えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

モバマス

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/04(月) 00:34:49.07 ID:ylIe3YrrO
菜々「じ、実はPさんとお付き合いしてます……………」


裕子&あずき「ヴエエエェェ!?!?」

【【モバマス】菜々「もう1年くらい経ちますかね」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/07/03(日) 00:36:35.52 ID:1a597gsV0
志希
「あたしはいろんなものを踏みにじってきたんだ。天才だからね。努力したことがなかった。

 あたしの周りの人たちは、それぞれ目標が合って、その目標に向かって努力してた。

 自分の研究が誰かを救うと信じて、人生を捧げてる人もいた。

 あたしはそんな人たちの努力をよそに、一足飛びで目標に到達するんだ。

 実験は確認のためにしかしなかった。頭の中で理論を組み立てて、課程のほとんどをすっ飛ばして、結果だけを導き出す。

 一生懸命に研究に打ち込む人たちを置き去りにして、さっさと先にいくのがあたしだったんだ。

 いつからかね、あたしは嫌われるようになった。両親にも見放されるくらいに。

 まあ、当たり前だと思うよ? 娘とか孫とかくらいの小娘にあっさり追い抜かれるんだもん。研究者ってプライドの塊だからさ、そんなの許せないわけ。

 それにね、研究費は結果を出さないと貰えないの。あたしはいろんな研究で結果を出したから、ワガママ言えばそれだけ予算を割いてもらえるようになった。

 でもパイはみんなで仲良く分け合えるほどあるわけじゃない。結果を出せば出すほど、誰かの予算は減らされる。

 人生をかけて、名誉をかけて、家庭も顧みず、ただひたすら打ち込んできた研究が、予算がなくて進められなくなるんだ。あたしのせいで」

【茄子「おやすみなさい、プロデューサー」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆66FsS2TZ4lNJ 2016/06/28(火) 20:27:18.33 ID:0I1nNNbS0
卯月「まだ仕事やってるんですか?」

P「いや、違うよ」

卯月「じゃあいやらしい動画でもみてるんですね!」

P「ちげえよ! ガシャ更新あっただろ? 書いたら出るって聞いてさ」

卯月「そりゃあかいたら出るもんは出るんじゃないですか?」

P「・・・一つ聞くが、何を?」

卯月「そりゃもちろんますですよね?」

P「お前アイドルだろ!? 仮にも女の子だろ!?」

卯月「仮にもじゃないです! ちゃんと女の子です!」

P「・・・誰か-! 助けて-!」

凜「・・・呼んだかな?」キリッ

P「凜!」

卯月「凜ちゃん!」

凜「また卯月が暴走してるの? いつものことじゃん、プロデューサーも早く慣れなよ」

P「俺の精神がガリガリ削られていくので無理かな・・・」

凜「本当、プロデューサーは私が居ないとなにもできないんだから・・・」フッ

卯月「・・・ふーん、あんたが私のプロデューサー? まあ悪くないかな」

凜「グフッ!」

P「ばか卯月! あの痛々しかった頃を思い出さしてやるなよ!」

卯月「社会もよく知らない高校生のガキがあんなえらそうな口よく聞けましたね」ニッコリ

P「お前も高校生のガキだろうが」

卯月「プロデューサーさんは高校生のガキに欲情するんですか?」

P「まさか」

卯月「ブルむら」ボソリ

P ビクッ

卯月「しりむら」ボソリ

P ビクッビクッ

凜「ふ、ふふ。5代目になって調子に乗ってんじゃないの、卯月?」ユラリ

卯月「三代目とか前世紀の遺物じゃないですか? 需要はもう私に移ってるんですよ!」

凜「はあ? つべこべ言わずにかかってきなよ。個性なんて捨ててさ! あ、元から無かったね」ブフッ

卯月「痛々しい個性よりましだと思うんですけど!? 野郎ぶっ殺してやるうううううう!」

P「なんでお前らはそう好戦的なんだよ!」

未央「おっはよー! ・・・って何この惨状!?」バタリ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1467113238

【卯月「プロデューサーさん何やってるんですか?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 雨雪 東吾 ◆66FsS2TZ4lNJ 2015/12/15(火) 19:40:00.74 ID:7tAy+mOP0
モバP「ん、んん…」(※以下モバ省略)




菜々「もう! プロデューサーさん早く! 仕事始まっちゃいますよ!」




P「あと五分…」




菜々「そんなこと言って。また生活習慣崩れちゃいますよ。ほら、早うわわ」グイッ




P「じゃあちょっと充電」ギュー




菜々「…少しだけですよ」




P「ありがと」




菜々「………はい終わり! さっさと起きる!」バサッ




P「寒い!」




菜々「早く着替えちゃって用意してくださいね。朝ご飯冷まっちゃいますから」




P「それは急がねば…」ゴソゴソ

【菜々「モバPさん、起きてくださーい!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/23(木) 22:20:17.35 ID:9UqtTqQU0
モバP(以下P)「……はぁ、それで?」

幸子「わかんないですか!?鈍いですね!いいですか?どんな相手でも、ボクのかわいさにかかれば
イチコロなんですよ!」

P「……本気で言ってる?」

幸子「当然!根拠は、ボクが一番かわいいからですよ!」

P「……コメントしていい?」

幸子「なんでしょう?かわいいボクですから、何でも聞いてあげますよ?」

P「幸子は可愛い。それは肯定する。」

幸子「フフーン♪」



P「でも正気の沙汰とは思えない。」



幸子「……え?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1466688017

【幸子「なんてったって、ボクのかわいさが最大の武器ですから!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 01:18:53.44 ID:ZnsrCG5k0
モバP(以降P)「さぁ、今日はお勉強をしっかりしような!」

薫「せんせー!かおるがんばりまー!」

雪美「ペロも…がんばる……って…」

ペロ「え……」

P「まずは算数から!問題を読むぞ!」

P「ウサミンは17歳になってから、ウサミン星から地球にやってきました。

ウサミン星から地球までは移動に何年かかりますか?

なお、ウサミンが地球にやってきてから5年が経っているものとします」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1467217133

【モバマスSS「ヘレンに腕押し」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/17(金) 22:16:50.04 ID:Y5xU3in/0
千川ちひろ(以下 ちひろ)「プロデューサーさん。ニヤニヤして気持ちが悪いです…」


モバP「すいません。ですが、見たでしょう?いちろーのヒット。元おりっくすの、青波戦士の活躍は嬉しいです」


ちひろ「まあ、気持ちは分からなくはありません。日本人がメジャーで3000本近いヒットを打つってことは凄いですよね」


モバP「すごいなあ…。日本でも素晴らしい記録を作って、それでいて向こうでも安定した成績…。世界のイチローですね」


ちひろ「…」


モバP「どうしましたか?仕事はある程度片しましたが…」


ちひろ「いえ、日本にいたころのいちろーをあまりよく知らないな。と思いまして」


モバP「仕方がありませんね。イチローはもう向こうで16年やってます。日本では9年間しかやっていませんからね」


ちひろ「確か高校出てプロ野球に入ったんですよね。その頃から凄かったんですか?」

【モバP「4257」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/30(木) 17:47:00.891 ID:XSLIlMxC0.net
本田「もういっそプロデューサーと駆け落ちしちゃおっかな……」

はい

【本田未央「はぁ……私人気ないんだなぁ……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆cgcCmk1QIM 23/11/27(月) 18:54:49 ID:iQ0a

ドンッ(泰葉マンションを訪ねてきた松尾千鶴)

ドンッ(等身大関裕美人形)

ドンッ(玄関先でそれを抱き抱えてる岡崎泰葉)

【【モバマス】松尾千鶴「泰葉ちゃんが等身大裕美ちゃんドールを抱きしめてる」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/28(火) 21:09:30.91 ID:LzCBcsYR0
 
 
 
いろめがねでみたせかいより、
はずしてみえたせかいのほうが、ずっときれいだ。
 
 
 
 

【こずえ「からふる」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆GmAlOfM3fI 2016/06/28(火) 10:14:25.36 ID:4Fn3bdeK0
――事務所――

モバP(以下P)「川島さん、今週土日オフですよね?」

川島「ん、そうだけれど」

P「もし予定空いてましたら、二人で旅行に行きませんか?」

川島「いいわよ」





川島「えっ」

夏美「えっ」

芽衣子「ええええっ!?」ガタッ

真奈美「む?」

<br>
川島「ちょっと待ってP君」

P「あ、やっぱりもう予定ありますか?」

川島「そうじゃないの、そうじゃないのよ」

P「?」

真奈美「旅行なら芽衣子君がいるだろう」

芽衣子「そうそう!私が旅行好きなの知ってるでしょー!?」

P「芽衣子ちゃんは多分行った事あるだろうから退屈だと思うし…」

芽衣子「旅行は一人と数人じゃ楽しさが違うの!」

P「そ、そういうものなの?ゴメンよ」

夏美「まあまあ、Pさんの事だから、もう色々準備しちゃってるんでしょ?」

P「ええ、まあ…芽衣子ちゃんオフじゃないでしょ?」

芽衣子「うぅ~…川島さんずるい~…」

川島「そう言われても…それに私も驚いてるわよ」

真奈美「行ってきたまえ、P君からのご褒美だと思えばいい」

夏美「そうね、最近忙しかったし」

芽衣子「がわじばざぁ~ん!わだじのぶんばでだのじんでぎでねぇ~!!」ブワッ

川島「め、芽衣子ちゃんそんな泣かないで…」

【モバP「川島さんとの旅行」【モバマスSS】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/22(水) 18:30:08.13 ID:dBwLxaPAO
志希「ささっ、遠慮なくいっちゃってー☆」

P「いや、普通に食べるメリット無いだろ」

志希「あちゃあ~」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1466587808

【志希「出来たよ!アイドルに嫌われるサルミアッキ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 21:18:22.68 ID:B6Esb93e0
――事務所


市原仁奈(以下 仁奈)「プロデューサー!本を読んで下せー!」


モバP「おー。少し待ってくれ、もう少しで終わるから――よし!終わったぞ。どんな本を読もうかね…」


龍崎薫(以下 薫)「せんせぇ!今日は本を読んでくれるの?」


モバP「お、薫もいたのか。そうだな。読み聞かせでもするか」


薫「わーい!千佳ちゃんたちも連れてくるね!」


モバP「何だか大所帯になりそうだな…。えーっと、机の下の絵本棚には、これが良いかな?」


仁奈「今日は何の本でやがりますか?」


モバP「薫が来てからのお楽しみだぞ。さ、ソファーに座って待ってようか」


仁奈「うん!」チョコン


薫「連れて来たよー!」




【モバP「アッキーとあひる」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/11(土) 01:23:05.38 ID:BRrkns610

多田李衣菜「そうです、カッコよくないですか?」

モバP(以下P)「カッコいいとかそういう前に何それ」

李衣菜「フライング・リーナスペシャルってあるじゃないですか?」

P「ああ、北海道で俺にブン投げた鳴子な」

李衣菜「あ…あの時はすみませんでした…」

P「大丈夫大丈夫、円使ってるからよっぽどのことないと俺に当たらないし」

李衣菜「えっと、それでそのフライング・リーナスペシャルを使った技で」

P「技なの!?」

李衣菜「はいっ」

【【モバマスSS】モバP「フライングバルセロナリーナスペシャルアタック?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/20(月) 22:56:35 GTQohQ9.


の続きです。そっちを読んでいただくと話が分かりやすいです


"
"

【姫川友紀「プロデューサーはさ…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/18(水) 19:50:48.36 ID:SJ8MZ/KTo
モバP「仕方ないだろ、ガンダム00好きなんだから」

凛「そんな事言っても00が劇場版で完結してから数年経っているよ」

モバP「時は関係ない、今だに00は色んなゲームや漫画にも出ているしな」

未央「だったら時代に合わせてAGEやビルドファイターズも語れば良いじゃない」

島村「確かにそうですよ、ちょっと00は食傷気味と言うか…」

凛「そもそも飽きているのもプロデューサーがウザいくらいに00を語るせいだからね」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1387363848

【モバP「エナンザム!」島村「何時までガンダム00を引っ張るのですか?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆Freege5emM 2014/11/30(日) 00:21:26.71 ID:Z4pkIzXCo


アイドルになるかどうかさえ、占いで決めちゃったあたしが……

占いを信じないとか、どうかしちゃったかも、ね。

【蘭子「我が因縁を、其方に委ねよう」朋「任されたよ!」【モバマス】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆C2VTzcV58A 2016/06/19(日) 09:05:06.86 ID:g1o3xM2VO
飛鳥「」ブーッ

梨沙「うわ!? なによ急にコーヒーこぼして! そんなに苦かったの?」

飛鳥「いや……そうじゃないけど」

心「………」ツンツン

梨沙「ん? なに、ハートさん」

心「梨沙さん。『プレゼントはアタシ』とはどのような意味なのでございますですか」

梨沙「……なんでそんなカチコチなしゃべり方?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1466294706

【的場梨沙「父の日のプレゼントはアタシ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆yz988L0kIg 2016/06/19(日) 00:21:59.71 ID:dS+LQDpIO
千秋「あら、佐城さんお昼寝しているのね」

千秋「ふふっ、ペロも一緒なのね。 かわいらしいわ」

千秋「あらあら、よだれが出てるじゃない。 だらしないわよ。」

千秋(よだれ………? 佐城さんの……?)

千秋(これを使えば……!?)

千秋「ちょっとだけ、ちょっとだけだから……」

【【デレマスSS】千秋「茶道雪美」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 03:29:04.39 ID:50eJvv4I0
歌って踊れるアイドル♪(アイドル♪)

三人並んでアイドル♪(アイドル♪)

机の下でアイドル♪(アイドル♪)

アンダーザ3アイドル♪(アイドル♪)

まゆ「最後だけ語呂が悪いような...」

輝子「気にしたら敗けだ...ふひ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1466188144

  【モバP「アンダーザ三アイドル」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 03:43:58.14 ID:26x4cDo20
ちひろ「それ昨日ですよね?今日はもう2月4日ですよ」

P「……は?」

ちひろ「いやそんな怪訝そうな顔をされましても……」

P「いや節分って今日ですよね?その冗談あんまり面白くないなぁHAHAHA」

ちひろ「ほらパソコンのカレンダー見て下さいよ」

P「……?」

P「……!」ブワッ

ちひろ「!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1422989037

【モバP「節分だああああああああああ!!!!!!!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 00:57:07.90 ID:qdbxRlPA0



モバP「……」カタカタ

ちひろ「……」カタカタ

モバP「……こっちの分終わったんで外回り行ってきます」

ちひろ「分かりました」

モバP「(この事務所に来て1年が経った、最初は事務所に男1人、
そして仕事相手は現役アイドルと期待に胸を躍らせたものだが現実はそう甘くはなかった)」

モバP「(さっきも事務員の千川さんとの会話も事務的な物ばかり、というかこれまでもそれ以外の会話をしたことが無い。
入社したての頃打ち解けようと雑談話を振った事があるがうるさいので静かにして下さいと睨まれた)」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1464191827

【モバP「居心地の悪い事務所」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/06(月) 20:06:20 Kn6Ip0hg


の二つを読んでいただくと話が理解しやすいです

-朝、事務所-

P「ふぁ~…」スタスタ…

P「休日出勤も楽じゃないな…頑張ろう」

ガチャ!

P「おはようございま~す…って誰もいないよな、あはは…は、は?」

早苗「」

瑞樹「」

瞳子「」

友紀「」

P「え?事件?…お、お巡りさ~ん!あ、お巡りさんも倒れてる!!」


"
"

【片桐早苗「しんどいわ…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/14(火) 23:26:55.79 ID:CNUQhNLwo
P「どうやってお祝いすれば、喜んでもらえるでしょうか」

高垣「そうですね……やっぱり、サプライズとか」

P「サプライズ、ですか」

高垣「はい。誕生日なんて覚えてないようなふりして、その人がちょっと悲しそうにしたところで『おめでとうございま~す』、なんてどうでしょう?」

P「それは喜んでもらえるかもしれませんね。でも、厳しいかな」

高垣「なぜですか?」

P「その人は、僕が誕生日を覚えてるのを知ってるはずなので」

高垣「あら、それは残念」

【モバP「ある人が今日誕生日なので、お祝いしたいんですが」高垣楓「はい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/29(月) 15:42:01.21 ID:7sIP8392o

アイドルじゃないアタシを見せられるのは、プロデューサーだけなんだけどー。
フレデリカじゃないアタシは、プロデューサーにもそうそう見せられないかなー。

ま、どの姿のアタシも、アタシであることに変わりはないよ。たぶん、ね。

【【モバマス】フレデリカ「アタシもオールしてたよー、ベッドの上でだけど」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/05/31(火) 23:48:04 h3gIW9h6
-事務所ー

P「ん~…」

P「…」カリカリ…

P「…あ、間違えた。」

P「消しゴム、消しゴム…」ゴソゴソ

P「…」ケシケシ…パッパッ

ポロポロ…

P「ふむ…」カリカリ…





響子「…」


"
"

【五十嵐響子「大掃除!しましょう!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆K1k1KYRick 2016/06/13(月) 12:59:14.88 ID:nOWox1lyo
――961プロダクション、社長室。

黒井「私が呼んだ理由が分かるか?」

P「いえ……」

黒井崇男は手にしていたパンフレットを机の上に広げて置いた。

そこには渋谷凛、十時愛梨を中心に据えた新興のプロダクション

シンデレラプロのライブについて書かれていた。

黒井
「最近シンデレラプロという成り上がりが

 背丈に似つかわしくない勢いをつけ始めている。

 我が961プロやあの765プロと比肩するほどにな」

P「聞き及んでおります」

黒井
「そこで、だ。お前に頼みたい事がある。

 シンデレラプロに侵入し、内部から奴らを崩せ」

P
「……。失礼ですが、そこまで警戒すべき事でしょうか?

 事務所の規模も歴史も我らと比べてかなり……」

黒井
「甘いな。放っておけばあの手の事務所は害になる。

 765プロの子会社から独立を果たした社長の手腕は確かなものだ。

 今俺たちは四条貴音、我那覇響、ジュピターを失い、事務所の主戦力が

 厳しい状況……憂いの芽は早めに刈っておくに限る」

P「……分かりました」

【【モバマス】P「プロダクションをメチャクチャにしてやる!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/12(日) 22:53:55.626 ID:Vm0yyDeep.net
みく「あっ プロデューサーだにゃ」

武内P「前川さん こんにちは…」

みく「ん?プロデューサー元気ないにゃ?」

武内P「いえ、そんなことは…」

みく「みくの目はごまかせないにゃ こう見えてもみくは周りには気を使える人間にゃ!」フンス

武内P「お見通しなのですね…実は、自信のあった企画の実施が延期になってしまいまして…」

みく「えっ!?それってプロデューサーが最近ずっと考えてたやつ!?」

武内P「そうです…他の部署の新人アイドルを押し出すため、今は我慢して欲しいとのことでした…」

みく「プロデューサー頑張ってたもんね~ それは落ち込むよ」

武内P「ですが、どうしてそれを?」

みく「言ったはずにゃ!みくはなんでも分かってしまうのにゃ!」ドヤ

みく「でも延期ってことは、もっとじっくり企画を考えるいい機会になるんじゃないのかにゃ?」

武内P「なるほど…そう考えることもできますね」

みく「そうにゃ!プラス思考で頑張るにゃ!みくが元気出るように猫パンチしてあげるにゃ!」

武内P「猫パンチですか…?」

みく「ほらほらプロデューサー、背中向けて!」

みく「プロデューサー!頑張るにゃ!頑張るにゃ!」トントントントン

武内P「これは…肩たたきではないですか?」

みく「シャーー! これは猫パンチにゃ!訂正するにゃ!」ポカポカ

武内P「そうですね…前川さん、猫パンチありがとうございました」フフッ

みく「どういたしましてにゃ!」




凛「ふーん…」

【渋谷凛「ふーん…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/12(日) 21:19:56 7WKLpVjc
-事務所付近、道路-

響子「わったーしが!すっきーなら♪」スタスタ…

響子(今日はお天気も良いし、気分も上々!良いことありそうです!)

響子「♪~」

\ワーワー!ギャーギャー!/

響子「…?何だろ?」


"
"

【市原仁奈「全然ちげー!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/12(日) 10:53:49.83 ID:zC963a3R0
モバP「4月にツイッターのアカウントを作って、わずか2か月弱でフォロワー10万人を突破。ネットでは負けた時の画像が有名になりすぎる…」


モバP「ある意味、一気に成り上がった感のあるタヌキ(?)だな…」


千川ちひろ(以下 ちひろ)「プロデューサーさん!大変です!」バタン


モバP「どうしたんですかちひろさん。そんなに大きな音を立てて」


ちひろ「事務所内でデモが起きています!」


モバP「!?」


ちひろ「私ではもう止められないんです!プロデューサーさん!すぐに来てください!」


モバP「だ、誰が、どこで、一体何のために、やってるんですか!?」


ちひろ「良いから来てください!」グイッ

【モバP「バファローズポンタ?」】の続きを読む

このページのトップヘ