えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

三船栞子

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(光) 2022/06/06(月) 22:30:05.99 ID:wEe+vV8w
ミア「手裏剣って日本の忍者のあれのこと?」

栞子「それのことです」

ミア「そんなの危険すぎるだろう!?ここは中国じゃないんだぞ?」

ランジュ「中国にだってそんな人いないわよ」

栞子「アメリカこそ、銃の乱射事件が騒がれているではありませんか」

ミア「そんなことはどうだっていいんだ!栞子、ランジュ!コンビニに行くよ!」

ランジュ「今かラ!?」

ミア「忍者を見たくて仕方ないんだ!」

【栞子「聞いてください、ランジュ」ランジュ「ラ?」栞子「この間コンビニに寄ったら、手裏剣を投げながら入店してきた方がいたのです」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2022/05/31(火) 20:03:58.71 ID:Jx9OxT1Q
せつ菜「ドミノですか!!!!!!!!!!倒さないように気を付けて下さいね!!!!!!!!!!(大声でドミノ破壊)」

栞子「あっ」カタカタカタ

せつ菜「あっ、倒しちゃいましたか~」ヤレヤレ

【栞子「ドミノ楽しいです」せつ菜「あっ!!!!!!!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(もこりん) 2022/05/29(日) 01:18:02.53 ID:OxEzDxE3
ミア「は?」

栞子「はい?」

ミア「喧嘩を売っているのかい?」

栞子「いえ、売っていないのですが……」

ミア「……」

ミア「チッ!!!」モグモグ

栞子「ミアさん、舌打ちは良くないですよ」

ミア「なんだよ」モグモグ

栞子「食べながら喋るのは行儀がよくないですね」

ミア「……」モグモグゴクン

ミア「なんなんだよ!!」

栞子「大声出すのはやめましょう。公共の場ですよ」

ランジュ(あわわわわわわわわ)

【ミア「ふん。日本のハンバーガーは小さいな。アメリカだったら~」栞子「?ここは日本ですよ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(こんにゃく) 2022/05/24(火) 16:23:39.04 ID:cnD5HLl9
千歌「へ?なんか変?あむあむ」

栞子「そのように大口を開けて頬張るなどはしたないですよ」

栞子「あと、食べながら喋らないでください」

千歌「んぐ……っ、ごめんごめん。家でもよく注意されるんだよね~」

栞子「いいですか。ケーキを食べる時はこう、ひと口大に小さく切り分けて」スッスッ

栞子「─はむっ」モグモグ

千歌「おぉ~流石栞子ちゃん、お上品だねぇ」

栞子「ふふん、このくらい当然のマナーです」

千歌「でも、口元にクリーム着いてるよ」フキフキ

栞子「ひゃっ!?////わ、私とした事が……////」

千歌「ふふっ、栞子ちゃんかわいい♪」

【千歌「ケーキおいしいね~」栞子「まぁ、なんですかその食べ方は」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 名無しで叶える物語(かぶらずし) 2022/05/17(火) 21:24:48.06 ID:b3XvX16f
 
ランジュ「栞子ー! 今日も遊びに来たわよー!」

栞子「はぁ……アポ無しで来るのはやめてくださいとあれほど言ったでしょう」

ランジュ「はいお土産の台湾カステラ! 行列のできる有名なお店の逸品なのよ!」エッヘン

栞子「まったく……いつもいつもこんな高そうなものを……お気持ちは有り難いですが、こちらからは大したお返しはできませんよ?」

ランジュ「もう、遠慮なんてしなくていいのよ! 栞子は私の大切な幼なじみなんだから、ありがたく受け取っておきなさい!」ドヤッ

栞子「そうですね。では、ちょっとお茶を淹れてきますね。静かに待っててくださいね」

ランジュ「はいはーい」

【栞子「ランジュには曇らせの適性があります」 ランジュ「ラァ……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2022/03/21(月) 13:53:17.72 ID:CXMiR8J/
~練習中~

歩夢「ワン、ツー、スリー、フォー!ワン、ツー、スリー、フォー!うん、栞子ちゃんいい感じだよ!」

栞子「はいっ!!はぁ、はぁ……」

かすみ「ぐぇぇ~、かすみんもうギブですぅ~……ばたり」

せつ菜「そうですね。ではここら辺で少し休憩にしましょうか」

かすみ「はーい!」

ザワザワ

栞子「ふぅ……」

しずく「はい、栞子さん。ちゃんとお水も飲まなきゃだめだよ?」

栞子「あ、ありがとうござ……」

ピタッ!

栞子(……)

しずく「……?どうかしたの?」

【栞子「しずくさんに仕返しをします」しずく(ふ~ん……)】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2022/03/11(金) 00:04:38.91 ID:HAsnQb2i
歩夢「どうしたの二人とも、改まって」

侑「私達、歩夢のために曲を作ったんだ」

歩夢「曲? いつのまにか侑ちゃんギター持ってるし……。弾けたっけ?」

栞子「今日のために一から練習したそうです」

歩夢「侑ちゃん……! 私のためにありがとう」

侑「今回は栞子ちゃんとデュエットで歌うね」

栞子「歩夢さんと過ごした日々を思い返しながら、ありったけの想いを込めました」

侑「……それじゃ、聴いてください」

【侑「歩夢!」 栞子「大事なお話があるんです」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2022/03/10(木) 21:42:35.22 ID:3y0rtyW5
あなた「え……歩夢ちゃんっ!?」


歩夢「……♪」ニコニコ


あなた「今日はかすみちゃん達とパンケーキ食べに行くんじゃ……」


栞子「すみません! 待たせてしまいましたか……って歩夢さん!?」


歩夢「こんにちは栞子ちゃん♪ 今日は急に予定変更になっちゃってね」


栞子「そうでしたか……」


歩夢「私も、今日一緒にいいかな?」


栞子「っ!」パァァァァ

栞子「もちろんですっ!」ニコニコ

【あなた「栞子ちゃんとデート楽しみだな〜」歩夢「お待たせ♪」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 名無しで叶える物語(SIM) 2022/03/08(火) 00:25:35.03 ID:mN8Sgafq
栞子「……あなたは?」

もう中「もう中学生と申しますよろしくお願いしまぁす!」

栞子「もう中学生?」

栞子「……あ!」

【栞子「もう中学生も終わりですね……」???「終わらないよお」栞子「!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2022/03/07(月) 22:17:01.29 ID:FbVCneRA
──練習終わり──

あなた「あ、栞子ちゃん明日の予定なんだけどさ」


栞子「はい、勿論分かっていますよ。楽しみです!」


歩夢「え? 二人とも……明日どこかに行くの?」


あなた「うん! 明日は栞子ちゃんと二人で猫カフェに行く予定でねー」


栞子「前々から興味はあったのですが中々行く機会がなくて、とても楽しみです!」ニコニコ


歩夢「へぇー……」

【あなた「栞子ちゃんは渡さないよ!」歩夢「独り占めするなんてずるいよ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2022/03/06(日) 21:35:15.52 ID:TcwfUhn+
~♪

栞子「…ふう」

しずく「すごっ タンギングとか完璧じゃん」

栞子「そうでしたか?久しぶりに吹いたので息遣いが少し変になってしまいました」

しずく「いやいや、完璧だったよ」

栞子「ありがとうございます …なんでリコーダーなんですか?」

しずく「なんか演劇部の練習で使うって部長が言い出してね」

栞子「なるほど やはり息遣い関連なんですかね」

しずく「多分そうだと思う だから他の部員の前で恥じかかないように少し練習してたんだよね そしたら栞子さんが来たから」

栞子「ふむ」

しずく「わたしが使ったリコーダーでね 栞子さんが完璧に吹いてくれたんだよ」

栞子「はい」

しずく「いや、はいじゃなくて」

【しずく「栞子さん、ドレミの歌吹ける?」 栞子「リコーダーですか?懐かしいですね」ピー】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 名無しで叶える物語(とばーがー) 2022/03/01(火) 23:42:53.92 ID:5NlKaRG/
コンコン

栞子「どうぞ」

かすみ「おはよ~しお子」

栞子「かすみさん。おはようございます。どうされました?」

かすみ「今度ぽむちゃんの誕生日でしょ?今回はどうしよって思って」

栞子「そういえばそんな時期ですね……」

かすみ「そう!もう3ヶ月しかないの!」

栞子「急がないといけませんね」

かすみ「今年もサプライズで、ぜったい!ぽむちゃんには気付かれないように!」

栞子「もちろんです」

【かすみ「ぽむちゃんの」栞子「あゆねえの」歩夢「誕生日?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(たまごやき) 2022/02/25(金) 19:35:11.11 ID:5Zl6kVmj
しずく「えー」

栞子「えー、ではありません」

しずく「栞子さんも一緒にやろうよ」

栞子「やりません」

しずく「どうして?」

栞子「そういう柄ではないからです」

しずく「わたしもそういう柄ではなくない?」

栞子「いえ、しずくさんと仲良くなって気付きました」

しずく「なにに?」

栞子「しずくさんは意外と子供っぽいということです」

しずく「ひどいよ」

【しずく「栞子さん、今日は猫の日だよ にゃんにゃん♪」 栞子「やりませんよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2022/02/21(月) 14:06:27.22 ID:o2WCGGn0
かすみ「し、しお子?!」

栞子「かすみさんひどいです…」グスグス

かすみ「ご、ごめんしお子!かすみんそんなつもりじゃ…」

栞子「許しません…」グスグス

かすみ「な、なんでもするから!」

栞子「ではいつものパンケーキ屋で奢ってください」スンッ

かすみ「…は?」

栞子「ふふ、楽しみです♪」

かすみ「し、しお子…?」

栞子「なんですか?」

かすみ「さ、さっきまで泣いてたのに…」

栞子「しずくさん直伝の演技ですよ」

かすみ「うわあああん!騙された~!!!!」

【かすみ「しお子のカバンの中身を全部机に出すドッキリ~!!」 栞子「どうしてこんなことをするんですか…」グスッ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(たまごやき) 2022/02/13(日) 01:16:26.20 ID:lKyoA2bo
しずく「どうして?」

栞子「先日、インターネットでカフェを探していたら、抹茶専門店なるものを見つけたのです」

しずく「なるほど」

栞子「それで、しずくさんと行きたいなと」

しずく「わたしなの?」

栞子「はい しずくさんには最近色々な飲食店に連れて行ってもらってますから」

栞子「そのお礼です」

しずく「別にわたしが奢ってるわけじゃないのに」

【栞子「しずくさん、今日の練習終わった後空いてますか?」 しずく「え?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(たまごやき) 2021/12/12(日) 19:15:41.02 ID:ko33SeO6

【【SS】侑「人狼だ~れだ!?」栞子「人狼とは何ですか?」【安価あり】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(えびふりゃー) 2021/12/10(金) 01:15:40.17 ID:4yZ/7GgN
しずく「え?」

栞子「ポッキーゲームです」

かすみ「し、しお子がその話題を出すなんて…」

しずく「ね びっくりだよ」

栞子「…やはり、いかがわしい事を指す言葉なのでしょうか」

しずく「え?」

かすみ「別にいかがわしくはなくない?なんでそう思ったの?」

しずく「知りたいなら教えるけど」

栞子「実は、歩夢さんにも聞いたんです ポッキーの日はポッキーゲーム!みたいな話題を朝から耳にしてたので」

しずく「うん」

栞子「それで、気になってはいたのですけど、自分で調べて変なのが出てきたら嫌なので歩夢さんに聞いてみたんです」

【栞子「ポッキーゲームってなんですか?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(とばーがー) 2021/11/12(金) 23:18:17.33 ID:HHsqhc9w
ツンデレクールぽむ×にゃんデレしおりん×グイグイかすみん
オリジナル設定多数

読まなくても読める前作
歩夢「かすみ」かすみ「ぽむちゃん?」

【歩夢「ブックマーク同好会?」栞子「はい…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(たまごやき) 2021/10/31(日) 00:00:54.73 ID:RTLxDy6l
歩夢「おはよ~」

栞子「歩夢さん!おはようございます!」

歩夢「おはよ~栞子ちゃん♪」

栞子「…その衣装は」

歩夢「あ、これ?今日はハロウィンだよね!」

栞子「そうですね…なるほど だからハロウィンっぽい格好を」

歩夢「当たり~ 服飾同好会に貸してもらったんだ~」

栞子「あそこは何でもありますね」

歩夢「この衣装も手作りらしいよ」

栞子「レベルが高いですね さすが虹ヶ咲です」

歩夢「そうだね」ソワソワ

栞子「?」

【 歩夢「トリックオアトリック♡」 栞子「は、はい?!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2021/10/15(金) 12:54:39.74 ID:lbg6LAlZ
しずく「栞子さん♡ お気に入りのパンケーキをテイクアウトしたから一緒に食べようよ」

栞子「嬉しいお誘いですが、最近食べすぎてしまったので食事制限をしているんです」

しずく「ええ~?…気持ちはわかるけど、ちょっとくらい大丈夫だって!」

栞子「いえ、その油断が明日の体重増加を産むのです なので、かすみさんや璃奈さんと一緒に食べてください」

しずく「そっか」

しずく(うーん、やっぱり栞子さんは真面目すぎ ちょっとくらい羽目を外したって誰も怒らないのに)


歩夢「あっ、栞子ちゃん~」

栞子「歩夢さん」

歩夢「ちょうどよかった!昨日クッキー焼きすぎちゃってね、よかったら食べない?」

栞子「え」

しずく(無駄ですよ歩夢さん 栞子さんは食事制限してるんですから)

歩夢「もしかしてお腹いっぱい…?」

栞子「い、いえ!ぜひいただきます!」

しずく(は?)

歩夢「ふふっ いっぱい食べてね♪」

栞子「はい!」

しずく「…」

【しずく(栞子さんは真面目すぎるよ…そうだ!わたしが色々誘惑して、栞子さんをまるくさせよう!)】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 名無しで叶える物語(光) 2021/10/05(火) 21:13:51.91 ID:cqsDL0BJ
栞子「こんなに美味しい食べ物は初めてです!」ハムッハムッ

ミア「ああ、そうだろう。hamburgerは至高の食べ物だからね……ほら、野菜も食べなよ」

ポテトスッ

栞子「はふっ……ホクホクでおいしいです……!」パァァ

ミア「ふふ……バーガーの仲間が見つかって良かったよ、他にも良い店があるんだ。連れて行ってあげるよ」

栞子「っ!本当ですか!?ハンバーガー、とても美味しくて……もっと色々と食べてみたかったんです!」

【栞子「ハンバーガーっ、おいしいですっ……!」ハムハム】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 名無しで叶える物語(たまごやき) 2021/10/05(火) 11:07:58.48 ID:VSXJttTP
歩夢「あがってあがって~」

栞子「お邪魔します」

歩夢「この後外に出る予定ないし、シャワー浴びちゃう?」

栞子「そうですね 今日も汗かきましたから」

歩夢「わたしもだよ~ それじゃ、栞子ちゃん先に入っといで」

栞子「え?わたしからですか?」

歩夢「なんで?」

栞子「い、いえ…歩夢さんの家なのに、わたしが先にシャワー浴びてもいいのかと」

歩夢「そんなこと気にしなくていいんだよ?」

栞子「そうですか?」

歩夢「うん!だから先にシャワー浴びてきちゃって!」

栞子「は、はい」

【歩夢「栞子ちゃんとお誕生日会」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
6: 名無しで叶える物語(たまごやき) 2021/09/21(火) 22:09:53.65 ID:nGqqBgnT
歩夢「お疲れ様~」

栞子「お疲れ様です」

歩夢「栞子ちゃんももうみんなと同じくらい動けるようになってきたね」

栞子「歩夢さんが付きっきりで色々教えてくれたおかげです」

歩夢「そんなことないよぉ」モジモジ

栞子「そ、それで、わたしからお願いがあって」

歩夢「お願い?」

栞子「はい 明日からは1人で練習してみたいんです」

歩夢「え?」

栞子「歩夢さんに教えてもらいながらではなく、わたし1人で皆さんの練習から学んで行きたいと思っています」

歩夢「そうなんだ…」

栞子「それに、いつまでも歩夢さんに甘えていてはいけませんから」

歩夢「うん…ごめんね…栞子ちゃん、もう1人で出来ることだって増えたのに…迷惑だったよね…」ウルウル

栞子「?!」

【栞子「あ、あの、歩夢さん…わたしもそろそろ1人で…」 歩夢「…」ウルウル 栞子「げっ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

せつ菜「悪役令嬢、三船栞子の献身」 前編

255: 名無しで叶える物語(奈良漬け) 2021/05/01(土) 00:36:50.22 ID:EAukbDfU
私の家庭は、平凡な家庭であり
本来ならば、虹ヶ咲学園に通える財力など無いに等しい

頭も賢くないから特待生枠という訳ではない

何のにどうして虹ヶ咲学園に通っているのか・・・・

それは私の過去にある

過去に私はパパ活や  交際で大量にお金を稼ぎ、その世界では有名だった

別にお金は欲しくは無かったが、家族で上手く行かなくて少し病んで

友達に勧められて始めたのがキッカケだった

かすみ「あの頃のかすみんは本当に馬鹿です」

かすみ「もっと視野を広げて楽しい事を見つけていれば・・・・」

かすみ「今は、コッペパン作りとスクールアイドル」

かすみ「それが支えになっているから充実した毎日を送れています」

かすみ「るう先輩も早く立ち直ると良いのですが・・・」

【せつ菜「悪役令嬢、三船栞子の献身」 後編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加


曜「前回のラブライブ!」

曜「ついに、Aqours全員から嫌われた私」

・・・・・・

ダイヤ「もう見たくありません、貴方のその顔も・・・」

ダイヤ「視界から消えてください。今すぐ」


・・・・・

曜「ダイヤさんからの容赦ない罵声を受け、落ち込んでいる私に」

・・・・・

果林「ハンカチを渡すから拭きなさい」

果林「貴方はスクールアイドルなんだから、グチャグチャの泣き顔なんて見せたら」

果林「ファンが幻滅しちゃうわよ」

・・・・

曜「まさかの果林が慰めてくれた!!!」

曜「元気を取り戻した私は、Aqours・・・内浦から離れることを決意」

曜「さよなら・・・私の青春・・・」

曜「そして、時は進むのであった」

【せつ菜「悪役令嬢、三船栞子の献身」 前編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
5: 名無しで叶える物語(とうふ) 2021/06/14(月) 20:36:17.29 ID:YnuwX2/Y
歩夢「昨日ごはんをあげた後、フタが緩んでたみたいで……」

栞子「それは大変ですね」

歩夢「サスケぇ」ウルウル

栞子「うっ。泣かないでください。あなたに涙は似合わない……です」

歩夢「え? ああうん。ありがとう?」ゴシゴシ




【栞子「歩夢さんが飼っている蛇が逃げ出した?」】の続きを読む

このページのトップヘ