えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

クロスオーバー

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 1 2015/01/29(木) 19:48:12.00 ID:d6AqahCK0


~聖鳳学園~


セカイ「俺たちチームトライファイターズに挑戦したいヤツらがいるって?」


フミナ「どうもそのようなの。さっき送られてきた挑戦状にそう書いてあるわ。」


ユウマ「汚い字で万事屋ってとこに来いと書いてある。
不本意であるが挑戦を受けた以上…セカイ…お前の事だから…」


セカイ「相手が誰であろうと挑戦を受ける!
それが俺たちチームトライファイターズだぜ!!」


ユウマ「そう言うと思ったのでさっそく行くぞ…」


フミナ「ていうか私たち全国大会の真っ最中のはずじゃ…?」


セカイ「これはssだから本編の事は気にしなくて大丈夫っすよ先輩!」


【銀時「ガンダムビルドファイターズトライだあ!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/07(金) 20:25:28 ID:4XUjbxNI

―――とある公園―――


リト「はぁ…」トボトボ


楽「はぁ…」トボトボ


リト「おっ、楽」


楽「チーッス、リト先輩」


リト「同い年なんだから先輩はやめてくれって言ったろ」


楽「冗談だよ、冗談。それにしても…今日も随分とボロボロだな」ドカッ


リト「まあな…」ドカッ

 

  【 リト・楽「ハーレム?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) 2012/09/03(月) 14:28:06.58 ID:Cf6fYJMao
タイトル通り ペルソナ4と仮面ライダーフォーゼのクロスオーバーです

P4(無印、G、U)、フォーゼ共にネタバレを含みますので注意してください

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1346650086

【悠「宇宙?」弦太郎「ペルソナ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆nmAvZeW.uA 2013/11/16(土) 15:08:22.11 ID:3v6VF7sd0
・夏目友人帳と化物語のクロスオーバー

・オリジナルストーリー

・夏目は16巻まで、物語は鬼物語までネタばれありの可能性あり

・おかしなことがあったら>>1が怪異に遭ったと思って

・レスあると>>1は調子に乗るので投下中でも書き込みOK

以上、注意書き終わり

少ししたら始めます

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1384582101

引用元: 【夏目友人帳】夏目「怪異とは世界そのものなのだから」【化物語】 



 

  【【夏目友人帳】夏目「怪異とは世界そのものなのだから」【化物語】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 響「ひまわりの種、食べるか?」井之頭五郎「……いらないよ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 01:00:22.34 ID:OIfOevpb0
 ※孤独のグルメという作品とのクロスです
 多分、ドラマやマンガを見てないと楽しめない出来になっちまってます

【雪歩「焼き肉には黒豆茶ですね」井之頭五郎「ほう」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 忍法帖【Lv=10,xxxPT】 2011/07/26(火) 00:02:52.11 ID:dF7EdvEb0
☆デデデ城☆

デデデ「あーあーホーリーナイトメア社も潰れて暇だぞい」

エスカルゴン「そうでげすなあ、カービィは今や立派な星の戦士、引き替え我々はもうダメダメのゴミクズ、ププビレッジのダニでげす」

デデデ「そうほめるでないぞいドハハハハwww」

ウィーンウィーンビビビビビ

デデデ「な、なんぞい!いきなり転送装置が動き出したぞい!」

エスカルゴン「おかしいでげすな、ナイトメア社側の装置は壊れているはずでげすのに」

バシューン

QB「・・・・・・やあ!」

デデデ&エスカルゴン「!?」

【デデデ「フームよ、契約して魔法少女になるが良いぞい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/09(土) 16:00:19.04 ID:RqAwWL9wP
俺は定刻10分前にインテリア装飾店に商品を届けるとそのまま商店街に出た。
時刻は午前11時。昼時にはまだ早い時間だ…

「見滝原か…知らないんだよなぁ…」

とりあえず腹が減っていた。
インテリアショップの店員に軽く挨拶をし、
歩きなれない商店街を歩いていく。
当然だが目に入ってくるのは
見たことも聞いたこともない店ばかりだ。

【井之頭五郎「魔法少女…そういうのもあるのか」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 23:03:09.15 ID:GNjE8Uta0
――――はじめまして! 私、天海春香、17歳の女の子です。

あ、普通の女の子じゃないんですよ? そう、なにを隠そう……アイドルなんです!

……と言っても、所属アイドルも私だけの小さな事務所なんですけれど……

それでもプロデューサーさんはとっても頼りになる人で、いつかトップアイドルになりたいなって


そんな私ですが


「ボセ ゼガド バギング ドググド パパン ビンバガ ビザバガギバ」



絶賛大ピンチ中です



「み、みみみ……未確認……!」

引用元: 春香「こんな奴らのために、もう誰かの涙はみたくない!」 


 

【春香「こんな奴らのために、もう誰かの涙はみたくない!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆9.kFoFDWlA 2017/02/24(金) 16:55:33 ID:o8o9ua0w
※以前プロット書いて、ネタばっか詰め合わせたジョジョ4部×艦これのSSネタ詰め合わせです

 勿体ない精神で投下

 ・オープニング以外はSS形式でかなり雑

 ・バラバラのネタを一気に投下して終わり

 ・艦これキャラの口調が一部ジョジョっぽい

 ・艦娘が一部スタンド使い

 注意書きは以上です

引用元: 【ジョジョ4部×艦これ】杜王町鎮守府の日常【ネタ短編】 


 

【【ジョジョ4部×艦これ】杜王町鎮守府の日常【ネタ短編】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/10(水) 21:04:34.02 ID:NHYExNq00
 思いっきり空腹だった……。
 取引が長引いて俺はまたも昼飯を食い損なってしまったのであった。

五郎「やれやれ……相変わらず話好きな社長だったな……」

 今日俺は都内某所にある芸能事務所、765プロダクションへ商談に訪れていた。
 まあ、商談とは名ばかりの世間話で時間が潰れてしまったのだが。

五郎「腹が綺麗にすっからかんだ……車はここに置いておいて、何か食べに行くか……」

 良い店が見つかるといいのだが……。

【響「ひまわりの種、食べるか?」井之頭五郎「……いらないよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 21:59:21.70 ID:tyczbmF+0
ハルヒ「誰だったかしら?」

キョン「…………」

【ハルヒ「泉……こなた?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2015/01/27(火) 16:01:46.89 ID:8zW/tbxyO

 和子「じゃあ、自己紹介お願いしまーす」


 ほむら「・・・転校生の、暁美ほむらです」


 さやか「おぉー、美人だなぁ。ねぇ、まどか」


 まどか「・・・ぐぅ・・・ぐぅ」コックリ,コックリ


 さやか「まーどーかー」ポンポン


 まどか「ぅ?」タラー
 

 さやか「あーあー、ヨダレ垂れてる!もうっ」フキフキ
 
 
 まどか「あ、ごめん・・・」グシグシ


 さやか「眠たいのはわかるけど、転校生の自己紹介くらい聞いときなよ?」
  

 まどか「うん・・・」ウトウト
 

 さやか「ダメだこりゃ・・・」ヤレヤレ

 
 ほむら「(・・・いつもと変わらない気がするけど・・・どこかおかしいわ)」

 
 ほむら「(いつも真面目にしてるまどかが、あんなに眠そうにしてるのは初めて見たわ・・・)」


 ほむら「(・・・何かあったのかしら)」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1422342106

【ほむら「ピーマン頭!?」 「ッ~~~絶好調!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 14:45:18.21 ID:+7fhKdXz0
黒木智子「スタンド……?」の前半の続きです。
第4部と第8部の時系列を無視しています。
少しだけトリプルクロスオーバーです。



【半沢直樹「スタンド……?」 黒木智子「半沢直樹……?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 私がモテないのはどう考えてもスタンドが悪い 2013/10/02(水) 08:13:54.55 ID:qgIK5oZI0
―――これはとあるの女の子の

     ――モテない女の子の

        ――どうでもいい、でも奇妙な物語


~学校の帰り道~

猫「ニュァ~ン」

智子「猫か……」

スッ

智子「……」クイックイッ

猫「ニャー」

智子(お)

猫「ゴロゴロゴロ」スリスリ

智子(こいつ、デカいけど、なかなかモフモフしててかわいいな……)

キラッ

智子(ん?)

ゴゴゴゴゴゴゴゴ……

智子(この猫、背中の毛に何か挟まって……)スッ

┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

スパッ

智子「痛っ!」

カラーン… カラカラ……

【黒木智子「スタンド……?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

ほむら「ボクらの太陽……?」 前編

348: ◆pOKsi7gf8c 2012/04/09(月) 01:39:08.53 ID:0qKOtTbF0



第11章 「懐かしい顔」




【ほむら「ボクらの太陽……?」 後編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆pOKsi7gf8c 2012/04/03(火) 01:40:21.73 ID:WcrOLgif0
GBAソフト「ボクらの太陽」シリーズとまどか☆マギカのクロスSSです

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1333384821(SS-Wikiでのこのスレの編集者を募集中!)

【ほむら「ボクらの太陽……?」 前編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/04(月) 18:29:46.66 ID:k4u3bKtL0
岡部「ん? なんだあの黒いノート」

岡部「DEATH NOTE・・・ 直訳して死のノートか・・・下らん」



~五日後ラボ~

岡部「フフ、欲しい物は手に入った」

リューク「その様子だと随分気に入ってるみたいだな」

岡部「う、うわっ!?」

リューク「何故そんなに驚く。ノートの持ち主死神リュークだ」

岡部「し、死神・・・、ノ、ノート?」

リューク「ん? お前デスノート拾ったんじゃないのか?」

岡部「デスノート・・・あの黒いノートか!」

リューク「そうだ、使ってないのか?」

岡部「え、英語が読めんのだ、俺は」

リューク「ククッ、それは失敗したな」

岡部「死神・・・俺を・・・殺すのか?」


 

【岡部「デスノート?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
それは思い出の街。
全ての罪を形取る街。

「儀式は終焉に向かってるんだ。」

数多の絶望を内包し、深い霧は世界を包む。

「でも、俺は満足だ。ここまで来れた」

止まらない儀式、繰り返される殺人。
それらが行き着くのは、希望か絶望か。

「最後くらい、好きにさせてくれ」

揃った反撃の槍を手に、男は立ち上がる。

「俺を誰だと思ってる?」


全てに決着をつける時が、来た。


それは悲しみと痛みを包む霧の街───
【サイレントヒル】。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1423652291

【十神「サイレントヒルだと?説明してやろう、この十神白夜が直々にな 完結】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 17:29:11.49 ID:Taac9HvS0
まどか「全ての魔女を、生まれる前に消し去りたい。全ての宇宙、過去と未来の全ての魔女を、この手で」

QB「その祈りは――そんな祈りが叶うとすれば、それは時間干渉なんてレベルじゃない!因果律そのものに対する反逆だ!――君は、本当に神になるつもりかい?」

まどか「神様でも何でもいい」

まどか「今日まで魔女と戦ってきたみんなを、希望を信じた魔法少女を、私は泣かせたくない。最後まで笑顔でいてほしい」

まどか「それを邪魔するルールなんて、壊してみせる、変えてみせる これが私の祈り、私の願いさあ!叶えてよ、インキュベーター!!」

ぐにゃあっ・・・




【ほむら「未来は僕らの手の中」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: アッー! 2013/11/14(木) 14:30:52.57 ID:Iq9PrZ//0
両津「なんだそれは?」

丸井「その地域(?)の人口のほとんどが学生でそのことから学園都市と言われているらしいですよ?」

両津「ふ~んそうか。」(塾を開けば荒稼ぎ出来そうだな・・・。)

丸井「はい。」

両津「じゃあ俺は出かける。」

部長「おい!両津!どうせお前の事だから学園都市にいくつもりだろう!?くれぐれも問題を起こすんじゃないぞ!」

両津「はいはい。解ってますよ!」

中川「何でひきとめないんですか?」

部長「あいつは不祥事を起こして無理矢理にでも動けないようにしないと面倒だからな。」

麗子(その不祥事が大変なんじゃないかしら・・・)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1384407052

引用元: 両津「なに!?学園都市だと!?」 


 

【両津「なに!?学園都市だと!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 11:50:22.49 ID:tekjrX7N0
ピーッピーッ
ヒイロ「次の任務か……」

ヒイロ「これは……アイドルのプロデュースだと?……任務了解」

日本 765プロ

ヒイロ「ここか……」

P「ん?君、ここに何か用かい?」

ヒイロ「今日からここでプロデューサーとして働くことになっている者だ」

P「君が?社長から聞いてはいたけど……またずいぶん若いね」

ヒイロ「何か問題があるのか?」

P「いや、そういうわけじゃないよ。とりあえず中に入って、もうみんなそろってるから」

ヒイロ「みんな……?」




【ヒイロ「プロデュース……任務了解」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
二度と晴れる事がない霧に包まれた街。

背後に隠された、謎の新興宗教。

仕組まれた陰謀と、招かれた希望の生徒達。

始まってしまった、血塗られた儀式。

次々に死んでいく生徒、夥しい血と錆に塗られた世界、現れる化け物。

かつて観光者向けに流行っていた麻薬と、土地が持つ死を否定する力。

様々な謎が絡み合い、少年達は前を向く。


───それでも、生きるしかないんだ。あたし達は。
───それがあたしらの生きてる世界だから。

悪夢はまだ終わらない。


心の奥底の罪が、絶望が、トラウマが───
この街の霧に包まれて、形取られる───

傷付いた者共の行き着く、その街の名は───
【サイレントヒル】。


※ダンガンロンパでサイレントヒルっぽいことをするスレです。完全にサイヒルをやるのではなく、サイヒル要素を含みます。
※サイレントヒル・ダンガンロンパ双方のシリーズのネタバレや世界観クロスを多分に含みます。とりあえずグロ注意。
※生徒が死んだり、殺されたりします。狂ったり襲いかかったりもします。
※一部設定の捏造みたいなものも含みます。
※安価・コンマ・自由記述などで進行します。
※コンマが悪くても十神のせいにしない(重要)。
※手足刃物ちゃん(ニードラー)はアイドル候補生です。仲良くしてあげよう。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1422534040

【十神「サイレントヒルだと?江ノ島、俺にも分かる言葉で説明してみろ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 18:21:23.22 ID:0gkFEkZ40
ガラッ

剣八「入部希望だ!」

あかり・京子・結衣・ちなつ「「!?」」

剣八「ここがごらく部とかいう団体の部屋だよな?」

京子「は、はい (な、なんだこの人ー……!)」アセアセ

剣八「今日から入る事になった」

結衣「え、あ、そうなんですか (デカい! デカいよ、デカい……!)」アセアセ

剣八「問題ねぇよな?」ギロッ

あかり「は、はい、大丈夫です! (髪型もすごいし……お顔もすっごく恐いよぉ……!)」アセアセ

ちなつ(しかも着物……? 羽織ってる白いのはビリビリに破けてるし……色々やば過ぎでしょこの人……!)ガクガク

【更木剣八「ごらく部……?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆itI4PnCkd2 2015/01/25(日) 20:31:08.74 ID:r/X51RUT0
魔導輪ザルバ『人の心に邪心がある限り、魔獣・ホラーは人類を襲う』カチカチ

サガラ「そして人類はその度に、試練と対峙し乗り越えてきた」

ザルバ『今宵、ホラーを狩る魔戒騎士と』

サガラ「試練を乗り越えた者たちの」

ザルバ・サガラ『「新たな伝説が幕を開ける」』

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1422185468

【道外流牙「沢芽市?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆Nsqe9nXw7g 2021/08/07(土) 23:02:40.11 ID:H/R4DuwY0
【注意】
・「ウマ娘プリティダービー」と「みどりのマキバオー」のクロスSSです。
・誤字脱字、または設定が甘い等々あるかとは思いますが、何卒ご容赦をいただければ幸いです。

暇つぶしにご一読頂ければ幸いでございます。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1628344959

【【ウマ娘】小さなトレーナーと白い奇跡【みどりのマキバオー 】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 23:46:06.60 ID:pb46aozk0
~事務所~

美希「おはようなのー」ガチャ

亜美「ミキミキおっはー」

真美「おはおはー」

美希「あれ?まだ二人だけ?」

真美「そーだよーん。今日は真美達が一番乗り!」

亜美「律っちゃんと兄ちゃんは打ち合わせでどっか行ってるー」

美希「ふーん……あれ?二人共何読んでるの?」

亜美真美「「ジョジョ!」」

美希「ジョジョ?」



【P「美希がジョジョにハマった」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆0Qglq3B3Ok 2013/11/14(木) 01:13:00.55 ID:+T+xRYs00
ジョジョの奇妙な冒険(主に第三部)とHELLSINGとのクロスオーバーです。

・ジョジョ第三部は、もしDIOという存在が消えていなかったら、というところから始めます。
・HELLSINGは最後の大隊による本格的な侵攻が始まる前が舞台です(セラスは既に吸血鬼化)。

よろしくお願いします。



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1384359180

引用元: DIO「WRYYYYYYY!」 アーカード「こんなに楽しいのは久しぶりだ!!」 



 

リボルテックヤマグチNo.114 アーカード (再生産)
海洋堂 (2014-08-13)
売り上げランキング: 12,417
【DIO「WRYYYYYYY!」 アーカード「こんなに楽しいのは久しぶりだ!!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 十神「サイレントヒルだと?説明しろ、苗木」

1: ライイングダベミ ◆z.6vDABEMI 2015/01/22(木) 22:08:38.72 ID:ndI4mlCd0
───サイレントヒルはね、十神さん
───人の罪を形にする街なんです


自然豊かな平和な街のはず、だった場所で起きる惨劇。

突然発生した霧、何者かに殺されている生徒達、次々と現れるクリーチャー達。


『誰か……私をコロして……』


縋り付く希望などない。
そこにあるのは、混沌と絶望だけ。
この街は霧が絶えず、そして【罪】を抱える人々が吸い込まれるようにやってくる。


傷付いた者共の行き着く、その街の名は───
【サイレントヒル】。




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1421932118

【十神「サイレントヒルだと?……葉隠、お前は説明しなくていい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 13:56:06.08 ID:69vD+q2/0
宇宙世紀00876年。人類は未だ戦いの歴史を繰り返していた。

千早「・・・」

兵士「キサラギ少佐、発進準備できました。至急格納庫までお越しください」

千早「了解しました。すぐ向かいます

千早(いよいよね・・・)

冬馬「ようキサラギ少佐。捕虜のくせにずいぶんと待遇がいいじゃねぇか」

千早「・・・私は捕虜ではありません。アマガセ大尉」

翔太「でもびっくりだよね~765プロの"蒼い鳥"が961プロに寝返っちゃうんだもん。もしかして何かあったとか?」

北斗「チャオ☆」

千早「・・・」

【千早「如月少佐、ガンダムいきまーす」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 13:30:32.79 ID:It/iyFSE0
ティエリア「そうだ」

刹那「一体それはなんなんだ?ティエリア」

ティエリア「慌てるな刹那、俺もさっき見つけてヴェーダのデータで照合したばかりだからな」

ロックオン「お、なんだか面白そうなことしてるじゃねぇか」

アレルヤ「へぇ、昔のゲームなんだ」

ティエリア「実は赤と緑だけじゃなくて青と黄色もある、誰がどのバージョンをするんだ?」

引用元: 刹那「ポケットモンスター 赤・緑?」 


 

  【刹那「ポケットモンスター 赤・緑?」】の続きを読む

このページのトップヘ