えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSSをまとめています。

ジョジョ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/05/01(土) 00:15:30.64 ID:CtrmmIMA0
浦安鉄筋家族×ジョジョ3部のクロス物語

これはアヌビス神を拾ったのが春巻だったら?というお話です。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1619795730 





【春巻「かっこいい刀を拾ったちょー!」アヌビス神(ククク……)】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/18(土) 17:20:39 cZtcmaxs
ライター「露伴先生!本物だァ~!アタシ『ピンクダークの少年』の大大大大大ファンなんですよ!いや~感激だなァ~」

露伴「ありがとう、それで、ぼくに何の用だい?なんか面白いネタがあるみたいだけど「写真撮っていいですか?Twitterにあげて自慢したいんで!」

露伴「今はそういう話じゃあないだろう?君たち若者は何でもかんでもTwitterにあげないと死ぬ病気かなにかなのか?」

ライター「違いますよォ…自慢したくてェ~」

露伴「いくらファンで気分が高揚してるとはいえ名刺も出さないなんて失礼すぎだと思うけどね」

ライター「あっ、いっけなァ~いッ、忘れてた、アタシ、こういうものでェ~す」
つ名刺

露伴「『週刊文旬』の…日向夏…この季節に合った名前だね」

向日「違いますゥ~、向日夏(むかひ なつ)ですゥ~よく間違えられますけどォ~」

露伴「そうかい、それは悪かったね、で、向日さん?どんなネタなんだい?君の会社はしつこさで有名なあの『文旬』だ、さぞかしすごいネタなんだろうね」





【岸辺露伴は動かない ~魔性の口紅~】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/17(土) 14:37:02.34 ID:yc/bpc0A0
  ~見滝原・中心街~


ドッピオ「………」

ドッピオ「日本か、本当に治安のいい国なんだね。ここに来てから引ったくりにも合ってないし…こんなに人が多いのに」

ドッピオ(…でも、ぼくはこの国に観光目的で来たんじゃない)

ドッピオ(こんな事を言うと『精神異常者か?』と言われてしまうかもしれないが、ぼくは時々記憶が曖昧になる時がある)

ドッピオ(曖昧といっても、精々十数秒が限度だけど)

ドッピオ(しかも感情が昂ったり怒りに燃えると、勝手に物が壊れたりする。誰に言っても信じてもらえないし無意識だから勘違いかもしれない)

ドッピオ(けれど間違いなく、どうしてかは分からないが…なんとなく、感覚で…これはぼくが原因と分かるんだ)





【マミ「彼の名はドッピオ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/15(木) 21:02:33.15 ID:DV9Y/+hp0
カーズとジョセフ・ジョースターの戦いから十数年…


 ~宇宙空間~


カーズ「……………」

カーズ「………」

カーズ「…」


……………

………



さやか「それじゃ、またねー恭介」

恭介「うん、またねさやか」

さやか「~~♪…わっ、もうこんな時間!急いで帰らなきゃ…!」




【さやか「あんた程カーズッ!心底憎いと思った奴はいないッ!!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/27(土) 14:42:03.33 ID:AG4Jcoj50
ジョニィ「すまない…」

ジョニィ「信じたかった…本当に大統領を信じたかった…」

ジョニィ「さようならジャイロ…」


  ス パ ァ ァ ア ァ ァ ン


ヴァレンタイン「――――」

ヴァレンタイン(悔いはない…既に次の手は打ってある…後はDioが聖なる遺体を手に入れる為に行動する)

ヴァレンタイン(わたしは最後まで国の為に生きた…その繁栄を見る事が出来ないのが残念だが…)

ヴァレンタイン(我が心と行動に一点の曇りなし……全てが…)


……………

………

【ほむら「我が心と行動に一点の曇りなし…!全てが『正義』よ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/23 18:18:05 ID:CwlWA4Gk0
僕の名前は岸辺露伴

職業は漫画家―





【岸辺露伴 見滝原へ行く】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 のび太「これが…スタンド…」 その4

95: ◆BezSTuOOvA 2009/01/15(木) 13:43:43.49 ID:ru6+7h0IO
―裏山―

頂上。



のび太「遂にここまでやってきた、長い、永い、道のりだった…」

数多の試練をくぐり抜けてきた、のび太としずか。

二人はついに、悪の権化『ドラミ』の元に辿り着いたのであった。




【のび太「これが…スタンド…」 完結】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

のび太「これが…スタンド…」 その3

23: ◆BezSTuOOvA 2009/01/12(月) 23:12:43.71 ID:VC2iOASSO
スネ吉「………ここは…?」



スネ吉が空気砲で気絶してから丸二日。

スネ吉は目を覚ました。



スネ吉「…ここはどこだ!?誰かッ!」



そこは暖かい我が家ではなかった。

腐った水の匂い…サビが目立つ緑色の鉄の壁。目の前には本で読んだことのあるような拷問器具が置かれている。

スネ吉の手足は鎖で繋がれており身動きが取れない!



スネ吉「何なんだ一体……ッ!俺は変な銃みたいのでやられて………ハッ!あの『黄色い悪魔』…」



ドラミ「呼んだかしら?」




【のび太「これが…スタンド…」 その4】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

のび太「これが…スタンド…」 その2

27: ◆CU9nDGdStM 2009/01/11(日) 00:01:39.86 ID:uvFfQriGO
のび太達は『行動』した。

ドラえもんを追うのだ。ドラえもんを追うということは、必然的にドラミのもとに辿り着けるということだ。



無残にも、ドラえもんとの戦いで半壊した我が家に一時の別れをのび太は告げる。



のび太「こりゃあママが見たら失神しちゃうな」

しずか「『家』など、壊れたらまた建てればいい。そんなことは、『問題』ではないのだ。ドラえもんを追う。そしてドラミをぶちのめす」

出木杉「まだドラミちゃんが『ぶちのめすされる』に値するって決まったわけじゃあないよ、しずか君」

のび太「しずかちゃん、本当に『スタンド』発現してないの?」


【のび太「これが…スタンド…」 その3】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

のび太「これが…スタンド…」 その1

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/01/08(木) 17:57:39.38 ID:NjmP3628O
これまでのあらすじ

出木杉「マヌケでノロマで馬鹿なのび太は毎日のようにジャイアン達に虐められていたッ!そんなある日、のび太は『力』を手に入れたッ!『キャッツ・クレイブル』という『スタンド』をッ!

そして、のび太はこの『力』を使ってジャイアン達に復讐するため、スネ夫の家に向かったッ!しかし、そこで同じように『スタンド』を持っていた安雄の攻撃を受けてしまう!からくもこれを撃退したのび太ッ!

邪魔がなくなったのび太は遂にジャイアン達に復讐を果たそうとするッ!だが、そうは問屋が下ろさなかったッ!

しずかと出木杉の熱い説得によって『スタンド』とは何のためにあるか?それを理解したのび太はジャイアン達に振り上げた拳をゆっくり下ろしたのであったッ!

だが、ジャイアンとスネ夫との別れッ!そこに迫りくる危機ッ!ドラえもんッ!

これから一体どうなるのかッ!?



『新たな敵あらわる!!のび太よ星になれ!!』」

再開だッ!!



【のび太「これが…スタンド…」 その2】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/01/06(火) 18:43:24.37 ID:OqN3Mt0SO
 

のび太「やめてよおおぉぉぉぉぉぉぉ!!!!」

空き地にこだまする地獄の底から助けを求めるかのような悲鳴。のび太はずり落ちた眼鏡を直しもせずに空き地を駆けずり回っている。

ジャイアン「はっはァーー!!のび太ァ!!こないだの試合の負けの責任をとってもらおうかァー!?……この縄で…『首吊り』の刑だァーーーッ!!」

ジャングルの生態系を特集した番組で聞いたことのあるような声でのび太を追い回しているのは、剛田武。通称ジャイアン。

のび太「そんなことしたら…死んじゃうよオォォォォ!!!」 




【のび太「これが…スタンド…」 その1】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/09(水) 17:26:46.94 ID:ECFk8d6L0

モノクマ「助けて! グングニルの槍~」

ドスドスドス

江ノ島「あれ……おかしくない?」ゴフッ

大和田「『クレイジー・ダイヤモンド』! オラァッ!」ドゴッ

江ノ島「なんで……アタシが……」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1381307206

引用元: 大和田「『クレイジー・ダイヤモンド』!」ズアッ! 


 

  【大和田「『クレイジー・ダイヤモンド』!」ズアッ!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

アバッキオ「温泉旅行だと」 前編

508: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/23(金) 15:44:27.27 ID:bpyxfzLv0




ホルマジオ「あッ! そういえばッ!」


リゾット「どうした?」


ホルマジオ「ネアポリスの郊外で、プロシュートがあるものを見つけたって聞いたが」


リゾット「あるもの?」 ┣¨┣¨┣¨┣¨






ホルマジオ「ブチャラティの死体らしい……」 ┣¨┣¨┣¨┣¨








引用元: アバッキオ「温泉旅行だと」 


 

  【アバッキオ「温泉旅行だと」 後編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/16(金) 15:41:32.73 ID:n13SRv4V0

……………


アバッキオ「本当にいいのかブチャラティッ!?」


ブチャラティ「ああ、ボスとの戦いには休息が必要だろう」






SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1474008092

引用元: アバッキオ「温泉旅行だと」 


 

  【アバッキオ「温泉旅行だと」 前編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/09(水) 23:40:29.43 ID:ZjCE+Ahf0
ドヒュウゥゥゥ

承太郎「ここは…どこだ?ケープ・カナベラルではないようだが…」

「…!?…!!」

承太郎「悲鳴?やれやれだぜ…」

~裏路地~

美綴「ちょっと…!アンタ一体なんなのよ!!か、体が動かない…!?」

ライダー「大人しくしてください、すぐに終わりますから…」ハァハァ

承太郎「オラァッ!!」ズドンッ

ライダー「うぐっ!」ズザァァァ

美綴「え、今度は何!?」

承太郎「状況がつかめねーが、大丈夫か?」

美綴「う、うん、おかげ様で」

ライダー「く、新手のサーヴァント…?」ザッ

承太郎「まずは退却するぜ、ちょいとガマンしな」ヒョイ

美綴「え、ちょっ、お姫様だっことか初めてなんですけど!?」

バンッッ

美綴「えぇぇええ!?と、飛んでるー!?」

承太郎(あの女…手加減したとはいえスタープラチナを叩き込まれても立ち上がりやがった)

承太郎(やっかいなことに巻き込まれたようだぜ…)

引用元: 承太郎「聖杯戦争?なんのことだ…?わからないな」~ジョジョの奇妙な聖杯戦争~ 




【承太郎「聖杯戦争?なんのことだ…?わからないな」~ジョジョの奇妙な聖杯戦争~】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

カーズ「スティール・ボール・ラン・レース?」 ジョニィ「第2部」 前編

365 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/07/25(金) 16:39:12 ID:bMtjNtpg
ズバッ

マイク・O「・・・え?」ブシュッ

マイク・O「こ・・・これは・・・」ドク… ドク…

マイク・O(斬られた・・・世界か・・・?)ドク ドク

マイク・O「しかし・・・なぜ・・・」ブシュッ!!!

マイク・O「」ブシュウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウッッッ!!!!!!!!!!!!!!

マイク・O「・・・!!!」ドシュウウウウウウウウウウウウウッ!!!!

マイク・O「どう・・・いう・・・世界・・・だ!」グラァアアア…




  【カーズ「スティール・ボール・ラン・レース?」 ジョニィ「第2部」 後編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 カーズ「スティール・ボール・ラン・レース?」 

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/07/14(月) 21:33:28 ID:uREeElq6
【原作との主な違い】

①カーズがジョニィ達と同行

②マウンテン・ティムがリタイヤせず同行

③リンゴォが伝書鳩を送れない

④それによってルーシーが政府施設に潜り込まない

⑤Dio死亡

【死に様の大きく違った敵スタンド使い】

・Dio(列車に轢かれて死亡→フェルディナンド博士とともに崖から転落し死亡)

・リンゴォ(ジャイロと闘って死亡→ティムと闘って死亡)

・サンドマン(黄金の回転で死亡→黄金回転の神砂嵐で死亡) 


転載元:カーズ「スティール・ボール・ラン・レース?」 ジョニィ「第2部」 
 

  【カーズ「スティール・ボール・ラン・レース?」 ジョニィ「第2部」 前編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

カーズ「スティール・ボール・ラン・レース?」 前編

494 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/05/12(月) 23:06:01 ID:Nzn8U4Qg
ワーワー キャーキャー ピュウウーウッ

部下「・・・」

部下「気球上からの報告です。ポーク・パイ・ハットがしくじりました・・・大統領・・・彼は・・・」

大統領「・・・『再起不能』だろう?分かっているさ・・・ジャイロとティムが楽しそうにゴールしているんだからな・・・私の知らない情報を言いたまえ」

部下「・・・それが大統領」

部下「ポーク・パイ・ハットは『再起不能』ではありません・・・『死亡』しています」

大統領「・・・」…ピク

大統領「」カタン

ス…

カーテン「」ジャッ 




  【カーズ「スティール・ボール・ラン・レース?」 後編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/04/03(木) 12:38:07 ID:qxn.ZfNc
男「」パラリ パラリ

男「」パラ…

男「ハァー・・・」

男「何にも面白い記事がねーなァー・・・新聞変えるか?」ポイッ

パサッ

男「っと、そろそろ買い物にでも行こっかなーッ。トイレットペーパーがそろそろ・・・」

ヒルルルルルルルルルルルル…

男「あん?」

ドッガァァァァァァァアアアアアアアアン

男「!?」グラグラグラ 


 

  【カーズ「スティール・ボール・ラン・レース?」 前編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 17:21:19.24 ID:bmhcrnlw0

茄子「えーと……ドッキリですか?」

ヴァレンタイン「違う。私は『鷹富士茄子』をトップアイドルにするため、君をプロデュースする事に決めた」

ヴァレンタイン「……それとも、私のこの決断は君にとって『害悪』だったかな?」

茄子「害悪だなんてそんな、滅相もない!こ、光栄の極みです。大統領閣下」

ヴァレンタイン「まぁこれで君は今後の活動における資金面や人脈の心配をしなくても良くなったわけだ」

ヴァレンタイン「この巡り会わせも……一種の『幸運』とでも捉えてくれればいい」

茄子(流石に『福引でアメリカ旅行が当たる』→『道歩いてたら合衆国大統領に声かけられて直々にプロデュースされる事になる』)

茄子(っていうのは幸運にしてもちょっとブッ飛び過ぎてる気がするんですけど……)


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1380788478

引用元: 茄子「あなたが私のプロデュースを?」 ヴァレンタイン「そういうことだ」 


 

  【 茄子「あなたが私のプロデュースを?」 ヴァレンタイン「そういうことだ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

承太郎「おれがCGプロのプロデューサーだと?」【第一部】

3: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2014/09/23(火) 19:46:45.86 ID:m+MKSJch0
ちひろ「プロデューサーさんがちゃあんとアイドルを連れてくるなんて思いもよらなかったですよ」

承太郎「おい、それを見込んでおれを雇ったんじゃあないのか」

ちひろ「しかも魅力ありありの凛ちゃん!実にイイ!」

承太郎「人の話を聞け」

ちひろ「これから楽しみですね~」

承太郎「.........................あぁ」

ちひろ「どうですか?ここの生活には慣れましたか?」

承太郎「仮眠室もあればシャワーもある、そしてトイレが清潔。生活するのに最低限の物は揃っている」

ちひろ「『家がない』って言われてビックリしましたよ。どんだけ貧乏なんですか」

承太郎「................................」

ちひろ「ま、稼ぐにはバリバリ働いてもらいますからね!私もサポートしますから!」

承太郎「じゃあスカウトしろ」

ちひろ「アイドル増やそ~♪お金儲けよ~♪」

承太郎「おい」

引用元: 承太郎「貧弱貧弱プロダクション」【第二部】 



【承太郎「貧弱貧弱プロダクション」【第二部】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆bZ4I4TB4eY 2014/09/22(月) 18:20:01.34 ID:z7/i9Ri60
 世界には様々な『写真』が存在する。
それは綺麗に彩られた可憐なハナの写真だったりだとか、
マニアックな昆虫の写真だったとか、
所謂絶景と称される写真(ぼくがよく見るのは絵手紙だったが、販売されているヤツ)
そーいう様々な写真がある。

 ぼくは別にそれをあーだこうだと批判する気は全く無い。
それどころか一部の美麗な写真と言うモノは「ほおゥ」と感動するナニカがあるとすら思っている。
ではその様々な『写真』の感動とは?
そこにいったいどんな差があるというのだろうか?
今回はぼくの体験を紹介しようと思う。

 ちょっと前にぼくが実際に『目撃』した日常風景に通ずる恐怖――。
そのリアリティを、読者のみんなという奴に読んで欲しかった。
今回それがどうしても無理だったという事でこんな風に書き込ませてもらってるが、
それはともかく。

 日常に潜む恐怖。
なんとなしに潜む化け物。
死角に潜むおぞましきモノ。
それを少しだけ、語らせてもらう。

 自己紹介が遅れたな、
ぼくの名前は岸辺露伴、漫画家だ。

引用元: 岸辺露伴は動かないエピソード#08 『片割れ』 



【岸辺露伴は動かないエピソード#08 『片割れ』】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆EHGCl/.tFA 2013/10/02(水) 06:46:52.39 ID:3HWJn+C00
 空条徐倫(ジョジョの奇妙な冒険)
      ×
   アイドルマスター

 のクロス小説です。

注意事項
・アイドル達は、アニマス最終話以降の想定です。
・徐倫は、第6部終了後に生きていた想定です。
・ここに出てくるPは、アニメの赤羽根Pです。

・スタンドバトルはありません…

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1380664012

引用元: 空条徐倫「ここがッ!765プロ……」 


 

  【空条徐倫「ここがッ!765プロ……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/17(日) 02:05:18.13 ID:aFYtzwIr0
ポルナレフ「後30秒だァーッ!?」

ジョセフ「非常に不味いッ!夜はDIOの世界!なんとか太陽が沈む迄に奴を叩けないか!?」

花京院「……こうして話している時間も惜しいッ!私は先回りしてヤツを叩きます!」

ポルナレフ「こうしちゃ居られねぇ!俺も行くぜ!」ダッ

ジョセフ「わしも行くぞッ!」

承太郎「……」

承太郎「……何か……手は……」

???「クンクン、クンクン」

承太郎「……なんだ?」

???「お金の匂いがぷんぷんするわー♪」

承太郎「!?」

引用元: ジョセフ「太陽が沈むまで……後30秒じゃ!」 




【ジョセフ「太陽が沈むまで……後30秒じゃ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 23:50:12.16 ID:i/p7N/Wj0
DIO「史上最強の魔女…?スタンド使いか?ジョースターを倒す前の腕ならしでもするか…」ガシッ

キュウ「?!やめてほしいなぁ…僕を見た途端こんなボロボロにしてあげくに情報根こそぎ話したんだよ?
いい加減開放してくれても…」

DIO「貴様という個体は全世界にいるんだろう。
ワルプルギスは何処にいるのだ」

キュウ「日本の、見滝原に現れるという情報はあるよ。確かではないけどね」

DIO「フッ…ならいくか、日本へ」

キュウ「無駄だと思うよ…第一君は魔法少女じゃ…」

DIO「ザ、ワールド!」ボカッグシャッ

キュウ「きゅっぷい?!!」グチャァ

DIO「さて…留守は任せたぞ、ヴァニラアイス」


DIO、神父の金で日本へ


引用元: DIO「ワルプルギスの夜…?」 



【DIO「ワルプルギスの夜…?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: さまさま 2013/02/15(金) 21:19:05.98 ID:H7rjxBWh0
ー病室ー

ほむら「···うっ」

ほむら「また···か」

ほむら「どうして···!?どうして勝てないのよっ!!」

私は、ワルプルギスの夜に敗北した

一度や二度ではない、負ける事がいつも通りと感じてしまうほどの回数

そう、負ける事なんていつも通りだった

この男と出会うまでは···

承太郎「やかましいッ!俺は女が騒いでいるとイライラするんだッ!」

ほむら「!?」

ジョジョの奇妙な冒険、第三部『スターダストクルセイダース』
×
魔法少女まどか☆マギカ、クロスSS 

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1360930745

引用元: ほむら「スターソウルクルセイダース」 



【ほむら「スターソウルクルセイダース」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/09(土) 21:11:36.44 ID:mldGtt+B0
私の名は「吉良吉影」年齢33歳…自宅は杜王町東北部の別荘地帯にあり…結婚はしていない。

仕事は「カメユーチェーン店」の会社員で毎日遅くとも夜8時までには帰宅する。
たばこは吸わない…酒はたしなむ程度。夜11時には床につき必ず8時間は睡眠をとるようにしている…
…寝る前に温かいミルクを飲み、20分ほどのストレッチで体をほぐしてから殆ど朝まで熟睡さ……

赤ん坊のように、疲労やストレスを残さずに朝目を覚ますんだ。

なんの事かって?

私は常に「心の平穏」を願って生きてる人間ということを説明しているのだよ。
「勝ち負け」に拘ったり、頭をかかえるような「トラブル」とか、夜も眠れない「敵」をつくらない…
…と言うのが、私の社会に対する姿勢であり、自分の幸福だと言うことを知っている。
まあ、闘ったとしても私は誰にも負けんがね。

……………

………


吉影「杜王町から見滝原に転勤、ですか?」

上司「一時的なものだ、頼めないかな」

吉影(一時的だとしてもわたしが杜王町から離れるだと?クソ…向こうにある社宅だってどんな奴がかつて使っていたか解らないんだぞ…)

引用元: 吉良吉影「魔法少女システムか…便利だな」 



【吉良吉影「魔法少女システムか…便利だな」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 22:55:19.05 ID:nLMSDoyH0
DIO「なぁ承太郎」

承「ん?」

DIO「最近のアニメはパッとしないよな」

承「やれやれ・・・分かってないなDIO」

承「最近なら氷菓だな・・・なにせ原作が小説だ。面白くないはずがない」

DIO「そうなのか?その・・・なんて言ったかな?」

承「氷菓――だ。メモは取ったか?メモは大事だ・・・メモはな」

DIO「今度見てみる事にしよう」

引用元: DIO「なぁ承太郎」承太郎「ん?」 



  【DIO「なぁ承太郎」承太郎「ん?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/14(月) 17:58:46.89 ID:8tcf3AeN0
前日/露伴邸





康「ハンター試験?なんですかそれ」



露「僕も詳しくは知らないんだけどね。」

露「インターネットによると世界の兵たちが集まるらしい」



康「それってスタンド使いってことですか?」



露「僕もそう思ってSPW財団の人間に接触したんだけどね。どうやら違うらしい」

康「(ヘブンズドアー使ったな・・・)」

康「それで確かめに行くんですか?」



露「いいや、単純な好奇心さ。漫画のネタになるかと思ってね」



露「ところで康一くん、ハンター試験は一週間以上家に帰れないらしい。」

露「2ちゃんによると何日も風呂に入らず密室に閉じ込められたりするらしい」

露「・夜に人肌が恋しくなって抱きついてくる康一くんの汗のにおい…ハァハァ」

露「というわけで康一君、一緒に来てくれないかい?親友だろう?」



康「いやです」


引用元: 露伴「ここがハンター試験会場か・・・」 




【露伴「ここがハンター試験会場か・・・」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 承太郎とDIOを同じ部屋に閉じ込めてみた

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/07(金) 19:00:48.59 ID:CfW65UCj0
※以前DIOと承太郎を同じ部屋に閉じ込めた者です。シリアスは期待しないで下さい
※あれから五部も手元に来たのでキャラ崩壊の心配が(多分)無くなり今回は五部参入です


「ば…ばかなッ!……こ、このDIOが……」


「このDIOがァァァァァ~~~~~ッ!!!」


     バグォ――ッ

       ドガパァ―――z___ッ

…………

……




ドヒャァ――z___ッ


       バァアアアアアアア


承太郎「……これで終わったな…」

ジョセフ「DIOには皆が貸していたのだよ――――」

引用元: ジョジョの第二部~第五部のボスを同じ部屋に閉じ込めた 




【ジョジョの第二部~第五部のボスを同じ部屋に閉じ込めた】の続きを読む

このページのトップヘ