えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

上条当麻

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/15(土) 01:27:57.89 ID:RkygEJEAO
※小さい上条さん
どこかでネタかぶっていたらごめんなさい。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1394814477

引用元: とうま「あ、『びりびり』だ」

 

【とうま「あ、『びりびり』だ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆iBnEdyBTY2 2014/03/22(土) 03:43:20.31 ID:ofK5j9LIo
私が在籍している学校は、学園都市にある学校の中でも中の下とされている。
これは、偏差値が低いというわけではない。学園都市では、入学できる学校は主に能力で決まる。
その為、中の下だとしても不良が多いなどといった類の問題は無く、むしろ私の学校は不良も登校拒否も少ない方である。
それは、上記の理由の他にも、教師の方々が皆素晴らしいから、などといったこともあるのかもしれない。

引用元: 吹寄「上条当麻が見た世界」

 

  【吹寄「上条当麻が見た世界」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 18:35:09.96 ID:hhtfiB8C0



「ひぃっ、やめてくれぇぇぇぇえ」 

「やめるわけねえだろーが。屑野郎」 

日も落ち、街灯も切れかかった裏路地に二人の少年がいる。 
一人は顔をくしゃくしゃに歪めながら懇願する少年、もう一人はまるで悪魔のような笑みを浮かべながら 
今に目の前の敵を殺そうとしている少年。 

「わ、悪かったっ!! もうしないから見逃してくれぇぇ!!」 

「おいおいおい、今まで散々やってきた奴がそんなこと言うのかよ。 
 ハッ、笑えねーな」 

「い、いやだっぁぁぁぁ!!」 

悲痛な叫び声を上げながら逃げようとする少年を、慣れた手つきで捕まえ 
首を強い力で掴む。 

「……がっ……ぐがぁ……」 

メキメキメキと鈍い音がする。首が締まっている音だ。 
少年はその手を引き離そうともがくが、全て無意味に終わる。 

「アハハハハッ、いい気味じゃねえーかッ!!」 

「た…す……け……」 

「今更、命乞いってか!? バカじゃねぇの!?」 

「い………」 

「ア゛ハハハハハッ!! じゃあな。化け物」 

先ほどの音とは全く違う残虐な音が裏路地に響いた。 


引用元: 上条「異常だよ。この街は」

 

  【上条「異常だよ。この街は」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/22(火) 18:48:26.52 ID:SytBs0Yp0

当麻「はぁ……お前、この間も俺からかっぱぎまくっといて、また打つのか……」

美琴「ふふん、さぁ早く雀荘に行くわよ! もちろんルールはアリアリよ!」

当麻「うぅぅ……毎回、喰いタンで逃げ切られて、一回ごとの収支は少ないとはいえ、こうカモにされ続けていると上条さんのお財布がですね……」

美琴「うるさいわね! 嘆くなら、私に会った不幸を嘆きなさい!」ズルズル……

当麻「不幸だ……」


 雀荘にて

美琴「ロン! タンのみ千点!」

当麻「何で四暗刻できてんのにわざわざカンとチーするんだよ!」

美琴「う、うるさいわね! お、大きいの和了るとアンタが逃げちゃうじゃないの……」ぼそぼそ

当麻「はぁ、生殺し不幸だ……」


 こんな感じで五十音分の美琴と勝負しよう。



【当麻「ゲッ、アリアリ!」美琴「勝負よ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 21:06:55.34 ID:vE/Dy/qt0
黒子「あの……お姉さま」

美琴「ん? どしたの?」

黒子「……お姉さまの机に置かれていた本はどちらに?」

美琴「ああ、あれね。もう読み終わったから古本屋に売っちゃった」

黒子「ゲコ太人形はどうなされたのですか?」

美琴「好事家の人に譲ったのよ」

黒子「お姉さま」

美琴「なによ」

黒子「幸運のリング、とは、一体なんのことですか?」

美琴「……」

【上条「御坂から高そうなリングもらった」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆3rfPz4lVbmKs 2017/04/27(木) 00:42:16.91 ID:leFazOGk0



・なんでも許せる人向け








SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1493221336

引用元: 冥土帰し「んん?僕だって医療ミスくらいするよ?」上条「 」 


 

とある魔術の禁書目録 Blu-ray BOX〈初回限定生産〉
ジェネオン・ユニバーサル (2013-06-26)
売り上げランキング: 22,116
【冥土帰し「んん?僕だって医療ミスくらいするよ?」上条「 」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/05(金) 21:36:16.06 ID:ODRM3D+M0
 

上条「…まぁ、ちくわしか持ってなかった頃よりはマシか」

インデックス「どうしたのとーま?ごはんはまだかな?」

上条「…すまんインデックス、ちょっと待っててくれ」

インデックス「早くするんだよ!」

上条「もしもし、小萌先生ですか」

【上条「こ、米しかない…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆c6GooQ9piw 2017/04/24(月) 20:39:32.86 ID:7ToYRloNO
上条「つ、疲れた……なんでこう毎日毎日事件に巻き込まれるのやら」

上条「やっとのことで家にたどり着きましたよ」

上条「ただいまーっと」

インデックス「と、とうま!? まだダメ……」

上条「え?」ガチャ

インデックス「」

上条「」

上条「あ、お着替え中でしたか。どうも失礼しましたー」

インデックス「……とうまああああっ!」

上条「あぁもう、不幸……」

上条「……だ?」

インデックス「?」

上条「」ポカーン

インデックス「とうま、大丈夫?」

上条「……あぁ、悪かったな。俺はもう寝るよ、おやすみ」

インデックス「う、うん。おやすみなんだよ」

上条「」フラフラ

インデックス「……」

インデックス「……はっ、噛みつき損ねたんだよ。もしかして、これを狙って……?」

引用元: 上条「インデックスの胸が成長している……」 


 

3Dマウスパッド とある魔術の禁書目録II インデックス
ブロッコリー (2011-05-20)
売り上げランキング: 85,054
【上条「インデックスの胸が成長している……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/01(火) 01:09:17.41 ID:Xi/QzM0d0
1月1日。時刻は午前12時15分。日付が変更される少し前からそわそわしていた。
去年は思い出すのも悲しいくらい少なかったが、今年はそうはいくまいと。

上条(ふふふ。上条さん、今年はたくさん来る気がしてならないのです)

インデックス「? にやにやしてきもひわるいんだよ」

ずずず、と特大の年越し蕎麦を啜りながら話す。新年の挨拶を急かしていたのもこれが理由のようだ。

上条「こら、口に物を入れたまま喋るんじゃありません」

インデックス「へーんだ」

上条「ったく」

上条(今年は10……いや、ひょっとすると20は……)

上条当麻は知らなかった。ちょうど前日に踏んだごく普通のサイトからウィルスを貰っていた事。
そして、そのウィルスは元旦から丁度3時間の間だけ、自身のメールアドレスを変更する物だった事を。

【上条「……姫神か」姫神「あなたも、一人なの?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/13(土) 20:32:09.79 ID:fXbh+tw00
このssは
禁書目録1巻での警備ロボットに追いかけられ上条さんと御坂さんが同じ逃げ道を歩いていたら編です!

詳しくは禁書目録1巻またはアニメの一話を見るといいでしょう!


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1434195119

【もしも上条さんと御坂さんが同じ道を歩んでいたら】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/24(土) 23:48:25.12 ID:6GRTfn2f0
キーンコーンカーンコーン……

完全下校時刻です……






上条「……んぁ? あれ? 夕方?」

上条「……やっべ、補修の後にちょっと寝てから帰ろうと思ったら……寝すぎだろ俺……」

上条「うう、特売もとっくに終ってるだろうし……不幸だ……」


テクテクテク


上条「はぁ、インデックスのやつも怒ってるだろうなぁ……ん?」

【上条「……不幸だ」上嬢「……不幸だわ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/29(金) 19:49:53.13 ID:eJBCJ37y0
上条「よく考えるとなー……」

上条「フツー、無能力者に電撃なんて撃たないだろうし……」

上条「俺じゃなかったら2、3回は死んでるっつーの」

上条「それに妙にツンツンしてるしなぁ」

上条「そんなに俺のことが嫌いなのかよ……」

上条「あー、不幸だー!」

【上条「御坂って俺のこと嫌いなんだろうな……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/15(金) 15:41:57.13 ID:X0vBcO7L0
書いてみた。

上条「誰か御坂と恋人になってくんねーかな」


ってやつの続き的な感じだけど、別に読まなくても大丈夫。

キャラ崩壊は少なめのつもりだけど、一部キャラはとことんぶっ壊れてる。

【美琴「なんとかアイツを振り向かせたい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/14(木) 22:23:56.14 ID:piirpagmO

上条「うわー」ダダダ

御坂「待てっていってるでしょ!!」ダダダ

上条「待てといわれて待つ人なんているか!」ダダダ

御坂「こうなったら」ビリビリ

上条「不幸だああああ!!!」ダダダ


【上条「22世紀に帰る!?」 禁書「うん……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: !ba---ro-- 2015/05/09(土) 23:33:47.87 ID:Hghi6cC8O

わたしが上条当麻という人間を毛嫌いするのは、私の想い人であるお姉さまを取られるかもしれなかったから。だから私はその方を類人猿と呼び蔑みました。ですが……。

上条「てめぇ!!白井になにしてやがる!!」

そんな怒気に満ちた声で叫ぶのはあの類人猿……。


とある日、わたしはいつものように風紀委員のパトロールをしてましたの。そのとき、路地裏である怪しげな取引を目撃しましたの。

すると、突然仲間らしき人が後ろから……。 ガッ




薄れ行く景色のなか、私が見たのはあの類人猿でした。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1431182027

【黒子「黒子は……」 上条「俺は……」 御坂「私は……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報KINPATUがお送りします 2015/04/26(日) 22:06:42.26 ID:oCpgqzuPO

上条「また、ビリビリばい」御坂「なんぁ文句あっと!」 

の続きです。なんか続き書きたくなったので投下しようと思いました。

今回は九州要素を盛り込みたいと思いますのでよろしくお願いします。



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1430053602

【上条「美琴ーでえといくばい」 御坂「ちょまっとって///」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてCUCUがお送りします 2013/06/17(月) 14:19:47.83 ID:5jkpe95t0
それは、私、上條当麻が『アレ何とかさん』の事件が解決し、『とある暴食の禁書目録』もとある事情でご退場になり、平和や寂しさを感じていた時でした。



コンコン

上条「はい」

浜面「よぅ、大将。しばらくこいつ預かってくれませんかね」ツクリワライ

上条「不幸だ」ハァ


http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/

とある魔術の禁書目録 頂点決戦 公式コンプリートカードブック

アスキー・メディアワークス
売り上げランキング: 257,164
【浜面「よぅ、大将。しばらくこいつ預かってくれませんかね」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報KINPATUがお送りします 2015/04/26(日) 00:13:16.53 ID:3pYUkv3CO

もしも学園都市が九州地方にある設定での小ネタです。方言は九州弁といいますが佐賀弁よりなので悪しからず

方言なので理解は難しいと思いますが投下していきます。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1429974796

【上条「また、ビリビリばい」 御坂「なんか文句あっとね!!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

上条「この天然フラグメーカー娘が……」美琴「……くしゅんっ!」 前編

613: 幕間・ステイル&小萌編 ~その1~ ◆MDOfmX8bYE 2010/10/04(月) 22:35:58.15 ID:XuqH6Igo
~第七学区・商店街~


小萌「しかし、ステイルちゃんがうちに転校してくるとは思わなかったのですよー」

ステイル「正直僕も思いませんでしたよ。それもこれもあのクソ教主が強権発動したからで……」ブツブツ

小萌「? 良く分かりませんが、先生はまたステイルちゃんに会えて嬉しいのです!」ニコー

ステイル「ッ!! そ、そうですか」

小萌「ステイルちゃんは嬉しくないのですかー?」

ステイル「ゴッ、ゴホゲホゴホ……ッ! な、ななな何をッ!?」

小萌「んー?」

ステイル「…………ッ!」

小萌「嬉しく、無いですか?」ウル

ステイル「がふっ!? そ、それは……!」

小萌「なんです?」

ステイル「…………です」

小萌「聞こえませんですよー」

ステイル「ッ! 嬉しいです! 小萌とまた会えて、小萌の生徒になれて……また一緒の時間を過ごせる事が!」

小萌「すっ、ステイルちゃん!? こ、こんな人の多い所で……///」カァァ

ステイル「言わせたのは貴方でしょう!? 僕だってこんな恥ずかしい事言いたくありませんでしたよ!」

小萌「うっ、そ、それは……ごめんなさいです」シュン

ステイル「い、いや。いいんですよ。僕が意地になってたのも悪いんですし」


【上条「この天然フラグメーカー娘が……」美琴「……くしゅんっ!」 後編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2010/08/24(火) 13:47:45.15 ID:z.H3krw0
美琴「……?」グスグス

一方通行「どうした、超電磁砲。風邪かァ?」

美琴「んー、多分誰かが噂でもしてるんじゃないかな」

一方通行「ならいいけどよォ。レベル5が風邪でダウンとか間抜けにも程があるしなァ」

美琴「そうね。アンタも気をつけなさいよ? ただでさえ健康とは対極にありそうな見た目してるしね」

一方通行「余計なお世話だ超電磁砲。これでも最近は気を使ってる方なンだよ」

美琴「アンタが? ププッ、似合わないわね!」

一方通行「チッ、わかってンだよそンくらい」

一方通行「ただ、打ち止めの奴がうるさいからなァ……」

美琴「あー、なるほど。あのコもすっかり世話焼き女房が板についてるのかしらね」クスッ

一方通行「ったく、ウゼェったらねェよあのクソガキ」ブツブツ

美琴「こーらっ、そんな事言わないの。アンタの為を思ってるからでしょ?」

美琴「アンタなんかに私の大事な妹任せてるんだからもうちょっとシャキッとしてよね!」ズイッ

一方通行「お、おォ……(って、顔近ェ!)」ドキッ

美琴「って、聞いてるの? 第一、アンタは打ち止めを邪険に扱いすぎなのよ!」

一方通行「そうは言うけどよォ。イチイチ構ってると調子付いて離れなくなるんだよなァ……」

美琴「それはそれだけ慕われてるって事でしょ? もっと喜びなさいよ」

一方通行(ウゼェ……小姑かコイツは? まァ似たようなもンだけど……)


上条(一方通行と御坂? 珍しい組み合わせだな)

上条(普通に仲良く話してるよな……? 何話してるんだろうあいつら?)

上条(何か楽しそうだな……喜ぶべき事、なんだよな?)ハァ…

ユニオンクリエイティブ とある科学の超電磁砲T 御坂美琴 ノンスケール PVC&ABS製 塗装済み 完成品フィギュア
【上条「この天然フラグメーカー娘が……」美琴「……くしゅんっ!」 前編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/26(火) 21:03:16.24 ID:5Y/PROiH0
一方「おいッ!」ガラッ

一方「入部希望だ。」

京子「お!?ま、まさかの新入部員!?」

結衣「珍しいなー。」

引用元: 上条「お前部活決めたのか?」 一方「あァ?娯楽部だよ。」 


 

  【上条「お前部活決めたのか?」 一方「あァ?娯楽部だよ。」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/25(月) 18:29:53.34 ID:LOmdsU9o0
上条「よう、早かったじゃねえか・・・」

黒子「と、当然ですわ・・・遅れたら何をされるかわかったものではありませんもの・・・」

上条「ククク・・・よく似合ってるぞ?」

黒子「こ、この私にこんな格好をさせるなんて・・・」

上条「ククク・・・そんなに顔を赤らめておきながら外を堂々と歩けるなんて、実は期待してたんじゃねーの?」

黒子「そんなわけありませんわ!!」

上条「じゃあ着替えたらどうだ?」

黒子「そんなことをすれば、お姉さまにさせるおつもりでしょう?」

上条「わかってるじゃねーか」

黒子「なんて卑怯な・・・こんな・・・制服での外出をを義務付けられている私にワンピースなどと・・・」

引用元: 黒子「この私にこんな格好を・・・」上条「ククク・・・」 


 

  【黒子「この私にこんな格好を・・・」上条「ククク・・・」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 21:50:12.47 ID:0Nus4d+qO
上条×アイテム(黒夜もいる)です。

投下は不定期です。

第三次世界対戦が終わって何ヵ月後の話

では、始めます!




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1428756612

【上条(お腹…すいた…)フラフラ絹旗「んっ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: とある部 2015/04/03(金) 17:03:51.44 ID:/UQMoP3VO
上条「ふと、思ったんだが」

御坂「うん」

上条「このとあるシリーズに出てくるキャラって奇抜な名前多いよな?」

上条「それに比べて俺たちって普通すぎやしねえか?」

【上条「なあ御坂?」 御坂「な、何よ!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆AX0WXwbpwQT/ 2015/04/02(木) 20:20:15.09 ID:U2uaVx2mO
上条(い、今たしか……女口調になったような……)

インデックス「ど、どうしたの?なんか悩みがあるの?」オドオド

上条「悩みならあるぞ。居候が大食い」

インデックス「……テヘッ」

上条「まったく……」

上条「あんまり食べちゃ太ちゃうゾ☆」キラッ

インデックス「」

上条「あ、あれ?」


【上条「インデックスおはよ☆」キラッ禁書目録「」上条「あ、あれ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/11(金) 21:14:38.58 ID:XMcbRgVq0
ロシアでも行間ヒロインだったビリビリが、
その後の世界ではがんばっちゃうはなし。

 

※登場人物

ビリビリ →暴走レールガン
上条 →ガチで無能力
黒子 →平常運転
初春 →黒春
吹寄 →でこ
御坂妹 →安心のVIPPER
打ち止め →ひざカックン
ステイル君14歳 →ビリビリが天敵
小萌 →大人の先生

こんな設定の人物が出てくる予定。

 

  【上条「キミハダレ?」 美琴「私は、ア、アンタの恋人よ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 11:59:46.88 ID:ZwXnTqxp0
絹旗「つまり、他の仲良しどもを超ボコってしまえばいいんですよ」

絹旗「ふっふっふっ、さすが私ですね。超賢いです」

絹旗「まずは、クラスメートの無能力者どもからですよ」

絹旗「私の調査によると、何もしていないのに上条当麻に暴力を振るう女がいるとか」

絹旗「超許せませんね」

絹旗「天誅、いえ、人誅です」



 という絹旗無双はどうか

引用元: 絹旗「上条当麻と超仲良くなりたいです」 


 

とある魔術の禁書目録(18) (ガンガンコミックス)
鎌池 和馬 近木野 中哉
スクウェア・エニックス (2016-11-22)
売り上げランキング: 13,043
【絹旗「上条当麻と超仲良くなりたいです」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/31(日) 23:34:44.31 ID:WjEJQN190
不良A「君かわいいねー。俺たちと一緒に遊ばない?」

美琴「ひぇ!? わ、わた、私ですか?」ビクッ

不良B「怖がっちゃって、ますますかわいいなー。大丈夫、優しくしてあげっから」

美琴「あ、あの、私なんかと遊んでもたぶんつまんないっていうか絶対つまんないっていうか…」

不良C「俺たちと遊ぶのそんなに嫌? 傷つくなー」

美琴「い、いえめ滅相もございません! ただ日を改めていただけると私としても嬉しいと言いますか…」

美琴(誰か…誰か助けて…)グスッ

上条「お、おまたせー。遅くなってごめんな」

美琴「ふぇ…?」

 

  【上条「よぉ、ビビリ中学生」 美琴「ビ、ビビリじゃないです…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆HVzqEIcQBs 2014/02/15(土) 03:41:32 ID:eiR7cnj6
梅原「よお、大将」

橘「ああ、なんだ梅原(ウメハラ)か」

梅原「って橘(タチバナ)よお、親友の梅原君に向かって『なんだ』はねえんじ

ゃねえか?」

橘「はは、ごめんごめん」

梅原「……んまあいい、今年ももうすぐクリスマスだな!」

橘「うん、去年は色々あったよね」

梅原「ああ、本当に色々と……」


 

  【 橘「とあるとアマガミが交差するとき」上条「物語は始まる!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/19(水) 23:07:33.41 ID:/8cGoiP00
咲「良かったら見学しませんか?」

上条「ふ――ん……。でも俺、家では腹ペコシスターの料理を用意しないといけないからなぁ」

京太郎「お―――い、咲……何やってんだ?」

咲「あ、京ちゃん、実は、窓の外から落ちた麻雀牌がこの人の頭にぶつかっちゃって」

上条「たんこぶが出来たついでに勧誘されてたってわけで」

咲「ごっごめんなさいっ!」

京太郎「あ――それはすいません……って、当麻じゃん」

上条「京太郎は部活か?」

京太郎「ああ、当麻はもう帰宅か?」

上条「そうだったんだけど……」

咲「ほら、京ちゃんからも」

京太郎「あ? ああ……せっかくだから寄ってかないか?」

上条う~~~~ん…………じゃあ、ちょっとだけな」

咲「やった! 京ちゃん、勧誘頑張って」

京太郎「はは……ま、気にいったら入ってくれよ」


 

咲日和(6) (ビッグガンガンコミックス)
木吉紗
スクウェア・エニックス (2016-12-24)
売り上げランキング: 10,441
【上条「清澄高校麻雀部?」 咲「そうです」】の続きを読む

このページのトップヘ