えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/23(火) 11:20:37.01 ID:so/8LLPYO
風呂場

妹「っしょ」

パサ

妹「あ、タオルない」

姉「はい」

スッ

妹「ありがとう」

姉「どういたしまして」

妹「……」

ヌギ
パサッ
ガチャ

妹「あの」

姉「なにかしら」

妹「ううん」

パタン

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1471918837

【妹「姉が必ず風呂場にいます」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/16(木) 16:48:47.61 ID:DMsm1D0I0
姉「!」

弟「?」

姉「ち、違うの…これはね…」

弟「あわわわ…」

妹「…」

妹「姉さん、兄さん」

姉「な、なあに?」

弟「…えっとこれは」

妹「2人とも何をしてるかわかってるんですか?」

【姉「うん、いいよ弟くん…もっと…..」 妹「何してるんですか!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、 VIPがお送りします 2014/07/25(金) 02:51:10.75 ID:VxiV2xJj0
姉「あー、怠い」

弟「姉さん、カバン片付けてよ。邪魔」

姉「弟の癖に姉に命令してんじゃねえっての」

弟「命令じゃなくてお願いしてるんだよ」

姉「なら断わる。今あたしはダラダラすんのに忙しいんだよ」

弟「はあ。あーあ、他の家のお姉ちゃんはもっと優しいのに」

姉「なら他の家の弟になれよ、バーカ」

弟「みんな分かってないんだよな、姉さんの本性が」

姉「は?」

弟「うちに来た友達、みんな言ってるんだよ。美人で可愛い姉さんがいて羨ましいって」

姉「は、はぁ!? ばば、バカじゃねえの! はぁ!?」

弟「え、どうしたの?」

姉「あたしが可愛いとか、な、何だよそれ! わかった、バカにしてるんだろ!?」

弟「し、してないと思うけど」

姉「……そ、そっか。なら、別にいいけど」

【弟「姉さんを誉めると面白い」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 忍法帖【Lv=37,xxxPT】 2013/04/13(土) 08:49:09.94 ID:ntK8T2Xp0
姉「あれ? おはようってば妹ちゃんっ!」

妹「えーと……私ですか?」

姉「あはは……どうしたの? そんな敬語なんか使って……」

妹「どちら様ですか?」

姉「えっ!? や、やだなーもう、またそうやってからかって……」

妹「うーん、からかってないんですけど……あなたは私の事知ってるんですか?」

姉「なっ……えと、どういう事?」

妹「何も思い出せないんですよね、あなたは誰なんですか?」

姉「え……」

妹「私は……誰なんですか?」

姉「えっ…………えぇっ!?」

【姉「妹ちゃんおはよーっ!」 妹「……?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/24(月) 09:47:02.71 ID:oae5o2Su0
姉「お姉ちゃんの頭をなでなでして」

弟「……」

姉「な、なでてください」

弟「……」わしゃわしゃ

姉「あ、もうちょっとやさしくな~で~て~」じたばた

弟「姉さんどうしたの?」

姉「恋愛漫画読んでたらイチャイチャしたくなった」

弟「はい」

姉「でも私には相手がいない」

弟「はい」

姉「だから今度は抱きしめて」

弟「……はい」ぎゅっ

【姉「お姉ちゃんの頭をなでなでして」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/27(水) 01:52:36.65 ID:edS4V0ww0
姉「おにいちゃぁん・・・」

【姉「お兄ちゃんがほしい」弟「は?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/03(木) 21:41:15.76 ID:nVtmhGnJ0

妹「ほらそこにもいるよ!」


姉「馬鹿じゃないの?早くお風呂入っちゃいなよ」


妹「いるもん…」


姉「はいはい」


妹「あ、おねえちゃんの後ろにいるよ」


姉「きゃあ!」ばびゅーん


妹「あはは」

【妹「あれ…おばけが見えるよ…?」姉「何言ってんのよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 19:08:57.18 ID:HzgNaAfUO
義妹が私の妹になったのは、私がまだ中学生に上がりたての頃。
明るそうな母親とは対照的に、おどおどと母親の背に隠れる姿は昨日の事のように鮮明に思い出せる。
きっと私の顔が怖かったのだろう。
離婚だの、再婚だの、色々立て込んでいたから。
そのせいで私は妹の中で「怖いお姉ちゃん」になってしまったのではなかろうか。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1447927737

【姉「私の義妹」妹「私のお姉ちゃん」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆/BueNLs5lw 2015/09/10(木) 02:28:14.66 ID:w0QZkRl/0
姉妹百合
たぶん短い



AM2:00



妹「……ただいまー」

バタン

妹「おかえりー……ってね」

ガタン

妹「ん? まだ、誰か起きてる?」

トタトタ

妹「……お母さん?」

ガチャ


リビング


妹「……」

姉「おはろ」

妹「なにしてんの」

姉「帰り待ってた……っく」

プシュ

妹「それ、4本目?」

姉「うむ」

妹「肝臓壊すよ」

姉「ビール4本くらいで壊れる肝臓ならいらないわ」

妹「いやいや」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1441819694

【妹「私の事好きなの?」姉「そんなこたないのよ」 (オリジナル百合)】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 11:55:02.78 ID:1Olmw5Wd0
姉「動くな!危ないぞ!」

弟「まぁ、動く気ないですけどね」

姉「こういう時は落ち着くことが肝心だから、すーはーすーはー」

弟「お姉ちゃん、お姉ちゃん」

姉「弟くん、こ、怖がらなくていいから」

弟「聞いちゃいねえ」

姉「そのままジッとしてるんだ」

弟「してるよ、コタツから出るの面倒だもん」

姉「そ、そうか、じゃ、そのまま待機だぞ」

弟「はいはい」

姉(地震と間違った///)

【姉「あっ!?」弟「うぉっ?」姉「……停電!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆/BueNLs5lw 2015/09/02(水) 17:17:36.73 ID:rrRDANmy0
 


お姉ちゃんは私にとって都合の良い存在だった。

「お姉ちゃん、宿題やっといてよ」

「うん、いいよ。どこ、したらいいかな?」

何を頼まれても、嫌な顔一つ見せない。

「お姉ちゃん、ジュース買ってきてよ」

「うん、いいよ。何がいいのかな?」

それに気が付いたのは、私が中学二年生、お姉ちゃんが高校一年生の時だった。
お母さんに頼まれたことも、近所の人に頼まれたことも、学校の友達や先生に頼まれたことも、
すべて嫌な顔一つ見せずに、お姉ちゃんは請け負っていたようだ。

お姉ちゃんが何かを断ったりする所を一度も見たことがなかった。
お姉ちゃんはなんでも言うことを聞いてくれるし、
きっとお姉ちゃんは頼まれごとをするのが好きなそういう性格なんだと思っていた。
もちろん、両親の前であんまりお姉ちゃんに我がままを言っていると怒られるので、
ばれないようにこっそり頼んでいた。お姉ちゃんは、絶対に告げ口しないのも分かっていた。

昔から大人しくて、おばあちゃんには思慮深な子だと言われ、
私が同じ高校に上がった時には、そういう大和撫子的な雰囲気から、
一部の男子から熱狂的な支持もあった。



でも、私たちの誰もが本当のお姉ちゃんを知らなかった。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1441181856

【怒れない姉 (オリジナル百合)】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 01:14:50.09 ID:wS3FxZhBT
姉吸血鬼「見てよこのエンゲル係数」

妹「うわっ、なにこれ」

姉吸血鬼「赤字赤字赤字の大赤字よ。どうしましょう」

妹「どうしましょうって言われても……」

姉吸血鬼「こんなんじゃ来月まで持たないわよ」

妹「うーん、食べなきゃいいんじゃ……」

姉吸血鬼「できると思う?」お腹すりすり

妹「……無理かな?」ぐぅ

姉吸血鬼「はぁ……」

【姉吸血鬼「今月の食事代がやゔぁぁい」妹「えぇ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆DTYk0ojAZ4Op 2015/08/05(水) 19:52:28.10 ID:ck+/XIK70



姉「ああん?なんだ急に」

弟「姉ちゃんさ、やっぱ大学進学した時って勉強した?」

姉「してねーし。姉ちゃん、天才だから」

弟「…じゃあさ、俺も勉強しなくても行けるかな」

姉「どういう心境の変化?この話、パパとママが散々説得してきたじゃん。
  それを急に大学行きたいって、虫がいいって思わないの?」

弟「あん時とは事情が違うんだよ!
  今は、行ってもいいかな…、って」




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1438771947

【弟「姉ちゃんの行ってた大学に行きたい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆LRJytAPfz. 2015/08/04(火) 13:31:47.60 ID:WzVT+YyMO

定間隔に聞こえていた線路の継目を踏む音が、少しそのテンポを落としてきた。

さっきまで見えていた空は、今は聳え並ぶビルに隠れている。

大都会という程ではない地方都市でも、その地域で最も大きな駅に近付いているのだから当然の光景だ。


流れる看板にはどれも見覚えがある。

前にここを訪れたのは三ヶ月前、5月の連休の事だった。


明るいブラウンのタイル張りのビルが間近に視界を横切った、それを合図とするように車窓の色が変わる。

列車が河口に近く広い川幅を渡る橋に差し掛かり、再び空が眼前に広がったのだ。


僕は隣りの空席に置いた荷物を膝に載せかえ、もう一度車窓へと視線を戻した。

数分前、まだ建物の少ない地域を走っていた時から気にとめていた入道雲は、高さをぐっと増したようだ。

その覆い被さるような堂々とした姿が背負う青は、僕と姉が他人になったあの日の空によく似ていると思った。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1438662707

【涙目で熱い吐息を漏らす姉が弟に抱かれる話】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/30(火) 18:19:18.28 ID:Cu06VUsH0
姉「もう12時すぎてるのに…」

姉(またどこかで呑んでるんでしょうか…はあ……)

姉(両親が仕事で帰宅しないのをいいことに毎日遊び歩いて…
アルバイトはしてくれているのからまだいいものの…甘やかしすぎでしょうか)

姉(かといって弟くんメンタル弱いからなあ…
厳しくいうとすぐ死ぬとか言うし…)

姉(はあ…)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1435655948

【姉「弟くんが帰ってきません…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 19:22:04.74 ID:CSGCOz2d0
妹「……?……明けまして結婚しよ?」

姉「いや聞こえなかったわけじゃないからっ、二回言わなくてもいいからっ!」

妹「そう?じゃあ結婚しよ?」

姉「えっと……出来ないよ……?」

妹「うん? どうしてお姉ちゃん」

姉「だっ、だって家族だし…っ…」

妹「……じゃあ家族じゃなかったらしてもよかったの?」

姉「な……べ、別にそういうわけじゃ……っ!」

妹「クスクス……ごめんね、冗談だよお姉ちゃん」

姉「むっ……そうやってすぐからかうんだから……」

妹「新年初からかいだよお姉ちゃん」

【妹「明けまして結婚しよ?」 姉「おめで…………え?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/31(日) 20:43:40.56 ID:J7s9gMAno
姉「今日ハロウィンじゃん?」

弟「そうだね」

姉「仮装するじゃん?」

弟「かもね」

姉「だから妹に」

弟「なんでだよ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1635680620

【姉「そうだ、妹の仮装しよう」弟「何言ってんの?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 【安価】兄「安価で妹にイタズラ」妹「安価で兄を迎撃」【主役は妹】

3: 1 ◆h0mTIOy3Gs 2015/04/26(日) 20:17:37.55 ID:R96d+KErO
---
--

雨降りの放課後、1階の玄関。

弟「ただいま」ガチャ…バタン…

姉「弟ちゃんおかえりなさい」パタパタ

弟「姉さん・・・うん、ただいま・・・」ビショヌレ

姉「あらあら、随分びしょ濡れになっちゃったのね」

弟「うん、台風が来てるらしいからね」

姉「傘持って行かなかったの?」

弟「朝は晴れてたし、学校に折り畳みの置き傘があるはずだったんだけど・・・」

姉「じゃあどうして、そんなびしょ濡れに?」

【【安価】姉「安価で弟を愛でる」弟「安価で姉を迎え撃つ」【主役は弟】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/16(月) 22:54:56.60 ID:BIzUiQOt0
姉「久しぶりだね! 弟くん!」

男「……」ポカーン

姉「弟くんのことが心配で戻ってきちゃった!」

男「ごめん意味がわからない」

姉「突然すぎたかな?」

男「どうしてこうなった」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1426514096

【姉「タブレットになった」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/01(土) 20:48:47.46 ID:UqS9xzEB0
姉「……えっ」

妹「いるけど、どうしたのそれが?」

姉「あっ、ううん!……たっ、ただ気になっただけ……えへ…えへへ……」ショボーン

妹「そっか……まぁずっと片思いなんだけどね」

姉「そっ、そうなんだ……」シュン




妹「……」クス

【姉「妹ちゃんは好きな人居るの?」 妹「いるよ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆PiqUzW26Xw 2013/11/06(水) 11:04:45.01 ID:yuLTWbc/0
男「俺だってもう高校生だし・・恋人の一人くらいほしい」

姉「高校生になったらどうして恋人が欲しくなるんだ?」

姉「私はそんなものいないし、できたこともないぞ?」

男「う・・それは姉さんがおかしい」

姉「私が何だって?」ギロ

男「・・・なんでもない」

姉「ふん・・思ったことも言えないのかお前は」

姉「臆病者が」

男「ううう・・・」

【姉「何?彼女がほしいだ?この軟弱ものが」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆9W6PAVDo7. 2016/11/08(火) 06:24:13.54 ID:VmRSaHc50
多分、日常系とか言われる奴。ほのぼのだけが目的でヤマもオチもない。

速報が落ちてて、他に書いてるのが進められなくてむしゃくしゃしてやった。

そんなのでよろしければどうぞ。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1478553853

引用元: 姉「あんたのせいだからね!」 


 

  【姉「あんたのせいだからね!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/17(土) 08:34:37.55 ID:PFS1Z8a50
――――私にはお姉ちゃんが居る――――

「おはよう。妹ちゃん」

「おはようお姉ちゃん。今日はぐっすり寝れたみたいだね」

「……え?8時30分……だ……あー‼会社遅刻する‼‼」

「なに言ってんのお姉ちゃん。一週間有給だって言ってたじゃん」

「あれ?そうだっけ?」

「ほら、有給全然取ってないから、会社に取れって言われたって言ってたよ」

「……あーそうだった。そっか、今週一杯休みだったっけ」

「もーお姉ちゃん。それ昨日も言ってたよーしっかりしてよねー」

「なんか働き詰めだったから、どうもねー」



【私のお姉ちゃん】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/25(水) 21:14:23.67 ID:4xIeQRk90

弟「そんなこと言われても知らん」

姉「がおー、おまえーをーたべてしまうぞー」

弟「えー・・」


姉「まあ弟は骨と皮しか無いから食べたくないん」

弟「骨と皮しかないか?」

姉「うん。最近やつれてる」

弟「うーん・・骨と皮がある分マシじゃない?」

姉「それはそうだけど・・」

弟「確かに最近食欲はそんなにないけどな」

姉「よし、じゃあ美味しい物買いに行こうか。お姉ちゃんもお腹空いたし」

弟「めんどくさ・・」

姉「良いから行くん!」





【姉「おなかすいたー」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/27(月) 23:42:40.58 ID:nR1fdImYO
妹「んしょっ、と……それじゃ、行ってきまーす!」

母「うん、行ってらっしゃい。 気をつけてね」

妹「はーい!」

母「朝から元気ねぇ」

姉「そうだね」

母「あら、おはよう」

姉「うん、おはよ。 妹は朝練?」

母「そそ。 それより姉、昨日も遅くまで起きてたでしょ」

姉「……あー、やっぱりバレた?」

母「そりゃ分かるわよ……ドアから明かりが漏れてたし」

姉「でも、遅れてる分の授業を取り戻さなきゃいけないし」

母「……熱心なのは良いけど、体を大切にしなさいよ?」

姉「……うん、わかってる。 ごめんなさい」

母「ううん、謝ることじゃないの。 でも……」

姉「うん、大丈夫、もう分かってるから」

母「姉……」

姉「それじゃ、着替えてくるね」

母「……ええ、行ってらっしゃい」




【姉「…さよなら、妹」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/07(火) 00:33:50.58 ID:lV8yW0NO0
妹「えへへ、絵本読んでほしいなって」

吸血鬼「絵本? いいわよ。どれがいい?」

妹「いつものアレ!」

吸血鬼「あぁ、あれね。もう妹ちゃんったらアレが大好きなんだから」

妹「だってお姉ちゃんの最初のプレゼントだもん!」

吸血鬼「わかったわかった。じゃあベッドで読みましょうね」





【妹「お姉ちゃん!」姉吸血鬼「なぁに妹ちゃん?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 11:09:31.89 ID:ZzNCJRG10
弟「早くしろよ!!」

姉「待てよ、私はまだパンツにシャツ一枚なんだよ、こんな姿で外に出たら嫁に行けないっつの」

弟「あーもう!!セミが逃げるだろ!!」

姉「あのな、今でも嫌になるくらい鳴き声が聞こえるだろ」

弟「虫カゴも虫捕り網もあるのにさー」

姉「用意周到なのは分かったが、私が用意出来てないから待ってろ」

弟「待ってる」



弟「ねーちゃんまだー?」

姉「はえーよ、そして普通にドア開けて姉の着替え見てるんじゃねーよ」

弟「うん、早く、セミ逃げる」

姉「逃げねぇよ!よいしょっと……しょうがない行くか」

弟「やっとだ!よし行くぞー!!」

姉「めんどっちぃ」




【弟「ねーちゃんセミ取り行こうぜ!!」姉「しょうがねぇなぁ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/19(木) 15:23:13.93 ID:VGywWMTF0
弟「は?」

姉「いや、ウチって4人家族じゃないか」

弟「うん」

姉「縁起が良くない」

弟「そうなのか?」

姉「うむ」

弟「そうか」

姉「だから、増やそう」

弟「どうやって」

姉「私と弟の子供を」

弟「」



【姉「4は縁起が悪いんだよォォーーッ!!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆62Ua0DQm7dp3 2013/06/06(木) 16:08:35.59 ID:MUpMZ2HZ0
姉「おはよー」

妹「またこんな時間に起きたんだね。急がないと遅刻だよ?」

姉「うんー」ボケー

妹「ほら顔洗おうね。ご飯もできてるよ」

姉「うんーおかあさんはー?」テクテク

妹「今日から出張に行くってこの前言ってたよー」

姉「そっかー」

ジャー ゴシゴシ

姉「おきたー、ごはんー」

妹「全然起きてないよね、目が閉じかけてるよ?」

姉「いやいやー、もうおきてるー」ボー




【妹「お姉ちゃんがやっと起きてきた」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/02(月) 12:54:53.20 ID:ECFBPSy40
兄「ロボット乗り回すのもマンネリ化してきたぜ……」
(↑リアルロボット系SF)

弟「もう剣も魔法も疲れたよ……元の世界に帰りたい……」
(↑異世界ファンタジー)

姉「業界に長く居すぎて厨二病も醒めちゃった」
(↑裏社会ガンアクション)

妹「誰でもいいからお願い代わって!!」
(↑怪奇ホラーサスペンス)





【兄弟姉妹「もう主人公やるのホント疲れた……」】の続きを読む

このページのトップヘ