えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

俺ガイル

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆WQ1KGlrIr6 2022/06/18(土) 22:50:28.02 ID:PeoeO8qV0
ウチの姫さまがいちばんカワイイとのクロスSSです


八幡「どこだ……ここは……」

八幡(周りは森…とても現代日本の千葉とは思えん)

八幡(まさか……これが噂の異世界転移ってやつか)

結衣「ねえヒッキー」

八幡「うおっ、ビックリさせるなよ由比ヶ浜」

結衣「あたし……ここ見覚えがある気がするの」

八幡「えっ、マジ」

ガサッ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1655560227

【【俺ガイル】八幡と由比ヶ浜、異世界へ行く】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/29(金) 10:26:38.54 ID:TH3zxmNe0
八幡「ただいまー・・・」

小町「あ、おかえりー・・・って、どしたの?目がいつもより消費期限切れてない?」

八幡「お兄ちゃんの目を腐りもの扱いするのはやめようね?」

小町「腐った根性を正してから言おうね?それでどうしちゃったのさ?優しさと慈愛の精神に満ちた小町がここに居るんだからさ!なんでも聞いてあげるよ?」

八幡「おぉ・・・小町・・・お前ってばホントは女神か天使なんじゃないのか・・・?」

小町「お兄ちゃんの心の拠り所は小町しか務まらないもんねー。あっ、今の小町的にポイント高い!」

小町「・・・それで?どうしたのお兄ちゃん・・・?」

【小町「覚えてるよお兄ちゃん」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆Sz9dDf2oO. 2016/04/27(水) 01:19:20.10 ID:UL7I6J3e0
三浦「マジでムカつくし!」

結衣「どしたの、優美子?」

三浦「なんか、ウチの高校の裏サイトみたいなヤツで、隼人がボロクソ言われてるらしいし!!」

結衣「へ!?なんで??隼人くん、人気者じゃん???」

三浦「だしょ!?てか何がムカつくって、なんも知らないバカが、勝手にあーしとかに同情したりしてるらしいし!!」

結衣「優美子、なんか同情されるようなことあったっけ・・・?」

【三浦「マジムカつくし」結衣「どしたの、優美子?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 13:11:37.21 ID:JakBFMS50

雪乃「それで?どうなのかしら?」

八幡「なにがだ?急にどうなのかしらと言われてもわからん」

雪乃「全く…由比ヶ浜さんのことよ、わかっているでしょ?」


八幡「今日来るの遅いな」

雪乃「さっきメールがあって、今日は来ないみたいね」

八幡「ふーん、そうか」

雪乃「気にしてない振りがへたくそね」


八幡「…」

雪乃「振られたんだから、仕方ないでしょう?」

八幡「異議あり、まず告白してないから振られてません」

雪乃「そんなことはどうでもいいのよ、ウザタニ君」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1460866297

【八幡「由比ヶ浜…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 10:19:16.44 ID:AEI3l3SP0
いろは「葉山先輩、お疲れ様です!」

葉山「ああ、ありがとういろは」


スポーツドリンクの入ったボトルとタオルを受け取りながら、葉山先輩は今日も爽やかに笑う。

汗で瑞々しく潤う体、豪快にドリンクを喉に運び込む仕草、首にかけられた真っ白なタオル、そのどれもがクールで、かっこいい。

やっぱり、何をしても絵になるなぁ、この人。
他のマネージャーや部員にねぎらいの言葉をかけていく葉山先輩を見ながら、ぼんやりとそんなことを思う。

容姿端麗、文武両道。そして三年生になっても変わらず朝練に参加し部のモチベーションを保ち続けるそのリーダーシップ。

完璧超人とは、まさにこの人のことをいうのだろう。わたしの永遠の憧れ。叶わないと思っていても、願わずにはいられない。

だから生徒会長になった今でも、たまにこうしてサッカー部の朝練に付き合ったりしているのだ。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1460855956

【いろは「葉山先輩から遊園地のペアチケットを貰った」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/27(日) 02:21:50.70 ID:VO576a0C0
※キャラ崩壊注意




TV<続いてのニュースは千葉県で起きている連続殺人です

TV<被害者は○人、いずれも若い男性で……

TV<……複数、単独犯両方で捜査を……





prrr prrr


雪ノ下「平塚先生? 珍しいわね。はい、雪ノ下です」

比企谷『雪ノ下か! 頼むヤバイんだ! 助けてくれ!』

雪ノ下「そう。それじゃ頑張って」ピッ


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1398532910

引用元: 比企谷「雪ノ下ヤバイ!助けてくれ!」

 

【比企谷「雪ノ下ヤバイ!助けてくれ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/23(金) 09:20:29.90 ID:V7kxZdEb0
雪乃「それで買ったはいいのだけれど使い方が全く分からないのよ」

八幡「ほー…それで?」

雪乃「それで…その…少し手伝ってほしいのよ」

八幡「あー、まぁいいけどよ」

雪乃「それでこれがそのインターネットよ


八幡「パソコンな、つーかなんで学校に持ってきてんだよ」

雪乃「いいじゃない、それより少し設定してくれないかしら?」

八幡「いいけど…えーっと…検索履歴…」

『nihongogautenainodakeredo』

八幡「………」

  【雪乃「新しいインターネットを買ったわ」八幡「パソコンな」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆eRDUfXaGp2 2016/03/19(土) 07:10:05.46 ID:SpttmkRNo

-部室-

八幡「うす」ガララ

雪乃「こんにちわ。」

いろは「先輩おそーい!奉仕部員の自覚あるんですか!?」

八幡「いきなりなんだよ…というかそもそもお前部員じゃないだろ」

いろは「細かいことはいーんですーとにかく待ってたんですよ!」

八幡「いや平塚先生に呼びだされてな。でなんだそわそわして。」

いろは「それはですね!今クラスで流行ってるゲームがあるんですけどー超面白いんですよ!」

いろは「なかなか心理戦でー奉仕部のみなさんともやってみたいなって。先輩こういうの好きそうだと思います。」

雪乃「ゲームの名前はワンナイト人狼と言うそうよ。人狼ゲームという名前は聞いたことがあるけれど」

八幡「ワンナイト人狼?確かに人狼ゲームは聞いたことあるが」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1458339005

【八幡「ワンナイト人狼?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆9K3QvrUluE 2016/04/15(金) 23:45:13.39 ID:PrT2DjiPo
平塚「比企谷、この舐めた作文は何だ?」

八幡「いや、高校生活を振り返ってのテーマに沿って書いたつもりですが?」

平塚「アニメと読書のことしか書いてないじゃないか!」

八幡「はぁ」

平塚「それにスレイヤーズや爆れつハンターが入ってないぞ!!」

八幡「流石にそれは世代じゃないので」

平塚「うっ。……いや、しかし名前を知ってるだけでもましか……」

八幡「それで作文は書き直せばいいんですか?」

平塚「当たり前だ。それと君は友達はいるか?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1460731513

【八幡「死ねばいいのに」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: おもち 2016/03/10(木) 22:13:34.60 ID:FHMOWyXZO
注意!
このスレは【勝手に再編集】シリーズ第1弾です。

途中で終わってしまった作品の
続きを勝手に書いて投稿する
と言う趣旨のものです。

…こういうのって、怒られるのかな?
とりあえず、やってみる。
怒られたらやめます。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1457615614

【【勝手に再編集】八幡「余命一年…ですか」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆9K3QvrUluE 2016/03/11(金) 00:19:42.71 ID:zrY/qGk4o
折本「うん。なんかあたしの声がそのアニメのヒロインの声に似てるんだって」

八幡「誰が言ったんだ?」

折本「クラスメイト。あたしの声が声優と似てるとかウケる」

八幡「いやウケねえから。それで?」

折本「比企谷ってアニメ好きじゃん? だからDVDとか持ってそうだから貸してくれるかなーって」

八幡「DVDは持ってないな。バイトもしてない高校生じゃ買えねえよ」

折本「そんな高いの?」

八幡「多分七、八千円くらいすんじゃねぇの」

折本「そんなにすんの!?」

八幡「ああ。ていうか借りるならレンタルショップで借りればいいんじゃね?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1457623182

【八幡「ソードアート・オンライン?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/13(土) 03:30:01.91 ID:E43JOGRm0
姫菜「ヒキタニくん、よろしくね♪」

パタン

雪乃「なんだったのかしら......」

結衣「ん?ヒッキー?どしたの?」

八幡「......面倒だな」

結衣「へ?なにが?」

雪乃「面倒、というと?」

八幡「つーか、お前ら今の海老名さんが言ってる事の意味がわからないのか?」

結衣「いつも姫菜が言ってる男同士が、ってやつだよね?」

八幡「......簡単に言うと私は誰とも付き合う気がないって事だよ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1455301801

【姫菜「じゃ、そういうことで。修学旅行でもおいしいの、期待してるから」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: こんな感じで 2016/01/20(水) 23:13:05.08 ID:cEL/4L/o0
問題
<国語>
『吾輩は〇〇である。名前はまだない』
〇〇に入るものを答えなさい。


比企谷八幡の答え
「猫」
教師のコメント
サービス問題です。これを間違えたらぶん殴ろうかと思ってました(笑)




戸部翔の答え
「犬」
教師のコメント
ぶん殴ってやろうか。

由比ヶ浜結衣の答え
「名前はまだないそうです」
教師のコメント
その発想はなかった。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1453299184

【八幡「バカテスト?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆AIo1qlmVDI 2016/01/20(水) 20:51:08.38 ID:wQ4h8JoDO
八幡「何でですか?」


静「幹事から連絡があって、男性側に一名欠員が出たみたいでな」


八幡「いや、だからって教え子に声掛けますか普通」


静「君以外に候補があるならとっくに頼んでいる。というよりも合コン行かせるより私が捕まえるに決まっているだろう」

八幡「あっ…」


静「…」プルプル

八幡「あの…」


静「女の幸せを掴みたいんだ…」ブワッ


八幡「…」


静「私はもう三十路で、後がないんだ…頼む比企谷、費用は私が持つから!」ペコペコ


八幡「わ、わかりましたよ」

静「ありがとう比企谷!」パアッ


八幡「でも、俺まだ未成年だし目上の人達の中で浮きませんかね?」


静「安心しろ比企谷、君はすでにクラスで浮いているだろう?」


八幡「合コン行かねえぞ崖っぷち教師」


静「わーわー!すまん!冗談だから!」


八幡「まったく…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1453290668

【八幡「俺も合コンに出ろ?」静「そうだ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/20(水) 00:31:37.66 ID:EkHWdM+30
俺ガイルss

小町主役です

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1453217497

【比企谷小町は寂しい】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆A95oCT.s2k 2017/06/18(日) 17:59:32.89 ID:/+LAMdvF0
・設定と注意点・

細かい部分は省略し、高校3年生の6月18日を舞台に原作3巻の結衣の誕生日パーティーのメンバー+αで彼女の誕生日を祝福しようというお話です。

クラス替えは無し、2年から全員そのまま同じクラス(F組とJ組)へ進級しています。
小町は総武高校1年生として奉仕部へ入部、部員は雪ノ下雪乃、由比ヶ浜結衣、比企谷八幡、比企谷小町の計4名。

途中、八幡と海老名の両名とで視点が交互に切り替わる箇所あり。

無茶苦茶長いです。

多少無茶な展開があったり、出て来ないキャラがいても気にしない点をどうぞご理解ください。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1497776372

引用元: 八幡「異本・たとえばこんなバースデーソング」 


【八幡「異本・たとえばこんなバースデーソング」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 02:23:34.21 ID:LVsT8+b50
雪乃「あら。それは平塚先生に言われたのかしら」

三日月「そうだよ。ここに入れば俺が変われるとか言ってたからね」

結衣「たしか隣のクラスの三日月…君だよね?」

三日月「三日月・オーガス。それが俺の名前」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1452792214

【八幡「進入部員?」三日月「うん。この部活に入れって言われたから」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/14(月) 00:19:06.55 ID:9/5QR3aM0

お題をもらって短編集

適当なキーワードとキャラを指定してもらいながら短編集を書いていく

キャラ指定無しでもOK




ゲーム

雪乃



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1397402346

引用元: 【皆で】八幡「どこにでもある日常風景」【短編集】

 

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 Blu-ray BOX(初回限定生産)
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2017-10-25)
売り上げランキング: 193
【【皆で】八幡「どこにでもある日常風景」【短編集】前編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆.XibMUKIvI 2016/01/11(月) 17:58:34.63 ID:Pi11uMdl0

強い風が窓をかたかたと揺らしていた。

特別棟最上階に位置するこの部室には、海岸沿いにずらりと並ぶ防風林も意味をなさないらしく、時折がたぴしと潮を含んだ風が窓に打ち付けられる。
普段はさして気にもしない。けれど、ひと際風の強い今日のような日であれば別だ。
本を読んでいても、窓が音を鳴らすたびに現実に引き戻される感がある。

そうなると、ここで集中して読書をするのは少し難しい。

それは俺以外のふたりも同様で、さながら台風のような強風が吹き付けると、由比ヶ浜はたまらず窓の方を見つめた。

「……今日の風すごいねぇ」

「そうね。確かに気になるわ」

【どうにも、比企谷八幡は彼女のお願いに弱い】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 20:33:11.36 ID:wv81jUxHO
葉山「勝ったんだ俺は…マラソン大会の時でもそうだった」

戸部「う、そうかーヒキタニ君にね…」

葉山「彼は強敵だな…その外見とは裏腹にいくつもの武器を持ってる」


海老名「ヒキタニ君、ちょっとかわいそうじゃないかな?」

戸部「そうそうだって隼人くん~、俺らヒキタニ君に助けてもらってたじゃん?」

葉山「かわいそう?これは勝負みたいなものであって決してイジメじゃないぞ?」

海老名「周りからしたらイジメに見えるよ…

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1452425591

【葉山「比企谷との勝負」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 01:44:30.70 ID:U4re9SK50
※キャラ崩壊注意



prrrr

雪ノ下「はい、雪ノ下です」

結衣ヶ浜『あ、ゆきのん!ヤバイの!助けて!』

雪ノ下「落ち着いて由比ヶ浜さん。状況を説明して頂戴」

結衣ヶ浜『無理無理無理!ヤバイんだって!』

雪ノ下「だから何があったのか説明しなさいと言っているの」

結衣ヶ浜『説明って言ったって、ちょ!痛い!』

雪ノ下「! 由比ヶ浜さん!お願いだから落ち着いて!」

雪ノ下「大丈夫。私が何としてでも助けてあげるから、ね?」

結衣ヶ浜『うぅ……ご、ごめん』

雪ノ下「ゆっくりでいいの。ちゃんと聞くから」

結衣ヶ浜『あの、その……えっと。……!痛っヒッキー痛い!』

雪ノ下「あの男がそこにいるの!?何されてるの!?結衣ヶ浜さん!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1397666670

引用元: 由比ヶ浜「ゆきのんヤバイの!助けて!」

 

【由比ヶ浜「ゆきのんヤバイの!助けて!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/04/17(日) 16:02:32.80 ID:xzA5bMBu0
由比ヶ浜「ウギギギギ」

八幡「お、落ち着け由比ヶ浜!」

雪ノ下「今日の餌はさっきあげたはずよ!」

平塚「ふむ…餌の質を下げたのが悪かったようだ」

由比ヶ浜「グルルルガウ!!」

平塚「や、やめろぉぉは、離せ!由比ヶ浜」

平塚「イダイイダイ!!た、たすけろ!比企谷!雪ノ下」

八幡「う、腕が血まみれだ…」

雪ノ下「まずいわね…私たち手ぶらの2人じゃ由比ヶ浜さんを抑えられないわ」

由比ヶ浜「グゥゥゥガウ!!」ブチィィィ

平塚「ぉぉぉ腕が…私の腕が食いちぎられた」プシュー!

由比ヶ浜「…」モグモグ

由比ヶ浜「ひひひ」ニチャァ

平塚「ふ、フフフフフあはははは!!由比ヶ浜は人の味を覚えた!!もう手遅れだ!終わりだ!お前ら2人も由比ヶ浜に食われr

由比ヶ浜「ガゥ!」モグモグ

八幡「首を噛みちぎられた…」

平塚「」ニヤニヤ

雪ノ下「も、もう終わりだわ」

由比ヶ浜「ギギィ」スヤスヤ

八幡「腹が一杯になって寝たのか…」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1650178952

【由比ヶ浜「ギ?」八幡「うわぁぁぁぁ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 02:25:13.06 ID:+59ymnqZo
ーvsボロス戦直後ー

サイタマ「は?別働隊が居た?」

ジュノス「えぇ。どうやら本隊とは遅れてやって来たようで、しかも異なる場所に出現した様です。」

サイタマ「ふ~ん。状況は?」
ジュノス「我々が本隊と戦闘している間にメタルナイトが監視をしていたようです。先ほど他のメンバーがメタルナイトから送られてきた映像を確認し、現場に向ったのですが…」

サイタマ「何かあったのか?」


ジュノス「とある高校が丸ごと、人質に捕られた様です…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1453051512

【八幡「孤独なヒーロー」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 00:58:15.20 ID:I5qSsOoh0
ある日、奉仕部にて……


由比ヶ浜結衣「今日は誰も相談に来ないね」

比企谷八幡「ああ、そうだな」

雪ノ下雪乃「そうね。まあ本来、依頼がないような状況の方が平和で良いというものよ」

八幡「それだと、部の存続にも影響するがな」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1453046295

【比企谷八幡「ディズ○ーランドのトイレを修理することになった」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆xGYbWl71YI 2022/04/16(土) 09:11:09.97 ID:GpYGuo5K0
いろは「さあ先輩、今日はかわいい後輩の誕生日」

いろは「早くプレゼントを渡すといいですよ」

八幡「しょうがないな、ほれ」

いろは「ありがとです……って何ですかこれは」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1650067869

【いろは「今日は」八幡「一色の誕生日」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/02(土) 09:33:27.93 ID:cjbCfg1B0
奉仕部の部室


雪乃「比企谷くん、お茶のおかわりはいるかしら?」

八幡「別に」


雪乃「別にだけではわからないわ、いるの?いらないの?」

八幡「いらない」

雪乃「そう」


結衣「ねえ、ゆきのん~この問題難しいよ~」

雪乃「ええと、それは…」


八幡「…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1451694807

【八幡「いつもと変わらない」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/27(日) 20:06:46.94 ID:Sus3jbTx0


4月、小町ちゃんは受験戦争の荒波を乗り越えて晴れて高校へ入学したのです!


それもお兄ちゃんや雪乃さんたちが通うあの総武高校にです!


でも…残念なことに小町の家族はこの高校入学を誰も祝ってくれません。


お母さんやそれに小町LOVEなお父さん。


それに小町超激LOVEなあのお兄ちゃんでさえ…


小町はたった一人、親族が誰もいない入学式に出席中…正直寂しいです…


小町は比企谷家の長女でこの家のみんなから愛された天使のような存在…のはずだった…


入学式の今日…あの子が生まれるまでは…


【小町「妹の憂鬱…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆u.YrmjNerc 2015/12/27(日) 10:04:30.21 ID:XnkNpEdr0


 in 奉仕部

結衣「・・・・・・」ガツガツガツ

雪乃「・・・・・・」オロオロ

八幡「・・・・・・」ジーッ

結衣「・・・・・・」ゴクゴクゴク

結衣「ゆきのーん♪ 紅茶お代わり♪」

雪乃「由比ヶ浜さん、少し飲みすぎよ・・・もう9杯目「紅茶!お代わり!」・・・はい」

八幡 (由比ヶ浜の機嫌が悪い)


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1451178270

【結衣「戻りたいな高校時代に・・・奉仕部に・・・」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/22(木) 04:05:37.43 ID:uKo32jjg0
イムヤがいろはすに入れ替わったら、と言うだけの短編です。
ギャグ書きたかったのに何故かシリアス寄りに…

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1498071937

引用元: 【俺ガイル】伊168「もう、先輩!いろは、ですよ?」【艦これ】 



【【俺ガイル】伊168「もう、先輩!いろは、ですよ?」【艦これ】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆t3CR7f4MbOa8 2015/12/19(土) 12:36:08.74 ID:ssj0m8a6O
雪乃「ええ」


結衣「なんか楽しそー!!」


八幡「もうメールの方で相談受け付けてるしいらないだろ」


雪乃「利用者に偏りがあっては意味無いでしょ?」


結衣「だいたい中二と平塚先生だもんね」


八幡「俺はどうなっても知らないからな?あそこを利用するやつなんてニートみたいなやつばっかなんだぞ」


雪乃「そうやって偏見でものを言うのは良くないわニート予備軍君」


八幡「もはや原型とどめる気ないのな」


結衣「あっ!早速こんなの来てるよ!!」

>>3

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1450496168

【八幡「ネッ掲示板で相談を始める?」】の続きを読む

このページのトップヘ