そして特に表情を変えることもない宇宙人。 
非日常的な日常。 
今日もそんな『悪くない』一日が始まる。ハズだった。 

妹の『シャミセンアタック!』 
の代わりにプオーッと言う奇妙な音…いやむしろ騒音だな。 
で、俺は目が覚めた。プオーッと言う音。 
ホラ貝か何かの類か…?とも思ったのだが、にしてはバカでかい。 
とにかく、『日常』では絶対に聞くことがないであろう音。 
それだけではない。なぜか微妙に揺れている。 
そして部屋中を見回した後『違和感』が、恐怖に似た感覚に変わった。 

…ここは明らかに俺の部屋ではない。 

意味が分からない。 
俺は昨日『自分の部屋』の『自分のベッド』で眠った。 
『ハズ』ではない。確かに『眠った』のである。 
が、ここは『知らない部屋』の『知らないベッド』の上だ。 

ミサト「おはよう。起きた?」 

ミサト「あなたが6番目の子供、ね。」 


【キョン「もしも、願いひとつだけ叶うなら」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 20:28:56.82 ID:M3qsp1fO0
「キョンくんおきてー」 

妹の体が俺の背中にどすどすとのしかかる。ええい、俺はトランポリンじゃないぞ。 

仕方なく布団から顔を出し、眠い目をこすりつつ目覚ましを見る。思わず血の気が引いた。短針は九を指している。 

集合時刻は九時半だ。あと三十分しかない。 

妹をなんとか振り切って大急ぎで身支度を整えて家を出た。 


今日は合宿の日である。 

なにが目的とか意義とかそういうことは置いといて、とにかく合宿なのだ。 

いつもの公園に着くと、そこにはじれったそうに腕を組んで足をぱたぱたさせているハルヒがいた。 

朝比奈さんは世界を救うような天使の、古泉は達観しきったような微笑みで俺を見ている。 

言うまでもなく、長門は当然無表情。 

谷口はナンパがどうだとか相変わらずなことを国木田に吹き込んでいて、鶴屋さんは状況を全く無視した天真爛漫な笑顔だった。 

実は今回の合宿、SOS団+αなのである。 

「遅いわよ! キョン!」 

襟首を思い切り掴まれる。時刻はちょうど九時三十分、ハルヒに怒鳴られる筋合いはないはずだ。 

「馬鹿ね、あたしより遅く来た人間はみんな遅刻なのよ!」 

「へいへい。で、俺は何をおごればいいんだ?」 

この八か月で染みついた奴隷根性である。 

「あら、分かってるじゃない。そうねえ、考えとくわ。お茶代どころじゃ済まないわよ!」 

俺は今のうちに破産申告をしておくべきだろうかと悩んでいると、 

「んじゃ、全員揃ったし早く行こっ!」 

と鶴屋さんがハルヒに促した。この合宿の立案者は彼女だ。なんでも山に大きな別荘を持っているらしい。 

人は多ければ多いほどいいと言うことなので、それなりに面識のある谷口と国木田を誘ったというわけだ。 

「あっ、待ってよハルにゃん! 一番乗りはこの私だよーっ!」 

鶴屋さんとハルヒが猪のごとく駅まで駈け出して行った。朝っぱらから元気なことだ。 

駅で切符を買って改札を通る時、前を歩く長門がこちらを少し振り向いた。が、そのまま何も言わずに進んでいってしまった。 

長門も長門なりに楽しんでいるのだろうか。きっとそうだったら良いと思う。 


今考えればここがターニングポイントだったのだ。 

日常と非日常を分かつラインがこんなただの自動改札だったなんて、思わないだろ普通? 



涼宮ハルヒの驚愕 (角川文庫)
谷川 流
KADOKAWA (2019-05-24)
売り上げランキング: 19,664
【ハルヒ「ねえキョン、バトルロワイアルって知ってる?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
5 : ◆r3yksmPHg2 :2009/10/09(金) 20:16:09.68 ID:YTJkCmpe0
キョン「うわっ……」 

佐々木「はっ、はっ、はっ……んぐっ、はぁっ!はぁっ!はぁっ!」 

キョン「つ、机に……」 



ハルヒ「あ゛ー……外しちゃった。その手、キョンに触ろうとする手」 

佐々木「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ……!」ガクガクガクガク 

ハルヒ「ほら、キョン。早く離れなさい。命令よ」 

キョン「お前っ……!なにやってんだハルヒ!!」 

ハルヒ「なに?」 

キョン「なにじゃないだろっ……」 

ハルヒ「昨日言ったわよね?あんだけ言ったわよね?なんでわかんないの?」 

キョン「……ハルヒ!!」 

ハルヒ「あんたは私がずーっと見てあげなきゃ駄目なんでしょ?」 



涼宮ハルヒちゃんの憂鬱(12) (角川コミックス・エース)
KADOKAWA / 角川書店 (2019-05-01)
売り上げランキング: 2,311
【ハルヒ「キョンキョンキョンキョンキョンキョンキョンキョン」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 00:58:15.64 ID:/ZIvqtjqO
ハルヒ「今からFFⅩやるわよ。あんたゲームオタクなんだから教えなさいよ」 

キョン「ちょっと待て、俺はゲームオタクじゃないぞ。そもそも俺の部屋にゲーム機すらないんだぞ?」 

ハルヒ「だったらパソコンでサイト探しながら教えなさい」 

キョン「はいはいわかったよ」 


古泉「珍しく素直ですねぇ」 

キョン「まぁ他に断る理由もないしな」 

古泉「それだけでしょうか?」 

キョン「それだけだ!」 

ハルヒ「ちょっと!ゴチャゴチャ言ってないで早くナビしなさいよ!!」 



涼宮ハルヒの大成ーSuper Blu-ray BOXー 初回生産限定版
KADOKAWA / 角川書店 (2016-12-18)
売り上げランキング: 4,992
【ハルヒ「キョン!!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/02(金) 21:27:09.68 ID:exh5Dca90
古泉「ほぉ~あなたに彼女がいたなんて初耳ですね」 

キョン「ま、まぁな…」 

古泉「それでどんな方なんです?」 

キョン「へっ?」 

古泉「ですからあなたの彼女ですよ」 

古泉「いるんでしょ?彼女」ニヤニヤ 

キョン「あ、当たり前だ!」 


涼宮ハルヒの分裂 (角川文庫)
谷川 流
KADOKAWA (2019-05-24)
売り上げランキング: 15,684
【キョン「彼女?も、もちろんいるに決まってるだろ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 22:23:07.54 ID:VXoCX/Xi0
ハルヒ「なんでアタシが謝らなくちゃならないのよ」 

キョン「なんでって・・・」 

キョン「今日だって朝比奈さんのこと泣かしただろ」 

ハルヒ「そんなのいつものことじゃない」 

ハルヒ「それに、みくるちゃんは泣き虫だからいけないんだわ」 

キョン「じゃあいつも謝れ」 

ハルヒ「いやよ!なんでアタシが!」 




涼宮ハルヒの完奏~コンプリートサウンドトラック~
TVサントラ アニメ・サントラ 涼宮ハルヒ(平野綾) 長門有希(茅原実里) 朝比奈みくる(後藤邑子)
ランティス (2016-07-07)
売り上げランキング: 40,179
【キョン「お前、謝るとかできないのかよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 00:21:28.06 ID:Mje+oPhu0
橘「こちらに!ここここ!ここに座ってください!」 

キョン「なんでそんなにテンション高いんだよ…」 

橘「いいからはやくテーブルに着いてください!」 

キョン「やれやれ…」ガタ 

橘「すぐご用意しますからねっ!」パタパタ 

キョン「はー…」 


Figma 涼宮ハルヒの憂鬱 キョン 制服 Ver.
Max Factory (2008-07-12)
売り上げランキング: 159,738
【橘「さ、さ、さ、キョンさん!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/09/20(日) 18:52:55.53 ID:NEQgFmhD0
キョン「なにを急に言い出すんだ」

ハルヒ「もしもの話よ」

キョン「もしもの話でも想像もしたくはないな」

ハルヒ「どういう意味よ!」

キョン「別に、独り言だ」

ハルヒ「ふん……あんたが私の子供だったらそういう性格には育てないわ!」

キョン「迷惑な話だな」
『涼宮ハルヒの憂鬱』で英単語が面白いほど身につく本[下巻]
谷川 流 [原作テキスト] 出雲 博樹 [単語解説]
中経出版
売り上げランキング: 45,585
【ハルヒ「もしキョンが私の子供だったら…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 22:10:32.46 ID:6Ybw/VjjO
アナ「うぅ……迷子になってしまいましたわ」 

キョン「……」テクテク 

アナ「あっ、あの見た感じ人畜無害そうな方に道をお聞きしましょう」 

キョン「……」テクテク 

アナ「すいませーん」 

キョン「……ん?」 

苺ましまろ(8) (電撃コミックス)
ばらスィー
KADOKAWA (2017-11-27)
売り上げランキング: 42,304
【キョン「アナちゃん」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/30(日) 00:55:19.60 ID:liOkvshn0
みくる「いっちゃん♪」 

古泉「なんですか、みくるん」 

キョン「………」 

みくる「あ、キョンくん。こんにちはぁ」 

古泉「どうも」 

キョン「一体どういうことだ、これは」 

キョン「なぜ朝比奈さんが古泉に寄り添っている?」 

ハルヒ「あんた知らないの?古泉くんとみくるちゃん、付き合いだしたのよ」 

キョン「え?」 


【キョン「いっちゃん…?みくるん…?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/13(土) 19:06:28.15 ID:44zXDeGrO
キョン「抱っこって……こ、こうですか?」

鶴屋「ちょ、待っ……き、キョンくん!?」

キョン「鶴屋さんって身長の割りに軽いんですね、失礼ですけどちょっと驚きました」

鶴屋「そ、そう言ってくれるのは嬉しいけど…と、とりあえず下ろしてってば!」

キョン「いや、鶴屋さんが抱っこって言ったんですけど……」

鶴屋「うぅ…お願いだよキョンくん……だ、誰かに見られたら恥ずかしいっさ……!」

キョン(……可愛い)

引用元: 鶴屋「きょん君抱っこー!・・・なーんて、冗談・・・ えっ、わわっ//」 

 

TVアニメ 長門有希ちゃんの消失 CHARACTER SONG SERIES“In Love”case.4 TSURUYASAN
鶴屋さん(松岡由貴)
ランティス (2015-06-24)
売り上げランキング: 70,985
【鶴屋「きょん君抱っこー!・・・なーんて、冗談・・・ えっ、わわっ//」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 10:04:35.99 ID:NBCGQjVM0
キョム「…」チリーン 

ハルヒ「今週の土曜日に市内探索しようと思うけど、どう?」 

キョム「…」チリーン 

ハルヒ「ねぇ、聞いてる?」 

キョム「…」チリーン 

ハルヒ「ちょっとキョムってば!」 

キョム「…」チリーン 

古泉「涼宮さん、彼は虚無僧です」 

ハルヒ「知っているわ、それがなに?」 

古泉「察してあげてください」 

キョム「…」チリーン 


涼宮ハルヒの陰謀 (角川文庫)
谷川 流
KADOKAWA (2019-04-24)
売り上げランキング: 50,095
【ハルヒ「ねえ、キョム」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) 2012/05/18(金) 23:03:34.06 ID:EtRLCPPj0
長門宅

キョン「長門、これはなんの冗談だ?」

長門「冗談ではない。今の彼女は安全」

朝倉「そう構えなくても大丈夫よ。行動パターンを書き換えられた今のあたしにあなたを殺害することは不可能だから。むしろ守っちゃう」

長門「天蓋領域の人型ターミナル後れをとることは許されない。今まで以上の安全を考慮した結果、彼女の所属と行動パターンを書き換えSOS団の、ひいてはあなたと涼宮ハルヒの護衛に特化させることになった」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1337349809(SS-Wikiでのこのスレの編集者を募集中!)

引用元: 朝倉「こんばんわ、キョン君」 

 

涼宮ハルヒの憂鬱 朝倉涼子 (1/8スケールPVC塗装済み完成品)
Max Factory (2007-11-13)
売り上げランキング: 134,783
【朝倉「こんばんわ、キョン君」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/14(金) 20:45:03.25 ID:J13llN+Q0
キョン「何だそりゃ?」 

ハルヒ「これよ!」ドンッ 

キョン「ただのダンボール箱じゃないか、これがどうしたんだ?」 

ハルヒ「今から説明するから黙って聞いてなさい!」 

キョン(またろくでもないことを思いついたな、こりゃ) 

ハルヒ「我がSOS団が結成されて1年以上が経ちました」 

ハルヒ「その間いろいろイベントをこなしてきたし、いろんな出来事に遭遇したわ!」 

古泉「そうですね、孤島や映画撮影、文化祭に雪山と本当にいろいろありましたね」 

キョン(その裏で俺達は散々苦労してきたんだがな) 

ハルヒ「そう! そしてそれらをこなすたび、あたし達5人の絆も深まっていったわ!」 

ハルヒ「それはもう鉄の絆と言っても過言じゃないわ!」 

みくる「て、鉄の絆ですか?」 


涼宮ハルヒの憂鬱 (角川文庫)
谷川 流
KADOKAWA (2019-01-24)
売り上げランキング: 23,145
【キョン「要求箱?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/03/10(日) 07:34:41.628 ID:j1ua7ZCI0.net
キョン「ハルヒ」ぎゅう

ハルヒ「ぎゃっ!なによ!」

キョン「ぎゃって色気ないな。でもそんなところも可愛いぞ」なでなで

ハルヒ「や、やめなさい!」

キョン「ハルヒ、好きだ」

ハルヒ「はぅ……」とろーん

引用元: ハルヒ「付き合い始めたらキョンがデレデレになった」 



涼宮ハルヒの憂鬱 (角川文庫)
谷川 流
KADOKAWA (2019-01-24)
売り上げランキング: 16,461
【ハルヒ「付き合い始めたらキョンがデレデレになった」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
5: 忍者Lv1の現状でどこまでいけるかわかりませんが頑張ります。 2011/05/29(日) 20:46:03.90 ID:oQx4MiFZ0
「――中学出身、佐々木です。不束者ですが、どうかよろしくお願いします」

 振り返ると、そこに佐々木がいた。

 中学からの付き合いだから別に振り返ってまで自己紹介を聞かなければいけないほど俺と佐々木の仲は浅いものではなかったのだが、
 なんとなくここで振り返っておいたほうがいいような感じがした。

 佐々木はゆっくりと、柔らかい皮肉に包まれた微笑を浮かべたままでクラスを見回し、最後に目の前の席に座る俺に視線を合わせた。

「どうかしたのかい、キョン? 不思議そうな顔で僕を見て。ここに僕がいることに何か不都合でも?」

引用元: 佐々木「憂鬱だ」キョン「佐々木でも憂鬱になることがあるんだな」 

 

【佐々木「憂鬱だ」キョン「佐々木でも憂鬱になることがあるんだな」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/20(月) 18:55:09.53 ID:szpV0rHMO
ハルヒ「いつもどおり土曜は不思議探索をします!駅前に10時集合ね」

古泉「了解しました」

みくる「はぁ~い」

キョン「すまん、俺は行けないから4人でやってくれるか」

ハルヒ「却下!他に質問がある人は?」

キョン「おいおい却下ってなんだ。行けないと言ってるだろう。人の話しを聞け」

ハルヒ「なら聞いてあげるわ。でも、もしくっだらない理由で神聖なSOS団の活動をさぼろうってんなら正座で2時間説教して市内引きずり回しの刑だからね!」

キョン「ただダラダラ散策するだけのどこが神聖なんだか・・・土日は旅行に行くんだよ。だから不思議探索は行けない」

ハルヒ「ふーん・・・まあ、それならいいわ」

引用元: キョン「今週は彼女と旅行だから無理だ」ハルヒ「はぁ!?」 

 

涼宮ハルヒの消失 ねんどろいど キョン消失Ver.(ノンスケールABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
グッドスマイルカンパニー (2011-04-16)
売り上げランキング: 52,654
【キョン「今週は彼女と旅行だから無理だ」ハルヒ「はぁ!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 09:14:07.02 ID:5Yi1VPHFO
キョン「なんだそりゃ。メガ粒子砲でも出しそうだな」

長門「違う。命令違反をしたインターフェイスを最新のゲーム機に閉じ込めた」

キョン「ほーう」

長門「システムは既存のゲーム、コナ〇から発売されているラブプラ〇を借りている」

キョン「やったことはないが、中々面白いらしいな・・・ん?アサプラス・・・?まさか」




長門「そう。この中には朝倉涼子が入っている」パカッ

朝倉『・・・・・・』

引用元: キョン「あさぷらす?」長門「アサプラス」 

 

TVアニメ 長門有希ちゃんの消失 CHARACTER SONG SERIES “In Love” case.2 ASAKURA RYOKO
朝倉涼子(桑谷夏子)
ランティス (2015-05-27)
売り上げランキング: 90,003
【キョン「あさぷらす?」長門「アサプラス」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 ハルヒ「キョンTUEEEEEEEEEE!!!!!!!!!!」 キョン「憤慨してみたり」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 14:34:55.59 ID:10MDNQqu0

「わびぬれば 今はた同じ 難波なる 身をつくしても 逢はむとぞ思ふ」

「……」

「……」

「―――」

「……漸くだね。永劫とも感じた時は終わりを告げ」
















「春風と共に、君に会いに行くよ―――」






























「―――キョン」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1496727295

引用元: ハルヒ「キョンTUEEEEEEEEEEE!!!!!!!!!!!」 キョン「分裂するぞ」 



【ハルヒ「キョンTUEEEEEEEEEEE!!!!!!!!!!!」 キョン「分裂するぞ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 ハルヒ「キョンTUEEEEEEEEEE!!!!!!!!!!」 キョン「陰謀だろうな」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/24(土) 14:42:36.58 ID:YpJ9xjQ20

朝比奈「……」ドキドキ

ハルヒ「……みくるちゃん、これは……」

朝比奈「は、はい! どうですか……?」

ハルヒ「没よ没! 全っ然全然ダメね。なんていうか、もっとこう……そう! 刺激が欲しいのよ読者は!」

朝比奈「し、刺激ですか……刺激……」ウーン

キョン「ん? なんだ刺激が欲しいのか? どれ、かつて神々の戦いを終わらせた一撃を……」ガタッ

古泉「物理的な刺激はおやめください。というかそれはもはや刺激のレベルではありません」

キョン「口動かしてねぇで手ぇ動かせ手ぇ! 俺みたいに!!」ブンブン!

古泉「僕はあなたほど口も手も回りませんので。あなたも振り回している手をタイピングに使えばどうです?」

ハルヒ「古泉くんの言う通りよキョン! あんたさっきから何一つ作業が進んでないじゃない! さっさと書き始めなさい!」

朝比奈「刺激、刺激……」

長門「…………」カタ カタ

キョン「っつってもよぉ……」

ハルヒ「言い訳無用!! いーい? これはSOS団創立以来、幾度となく対面してきた負けられない戦いよ!!」

キョン「そんなにあったっけ? 例えば?」

ハルヒ「野球大会とかあったじゃない!」

キョン「それ負けたじゃねえか」

ハルヒ「…………とにかく!!」

キョン「流すなよ」























ハルヒ「中途半端な作品は『編集長』のあたしが許さないんだからねっ!!!」






















SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1482558156

引用元: ハルヒ「キョンTUEEEEEEEEEE!!!!!!!!!!」 キョン「憤慨してみたり」 



涼宮ハルヒの憂鬱 (角川文庫)
谷川 流
KADOKAWA (2019-01-24)
売り上げランキング: 4,031
【ハルヒ「キョンTUEEEEEEEEEE!!!!!!!!!!」 キョン「憤慨してみたり」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 キョン「最近みんなに避けられてるような気がするんだが」

309 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/26(日) 02:05:24.90 ID:Or368EzKO
――― 


キョン「―――ん…」 

キョン「……あれ…俺…」 

橘「あ、佐々木さん!キョンさんが目を覚ましましたよ!」 

佐々木「キョン…!」 

キョン「…佐々木…?…橘も…何でお前らが…」 

佐々木「何で、じゃないよ!君が飛び降りたって聞いて僕は…!僕は…!!」 

キョン「…そうだ…俺は……」 

藤原「…周防九曜に感謝するんだな。彼女がいなければ今頃お前は死んでいたんだぞ」 

九曜「―――」 


涼宮ハルヒの退屈 (角川文庫)
谷川 流
KADOKAWA (2019-02-23)
売り上げランキング: 12,197
【キョン「最近みんなに避けられてるような気がするんだが」 続】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 ハルヒ「キョンTUEEEEEEEEE!!!!!!!!!」 キョン「憂鬱入ってるよなぁ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 20:51:30.38 ID:YftqaD2k0

キョン「……はぁ」

ハルヒ「……」

長門「……」ペラ

キョン「……はー」

朝比奈「キョンくん、どうしたんでしょうか……」

古泉「いやにため息が多いですね。彼にしては珍しくなにか悩むようなことがあるのでしょうか?」

キョン「…………はーぁ」

ハルヒ「あ、そうだ」

ハルヒ「今日あれじゃない、節分。だったらやらなきゃ豆まき」

朝比奈「豆……まき?」ハテ

ハルヒ「あと恵方巻も! 失念してたわ、まさか今日がもう節分だったなんて」

長門「恵方巻」パタン

ハルヒ「行事ごとに積極的に関わっていくSOS団としてはもちろん、節分も見逃せないわよね」

古泉「では、今から買い出しに向かいますか?」

ハルヒ「その必要はないわ、キョン!」

ハルヒ「ちょっと一っ跳びで恵方巻と豆と鬼面とを『スーパー平安時代!!』で買って―――」

キョン「はぁ……」ガサッ

ハルヒ「きてるわね!! 上出来よ!!」

古泉「す、素早いっ! 気だるげな、悩まし気な雰囲気を醸し出している割にいつもより行動が俊敏です」

朝比奈「そ、それに涼宮さんの言うことに何も反抗せず従っています!! こ、これは……」

古泉・朝比奈「「(いつもよりスムーズな有能かも……!!)」」ピッシャーン!

長門「それはいつもの彼に失礼」モグモグ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1462708290

引用元: ハルヒ「キョンTUEEEEEEEEEE!!!!!!!!!!」 キョン「陰謀だろうな」 



涼宮ハルヒの大成ーSuper Blu-ray BOXー 初回生産限定版
KADOKAWA / 角川書店 (2016-12-18)
売り上げランキング: 2,857
【ハルヒ「キョンTUEEEEEEEEEE!!!!!!!!!!」 キョン「陰謀だろうな」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/25(土) 21:47:38.47 ID:QVG1LML/0

――――――――部室 


キョン「おい、長門。最近ハルヒが…」 

スタスタスタスタ 

キョン「どこ行くんだ長門」 

スタスタスタスタ 

キョン(どうしたんだ?) 


みくる「こんにちは~。あっ…、キョンくん…」 

キョン「こんにちは、朝比奈さん。最近なんだか…」 

みくる「あの…えっと…ちょっと急用を思い出したので失礼します…!」 

キョン「待ってください、朝比奈さん!」 

キョン(またハルヒ絡みの問題でも起きたのか?) 


古泉「こんにちは。おや、あなただけですか」 

キョン「長門は俺の顔見るなりどっか行くし朝比奈さんは急用だとかで帰った。最近こういうこと多いよな。」 

古泉「残念ですが私もアルバイトが入ってしまいました。涼宮さんにも伝えておいてください。では、さようなら。」 

キョン「おい待てよ…」 


キョン(それでハルヒは来ない、と。ここ一週間後ずっとこんな感じだ。) 

キョン(それに古泉のアルバイトって何だ?神人狩りじゃないのか?) 


涼宮ハルヒの退屈 (角川文庫)
谷川 流
KADOKAWA (2019-02-23)
売り上げランキング: 15,417
【キョン「最近みんなに避けられてるような気がするんだが」】の続きを読む

このページのトップヘ