えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

ディスガイア

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 20:53:15.96 ID:xX/0mQOW0
スレタイ通りディスガイアの汎用キャラのSS(戦士とかアーチャーとか)

安価はキャラ安価と話の舞台だけ。人間型でも魔物型でも問題なし。性別のあるキャラはしっかりと書いてくれると助かる
>>1はD2のみ未プレイなのでD2のみに出てくるキャラは厳しい(ゴーレム族、妖霊族、竜神族辺り)。後、明確な性格の無い無印のキャラも
こういう性格がいいってのを一緒に書いてくれればなるべくその通りにするよ

というわけで
>>2-6までキャラ指定


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1453117995

【【安価】ディスガイアの汎用キャラクターでSS書く】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

【NARUTO側 キャラ紹介】

●うちはサラダ
うちはサスケと春野サクラの娘
前回、プリニーに誘拐されたり、スライムに服を溶かされたり、エトナにボルテージを着せられたり、マダラに意識を奪われたりと、散々な目にあった。
ボルトが父親であるサスケに弟子入りしたと聞き、負けないために魔力の制御および使い方を習うため魔界へ再び踏み入れる

●うちはイタチ
うちはサスケの兄。プリニー帽子を被っており、罪を償う日々を送っている。兄の立場と弟(妹)のことで気が休まらない者同士と言う事も有りゼノリスと気が合うようである。
魔界にきたサラダは姪に当たり、昔いた「姉御肌のプリニー」のように見守っている。

●うずまきナルト
七代目火影。サラダが憧れる人物。
ボルトがサスケの弟子入りをしている事情もあって、サラダに魔界に修行に行く許可を出した。
平和が続いているため戦闘の感は鈍っているようだが、能力は人間界屈指である。

●うちはサスケ
うちは一族でありサラダの父。
娘との交流はほぼなく、ボルトには弟子という事もあり構っている。

●波風ミナト
四代目火影。
今はプリニーとして兎兎魔界の魔王・ウサリアの元に仕えている。
兎兎魔界は人参の生産量は全魔界随一であり、よく人参を届けにやってくる。

【ラハール「なんのようだ!」サラダ「ボルトに負けないために魔界に修行をしにきたの」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/03(月) 06:36:33.33 ID:TwSOmdLM0
広がるのは、阿鼻叫喚の世界。どんな暗闇よりも深淵にある場所――魔界。そして、その魔界の最深部にして、あらゆる罪人の集まる地――ここは地獄。

アタシがここに堕ちたのは、多分、一年くらい前。

時間の感覚が、アタシみたいな人間とは大きく異なる魔界だからか知らないけど、ここにはカレンダーなんて洒落たものはない。

だから、多分一年くらいと言っとく。

そう、一年くらい前、アタシはパパの作ったアタシの妹に殺されて、そうして地獄に堕とされた。

訳も分からないまま、無理矢理着せられたのは、青いジャージにペンギンみたいな顔した帽子。

有無を言わさず、色々な訓練をさせられて、そうして働きに出された。アタシはまだ14歳だったのに、朝から晩まで休むことも許されないまま。



【デスコ「初めましてデス、おねえさま!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

ほむら「魔法少女戦記ホムガイア」 前編

375: ◆SjWXMdM6SY 2013/04/08(月) 21:35:04.32 ID:qbd/xNteo
――――――

さやか「……」

さやか「……はは、何してんだろ、あたし……」

さやか「家の前であれだけ派手に言い争ってりゃ、怒られて当たり前なのにね……」

さやか「人ん家の前で言い争って、怒られたからって逃げ出して…ほんと、何してんだろうね、あたしは……」

さやか「ソウルジェム…もう、真っ黒になっちゃったな……」

さやか「……これがあたしの本体ってなら、濁り切ったらきっとよくないんだろうけど…何かもう、どうでもよくなってきた……」

さやか「マミさん…杏子…ほむら…まどか…ごめん、あたしもう、ダメだよ……」

さやか「恭介…伝えられなくてごめん…勇気がなくて本当にごめん…今までありがとう……」

さやか「あたしって、ほんと……」





【ほむら「魔法少女戦記ホムガイア」 後編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆SjWXMdM6SY 2013/03/31(日) 15:53:08.39 ID:Q/YJsxR0o
まどマギとゲーム「魔界戦記ディスガイア」シリーズとのクロスです
次から本文

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1364712788

引用元: ほむら「魔法少女戦記ホムガイア」 



【ほむら「魔法少女戦記ホムガイア」 前編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
>-12/4(日) 朝
:::【堂島家】:::

陽介「・・・・・・駄目だ。こないだ買ってやった携帯にも昨日から通じねえし、うちにも帰ってなかった」

ラハール「・・・」

番長「・・・」

完二「こんな時にどこ行ったんだよあのバカ・・・」

番長「・・・皆にはすまないけど、まずはクマを探さないか?これから話すことは、出来れば全員に聞いて貰いたいことなんだ」

引用元: 陽介「は?魔王?」 ラハール「そうだ」【P4G×ディスガイアD2】 




【陽介「は?魔王?」 ラハール「そうだ」【P4G×ディスガイアD2】 後編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

陽介「は?魔王?」 ラハール「そうだ」【P4G×ディスガイアD2】 前編

266: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/12(火) 13:14:44.88 ID:MjtkXOAu0
>-・・・・・・
:::【特出し劇場丸久座・11F】:::

ラハール「はあっ!」

ドンッ

番長「・・・おかえり」

ラハール「連れて来たぞ。アホを一匹な」

クマ「あれ?ここは・・・」

番長「・・・ボロボロだな」

ラハール「う、うるさい!連れて来たんだから文句を言うな!」

番長「いや、クマじゃなくて、ラハールが」

ラハール「ま、まあ慣れない空間だとどうしても・・・ってそんなことはどうでもいい!さっさとやれ!」

番長「ああ。来い、スルト」

>-カッ

>-ラグナロク

引用元: 陽介「は?魔王?」 ラハール「そうだ」【P4G×ディスガイアD2】 




【陽介「は?魔王?」 ラハール「そうだ」【P4G×ディスガイアD2】 中編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/10(木) 01:39:07.96 ID:gS25HTIP0
>-4/11(月)
:::【陽介の部屋】:::

陽介「言ってる意味がわかんねーよ」

ラハール「・・・貴様は俺様を知らんのか?」

陽介「知ってるわけねーだろ!」

ラハール「・・・だが、貴様の父親と母親は俺様のことを知っている風だったぞ」

陽介「問題はそれだよ。だからお前何なんだって聞いてんだよ。それを・・・なんだ?魔王だ?ふざけんなよ!」

ラハール「ふざけてなどおらん」

陽介「クソッ、一体何なんだよお前は」

ラハール「・・・うんざりしているのは俺様のほうだ。だが、貴様には何か特別なものがあるのかもしれん」

陽介「特別?どういうことだよ」

ラハール「貴様の父親と母親は、俺様を親戚のガキだと言っていた。自分のことを魔王だとか悪魔だとか名乗る痛い癖がある子だとな」

陽介「ああ、俺もそう聞いたよ。お前の親の都合だかなんだかで、今日から一年うちに居候して、俺と同じ高校に通うことになったってのもな」

ラハール「・・・学校にまで通うことになっているのか」

陽介「しかも、俺とお前は年に2~3回は会ってて仲もよくて兄弟みたいな・・・で今日から相部屋だ!?ふざけんな!俺はお前のことなんて昨日まで見たことも聞いたこともなかったっつの!」

ラハール「そのことを、父親や母親には言ったのか?」

陽介「言ったよ。けど、親父もお袋も、何おかしなこと言ってるんだ?って反応だった。おかしいのは俺のほうなのかよ」

ラハール「いや、貴様は正常だ。貴様とは今日が初対面だ」

陽介「・・・少なくとも、話は通じる奴みたいだな。お前」

ラハール「もう一度聞く、貴様は俺様のことを知らんのだな?」

陽介「さ、さっきからそう言ってんだろ。凄んだって駄目だぞ」

ラハール「では、貴様は犯人ではないということか・・・」

陽介「犯人?お前何言って・・・」

ラハール「俺様のレベルを1にし、周囲の人間の記憶を改竄して人間界に送り込んだ何者かがいるはずだ」

陽介「レ、レベル?記憶を改竄?」

ラハール「・・・犯人には心当たりが多すぎるが、最も怪しいのはアイツだな」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1404923947

引用元: 陽介「は?魔王?」 ラハール「そうだ」【P4G×ディスガイアD2】 




【陽介「は?魔王?」 ラハール「そうだ」【P4G×ディスガイアD2】 前編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆Aga54ex0sSKw 2015/10/31(土) 05:54:05.86 ID:Z0E5kyRCo
水族館から帰って、少しベッドの上で変なポーズでスマホをいじっていたら急に部屋が光って気づいたら変な子供に囲まれていた。

八幡(おいおい、なんだよこれ、誰だよ、てかなんだよこれ。)

八幡(周りとか見覚えないし…というか俺、部屋にいたよな…)

フロン「エ、エトナさんっ!なんかゾンビが呼び出されちゃいましたよっ!」

シシリー「わぁい!目とかすっごい怖いよ!」

エトナ「あー…まぁ殿下は新しい下僕を呼べって言ったわけだし、こんなのでもいいでしょ別に」

ジェニファー「ねぇゴードン、ラハールちゃんは超魔王バール級の有能な部下が欲しいって言ってなかったっけ?」ヒソヒソ

ゴードン「HAHAHA!!バールはラハールくんでも勝てないくらい強い魔王なのだろう?そんなの無理に決まっているだろうジェニファー!」ヒソヒソ

エトナ「どこにもいないような部下を連れてこいじゃなかったっけ?まぁいいでしょこれで」

シシリー「お兄ちゃん、褒めてくれるかな?」

フロン「ゾ、ゾンビじゃあお城に何人かいますからどうですかねえ」

エトナ「まっ、とにかく殿下のとこに連れてこ、行くよアンタ」

八幡「え、あー、まぁその…なんだ」

エトナ「何よ、ぶっ殺すわよ」

八幡「…なんでもない」

八幡(なんでこんなに怖え目できんだよ、声は可愛いのに。一瞬体が動かなくなったぞ…恐怖で)

八幡(話出来そうなまともなやつ…いないな…)

八幡(まぁどうせ夢…だろうし、ついていけばいいか)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1446238445

引用元: 八幡「魔王城…?」ラハール「こんな下僕いらんっ!?」 

 

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 第5巻(初回限定版)(渡 航書き下ろし文庫小説同梱) [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2015-11-26)
売り上げランキング: 181
【八幡「魔王城…?」ラハール「こんな下僕いらんっ!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : ◆t1zBVJJmeM 2015/06/23(火) 06:56:42.00 ID:LXTmD2RKo

~木ノ葉隠れの里~


モブ忍「大変です。七代目! 七代目火影さまっ!」

シカマル「そんなに慌ててどうした」

ナルト「? まーた、ボルトの奴か?」

モブ忍「いえ、うちはサラダが何者かに攫われましたっ」

ナルト「な――!」

シカマル「うちはサラダは例の一件で、護衛目的で暗部を付けていたはずだ」

ナルト「それにアカデミーにはシノもいるし、今は里に上忍が何人もいる以上、簡単にさらえるわけねーってばよ!」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1435010191 

転載元:サラダ「ここどこ?」イタチ「魔界だ」ラハール「ハァーッハッハッハッハッ!!」


THE LAST -NARUTO THE MOVIE- 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス (2015-07-22)
売り上げランキング: 42
【サラダ「ここどこ?」イタチ「魔界だ」ラハール「ハァーッハッハッハッハッ!!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/10(木) 02:19:05 ID:oxgSfjRI
エトナ「フロンちゃん、殿下見なかった?」

フロン「ラハールさんならメイド服を着て出掛けましたよ」 

エトナ「」


魔界戦記ディスガイア Refine - PS4
日本一ソフトウェア (2018-07-26)
売り上げランキング: 698
【エトナ「殿下の様子がおかしい」】の続きを読む

このページのトップヘ