えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

俺ガイル

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/12(火) 00:52:18.07 ID:4HpqIf/bO
八幡「うるさあああああああああああああああああああああいいいい!!」

由比ヶ浜「えっ!?どうしたの!?ヒッキーいきなりキレすぎ!」

八幡「俺は筆記用具じゃねえ!!」

由比ヶ浜「知ってるし!てかー!そんなこと言ってないからねっ!?」

八幡「いや、俺はボールペンなんだあああああああああああああああ!!」

雪ノ下「比企谷くんが壊れた・・・」

雪ノ下「なら私も壊れるしかないじゃない!!」

雪ノ下「レリゴおおおおおおお!!!おおおおおおお!!!」

由比ヶ浜「ゆきのんが雪乃女王になっちゃった……」

【八幡「やっはろー!」雪ノ下「やっはろー!」由比ヶ浜「やっはろー!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆/TQHnpZECMgP 2023/06/18(日) 01:51:55.89 ID:/9vwFuV60
由比ヶ浜「やっはろー」

八幡「よっ」

由比ヶ浜「待たせちゃってごめんねヒッキー」

八幡「気にすんな、今来たところだし」

八幡「それよりどこ行く」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1687020715

【由比ヶ浜「サプライズパーティー」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 20:27:31.80 ID:+LtqqvsEO
由比ヶ浜「やめて・・・ゆきのん」

雪乃「やめないわよ・・・貴女はいつもこんなことをしてたのよ」

由比ヶ浜「やっはろーだもん・・・そんなこと言ってないよ」

雪乃「はぁ・・・行動のことよ」

雪乃「貴女はいつもうるさいの」  

由比ヶ浜「挨拶は大事だって・・・」

雪乃「貴女の頭はぽぽぽぽーんのようね」

由比ヶ浜「酷いよ」

雪乃「酷いのはどっちよ」

由比ヶ浜「・・・ヒッキー私・・・悪くないよね?」

雪乃「比企谷君を巻き込むのね・・・」

由比ヶ浜「巻き込むって訳じゃないし!ゆきのんさっきからなんなの?おかしいよ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1430825251

【雪乃「バッファロー」由比ヶ浜「イヤァァァァァ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/03(日) 02:10:44.98 ID:6dsSLF9gO
結衣「私はヒッキーに告白するよ。ゆきのんはどうするの?」



雪乃「私は……私は由比ヶ浜さんを応援するわ……」


雪乃「あなたがずっと比企谷くんを好きだったってこと、気付いてたもの」



結衣「ほんとにそれでいいの?ゆきのんもヒッキーのこと好きなんでしょ?ずっと前から……」


結衣「もう卒業なんだよ?ヒッキーと会えなくなっちゃうよ!気持ち伝えなくていいの?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1430586644

【結衣「ヒッキーが好きなの」雪乃「……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/28(火) 00:19:29.213 ID:3baH1TV70
由比ヶ浜「ひ、ヒッキーなの・・・?」

そいつは突然現れた

ヒッキーとゆきのんを足して2で割ったような体格と見た目
両生具有のような骨格。そして鷲の羽根。これはキメラだ
とりあえずに仮にひきのんと名付けることにする

由比ヶ浜「や、やっはろー・・・?」

次の習慣ひきのんの眼球が薄いカエルの粘膜のようなものでコーティングされ、脇腹から噴水のように水が吹き出る。

ひきのん「###########%#@#&&」

次の習慣、ひきのんは私に向かって飛びかかってきた

【由比ヶ浜「ヒッキーとゆきのんが行方不明になって一年が経っちゃった」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 16:46:00.53 ID:6qVpvtZJ0
結衣「あっ、その反応ってやっぱりいるんだ」

八幡「俺だって健全な高校生だからな。胸をときめかせる相手くらいいる」

結衣「その人ってわたしも知ってる人?誰なのか教えて欲しいかな~って……ダメ?」

八幡「そんな恥ずかしいこと言えるわけないだろ」

結衣「イニシャルでいいいから!ね?」

八幡「そんなに聞きたいのか?だったら教えてやる。名前のイニシャルはSだ」

結衣「え?それって……もうヒッキー真面目に答えてよ!」

八幡「俺は超本気だぞ!恋人にするならあいつ(彩加)以外ありえない」

結衣「でも2人の間には高い壁(性別)があるんだよ!?それでもいいの?」

八幡「そんなもの2人で乗り越える(キリッ」

結衣「やだ///ヒッキーかっこいい……(キュン」

---------------部室の扉前---------------

静「S…だと…!?」

静「まさか、そんな……比企谷が私のことをそんなに好きだったなんて。照れるじゃないか///」

【結衣「ヒッキーは好きな人っている?」八幡「ファッ!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/20(木) 16:37:59.75 ID:vwnU6Mwwi
材木座「そうだァ!巷で有名なっててなぁ…」

八幡「ガンダムシリーズか…どうせ主人公無双みたいなんだろ?種みたいな」

村木座「種はまだ良いだろぉ!アズラエルみたいなキャラは好きだぞ八幡!」

八幡「そ、そうか…」

村木座「08小隊も好きだな!特にアイナを取り返す所とかなぁ、倍返しだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!とかノリス戦は特にな、あそこは熱い…」

八幡「うおっ…いきなり大きな声を出すなよ…びっくりするだろ…あと今のお前の方が暑いな、暑過ぎる(いろんな意味で)」

村木座「いやぁ、すまんすまん…」

村木座「でだ八幡よ。そのAGEとやらを視聴してもらいたいのだ!」

お前はまだ見てないのかよ・・・と八幡は心の中で思った。思った

ゆきのんすき

【八幡「ガンダムAGE?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/27(木) 23:40:16.42 ID:sB+7h7i00
???「あたしですよ、あたし!」

八幡「俺々詐欺とかなら間に合ってるんで」

???「そんな! ひどい! あんなにあついほうようでだいてくれたのに!」

八幡「いや、そう言われてましても…俺、あなたのことなんて知りませんし。いや、本当マジで」

八幡(俺の知り合いにこんな可愛らしい子はいない。というか知り合いがいない。けど、どこか見覚えがあるような気がするのは何故だ)

【「ご主人様ご主人様」八幡「は?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25(土) 00:37:46.71 ID:wAbBfuzuO
ブシュゥゥゥッ!!

雪乃「由比ヶ浜さん、今の内に!」

結衣「……うん!」

タッタッタッ

翌日

八幡(さて、今日の3時間目は体育の授業。しかも今回はバドミントン……)

八幡(こういった対人競技ってのは大方、対戦相手がいなければ成立しない。しかもテニスと違って壁打ちもままならない。しかも屋内なのでキャッチャーフライにも限度がある、まさにぼっち泣かせな競技である)

八幡(……というかまた材木座のラノベ設定聞かなきゃならんのか。流石に未完の設定を聞くこっちの身にもなってもらいたいものだ。ってか設定よりも本文書けよ)

ガラッ

八幡(しかしまあ取り合えず後の展開を憂いていても始まらないか……って、あれ……?)

【結衣「やめて……助けて……」雪乃「由比ヶ浜さん……逃げて!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/09(月) 15:59:05.89 ID:CBGsI8Wor
グラグラグラ……

八幡「結構長いな」

雪乃「そうね、比企谷くんの貧乏揺すりくらい長いわね」

八幡「そんなに長くねえよ」

結衣「や、やだ、まだ揺れてるよ」ユサユサ

八幡「あ、ああ、そうだな」

雪乃「不気味なほど長いわね」シーン

八幡「ああ、無情だな」

雪乃「は?」

八幡「いや、なんでもない」

ぐらっ

八幡「!」

【八幡「ん、地震か?」雪乃「あら」結衣「わ、ほんとだ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@おーぷん 2015/02/24(火)22:03:10 ID:vEO
八幡「今日から・・・同姓ですからね」

平塚「は、八幡・・・\\\\\\\」

ゆい雪「」

【八幡「ちょっといいっすか?し、静先生…」平塚「なっ、名前呼びだと!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/28(土) 20:32:04.18 ID:hW4Fuot+0
雪ノ下「……」

由比ヶ浜「……」

雪ノ下「……聞き間違いかしら」

雪ノ下「何がこうなったらなのかしら」

由比ヶ浜「もぉー、ゆきのんちゃんと聞いててよ!」

由比ヶ浜「ヒッキーを2人で半分こして共有しようってこと!」

【由比ヶ浜「ゆきのん、こうなったらヒッキーを半分こしよう」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/02/11(水) 19:15:36 HZtAIdWI
青春とは嘘であり(中略)砕け散れ。

平塚「これはなんだ比企谷」
八幡「課題ですけど・・・」

俺の目の前にいるのは平塚静、アラサーにして独身の男性教諭。

って男・・・?平塚先生男だっけ・・・?

八幡「先生って男でしたっけ」
平塚「俺のトラウマをえぐってるのか君は」

【設定ポイント1・美人女教師なんていない】


"
"

【八幡「やはり俺のラブコメ設定は間違っている」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆HsxYKt0AvM 2015/01/16(金) 22:21:46.52 ID:+lWJJaYo0

今日は2月13日。世間は明日に控えるバレンタインデーで盛り上がりを見せている。放課後の教室は、やれ何をあげるだの、誰にあげるだので騒がしいことこの上ない。たいていのリア充的なイベントは忌避すべきものだがこれだけは別で、もちろん俺も楽しみにしている。今年の小町はどんなチョコをくれるのだろうか。ポイントを荒稼ぎするようなすばらしいお返しを考えておかなくてはなるまい。ああ小町の喜ぶ顔が楽しみだ。こんなことを考えていると自然と顔がにやけてしまうので、なんとか抑えつつ、俺は部室に向かった。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1421414506

【八幡「冬のある日に」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 02:32:43.33 ID:ui+5CacM0
雪乃「アザレア?」

結衣「うん!こないだ優美子たちと千葉植物園にいったんだけど、その時に見たアザレアが凄い綺麗だったんだー」

雪乃「へえ、そうなの。実は私もアザレアをベランダで栽培しているのだけれど、由比ヶ浜さん、良かったら家に見に来ないかしら」

結衣「うん!いくいく!でも、ゆきのんガーデニングとかするんだぁ。ちょっと意外」

雪乃「まあ、マンションのベランダでやるようなものだから大したものではないのだけれどね」


【結衣「アザレアを咲かせて」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/04/30(水) 23:04:33.39 ID:oaZmyrl20.net[1/11]
八幡「頼む、雪ノ下。1万円貸してくれ」

雪乃「いやよ」

八幡「じゃあ2000円」

雪乃「あなたみたいな人に貸すお金なんて一銭たりともないわ」

八幡「……そうか」

八幡「つまり、お前の人間の器はそれだけってことだ」

雪乃「……何の話かしら?」

【八幡「頼む、雪ノ下。1万円貸してくれ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆yXFSVA4eTg 2014/10/09(木) 21:17:57.93 ID:ZGAyqilcO

八幡「……なんだ?」

雪乃「あなた、由比ヶ浜さんに卑猥な視線を送るのを辞めなさい」

八幡「……な、なんのことだ?」

雪乃「女子はそういう視線に敏感なのよ?」

八幡「俺は由比ヶ浜を見ることすら許されないのかよ……」

雪乃「そうよ」

八幡「肯定しやがった、こいつ」


結衣(どうしよう、部室入りづらい……)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1412857077

【雪乃「比企谷君、話があります」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/04/23(水) 21:33:24.70 ID:RgKOy0qA0.net[1/12]
部室

由比ヶ浜「ね、ねえ、ヒッキー」

八幡「なんだ?」

由比ヶ浜「そ、その……ヒッキーってもしかして、いろはちゃんと付き合ってるの?」

八幡「は? なんで?」

由比ヶ浜「だ、だって……」

八幡「俺と一色が付き合ってるだと? 馬鹿言うなよ」

いろは「そうですよ! 笑えない冗談です」ギュ

八幡「おい、くっつくな離れろ」

いろは「え~」ギュ

雪ノ下「……」
由比ヶ浜「……」

【八幡「俺と一色が付き合ってるだと? 馬鹿言うなよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/05/01(木) 02:47:31.01 ID:S7VeqoLQ0.net[1/36]
小町「将来的にはいろはさんがお姉ちゃんになるんだなーって小町思ってるんですけど」

いろは「小町ちゃんは好きだけどごめんなさいありえないし気持ち悪いし無理です」

八幡「お前に小町はやらん!」

小町「文句言う所そっちなんだー……」

八幡「もう昔から言われてんだ、慣れていくんだよ、自分でもわかる」

小町「え~でも二人同棲してるし」

いろは「同棲じゃないくてルームシェアだよー」

八幡「仕送りの節約術だ、半分を一色が負担することによって自由に使える金が増える、遊びたいが絶対にバイトなんかしたくないからな」

いろは「でも先輩、ほとんど遊びに行かないですよねー大学でもぼっちですしー」

八幡「ば、馬鹿!たまに遊びに行ってるよ!戸塚とか戸塚とか!……大学違うけど」

小町「うわぁ……相変わらずごみいちゃんだなー」

【八幡「付き合ってねえよ」いろは「絶対無理だよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/05/06(火) 23:56:58.22 ID:OFI25By10.net
いろは「せーんぱい!おはよーございまーす!」ダキッ

八幡「っ!……おい、何してんだ」

いろは「何って、普通の挨拶ですよ?」ギュ

八幡「日本の普通の挨拶では抱き着くなんてことはしないんだが」

いろは「別にいいじゃないですかー。ここはほら、アメリカンスタイルでも」

八幡「いや、アメリカでもこんなんしねぇだろ………いいから、放せ」グイッ

いろは「えー、先輩のいけずー、ぶーぶー」

八幡(ホントあざとい……)

【いろは「先輩が付き合ってくれないなら私…」 八幡「どうする気だ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/11(火) 08:31:08.12 ID:gQW3o8/I0
雪乃「え?」

雪乃「聞こえなかったから、もう一度言ってくれないかしら」

八幡「だから、由比ヶ浜と付き合うことになったんだよ」

雪乃「...そ、そう」

雪乃「い、いつからなの?」

八幡「夏休みにあいつに誘われて、お祭りいったんだけど」

八幡「そんとき告白されてな、そこから」


【八幡「えっとだな、俺と由比ヶ浜付き合うことになった」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/06/02(月) 22:59:46.92 ID:h7BAAwHh0.net[1/8]
八幡「あんまり遅いから心配してたんだぞ。ほら、晩飯できてるぜ」

静「これは……ずいぶん手が込んでるじゃないか。何かあったのか?」

八幡「おいおい、今日は俺達が同棲一周年記念日だろ?」

静「あ……す、すまない、忙しくてすっかり忘れてしまっていた」

八幡「静のことだからそんな事だろうと思ってたよ。腹空いてるだろ? すぐに準備するよ」

静「八幡……」 ギュッ

八幡「どうしたんだよ?」

静「私は今幸せだ。八幡、結婚しよう」

八幡「そういうことは俺の方からさせてくれよ、平塚先生」

静「馬鹿、とっくにお前は私の生徒じゃないだろうが」

八幡「これから一生一緒にいるんだから似たようなもんだろ?」

静「八幡……」 チュッ


八幡「というSSモドキが俺の携帯に毎晩届くんだがどうすればいいんだこれ?」

由比ヶ浜「うわぁ……」

雪乃「由々しき問題ね……」

【八幡「おかえり、静」 静「ただいま、八幡」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/25(火) 23:52:34.56 ID:r2ni+wX1o

【(俺ガイル) 息子「やはりうちの家族計画は間違っている」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/08/10(日) 18:54:37.87 ID:xH35SgNw0.net[1/12]
由比ケ浜「ゆきのんっ!この服ちょー可愛くない!?」ギュー

雪ノ下「由比ケ浜さん…暑いから少し離れてほしいのだけれど…」

由比ケ浜「えー、ゆきのん離れたらすぐ本読み始めちゃうもん」ギュー

雪ノ下「ちゃんと由比ヶ浜さんの話も聞いているわ。…半分くらい」

由比ヶ浜「半分しか聞いてないんだ!?」


八幡「子供って良いな…」ボソッ


雪ノ下・由比ヶ浜「「!!?」」

【八幡「子供って良いな…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/08/21(木) 22:02:35.45 ID:KV39k6GF0.net[1/13]
雪乃「今日、部活が終わったら……」

由比ヶ浜「えっ、ちょっと、二人ともどしたの!?」

雪乃「なにかしら、由比ヶ浜さん」

八幡「どうかした?」

由比ヶ浜「だ、だって、二人とも呼び方が……」

雪乃「ああ、それね」

八幡「お前の呼び方がいつの間にかうつったんだよ」

由比ヶ浜「そ、そうなの……?」

【雪乃「ねえ、ヒッキー」八幡「なんだ、ゆきのん」由比ヶ浜「!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/05(日) 11:59:34.95 ID:W4y6jT5k0
八幡「うーっす」ガラ

雪ノ下「あら比企谷君、今日も水晶体に寄生虫を飼っているのね」

八幡「ここ最近生魚は食わなかったぞ」

雪ノ下「あら、誰もアニサキスとは言っていないわよ、アニサ谷君」

八幡「もろ言ってるじゃねぇか」

雪ノ下「うふふ、面白いのね、貴方」クス

八幡「俺にとってはお前の方が実に興味深いよ・・・」

雪ノ下「・・・・・・そう」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1412477964

【八幡「やはり雪ノ下は病んでいる」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/05/31(土) 21:05:11.22 ID:Eyy/+YGh0.net
雪乃(部室での彼の言動をボイスレコーダーで収集して三ヶ月……ようやく終わったわ)

雪乃(あとはこれを編集して……)カチカチ

『雪ノ下、今日は一緒に帰ろう』

雪乃「……ッ!!!」ビク

雪乃「か、完璧ね……ふ、ふふ、同じ言葉でもありとあらゆるパターンを収集した事によって彼の言葉を自然に再現できたわ」

雪乃「次は……ふ、ふふ……このサンプルね。これは貴重だった。まさか、彼かれからこんな言葉を聞けるなんて……これを編集して」カチカチ


『俺は…ッ、お前が、欲しい』

雪乃「…ッ!!!!」ビクンビクン

【雪乃「やっと比企谷君のボイスサンプルの収集が終わったわ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/05/23(金) 01:44:00.59 ID:WEhYFQ1k0.net
八幡(まっぶし…。てか今何時だよ…)

由比ヶ浜「もー!もうお昼前だよ!?お昼食べに行くって言ったじゃん!!」

八幡(うるせぇ…。てかそんな約束したっけか。いや記憶に無いぞ…)

八幡「お前が夜に発情したから疲れてんだよ。あと5時間寝かせろ」

由比ヶ浜「う、うるさいし!別に良いじゃん!…したくなっちゃったんだから…」

八幡(こいつ何恥ずかしがりながら言ってんの?アホなの?)

【由比ヶ浜「ヒッキー起きてよー、つまんない!」八幡「んぁ…。」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/30(日) 00:52:12.11 ID:y5wcaOd50
八幡「俺の将来が専業主夫でも大学にも進学して一時的とは言え働くから何も先生には迷惑かかりませんよね?」

平塚「それはだな・・・君が将来の思ってだな」

八幡「だいたい、俺と先生が将来付き合って結婚するわけじゃないのに」

平塚「はい」

八幡「は?」

平塚「だから、君と結婚したいと」


【八幡「先生俺だけ他の生徒と扱いちがいませんか」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :名無し:14/07/13(日) 05:39:48 ID:DkEXaBEMN主 
雪ノ下「」

由比ヶ浜「」

八幡「は?」


 

【葉山「ひきたに君、いや、比企谷!ずっと君のことが好きだったんだ」】の続きを読む

このページのトップヘ