えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

多田李衣菜

    このエントリーをはてなブックマークに追加

李衣菜「…ここどこ?」 前編

164: ◆GWARj2QOL2 2017/01/23(月) 23:16:38.05 ID:ZYmvzWsJO
…。

……。

「ヒャハハッ!てめぇの攻撃で潰れやがった!!バカな奴め!!」

崩れたビルの瓦礫の山。

そのままならば、下敷きだろう。

出来ることなら自分の手で始末をつけたかったと悪態をつき、背を向ける。

「…しかし、期待外れとはこの事だな…」

直属ではないが、上官の説明を触り程度だが聞いていた。

「…こいつらは要注意との事だったが…」

それとは全く異なる、現実。

ムサラビサラは心底つまらないといった表情で飛びたとうとした。

「…ん…?」

だが、その時だった。

「…」

瓦礫が、崩れる音。

自然に出来た音ではない。

「…まさか…?」

そんなはずはない。
あの重さのものが落下してきたのだから、無事でいられるはずがない。

「…」

おそるおそる、後ろを向く。

「…な…」

そこに、いる。

死んだと思ったその女は。

「…何だと…?」

仲間を守り。

「…こんな…」

一滴の血も流す事なく、無傷で。

「こんな…バカな話があるか!!!」

そこに、立っていた。

【李衣菜「…ここどこ?」 後編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 卯月「…ここ…どこ…?」

2: ◆GWARj2QOL2 2017/01/11(水) 22:45:13.42 ID:rRiEBhHTO
「…」

その少女は、音楽が好きだ。

その少女は、楽器が好きだ。

楽器を弾ける人間が、好きだ。

「…」

自分が弾けるのなら、尚良し。

しかし、彼女は楽器が弾けない。

持ってはいるが、弾いた事はほとんど無い。

勿論、手入れもしていない。

だが、彼女は楽器が好きだ。

いつか立派に弾けるようになりたいと願い、部屋の片隅に置く。

やることがなく、ごく稀に楽器に触れても、時間は5分と持たない。

音楽に関する知識が乏しく、覚えることが山ほどある為、どうにも構えてしまうからだ。

しかしながら、彼女の「それ」を知っている人間は限られる。

友達と、親。

彼女と二、三会話すれば何となく察する事は出来るが、多くの人間はそこまでいかない。

しかし彼女には不特定多数の人間と話す機会が多い。

「…えええ…ホント何処なのここ…?」

そんな彼女、多田李衣菜の職業はアイドル。

そしてその売り出し方は、「ロック系」だ。

【李衣菜「…ここどこ?」 前編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆lwTcndw2FE 2016/11/29(火) 22:47:52.41 ID:d3/zk5VB0
注:もしかしたら元のキャラクターと口調や性格が違う部分があるかもしれません。
そこのところはご容赦ください。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1480427272

【りーな「Bemybaby,Bemybaby,Bemybaby...」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆uW0Vf59ZIM 2016/12/02(金) 06:04:35.54 ID:MULW/eNs0
李衣菜「みんな、今日はありがとー!」

みく「サイコーだにゃー!!」

ワアアアアアアアアアアアアアアアアア


~ライブ後~

李衣菜「ふー、今日も楽しかったー!」

みく「今日の李衣菜ちゃん、絶好調だったにゃ」

李衣菜「みくちゃんこそ、今日の猫パンチいいキレだったよ。他のアイドルに負けてなかった」

みく「合同ライブだからね、いつもより気合入れないといけないのにゃ!」

夏樹「だりー、みく、お疲れ」

李衣菜「なつきち! 今日の私どうだった!」

夏樹「おう、最高にかっこよかったよ」

李衣菜「えへへ~、やっぱり?」

みく「いまの李衣菜ちゃんはむしろカワイイだけどね」

李衣菜「えー、みくちゃんそれ言う?」

みく「いうにゃ~」

李衣菜「ぶー……」

夏樹「まあまあ。でも、ステージでのだりーは確かにロックだったぜ」

李衣菜「なつきち!」




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1480626274

【李衣菜「I'm sarching for the truth」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆oC6YcK.KvI 2016/05/17(火) 20:08:52.53 ID:EMkDHwcg0
事務所

ガチャ
姫川友紀「ただいま戻りましたー!」

多田李衣菜「…あ、友紀さんおはようございます」ヘッドホンハズシー

友紀「おっはよー李衣菜ちゃん、さーテレビテレビ」

李衣菜「野球中継ですか?」

友紀「あったりー、李衣菜ちゃんも一緒にキャッツ応援する?」ビールビールっと


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1463483332

【多田李衣菜「ノーヒット」 姫川友紀「ノーラン」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/01(水) 21:08:49.67 ID:pgBL6Nb/0
夏樹「お、だりーか。おはよう」

李衣菜「うんっ。おはよう!今日もギターの練習頑張ろうね!」

夏樹「その調子その調子。せめてコードは全部押さえられるようになってくれないとな」

李衣菜「うぐっ・・・ま、まぁそれはおいおいと言う事で・・・」

夏樹「おいおい、教えてるこっちだって暇じゃないんだから。さっさと上達してくれないと困るぜ?」

李衣菜「うぅ~・・・私だって頑張ってるんだよ!」

夏樹「肝心の結果がなぁ」

李衣菜「ぐぬぬ」

【李衣菜「なーつきちーっ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/31(木) 16:03:14.89 ID:+1rmK5890



初体験は中学一年生の時だった・・・・と、思う。
回答が曖昧なのは、どうにも記憶が定かではないのだ。
覚えていることといえば、眠気まなこを擦りつつ、ベッドに潜り込んだところ。起こしにきた母親を押し倒し、一心不乱に犯したところ。そして、目が覚めたところしかない。

夢なんじゃないのかって?
・・・・確かにそうかもしれない。正直なところ、自分でも夢だったのだと思っている。
ただ、どうにも、目が覚めた後、向かった台所で「おはよう、良く眠れた?」と声をかけてきた母親のくたびれたような笑顔と、身体に残った生々しい肌の感触が、あれは本当に夢だったのだろうかと疑問を浮かばせるのである。


母親は歳のわりに、若々しくて、綺麗であった。パート先のスーパーでは、お客さんから実年齢よりも十ほど下に見られているのだ、と何度も自慢話を聞かされている。
そして、それゆえか、未だに性欲の衰えを知らない。

【李衣菜&夏樹「Have you ever seen the rain」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆R4LxbbyKhE 2017/07/18(火) 20:01:49.53 ID:pp8sqwj+0
【モバマスSS】です


――――プロダクション、敷地内カフェ

ワイワイガヤガヤ

「うっま……え、なにこれ……うまい!」「もうだめだ……落ちた……」
「疲れたなぁ……なんかすげえ怖そうな人いたし……」「結果楽しみだな」

ワイワイガヤガヤ

李衣菜「今日は妙に人が多いなぁ……空席全然なさそうだし、どうしたんだろう?」キョロキョロ

李衣菜(しかも店員さんの姿も見えないし……相談しようと思ってたけど、これは無理っぽいかも)ションボリ

李衣菜「しょうがない、とりあえず今日は――」

ダダダダッ!!

李衣菜「うん?」

菜々「お、おまたせしましたー!」ズサーッ

李衣菜「うわっ菜々ちゃん!?」

菜々「ぜぇぜぇ……おっほん、お客様お待たせして大変申し訳ありませんでした。席のご用意ができまし……あれ?」キョトン


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1500375709

引用元: 李衣菜「プロダクションのカフェに来てみたけど……」 



【李衣菜「プロダクションのカフェに来てみたけど……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/26(金) 22:53:35.49 ID:7OJb0gZ70
~346プロ~

P「ただいま戻りました」

ちひろ「プロデューサーさん、お帰りなさい」

P「それでアスタリスクのお2人は・・・」

ちひろ「まだ行方がわかっていません、菜々さん達の話によると荒川あたりを散歩してくると言って出てったっきりで・・・」

P「そうですか・・・・一体何処へ・・・無事だといいのですが・・・」

【李衣菜「橋の下の星空」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/10(水) 23:26:08.81 ID:Cl7oD8B60
~CPルーム~

ガチャ

みく「おっはにゃー!りーなチャン来て・・・」

李衣菜「・・・・・」

みく「りーなチャン!」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1455114368

【みく「りーなチャンの女子力がカンストしたにゃ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/01(土) 01:26:21.92 ID:+B5hNdM00

夏樹「李衣菜」

李衣菜「はい…」セイザ

夏樹「どうしてあんなことした?」

李衣菜「えっと…司会者に聞かれたから…」

夏樹「司会者?」

引用元: 多田李衣菜「ロックのはじまり?」 



【多田李衣菜「ロックのはじまり?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/30(金) 00:02:46.90 ID:Ng+1hrch0
P「は?」

李衣菜「ちょ、なんですかその顔。ロックな私がパンケーキなんて言うのは意外でしたか?」

P「いや、李衣菜は普通にパンケーキ好きそうだが……なんで俺に?」

李衣菜「……私、お店のパンケーキ、って、食べたことないんですよね」

P「そうなのか? 意外だな」

李衣菜「……さっきから気になってたんですけど、Pさんは私をどう思ってるんですか?」

P「かわいいものとか結構好きで割りと女の子してるアイドル」

李衣菜「それ、褒めてます?」

P「不満か?」

李衣菜「ロックは」

P「ん、まあ、ロックだな。ロックロック」

李衣菜「それ、雑過ぎじゃないですか?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1498748566

引用元: 多田李衣菜「Pさん、一緒にパンケーキを食べに行きましょう!」 



【多田李衣菜「Pさん、一緒にパンケーキを食べに行きましょう!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/02(土) 00:41:45.00 ID:BaKCudnE0
事務所

未央「終わった~、疲れた~」

みく「お疲れ様にゃ!」

卯月「お疲れ様です」

凛「お疲れ、今日の合同イベント楽しかったよ」

李衣菜「こっちこそ楽しかったよ、明日からもお互い頑張ろう」

卯月「はい!」

【李衣菜みく未央「「「お泊まり」」」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 代行サンクス 2013/03/13(水) 21:14:48.52 ID:grzC1Hfu0
ある日の事務所―――

P「李衣菜、李衣菜ー? ちょっと来てくれー」

李衣菜「はーいっ。なんですかプロデューサー?」

P「よしよし、よく来た」ナデナデ

李衣菜「ん……なにかお手伝いすることでも?」

P「ないけど?」ナデナデ

李衣菜「え?」

P「え?」ナデナデ 

【モバP「だりーな! だりーなかわいい!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 杏「花と雨宿り」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/01(火) 21:52:03.78 ID:AHxUhN+A0
~あんずのいえ~

杏「ヤバイ・・・・・」

杏「そろそろ冷蔵庫の中身が尽きそうだ・・・・・」

杏「トイレットペーパーとかの日用品も少ない・・・・」

杏「買い物か・・・・」

杏「めんどくさいな~」

【李衣菜「誰にも言わないでよ!」 杏「どうしよっかな~」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆kqD/54aJTU 2017/06/11(日) 23:18:39.62 ID:BQetg5QdO
奈緒「おつかれ、智絵里。レッスンあがりか?」

智絵里「あっ、奈緒ちゃん、お疲れさまですっ、今日はこれで終わり、ですよ……?」

李衣菜「やっほー、智絵里ちゃん、この後暇だよね?」

智絵里「李衣菜ちゃんまで……あっ」

奈緒「そういうこと。よしっ」

李衣菜「じゃあ」

智絵里「……はいっ!」


引用元: 智絵里「奈緒ちゃんと李衣菜ちゃんと」 





【智絵里「奈緒ちゃんと李衣菜ちゃんと」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 13:59:49.30 ID:+riBce6u0
李衣菜「なになに!? 何がロックなの!?」キラキラ

モバP(以下、P)「え? あぁ、ウィスキーはロックだって・・・」

李衣菜「ウィスキーね~・・・うん、確かにロックかも!」

P「はい? おいおい、意味分かって言っt・・・・」

P「あぁー・・・」

P「ウィスキーはロックだよな!」ニヤッ

李衣菜「うん!」

引用元: モバP「ウィスキーはロックだよなぁ」 李衣菜「!!」シュバババ 《短編集》 



【モバP「ウィスキーはロックだよなぁ」 李衣菜「!!」シュバババ 《短編集》】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 21:00:49.77 ID:Im1Q3Etx0
凛「みんなはStairway to HeavenかHotel Californiaどっちが好き?」

奈緒「その二つか~…ギターソロはStairway to Heavenの方が好きなんだよな~」

加蓮「難しい質問するねぇ…私はThe Eaglesの方が好きだからHotel Californiaかなぁ」

未央「でもどっちも素敵な曲だよね!」

卯月「李衣菜ちゃんはどっちが好き?」

李衣菜「えっ…?そ、そうだなぁ…ほてるかるほるにあ…かな!」アセアセ

【モバP「気が付いたら李衣菜が一番のにわかになっていたらしい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆5F5enKB7wjS6 21/12/31(金)16:55:33 ID:bagB


―――事務所


…………――……


李衣菜「……はっ。来た、来ましたよちひろさん!」

ちひろ「ほんとですか!? 行きましょう!」ガタッ

P「え? な、なんですか、どうしたんですかちひろさん。何が来たんだ李衣菜?」

李衣菜「焼き芋屋さんですよっ。ぴーーーって音が聴こえたので!」

ちひろ「今この街で大人気なんです! いつも神出鬼没なのに、すぐに行列ができてしまうくらい♪」

P「は、はぁ……。じゃあまぁ、気をつけて行ってきてください」

ちひろ「了解です! 今日こそは手に入れますよーっ!」タタタターッ

李衣菜「今日は駅前に現れたみたいです! 絶対ゲットだー!」テテテーッ


がちゃっ ばたんっ!


P「………………いや、まったく聞こえない……。李衣菜の耳ほんとどうなってるんだ」

【モバP「だりやすかれんと石焼き芋」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/30(火) 20:34:59.80 ID:Zrtxh6IPO
みく「うん…うん。わかった。ありがとPちゃん。じゃーね」

ピッ

みく「……それで、うちに来たってこと?」

りーな「……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1435664099

【みく「りーなちゃんが家出した?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/09(水) 19:05:47.43 ID:BqIH/PCBi
P「行けば?」

李衣菜「…それは、連れて行ってはくれないってことですか?」

P「だって今忙しいし」カタカタ

李衣菜「じゃあ今度のオフでも良いですよ」

P「えー…なんで貴重なオフにわざわざそんなことを…」

李衣菜「前のデートで私をほったらかして、違う子のところに行った」ボソッ

P「あっ…」

李衣菜「……」ジトー

【多田李衣菜「どこか遊びに行きたいなー」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 21:31:21.50 ID:8FoYf0vQ0
P「……」カタカタ

李衣菜「ヒマだなぁー」チラッチラッ

P「……」カタカタ

李衣菜「……むぅ…」プクー

P「…よし、終わり」

李衣菜「!」ガタッ

【多田李衣菜「あー…ヒマだなぁー」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 1 2013/12/02(月) 01:09:52.54 ID:1cmwzDE/0
モバP「どうしたんだ夏樹?」


夏樹「いや、だりなつってコンビをプロデューサーが組ませただろ?」


モバP「あぁ。李衣菜のにわかだけど熱いロックな心と、夏樹の正統派のロッカーアイドル。この二人がコンビとしてアイドルをやったら売れると確信したから俺はコンビを組ませた。それがどうしたんだ?」


夏樹「……確かに、アタシは以前よりも仕事が増えた。だりーにギター教えたり、単独で小さいイベントもやったりしてる。……けどな、どうしても、だりーのほうが目立っちまうんだ」


モバP「……」


夏樹「だりーはアタシから見ても十分子供でさ。まだ幼い少女って感じがするんだ」


モバP「そこがかわいいんだけどな。ロックなことに対しては無邪気な子供みたいにさ。天真爛漫なんだよ」


夏樹「だろ? アタシがクールのほうがあってるって話をきいたりしてさ……」


モバP「……俺は、夏樹のほうが大人でさ、李衣菜はあんなだから、夏樹がだりなつを引っ張っていかないと思ってるんだ。夏樹には、それだけ期待と不安を背負わせてるかもしれない。そこは俺が悪いんだ……」


夏樹「プロデューサー、わかってるんだ。でも、どうしても、だりーを見ると、アタシもあんな風に輝けたんじゃないかって思ってさ……」


モバP「……わかった。俺のせいでもある。とりあえず、次の仕事がはいってるから、いったんこの話は終わりにしてくれ」


夏樹「……あぁ」








李衣菜「…………」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1385914192

引用元: 夏樹「だりなつ……か」 


 

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER 10 Jet to the Future
歌:多田李衣菜(CV:青木瑠璃子)、木村夏樹(CV:安野希世乃)
日本コロムビア (2017-04-19)
売り上げランキング: 24
【夏樹「だりなつ……か」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 モバP「だりやすかれんのネタ合わせ」

1: ◆5F5enKB7wjS6 21/11/01(月)21:21:52 ID:K4iU


―――事務所


P「ちひろさん、その資料見せてもらえます?」

ちひろ「ええどうぞ。あ、こっちが終わったら銀行へ行ってきますね」

P「了解です」


加蓮「……うーん」

泰葉「どうしたの? 腕組みして」

李衣菜「~♪」ジャララーン

加蓮「Pさん」

泰葉「?」

加蓮「Pさんを倒したい」

泰葉「へっ?」

李衣菜「ふえ?」ビィン

加蓮「Pさんを…………倒す!」グッ

「「おお~」」


ちひろ「なにやらまた面白いことが始まりますね」カタカタ

P「暗に休憩しろってことですかね、これは」カタカタ…

【モバP「だりやすかれんの打倒・俺」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆5F5enKB7wjS6 21/10/29(金)21:14:45 ID:oLV0


―――泰葉のルーム


泰葉「そろそろラジオのネタを考えようと思います!」バン


李衣菜「んぇ?」ゴロゴロ…

加蓮「……ラジオのネタぁ?」グデグデ…

泰葉「ほら起きて。もう話すネタが底を尽きかけてるんだよ?」

加蓮「んー、いちいち考えなくても私たちの人生って波乱万丈だし?」

李衣菜「真面目だなぁ。心配しなくても本番になれば蛇口捻ったみたいに会話できるよ」

加蓮「そーそー。今日も泰葉の前髪は綺麗にカーブしてますーって」

泰葉「 考 え る の 」

「「は、はい」」

【モバP「だりやすかれんのネタ合わせ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

亜季「P殿とお付き合いしたいであります」 

亜季「P殿にお付き合いしたいであります。」 

拓海「亜季!付き合ってくれ!」 

       ~
くるみ「ふぇぇぇぇ……がんばって…付き合いましゅ……!」 

小春「ヒョウくんも付き合ってね~」 

有香「押忍!付き合います!」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/16(木) 21:44:44.14 ID:6TsDeEqv0
事務所



李衣菜「最近私がロックなアイドルとして扱われてない気がするんだよね!」

夏樹「そうだな。」
←ギターの音を合わせている

李衣菜「可愛い衣装ばっかり着させられるし……私はもっとクールでロックな衣装がいいのに!」

夏樹「そうだな。……ん、もうちょいか。」←ギターの音程を確認している

李衣菜「この前だってヒラヒラな衣装だったし………ねえ、聞いてるのなつきち?!」

夏樹「………はぁ………また始まったか………」

【李衣菜「ロックな付き合い」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/20(木) 17:10:08.42 ID:7OK7YQfF0
李衣菜「…………」

P「何それ」

李衣菜「765プロの……如月千早ちゃんの真似です……」

P「そう……」

P「いいからダンスレッスン行こうか」

李衣菜「はい……ごめんなさい」

夏樹(意志よえーなぁ、あいつ……)

【李衣菜「私、ロックにしか興味ありませんから」(ドヤァァァ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/10(金) 21:06:35.07 ID:9k7C1r4L0
武内P「はい…はい。では、そのように…」ガチャ

ちひろ「プロデューサーさん、決まったんですね?」

武内P「…はい」

ちひろ「…大丈夫でしょうか?」

武内P「心配は無いでしょう」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1428667594

【DAIGO「ウィッシュ☆」李衣菜「はい?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆5F5enKB7wjS6 21/09/05(日)00:06:38 ID:Bwee


―――事務所


李衣菜「うーん……」

泰葉「うぅーん……」


加蓮「ふっふっふ……悩むがよい悩むがよい、少女たちよ」

李衣菜「うぬー……」

泰葉「ふぬーん……」

加蓮「私のためにたくさん悩んで最高のプレゼントを用意するがよい♪」

李衣菜「うぬーん……!」

泰葉「ふぬぬーん……!」

加蓮「……首捻りすぎてネジ切れそうだけど大丈夫?」

【李衣菜「加蓮の誕生日どうしよう」泰葉「どうしよっか」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 13:38:06.30 ID:eEvQNTrc0
 私の名前は、多田李衣菜。
 ロック好きの高校生。

 ……たぶん、それだけ。

 ロックだって、別に詳しいわけじゃない。
 でも、初めて聞いた時にビリビリした曲が、世間ではロックって言われてるって聞いて、ロック好きって名乗ることにした。

 ……そのほうが、かっこよかったし。

 そんな私が、ただの李衣菜からアイドル『多田李衣菜』になったきっかけ。

【多田李衣菜「ロック・フォー・ユー」】の続きを読む

このページのトップヘ