えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

ゼロの使い魔

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 14:58:26.55 ID:1KHDvUwC0
召喚の儀式――セイバー召喚


セイバー「問おう、あなたが私のマスターか」

ルイズ(な、なによこいつ偉そうね……)

ギーシュ「おお、金髪のかわいこちゃ……あだっ!」

モンモランシー「ギーシュ……」ジロリ

ギーシュ「ひぃっ!」

セイバー「……?」

ルイズ「ってそうじゃなくて!なんで使い魔召喚で人間が出てくるのよ!」




【セイバー「問おう、あなたが私のマスターか」 ルイズ「……人間?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/12(金) 09:36:53.50 ID:OWhzkVdfO
ルイズ「い、いいいくら謝ったっ・・・て・・・へ?」

サイト「もういい加減うんざりしてたしちょうどいい」ガサゴソ

ルイズ「なにしてるの?」キョトン

サイト「見たらわかるだろ」ガサゴソ

ルイズ「な、なんで荷物をまとめてるのかって聞いてるの!!」

サイト「なんでって、出て行くからに決まってるだろ・・・」ガサゴソ

ルイズ「出て行く?」

サイト「使い魔クビなんだろ?そしたらこの部屋にいる意味ないじゃん」ガサゴソ

ルイズ「なっ!?ななななに言って!!まずご主人様に謝るのが普通でしょ!」

サイト「なんで謝るんだよ・・・もう他人なんだから構うな」ガサゴソ

ルイズ「こっここここのバカ犬!そこに座りなさい!!!」バシン!

サイト「はぁ・・・だから嫌なんだよ」ボソッ

引用元: ・ルイズ「あああああんたなんか使い魔クビ!!「分かった」 



【ルイズ「あああああんたなんか使い魔クビ!!「分かった」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/04(木) 04:42:11.99 ID:xXcz05CJo
ルイズ「あ、あんな下品な平民にキ、キスだなんて……」


三四郎「でぇ~」ピクピク


ルイズ「しかも変なパンツしか履いてないなんて」ズーン


ルイズ「コルベール先生、再召喚させて下さい!後生ですから!」ウルウル


コルベール「誠に残念ですが、サモンサーヴァントは神聖な儀式です。例外は認められません」


コルベール「さあミスヴァリエール、コモンサーヴァントをするのです」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1372880531

引用元: ルイズ「下品な平民を召喚してしまった」三四郎「グシャッ」 

 

ゼロの使い魔20 古深淵(いにしえ)の聖地 (MF文庫J)
ヤマグチ ノボル
メディアファクトリー
売り上げランキング: 233,644
【ルイズ「下品な平民を召喚してしまった」三四郎「グシャッ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/11(日) 21:57:02.07 ID:azjmWabSO
上条(さて、困った事になりました)

コルベール「……何と…これが私の使い魔……」

上条(なんだよこのおっさん……つうか何だよその服装…)

コルベール「…大変な事になった」

上条(どうしてこうなった)

引用元: 上条「……ハルケギニアですか?」 

 

ゼロの使い魔 Blu-ray BOX
メディアファクトリー (2011-10-26)
売り上げランキング: 5,304
【上条「……ハルケギニアですか?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 サブ・ゼロの使い魔 (ジョジョ×ゼロ使) 第一章 その3

45 :サブ・ゼロの使い魔:2007/06/19(火) 20:11:57 ID:???
「・・・ギ・・・ギアッチョ・・・?」 
何がなんだか分からなかった。どうして?どうしてギアッチョが?私を 
笑いに来たんじゃないの?それなら何故?私との違いを見せ付けるため? 
それともただ暴れたいだけ・・・? 
ルイズの頭には疑問符が次から次へと浮かんでいた。ギアッチョの真意が 
分からない。それを確かめようと、ルイズは恐る恐るギアッチョの顔を 
見上げようと―― 

グイッ!! 

「!?」 
ルイズが顔を上げようとした瞬間、ギアッチョの手によってルイズの頭は 
下に押し戻された。 
「・・・出たんだろ?ルイズ このガキとぶつかった時に・・・『鼻血』がよォォ 
そんなみっともねーツラをこいつらに披露してやるこたぁねーぜ」 
いつの間にか3人の周りには人だかりが出来ていた。そしてルイズは 
ハッと思い出した。自分の顔が、涙でぐしゃぐしゃだったことを。 
本気だ。ギアッチョは、本気で私の為に行動してくれている。 
ルイズはようやく気付いた。 
――ギアッチョは・・・私の味方なんだ・・・ こんなことになっても・・・ 
ギアッチョは味方でいてくれるんだ・・・! 
我知らず起こる肩の震えを、ルイズは止めることが出来なかった。彼女の 
彼女の宝石のような瞳から、今度こそ堰を切って溢れてきた涙と同様に

 

ゼロの使い魔 The Familiar of Zero Theme Song BEST
V.A.
日本コロムビア (2012-07-18)
売り上げランキング: 51,574
【サブ・ゼロの使い魔 (ジョジョ×ゼロ使) 第一章 その4】の続きを読む

このページのトップヘ