えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

如月千早

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/01(火) 15:59:19.80 ID:d+5BYiUPO
P「ヤンデレ知らないか?」

千早「いえ…少しなら知ってますがどうして私が?」

P「いやーなんというか千早は好きになった人に凄い一途な気がするからな」ナデナデ

千早「あっ…///」

P「そうだ!もしかしたら今後そういう役が千早にくるかも知れないからちょっとだけ練習してみるか!」

千早「練習…ですか?」

P「あぁ!一週間俺の彼女になりきって千早なりにヤンデレみたいな素振りを練習してみるんだ!俺なんかじゃ嫌かもしれないけどな」

千早「プロデューサーの…わかりました。やってみます」

そうして俺と千早の嘘の恋人関係が成立した
思い返せばこんなことを言わなければあんなことにはならなかったといくら悔やんでも悔やみきれない…

アイドルマスター 如月千早 1/8スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア
ファット・カンパニー (2018-03-31)
売り上げランキング: 94
【P「千早ってヤンデレが似合いそうだよな」千早「え?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/14(日) 22:03:06.77 ID:dPpba+CD0
事務所


P「おはよう」

千早「プロデューサー、おはようございます」

P「千早はいつも早いな」

千早「いえ、そんなことは……」

千早「ただ毎朝体力作りの為にジョギングをしてるついでなので」

P「お前も真面目だなー」

P「まぁ千早らしいと言えば千早らしいな」

【千早「疾風の右手、黄金の左手」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29(月) 21:21:38.46 ID:X6sYJxkc0
伊織「と言うわけで隣座るわよ、響」

響「構わないぞ」

伊織「はぁ、やよいとあっちについてからの話をしようと思ってたのに」

響「仕方ないさー。765プロで取った席ならどこに座ってもいいって言ってたからな」

伊織「…早い者勝ちってことね」

響「……って、千早?」

【伊織「やよいの隣を千早にとられたわ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 19:56:30.13 ID:L5Qw/HVk0
春香「う、うん……」

千早「そんな……初耳だわ」

春香「それでね、千早ちゃん」

千早「それにしても、いつの間にストーカーが? プロデューサーのことは、私がいつも見守ってるのに」

春香「うん、そのことなんだけど」

千早「出勤する時も帰宅する時も、不審な人物が寄って来ないか見張っているし」

春香「あのね、私が言いたいのは」

千早「プロデューサーの声を聞くために何度も電話をかけているから、無言電話をかける時間なんかほとんど無いと思うの」

春香「ねえ、千早ちゃん」

千早「もちろん、どうしても都合のつかない日も稀にあるけれど、空いた時間は可能な限りプロデューサーのために」

春香「千早ちゃん」

千早「なに?」

  【千早「プロデューサーにストーカーが……!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆0lcgcQtP4I 2016/02/25(木) 23:21:16.61 ID:mviErVnHO
春香「うん、私も知らない!」

千早「えっ…?」

春香「2月25日でしょ?何かあるんだっけ?」

千早「…。何もないんじゃないかしら?」

春香「あれ?千早ちゃんなんか不機嫌じゃない?」

千早「知らないわ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1456410076

【千早「2月25日?知らないわ。」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 23:59:26.67 ID:usrV/gVSO
千早「うおおおおおおおお!!!!!」(´;ω;`)ゴリゴリゴリゴリ

P「う、うわああああああああ!!!!!」(´;ω;`)

  【千早「あててんのよ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/19(土) 22:22:04.67 ID:ljg9ezAi0
千早「おはよう春香」

春香「ふわぁ…。おはよう千早ちゃん…」

千早「相変わらずね。早寝早起きを心掛けて健康に気をつけなきゃだめよ?」

春香「千早ちゃん…。今、何時か知ってる?」

千早「3時ね。午前3時。あ、今3時1分になったわ」

春香「そうだよ!!3時だよ!朝の3時!!健康的な生活をしてる人はまだ寝てるよ!!」

千早「カルシウムが足りてないわね春香。はい、にぼし」ポリポリ

春香「聞いてる?千早ちゃん」ポリポリ


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1397913724

引用元: 千早「夢と希望の800円」

 

ミニッチュ アイドルマスター 如月千早 Tシャツ
ファット・カンパニー (2016-03-31)
売り上げランキング: 154,694
【千早「夢と希望の800円」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆sIPDGEqLDE 2014/04/18(金) 22:58:49.58 ID:hZlJaUJG0

春。
麗らかな日差しを浴びて、草木が芽吹く季節。
事務所近くの公園でも桜の花が綺麗に咲き誇っています。

千早「綺麗ね」

美希「でも、人がいっぱいなの……」

私達はお花見をしに来ているのですけれど、休日ということもあって花見客でごった返しています。

千早「流石にお花見どころじゃないわね……」

美希「折角おにぎり持ってきたのに……」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1397829529

引用元: 千早「桜花」

 

  【千早「桜花」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/17(日) 20:20:06.05 ID:7bl5Mgja0
事務所

ガチャ

千早「おはようございます」

千早「あら…誰もいないのかしら」

千早「みんな来るまで待ってる時間ももったいないし」

千早「今のうちにレッスン用の服に着替えておきましょう」

【千早「イタイタの実…?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16(土) 22:09:57.69 ID:BGPLc06u0
P「アオイィィィィィトリィィッィ♪」

千早「!?」

千早(プロデューサーが私の歌を口ずさんでる)

【千早「プロデューサーが私の歌を口ずさんでる」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆0lcgcQtP4I 2015/12/26(土) 23:03:56.34 ID:p72SRmfvO
春香「はいはい、どうせまた知って…って知ってるの!?」

千早「知っているわ。」

春香「うそ!?なんであんなマイナーな作品を!?」

千早「なんでって…帰宅部活動記録と言えばドラえもん、サザエさんに並ぶ国民的アニメじゃない。さすがに知っているわ。」

春香「謝れ!ドラえもんとサザエさんに謝れ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1451138636

【千早「帰宅部活動記録?知っているわ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16(土) 03:08:11.92 ID:nFWm5Niq0
千早「す、すみません!よそ見をしていて・・・けがはないですか?」

ダイジョーブ「ハーイ!ワタクシ、ダイジョーブト申シマス。アナタ、アイドルデスネ?」

千早「え、ええ・・・」(ダイジョーブって怪我がないということなのかしら)

ダイジョーブ「チョットコチラヘキテクダサーイ!」

千早(怪しいわね・・・)「す、すみません私今から用事がありまして・・」

ダイジョーブ「ウッ・・・痛イ・・お腹ガ・・」

【千早「いたっ」ドーン】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 03:03:05.12 ID:Fjz0rkb80
千早「え……」

千早「愛してる」

千早「ぷ、プロデューサー……もう、またそんな冗談を言って」

千早「冗談なんかじゃないさ」

千早「……ほ、本当ですか? 嘘……じゃなくて……」

千早「ああ……」

千早「……少し、考える時間をください。急にそんなことを言われても、私……」

千早「……わかった。それじゃあ……また明日な」

千早「……はい」




春香(天海春香です)

春香(とんでもない現場に出くわしてしまいました)

【千早「愛しているよ、千早」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/07(木) 20:55:06.39 ID:emOsw+fg0
ある日社長に呼び出されて事務所に行くと、知らない男の人がいた。

「……今日から君のプロデュースをする事になった者です」

その人は私をじっと見つめた後そう言った。

「プロデュース……では、あなたが新しく来たというプロデューサーですか?」

社長や音無さんが話しているのを聞いていた。
どうやら敏腕だというプロデューサーの話。
それがきっとこの人なんだろう。でも……

「そういう事です。これからよろしくお願いします」

私の初めてのプロデューサーは、作り笑いが気持ち悪い人だった。

【P「千早に謝りたい事がある」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/10(日) 22:30:59.02 ID:ksAmw9+E0
春香「えー、そうかな?ほら、この綺麗なメダカとか」

千早「犬とか猫とかなら話は分かるけど…」

響「何見てるんだ?」

春香「熱帯魚の画像だよ、響ちゃんは熱帯魚は飼わないの?」

【千早「魚はそんなには可愛いと思わないけど」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 15:35:41.50 ID:6B5zCuLt0
春香「殺されそうでござる」

千早「何で!? 何で皆に言ったのよ! 答えなさい、春香!!」ユサユサ

春香(鬼の形相の千早ちゃんも可愛い)

【春香「千早ちゃんのおねしょ癖を周りに言いふらした結果」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05(火) 22:58:44.33 ID:rzjJI8bc0
P「とんでもない。っていうか今日はオフじゃなかったか?」

千早「いつも使ってるスタジオがすでに予約されてたので。今日は事務所にいようかと」

P「わざわざこなくてもいいのに……せっかくのオフなんだから仕事の空気から離れたくならない?」

千早「気が抜けて体がなまる方が嫌ですから」

P「真面目だな」

千早「どうも」

【P「事務所には千早しかいないのか」千早「嫌なんですか?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 15:00:16.22 ID:empSB0fL0
<AM 8:00>

やよい「おはようございまーす!」


小鳥「あら、おはようやよいちゃん。今日も早いわね」

やよい「はい!今日も元気いっぱい、がんばりますっ!」


伊織「ふぁああ……おはよー」

やよい「おはよー!伊織ちゃん!…どうしたの?眠たそうだね?」

伊織「どうもこうもないわ。昨日も遅くまでお勉強よ」

やよい「伊織ちゃん大変そうだねー。あ、お茶飲むー?」

伊織「……ありがと、やよい」

小鳥(むふふ、"やよいお" はいつ見ても至高……!)


ガチャッ

千早「……」

やよい「あ、千早さん。おはようございます!」

【やよい「あれ?どうしたんですかー?千早さん」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 21:09:44.79 ID:UnPFIGRd0

P「返事してくれよー」

千早「……」ツーン

P「なあってばー」ツンツン

千早「…………」

P「千早のほっぺは柔らかいなぁ」ツンツン

千早「……」

引用元: P「千早、千早ってばー」千早「……」 


THE iDOLM@STER 如月千早 浴衣Ver. 1/8スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア
フリーイング (2015-08-07)
売り上げランキング: 72,935
【P「千早、千早ってばー」千早「……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/04(月) 00:59:06.13 ID:4250HG7o0
―ちひゃーに告白―


P「俺と付き合ってください!」

ちひゃー「くっ?」

千早「プロデューサー、何を言っているんですか?」

P「ちひゃーと付き合いたい」

千早「真顔で冗談は止めてください。流石に面白くありません」

【千早「ちひゃーと付き合うなんて正気ですか?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/18(水) 23:15:03.77 ID:mXgu/n/oo
春香「わわっ!」グラッ

やよい「春香さん、危ないですっ!」バッ

ゴッチーン!!!

やよい「うげぉ!」

春香「けぇぶ!!」

バタン!!

千早「春香! はいつも通りだとして…高槻さん!」

伊織「ちょ、ちょっと大丈夫!? 二人とも、頭ぶつけたみたいだけど…」

響「やよい! しっかりしろ、やよい!」

やよい「………」

千早「た、高槻…さん…?」

やよい「………」

千早「……………………嘘」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1447856103

【千早「高槻さんが…死んだ!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/10(土) 21:08:03.244 ID:Z/Ogxbxvr.net
P「相談? なんだ珍しいな」

千早「はい、実は>>3の事なんですが……」

引用元: 千早「あの、プロデューサー……>>3の事で相談が」 



THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 3 07 如月千早
如月千早(CV:今井麻美)
日本コロムビア (2015-07-08)
売り上げランキング: 18,952
【千早「あの、プロデューサー……>>3の事で相談が」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 2013/02/23(土) 23:13:44.06 ID:w0gkWU8YP
年越しライブという大仕事を終え、休暇が目前に迫っている。

そのため事務所全体がゆるい雰囲気に包まれている。

候補生たちには短いものの年始の休暇が与えられ、今日事務所に出勤しているのは俺と小鳥さん、律
子、それに社長だけだ。

残っている仕事も簡単なデスクワークのみで、明日から数日間は事務員も休みをとる予定になっている。

【千早「変わる私と、変わらないひと」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆.xKc9zwqNY 2016/12/29(木) 03:49:48.51 ID:e3lEMNAK0
響「はいさーい! うー、さむさむ」

春香「おっ、響ちゃんはいさーい。こたつあったまってるよ!」

千早「はいさーい!」

響「おー、二人ともやってるなぁ」モソモソ

春香「ふふー、お先に頂いてまーす」

引用元: 春香千早響「「「かんぱーい!」」」 


  【春香千早響「「「かんぱーい!」」」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ぱくり屋 ◆zfDCN0YmXY 2013/02/25(月) 23:59:46.86 ID:pkS+kzCY0
 
pppppppp

バシッ

ガシャン

P「うぅ……もう朝かぁ」

P「あれ、声が。風邪引いたかな」

P「あれ? ……私の部屋じゃない」

P「……っていうか、えっ?」

P「鏡…」

ドタドタ


P(春香)「私がプロデューサーになってる!!!」

【P(春香)「千早…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/25(月) 02:35:57.66 ID:WdYd3MVm0
千早「お疲れ様ですプロデューサー。どうされました?」

P「千早、今日この後は予定あるか?」

千早「いえ特にないです。雪も降ってるので家で音楽を聞いて過ごす予定ですが…」

千早「どうかされましたか?」

P「実はこの雪で交通機関がストップして絶賛帰宅難民中のアイドルが3名と」

P「1人だと怖くて眠れないって寂しがり屋アイドルが事務所にいるんだけど…」

真美「兄ちゃん!?真美の扱いだけひどくない?」

真美「違うからね。亜美もお父さんもお母さんも今日はたまたまいないだけだからね?」

P「電車も動きそうにないし、車も出せそうにないから4人を千早の家に泊められないかと思って」

千早「私はかまいませんが、どうやって家まで来るのですか?」

P「千早の家は事務所から近いし、途中にスーパーもあるから夕飯の食材買って歩いて行くよ」

千早「わかりました。着いたら連絡ください」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1361727357

【千早「消せない絆」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 21:50:45.06 ID:u8lAYCUv0
千早「くっ、ゲロゲロキッチンで『君はまな板無くても自前のがあるね』なんて言われてしまったわ」

千早「牛乳も、バストアップマッサージも、どれもこれも効果無いじゃない」

千早「こうなったらもう神に祈るくらいしか方法は無いじゃないの……」

千早「あれは……? 流れ星?」

千早「……胸が大きくなりますように胸が大きくなりますように胸が大きくなりますように」

千早「それが駄目なら……せめてもっと幸運になれますように」

【P「超幸運少女千早」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆CiplHxdHi6 2013/02/25(月) 00:12:08.03 ID:ZrJUV3oh0
春香「千早ちゃん! 誕生日おめでとう!」

千早「ありがとう、春香」

春香「いやぁ、おめでたいなぁ! 友達が誕生日だと、こっちまで嬉しくなるよ!」

千早「ふふっ」

鞄「……」

千早「あら? 何かしら、その大きな鞄は」

春香「あっ、これ? 今日のために事務所の皆で用意した誕生日プレゼントだよ!」

千早「ッ! こ、これ重くない?」

春香「それだけ密度の濃いものが入ってるんだよ! 開けてみて開けてみて! きっと驚くから!」

千早「一体なにが入って……」

【千早「事務所のみんなからのプレゼントがエスパー伊東だった」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 01:59:34.70 ID:337ISiqR0
千早「心残りは無いわ」

千早「生きていても寂しいだけだもの」

千早「でも、もうこの寂しさともお別れ」

千早「事務所のみんなには迷惑かけちゃうけど…」

千早「これが私の最後のワガママだから許してください」

千早「それじゃあ…さようなら、765プロのみんな…春香…プロデュ…サ…」

【千早「誕生日だし優のところへ……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14(火) 09:19:39.62 ID:nufZ6RgJ0
千早「ひとりぼっちになってしまったわ……」

引用元: 千早「ふふっ、プロデューサーに好きって言ったらどうなるかしら?」

 

  【千早「ふふっ、プロデューサーに好きって言ったらどうなるかしら?」】の続きを読む

このページのトップヘ