えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

ベジータ

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 [安価]ピッコロ「何かする。」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/06(水) 20:18:19.17 ID:HpJJqPzO0
ベジータ「・・・」

ブルマ「あ~ピッコロやっちゃったわね。」

ベジータ「ピッコロめ!何やってやがる!」

ブルマ「この前の安価で幼稚園のバイトしてたところバカにしたからじゃない?」

ベジータ「ざけんなあーー!!!」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[]

>>3


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1430911089

【【安価】ベジータ「何かするぞ。」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/08/07(土) 17:40:04.03 ID:lIlDOGn60
ガシッ

ベジータ「む!」

19号「捕まえた! 貴様のエネルギーを吸い尽くすまで離さないぞ!」

ベジータ「ほう?」

19号「蹴っても無駄だぞ! 絶対に離さない!」

ベジータ「離すなよ~!」

19号「絶対に離さないぞ……!」

ベジータ「ちっ、なら仕方ない。くっつけたままにしておくか」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1628325603

【ベジータ「離すなよ~!」人造人間19号「絶対に離さないぞ…!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 21:35:14.42 ID:Pthq4n9A0
ベジータ「無くした?」

ナッパ「す、すまねえベジータどっかに落としたみたいだ・・・探して来る!!」

・・・3時間後

ナッパ「す、すまねえ見つからねえ」

ベジータ「ふっ、まあいい、まずはお前が行くんだナッパ」

ナッパ「おう!任せくれ!」

ピッコロ「く、来るぞ・・・」

悟飯「お父さんが来るまで頑張らなきゃ・・・」

ヤムチャ「おーいっ!」天津飯「待たせたな!」

クリリン「あ、ヤムチャさん!天津飯さん達も!」

ナッパ「へへへ、ぞろぞろ来やがったなぁ、何人来ようが俺様に勝てるとは思えないがな」

【ベジータ「たしか栽培マンが6粒あったろ?」ナッパ「あ、無くした」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2021/04/04(日) 18:27:13.96 ID:T7tN46nU00404
チノちゃん「なのでいじめましょうw」

ココアちゃん「いいね!」

メグちゃん「あのおっさんうるさいしプライド高いしラビットハウスの雰囲気ぶち壊しだから丁度いいな!」

マヤちゃん「よし!じゃあみんなで協力して追い出そう!」

リゼ「そうと決まれば作戦会議だ!」

シャロちゃん「みんなで協力してベジータさんをいじめましょう!」

チノちゃん「み、みなさん…ありがとうございます…」うるうる

ココアちゃん「がんばるぞー!」

「「「おーっ!!!!」」」

ラビットハウスは今日もほのぼのなのだった…❤︎




【チノちゃん「ベジータさんのことは好きになれません…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/09/28(日) 01:19:53 ID:zIiA/uv2
<カプセルコーポレーション>

ベジータ「それがどうしたというんだ、トランクス」

トランクス「パパ、一緒に行こうよ!」

ベジータ「下らん……」

トランクス「!」

ベジータ「そんなものに行くヒマがあったら修業しろ」

ベジータ「俺はお前を、悟飯や悟天を超える戦士に育て上げるつもりなんだからな」

トランクス「う、うん……」 


 

  【ベジータ「西の都花火大会だと……?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/06(土) 04:32:47.78 ID:d0hgrhjg0
ベジータ「おい貴様、質問に答えろ! 貴様はオレのマスターなのか」

雁夜「あ、ああ……そうだ」

雁夜(なんだコイツ……バーサーカーなのに理性があるみたいだ)

雁夜(しかもやけに偉そうだ……)

引用元: ベジータ「問おう、貴様がオレのマスターか」雁夜「え?」 




【ベジータ「問おう、貴様がオレのマスターか」雁夜「え?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/24(火) 06:24:50.19 ID:8YgcJ4MS0
べジータ「さすがに戦ってばかりじゃ妻子は食わして行けないからな
     王子である俺が学歴が無いだけで働けないだと?ふざけやがって」

ブルマ「今日から学校でしょ?早く行って来なさい!お弁当は持ったの?」

トランクス「パパ学校行くの?大丈夫?周りから浮いちゃうんじゃないの―?」

べジータ「畜生!どいつもこいつも馬鹿にしやがって!俺を誰だと思ってやがる」

べジータ「とは言え確かに学校まで浮いて行ったら悪目立ちするな。自転車で行くか
     全く嫌な世の中だぜ」

引用元: べジータ「今日から高校に行く」 



【べジータ「今日から高校に行く」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : ◆xPOKD6dEU2 :2014/06/23(月) 12:45:19 eJtA14TI
惑星フリーザ


ラディッツ「…では、行ってくる」

ベジータ「ああ、頼んだぞ。…だがラディッツ、忘れるなよ」

ラディッツ「わかっている。こちらからは手は出さん。…話し合いで済ませるさ」

ベジータ「ようやく、サイヤ人の手だけでフリーザを倒す可能性が見えてきたんだからな……失敗は許されない」

ラディッツ「ああ、必ずカカロットを連れてくる。待っていてくれ」スタスタスタ…

ベジータ「…」

ベジータ(数ヶ月前、俺達はある星を攻めた……そこにいた先住民共は俺達に迫る実力を持ち、苦戦を強いられた)

ベジータ(俺達は死にかける程のダメージを受けたがなんとか奴等に勝利した…。そして、惑星フリーザで傷の手当てを行った時、ある事実に気づいた…)

ベジータ(サイヤ人の戦闘力の底上げ…。限界と思っていた自身の戦闘力が、あの時の闘いを経て、大幅に上昇していたのだ)



【ベジータ「サイヤ人の手でフリーザを討つ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 13:53:00.95 ID:lhpgo01p0
ほむら「あなたの力を借りたいわ、ベジータ」

ベージタ「ふん、いいだろう…!」

物語は幕をあける

引用元: ベジータ「魔法少女だと…?」 


【ベジータ「魔法少女だと…?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : ◆N6lJLiA4SQ :2014/09/20(土) 17:59:10 XIMdwhTE
ベジータ「なんだ、そのラーメン二郎というのは?」

トランクス「ネット界隈で話題になっているラーメン屋ですよ。ついにここ西の都にも出店してきたみたいですね」

ベジータ「たかがラーメン屋だろう。何をそんなに夢中になっているんだお前は。くだらん事に気をまわしている暇があったらトレーニングをしろ。ナンパにうつつをぬか

す悟天のようになりたいのか?」

トランクス「これでもカプセルコーポレーション次期社長として世間の情勢の勉強まっ最中なんですよ。強くなるだけじゃ会社のトップになれませんよ」

ベジータ「フン、くだらん。俺は強くなるだけでサイヤ星の王子になったぞ」

トランクス(父さんの場合はただの血筋でしょう・・・・・・)



【ベジータ「ラーメン二郎西の都店だと!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/05(木) 20:26:53.79 ID:l5Lazokp0

※前に書いた「IS学園だと? くだらん!」の続きです



【日曜日、 悟飯家】


悟飯「へえ、けっこう楽しそうじゃないですか。」

ベジータ「冗談じゃない! うっとおしいガキばかりで嫌気がするぜ!」

悟飯「その年の女の子ってパワフルですもんね。」

ベジータ「校則とかいう決まりごともめんどくせえ! 一日中、妙な服を着せられるし
      たまの休日しか学校の外に出られんしな!」

悟飯「でもベジータさん。 そのたまの休日にウチになんか遊びに来てていいんですか?
    自宅に帰って、ブルマさん達と会って来ればいいのに。」

ベジータ「・・・・・帰れないんだ。」

悟飯「え? 何で?」

ベジータ「ブルマの機嫌が悪くて家に帰れんのだ! クソッタレ!」 ワナワナ!

悟飯「な、なんでですか?」

ベジータ「学園の新聞部とかいう奴が家に写真を送りやがったんだ!
      俺がクラス代表になった時のパーティーの写真を!」 ワナワナ!

引用元: ベジータ「IS学園は俺のものだ! 手を出すんじゃない!」 



【ベジータ「IS学園は俺のものだ! 手を出すんじゃない!」 完結】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/15(金) 20:16:02.52 ID:Ogxuciyk0

GT終了後くらいです


【ブルマの研究室】


ベジータ「おいブルマ、重力室の調子が悪いぞ。 とっとと直せ。」

ブルマ「後でね。 今、このISの調整してるんだから。」

ベジータ「なにぃ!? 早くせんと今日のトレーニングができんではないか!」

ブルマ「あのね、アンタと違って私は働いてるの! このIS開発はうちの社運がかかってるんだから!」

ベジータ「ちっ! いったい何だ、そのISとかいうのは?」

ブルマ「戦闘用強化アーマーのことよ。 正式名はインフィニット・ストラトス。
     カプセルコーポレーションも、最近になって業界に参入したの。」

ベジータ「それを着るとどれくらい強くなるんだ?」

ブルマ「そーねえ・・・普通の人間が装着すれば、スカウターの数値で1000~2000くらいになるんじゃないの?」

引用元: ベジータ「IS学園だと? くだらん!」 



【ベジータ「IS学園だと? くだらん!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/11/09(月) 23:22:11.60 ID:xEjAEqXe0
魔人ブウとの死闘から、ほんの少し時間が経ったある日──



─ 悟空の家 ─

クリリン「よう、悟空!」

悟空「クリリンじゃねえか! どうしたんだ?」

クリリン「実は俺さ、セルとの戦いの時、未来のトランクスと一緒に」

クリリン「ドクター・ゲロの基地に忍び込んだことがあるんだけど──」

クリリン「あの時、面白いもんを見つけたんだ」

悟空「面白いもんって?」

クリリン「俺たちとベジータたちサイヤ人の戦いを記録した装置だよ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1604931731

引用元: 悟空「トランクスに悪人時代のベジータの映像を見せてみっぞ!」 



【悟空「トランクスに悪人時代のベジータの映像を見せてみっぞ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 16:50:21.74 ID:Yz0HTjTM0
ベジータ「なんてスピードとスタミナだ……」

トランクス「え?」

ベジータ「そのサンタってヤローはどこにいやがるんだ!」

トランクス「そ、そんなの知らないよ
      聞いてどうするの?」

ベジータ「フン、決まっているだろう
     サンタが一体どれほどの力を持っているのか試してやる」

トランクス「え?」

ベジータ「まぁ知らないのなら仕方ない」スッ

トランクス「ちょ、どこ行くの?」

ベジータ「……それほどのパワーの持ち主ならばカカロットの奴が何か知っているはずだ…」ヒュイン

トランクス「あ、パパ!…ちょっと…
      ……行っちゃった」

引用元: ベジータ「な…たった一晩で全ての家庭にプレゼントを配るだと?!」 



【ベジータ「な…たった一晩で全ての家庭にプレゼントを配るだと?!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 14:36:01.20 ID:BcpBWavc0
それはトランクスが11歳の誕生日を迎えてしばらくのことであった。

トランクス「ねぇねぇパパ!これ見てよ!」

ベジータ「何?手紙だと?トランクスにか」

トランクス「うん!今年からホグワーツってところに入学しないかって……」

ベジータ「チッ、くだらん、なにがホグワーツ魔法学校だ!」 ビリッ

トランクス「あっ!」

ベジータ「そんなことに気をとられている暇があったら修行をしろ、分かったな!」

トランクス「ちぇー……」

引用元: ベジータ「チッ、くだらん、なにがホグワーツ魔法学校だ」 


【ベジータ「チッ、くだらん、なにがホグワーツ魔法学校だ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/23(月) 00:08:51.51 ID:/eqhzwAV0
ベジータ「この前ブルマに作ってもらったんだ」

悟空「ふ~ん……」

ベジータ「あんまり興味がなさそうだな」

悟空「そりゃ、自分が強くなってて弱い奴と戦ってもワクワクしねぇしなぁ」

ベジータ「ふん……だから『サイヤ人用』といってるだろう?」

悟空「言ってる意味が解んねぇよ」

ベジータ「物は試しだ。騙されたと思ってやってみろ」

悟空「ベジータがそこまで言うならやってみっけどさぁ……」

オラは渋々装置を装着した。

悟空「これがスィッチかな?入れてみっか」


ベジータ「……ふはは!騙されやがったぜ!!!それは『敵が強くて』ニューゲーム体験機だ!」

ブルマ「孫君なら正直に言っても使ったんじゃない?」

ベジータ「………使った感じを聞かれても嫌だったからな」

ブルマ「ああ、『俺は弱虫ベジータじゃない!』とか『ラディッツやめてくれ!』とか泣いてたものね」

ベジータ「な!声が……いや!断じてそんな体験はしてないぞ!!」

ブルマ「あら?じゃああの動画はばら撒いてもいいんだぁ~?」

ベジータ「な!?……その前に俺もカカロットを撮影しなければ!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1403449731

引用元: ベジータ「これがサイヤ人用強くてニューゲーム体験機だ!」悟空「……」 


【ベジータ「これがサイヤ人用強くてニューゲーム体験機だ!」悟空「……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/12(木) 21:47:23.55 ID:hzQ5tjLd0
セルとの戦いから一年経ったが、俺は後悔をしない日がなかった。


カカロットの野郎は下級戦士の癖に俺よりも強くなりやがった。


しかも、自爆しそうだったセルを連れて瞬間移動だと……


……この俺を差し置いて恰好をつけやがって


ショックの余りに一瞬戦いを放棄しそうになったが、

しかし俺はサイヤ人、やはり戦わない訳にはいかない。


俺が強ければ、カカロットを死なすこともなかっただろう。


そもそも、なんでカカロットの野郎の方がサイヤ人の王子で天才戦士の俺様より強くなったんだ?


そこで、俺は一つの考えに思い至った。



ベジータ「俺が地球に送られていれば、カカロットを越えられていたはずだ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1402577243

引用元: ベジータ「俺が地球に送られていれば、カカロットを越えられていたはずだ!」 



【ベジータ「俺が地球に送られていれば、カカロットを越えられていたはずだ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/21(水) 01:18:40.64 ID:jV/PdcUO0
ベジータ「きたねぇドブネズミ共だな。とっとこ不老不死の種とやらを寄越せば、コイツらはぶっ殺されずに済むぜ」

ハム太郎「……これを食べるのだ」
ベジータ「む、虹色の種か。珍しいな」パクッ ポリポリ

しゅおおおおおおお!!

ベジータ「ふおぉっ!!?ドブネズミが巨大化した……!?」

ハム太郎「違うのだ」

ベジータ「何ィ!?ま、まさか……」

タイショー「その通りだじぇ、お前が小さくなったんだじぇ。ハムスターみたいにな」

ベジータ「く、クソッタレー!!」

引用元: ベジータ「ほう、貴様らがハムちゃんズか……」 




【ベジータ「ほう、貴様らがハムちゃんズか……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆Vkh4.dXyIU 2020/05/24(日) 14:59:55.45 ID:5jr9uo7Y0
セルゲームを終結させ、Z戦士達も平穏な日々を送っている

そんなある日のことであった。


べジータ「ZZZ…」

べジータ「…」

べジータ「ム~…」

べジータ「ハッ!?}ガバッ

べジータ「ここはどこだ!?」

べジータ「確か昨日の夜は自宅でトランクスを寝かしつけ、ブルマとともに床に就いたはず。」

べジータ「なのにどうして俺はこんな荒野に転がっているのだ!?」キョロキョロ

べジータ「…よく見ると見覚えのある場所だ。」

べジータ「そうだ、ここは…ナメック星! いったいどうなっているんだ?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1590299995

引用元: もしも強くなったベジータが過去の世界でフリーザと対峙したら 


【もしも強くなったベジータが過去の世界でフリーザと対峙したら】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/10(水) 21:40:08.27 ID:F7GFC8rC0
べジータ「ふざけるな!」

クリリン「まあまあ、たまにはこういう話題で盛り上がるのもいいじゃないか」

悟空「そうだぞ、べジータ。久し振りにみんな揃ったんだから、もっと
   楽しもうぜぇ」

ブルマ「あんたがそれ言う?声掛けなかったらいつまで経っても来ないくせして」

悟空「へへへ、まあそう固いこというなよ」

ブルマ「まったく!」

引用元: べジータ「なにぃ?もしも俺様が恋する乙女だったらだとぉ?」 


【べジータ「なにぃ?もしも俺様が恋する乙女だったらだとぉ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:26:51.27 ID:NwbgXJNm0
ゲンドウ「あぁ、頼んだぞベジータ君」

ベジータ「任せておけ。その代わり報酬は弾むんだろうな?」

ゲンドウ「もちろんだ。その前にまず、エヴァを操縦出来るようになるんだな」

ベジータ「エ、エヴァだと!?」

引用元: ベジータ「使徒を倒す?容易い事だ」 



【PS4】ドラゴンボールZ KAKAROT
バンダイナムコエンターテインメント (2020-01-16)
売り上げランキング: 89
【ベジータ「使徒を倒す?容易い事だ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 18:09:29.53 ID:LLz4gWRSP

ベジータ「わ、悪いか!」

悟空「悪いかって、おめえ歳いくつだぁ?」

ベジータ「44歳だ……」

悟空「44で無職!? ひゃ~!」

ベジータ「……っ」プルプル

引用元: 悟空「ベ、ベジータぁ! おめえまだ無職なんかぁ!? ひゃ~!」 


 

S.H.フィギュアーツ ドラゴンボールZ ベジータ 約160mm PVC&ABS製 塗装済み可動フィギュア
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
売り上げランキング: 35,279
【悟空「ベ、ベジータぁ! おめえまだ無職なんかぁ!? ひゃ~!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/16(日) 10:29:47 ID:Fz6Wkxeg
ベジータ「国民がCDを買って好きな人物に投票して誰が一番人気か決めるだと!?」

ベジータ「ふんっ!くだらん!」

悟空「おっす、ベジータ!おめぇも今回の選抜総選挙出場すんのか?」

ベジータ「カカロットか。俺はこんなくだらんものに興味は…」

悟空「オラ、前に出たことあるし今回も出ようと思ってんだ!誰が一番つええか決めるイベントなんてワクワクすっぞ!」

ベジータ「つっ…強い奴!?」

悟空「人気があるっつーことは誰がつええかって事だろ?ひゃー!楽しみだなー!だけどベジータ出ねぇみたいだし…」

ベジータ「まっまて!俺も出るぞ!!」

ベジータ「くそっ…こうなったら、何が何でもカカロットよりも上に…一位になってやる!」 




ドラゴンボール超 MASTER STARS PIECE THE VEGETA (ベジータ)
バンプレスト
売り上げランキング: 255
【ベジータ「選抜総選挙だとぉ!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 01:56:13.77 ID:FfjROp/Io
ベジータ「オレは……超(スーパー)ベジータだ!」

セル「超ベジータ……!? な、なんだそれは!?」

ベジータ「いちいち説明するのも面倒だ。てめえで勝手に想像しろ……」

セル「そうだな……想像してみるとしよう」

ベジータ「ほう……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1455209773

引用元: セル「超ベジータがどんなものか想像することにした」 


 

【セル「超ベジータがどんなものか想像することにした」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 【安価】ナッパ「どうにかして生き残り続けてえ!!」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/23(水) 19:58:31.74 ID:OmD257NMO
これまでのあらすじ

地球に行ったラディッツが生きて帰ってきたよ

サイヤ人の可能性を見出したベジータがナッパとラディッツを鍛えたけど警戒したフリーザに三人とも別々の惑星に飛ばされたよ

ナッパは帝王クウラ様&キャベ、カリフラ、ケールに出会ったよ

ラディッツはターレスと出会って仲間にしたよ

ベジータもターブルと再開したよ

ギニュー特戦隊によってターブルのいた集落が潰されたけどサイヤ人集結、ギニュー特戦隊を倒したよ

ドラゴンボールとサイヤ人の仲間を求め、全員で地球に行ったよ。カカロットに全力謝罪だよ

何故か 天 津 飯 覚 醒 !! クリリンもドクターゲロ倒しちゃってたよ

悟空と交渉←イマココ

引用元: ・【安価】ナッパ「どうにかして」ベジータ「フリーザを倒すぞっ!」 



【【安価】ナッパ「どうにかして」ベジータ「フリーザを倒すぞっ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

悟空「ベジータ、オメエがNo.1だ 前編 

134: ◆k0aleZFSMjhu 2015/01/30(金) 21:12:58.25 ID:4yxECJmy0
ブルマ「ふーん、正体がばれないように完全な変身をね」

悟飯「はい…何かいい方法はありませんか?」

ブルマ「あるわよ、作ってあげるわ。二時間ぐらい待ってて」

トランクス「悟飯さん!!いつ来たの!?」

悟飯「さっき来たばかりさ!!お父さんに修行してもらってるんだって?」

トランクス「うん!」

ベジータ「悟飯か」

悟飯「あ、ベジータさんこんにちは」

サタン「うぐ…」

悟飯「サタンさん今日も来てたんですか?」

サタン「あ…ああ。今日は西の都で撮影の番組があってな…」

悟飯「大丈夫ですか?」

サタン「す…少し休めば……」

ベジータ「ただの人間の割に根性だけはある奴だ…」

悟飯「あ…あはは」

トランクス「ねえ何やって遊ぼうか!」

悟飯「ん?そうだなあ」


悟飯「この赤い方のスイッチを押せばいいんですね?」

ブルマ「そうよ」

トランクス「いいなあ、お母さんボクにも作ってよ!!」

ピッ

悟飯「あっ!!かっこいいじゃないですか!!うはー!!いい!!凄く良いですよ!!」

ブルマ「でしょ――!!」

トランクス「ボクやっぱりいらない…」


悟飯「どうもありがとうございましたー!!」

トランクス「また来てねバイバ―イ!!」


悟飯「ひゃっほー!!早い早い!!ん?暴走車発見!!もう変身してるけどへんし――ん!!」バッ

「わっ!!このくそったれヤロー死にてえのか!!」

悟飯「そんな無茶な運転はしてはいけない!!
これから町の中ぐらいは安全運転をするとわたしに誓え!!」

「なにもんだてめえは!!」

悟飯「え…なにもの?そうだなあ…えーっと」

「お前今考えているだろ」

悟飯「わたしは正義を愛する者!!グレートサイヤマンだ!!!」

「……ぷっ!!ぐはははは!!だせー!!」

悟飯「ば…バカにするなあ!!」ドゴオッ

悟飯「一生懸命考えた名前だぞ!!」

「ご…ごめんなさい……よく考えたらかっこいい名前でした…安全運転…安全運転…」

悟飯「(わかってくれた…)」

引用元: 悟空「ベジータ、オメエがNo.1だ 

 

【悟空「ベジータ、オメエがNo.1だ 後編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆k0aleZFSMjhu 2015/01/21(水) 00:18:12.61 ID:OZQV0ZSn0
悟空がピッコロを倒し天下一武道会で優勝してから五年の年月が過ぎた 

そんなある日のこと 

ヒューン、ドォオオン 

「な、何だ?隕石か!?」 


「ここが地球か……カカロットの奴め 
地球人はたくさん生きている、やはり使命を忘れてやがったな」 

「何だおめえ!!く、来るなぶっ殺すぞ!!」 

「ふん、脆い民族め。む、大きな戦闘力……カカロットか?」ビュンッ 


ピッコロ「な、何だ!?大きなパワーが近付いてくる!!孫悟空か!?」 

「ち、カカロットじゃない」 

ピッコロ「何者だ貴様は、この俺に何の用だ」 

「貴様になど用はない」 

ピッコロ「貴様、オレ様が誰だかわかっているのか!!」 

「知らんな」 

ピッコロ「でやあっ!!」ズアッ 

「何だ埃を巻き上げるだけか、ならお手本を見せてやろう 
む?この星一番の戦闘力を持った奴がかなりのスピードで移動している 
今度こそカカロットか!!」 

ピッコロ「こ、このオレが一歩も動けなかった……」 


謎の男は戦闘民族サイヤ人で悟空の兄、ラディッツだった 
一撃で悟空を倒したラディッツは悟空の息子、悟飯を連れ去ってしまった 
悟空は悟飯を助けるために、ピッコロと一時的に手を組むのであった 


引用元: 悟空「ベジータ、オメエがNo.1だ 

 

ドラゴンボールZ MASTER STARS PIECE THE VEGETA ベジータ
バンプレスト
売り上げランキング: 1,510
【悟空「ベジータ、オメエがNo.1だ 前編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 04:19:40.77 ID:QcoJ3gSV0

前回 「惑星ベジータ出身!サイヤ人の王子ベジータだ!」ハルヒ「」

ここまでのあらすじ

常識を学ぶためにと高校に通うことになったベジータ。
宇宙の帝王を倒したり、神様が助けを求めにきたり、人類が地球ごと消滅することもない日常系。


※ベジータ……娘のブラが可愛くて仕方がない。ついでに親の気持ちが痛い程解るようになった。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1441135180

引用元: ベジータ「ハルヒ達と孤島に夏合宿することになった」 


 

【ベジータ「ハルヒ達と孤島に夏合宿することになった」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/31(木) 01:51:26.44 ID:On1FBYFX0
「まさか高校に通うことになるなんて思ってもなかったぜ、くそったれ!」

入学した高校に至る忌々しいほどに長い坂を登りながら俺様は一人愚痴った。

流石に高校くらい卒業していないとコネがあっても就職は厳しいらしい。

そんなことで俺はこの高校に通うことになった。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1406739076

引用元: 「惑星ベジータ出身!サイヤ人の王子ベジータだ!」ハルヒ「」 

 

【「惑星ベジータ出身!サイヤ人の王子ベジータだ!」ハルヒ「」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/24(日) 18:19:28.58 ID:8x1PRfkH0
ベジータ「ふっ、はっ!」

ベジータ「でらっ!」

ベジータ「ふぅ……」

ベジータ「……俺もだいぶ衰えたな、サイヤ人も年には勝てんか」

ベジータ「だが、俺はトレーニングをやめはせん。死ぬまで己の限界を極め続けるんだ」

ベジータ「……ふっ、こう考えるようになったのはいつからだろうな。少し前までは、常に何かに勝つことだけを、頂点に立つことだけを考えてたっていうのに」

引用元: べジータ「俺の一生」 

 

【べジータ「俺の一生」】の続きを読む

このページのトップヘ