えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

ハリーポッター

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 ハニー・ポッター「何がこようと、受けて立つわ」

1: ◆GPcj7MxBSM 2013/02/05(火) 13:19:22.00 ID:PAD/seOU0
第二の課題の夜

大広間

ヒンヒンブヒィーヒン!

ハニー「えぇ、ありがとう。そうね、賞賛の言葉は高貴で可憐で儚げで伝説的から、よく分かっているじゃない、私の豚と子豚たち」

ハーマイオニー「あれをそんな風にどうやって聞き取っているのか、は、もう一々聞かないわ……」

ロン「僕のハニーはハニーだからに決まってるさ。あぁハニー!地上どころか水中に生きる奴らまで余す事なく君の虜なんて流石僕のハニーさヒンヒン!」

フラー「オッオー、わたーしの子豚さーんたちもあなたーのこと応援してまーす。アニー?」

ハニー「それはよかったけれど、アニーじゃないったら」

ハーマイオニー「と言うよりどうしてあなたがグリフィンドールのテーブルにいるのよ!」

フラー「んーふん?お友達だからでーす!」

ロン「あれ?なんだっけ、ハーマイオニー?この試合の目的は?親善だとかなんとか?」

ハーマイオニー「違うわ!勝つことが目的よ!」

ロン「ビッキーが泣いちゃうぜ。ほら、あっちのテーブル……あれ?こんな時間にふくろうだ」

ハニー「……!あれ、シリ……あー」

ロン「闇夜に煌く一等星に送った手紙の返事みたいだねハニー!君くらい光り輝いてるあれだねヒンヒン!」

ハニー「私の輝きを否定はしないけれどその例えなんて嬉しくないからやめなさい。……『土曜の午後二時、ホグズミートの端の柵のところで待っている。よければ食べ物をたくさんもってきてくれ』ですって!」

フラー「おーぅ、アニー?デートでーす?」

ハニー「! ちが、ちがうわ!黙りなさいよフラー!」

ロン「……」

ハーマイオニー「……」

ハニー「ニヤニヤしないの!!」

ハーマイオニー「あなたの方こそね。でもね、ハニー。あまり浮かれてもられないわ……マルフォイにはあぁ啖呵を切ったけど、本当に、第三の課題はどんなに過酷かしら」

ロン「おいおいハーマイオニー、つい数時間前に第二の課題が終わったのにもうその心配かい?まだ四ヶ月も先だぜ?」

ハニー「心配性ね、ハーマイオニーは。くよくよしていても、仕方ないじゃない」

ハニー「いつか必ず、来るものは来るのよ」

ハーマイオニー「そんな考えでいて昨日まで涙目だったのはだぁれ!?」

ロン「おいネビル、君ってほんとに漢だ、漢だぜ君は豚の中で。君が冴えてなきゃ生徒みんなにハニーのカナヅチがバレ……」

ハニー「ロン。向こう脛を蹴り飛ばされるのと、ヒンヒン鳴くの。答えは決まっているわね?」

ロン「もちのロンでどっちもさ!ヒンヒありがとうございまヒンヒーーーーン!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1360037940

引用元: ハニー・ポッター「いつか必ず、来るものは来るのよ」 




ハリー・ポッターと秘密の部屋 (吹替版)
(2013-11-26)
売り上げランキング: 132
【ハニー・ポッター「いつか必ず、来るものは来るのよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 ハニー・ポッター「勝つのは私、そうでしょ?」

1: ◆GPcj7MxBSM 2013/02/03(日) 10:24:51.06 ID:CalXGw+q0
ふくろう小屋

ロン「あぁハニー、クラムと同点だなんてやっぱりハニーは素晴らしいよ、知ってたけどねだってそれって僕ら豚の合言葉だもんね!ヒンヒン!」

ハニー「えぇ、知ってるわ。高貴で可憐で儚げで伝説的な私だもの。そうでしょ?」

ハーマイオニー「もう、そういう話は後にして。シリウスに手紙を書きましょうよ」

ロン「あぁ、僕が邪魔しっちまったせいで奴さんはハニーのことが気が気じゃないだろうからね。僕もだったけど。おかげで何度胃に穴があいたことか。マーリンの髭!」

ハーマイオニー「自業自得だわ……ほら、えーっと。あなたの豆ふくろうに頼みましょう?ピッグウィジョンに」

ロン「あぁ、ハニーの豚にね」

ハニーの豚「ピィヒン!」

ハーマイオニー「あなたたちってふくろうにかわいそうな名前をつける趣味でもあるの?」

ハニー「私の豚だなんて、この上ない光栄じゃない……」

ロン「あぁ、そうだねハニー!でもねハニー!手紙の最初に親愛なるをつけるかどうかウンウンいいながら悩まれる件の相手ほど光栄な奴はいないと思うね僕ぁ!」

ハニー「ロン」

ロン「なんだいハニー!」

ハニー「向こう脛を蹴飛ばされるのと、ヒンヒン啼くの。どっちがいいかしら」

ロン「どっちもさ!もちのロンでね!ヒンhありがとうございまヒーーーン!」

ハーマイオニー「もう!ハニー、最初の試練は終わったけど、先はまだまだ長いのよ?ほら、早く手紙を書いて次の試練に備えなくっちゃ……」

ハニー「いらない心配だわ、ハーマイオニー。私を誰だと思っているの?  何がこようと、受けて立つわ」

ロン「腰が抜けてなきゃnありがとうございまヒンヒーーーーン!!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1359854679

引用元: ハニー・ポッター「何がこようと、受けて立つわ」 




ハリー・ポッターシリーズ全巻セット
J. K. ローリング
静山社 (2008-07-23)
売り上げランキング: 4,140
【ハニー・ポッター「何がこようと、受けて立つわ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 ハニー・ポッター「『守護霊よ、来たれ!』」

1: ◆GPcj7MxBSM 2013/01/20(日) 13:55:14.51 ID:dLhJPr2H0
ダーズリー家

ハニー「……嫌な夢をみたわ」

ハニー「マグルの老人が、知らない町で、しらない館の中で」

ハニー「……あの、ピーター・ぺティグリューと。それに、会話をしていたのは……」


ダドリー「ブヒィーー!ブヒィーー!」

ハニー「……腹黒豚よね。あなたのような豚にも満たない奴だったわ。私の可愛い豚のダドリー?」

バーノン「何の話だ小娘!!やめろ!!やめろと言うのに!!ダドリーを夏休み中足拭きマットのするのはやめんかああああああ!!」

ペチュニア「ダドちゃん!そんな小娘から投げられたパンを食べたらだめよ!不潔よ!それに、学校の先生に痩せるよう言われたでしょう!?」

ハニー「私の豚に私の許可なく体型を変えさせようだなんて、何様なのかしら。ねぇ、ダドリー?この踏み心地は私を満足させるためにあるんでしょう?」

ダドリー「光栄ですブヒィー!」

ハニー「あら。鳴き方はちゃんと、教えたはずよね?」

ダドリー「ヒンヒン!もちの同胞だ!ヒンヒン、ヒーーーン!」

バーノン「いい加減にせんか小娘!ふん!さっさとクィディなんとかだのなんだのに行ってしまえばええんだお前なんぞ!」

ハニー「えぇ。新天地だろうとどこだろうと、勝つのは高貴で可憐で儚げな私。そうでしょ?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1358657714

引用元: ハニー・ポッター「勝つのは私、そうでしょ?」 




ハリー・ポッターと謎のプリンス (吹替版)
(2013-11-26)
売り上げランキング: 169
【ハニー・ポッター「勝つのは私、そうでしょ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 ハニー・ポッター「『エクスペクト・パトローナム!』」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/16(日) 04:46:13.82 ID:m8pPIdIP0
禁じられた森 湖畔

ハニー「あぁ、どうして……どうしてこんなことに」

ハニー「こんなにたくさんの……吸魂鬼」

吸魂鬼   吸魂鬼
 吸魂鬼    吸魂鬼
吸魂鬼 吸魂鬼 吸魂鬼 
  吸魂鬼 吸魂鬼吸 魂鬼

ハニー「……シリウス」

シリウス「」

ハニー「……やよ。絶対にいや。こんな奴らに……わたしたちの幸せを邪魔されるなんて」

ハニー「全部、全部……守って、みせるんだから!」

ハニー「この、わたし……立って。立ちなさい、わたし……もう絶対、誰も」

ハニー「この私を、誰だと思ってるの、吸魂鬼!」

吸魂鬼「――――」


ハニー「『エクスペクト・パトローナム!守護霊よ、来たれ!!』」

引用元: ハニー・ポッター「『守護霊よ、来たれ!』」 



ハリー・ポッター文庫全19巻セット(箱入)
J.K.ローリング
静山社
売り上げランキング: 3,421
【ハニー・ポッター「『守護霊よ、来たれ!』」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 ハニー・ポッター「脱獄囚の、シリウス・ブラック……?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 12:00:12.98 ID:7bNepf6z0
『闇の魔術に対する防衛術』の教室

キィィッ

ハニー「遅くなってごめんなさい、先生。待てはできました?」

ルーピン「いや、新学期からと言っていたのに、急に変更して悪いね。それと待てが得意なのは私の友人さ……さて」

ハニー「? そのトランクは?豚でも詰めているのかしら、ドタバタと動いているけれど」

ルーピン「生憎と私をそこまで慕ってくれる人はいないよ。また、『真似妖怪のボガート』だよ」

ルーピン「君が吸魂鬼に対抗する術を学ぶのに一番良い方法を考えていた。これならば、吸魂鬼がいなくとも練習できる」

ハニー「……あの寒気やおそろ、オホン。気味悪さまで、ボガートは再現できるの?」

ルーピン「あぁ、言ったろう。こいつは中々に厄介なのだ、とね。さぁ、練習してみようか。と言っても、これは授業のように簡単にはいかない。通常のOWL試験のレベルを遥かに超える代物だ。ハニー、最初から成功すると思っていてはいけないよ?」

ハニー「誰に物を言っているのかしら。この私に、出来ないことなんてないわ」

ルーピン「あぁ、その意気だ。呪文は、『エクスペクト・パトローナム、守護霊よ来たれ』」


ハニー「『エクスペクト・パトローナム!守護霊よ来たれ!』」

引用元: ハニー・ポッター「『エクスペクト・パトローナム!』」 




【ハニー・ポッター「『エクスペクト・パトローナム!』」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 ハニー・ポッター「秘密の部屋?なぁに、それ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 10:31:55.23 ID:3UDYp72s0
ロックハートの部屋

ビンズ「ホグワーツの創始者、サラザール・スリザリンが残したという秘密の部屋。彼の意志を継ぎ、かの部屋を空けホグワーツを粛清する者こそが『スリザリンの継承者』である。そう言い伝えられておりますなヒンヒン!」

ハニー「ふぅん、そう。賢い豚は好きよ?」フーッ

ビンズ「ヒンヒン!ありがたいですな!ヒンヒン!」

ロン「ゴーストでさえ速攻これだよ。ちくしょうなんだって僕は『ホグワーツの歴史』を丸呑みしてなかったんだ!」

ハーマイオニー「そういうのは私の専門よ、ロン。あれから私たちは、ろ、ロックハート先生の部屋に先生達と移動したのだものね。あぁ、壁中先生だわ……」

ハニー「それはどうだっていいの。とにかく……」

フィルチ「喋るなこの犯罪者ども!お前たちが私の猫を!それに、なんだその態度は!ふざけてるのか!」

マクゴナガル「アーガス、少し抑えなさい。あー、ポッター?私はあなたがたを疑って連れてきたわけではないのですが」

マクゴナガル「……流石に、そう、ウィーズリーを下に敷き、グレンジャーに抱きしめられているのは、渦中の者の態度とは思えませんが?」

ロン「そりゃないぜ先生!あのハニーが猫がそんな風になっちまってるのをみて平気だとおm」

ハニー「ロン」

ロン「なんだいハニー!僕のハニー!」

ハニー「後頭部をおもいっきり小突かれるのと、ヒンヒン鳴くの。どっちがいいのかしら」

ロン「どっちもさ!もちのロンでね!ヒンヒン!」

引用元: ハニー・ポッター「スリザリンの継承者?なんなの、それ」 



ハリー・ポッターと賢者の石 スリザリン(20周年記念版)
J.K.ローリング
静山社 (2018-11-01)
売り上げランキング: 8,209
【ハニー・ポッター「スリザリンの継承者?なんなの、それ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 ハニー・ポッター「賢者の石は、どうなったのかしら」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/04(日) 18:19:34.47 ID:OvLwJ4pJ0
ハニー「私が聞きたいのはそういうことじゃないの。あなたはどこの誰で、どうして、この私の、部屋に、勝手に、いるかってこと。それだけよ」グリグリグリ

ドビー「あぁ!申し訳ありません!申し訳ありませんハニー・ポッター!ドビーは、ドビーはあなた様の豚にございます!!」

ハニー「えぇ、そうね。そうに違いないわ。踵で頭を踏まれて喜ぶなんて、豚さん以外の何者でもないもの。そうよね?」

ドビー「あぁあ!ドビーは、ドビーは悪い子!ご主人様の折檻に喜ぶなど、ドビーは悪い子!悪い子!」

ハニー「返事はヒンヒン鳴いてよこしなさい」

ドビー「もちの、貴方様のご友人にございますぅう!ヒンヒン!ヒン!」

引用元: ハニー・ポッター「秘密の部屋?なぁに、それ」 



ハリー・ポッターと秘密の部屋 (吹替版)
(2013-11-26)
売り上げランキング: 132
【ハニー・ポッター「秘密の部屋?なぁに、それ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 ハニー・ポッター「賢者の石、ですって?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/11(木) 01:28:38.37 ID:mAHxf6NP0
医務室

ハニー「……」

ダンブルドア「やぁ、ハニー。良い目覚めのようじゃの」

ハニー「そうでもないわ、出来の悪い豚に見守られてなんて、むしろ最悪に近いかもね」

ダンブルドア「辛らつじゃのう、わしもなんとか頑張ったつもりなのじゃが。それより、聞きたいことがあるのではないかね?」

ハニー「あれから、何日たったのかしら」

ダンブルドア「おぉ、聡い子じゃ。自分の状況をよく理解しておる……三日じゃよ、ハニー。君はあの地下でおきた出来事から、三日。寝込んでおったのじゃ」

ハニー「……賢者の石は、どうなったのかしら」

引用元: ハニー・ポッター「賢者の石は、どうなったのかしら」 



ハリー・ポッターと賢者の石 (吹替版)
(2013-11-26)
売り上げランキング: 1,281
【ハニー・ポッター「賢者の石は、どうなったのかしら」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 ハニー・ポッター「私が、魔法使い?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09(火) 19:32:10.36 ID:VLS+n+jf0
ハグリッドの小屋

ハーマイオニー「賢者の石、賢者の石、っと……ニコラス・フラメルが作った、黄金と、永遠の命の水を生成することができるという代物ね」

ロン「君がどこにでもそのかるーい読書にうってつけなご本を持ち歩いていて助かったよ。それにしても、おったまげー」

ハニー「へぇ。ホグワーツで、そんな代物が守られていたのね」

ハグリッド「あぁ、俺ぁなんちゅうことを。ダンブルドア先生様との約束で誰にも話しちゃなんねぇのに……」

ハニー「大丈夫よ、ハグリッド。あなたは私の豚として正しいことをした、そうでしょ?さ、使える豚にはご褒美をあげなきゃ、ね?」フーッ

ハグリッド「おっほぉー!お前さんの息を俺みてぇな豚の耳に吹きかけてもらえるなんて光栄、光栄だハニー!ヒンヒン!」

ロン「いいかいハーマイオニー、今のハニーの心情は『本当は抱きついてありがとうって言いたいのに!』さ」

ハーマイオニー「勉強になるわ」

ハニー「……ロン?私の豚?」

ロン「なんだいハニー!」

ハニー「口をつぐんでヒンヒン鳴くか、向こう脛を蹴飛ばされるか、どちらがいいかしら」

ロン「どっちもさ、もちのロンでね!!ヒンヒン!」

引用元: ハニー・ポッター「賢者の石、ですって?」 




ハリー・ポッター コンプリート 8-Film BOX バック・トゥ・ホグワーツ仕様 ブルーレイ (初回限定生産/24枚組) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2018-09-19)
売り上げランキング: 2,253
【ハニー・ポッター「賢者の石、ですって?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 21:30:59.23 ID:1ab1nhPr0
ハニー「それで、その魔法界っていうのは、この私を楽しませてくれるわけ?」

ハグリッド「……」

ダドリー「ブヒィー!ブヒィー!」

ピアーズ「踏んでください!踏んでくださいハニー姐さん!!」

バーノン「小娘、やめろ!やめろ!また方々に頭を下げんといかんだろうが!ダドリーの友達をかかとで踏みつけるのはやめんかぁああああ!」

ペチュニア「ダドちゃん!坊や!そんな小娘の靴を舐めちゃダメ、ダドちゃん!!」

ハグリッド「……こりゃぁおったまげた。見た目はリリーに……中身はジェームズそっくりになっちょるとは」

ハグリッド「……お、俺も踏んじょくれるか?ハニー?」

ハニー「えぇ。なるほど。中々魔法界もやりやすそうね?」

引用元: ハニー・ポッター「私が、魔法使い?」 



ハリー・ポッター文庫全19巻セット(箱入)
J.K.ローリング
静山社
売り上げランキング: 602
【ハニー・ポッター「私が、魔法使い?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/11(土) 19:37:56.27 ID:dH4itbr10
ルルーシュ「スザク、ここはどこだ」

スザク「わからない、どこか外国みたいだけど…」

ルルーシュ「ダモクレスはどこに行ったんだ。なぜ俺達は駅にいる」

スザク「わからないよ。ちょっと聞いてみよう」

ルルーシュ「待てスザク!これはシュナイゼルの罠かもしれん…っておいスザク!」

スザク「すみません、これ皆さんどこへ向かうんですか?」

???「えっホグワーツだけど…君は違うの?」

スザク「ホグワーツ?」

???「ホグワーツ」

スザク「…?」

???「僕達の学校だよ!あ、君もしかして新入生?」

ルルーシュ「おいスザク、勝手にいなくなるな!」

スザク「あ、ルルーシュ」

???「とにかくもうそろそろ汽車が出発するから乗った方がいいよ」

引用元: ルルーシュ「闇の帝王だと?」 

 

コードギアス 亡国のアキト 第3章 (初回限定版) [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2015-06-26)
売り上げランキング: 41
【ルルーシュ「闇の帝王だと?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/22(木) 16:37:53.58 ID:hmu+sZiK0
ハグリッド「おまえさんが怖いと思ったとき、助けてほしいと思ったとき何か不思議なことがおこりゃせんだか?」

ハグリッド「そうとも、しんのすけ・・お前さんは魔法使いだ。」

しんのすけ「え~ どうせならオラもえPよりアクション仮面の方がよかったゾ」

ひろし・みさえ「気にするのはそこじゃないだろ」

ひろし「大体魔法だなんていきなり言われても信じられねえよ。何か証拠を見せてくれよ」

ハグリッド「ほんとはつかっちゃなんねぇんだが、この際仕方ない。」

ハグリッドは杖をひろしの靴に向けて唱えた 「スコージファイ 清めよ」

野原一家「!!」

みさえ「嘘でしょ・・ あんなにしつこかった臭いが消えてるわ・・」

しんのすけ「魔法ってスゴイゾ!!」

ひまわり「パパの靴下の方もお願いしたいわ」

ひろし「ちょっと、悔しい。」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1498117073

引用元: しんのすけ「ホグワーツにいくゾ」 



トミカ ドリームトミカ ライドオン R06 クレヨンしんちゃん×ぶりぶりざえもんカー
タカラトミー(TAKARA TOMY) (2018-03-17)
売り上げランキング: 2,128
【しんのすけ「ホグワーツにいくゾ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆sldIaflcec 2014/02/18(火) 11:42:41.92 ID:+jgHxRBY0
闇の帝王「遂に追い詰めたぞ、貴様らの命はここまでだ!」

ロン「ハリーはやらせないぞ! 僕たちが相手になってやる!」

ハーマイオニー「ええ、あなたの相手はロンが務めるわ!」

ハリー「・・・」

ロン「ハリー?」

ハーマイオニー「どうしたの? 何か名案が思いつきそうなの?」

闇の帝王「ふはは、俺様を前にして急に怖気づいたのか?」

ハリー「いや、こいつの名前が思い出せないんだ」

闇の帝王「!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1392691361

引用元: 闇の帝王「見つけたぞ、ポッター!」 ハリー(・・・こいつの名前なんだっけ・・・) 


ハリー・ポッターと賢者の石 (吹替版)
(2013-11-26)
売り上げランキング: 3,602
【闇の帝王「見つけたぞ、ポッター!」 ハリー(・・・こいつの名前なんだっけ・・・)】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/20(土) 21:29:33.34 ID:vj5nkrdA0

ロン「う~っ!う~っ!」ジタバタ

ハーマイオニー「大変!」

ハリー「そんな!ロン!しっかり!」

ハーマイオニー「ああ!ロン!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1516451373

引用元: 【ハリポタ】ハーマイオニー「ロンが餅を喉に詰まらせたわ!」 


ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部 特別リハーサル版 (ハリー・ポッターシリーズ)
J.K.ローリング ジョン・ティファニー ジャック・ソーン
静山社 (2016-11-11)
売り上げランキング: 4,069
【【ハリポタ】ハーマイオニー「ロンが餅を喉に詰まらせたわ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/15(土) 18:31:28.57 ID:tCmdosl90
ハリー「…」

マルフォイ「…」

ハリー「…」

マルフォイ「…」

ハリー「…やっぱ家でかいな」

マルフォイ「そうでもない…」

ハリー「…」

マルフォイ「…」

ハリー「…」

マルフォイ(何しに来たんだ…)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1416043878

引用元: ハリー「……」マルフォイ「……」 

 

【初回生産限定】ハリー・ポッター ブルーレイ コンプリートセット [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2013-10-18)
売り上げランキング: 544
【ハリー「……」マルフォイ「……」】の続きを読む

このページのトップヘ