えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

俺ガイル

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/18(水) 21:33:21.34 ID:s1gNUGbrO
 
三年生の話


短いです




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1403094801

【雪乃「誕生日プレゼントよ」 結衣「ありがとーゆきのーん」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/13(木) 17:43:21.45 ID:FoTeOGpg0
比企谷「…で、平塚先生はゲームセンターで何してんですか」

平塚「見て分からないかね?」

比企谷「ゲーム…」

平塚「その言い方では誤解があるな」

比企谷「声出しながら思いっきり楽しんでたじゃないですか。正直そんな女性はどう…」

平塚「……」

比企谷「ど、童心を忘れない素敵な女性ですよね、ほんと最高」


【比企谷「俺も好きですよ」平塚「!」ガタタッ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2 : ぼっちー :2013/09/22(日) 21:27:56 dQIEDCx.
12月23日祝日
終業式を前日に終え、ぼっちライフを送っている全国の高校生にとって、2週間誰とも関わらなくていいというまあ小休止のような期間が始まった。今年はそれが満喫出来ないんだけど。


【八幡「白い雪もいつかとけて明日を描く」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/01(土) 05:28:40.16 ID:nFyTNXkm0
雪ノ下「ねぇ、比企谷君、黒歴史って何かしら」

八幡「……いきなりどうした」

雪ノ下「いえ、以前あなたが部室で黒歴史がどうのと頭を抱えていたのを思い出して」

八幡「……あー、あったな」

八幡「というかあれ見てたのお前、あの時平塚先生のとこ行ってなかったか」

雪ノ下「ええ、ちょうど話終わって戻って来たら気持ち悪いゴミク……いえ、比企谷君がそう言ってたところだったのよ」

八幡「誤魔化せてないから、完全に伝わってるから」

八幡「……あー、つーかまじか。新たな黒歴史確定なんだが」


【雪ノ下「黒歴史?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/01(土) 18:44:55.52 ID:4Gx6Vo9F0
八幡(席替えして場所がカドになったのはいいが・・・前がこいつか)

三浦「何かヒキオに終始覗かれてる感じ」

八幡「はぁ?人を覗き魔みたいにいうな、見てねぇから」

三浦「ならいいけどぉ」

八幡(なんでわざわざ話しかけてくるんだよ・・・寝よ)

三浦「ちょっと折角あーしが話してるのに寝ようとしてるわけ?」

八幡「なんで駄目みたいにいうんだよ、別に迷惑かけてないだろ」

三浦「はぁ?あーしが暇になるでしょ」

八幡「だったら由比ヶ浜とか葉山と話せよ」

三浦「休み時間までわざわざ移動してめんどいし」

八幡「じゃあスマホでもいじってろよ」

三浦「ヒキオ弄ってるほうが面白そうだし」

八幡「うわぁめんどくせぇ・・・」

三浦「ヒキオ面白い話でもしてよ」

八幡(でたよリア充の無茶振り・・・)

【八幡(窓際後ろの席で前は三浦かよ)三浦「ヒキオの前ねぇ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 1 ◆otNZqYYssM 2014/02/14(金) 23:42:54.67 ID:TKOcO1dq0

2月14日それは男にとって夢の日であり絶望の日である

勝者は多くの物を手にいれ弱者は手にいれることが出来ない

それが、このバレンタインデーというものだ

そう考えれば小学生の頃から俺たちは社会の現実……弱肉強食を身をもって体験していると言える

こんな風習を作ったお菓子メーカよ

爆発しろ



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1392388974

【やはり俺のバレンタインデーは間違っている】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/14(金) 22:26:27.11 ID:64VeI9f30
八幡「合宿?」

雪ノ下「ええ、テスト前日なので部室に泊まり勉強をしないかしら」

由比ヶ浜「ヒッキーと同じ部屋だと何されるか分かんない・・・」

八幡「別に何もしねぇよ」

雪ノ下「寝泊まりの際は比企谷くんとは別の部屋にするつもりよ」

由比ヶ浜「じゃあヒッキーと同じ部屋で寝なくていいんだね!」

雪ノ下「そういうことになるわね」

一瞬、雪ノ下がゴミを見るような目つきで由比ヶ浜を見ていたのは気のせいだろうか


【八幡「全て嘘だったのか・・・由比ヶ浜」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/11(火) 23:54:10.82 ID:qmw41F360
由比ヶ浜「いたずらしたの誰っ!?」

雪ノ下「・・・」ドキドキ

八幡「ば、バグだろ」ドキドキ

由比ヶ浜「そっかー!バグかー!」

雪ノ下「ほっ・・・」

八幡「ほっ・・・」

由比ヶ浜「ってンなワケねぇぇだろオオオオオオオオ!!!」ガシャーン


【由比ヶ浜「ぼ、ボックスのポケモンが全部やなっぷになってる・・・」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 23:05:42.32 ID:PScIMWsA0
いろは「先輩…こんな所に呼び出してすみません」

八幡「まあ本当は嫌だったんだけどな。お前にあまり会いたくないし」

いろは「とか言いつつ来ちゃう先輩も可愛らしいですよ?」

八幡「というか、お前が生徒会室に来いっていう以上、何か手伝わされるのが目に見えてるからな。どうせ断っても奉仕部を経由されたらそれでしまいだ」

いろは「さっすが先輩!頭の回転が早くて助かりますよ~」

八幡「ハイハイ。それで、どういう用件なんだ。手短に頼むぞ」

いろは「実はですね、私と付き合って欲しいんですよ!」



【八幡「やはり俺の後輩は可愛い彼女である」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 02:20:20.34 ID:DbXbI3Kw0
ガチャ

静「ただいま~」

静「って誰もいないか、ははは」

静「えっと…お、手紙か。何々…」

手紙『静~!元気にしてる?私達結婚することになりました!式場の場所書いておくので来て下さい!』

静「……ふん、くだらん。」ポイッ

カシュ ゴクッ ゴクッ

静「ーーぷはぁ!」

静「私も今日でーー歳…か…。」


【平塚静「私もついにーー歳か…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/04(火) 22:11:32.56 ID:HdbTRzHB0
雪ノ下「………」

由比ヶ浜「………」

ラオウ「………」

八幡(……部室内の空気が重い
    八幡大菩薩でも裸足で逃げ出しだすレベルだよ)

八幡(あれもこれもこの平塚先生がこの男を連れてきたからだよ
    どうしてこうなった…)


【八幡「無想転生…?」ラオウ「うむ…。」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/03(月) 22:16:54.56 ID:QWAT9BLi0
葉山「」ビクッ

比企谷「誰だそれは!」

三浦「ちょ!どーしたのヒキオ!」

比企谷「人の名前間違えてんじゃねぇよ!!!!」バァン!

三浦「ひっ」

由比ヶ浜「ど、どうなってんの…」

【葉山「ヒキタニくん」 比企谷「あぁ!?」バンッ!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/29(水) 23:05:23.00 ID:joBmTKEz0
八幡「あ」

結衣「……」

八幡「す、すまん由比ヶ浜、つい…」

結衣「ヒッキー…ひどいよ!あたしがせっかく頑張ってお料理作ったのに!」

結衣「いくらまz…美味しくないからって吐き出しちゃうなんて!」

八幡「い、いや、これはわざとじゃないんだ!あまりにも衝撃的な味だったんで思わず!」

結衣「何それフォローになってないし!美味しくなかったのはそりゃあたしのせいだけど、吐き出すことないじゃん!」


【八幡「…不味っ!」ペッ 結衣「」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/29(水) 23:54:36.30 ID:BPBkcpPJ0
いろは「私は先輩の事大好きですからねぇ!」

八幡「はぁ?」

いろは「なんですかその適当な返事は!こんな可愛い子にいわれたんですからもっと嬉しそうにしてくださいよ!」

八幡「いやお前の言葉に素直に反応するほど俺は青春を謳歌してないから」

いろは「何ですかそれ?」

八幡「お前みたいなのにそんなこと言われると最初に考えるのが『はいはい罰ゲーム罰ゲーム』だからな」

いろは「ひねくれすぎですよ!大体罰ゲームじゃないですからね!!」

八幡「罰ゲームじゃなけりゃなんだよ?戸塚のセリフでも代弁してくれたのか?それなら喜んで受け入れよう」

いろは「私の本心ですよ!本心!」

八幡「ヘェー」



【いろは「私は先輩の事大好きですからねぇ!」八幡「はぁ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/18(土) 03:47:32.04 ID:7utDyttJ0
雪ノ下「何を言っているのかしら比企谷くん?確かに平塚先生はお綺麗だけれど、あなたのような腐った目を通して綺麗だと思われても、そんなに嬉しくは無いと思うのだけれど」

結衣「そそそ、そーだよヒッキー!」

八幡「俺は他人を褒めることすら許されないのか……。っていうかな、男子高校生ならあの先生が綺麗だとか普通に考えてるからな?」

静「」ドキドキ


【八幡「よく見ると平塚先生って美人だよな…」 静「!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/15(水) 01:51:53.72 ID:m3O8c4HG0
\カンパーイ/

八幡  (うげぇ・・・・だりぃ・・・・・断りゃよかった・・・・)

モブ女「比企谷くん大学はどこなの?」

八幡「一応・・・そこの国立の法経済学部です・・・(ビ  うぜぇだりぃ・・・)」

モブ女「そ、そうなんだ・・」

八幡(だりぃだりぃだりぃだりぃだりぃ。帰って録画したプリキュア見りゃよかったよ)

八幡(もういい、飲み放題なわけだし酔っ払ってやる・・・)

八幡「すいませんー!生もう1杯ください」

八幡(全く、ゼミのやつに強気に誘われてしまって断れなかった俺が馬鹿だった・・)


【八幡「やはり俺は合コンになど来るべきではない。」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/07(火) 21:20:36.29 ID:dpJB6ITZ0
由比ヶ浜「えっ?なにヒッキー?」

比企谷「だから...お前を泣くまで殴るってことだ...」

比企谷「...すまん、なっ」ウラァッ

由比ヶ浜「うわっ!ぐふっ...い、痛いよヒッキー...」

比企谷「もう一発っ」ウラァァッ

由比ヶ浜「がは(ま)っ...ヒッキーやめて...どうしたの?わたしが何かしたかな?...」

比企谷「...うるさい」ハァッ

由比ヶ浜「痛っ、いたいよ...鼻血でちゃったよ...」

比企谷「...っ」ヤァァッ

由比ヶ浜「ぐっ...ヒッキーごめんね...わからないけどヒッキーを怒らせたのは多分わたしなんだよね...ごめんね...」ヒック

比企谷「っ...」スタスタ


【比企谷「由比ヶ浜を泣くまで殴る」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/11(土) 23:02:55.90 ID:lsxRjcU00
雪ノ下「……」

雪ノ下「比企谷君といると体が熱くなるのだけども」

八幡「風邪だな。最近流行ってるらしいな」

雪ノ下「……」

雪ノ下「比企谷君を見てると安らぐのだけども」

八幡「部室は静かだからな。ここにいるだけで安らぐだろ」

雪ノ下「……」


【雪ノ下「比企谷君といると胸が苦しい」八幡「動悸だな気を付けろよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/10(金) 11:34:12.58 ID:wpU4nZt80
雪乃「あぁ、よくCMでやってるアレね?」

八幡「そうだな。CM見て始めた」

雪乃「そう。やるのは勝手だけど、静かにお願いするわ」

八幡「えっ?俺何か言ってた?声を出すようなゲームじゃないんだが・・・」

【雪乃「比企谷君何をやっているの?」八幡「ガールフレンド(仮)」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/03(金) 01:14:10.02 ID:zdIh5uTT0
雪乃「……」ソワソワ

雪乃「……」ソワソワ

雪乃「……はぁ…」

雪乃(今日は1月3日…別に何か有る訳ではないのだけれど…)

雪乃(私の誕生日…今年こそは誰かに祝ってもらえる…なんて…思っていたけれど…)

雪乃(毎年そうだったじゃない…)

雪乃「……はぁ…」


【比企谷八幡「誕生日?誰の?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2023/01/03(火) 09:14:15.02 ID:b99hDoLD0
結衣「ゆきのん明けましておめでとうー」

雪乃「明けましておめでとう由比ヶ浜さん」

小町「雪乃さん明けましておめでとうですー」

雪乃「小町さんも」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1672704854

【【俺ガイル】雪ノ下「奉仕部の皆と初詣」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/28(土) 23:36:27.59 ID:XbQHt1gr0
雪乃「……寝顔は意外とまともなのよね」

八幡「……」スー、スー

雪乃「はあ。……起きなさい、比企谷君。朝よ」ペシン

八幡「……ん?んう」

雪乃「起きたかしら?」

八幡「……お前今デコピンした?」ボー

雪乃「ええ。あなたがあまりに起きないから。もう九時よ」


【雪乃「起きなさい、比企谷くん」八幡「……」スー、スー】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/19(木) 21:35:05.60 ID:XDvZpBk+0
由比ヶ浜「えー!ヒッキーバイク持ってたの!?」

八幡「この前急に欲しくなってな
この前免許と一緒に取ったんだよ」

雪乃「あなたには似合わない趣味ね」

八幡(まぁ漫画の影響なんだけどね)

由比ヶ浜「へー そうなんだ
ツーリングって楽しいの?」

八幡「当たり前だろ
自分が風となって自然を感じるなんて最高じゃないか」


【比企谷「 ツーリングしたいな 」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/18(水) 17:03:51.20 ID:PEbQR2QY0
リョーマ「(時間まだあるなあ。どこか壁打ちする場所ないかな)」

彩加「ねえ、キミ」

リョーマ「何すか?」

彩加「テニスするの?」

リョーマ「まあね」

彩加「よかったら僕達の高校で僕の自主練に付き合ってくれない?」

リョーマ「いいよ。別に」


【戸塚「ねえ、キミ」越前リョーマ「何すか?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 01:54:43.60 ID:duSGPB1I0
比企谷「由比ヶ浜、もしかしてお前サンタの存在信じてるのか?」

由比ヶ浜「え?ヒッキーはサンタ見たことないの?」

比企谷「そもそもな、サンタなんかいn

雪ノ下「比企谷くん」

比企谷「なんだよ」

雪ノ下「サンタはいるわよ」


【由比ヶ浜「今年はサンタさん来てくれるかなぁ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/10(月) 23:47:16.30 ID:vAXpLcdn0
雪乃「いいえ別に、あなたが居ようが居まいが私には関係ないわ。」

八幡「へーへーそうですね」ガタ

雪乃「……」

八幡「なぁ雪ノ下」

雪乃「なに?それとあともう20m程離れてくれない?」

八幡「それこの部屋から出てけってことですか」

雪乃「そんなつもりはなかったのだけれど、気を悪くしたらごめんなさい」

八幡(今日はいつにも増して攻撃的だな雪ノ下の奴…)

八幡(ここは適当に理由つけて戦略的撤退しますか)

八幡「あー、なら仕方ねぇな。雪ノ下がそこまで言うなら今日は帰るか。どうせ由比ヶ浜が後で来るだろ。じゃあな」

雪乃「待ちなさい」



【雪乃「あら、今日も来たのね比企谷くん」八幡「悪いかよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/24(金) 22:12:17.65 ID:yzE0EJ7c0
八幡「毎日電話とメールの嵐なんだが」

雪乃・結衣「」

結衣「ヒ、ヒッキー嘘だよね?」

雪乃「・・・」


【八幡「レポートに将来先生の家に永久就職するって書いたら」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/11(水) 11:32:10.79 ID:O7cT/ZvI0
雪乃「...zzz」

八幡「......」ジー

雪乃「...zzz」

八幡「......」ゴクリ

雪乃「...ん」

八幡「!」ビクッ

雪乃「...何かしら?」

八幡「いや...別に......」

雪乃「......いやらしい」


【雪乃「あなたって、本当に最低の屑だわ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

いろは「…あれ?もしかして比企谷せんぱいですか?」 

いろは「せーんぱい♪」八幡「………」ペラ、ペラ

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/11(水) 03:21:16.92 ID:HdY8947J0
八幡「………ん」

いろは「やっと起きた~。なかなか起きなくて困りました」

八幡「………」ボー

いろは「まだ意識起きてないですねー。ほら、せんぱいの愛しの千葉ですよー。帰ってきましたよー」

八幡「ああ。……すげえ久しぶりだ千葉。愛してるわ」

いろは「てきとうだなー…。ねーせんぱいせんぱい、私は?」

八幡「一色いろはだろ」

いろは「……いや、そうじゃなくてですね。てかせんぱい、わざと言ってますよね絶対」

八幡「まあな。降りるぞ、一色。俺の実家行くんだろ」

いろは「相変わらずなかなかデレてくれないせんぱいだなあ…。はーい、ちょっと待ってください」

【いろは「せんぱーい、そろそろ千葉ですよー。起きてくださーい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/04(火) 17:12:55.94 ID:MnciAIrn0
雪ノ下「……え、ええ。なんだか疲れているようね」

由比ヶ浜「へー。ヒッキー、教室じゃいつも寝てるけど、部室で寝てるとこ見るのは初めてだ~」

雪ノ下「……そうね、私も初めてだわ。……あの、由比ヶ浜さん。あまり近寄らない方が」

由比ヶ浜「へ? ああ、そっか。起こしちゃ可哀想だもんね」

雪ノ下「え、ええ、そう……」

由比ヶ浜「? ……ヒッキーって教室ではいつも机につっ伏して寝てるけど、こんな風に仰向けに寝てるの初めて見るなー」

雪ノ下「そ、そう? ……あの、あまり見るのもよした方がいいと思うのだけれど」

由比ヶ浜「ちょっとならヒッキーだって許してくれるよー! こんな安心して寝てるんだもん。……ヒッキーも奉仕部なら落ち着けるんだね」

雪ノ下「どうかしらね……落ち着かれ過ぎても困るのだけれど」

由比ヶ浜「? まあ、確かにこんなぐでっと寝てるのは、ちょっとおじさんくさ」

由比ヶ浜「あ……」

雪ノ下「…………」

由比ヶ浜「…………」


【ガララッ 由比ヶ浜「やっはろ~! ……あれ、ヒッキー寝てる?」】の続きを読む

このページのトップヘ