えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

シャニマス

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/01(日) 01:46:41.28 ID:sddTNlXY0
結華(って誰もいない。Pたんもはづきさんも出かけてるのかな)

結華(お仕事の報告どうしよう……電話かけてみよう)ピッピッ

プルルル プルルル

結華(あれ、コールがすぐ近くから聞こえる。ん? あのシャツは……)

結華(Pたんの、だよね。スマホも置いてある。事務所にいるのかな? 探してみよっと)

~~~~~~

結華「Pたーん、いたら返事してー?」

…………。

結華(いない。はづきさんも社長もアイドルも、誰もいないや。鍵は開いてたのにおかしいなぁ)

結華(まあPたんに限ってはスマホここにあるし、そのうち帰ってくるでしょ。大学の課題でもやってようかな)

結華(その前に、鍵をかけとかないとね。たまたま三峰が帰ってきたからよかったものの不用心すぎるよ)

~~~~~~

結華「……」カリカリ

結華(静かだねー、寂しいくらい。課題は捗るけどさ)

結華(……Pたんのシャツ、なんでここにあるんだろ。たぶん、汗かいたから着替えたんだよね? こんなとこに放っておかないでほしいな)

結華「……」

結華(……Pたんのシャツ……)

スッ

結華(そんなに濡れてない。渇いたのかな?)

結華「……」クンクン

結華(汗の匂い……それとPたんの匂いも微かに……)クンクン

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1567270001

引用元: 【シャニマス】結華「お疲れ様でーす」 



【【シャニマス】結華「お疲れ様でーす」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆5AkoLefT7E 2019/08/27(火) 00:02:03.86 ID:/7uIOzYD0

~346プロダクション・事務所~


P「もりくぼー? もりくぼいるかー?」ヒラヒラ

森久保乃々「……」

P「もーりーくーぼー?」キョロキョロ

乃々「……」

P「ここか!」ヒョイッ

乃々「ひうっ!?」

P「お、いるじゃないか森久保。無視しなくてもいいのに」

乃々「プロデューサーさんが……そうやって書類をヒラヒラさせながら近づいてくるのは……お仕事のお話がある時だって決まってます……」

P「そりゃまあ……森久保に仕事を持ってくるのが俺の仕事だしなあ」

乃々「いえ……まぁ……面倒なお仕事でなければ……別に……」

P「……」

乃々「へ……」

P「……」

乃々「ど、どうしてそこで黙るんですか……!?」

P「確かに……これは、乃々にとっては厳しいお仕事になるかもしれない……」

乃々「え……!?」

P「もしかしたら今までで一番……」

乃々「えぇ……!?」

乃々(き、急にプロデューサーさんが真剣な表情になったんですけど……!?)

乃々(厳しい……? 今までで一番……?)

乃々(ま、まさか、体を張った撮影……!? バンジージャンプとかだったら死んじゃうんですけど……!!! そういうのは幸子ちゃんに……)

乃々(いや、もしかして海外とかでロケ……!? も、もりくぼ英語なんてむーりぃ……!!! そういうのは幸子ちゃんに……)

乃々(そ、それとも……無人島でサバイバルとか……!? ただでさえ毎日死にかけているもりくぼが……!? そういうのは幸子ちゃんに……)

P「失礼なことを考えてるな?」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1566831723

引用元: 【アイマスSS】森久保乃々「はじめての……」大崎甜花「おつかい……?」 



【【アイマスSS】森久保乃々「はじめての……」大崎甜花「おつかい……?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)18:19:11 ID:9Ec

シャニマスSSです。宅飲みアンティーカ(全員成人済み)が恋人っぽいことをしないと出られない部屋に閉じ込められます。こがたんはほとんど出ません。
別所に上げた物を加筆修正した物ですがよろしくお願いします。

引用元: 【シャニマス】恋人っぽいことをしないと出られない部屋 




【Amazon.co.jp限定】THE IDOLM@STER SHINY COLORS FR@GMENT WING 06 (デカジャケット付)
ストレイライト
ランティス (2019-09-11)
売り上げランキング: 74
【【シャニマス】恋人っぽいことをしないと出られない部屋】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆/rHuADhITI 2019/08/18(日) 02:15:41.93 ID:oj63shz20
「夏葉……いや、夏葉さん。俺があなたを幸せにします」

 きらびやかな夜景をバックにして、俺は意を決し、懐から用意していた小箱を取り出した。
 都内某所の高層ビルにある高級レストランにて。まともに予約を取ろうとすれば何年待ちともいわれる席で、俺は元担当アイドルと向き合っていた。夜景の中心には、東京の顔となって久しい電波塔が据えられている。
 
 彼女がアイドルだったのはつい三ヶ月前までのこと。九年のアイドル生活に円満な終止符を打ち、プロデューサーとアイドルという関係は既に解消されていた。この日は単なる知人として、しかし、単なる食事会ではないことを匂わせて彼女を呼び出していた。
 
 社長に憧れて用意した一張羅の白スーツに身を包み、俺はなけなしの勇気を奮い立たせる。ひとつ小さく息をつき、手の中の小箱を開けた。ペリドットをあしらったダイヤモンドリングが姿を見せる。
 
「どうか、俺と結婚してくれませんか」

 俺は彼女の目をみすえて迷いなく口にする。それと同時に、予定していた通り、電波塔のライトアップが色を変えた。通常の配色である紫から、放課後クライマックスガールズにちなんだ五色へとうつろっていく。赤に、黄に、青に、ピンクに、そして緑に染まって。
 それで彼女は、きっと息をのんで――

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1566062139

引用元: 【シャニマス SS】P「プロポーズの暴発」夏葉「賞味期限切れの夢」 



【【シャニマス SS】P「プロポーズの暴発」夏葉「賞味期限切れの夢」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/17(土) 18:23:04.06 ID:pNwKopqf0
P(はぁ……最近ろくに寝てないな。疲れがかなり溜まってる)

P(それだけアイドルたちが売れてるってことだから、この上なく嬉しいんだけど……)


めぐる「お疲れさま、プロデューサー」

P「!」


P「めぐる、今日はレッスンじゃなかったのか」

めぐる「なに言ってるの? レッスンはもう終わったよー」

P「あれ? 今何時だ?」

めぐる「かなり疲れてるみたいだね……」

P「そ、そんなことはないよ」

めぐる「ウソついた! 見るからにヘトヘトだし、目の下のクマも隠せてないもん」

めぐる「プロデューサーがわたしたちのために大忙しなのは、みんな知ってるんだからねっ」

P「う……」

めぐる「はい、これ差し入れ! スイーツとか飲み物とか!」スッ

P「心配かけてしまったな。ありがとう」

めぐる「お礼なんていいって! それより休憩しよう? わたしと一緒に3時のオヤツ!」

P「はは、ちょっと過ぎてるけどな。休憩するか」

めぐる「うん! このプリン美味しいんだよー。コンビニのだけど、すぐ売切れちゃうの」

P「そうなのか。食べるのが楽しみだ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1566033783

引用元: 【シャニマス】めぐる「おいでプロデューサー♪」 



【【シャニマス】めぐる「おいでプロデューサー♪」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/05(月) 20:10:10.29 ID:aYtpEvQ20
P「千雪、そう言わずに……」

千雪「まだおさけのむのー!」

P「飲みすぎだって。ほら、手に持ってるのテーブルに置いて」

千雪「やだ」

P「置きなさい!」

千雪「やだもん、これちゆきのだもん」グビッ

P「あっ……」

千雪「えへへー♪」

P(なんてこった……こんなことになるなら、ほどほどのところで止めておくべきだった……)

P(最近仕事を頑張ってるご褒美に、新しくできたオシャレな居酒屋に連れてきた、まではよかったけど……)

千雪「ここのおさけ、なん杯でものめちゃう」スッ

P「ま、待て。もういい加減に…」

グビグビ

千雪「ぷはぁ♡」

P「……」

P(仕事の話、ユニットの話、アイドル仲間の話、オフの話。色んな話に花を咲かせて、酒のツマミにしたのがマズかった)

P(気がついたら、千雪の酒を飲むペースがどんどん上がっていて……こんな状態に……)

千雪「つぎは、これをたのもーっと。てんいんさーん」

P「もうダメだって! すみません、注文は無しでお願いします。この娘かなり酔ってて」

千雪「よってないもん」

P「酔ってる奴は大体そう言うんだよ。ほら、飲むだけじゃなく食べよう。俺のアボカドあげるから」

千雪「あぼかどだー! いただきます!」

P(はぁ……これ食べたら店を出よう。家に送っていかないと)

引用元: 【シャニマス】千雪「やだー! もっとのみたいー!」 



THE IDOLM@STER SHINY COLORS FR@GMENT WING 03
アンティーカ
ランティス (2019-06-12)
売り上げランキング: 1,341
【【シャニマス】千雪「やだー! もっとのみたいー!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆Vysj.4B9aySt 19/08/16(金)23:32:19 ID:kbA
(世界の果てまで逝ってm@s収録中)

樹里「ふぅ……まさかカンガルーが来るとはな」ハァハァ

凛世「皆さん……いい逃げっぷりでした」

智代子「というか、逃げないとキックされちゃうよ!」クワッ

夏葉「あら、ならこちらも立ち向かえばいいんじゃないかしら?」

果穂「さすがは夏葉さんです!」

樹里「勘弁してくれよ……」

引用元: 【シャニマス】智代子「……番組の途中ですが」樹里「一旦CMだ!」 



THE IDOLM@STER SHINY COLORS FR@GMENT WING 03
アンティーカ
ランティス (2019-06-12)
売り上げランキング: 989
【【シャニマス】智代子「……番組の途中ですが」樹里「一旦CMだ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/16(金) 06:30:53.61 ID:izjKmYoA0


多分灯織は一人だとラウンドワンに行こうとは思わない子だとは思っています




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1565904653

引用元: 【シャニマス】灯織「ラウンドワン……うん、ここがね、よかったんだよ」 



【【シャニマス】灯織「ラウンドワン……うん、ここがね、よかったんだよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/05(月) 20:10:10.29 ID:aYtpEvQ20
P「千雪、そう言わずに……」

千雪「まだおさけのむのー!」

P「飲みすぎだって。ほら、手に持ってるのテーブルに置いて」

千雪「やだ」

P「置きなさい!」

千雪「やだもん、これちゆきのだもん」グビッ

P「あっ……」

千雪「えへへー♪」

P(なんてこった……こんなことになるなら、ほどほどのところで止めておくべきだった……)

P(最近仕事を頑張ってるご褒美に、新しくできたオシャレな居酒屋に連れてきた、まではよかったけど……)

千雪「ここのおさけ、なん杯でものめちゃう」スッ

P「ま、待て。もういい加減に…」

グビグビ

千雪「ぷはぁ♡」

P「……」

P(仕事の話、ユニットの話、アイドル仲間の話、オフの話。色んな話に花を咲かせて、酒のツマミにしたのがマズかった)

P(気がついたら、千雪の酒を飲むペースがどんどん上がっていて……こんな状態に……)

千雪「つぎは、これをたのもーっと。てんいんさーん」

P「もうダメだって! すみません、注文は無しでお願いします。この娘かなり酔ってて」

千雪「よってないもん」

P「酔ってる奴は大体そう言うんだよ。ほら、飲むだけじゃなく食べよう。俺のアボカドあげるから」

千雪「あぼかどだー! いただきます!」

P(はぁ……これ食べたら店を出よう。家に送っていかないと)

引用元: 【シャニマス】千雪「やだー! もっとのみたいー!」 



【【シャニマス】千雪「やだー! もっとのみたいー!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆gggKabpgAk 2019/08/02(金) 23:12:28.78 ID:q/+o80Ka0
田中摩美々・白坂小梅・エミリー スチュアート・我那覇響・所恵美が同じプロダクションに所属しているという、作者得設定のお話です。短めです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1564755148

引用元: 【デレミリシャニSS】田中摩美々「小梅とエミもっふ」 



【【デレミリシャニSS】田中摩美々「小梅とエミもっふ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆Vysj.4B9aySt 19/07/30(火)18:13:22 ID:Lsk
――29日

果穂「じゃーん!『放課後クライマックスガールズ』の小宮果穂です!」

「私たちは今、静岡県浜松にある航空自衛隊浜松基地に来ています!」

「今日、ここでおいしいごはんが食べられると聞いてやってきました!」



「では、さっそく入りたいと思います!」

引用元: 果穂「昨日が」莉嘉「今日が」ありす「明日が」『誕生日!』 



THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER 31 Pretty Liar
歌:高垣楓(CV:早見沙織)、速水奏(CV:飯田友子)
日本コロムビア (2019-08-14)
売り上げランキング: 121
【果穂「昨日が」莉嘉「今日が」ありす「明日が」『誕生日!』】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆TOYOUsnVr. 2019/07/28(日) 22:45:58.21 ID:BHC7fOb90

「鍛えてるって聞いてたけど細いんですね」

私の担当プロデューサーが用意してくれたお仕事のための打ち合わせで先方にそう言われ、思考が止まってしまう。

言い返すべく咄嗟に出た私の言葉はただ一音だけ、「え」というなんとも間抜けなものだった。

「いやぁ、深い意味はないんですけどね。衣装を発注するために283さんにいただいた有栖川さんのデータを見てて」

「そう、ですか」

「? どうかなさいました?」

「いえ。改めまして、283プロダクション所属、有栖川夏葉です。本日は打ち合わせの方、よろしくお願い致します」

「これはご丁寧に。こちらこそよろしくお願い致します」

そうして形式じみたお辞儀をし合い、これまた資料をもとに確認を行うだけの形式じみた打ち合わせが始まり、終わる。

先方の「こちらからのご説明としては以上となりますが、本件についてご承諾いただけますでしょうか?」という問いかけに対し「私の一存では判断致しかねますので、事務所の者から再度ご連絡させてください」と返した。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1564321557

引用元: 有栖川夏葉「共犯者」 



【有栖川夏葉「共犯者」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/29(月) 16:30:15.28 ID:8mVkIWZDO
―こんにちは!私は、283プロに所属するアイドルグループ「放課後クライマックスガールズ」の小宮果穂といいます!

―今日私の誕生日なので、サプライズパーティをすると言って私に内緒で皆さん出払っていますが、サプライズってなんでしょう?



―プロデューサーさんもいませんので、私一人っきりです!





はづき「くーっ、くーっ」



―違いました。はづきさんもいました!

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1564385415

引用元: 【シャニマス】アレスティングフックは上がらない 



【【シャニマス】アレスティングフックは上がらない】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/26(金) 17:15:45.34 ID:XLNzjGnq0



「いい天気っすね~!」

到着して開口一番、あさひはそう言ってあたりを見まわした。

確かに、雲一つない日本晴れで気持ちがいい。春から夏にかけて色を濃くした新緑が、ロッジの周りをぐるりと取り囲んでいて、普段ビルばかり見ている反動からか軽い感動すら覚える景観だ。

「何がいいのよ……」

「あっついね~……」

ただし、それはあくまでも「景色が良い」というだけの話であって、長時間の運転をしてきた身から言うとどちらかというと後者の二人に賛同したくなる。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1564128945

引用元: シャニP「邪視?」冬優子「……」 



【シャニP「邪視?」冬優子「……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆J2O9OeW68. 2019/07/24(水) 12:20:35.90 ID:rmJoFnhWo

・アイドルマスターシャイニーカラーズ、芹沢あさひがメインのSSです。



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1563938435

引用元: 芹沢あさひ「青空の水槽」 


アイドルマスター シャイニーカラーズ セカンドガイドブック

KADOKAWA (2019-06-28)
売り上げランキング: 11,535
【芹沢あさひ「青空の水槽」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆K7qLUv4H.Lbp 2019/07/22(月) 23:49:50.12 ID:gJ/hg4tDO
―283事務所

イルミネ『せーの』

『めぐる(ちゃん)誕生日おめでとう!』

めぐる「ありがとー!」

カチンコ



真乃「はい、めぐるちゃん。プレゼントだよ」

めぐる「うっわー!何かな?開けてもいいかな?」

真乃「どうぞどうぞ」

ガサガサ

めぐる「うわー!カワイイー!」

灯織「鳩型のポーチと、鳩サブレか……ある意味真乃らしいね」

灯織「私はこれね」

めぐる「何かな何かな?」ガサガサ

真乃「うわぁ……すごいよ灯織ちゃん!」

灯織「イアリング……気に入ってもらえるといいんだけど」

めぐる「すっごくいいよ。灯織、ありがとう!!」

灯織「ま、まぁ喜んでくれたなら///」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1563806989

引用元: 【シャニマス】考えるより早く恋に落ちた 



【【シャニマス】考えるより早く恋に落ちた】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆TOYOUsnVr. 2019/07/20(土) 23:40:56.28 ID:+a76L7SS0

かたかたとキーボードを叩く音が、二人分。いま、事務所に響くのはそれだけだった。

一つは残業中の私の担当プロデューサーのもので、もう一つは私のものだ。

彼が取り組んでいるのは明後日に必要な資料らしいのだが、明日は久々のお休みのようで、曰く「休日を平穏に過ごすために必要な犠牲」とのことだった。

対する私はというと、大学で来週が提出日となっているレポートを仕上げる作業を、事務所のパソコンを借りて行っていた。もちろん期限は来週であるし、今日完成させる必要はあまりないのだけれど、そこはそれ、可愛らしい口実と考えて欲しい。

などと誰に宛てたわけでもない謎の言い訳を脳内で繰り返し、モニターから視線を外して、プロデューサーの方を見やる。

すると、どういう偶然か二枚のモニター越しに目が合ってしまった。

声が「あ」と重なる。

言い表しようのない気恥ずかしさが込み上げてくるのを抑えながら、努めて平静を装い「……あら、もうプロデューサーの方は終わったの?」と訊ねてみる。

「え、あっ、ああ。うん、もう少し」

どうやらプロデューサーも目が合うのは予想外であったようで、若干しどろもどろになっているのがなんともおかしい。

「ええと、それで。夏葉の方は?」

「私? 私は……そうね。もう終わるわよ」

逆に訊かれ、返事に窮してしまう。

なぜなら先述のとおり、私にとってこのレポートはそれほど差し迫ったものではないからだ。

「そうか。戸締りとか、消灯とか、そういうのはやっておくから夏葉が終わったタイミングで帰っていいんだからな」

私も、もう少しだと言うべきだったかしら。

なんて、自身の回答に後悔をしつつ、ここまで粘っておいて帰れるものか、とも思う。

「せっかくだしプロデューサーが終わるまで一緒にいるわよ。それとも、アナタには私がそんな薄情な女に見える?」

「まさか。夏葉くらい気遣いのできる素敵な女の子はそうそういないよ」

「あら、嬉しいこと言ってくれるじゃない。だったら気遣いのできる女の本領を見せてあげる」

「……つまり?」

「コーヒー、淹れてあげるから待っていて」

席を立ち、翻って給湯室に向かう。

背中に届くキーボードを叩く音が心なしか跳ねている気がするのは、私の思い込みだろうか。

まあ、思い込みだろう。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1563633655

引用元: 有栖川夏葉「とっておきの唄」 



【有栖川夏葉「とっておきの唄」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆3xQXQ8weeA 2019/07/13(土) 22:57:31.11 ID:qn035Gh50
なるはやといったな?そのとおりだとも

なんやかんやで灯織に褒められたいよねって話

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1563026250

引用元: 【シャニマスSS】P「灯織に褒めさせる」 



【【シャニマスSS】P「灯織に褒めさせる」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆3xQXQ8weeA 2019/07/13(土) 21:32:03.06 ID:R1qDzFCB0
真乃の場合


P「なんか真乃がほわぁんぱいあになっとる」

真乃「Pさん、美味しそうです」キュルルル

P「友達だろ!?食べないでくれ」

真乃「でも美味しそうで」ジリ

P「友達を食べるっていうのか!?」

真乃「ごめんなさい……」ガシ

P「そうか……それじゃあピーちゃんも食べられちゃうか」

ピーちゃん「……」(泣きそうな顔してる)

真乃「えっ、あっ、食べないよ!ピーちゃん大丈夫だから!」アタフタ



引用元: 【シャニマスss】P「ぽんこつやんでろいどたち」 



【【シャニマスss】P「ぽんこつやんでろいどたち」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/13(土) 17:36:35.72 ID:WsnrerQP0

あさひ「え、なんすか今のクワガタの幼虫を踏み潰したみたいな音?」

冬優子「そんな気色悪い音出してないわよ! くしゃみよ、くしゃみ」

あさひ「へぇ~、冬優子ちゃんはクシャミもかわいいんすね~」

冬優子「はいはい……――ップチュ! ……はぁ、今日はあんまり調子よくないわね」ズビ

あさひ「……冬優子ちゃん」

冬優子「な、なによ」

あさひ「もっかいクシャミしてみてくれないっすか?」

冬優子「はあ?」

あさひ「いや、なんか1回目とビミョーに違うなって思ったんで」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1563006995

引用元: 黛冬優子「……ックチュ!」 



【黛冬優子「……ックチュ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆TOYOUsnVr. 2019/07/10(水) 03:20:52.32 ID:jUCKm0BU0

夏葉「それで、その間接キスがどうかしたの?」

P「いや、ふと間接キスって単語を思い出してさ、それでいろいろ考えてて」

夏葉「……何か考え込んでると思ったら、そんなくだらないこと考えてたのね」

P「くだらないと判断するのは早いだろ。まだ何も言ってないし」

夏葉「こういうときのアナタは基本的にくだらないことを言い出すのよ」

P「詳しいな」

夏葉「私を誰だと思ってるのかしら」

P「プロデューサー博士?」

夏葉「そんなわけないでしょう」

P「そうか」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1562696452

引用元: P「間接キスってあるだろ」夏葉「あるわね」 



【Amazon.co.jp限定】THE IDOLM@STER SHINY COLORS FR@GMENT WING 04 (デカジャケット付)
放課後クライマックスガールズ
ランティス (2019-07-10)
売り上げランキング: 23
【P「間接キスってあるだろ」夏葉「あるわね」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)18:08:57 ID:r9M
甘奈の失恋をテーマにした話です。苦手な方はご注意を…
W.I.N.G.周りを中心に原作とは違う設定になっています。オリ設定苦手な方もご注意ください。
シャニマスを書いたのは初めてです。ハッピーエンドじゃないので受け入れられない方がたくさんいるのはわかってるんですが、趣味全開で行くか、ということで書きました。

よろしければ是非。よろしくお願いします。

引用元: 【シャニマス】Perturbation 【甘奈】 



【【シャニマス】Perturbation 【甘奈】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/05(金) 15:17:43.48 ID:1FUmJx+q0


藤原肇「ワンちゃんになってしまいました…」

の続編的な話ですがあまり繋がりはありません。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1562307463

引用元: 夏葉『朝、私が起きたらカトレアが女の子になっていたの!』 



【夏葉『朝、私が起きたらカトレアが女の子になっていたの!』】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/30(日) 02:48:46.64 ID:Une0oQPw0
甘奈「そうだよー☆ っていうか、入りたいって言い出したの甜花ちゃんじゃーん、ふふ!」

甜花「そう、だけど……甜花、やっぱりやめとこうかな……って」

甘奈「ダイジョブダイジョブ☆ ジェットコースターもバイキングも乗ってみたら楽しかったでしょ?」

甜花「あぅ……乗り物と、お化け屋敷は……また、話が、違うし」

甘奈「いいからいいから! ほら、入ろ!」

甜花「ひぃん……!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1561830526

引用元: 【シャニマス】甜花「なーちゃん……本当に入るの?」 



THE IDOLM@STER SHINY COLORS FR@GMENT WING 03
アンティーカ
ランティス (2019-06-12)
売り上げランキング: 546
【【シャニマス】甜花「なーちゃん……本当に入るの?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆Ceuv.hziBQ 2019/06/28(金) 22:53:06.07 ID:qFn9nphO0
どこかで見た覚えのある光景だ。

薄暗い舞台袖と、すぐ前には眩しいくらいのスポットライトに照らされたステージ。

ふと隣を見ると、よく知った少女が立っていた。

西城樹里、俺の担当アイドルだ。


「……次は準決勝か…。絶対カッコよく決めてやる……」


ユニット衣装に身を包んだ彼女が呟く。

その表情は不安と緊張に満ちていた。


「大丈夫。いつも通りやれば上手くいくよ」


そう言って俺は、微かに震えている樹里の手を取る。

彼女は一瞬慌てたがすぐに落ち着きを取り戻したようだ。


「カッコいいステージ、期待しているよ。俺もここで見守っているからさ」

「……ああ、見ててくれよ。バシッと決めてきてやる!」


手を力強く握り返される。さっきまでの不安な表情は無くなっていた。


「放課後クライマックスガールズ!! おーー!」


ユニットリーダーである小宮果穂の元気な掛け声に続き、樹里も光に照らされたステージへと駆け出してゆく。

そして彼女たちは……。

…………。

……。

引用元: 西城樹里と支え合って 


【西城樹里と支え合って】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/28(金) 17:35:10.33 ID:AteMUYPC0


【One day ーMaybe I love youー】




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1561710910

引用元: 【最上最愛カップルの1日】有栖川夏葉 



【【最上最愛カップルの1日】有栖川夏葉】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/23(日) 17:57:27.71 ID:PZvYnFFJ0

 ノリと勢いで思いつきを文章化

シャニはそんなに詳しくないので

広い心で楽しんでいただけると嬉しいです。



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1561280247

引用元: シャニマス読みきり「アンシーラーまじかる♪まみみん」 



THE IDOLM@STER SHINY COLORS FR@GMENT WING 02
イルミネーションスターズ
ランティス (2019-05-08)
売り上げランキング: 3,249
【シャニマス読みきり「アンシーラーまじかる♪まみみん」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆C2VTzcV58A 2019/06/23(日) 14:13:36.10 ID:mQa5VnP/O
P「………」カチッ カチッ

P「……はあ。一息入れるか」

P「小腹がすいたし、冷蔵庫になんか残ってたかな」


ぴとっ


P「ひゃうっ!? つめたっ!」

摩美々「ふふー、かわいい声で鳴くんですねー。プロデューサー」

P「ま、摩美々~! 首筋に冷たいアイスを当てるなって前にも言っただろう!」

摩美々「だってプロデューサー、すきだらけですしー。ついやっちゃんですよー」

P「俺が悪いみたいな言い方はやめるんだ」

摩美々「はーい、わかりましたぁ。びっくりさせたお詫びに、このアイスバーはプレゼントしちゃいますねー」

P「え、いいのか?」

摩美々「126円」

P「プレゼントじゃないじゃないか!」

摩美々「ふふー、冗談ですよー。本当に、プレゼントですってばー」

P「そうか……なら、ありがたくいただくけど。でも、いきなりどういう風の吹き回しだ?」

摩美々「それはもちろん……日頃の感謝……とか?」

P「そこは自信をもって言い切ってほしかった」

摩美々「ほらー、はやく食べないと溶けちゃいますよー?」

P「っと、そうだな。せっかくの摩美々の気持ちを無駄にしちゃいけない」

摩美々「気持ちって……大げさ……」

P「大げさじゃないさ。このアイスは確かに126円で売っていたものかもしれないけど、摩美々が俺のために買ってきてくれたという事実で価値はずっと上がるんだ」

摩美々「プロデューサー……」

P「な?」

摩美々「……えへ」



摩美々「じゃー、やっぱりお代は3000円でー」

P「プレゼントだろ!?」

摩美々「ふふー」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1561266816

引用元: 田中摩美々「ふふー、すきだらけですねー」 



【田中摩美々「ふふー、すきだらけですねー」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: ◆3xQXQ8weeA 2019/06/22(土) 13:23:06.96 ID:gM7NX7Qd0
真乃の場合


真乃「プロデューサーさんのことは何でも知ってますっ」

P「なんでもってことはないでしょ」

ピーちゃん「くるっぽー」

真乃「プロデューサーさんは昨日、サイゼリヤに行ってました!」

P「なんで知ってるの」

ピーちゃん「ぽぉっぽるぅー」

真乃「他にも、その後GEOでDVDを借りてましたよね」

P「エスパーかよ……そのとおりですわ……」

真乃「ふふふ、なんでも知ってるんですよ」トクイゲ

P「じゃあその後部屋の中で何見たのかも知ってるんだな?」

真乃「え?」

P「ちょっと人に知られるの恥ずかしかったんだけどな……知ってるんだな」

真乃「ほわっ!?え、あ、えと、その」

ピーちゃん「ほかにもなんかみとったな」

真乃「ピ、ピーちゃん!」

P(よし、楽しく話せたな)プリキュアー

引用元: P「ポンコツやんでろいど」 



【P「ポンコツやんでろいど」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆Vysj.4B9aySt 19/06/18(火)07:55:47 ID:VUb
ガラッ

283P(以下P)「おーい、千雪さんに甜花に甘奈はいるか?」

甘奈「あ、プロデューサー?おっはよー」

甜花「あ……お、おはよう…ございま…す」

千雪「おはようございます、プロデューサーさん」

P「急で申し訳ないが、撮影の仕事が入ったから準備をしてくれないか?」

甘奈「ほーい、甘奈はいつでもいいよ」

甜花「な、なーちゃん……少し、薄着じゃないかな?」

千雪「そうね。六月も半ばなるけど、まだまだ寒いわよ」

甘奈「へーきへーき、だって甘奈は、ピッチピチの花の女子高生だよ!」





千雪「うぐっ…」グバッ

P「大変だ!千雪さんが血を吐いたーっ!」

引用元: 【シャニマス】さらえぼしきゅうほう 



【【シャニマス】さらえぼしきゅうほう】の続きを読む

このページのトップヘ