えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

クロスオーバー

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/27(土) 13:24:55 ID:OgnjxItw
<山>

コロ助「この山に、オークとかいう悪い魔物がいるナリね」

コロ助「さぁ、行くナリよ! 女騎士!」

女騎士「そ、そうだな……」

女騎士(ううむ、小さい。まるで子供ではないか)

女騎士(なぜ私はこのような者と、オーク退治に向かわねばならんのだ……)

引用元: コロ助「ワガハイはここまでナリ……」女騎士「くっ、コロ助!」 

 

  【コロ助「ワガハイはここまでナリ……」女騎士「くっ、コロ助!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/24(水) 18:30:56 ID:e5JzcaDE
とあるシリーズの俺ガイルバージョン。

※尺や登場人物数の都合でストーリーやキャラ設定は思いっきり改変しています。

だから禁書を知らなくても全く問題ない。

知ってても、ルミルミと同棲生活編的な軽いノリで見て頂けたら幸いです。

引用元: 八幡「普通科高校の劣等生」留美「とある魔術の……禁書目録?」 

 

  【八幡「普通科高校の劣等生」留美「とある魔術の……禁書目録?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/19(水) 18:11:54.38 ID:+avWBra0O
凛「かーよちーん!」ギュッ


花陽「わっ!凛ちゃん!ビックリしたよー」


真姫「相変わらず仲良いわね」


花陽「真姫ちゃん!おはよう!」


凛「真姫ちゃーん!」ギュッ


真姫「キャッ?!もう!急に抱きついてこないでよ!」


--------------------------


放課後


凛「かよちん部室いこー?」


花陽「ごめん凛ちゃん!今日、家の用事で...」


凛「えぇー!...分かったにゃ。ばいばい!かよちん!」


花陽「うん!また明日ね!」




【凛「MOTHER2?」 (ラブライブ)】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

ちひろ「プロデューサー……ですか?」 前編

472: ◆gKIVhd2ytqPb 2013/11/18(月) 20:06:01.09 ID:2Ld9SmTl0
第十八話『閑話休題』


前川みく、15歳!

アイドルをやっていますっ!

初めて入った事務所が悪徳プロダクションで伸び悩んでたんだけど

その事務所の悪事がバレて潰れた後、新しい事務所に拾ってもらえたんだっ!

そんなこんなでアイドル人生を再スタート!トップネコドル目指して頑張ってるにゃあ~!

引用元: ちひろ「プロデューサー……ですか?」 



 

  【ちひろ「プロデューサー……ですか?」 後編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆gKIVhd2ytqPb 2013/10/31(木) 19:24:03.89 ID:qMdt450D0

パプワくん×モバマス

勢いだけなのでキャラ崩壊注意

時系列的にはパプワくん本編終了後、PAPUWAに繋がらないIFのイメージ


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1383215043

引用元: ちひろ「プロデューサー……ですか?」 



 

  【ちひろ「プロデューサー……ですか?」 前編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/17(月) 23:33:07.92 ID:FsC/TEeN0
ワーワーワーワーワーワーワー

黒子「初戦の相手はテニス部の人たちみたいですね」

緑間「部員全員食中毒など、人事を尽くしていない」

青峰「舐めやがって…!こんなの出る気しねーよ」

赤司「だめだ、絶対勝利。この理念は絶対だ。それに相手は中学テニス界屈指の名門。最初から全力で行く。」

紫原「ふーん、ま、どうでもいいし」

黄瀬「向こうはあんまガタイよくないっすね?まぁウォーミングアップにはちょうどいいじゃないすか?」ノビッ





【越前「帝光中学校バスケットボール部?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@おーぷん 21/05/30(日)07:49:25 ID:0ZZT
モバマスとベン・トーのクロス
ベン・トー側の知識がなくても読めるように書いているつもりです
クラリスさんが出てきますが話の都合上、本名が出ずに”聖女”とだけ呼ばれたり色んな設定が捏造されています




【【モバマス】白雪千夜「半額弁当」【ベン・トー】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

春香「仮面ライダー!」 本郷「正義の系譜!」 前編

545: ◆6wyBJfmq22 2014/12/11(木) 21:24:33.42 ID:hZ0FBP/h0
第6章

‐1972年‐

[アジト 作戦室]


本郷「奴はどこだ!」

春香「ここに居ないハズないんですけど…」

真美「出てこい!この階級詐欺!」

あずさ「ガン逃げですか~?」

響「いや、この匂い…近くにいるぞ!」クンクン

ハム蔵「ヂュイ!」

春香「えっ自分の匂いじゃなくて?」

響「うぎゃー!自分臭くないぞ!」






ゾル大佐「フッフッフ…見事な嗅覚だ。人間にしては見事だな」バッ




【春香「仮面ライダー!」 本郷「正義の系譜!」 後編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆do4ng07cO. 2013/05/07(火) 14:05:24.67 ID:poqM/D/Y0




その少女、愚か者

その男、大馬鹿者―――








【ほむら「その馬鹿を極める」【スクライド×まどか☆マギカ】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆6wyBJfmq22 2014/11/13(木) 20:37:19.44 ID:rooMGXQR0
「仮面ライダー 正義の系譜」と「アイマス」のクロスです。

昭和ライダー&平成のアギトの知識が無い方にはあまりお楽しみ頂けないかもしれません。

※一部に選択肢が有ります。皆様の選択により展開が変わります。


プロローグ

‐1972年 採石場‐


ショッカー戦闘員「イーッ!」

仮面ライダー1号「待て!ここで何をしている!」

戦闘員「イッ!イー!」


一斉に襲いかかる戦闘員達であったが、1号の拳により全て地面に沈む。


ドガガッ!

1号「!?」ダッ

1号「お前は…ドクガンダー!また再生していたのか!」

ドクガンダー「仮面ライダー…今に我々の本当の力、思い知らせてやる!」

1号「貴様が何度再生しようと、お前達ショッカーの野望は俺が打ち砕く!」

ドクガンダー「ショッカー…?俺はもはやショッカーの一員ではない!」

1号「何だと!?」

ドクガンダー「俺は邪悪な力に導かれし…闇の世界の創造者となったのだ!」ドガガガ

1号「くっ!」


そう言い残し、飛び去るドクガンダー。


1号「ショッカーとは別の存在だと…一体何が…」




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1415878629



【春香「仮面ライダー!」 本郷「正義の系譜!」 前編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 16:29:22.89 ID:6C7yiDjh0


――そいつは突然やって来た




ガッシャーン!!!


清麿「!?」



ガッツ「よお……てめえが高峰清麿か……?」


清麿(な、なんだこの厳ついのは……ッ!?)ビクビク

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1415863752




【金色のガッツ!!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆MFa.Ar5xYw 2014/11/10(月) 18:04:46.71 ID:5NjTgzOY0
まったく、やっかいな事件が続きやがる。

ミュージアムの脅威が去ったかと思えば、風都はまた怪人騒ぎだ。

ピエロ面の妙なドーパントが現れて街の人たちから生気を抜き取ってるっていうじゃねぇか。

「この街を泣かせる奴は、どんな野郎だろうが許さねえ」

そう意気込んで一人現場周辺で調査をしていた最中、まさかあんなことになるとは……。


数時間前。俺はドーパントに襲われた。いや、正確には〝ドーパントに似た怪物〟にだ。

???「……」

翔太郎「なっ、ありゃナスカじゃねぇか!?」
 
突如俺の前に現れたのは倒したハズのナスカ。俺を一瞥すると、ヤツは無言で背を向け立ち去った。

もちろん、俺はすぐにフィリップに連絡してハードボイルダーでヤツの後を追った。

今思えば、あれは俺たちをおびき寄せる為の罠だった。





【翔太郎「スマイルプリキュアだと?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/09(日) 21:42:13.58 ID:WHsNosIE0
このssは

アカギ「ククク……夢限少女か」

の圧倒的続編……!

前回までのあらすじ

セレクターになって強敵とバトルし生を実感するためにアカギは夢限少女になることを決めた……!

アカギが購入したのは青デッキ、ブルーアプリ……!

そのデッキからアカギはルリグ、ピルルクを引きセレクターの資格を手にするっ……!

デッキを手にした、アカギの前に現れたのは人気読者モデル、蒼井晶っ……!

晶もまたアカギと同じセレクターだったっ……!

ルールもろくに知らない状態でアカギはバトルを開始し、その常人では考えられない天才的な才覚を垣間見せながら晶を倒す……!

バトルに敗北し襲いかかってきた晶とのリアルファイトを制したアカギは次なる勝負を求めて行動を開始したっ……!


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1415536923




【アカギ「ククク、ウィクロス……面白い!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 一部ネタバレ注意。 ◆RqQp4rtXlE 2014/11/09(日) 20:57:10.92 ID:WM8F+O1DO
苗木「こ…コロシアイ学園生活だって…!?」

苗木(僕は苗木誠。何の取り柄もない、強いて言えば少し前向きなだけの普通の男子生徒…と言えれば良かったんだけど、
実は僕は人間じゃなくて、人肉を食らう怪物『喰種(グール)』なんだ)

舞園(私は舞園さやか。『超高校級のアイドル』として活動しているけれど、実は人肉を食らう怪物『喰種』なんです)
霧切(私は霧切響子。喰種であることを隠してこの学園に入学したわ)
桑田(そう俺は喰種)
十神(実は俺は(略))

※以下喰種の自己紹介×8

葉隠(俺は葉隠康比呂。人間だべ。喰種じゃないべ)
江ノ島(戦刃)(私は戦刃むくろ。超高校級の軍人だけど、盾子ちゃんの振り(略))

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1415534230





【苗木「僕は苗木誠。超高校級の喰種だ」葉隠「俺は人間だべ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/09(日) 18:39:50.24 ID:+gefZw7Ko
大洗女子学園 資料室

みほ「よい、しょっと」

柚子「ごめんね。雑用を手伝わせちゃって。あとでサツマイモアイスご馳走するから」

みほ「いえいえ。そんな」

杏「まぁまぁ、大洗の大英雄にこんなことさせちゃったんだ。お礼ぐらいは受け取ってよ」

みほ「え、英雄だなんて! とんでもない!」

桃「西住はもう少し自分に自信を持てるようになれたらいいのだがな」

優花里「それが西住殿の良い所なんですよぉ」

桃「謙遜し過ぎるのはどうなんだ」

沙織「華ぁー、これもってよぉー」

華「はぁーい。今、いきますわ」

麻子「……」

沙織「こら、麻子。サボんないの。資料の整理、手伝うって言ったでしょ」

麻子「興味深いのを見つけた」

沙織「なになに? ええと、第501……戦闘……団……戦術書? 所々擦れてて読めないじゃん」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1415525980





【西住みほ「第501統合戦闘航空団が生み出した最強の戦車戦術」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/12(水) 21:36:30.17 ID:qdtiAhE10
やよい「ん?道端にノートが落ちてる・・・?」

やよい「表紙に文字が・・・で・・・であとぅふ・・・?」

やよい「ノートって単語は分かるけどこっちはわからないや」

やよい「とりあえず持って帰って日記にしようっと」




【黄瀬やよい「デスノート?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2021/05/22(土) 15:02:40.93 ID:/cuf+XAU
璃奈「ただいま」ガチャ

邪神ちゃん「おう、おかえりですの、頼んだもの買ってきましたの?」

璃奈「はい、サラミとチーズかまぼこ」スッ

邪神ちゃん「お、サンキュー、代金はメデューサに請求してくれですの」ムシャムシャ

璃奈(ただいまって言える人がいて、おかえりって言ってくれる人がいるって嬉しいな)





【愛「りなりー最近楽しそうだね、何かいいことあった?」璃奈「うん、嬉しいことあったよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/30(月) 23:09:41.14 ID:coF9TW/oo
「ひどい殺され方だったみたいね、未央のお兄さん」ヒソヒソ

「そうらしいわね。でも何もあそこまでやることなかったのに……」ヒソヒソ

「捜査の方、難航してるらしいわね」ヒソヒソ

「そうらしいわね」ヒソヒソ

未央「……」

未央母「未央」

未央「お母さん……。何?」

お母さん「あなた、ずっと寝てないんでしょ?もう家に帰って休みなさい」

未央「うん……」

早苗「未央ちゃーん」

未央「あ、刑事さん」

早苗「どーも。聞き込みでお邪魔してるよ」

早苗「大変だけど、全力で捜査してるから、お兄さんを捕まえた犯人もすぐ捕まるよ」

未央「あ、あはは。そんな血眼にならなくても、気長に待ってますよ」

立ち去る未央。

早苗「はぁー、お兄さんが殺されたのに、ご立派なこと」

早苗「いや、耐えれてるのかねぇ?」

引用元: 未央「魔人探偵?」 


 

  【未央「魔人探偵?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/05(木) 20:54:22.10 ID:PLujcXoF0
緋村剣心「問おう。そなたが拙者の主(マスター)でござるか?」

士郎「え…?」

剣心「聖杯の盟約により、主のもとに馳せ参じたでござる」

???「まさか、こうしてお前と再び相見えようとはな…」

剣心「お主…斎藤一…」

斎藤「久しぶりだな抜刀斎。いや、緋村剣心か」

剣心「あぁ、久しいな」

斎藤「貴様との決着はとっくの昔に付いているが…厄介なマスターに当たってな…」

士郎「う、うあ」

剣心「主、さがっているでござる」




【緋村剣心「問おう。そなたが拙者の主(マスター)でござるか?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/14(土) 11:52:22.91 ID:5M/Y/XRf0

カイト「いっつだってわーくわっく! ドッキドキ! プーリキュアっ☆」

カイト「ひとりじゃないよ。隣をみればっ、世界はきらめっく!」

カイト「空の太陽、語りかけるよ。あしたはハレル~ヤ♪」

カイト「何よりも大切なもの~。ウォウ、大切な~もーのっ」

カイト「信じる気持~ちがここにあるううううううっ!!」

カイト「い~っえええい!!」

ハルト「……」ジー

カイト「ハ、ハルト!?」





【カイト「君とイェイ……」ハルト「プリキュアな兄さんは嫌いだ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/28(水) 21:32:06.76 ID:Hhhi1HzW0
/1
きっかけは、ありふれた日常の狭間にありました。

多分、それは誰にも止めることなんてできなかったと思います。

今になって考えてみれば、ひょっとすると私がこんな眼になってしまったのも、避けられない巡り合わせだったのかもしれません。


花陽「凛ちゃん、今日はちょっと食べ過ぎだよお」

凛「ヘーキヘーキ、これぐらい腹八分目にゃ」

真姫「それ、ラーメン3杯平らげたアイドルが言うセリフじゃないわよ」

凛「あれ、もしかして真姫ちゃん……凛の心配してくれてるの?」

真姫「と、当然でしょ。もうすぐラブライブだっていうのに、花陽の次は凛がダイエットなんてことになったらたまったもんじゃないわ」

凛「うわあ~、真姫ちゃん怖いにゃあ……」

花陽「この時期に落とすのは大変だから……凛ちゃんも気をつけた方がいいよ」

凛「二人に言われたら仕方ないにゃ……でも沢山食べたなら、沢山動けばいいんだよ。ほら、こんな風に──」


そう言って、凛ちゃんは横断歩道に飛び出しました。

信号の色は赤から青に切り替わり、私達は凛ちゃんに続いて歩き出そうとしたんです。

瞬間、視界の端に映ったのは、止まる気配を見せない鉄の塊。

信号の色は、確かに青だったのに──


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1482928326



  【花陽「死を視ることができる眼」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
北斗「20XX年!アイドル乱世となった世界!!
765プロプロデューサーとなった聖帝サウザーは、他事務所を巻き込んだ熱海遠征旅行を実施した!そこで開催された無差別ライブに元斗プロを名乗る玲音こと天帝ルイが乱入し、オーバーランクである彼女の前に全てのアイドルがなすすべもなく凍り付いてしまったのだった!!その後兄弟喧嘩が起こったり正妻戦争が起こったりしつつ旅行が終わると、サウザーは間髪入れずに元斗プロへの挑戦上を叩きつけるのであった!!」


765プロ



サウザー「フハハハ!下郎ども、元斗プロに宣戦布告してきたぞ!」ドヤァ

伊織「宣戦布告って……えええええ!?」

サウザー「貴様らはやられっぱなしで悔しくないのか!必ずや奴らの鼻っ柱をへし折ってやるぞ!!」

春香「ということは、ライブするんですか?」

サウザー「無論だ!1ヶ月後にアイドルライブトーナメントを開催する!……それでだ、本大会ではユニットを組むことを禁ずる!全員ソロだ!!」



一同「「「えええええええ!!??」」」

サウザー「不満か…?だがこれには理由がある……実はな…」




【アイドルマスターイチゴ味 死兆星の輝きの向こう側へ!の巻】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/02(日) 20:08:18.72 ID:KqzopgjW0
竜太「なんじゃあ? 空から女が降って来たぞ?」 

竜太「あんちゃーん! 女じゃー! 女が降って来たぞー!」

ゲン「なに馬鹿げたこと言うとるんじゃ! シゴウしたるぞ!」

竜太「本当じゃ! わしがこんなくだらん嘘なんかつくか! 屋根から落っこちそうなんじゃ! 助けてくれや!」ギギギ

ゲン「まったく何を考えとるんじゃ……」ガラガラ

ゲン「やっ!?」

ゲン「おどりゃ、本当に女がおるじゃないか!」

竜太「そう言うたじゃろ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1414926488




【はだしのラピュタ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/28(水) 14:57:34.28 ID:IvnFQGVR0
とある研究所


研究員 「それじゃあ空条承太郎君、次はこのテスト
なんだが…


承太郎 「ったく…どうして俺がこんなことに
付き合わなきゃいけないんだぜ…」


ジョセフ 『おい承太郎!』


承太郎 『なんだジジイ、こちとらエジプトから
帰ってきてまだ10日…俺は疲れているんだ
それに明日からは学校に行かなきゃいけねぇ』


ジョセフ 『そのことなんが承太郎、お前出席日数
足りてるのか?』


承太郎 『…………』


ジョセフ 『そこでだ承太郎!学園都市という所へ
行ってみないか?』


承太郎 『あ?学園都市だと…?』


ジョセフ 『SPW財団も支援している超技術が発達
した都市で超能力者を開発している所なんじゃ』


承太郎 『超能力?スタンド使いじゃないのか?』


ジョセフ 『いや人工的にじゃ、そこでだ承太郎
お前には学園都市の能力者をスタンド使いから
見てどうなのか聞きたいとSPW財団のものが
言っておってだな…』


承太郎 『………』


ジョセフ 『もちろん住む所を提供するし住む分には
不自由させん!だからどうじゃ承太郎!』


承太郎 そこを離れようとする


ジョセフ 『承太郎!』


承太郎 『勘違いするなジジイ、誰が行かないと
行った』


ジョセフ 『ということは?』


承太郎 『SPW財団には旅のことで随分世話になった
その借りを返すだけだ』


ジョセフ 『相変わらず素直じゃないのぉ』


※この話は上条さんの代わりに承太郎がいるという
設定です









SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1482904654

引用元: 承太郎 「学園都市だと…?」 


 

とある魔術の禁書目録(18) (ガンガンコミックス)
鎌池 和馬 近木野 中哉
スクウェア・エニックス (2016-11-22)
売り上げランキング: 743
【承太郎 「学園都市だと…?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ギレン 2014/11/02(日) 12:39:40.24 ID:CJtR+G6u0
Fate/Zeroと機動武闘伝GガンダムのクロスSSです




ウェイバー(やった~!成功したぞ~!)

ウェイバー「ぼ、僕は『ウェイバー・ベルベット』だ。お前のマスターだぞ!」

東方不敗「ほほう、このワシをライダーのクラスで召喚せし者は貴様というわけか」

ウェイバー「ライダー、お前の真名は何だ?」

東方不敗「ワシは東方不敗!マスターアジア!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1414899569

【東方不敗「問うぞ、貴様がワシのマスターか?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆0Qglq3B3Ok 2013/10/28(月) 21:40:07.71 ID:oWPoMCZP0
現在、地球には数百種類の異星人が行き交い、生活している。
地球人も段々とそのことに気付き始めている。

嵐を呼ぶオラと未知との遭遇 ~An alien in a kindergarten~

・クレヨンしんちゃんとレベルEのクロスオーバーです(レベルEは設定を借りただけという感じなのですが)。
・レベルE最終話のサゾドマ虫の習性についてネタバレしますので、未読の方はご注意ください。

それでは、よろしくお願いします。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1382964007

引用元: しんのすけ「カナちゃん、青い血が流れてるゾ……?」 



 

  【しんのすけ「カナちゃん、青い血が流れてるゾ……?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/10/29(火) 00:20:16.98 ID:V2ed6qdE0

藍子「この人、新しいプロデューサーさんですか?」 

ロー「…」 

ちひろ「(デカッ!)いえ、そういう話は聞いてないけど…。」 

ロー「おい、銭屋」 

ちひろ「ぜ、銭屋!?」 

ロー「とにかく答えろ。ここはどこだ」 

ちひろ「え?え?」 



  【高森藍子「死の外科医?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/01(土) 22:52:30.30 ID:DK92/vKH0
このssは

カイジ「俺は無限少女になる……!」

の続きっ……!

夢限少女が無限少女となっている誤字については訂正済み……!


前回までのあらすじ

働かずに大金を得るため夢限少女を目指すことにしたカイジ!

カードを購入するべく店に向かうと、そこには利根川と和也がいた……!

彼らもまた願いを叶えるべく夢限少女を目指していた!

動くルリグを引くべくカードを購入するカイジたちだったが誰も引けず、勝負は持ち越しとなる

時を同じくしてかつてカイジと戦ったライバルたちも夢限少女を目指すべく動き始めていた!

カイジはカード購入の資金を借りるべく坂崎の元へと向かう


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1414849940 





【カイジ「バトルだ……小湊るう子……!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/17(金) 23:13:10.49 ID:nromeFj8O
左京「戸愚呂、こいつを見てみろ」

戸愚呂弟「…ゲーム機ですか、オレも人間の子供の頃はあこがれましたよ」

左京「ふ、私は最新作のポケモンにも興味があってな、そこで原点回帰…というわけだ」

戸愚呂弟「ゲームはよくわからないんで…オレンジジュースください」

左京「まぁそういうな」






【戸愚呂弟「オレはヒトカゲでいきます」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆ozOtJW9BFA 2016/12/25(日) 13:25:17.03 ID:vXymnC4R0
ブラッドレイ「……むぅ……」

ブラッドレイ「どこかねここは………」サッ

ブラッドレイ「確か私は傷の男(スカー)と戦っていたはず…だが……」


ブラッドレイ「うおおおおおおおおおおお!」

スカー「ぬおおおおおおおおおお!」


……私が剣を抜きあの男の上にのって殺そうとしたとき…光が剣に反射して…


ブラッドレイ(あの男の攻撃を受ける時直前に意識を失ったようだ…が)

ブラッドレイ(眼はえぐり取られてないし手足もある…まさか死後の世界だと言うのか)

ブラッドレイ(それにしてははっきりしているな、出血した所は乾ききってない)

ブラッドレイ(すこし探索してみるか)



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1482639916

引用元: キング・ブラッドレイ「私が提督になるだと?」 


 

  【キング・ブラッドレイ「私が提督になるだと?」】の続きを読む

このページのトップヘ