えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

クロスオーバー

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/03(金) 13:13:41.115 ID:KWySMQN500303.net
ナレーション「カイジは悩んでいた…!沼攻略の糸口…!!それを考える場所を探していた…!!!」

カイジ「くそ…!どこもかしこも混んでやがる…!あれじゃあダメだ…ババアの笑い声……!うるさくて考え事なんて不可能…!」

ナレーション「カイジには時間がなかった…!まだ日数に余裕があるとはいえ計画が大掛かりなものになった場合のことを考えるとモタモタしてられない…!」

カイジ「くっ…こうなったらおっちゃんの家で…いやダメだ…くさすぎて集中なんてできるわけがない!くそっ…!!…………………………ん?」

ぴょん………!ぴょん………!

カイジ「ラビットハウス…?喫茶店なのか?店内にうさぎ…?不潔…!まあ…入ってみるか…」

【カイジ「ラビットハウス?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/10(金) 21:54:05.54 ID:eQOOTfs10
黒王「………」

ケンシロウ「黒王…おまえ…」

ケンシロウ「む!胸の傷が……!ユリア……!!」
ピシャァァァン!


ケンシロウ「……どこだここは……」

トンパ「おや、兄ちゃん新人だね。ここまで来るのは疲れただろ?これは差し入れだ」

ケンシロウ「……あぁ、ありがとう」

ケンシロウ「…待ってくれ、ここはどこだ?」

トンパ「ええ?何しに来たんだい兄ちゃん!ハンターになりたいんじゃないのかい?」

ケンシロウ「ハンター?」

ケンシロウ「何だハンターというのは…」

トンパ「もーやだな~冗談キツイぜ?じゃ、俺行くから頑張れよー!」

ケンシロウ「…この水…どうやって飲むんだ?」

ケンシロウはとりあえず缶を握ると缶は潰れ中からジュースが出てくる

ケンシロウ「何だと……」

ケンシロウ「なんだこの水は…」ペロッ

ケンシロウ「む!これは…微かに毒が… おい」

トンパ「何だ?兄ちゃん。まだなんかようかい?」

ケンシロウ「さっきから見ていると毒入りの水を配っているな」

トンパ「毒??」

トンパ(こいつ…気づきやがった!?)

ケンシロウ「あたぁ!」

ケンシロウはトンパの腹を殴りとばす

ケンシロウ「経絡秘孔の一つをついた。お前はその水を永遠に飲むことしか出来ない」

トンパ「…え?うわっ…手が勝手に…止めてくれ!」

ケンシロウ(そうやって開けるのか…)


ケンシロウ「子供もいるのか…ハンターとは…一体…」

受験生「うわあああっ!俺の…腕がァ…」

ヒソカ「人にぶつかったらちゃんと謝ろうね?」

ケンシロウ「あの男…ジョーカー?…いや…違うな」

ケンシロウ「待て」

ヒソカ「ん…?何??」




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1486731245

【ケンシロウ「ハンター試験?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/06(月) 02:57:44.037 ID:Y2iqo1HWa.net
サトシ「ん?なんで俺のなまえしってんだ?お前もポケモントレーナーか?ピカチュウ、お前の知り合いか?」

ピカチュウ「ぴーかぴー?」

悟空「ああ、すまねえ、ちょっとオラと戦ってくれねえか?」

サトシ「よし!ポケモンバトルだな!いいぜ!遠慮するなよ?こっちも本気でいくらな!」

悟空「おう!…」ニヤリ

サトシ「じゃあここで始めるか」

【悟空「よう、マサラタウンのサトシ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@おーぷん 2017/01/28(土)15:02:49 ID:166
ミサト「乗りなさい。シンジ君」

シンジ「嫌だよ!空中分解するのが目に見えてるじゃないか!」

リツコ「大丈夫。エンジンカットすれば最悪自爆は免れるわ」

シンジ「それでも死んだアホがいるじゃないか!!」

【ゲンドウ「ヅダに乗れ。でなければ帰れ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語 (ワッチョイ c3d1-935e) 2024/03/14(木) 21:03:50 ID:EaJO4AeE00
注.少しだけnmmn要素があります

ベジータ「よくきたな下等な地球人ども、オレたちが虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会だ!!」

きさまら「「「ウオオオォォォーーーー!!!」」」ブレードピカピカ

ベジータ「へっ!きたねぇ花火だ」

きさまら「「「フウウゥゥゥーーー!!!」」」

ベジータ「まずはこのベジータさまみずから軽くあいさつをしてやろう、ありがたく思え!」

きさまら「「「フウウゥゥゥーーー!!!」」」

ベジータ「ベジータ!きさまからだ」

【【ss】ベジータ「スクールアイドル同好会ベジータ役のベジータだ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/01/15(日) 18:47:58.09 ID:C1B9hSHD.net
今回の主役は井之頭五郎(松重豊ver)なので、正確に言えば
続編ではありませんが、前作のストーリーとリンクしております。
なお、「夢で夜空を照らしたい」ネット配信直後のお話です。

【前作】千歌「『さわやか』を食べに行こう!」 


――静岡県沼津市内浦


五郎(沼津には出張で何度か足を運んだことはあるが)

五郎(ここまで南下するのは初めてだ)

五郎(今日はこの小さな港町にある老舗旅館から依頼を受けたので、バスに揺られている最中である)


アナウンス「ピンポーン。次は、マリンパーク。マリンパークでございます」


五郎(おっ?あの小島、ロープウェイがあるのか)

五郎(陸と島を結ぶロープウェイというのは初めて見た気がする)

五郎(まだ時間はあるし、ちょっとここで降りてみるか)

【五郎「静岡県沼津市内浦の活あじ丼とのっぽパン」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆CTPwHN8sIs 2017/01/16(月)17:34:44 ID:YlH
デスノートとポケモンのクロスSSです
スイレンが主人公です
物語の展開上、暴行描写があります
デスノートのルールにも独自設定が少し入っています

【スイレン「デスノート?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2017/01/10(火) 01:03:31.61 ID:vMuOqDLA.net
利根川(ククク…今日は待ちに待った映画の日…!)

利根川(ラブライブの公開日だ…!)

利根川(わざわざ平日の昼間に来たのは正解だったようだ…映画館が空いててまるで貸切…!)

利根川「そして…」

ポップコーン…!!!

満喫…!!圧倒的満喫…!!!

【利根川「映画…!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) 2011/08/31(水) 00:18:07.53 ID:5fZ+aeFuo
自分としては大変不本意ではあるのだが、ハルヒの面倒事に付き合わされるスキルに関しては

日本一を自認している俺であるから、最初にそのニュースを見た時点で、既になんとなく予感

めいたものを感じていたりもしたものだが、とはいえ、そんな事を今更言っても後出しジャンケン

みたいなもので、負け惜しみにしかならないことだし、しかもそんな事を言ったってこの団長様の

決定事項は到底くつがえらないってことぐらいSOS団のメンバーなら誰もが学習済みなので、

従って、団室の扉を開け放って叫んだハルヒの言葉に『来たか』という顔をしてしまったのは、

もはや致し方ないと言うほかないのである。



 ついでに言うと、この俺の語り口調にはそろそろ辟易している向きもあるだろうが、少々お付き合い願いたい。



「ニュージェネ・・・ですか?」 


【キョン「ギガロマニアックス?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/15(木) 12:20:59.131 ID:XWQRcFgX0.net
カイジ「は…?ガルパン…?」

利根川「そう…ガルパン…!ガールズ&…パンツァー…!」

遠藤「ククク…」

班長「つまりこういう事さ…カイジ君。我々が今日…集結した意味…それは…」

佐原「観賞会をするため…!ガルパン観賞会っ…!」

ざわ…ざわ…

【カイジ「ガルパンは…いいぞっ…!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/11(火) 00:01:14.24 ID:4E3nZswt0
346プロ 会議室

美城「みんな揃ったな…」

プロジェクトクローネのみなさん「…」

美城「今日集まったのは、新曲のPVの撮影の件についてだ。」

唯「それってこの間の新曲のやつでしょ?カッコイイやつ。」

美城「そうだ。」

奏「それで、どこで撮影をするの?」

美城「学園艦だ。」

ありす「わざわざ学園艦まで行くんですか?」

美城「そう、だがただの学園艦ではない。」

フレデリカ「どういうこと?」

美城「戦車道は知っているな?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1476111673

【【デレマス】王冠を被るものと鉄の虎を駆るもの【ガルパン】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 19:35:57.74 ID:wWC8+lbT.net
『カツオ、隠れライバー』


【学校】

カツオ「おはよー!」


中島「それでさ…」

かおりちゃん「へー!すごいー!」

カツオ「ん?何の話をしてるの?」

中島「あ、磯野!聴いてくれよ!
今度の日曜、近くのショッピングモールにμ'sが来るんだって!」

カツオ「え、μ'sが!?」

花沢さん「あら。磯野君、μ'sを知ってるの?」

カツオ「え!あ、いや、知らないよ。何それ?」

中島「μ'sっていうのは、今1番人気のスクールアイドルなんだ!」

早川さん「そのμ'sが、イベントの為に、この町へ来るそうよ!」

カツオ「…へぇー。そうなんだ」

かおりちゃん「磯野君も一緒に観に行かない?」

カツオ「…僕は、遠慮しておくよ。そういうの、興味ないし」

中島「そっか。つまんねぇー野郎だな。
じゃあ僕たちだけで観に行こっか!」

かおりちゃん「うん!」



カツオ(μ'sが、この町に…!)

【サザエ「ラブライブ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語 (ワッチョイ 76ad-b98d) 2024/02/18(日) 23:31:10 ID:E0QZTv7E00
アスラン「色々考えたんだ、スクールアイドルクラブにいて、俺に一体何ができるのかを」

アスラン「配信の準備色々手伝ったが、実際に体験してみることでもっと力になれるんじゃないかって」

梢「アスラン?あなたはステージにこそ立たないけどクラブに貢献してくれているじゃない」

慈「そうそう、出演依頼の調整とかステージ設営とかでも大忙しなのに当日の機材とか備品食事の手配もFC運営もやってくれてんじゃん」

綴理「あす、超人」

アスラン「そのくらいは手間ではないさ、でもお前たちが配信をするのを見ていて、俺もこの形で貢献できないかと」

アスラン「その…………配信に興味もあって」

慈「え、なに?アスランは配信が楽しそうだからやりたいってこと?」

アスラン「正直に言うと……そうなる」

【アスラン「俺……スクコネ配信をしようと思う」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/26(土) 21:47:02.67 ID:VYyA00L9.net
ベジータ「ふっふっふ、このベジータ様を甘く見るな」

ベジータ「業界へのコネなどいくらでもあるのだ!!」ピラッ

ルビィ「すごーいベジータちゃん!」キラキラ

ベジータ(くくく、ブルマに土下座した甲斐があったぜ…!)

ベジータ(結局2枚しか手に入らず、もう1枚分は神龍に頼むハメになったが…)

ベジータ「ダイヤに交通費を貰いに行くぞ!!」

ルビィ「うんっ!」

【ベジータ「おいルビィ!μ'sのライブに行くぞ!!」ルビィ「ええっ!?チケット取れたの!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/03(木) 03:28:39.75 ID:Cs5qgDG6o
久美子「シャドウバース……?ううん、知らない。なぁに?」

緑輝「ゲームアプリです!今部内でも流行ってるんですよ!」

久美子「ゲームかぁ、あんまりやらないなぁ」

緑輝「私も普段はやらないんですけど、葉月ちゃんに教えてもらったらハマっちゃって//」

久美子「葉月ちゃんもやってるんだ」

緑輝「はい!ですから久美子ちゃんもどうかなって?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1478111319

【緑輝「久美子ちゃん、Shadowverseって知ってますか?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆jtnqjTHVKE 2016/04/12(火) 00:28:18.95 ID:4CTX6+zAO
やすな「わたし、ポケモンの世界に行きたい!」

ソーニャ「………………は?」

やすな「だってポケモンと遊ぶの絶対楽しいもん!きっと心のない冷徹殺人マシーン気取りのソーニャちゃんも改心してやっさしいソーニャちゃんに生まれ変わっちゃうよ!」

ソーニャ「あぁ!?誰が冷徹殺人マシーン気取りだ!?」グググググ

やすな「いたいたいたいー!!ギブギブー!!」

ソーニャ「……」パッ

やすな「いたたたた……やっぱり冷たいソーニャちゃんにはポケモンが必要!」

ソーニャ「なんだ。せっかく優しくなった私が手を離してやったのに、もう一回されたいのか?」

やすな「いえ、結構です………」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1460388498

【【ポケモン×キルミー】TV《行け!ピカチュウ!》TV《ピカピカ!》やすな「ほぁ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 ジョセフ「ヘイ嬢ちゃん!」唯「はいジョジョちゃん!」

1: >>1 2013/01/30(水) 14:16:45.30 ID:hH3g2FyX0
ジョセフ「『隠者の紫 (ハーミットパープル)』……」ズオォオオ

ジョセフ「フンッ!」ガシァン!

ジョセフ「……」

ジョセフ「……またじゃ、また『写って』いるッ!」

ジョセフ「何度何回、念写をしても何故か『それだけが』写っているッ!」

承太郎「……何が写っていると言うんだ?」

ジョセフ「嬢ちゃんに……嬢ちゃんの背後に、謎の『スタンド』と思しき姿が写りこんでいるんじゃッ!」

ジョセフ「承太郎、わしは恐ろしい予感がしてならない……
     このままでは、嬢ちゃんの身にきっと何かが起こるッ!」

ジョセフ「……頼む、承太郎」

ジョセフ「どうか、わしの代わりに『桜が丘』に行き、嬢ちゃんを助けてやってくれんか?」

承太郎「……」

ジョセフ「何故俺が……という気持ちも分からんでもない。
     本当なら、わしが行くべきなんじゃろう」

ジョセフ「じゃが、これは、こればかりはお前じゃなくてはならん気がするんじゃ。
     わしの長年のカンがそう告げているんじゃ」

ジョセフ「頼むッ!」

承太郎「……」

承太郎「……やれやれ、じじいは引っ込んでな」

承太郎「じじいならじじいらしく、お茶でも飲んでいることだ」

ジョセフ「行ってくれるか、承太郎ッ!」

承太郎「あんたは俺のおじいちゃんで……俺はあんたの孫だからな」



承太郎「(……トンだ休暇になりそうだ)」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1359523005

【承太郎「オラオラオラオラァ!」梓「ですですですDEATHゥ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/27(木) 04:58:34.38 ID:y6ib9jP60
沙耶の唄&ドラゴンボールZのクロス 優しい世界です。

チチ「悟空さ!なんだべ!このうねうねした動物は!」

悟天「美味しそうにお母さんのご飯食べてるよ」

悟飯「しかも僕達の言葉を分かってますよ」

悟空「いやさ、ウイスさんにこいつを助けてやってくれって頼まれちまって!」

沙耶「何とも思わないの?私を見ても…」

悟空「魔人ブウとかセルとかフリーザで慣れっこだぞ!それよりオラと約束したとおり、人間は食っちゃダメだ!約束な?」

沙耶「う、うん…」

【悟空「なんだおめぇ、うねうねしてっけど可愛い奴だな」沙耶「え…?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 未央「魔人探偵?」

2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 19:28:41.97 ID:NyUUdAXoo
午前十時。未央は自らの所属するCGプロダクションのドアを開ける。

未央「みんな、おはよう!」

卯月「あ、未央ちゃん!おはよう!」

凛「おはよう」

ちひろ「おはようございます!」

未央の所属するCGプロダクションにはすでに人がいた。

社長「やぁ、おはよう。未央くん」

未央「社長、おはようございます!」

社長「うむ、元気でよろしい!」

事務所に笑い声が広がる。

未央「……あれ?ネウロは?」

社長「彼ならまだ来てないよ」

ちひろ「プロデューサーさん、今日は遅いですねぇ」

そのように全員でこのプロダクションに唯一人のプロデューサーである脳噛ネウロのことを話す。

彼はとても有能で社長やアイドルからの評判もいい。

だが、未央は知っていた。彼が、人間でないことを……。


ネウロ「みなさん、おはようございます!遅れてしまって申し訳ありません」

社長「お、噂をすれば」

全員がネウロに挨拶をする。

【未央「魔人プロデューサー脳噛ネウロ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/11(火) 09:00:49.207 ID:bjDuED4A0.net
千早「お…お願いします!どうか私の悩みを聞いてください!半年前から胸の成長が止まり、このように平板な胸になってしまっているのです!」

アミバ「さて…どうしたものか」

千早「奇跡の村の噂を聞いてやっとの思いでここまで辿り着いたのです!どうかあなたの手でこの胸を…!」

アミバ「ふむ…分かった。服を脱いでそこに寝なさい」

千早「わ…分かりました…ありがとうございます」

【千早「あ…あの…」アミバ「ん?…何か用かな?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 エージェント・スミス「ポケカGB2対戦大会!」【ニャル子SS】

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/10/01(土) 18:29:32 GYLewSkc
旧裏
現行のポケモンカードの裏面になる前に存在した別の絵柄の裏面である古いポケモンカードの俗称
公式では「ファーストデザイン」と呼ばれている


このSSと繋がりがある前作

エージェント・スミス「ポケカGB2対戦大会!」【ニャル子SS】

こちらからお読みいただくと一層おいしくお召し上がりになれます


"
"

【ニャル子「旧裏で最強のポケモンは?」真尋「サンダーLv68」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/27(月) 19:33:51 2tJiTI8U
真尋「フォークでドーン」シュッ

ニャル子「バールのようなものでドーン」ポイッ

クー子「……炎をまとうバールのようなものでドーン」ポイッ

ハス太「タンスにゴーン」ポイッ

エージェント・スミス「」バタッ


"
"

【エージェント・スミス「ポケカGB2対戦大会!」【ニャル子SS】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/08/17(水) 19:42:32.337 ID:cRBtSMUw0.net
桐乃「うはーたまらん!待て待て~!」

小鳩「やっ!!兄ちゃん助けて!?」


京介「すみません…うちの桐乃が」

小鷹「いやいや…星奈で慣れてますんで大丈夫っすよ。小鳩~!仲良くな~!」


小鳩「兄ちゃんの薄情者ぉ!?」

桐乃「うひひ~待て待て~」

【桐乃「うっひょーい!生小鳩ちゃんだぁ!」小鳩「や!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@おーぷん 2016/08/28(日)18:09:54 ID:bUB
ドラえもん「僕はタヌキなんかじゃない!猫型ロボットだ!」

両津「猫と名乗るなら耳の1つでもつけやがれってんだ!」

麗子「ちょっと両ちゃん!かわいそうよ!」
中川「そうですよ先輩!謝ってください」
本田「先輩ひどいっす!」

両津「うぬぬ」
両津「やかましい!!大体猫だかタヌキだか知らんがそのロボットが派出所になんのようだ!」

●●「朝からご機嫌のようだな両津くん…」
両津「ギク」

麗子、中川、本田「あっ部長!おはようございます!」

部長「朝っぱらから、変な男の大声がすると思ったらやっぱりお前か」

【両津「なんだこの青いタヌキのロボットは!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/19(金) 19:37:32.94 ID:ZiNneb/10
RX寄りのオリジナル要素多めなので矛盾はご了承を

クライシス要塞

ジャーク将軍「この徽章を見るのだ」

マリバロン「この小娘が所持しているものですか?」

ジャーク将軍「左様、地球とは異なるこの異世界に存在するこの徽章には特別な力、キングストーンに近いパワーが秘められているのだ!」

ゲドリアン「な、なんですと!?」

ガテゾーン「その徽章さえ手に入れば俺たちもRXに勝てるかもってことか」

ジャーク将軍「その通りだ、今の我々では太陽の力でパワーアップを果たしたRXに勝つ事はできん!だが、徽章さえ手に生えればRXに勝てるかもしれん」

ボスガン「たしかにそれは名案だ…」

マリバロン「将軍、ここは私にお任せください、今回踏み入れる異世界は魔術等と言った力が存在する世界。怪魔翌妖族が有利でございます」

ジャーク将軍「よかろう!マリバロン!!かならずあの異世界の小娘から徽章を奪うのだ!」

マリバロン「はっ!将軍!」

【光太郎「 ゼロから始める異世界生活などゆ゛る゛さ゛ん゛!! 」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/08/19(金) 19:44:13.439 ID:5xTqWME40.net
ハルヒ「ここで会ったが百年目よ!ずっと偽者のあんたに言いたいことがあったんだから!!」

ゆりっぺ「くっ…ここまでか。ここは私に任せて音無くんは早く逃げて!!」


音無「そう言われてもなぁ…」

キョン「うちのアホが迷惑をかけて本当に申し訳ない」

【ハルヒ「キョン見て!あたしの偽者がいるわ!」ゆりっぺ「な、なんで涼宮ハルヒがこんなところに!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/09(火) 19:02:47.10 ID:UQ0XX4FQ0
楽「今日は結婚式か」

千刺「ここまで長かったわね!」

コナン「お邪魔しま~す」

欄「お呼ばれしちゃってすいません」

小野寺「今日のために頑張って作ったケーキだよ!」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1470736966

【楽「今日は結婚式か……」コナン「変だなあ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/06(土) 23:24:14.39 ID:JYijvTfu0
~午前0時 光彦の家~

光彦「そろそろ時間ですね…」ポチ

光彦「これが地獄通信…」

光彦「ここに名前を書き込んで送信すれば、その人は地獄へ…」

光彦「偶然聞いた噂ですが、もうここまで来たら後には引けません!」

光彦「江戸川コナン…と」ポチ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1470493454

【光彦「彼を地獄に流してください!」 閻魔あい「・・・・・」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/26(火) 00:02:47.091 ID:wkr/3dzJ0FOX.net
両津「だいたい夏休みと言えば外にでて本物のカブトやクワガタを探すのが醍醐味だろう。
   なぜセミの鳴いてる炎天下でゲームをやらにゃならんのだ。ワシはやらんぞーっ!」

寺井「確かに両さんの言ってることは一理あるかもぉ。ウチの子供も取りつかれたかのように毎日ポケモンを探しに出かけているよ」
麗子「でも両ちゃん、ポケモンGOって言うほど悪い事ばかりじゃないみたいよ?」
中川「ええ。人々が外を出歩く頻度が増えるので健康にも良いゲームだと評価されていますし、他人とのコミュニケーションツールとしても有効活用されてるみたいですね」

両津「へっくだらん。ワシはポケモンよりプラモだねっと。(ん、待てよ?こいつぁ金になるかもしれん!)」


両津「(メガホンで)さあさあポケモントレーナーのみなさん!
   大切なポケモンを育てたいが時間がない!体力がない!それでも強くなりたい!
   そんなみなさんの為にワシ両津があなたのスマートフォンを持って移動代行いたします!
   1km1000円!なんと今なら10kmお任せくださった方には8000円でご奉仕させていただきます!!」

人A「えー!やってもらおうかしら!」
人B「10km8000円だって!?よし、お願いしよう!」
人C「こっちも頼む!」
人B「こっちもだー!」

両津「まいどあり!まいどあり!(これは儲かるぞぉ!)」

部長「両~~津!!!なんだその格好は!」
両津「あれ部長?知らないんですかぁ?ポケモンGOですよポケモンGO。今時やってないのは部長だけですよ」
部長「バカモン!どうして全身にスマートフォンが張り付いているのかと聞いてるんだ!」
両津「ぁ、あ~これはですね、ポケモントレーナーとしては1つのスマホだけじゃポケモンを捕まえきれないので、同時にプレイしてるんですよ」
麗子「代行してお金儲けしているくせにぃ」
中川「先輩らしいですね」
部長「どうせまた貴様のことだ。よからぬ事を考えているに違いない」
両津「おぉっと部長っ!そろそろパトロールの時間ですので行ってきます!」
部長「おいこらっ!待て両津!」

【両津「ポケモンGO?くだらん。データの生き物を捕まえて何が楽しいんだ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/24(日) 01:52:02.091 ID:UNXAf21N0.net
裁判長「ポケモンGOの法廷を開廷します。それでは、御剣検事。冒頭弁論を」

御剣「ポケモンGOは看過できない危険性を孕んでいる。その危険性を証明する事故・事件等の報告を受けた」

御剣「今回は、その報告の中でも特に注目されている一件について審理したい」

御剣「検察側は情報の提供者を証人として入廷させる用意がある。以上」

裁判長「結構。それでは、さっそく証人を――」

成歩堂「あの……スイマセン」

裁判長「なんでしょう」

成歩堂「ぽけもんごーって、なんですか?」

真宵「えっ!? ナルホドくん、ポケモンGO知らないの!? 遅れてるなあ」

成歩堂「その、ぽけもんごーってのは流行ってるの?」

真宵「流行ってるなんてもんじゃないよ! これはもう、『社会現象』どころか『地球現象』だね。知らないのは宇宙人かナルホドくんぐらいだよ」

成歩堂(そ、そんなにスケールが大きな話なのか……)

御剣「時事問題を把握することは我々にとって重要なはず。そんな世間知らずで、弁護がつとまるのか?」

成歩堂「うっ……」

裁判長「そ、そうですね。私も当然、知っていました。ポケモンGOですよね。ええ、知っていましたとも」

成歩堂(裁判長、たぶん知らなかったな……)

【Twitter民「ポケモンを追いかけてる小学生が飛び出してきた!」成歩堂「異議あり!!!」】の続きを読む

このページのトップヘ