えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

ラブライブ

    このエントリーをはてなブックマークに追加

海未「紙芝居屋さんです」 前編

483: 名無しで叶える物語(浮動国境) 2020/10/22(木) 23:57:31.76 ID:dMn/SPpW
昔の古傷に触れた理事長に苛立ち

自身が持つ最大の呪禁術を放った絵里。


しかし、それすらも消し去ってしまった

天界の長である理事長の奥の手


この世に存在する筈のない、八つ目の道具

天界細隙式零号

【海未「紙芝居屋さんです」 後編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(浮動国境) 2020/09/30(水) 19:51:38.97 ID:I+7l25wK
/cVσ_VσV 私が色んな公園に行って、
     色んな人達に紙芝居をお見せする
     コレは、そんなお話です。
     少々長く、更新頻度も低いですが
     お付き合い頂けたならば、幸いです。

     それでは、どうぞご覧下さい。



【海未「紙芝居屋さんです」 前編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(しうまい) 2021/06/15(火) 22:06:29.47 ID:P8us4vo2
海未「その…ラブレターを貰ったのですが…」

にこ「誰が?」

海未「私が」

希「どこで?」

海未「通学中に声を掛けられて。読んでくださいと」

絵里「へ~海未って後輩からモテるものね」

海未「どうやら同級生みたいで」

にこ「ふ~ん。同じクラスの子?」

海未「いえ。○○高校って言ってました」

希「○○高校って男子校やけど?」

【海未「ラブレター」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

朝、スマホのアラームが鳴り目を覚ます。


歩夢「……んん……ん……」ポー


眠りから目が覚めるのは、とても久しぶりの感覚だった。寝るのすら久々だったので、なんだか変な感じ。

昨日、わたしの憧れの人がきえてしまった。──その人はらわたしのなりたかった自分。理想のような子だった。

──それは別世界の歩夢。
彼女は消えてしまい、わたしの中からいなくなった。

正確に言えば、わたしが中にいた状態だった……けれどね。

彼女のおかげで、わたしは若葉ちゃんと仲直り出来た。再びあの子と歩むことができるようになった。

……でも、わたしはあの子とも、出来ることならずっと人生を歩んでいきたかった。

そんな事を思っていると、スマホがピロンっと音を鳴らす。メッセージが届いた。


歩夢「!!」


メッセージの送り主は──中川菜々生徒会長。今は優木せつ菜ちゃん。


歩夢「………………」


──わたしは、彼女達に許してもらえるのだろうか。

そんな想いを胸に抱えながら、わたしは身体を起こした。

【歩夢「パラレルワールド?」続 (おまけ編)】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 曜「ま、鞠莉ちゃん!」

2: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2021/06/06(日) 12:21:48.70 ID:34RJSTk1
曜「ま、鞠莉ちゃん!」

鞠莉「あら曜、どうしたの?」

曜「ま、鞠莉ちゃんけ、けけけけ……毛がついてるよ?」

鞠莉「oh!Thank you!」

曜「どういたしまして……それより次どこに行こっか?」

鞠莉「そうねぇ……この間行ったあのお店なんてどうかしら?」

曜「いいね!じゃあ早速行こっか!」

鞠莉「ええ!」




【曜「ま、鞠莉ちゃん!」鞠莉「あら曜、どうしたの?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2020/06/01(月) 21:06:56.40 ID:/Xw49yNx
曜「ま、鞠莉ちゃん!」

鞠莉「あら曜、どうしたの?」

曜「す……」

鞠莉「す?」

曜「……す、」

曜「ま、鞠莉ちゃん!」

鞠莉「あら曜……どうしたの?」

曜「す、すすすす……///」カァ

鞠莉「す……?」

曜「……す、凄くいい天気だね」

鞠莉「そうね。なんだか日向ぼっこしたいわ。良かったら一緒にしない?」

曜「あっ……うん」

【曜「ま、鞠莉ちゃん!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆8TImjtGSKs 2016/10/09(日) 01:32:46.45 ID:ucAaBo1uO
注意 死亡描写あり〼。



――――9月某日。


タッタッタッ

ダイヤ「遅くなりましたわ」

果南「お疲れ~、生徒会の仕事終わったんだね」

ダイヤ「ええ。再来週の学校説明会の段取り、ようやく片づきましたわ……」

鞠莉「あれから参加希望者も増えたから、これでひと安心ね」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1475944366

引用元: 千歌「私たちはその島で」 


 

  【千歌「私たちはその島で」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆ngWd7Nh2mI 2017/01/17(火) 20:05:13.61 ID:mIlfNQbkO
穂乃果「ああ~もうっ!雪穂め~~っ」

穂乃果「確かに食べたよ!ケーキ食べちゃったよ!」

穂乃果「でも雪穂のだなんて思わないじゃん、名前も書いてなかったし!」

穂乃果「それなのに…それなのに……、あんなに言うことないじゃんかーーっ!」

穂乃果「はぁ……雪穂のばか……」

穂乃果「………そして私のばか」

穂乃果「はぁ……」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1484651113

引用元: 穂乃果「その顔が気になって」 


 

ラブライブ!The School Idol Movie 劇場版オフィシャルBOOK

KADOKAWA (2017-01-30)
売り上げランキング: 113
【穂乃果「その顔が気になって」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
149: ◆ddl1yAxPyU 2016/11/17(木) 23:06:53.88 ID:pvRBcGWb0
五章

ガンツのミッションは基本的に人の少ない場所で夜に行われる
一般人への被害を最小限に抑えるためだが
星人の行動によっては夕方から始まったり夜でも人が多い街中になったりもする

時刻は夜8時、平日とはいえ秋葉原には多くの人が往来していた
そんな中、大量の星人出現
千歌達が転送された時にはすでに多数の死者が出ていた
警察や自衛隊も出動しているが事態は未だ終息していない


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1477559947

引用元: 千歌「GANTZ?」 


 

  【千歌「GANTZ?」 後編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆ddl1yAxPyU 2016/10/27(木) 18:19:07.63 ID:kEZhe6sq0
プロローグ
~某日とある東京のマンションの一室~

???「………100点」


マンションの一室に置いてある黒い球体。そこには私の顔写真、名前と100点という表示。ここまで稼ぐのにどれだけの時間と犠牲を払ったことだろうか…
画面が切り替わりそこには100点を獲得した者が選べる3つの特典が提示された。


100点メニュー
1. 記憶を消されて解放される
2. より強力な武器を与えられる
3. メモリーの中から人間を再生する


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1477559947

引用元: 千歌「GANTZ?」 


 

  【千歌「GANTZ?」 前編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2021/06/14(月) 20:47:03.22 ID:0xNqudZd
千歌「昔は可愛いなーって思ってたけど、今考えると異様だもん。あそこまでお父さんのこと好きなんて」

千歌「だって一緒に暮らしてるお父さんだよ?華の女子高生がパパー、パパ―って言ってるんだよ?なんかキモくない?」

梨子「う~ん……」

千歌「なーに?もしかして梨子ちゃんも曜ちゃん派?」

梨子「派閥とかあるの?」

千歌「お父さんっ子とお母さんっ子っているじゃん。千歌はお母さん派かなー」

梨子「確かに千歌ちゃんのお父さんってあんまり話聞かないわね」

千歌「いつも厨房の奥にいるからねー。あと地位が誰よりも低い」

梨子「地位?」

千歌「うん。美渡姉が昔お父さんに家のことでぶちギレて、それでお父さんがあんま子育てのことに口出せなくなっちゃったんだってー」

梨子(そんなトラウマになるほどのことって何よ……)

千歌「あと志満姉だってお父さんのご飯の量にだけさりげなく制限かけていること、チカにはきっちりお見通しなのだ」

梨子(それはちょびっとだけ可哀想かも……)




【千歌「曜ちゃんのお父さん好きってぶっちゃけ異常だよねー」梨子「あぁ~……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(帝国中央都市) 2021/06/15(火) 01:00:00.60 ID:5iOGKB2+
(ζル|´A`ル 🍵 二人がなわとびしてる様子を見ながらお茶を飲むの最高ね

【エマ「なわとび楽しい~♡」ピョンピョン 彼方「楽しいよね~」ピョンピョン】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
5: 名無しで叶える物語(とうふ) 2021/06/14(月) 20:36:17.29 ID:YnuwX2/Y
歩夢「昨日ごはんをあげた後、フタが緩んでたみたいで……」

栞子「それは大変ですね」

歩夢「サスケぇ」ウルウル

栞子「うっ。泣かないでください。あなたに涙は似合わない……です」

歩夢「え? ああうん。ありがとう?」ゴシゴシ




【栞子「歩夢さんが飼っている蛇が逃げ出した?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/16(月) 16:54:58.83 ID:NMHIafx00


サァァァァァァァァァ…


ーー狐の嫁入り
夏も盛りのこの季節、雲が無いにもかかわらず滝の如く降り注ぎ洗濯物の乾燥を躊躇わせる傍迷惑な天気雨のことを言いますの。

僭越ながら言わせてもらいますわ狐さん方。 全く、どうしてあなたたちの気紛れな婚儀に私達人間がとばっちりを受けなければいけませんの?

恵みの雨だなんて有り難がるのは農業を営まれる方々だけで、今こうして学校へと歩みを進めるこの伝統と格式ある名家の長女、黒澤ダイヤにもたらせる恩恵は一つもありませんわ。

…大体、如何なる理由があって大切な挙式にて雨を降らせるといった愚行に走るのでしょう?「本日はお足元の悪い中…」といった決まり文句の省略に繋がるというのに…


ふふっ…冗談に決まっているでしょう?


天気雨の原理は実に単純…雨粒が地に到達し人々が雨を認識する前に雲が消え去るか、遥か遠くに浮遊するあのドス黒い積乱雲から飛来しているか…

よもやこの私が狐のまやかしなど本当に信じているとでも?馬鹿馬鹿しい。

…と、理屈をこねても雨は雨。
早く傘を差さないと…



グググッ…ボキッ!



ダイヤ「なっ…!?」



ザァァァァァァァァァァァァァァァァ



ダイヤ「全くこんな時に何故ですの!きっと善子さんの不運でも移ったんですわ!!」バチャバチャバチャ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1484553298

引用元: ダイヤ「狐の嫁入り」 


 

  【ダイヤ「狐の嫁入り」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

歩夢「パラレルワールド?」 前編 

歩夢「パラレルワールド?」 後編

5: 名無しで叶える物語(しまむら) 2021/06/06(日) 23:38:03.76 ID:1jpHzNXf
若葉『歩夢ちゃん!』

歩夢『どうしたの? 若葉ちゃん』


歩夢(あ、あれ? なにこれ?)

歩夢(夢……だよね?)

歩夢(目の前にいるのは、小さい女の子。侑ちゃんと全く同じ見かけをした女の子)

歩夢(五十嵐……若葉ちゃんだよね……?)


若葉『えっへへ〜!』

歩夢『ん?』


歩夢(口が勝手に動く!?)

歩夢(今までこんな感じの夢を見た時は、第三者目線でこの子達の会話を見つめていたのに)

歩夢(今回は違う)



【歩夢「パラレルワールド?」続】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2021/06/13(日) 22:54:55.13 ID:TyzH+Xjy
ここのところ練習が忙しくなかなか手を付けられずにいた書類が溜まってきたので、今日はある程度片付けてか
ら参加する予定だ。

書類の半分ほどを処理し終え、一息ついていると

鞠莉「ダイヤ、いるかしら」ガチャ

ダイヤ「…鞠莉?突然どうしたの、練習は?」

鞠莉「ねぇダイヤ。今週末ね、」

ダイヤ「今週末がどうしたのです?今忙しいので大した用でなければ後にしてもらえると助かるのだけれど…」

鞠莉「……。そう、そっか…。うん、わかった。邪魔してごめんね、出直すわ。じゃあ、また。」ニコッ

ダイヤ「ごめんなさい。」




【ダイヤ「仮面舞踏会」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/15(日) 18:02:07.19 ID:W/usQfX40

   ヒュー


ルビィ「けほっ、けほっ」

花丸「強い風が吹くと砂が飛ぶからね。ルビィちゃん、マスクをつけるずら」

ルビィ「この街、滅んで千年以上は経ってるんだよね……」

花丸「うん、都市国家チカナン。別名、忘れられた街」

花丸「昔はそれなりに隆盛してたらしいけど」

花丸「つい最近、偶然発掘されるまで」

花丸「誰の記憶からも消えていた――」

ルビィ「……」

花丸「……」

花丸「マルの知識欲がうずくずら~♪」

ルビィ「頑張って調査しようね!」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1484470926

引用元: ルビィ「着いたよマルちゃん!」 花丸「古代都市チカナンずら~」 



 

  【ルビィ「着いたよマルちゃん!」 花丸「古代都市チカナンずら~」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/06(金) 23:57:25.83 ID:gP6D/15C0
絵里「合宿よぉぉぉぉ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1483714645

引用元: 穂乃果「皆で叶えるはずだった物語」 


 

【穂乃果「皆で叶えるはずだった物語」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : はまぐり :2017/10/30(月) 20:10:03 .i8PKIiY

 穂乃果(25)「あ。海未ちゃん、ことりちゃん。久しぶり~」ゲッソリ

 ことうみ「「!?」」





【貧乏穂乃果≪このままじゃ、穂乃果倒れちゃう≫】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/08(水) 22:58:02 Jn68Hrk2
2017年 9月20日 16:00

学校

果南「今日はショップの仕事あるから先帰るね!」

ダイヤ「わかりましたわ」

鞠莉「果南goodbye!」

果南「ばいばい!」

千歌「よし、じゃあ練習再開しよ!」


【鞠莉「未来から果南を助けにきたよ」 果南「え?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/18(水) 23:55:03.26 ID:25a83vWr0
●穂乃果の場合

穂乃果「にこちゃーん!」ダキッ

にこ「わっ!ちょっと、何すんの!?」

穂乃果「にこちゃ~ん」スリスリ

にこ「何なのよ」汗

穂乃果「大好き」ギュー

にこ「穂乃果…」

穂乃果「にこちゃんがなんと言おうと、私はにこちゃんが大好き」ギュッ

にこ「何よそれ…」ハァ

穂乃果「?」

にこ「あたしも好きよ、穂乃果」ギュッ

穂乃果「にこちゃーん!」ギュー

にこ「穂乃果ー!」ギュー


fin




ラブライブ!  矢澤にこ 1/8スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア
フリーイング (2016-11-10)
売り上げランキング: 11,525
【にこ「μ'sのメンバーに抱かれてみた」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
4: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2021/06/10(木) 21:25:26.08 ID:nqoF+MIY
休日 せつ菜の部屋

せつ菜「今日はこのアニメを観るとしましょう!」

せつ菜「結構古いアニメですが、名作と名高いですからね! 楽しみです!」ペカー

  ◆

せつ菜「いやー、面白かったです! さすが名作ですね!」

せつ菜「お嬢様学校を舞台とした、先輩と後輩の固い絆の物語! 感動しました!」

せつ菜「ん……?」

せつ菜「…………」

せつ菜「これだああああああああああ!!!!」




【せつ菜「虹ヶ咲学園にスール制度を導入します!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
4: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ) (ワッチョイ c128-WS2J) 2021/06/08(火) 23:30:01.42 ID:2WkwTsSz0
『寝ぼすけさん』


──弟'sルーム前──

歩夢「○○くーん、朝だよ! まだ寝てるのー?」コンコン

歩夢「……もう、朝はいつもだらしないんだから」

歩夢「お姉ちゃん、入るよー」ガチャ

歩夢「あ、やっぱりまだ寝てる! まったく、すっぽり布団にくるまっちゃって」

歩夢「……ふふっ、なんだかミノムシさんみたい」

歩夢「○○君、起きて? そろそろ支度しないと遅刻しちゃうよ?」ユサユサ

歩夢「むー、強情なのは小さい頃から相変わらずなんだから」

歩夢「うーん」

歩夢「……もしこのまま遅刻しちゃってもいいなら、ベッドにもぐったままでもいいよ? でも、もしお姉ちゃんの声が聞こえてるのに聞こえてないふりしてるなら……」

歩夢「お姉ちゃん、一緒のベッドに潜り込んじゃうぞ」コソッ…

バッ!

歩夢「わわっ! ……ふふっ、おはよう」

歩夢「朝ごはんできてるよ。早く顔洗ってきなさい♪」



【【SS】もしもニジガクメンバーに弟がいたら】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/10(金) 04:07:07 NaJdduGc
希「あぁ、アレかぁ。懐かしいやん♪ウチ、得意なんよ~」

穂乃果「みんなでやったら面白いよね!学校でたくさんやったな~!」

海未「たまには息抜きも必要…ですね」

凛「みんなでやろうにゃー!」

花陽「わ、私は見てるね…」

凛「えー!かよちんもやろーよー!楽しいよー?」

花陽「凛ちゃんが言うなら…私、やるっ」

真姫「イミワカンナイ やらないわ」

にこ「まきちゅわ~ん/// お・ね・が・い」ニコッ

真姫「しょうがないわね///」

にこ「決まりね!」

絵里「受けて立つわよ!」チカァ

ことり「あ!じゃあ雰囲気出るように衣装作ってくるね!」

にこ「始まったわね…負けないわよ!」


【にこ「色とり忍者やるわよ!!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ことまき推しな学院生 2013/12/18(水) 20:57:46.62 ID:xXcBgaUg0
『海未「貴方のためなら私は・・・」』のプロローグを描いた作品です

前作同様痛々しいシーン・グロも含まれているので苦手な人は閲覧注意


【絵里「無力な自分が許せない」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆Qa6S.QUgqI 2014/12/03(水) 21:33:10.39 ID:Q74+kPbjo
九人の少女が廃校寸前の母校で私利私欲のために富を賭けて争う。それが……。

ラブライアーゲーム!

ラブでライアーな時間をお届けします。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1417609980 




【理事長「ラブライアーゲーム」【ラブライブ×ライアーゲーム】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ゆうぽむです(もなむす) 2021/06/10(木) 20:55:42.55 ID:XnSk5WJM
- 夜 侑ちゃんの部屋 -

侑「ふあぁ...そろそろ寝ようかな...」

ボフ… アシパタパタ

侑「はぁ~♪ 今日もみんな可愛かったなぁ♡」トキメキ♡

侑「みんな可愛すぎて、ヒトリダケナンテエラベナイヨー!」マクラギュー!

侑「このまま楽しい日常がずーっと続けばいいのになぁ...」

侑「ん...ふあぁ...」

侑「...」

侑「すぅ...すぅ...」


――――――――

―――――

――

【歩夢「ごめんね。もう侑ちゃんったら昔から私にべったりで困っちゃうの...。そういうところが可愛いの」ニコニコ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(しうまい) 2021/06/08(火) 21:53:20.93 ID:A5XzM+NH
ピンポーン

絵里「あら?こんな時間に誰かしら?」

亜里沙「私出てくる」

絵里「ちゃんと確認してから扉開けるのよー」

亜里沙「はーい」

絵里「さてと…」

亜里沙「お姉ちゃーん」

絵里「何かしら?」

亜里沙「穂乃果さんが来たよ」

絵里「へ?」

穂乃果「……お邪魔します」



【絵里「穂乃果、家出をする」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: 名無しで叶える物語(もも) 2021/06/08(火) 23:54:03.87 ID:191ls5Hh
璃奈 「……愛さん、ただいま」

『おかえり、りなりー』

璃奈 「今日、小テストがあった。突然だったから、かすみちゃん、すごく焦ってた」


愛さんが掛けている椅子のボタンを押すと、愛さんの体がピリッと震えて、口角が上がる。

「かすみんは相変わらずだなぁ」

そう言っているかのように、ニッコリと笑う。


璃奈 「……ほら、愛さんは笑うんだよ」


私が話をすると、愛さんはいつも笑顔を返してくれる。
私が寂しくなった時は、そっと手を重ねてくれる。優しく、きゅっと握ってくれる。

……愛さんは生きている。
手のひらだって、こんなに暖かい。


── 死んでない。愛さんは生きてるんだ。


ーーーーーー
ーーーー
ーー

【【SS】璃奈 「それでも、愛さんは生きてる。」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

歩夢「パラレルワールド?」 前編

581: 1(茸) 2021/05/23(日) 13:32:41.89 ID:6yxsIxk2
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

ザワザワザワザワ

エマ『へ?』


学生寮の前は人で賑わっていた。な、なんの騒ぎ?


愛『エマさん!』

エマ『え? え???』

愛『アタシ達、あなたについて行くことに決めました!』

エマ『???』


何も言えなかった。よく見ると皆、中々に制服を着崩している。


愛『上原の攻撃を防いだエマさんは……最高にクールでした』

愛『多くは語らないスタイルもかっこよかったです!』

エマ『ち……ちが──』

エマ(言いたい事は沢山あったけれど言えないだけだったの! 難しくて言葉にできなくて……!!)

愛『アタシ達の親玉になってください! エマさん! 愛トモの皆もついて行くって言ってます!』

『よろしくお願いします! エマさん!』

『昨日の上原との戦い、見てた子いたみたいだけどほんと凄かったみたいだよ』

『あの狂犬の攻撃防ぐなんて只者じゃないよな。アタシ前5秒でボコボコにされたよ』

『エマさんには私達の頭になる適性があるよ!』

ザワザワザワザワ!!

エマ『………………』

エマ(どうしてこうなったの!?)

【歩夢「パラレルワールド?」 後編】の続きを読む

このページのトップヘ