えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

一色いろは

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆xGYbWl71YI 2022/04/16(土) 09:11:09.97 ID:GpYGuo5K0
いろは「さあ先輩、今日はかわいい後輩の誕生日」

いろは「早くプレゼントを渡すといいですよ」

八幡「しょうがないな、ほれ」

いろは「ありがとです……って何ですかこれは」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1650067869

【いろは「今日は」八幡「一色の誕生日」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/22(木) 04:05:37.43 ID:uKo32jjg0
イムヤがいろはすに入れ替わったら、と言うだけの短編です。
ギャグ書きたかったのに何故かシリアス寄りに…

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1498071937

引用元: 【俺ガイル】伊168「もう、先輩!いろは、ですよ?」【艦これ】 



【【俺ガイル】伊168「もう、先輩!いろは、ですよ?」【艦これ】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/17(木) 22:33:47.18 ID:rtMjqqf20

奉仕部

八幡「…一色に甘えたい…」

雪ノ下・由比ヶ浜( ゚д゚)ポカーンナニイッテンダ

由比ヶ浜「…ヒッキー、それはどいう事…??」ゴゴゴゴゴ

ガラガラガラガラガラガラガラガラ

一色「せーんぱい♪可愛い可愛い後輩がわざわざ先輩の為に来てあげましたよ♪」

八幡(あざと可愛い」

一色(へ??いつもとリアクションが違う…)

雪ノ下「…一色さんその甘えたがりアマエタリヶ谷くんから速やかに離れたほうがいいと思うわ。」

一色「どういうことですか???」

【八幡「一色に甘えたい!!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/08(火) 01:43:09.73 ID:N9wdsuxD0
奉仕部

八幡「…一色に甘えたい…」

雪ノ下・由比ヶ浜( ゚д゚)ポカーンナニイッテンダ

由比ヶ浜「…ヒッキー、それはどいう事…??」ゴゴゴゴゴ

ガラガラガラガラガラガラガラガラ

一色「せーんぱい♪可愛い可愛い後輩がわざわざ先輩の為に来てあげましたよ♪」

八幡(あざと可愛い」

一色(へ??いつもとリアクションが違う…)

雪ノ下「…一色さんその甘えたがりアマエタリヶ谷くんから速やかに離れたほうがいいと思うわ。」

一色「どういうことですか???」

【八幡「一色に甘えたい!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 林檎味 2015/07/14(火) 20:56:58.84 ID:VQaEU+dQO


いろは「きこえませんでしたかー?今度の休みに海に行こうって言ってるんですよー♪」

八幡(なんで俺が誘われているんだ……何か裏があると思い頭をフル回転した結果二つの答えがでてきた。一つ目は……)

八幡「……罰ゲームか?」

いろは「なんでそうなるんですかー思考がネガティブ過ぎてひきます」
八幡(違うのか…なら二つ目で決まりだな!……というかいろはすひかないで!悲しくなるから(泣)


八幡「なら葉山と行くときの練習ってことか」

【いろは「せんぱーい!海にいきましょー♪」八幡「…は?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 01:10:17.37 ID:wc6O8OXL0
部室



由比ヶ浜「やっはろー!」ガラガラ


雪ノ下「こんにちは」


一色「結衣先輩やっはろーです!」


由比ヶ浜「ゆきのんもいろはちゃんもやっはろー!」


一色「あ、先輩もどうもでーす」キャピッ


八幡「おう」ガタッ


一色「むぅ~。反応うっす~い」


八幡(もうその手のやつには慣れたっつーの。てかなんでこの娘、部員の俺たちよりも先に部室にいるの。こわい、いろはす速くてこわい)


雪ノ下「今、紅茶を入れるわね。それにお茶請けも」ガタッ


由比ヶ浜「ゆきのんありがとー」


八幡「……ども」


八幡(まあ、それに関してはもはや慣れつつあるし、今は理由を聞く気にもなれないので置いとくとして、だ)


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1436544607

【八幡「一色×雪ノ下=いろゆき?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/16(木) 00:50:51.32 ID:AlojFMQ70
ピロリン



八幡(メール・・・誰だ?)スッ



いろは『今日、生徒会室来れますか?』



八幡「またか・・・」

八幡(ここ最近、一色からの呼び出しが多い)

八幡(内容は全て仕事の強制だが、そのどれもが楽で、まるで無理矢理でっちあげられたような物ばかりだった)

八幡(そして、そんな軽い仕事を片手間に、一色と二人で居る時間を少し望んでいる俺がいる)

八幡「まぁ、行くけど」スッスッ



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1489593051

引用元: 八幡「一色いろははお砂糖とスパイスと素敵な何かとケミカルXでできている。」 


 

  【八幡「一色いろははお砂糖とスパイスと素敵な何かとケミカルXでできている。」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/10(水) 23:14:05.83 ID:+h0xtYhj0
「いや、反応としては予想通りだが彼氏にむかってそりゃなくね?八幡泣いちゃうよ?」

私の驚きに続くように狭い部屋に私の彼氏、比企谷先輩の落ち込んだ声が沈む
実際そんなに落ち込んではいないだろうけど、そんな風に寂しそうにしている先輩可愛い
これじゃどっちのほうがあざといかわかりませんねー

そういえばちょうど先月くらいかな?私が先輩に告白したの
このままの先輩との関係じゃあ満足出来ない!先輩に思いを伝えたいってそう決めた日に柄にもなくありのままの自分を見せたいと思った

先輩はどんな私でも受け入れてくれたから

だから余計にその先が"本物"が欲しくなってついには先輩に好きだと伝えた
その後の先輩、ふふっ思い出したらまた笑えてきた

メチャクチャキョドりながら
「ば、罰ゲームか?罰ゲームだよな!どこだ!どっきり大成功のボードをもった戸部の奴は!!」
なんてさけびだすもん、笑ってもしょうがないよね

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1433945635

【一色「ええっ?先輩にストーカーですか?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/09(火) 03:35:03.57 ID:AauRMkC9o
葉山「いろはには悪いことをしたな」

八幡「罪悪感持つぐらいなら、振らなきゃ良かったのに」

葉山「無理だよ。分かってるくせにそういうことを言うのは性格悪いな」

葉山「いろはの気持ちは素直に嬉しい。でも違うんだ」

葉山「それは多分、俺は…君が…」

八幡「…?」

葉山「君は凄いな。そうやって周りの人間…俺を変えていく」

八幡「は? なんだよ急に」

葉山「言っただろ。俺は君が思ってるほどいいやつじゃない」

葉山「君を褒めるのは、俺のためだ」

葉山「俺は今から本当のことを言う」

八幡「お前、どうしたんだよ…おかしいぞ」

葉山「あんなの見せられたら、心動いちゃうだろ」

八幡「なにが…」

葉山「俺も…本物が欲しくなったんだ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1433788493

【いろは「私、雪ノ下先輩のこと好きみたいです」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/06(土) 12:25:59.26 ID:zapzrJtmo
クリスマス直前、みんなでディズニーランドに行ったときのこと。

いよいよ花火が上がる

結衣「なんだか懐かしいね」

しかしのそのとき、いろはちゃんと葉山君が2人きりになって何かを話してるのが見えた。
それが何なのか、私にはなんとなくわかった。


いろは「わたし、葉山先輩のことが好きです。」

葉山「ごめん。気持ちは嬉しいけど、君の気持ちには答えられない。」

いろは「・・・そうですか」

いろは「ぐすっ・・・」

いろはちゃんは泣き出して行ってしまった。

戸部「いっいろはす、ちょっ、いろはすー」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1433561149

【由比ヶ浜「いろはちゃんを慰める」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/20(水) 21:57:53.12 ID:aCWvbMll0

―奉仕部―

ガラガラ

いろは 「失礼しまーす!」

結衣 「あっ!いろはちゃん。やっはろ~」

いろは 「やっはろ~です。雪ノ下先輩もこんにちはです」

雪乃 「こんにちは。何か依頼でもあるのかしら?」

八幡 (ねぇ俺もここにいるんだけど?挨拶なしなの?)

いろは 「依頼ってほどの事じゃないです。ちょっと先輩に用事がありまして」

八幡 「何?また生徒会の手伝いでもしろってか?」

いろは 「違いますよぉ。生徒会の仕事はもう終わらせてきました!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1432126663

【いろは 「好きです」 材木座 「へぁ!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆0VD9jUhKiA5S 2015/05/13(水) 02:47:04.33 ID:Mqe22sbf0
付き合って同棲中の八色で、ただただいちゃちゃしてるだけのSSです。二人とも大学生です
お題が思いつくたびに更新していく感じです、何かお題あったらください
以上、注意書き失礼しました。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1431452814

【いろは「せんぱーい、いちゃいちゃしましょー」八幡「無理」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/29(水) 18:27:28.70 ID:ezOVucmS0
『目覚まし時計』



放課後。奉仕部。



いろは「こんにちは!」ガラッ

雪乃「ノックをしなさい」

結衣「やっはろー。いろはちゃん」

いろは「やっはろーでーす」

八幡「何しに来た」

いろは「もちろん依頼ですよ!依頼!」

雪乃「・・・また生徒会絡みかしら」

いろは「今日は違いますよ!」

雪乃「・・・今日は、ね」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1490779648

引用元: 【俺ガイル】いろいろいろは 


 

【【俺ガイル】いろいろいろは】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆U/MGvdZiN. 2015/04/24(金) 19:57:24.92 ID:9ZulWEci0
いろは「えーいいじゃないですか〜」

八幡「今は春だぞ?めんどくさいし季節外し過ぎ却下」

いろは「今だからですよ〜。この前フリーペーパー作ったじゃないですか。あれ結構評判良くてまた作ることになったんですー」

八幡「それと俺がプール行くのになんか関係あんのかよ」

いろは「記事のための取材ですよ取材!夏に頒布するんでめぼしい所を今から下見ってワケです!」

八幡「適当に友達誘って行けよ。俺と行く必要ないだろ。それとも何か?あんなリア充臭プンプンする所に連れてくとか嫌がらせ?」

いろは「え〜?先輩リア充じゃないですか。こんな可愛くてセクシーな後輩に誘われて、水着姿まで見れるんですよ?」

八幡「せ、せく、何か言ったか?」

いろは「難聴系にカテゴライズされてないのわかっててその言い草、悪意しか感じないんですけど」

八幡「ほら、これも成長っていうか、俺という人間の新たな一面って奴をだな……」

いろは「露骨に話変えようとするのやめてくれません?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1429873034

【いろは「プール行きましょう!」八幡「やだ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

いろは「全力で先輩を攻略する」八幡「やめてくれ」 後編
 

481: 1 ◆otNZqYYssM 2014/04/07(月) 00:05:05.40 ID:dLx5EWIG0

いろは「……先……輩」

八幡「……起きたか?」

いろは「……ん」スヤスヤ

八幡「……寝言か」

八幡「……」ペラッ

いろは「……好き……」

八幡「……」

いろは「……」スヤスヤ

八幡「……寝ながら言うな……バカ」カァァ

いろは「……ムニャムニャ」

八幡「……アホ面して寝やがって」ナデナデ

カマクラ「ニャー」

八幡「……お前は起きたんだな。後で飯やるから静かにしとけ……な?」

カマクラ「……」コクッ

八幡「……お前また寝るのかよ。まぁいいけど」ナデナデ


引用元: いろは「全力で先輩を攻略する」八幡「やめてくれ」

 

  【いろは「全力で先輩を攻略する」八幡「やめてくれ」 完結編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

いろは「全力で先輩を攻略する」八幡「やめてくれ」前編
 


引用元: いろは「全力で先輩を攻略する」八幡「やめてくれ」

 

  【いろは「全力で先輩を攻略する」八幡「やめてくれ」後編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 14:44:04.31 ID:X1SF6tdR0

いろは「やっほー!先輩ー!」

八幡「げ」

いろは「げんてーん。先輩ー?かわいい後輩を見て「げ」は駄目ですよ?」

八幡「や、知らないし」

いろは「では一緒に仕事しましょう♪」

八幡「何も繋がってないよな……ではじゃねーよ。」

いろは「細かいこと気にするなんてまたまた減点ですよ!ほら、生徒会へレッツゴー!」

八幡「断る」

いろは「あれ?約束したじゃないですかー手伝うって」

八幡「してない。それは葉山だ。俺じゃない。葉山に手伝って貰え」

いろは「葉山先輩はエースで忙しいので却下です。よって暇人な先輩にお任せします!」


八幡「待て俺は奉仕部で急がしい」

いろは「じゃあ奉仕部に正式に依頼しますよ?」

八幡「……はい」

いろは「判ればよろしいー!じゃー改めてレッツゴーなのですよ」

八幡「わかったから引っ張るな……」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1392011044

【いろは「全力で先輩を攻略する」八幡「やめてくれ」前編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
4: ◆lBfim5lafk 2013/12/09(月) 00:20:43.43 ID:jq87v1zX0
~~~奉仕部室~~~

いろは「うわ、なんですかこの紅茶。生徒会室のより断然美味しいですね」ゴクゴク

雪乃「それはどうも………」

八幡「…で、結局なんの用なんだ?」

いろは「あ、はい。生徒会のお仕事を手伝ってもらおうかと思ったんですよ」

雪乃「ごめんなさい、ここは問題解決の手助けを方針に活動している部であって何でも屋ではないの」

いろは「そうですかー………じゃあ、生徒会活動を成功させたい!これでいいですか?」

結衣「あ、それならいいかも!」

八幡「いいかも!じゃねぇよ……まぁ、確かにそれならOKかもな。どうだ雪ノ下?」

雪乃「……構わないわ。ここ最近重要な案件も回ってきてないし。それで、私達は何をすればいいのかしら?」

いろは「えーと、一人だけでも少しの期間生徒会室に行って手伝ってくれたらいいんです。既にめぐり先輩が手伝ってくれてますし」

八幡「お前、一人既に協力者がいるっていうのにまだ誰か使役する気か……そんなんじゃお前のイメージが落ちんぞ」

いろは「でも出来ないものは出来ないんですよ。だから誰かお願いします!」

八幡「開き直りやがったなこの野郎………んじゃ、俺行くわ」

雪乃「え?」

結衣「え?」

八幡「え?」
  【めぐり「先輩と?」いろは「後輩と!」八幡「勘弁してください」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/25(土) 12:36:39.88 ID:16aR1I5R0
あの頃のわたしたちは、メインキャラになれなくても、無理矢理生徒会長にされても

一生懸命数を取り続けていました・・・・・・

わたしたちの伝説! カリスマ爆走族!

なんとなんと今夜はサブキャラたちにも数取現象が!

目立たない奴らだらけの数取祭り開催ィ! 

一人だけメインがいるけどそいつは存在感薄いから関係ねぇ!

わたしたちと行こうよ! 無限大の彼方へ!


♪千葉の名物 踊りと祭り 同じアホなら踊らにゃsing a song♪ 


 
【城廻めぐり「単位上等だよ!」いろは「数を取りますよ先輩」八幡「なんでおれまで・・・」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/18(土) 16:46:25.47 ID:RrVNM3YK0
八幡「………」

戸部「へーっ、さすが生徒会長様、まじびびるわー」

いろは「そんな~、それほどでもないですよー」

戸部「いやいや、だってそれやべーくらいすげーべ?」

いろは「あはは~、謙遜ですー」


八幡(すげぇ、何の話してるかわかんねーし、謙遜の使い方が前衛的すぎる!!)


葉山「そろそろ休憩時間終わるぞ、帰った方が良いんじゃないか?」

いろは「あ、はーい♪」

八幡(あの 豚、ただの豚じゃねーとは思ってたが、先輩のクラスに一人で特攻できるとか不運に踊っちまうタイプの人かよ)


いろは「………!」タタタッ

八幡「え……」

いろは「じゃあね」バイバイ

八幡「……あ、ああ…」


クラスメイト達「………」


こんな感じです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1413618375 




【やはり俺の後輩はあなどれない】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆O3b6jgvm62 2016/11/05(土) 19:52:36.55 ID:mjtACimJ0
書記「一色さん、昨日比企谷先輩と千葉にいなかった?」

いろは「え?」

書記「あ、昨日・・・、偶然見かけて」

いろは「あっちゃー、書記ちゃんの方も気が付いてたのか」

書記「え?」

いろは「私も昨日副会長とデートしてるの見かけたからね」

引用元: 書記「一色さん、昨日比企谷先輩と千葉にいなかった?」 


 

  【書記「一色さん、昨日比企谷先輩と千葉にいなかった?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 14:28:10.70 ID:swHiBHTNO
かなり短いですがもしお暇ならお付き合いを
ーーーーーー

いろは「んんんんんん~…」

八幡(…何唸ってんだコイツ。面倒だから放っておくか)

いろは「はぁ…」

八幡(態とやってんなこれ。まぁ触れてやるほど優しさを持ち合わせてはいないが)

結衣「いろはちゃん、どうかしたの?」

いろは「結衣先輩…いえ、なんでもないです…」

八幡(だったら1人でやってくれませんかね?)

雪乃「…ここは奉仕部よ。依頼がないなら帰りなさい」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1478064490

引用元: いろは「やっぱり先輩は止めておいた方がいいのかな…」 


 

  【いろは「やっぱり先輩は止めておいた方がいいのかな…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 00:56:00.52 ID:ZMPY78LE0
渡り廊下にて



いろは「せーんぱいっ!」

八幡(・・・俺のことじゃないよな。って思った時は大抵俺のことだということに最近気付いた)

八幡(が、今更素直に反応するのも気恥ずかしい・・・普通に無視しよ)

八幡(何か大事な用なら肩叩いたりしてくるだろう。今までみたいに)

いろは「先輩ってば!」ギュウッ

八幡「うおふっ」ビクッ

いろは「あははっ、先輩変な声出してどうしたんですかー?」ギューッ

八幡「いや、お前、手ぇ離せ」

いろは「ダメです。先輩さっき勘違いじゃなくてわざと無視しましたよねー?そのおしおきです♪」

八幡(なんでわかるんだよこいつ!)


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1478015760

引用元: いろは「トリックオアトリート!」 


 

  【(俺ガイル) いろは「トリックオアトリート!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆TMTTBwd/ok 2016/06/13(月) 22:03:52.17 ID:DaBqPsnZ0
八幡が高校3年生の設定です。
宜しくお願い致します。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1465823031

引用元: 八幡「一色?」 いろは「……お久しぶりです」 


 

  【八幡「一色?」 いろは「……お久しぶりです」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/30(月) 18:00:57.14 ID:99Hanvaj0
八幡「なんで>>3なんだよ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1464598856

引用元: いろは「>>3って呼んでもいいですか?」 


 

  【(俺ガイル) いろは「>>3って呼んでもいいですか?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆Ko/dqnDkt. 2016/05/12(木) 22:41:14.96 ID:XOOleJ2c0
八幡「………」

八幡(そろそろ昼休みも終わるな………教室戻るか)スタッ

八幡「………ん?」カツッ

八幡(………足元に何か………ランプ?)ヒョイッ

八幡「………拭いたら魔神が………なーんつって」キュッキュッ



ボフン



魔神「願いを三つ叶えてやる」

八幡「マジすか」



いろは×八幡の俺ガイルSSです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1463060474

引用元: いろは「ベッドから出られない」 


 

  【いろは「ベッドから出られない」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 19:11:32.07 ID:K4qhbS0D0
由比ヶ浜「ちょっとヒッキー!」

由比ヶ浜「一緒に部室まで行くって約束したじゃん!」

八幡「そんな約束した覚えはないぞ?」

由比ヶ浜「昼休みにしたし!」

由比ヶ浜「勝手に1人で行こうとしないでよ!」

八幡「そうだったか? 悪いな」

八幡「俺は先に飲み物を買ってから行く」

由比ヶ浜「・・・早く来てね?」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1452507091

引用元: 八幡「ふと気がつくと、一色が後ろに立っている」 

 

【八幡「ふと気がつくと、一色が後ろに立っている」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 18:51:21.53 ID:jW6Kxfrt0
葉山「は?」


舞台はディスティニーランド

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1452419481

引用元: 一色「先輩のことが好きなんです!」 

 

【一色「先輩のことが好きなんです!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 いろは「買い物に付き合ってください!」 八幡「はぁ?」

2: ◆LbeDggmp36 2016/01/10(日) 17:16:13.06 ID:aUANB6Og0
いろは「……」ハァ

八幡「なんだよ?」

いろは「……先輩に気付けってほうが無理でしょうし、別に気にしてませんよ」

八幡「……そういうことか」

いろは「なんです? 期待はしてませんけど、一応聞いてあげますよ」

八幡「手袋忘れたのか。それでさっきからあざとく手を擦ってたわけか」

いろは「せ、先輩……」ドキドキ

八幡「カイロ代わりに温かい飲み物奢ってほしいんだろ?」

いろは「……」

八幡「まぁ、たまには奢ってやっても……」

いろは「この唐変木!」ベシッ

八幡「な、なにすんだよ!」

引用元: いろは「今日は寒いですね……」 八幡「そうだなー」 

 

【いろは「今日は寒いですね……」 八幡「そうだなー」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/10(水) 00:11:16.69 ID:L6VNX3mO0
結衣「ゆきのーん。ここの問題教えてー?」

雪乃「ここはこうで……」

いろは「雪ノ下せんぱーい。生徒会の仕事で相談なんですけどー」

雪乃「これはこうで……」

八幡「……」

八幡(雪ノ下は、二人に甘い。初めての友達と慕ってくれる後輩だ。多少舞い上がるのもやむなし、いやそもそも元からこういう面倒見のいい性格だったのだろう)

八幡(今まで孤独だった雪ノ下の交友関係が広がっていくのは、本来望ましいことだ……)

八幡(だがしかし、その輪に入れて貰えないばかりか罵倒されてばかりいる俺としては、奴らがのほほん仲良ししているのは面白くない)

八幡(だから俺は、ほんの少し意地悪をしてやることにした)

八幡「雪ノ下。お前、由比ヶ浜と一色どっちの方が可愛いと思う?」

雪乃「え?」

八幡(この質問によって雪ノ下は二人の間に明確な優劣を付けざるを得ない。どちらを選んでももう一方を傷つけてしまう、悪魔の質問だ)

雪乃「そうね………………」ジッ

八幡(顔に手を当て呟いた後、雪ノ下は押し黙ってしまった。……いや熟考し過ぎだろ。かなり高レベルな次元で競り合ってるのがはたから見て取れる。それを察した二人も嬉し恥ずかしはにかんでいた)

雪乃「……ごめんなさい、選べないわ。どちらも可愛い、では駄目かしら?」

結衣「ゆきのーん!」ガバッ

いろは「雪ノ下せんぱーい!」ガバッ

雪乃「?な、何?」

八幡(雪ノ下は最高のたらし発言をした後二人に抱きつかれる。策士八幡の思惑叶わず、三人の絆はより深まったのでした。めでたしめでたし。……どこかでこうなると分かっていた俺が居る)


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1562685076
 

引用元: 【俺ガイル】雪乃「由比ヶ浜さんと一色さん。どっちが可愛いと思う?」 



やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 -妄言録(モノローグ)-(14) (ビッグガンガンコミックス)
渡 航 佳月 玲茅
スクウェア・エニックス (2019-06-25)
売り上げランキング: 3,108
【【俺ガイル】雪乃「由比ヶ浜さんと一色さん。どっちが可愛いと思う?」】の続きを読む

このページのトップヘ