えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

巴マミ

    このエントリーをはてなブックマークに追加

マミ「アバダケダブラ!」 その1

293: 2013/02/20(水) 22:34:29.85 ID:WnbcDPm60

数日後 グリフィンドール談話室



 ボソボソ ボソボソ


「やっぱり秘密の部屋が――」

「怪物――マグル生まれが狙われる――」

「マミ――彼女もやっぱりマグル出身だ――」

「フィルチの猫は――?」

「奴はスクイブだろう――」


                    ヒソヒソ ヒソヒソ


ハリー「……噂、広まってるね」

ロン「ああ。可哀想に、一年生なんかすっかり怯えちまってる。
   ひとりじゃトイレにもいけないって有様さ」

ハリー「そういえば、ジニーも一年生だったね。最近ただでさえ元気なかったし、様子どう?」

ロン「最悪だよ。君にまとわりついてたカメラ小僧がいたろ?」

ハリー「ああ、コリンね。彼がどうかしたの?」

ロン「そいつとジニー、妖精の呪文で班が一緒だったらしくてさ。
    事件のあった日、コリンも君のお見舞いに行こうと寮を抜け出そうとして――まあ、フィルチに捕まって戻されたんだけど。
    下手すりゃ怪物に襲われてたって喧伝してくれたみたいで、ジニーはすっかり怯えちまってる」

ハリー「今度会ったら言っておくよ。いたずらに不安を煽るなって」

ネビル「ハリー! ロン! 見てよこれ! この腐った玉葱には怪物を退ける効果があるんだって!
     怪物って怖いよねー! 他にも色々お守りを買い込んだんだけど――」

ハリー「よーしネビル。ダドリー直伝のチョークスリーパーをかけるからそこを動かないでくれよ」


【マミ「アバダケダブラ!」 その2】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/14(金) 00:23:58.34 ID:G0BK9RvH0
 

 それは、私が11歳の誕生日を迎えた日の出来事。


マミ『ねえお母さん……やっぱり、今日のお出かけやめにしない?』

マミママ『? どうしたの? マミも今日のお出かけ楽しみにしてたじゃない』

マミ『……えっと、なんとなく……だけど。今日はあんまり外に出たくないなって』

マミママ『あら、体調でも悪いの?』

マミ『そういうわけじゃないけど……』

マミママ『……珍しいわね、マミが愚図るなんて。でも駄目よ、もうレストランも予約しちゃったし』

マミ『でも……テレビで最近、車の事故が多いって……』

マミママ『テレビ? そんなこと気にしてたの? 大丈夫よ、パパは安全運転してくれるから』

マミパパ『オーイ、何してるんだ。早くしろって』

マミママ『あ、ほら。パパもう車回しちゃってるじゃない。ね? プレゼント奮発してあげるから』

マミ『……うん、分かった』


 未来を予測することが出来ない限り、運命は変わらない。

 だからその日、私は家族を失った。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1355412238

【マミ「アバダケダブラ!」 その1】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/12(月) 03:08:02.72 ID:QYLmBsQSO
さやか「……どうしよう」

まどか「あーあ…」




【さやか「マミさんのソウルジェムを叩き割ったら死んだ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 00:23:39.75 ID:FPMUlyXcO
マミ「えっ…、そ、そうかしら?」

ほむら「鼻が曲がりそうよ。入浴はしてるの?」

マミ「っし、してるわよ!してるわ!!」

さやか「でも、服やリボン黄ばんでますし…」

マミ「これはっ…これ、黄ばんでるんじゃなくて!」ウルル

まどか「あー、さては黄ばんでも目立たないように黄色をチョイスしたんですね、ウィヒ」

ほむら「なるほどね…まったく小賢しい」

マミ「うう、うっ…」グスグス




【ほむら「あなた臭いわよ、巴マミ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
12: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/21(土) 10:46:44.49 ID:Uv7yCv430
ほむら「さあ… 彼女は割と寂しがりだから喜ぶんじゃないかしら」

まどか「えっ、そうなの? ほむらちゃん」

さやか「ほっほーう? 良いこと聞いちゃったなー! この私が一肌脱いじゃいましょうか!」

まどか「ずるいよさやかちゃん! わたしもマミを可愛がりたい!」



マミ「あの、本人を前にそんなに言われると恥ずかしいのだけれど…」




【まどか「マミさんを可愛がり続けるとどうなるんだろ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 23:15:58.70 ID:ch6+y0xF0
まどか(やべぇ、思わず素が出ちまった)

マミ「鹿目さん?今わたしのこと、呼び捨てにしなかった?」

まどか「え、あ、いや、してねぇ……し、してないですよ」

マミ「?」

まどか「……」

マミ「おかしな鹿目さんね」

まどか「あ、あはは……」(よかった、ばれてない)




【まどか「おいマミ」マミ「えっ」まどか「あ、違う。マミさん」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 22:11:23.46 ID:h4UcguMR0
マミ「ちゃんと体重も気にしてるのに…納得いかないの」

杏子「だから何なんだよいきなり呼び出しといて、ちゃんと言えよ」モグモグ

ほむら「そうよ、まどかとの朝チュンの余韻を台無しにしてくれやがって」

まどか「まぁまぁ、朝チュンならまたできるんだし…」

ほむら「…わかったわ。マミ、とっとと悩みを吐いて楽になりなさい」

マミ「ええ、某巨大掲示板とかのインターネッツでの話なのだけれど…何故かデブとかすぐ首が飛ぶとか言われるの」

ほむら「デブ…そうね、間違ってはいないわね」

マミ「そんな!?ちゃんとカロリー計算とか運動もしてるのに!」ガビーン




【マミ「私はデブじゃない」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 21:50:35.61 ID:y58iBS1X0
QB「ふぅん。よかったね」

マミ「どうやって遊ぶの?」

QB「知らないよ」





【マミ「スケートボードを手に入れたわ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 22:32:04.52 ID:Mi/x8C5N0
『うぅ………』


ハァ…ハァ…


『動けない…苦しい……』


ハァハァ……ハァ……


『パパ…ママ…』


ボォォォォォ ガシャン


『プレゼント…が……何か、眠くなってきちゃった』


ヒョコッ


「やあ―――――――かい?」






【キュゥべえ「魔法少女マミ☆マギカ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/17(土) 14:37:02.34 ID:yc/bpc0A0
  ~見滝原・中心街~


ドッピオ「………」

ドッピオ「日本か、本当に治安のいい国なんだね。ここに来てから引ったくりにも合ってないし…こんなに人が多いのに」

ドッピオ(…でも、ぼくはこの国に観光目的で来たんじゃない)

ドッピオ(こんな事を言うと『精神異常者か?』と言われてしまうかもしれないが、ぼくは時々記憶が曖昧になる時がある)

ドッピオ(曖昧といっても、精々十数秒が限度だけど)

ドッピオ(しかも感情が昂ったり怒りに燃えると、勝手に物が壊れたりする。誰に言っても信じてもらえないし無意識だから勘違いかもしれない)

ドッピオ(けれど間違いなく、どうしてかは分からないが…なんとなく、感覚で…これはぼくが原因と分かるんだ)





【マミ「彼の名はドッピオ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/11(土) 21:33:34.37 ID:43A/lg4jO
さやか「あんなこといいな♪」

さやか「できたらいいな♪」

さやか「杏な夢♪子んな夢♪」

さやか「いっぱいあるけど♪」

さやか「みんなみんなみーんな♪」

さやか「かーなえてくーれる♪」

さやか「分身の魔法でかなえてくーれーるー♪」

さやか「杏子がいっぱいいるといいな♪」

杏子「ロッソ・ファンタズマー!」

さやか「あんあんあん♪」

さやか「とっても大好き♪」

さやか「あんこちゃ―」

杏子「誰があんこだ!!」ゴン




【マミさん「ジャッロ・ファンタズマ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/28(水) 00:15:20.35 ID:2NSDk2xA0
ほむら「山でしょ」

マミ「え?海じゃない?普通」

ほむら「山に行くのが普通でしょう」

マミ「え?」

ほむら「え?」





【マミ「今日はみんなで海に行きましょう!」ほむら「え?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/27(月) 21:28:58.98 ID:5tUWK/v3P
マミ「それに、大きいと何かと不便なのよ?」

マミ「Tシャツは伸びるし、肩だって凝るし、匍匐前進出来ないし、仰向け苦しいし」

さやか「それに男子の目もちょっと…ね」

マミ「小さい方が実用的よね」



ほむら「…」


 
  【マミ「小さい方が可愛いわよ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 21:01:58.37 ID:Qwc2q2JMO
マミ「~♪」コトコト

マミ「さて、味見を…」

マミ「うん、美味しい!」

マミ「ふふっ、これなら三樹さんも鹿目さんも喜んでくれるわよね?」

マミ「あとは来るのを待つだけね」

キュゥべえ「マミー」

マミ「あっ、キュゥべえ」

キュゥべえ「ただいま」

マミ「おかえりなさい」




【キュゥべえ「さすがマミ!ボクの下僕!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/21(月) 22:14:21.19 ID:vw4K80680
 
    放課後

さやか「おーい、ほむら、帰ろー」

まどか「帰ろ、ほむらちゃんっ」

ほむら「…ごめんなさい、先生にプリントを出しに行かないとならないの。まだ帰れないわ」

さやか「なんだ、それくらいなら待ってるよ。お喋りでもしてるからさ。ね、まどか」

まどか「うんっ」

ほむら「それならすぐ行ってくるわ。…ありがとう」フフッ …スタスタスタ

まどか「…ほむらちゃん、綺麗だなー…」///

さやか「最近よーやく笑ってくれるようになったしね。確かにあの笑顔は反則だわ…」

まどか「うんっ!ほむらちゃんはとっても綺麗で格好良いんだよっ!」

さやか「ははっ、まどかのほむら好きもたいしたもんだわ。あたしは、綺麗で格好良いって言ったらマミさん推しだけどね」

まどか「そうだねぇ、マミさんも格好良いよねぇ…。憧れちゃうなぁ」

さやか「あたしたちの中じゃほむらとマミさんだけ別格だよね。なんつーか、大人ーっていうかさ」





【まどか「ほむらちゃんは悪くない!」さやか「マミさんが正しい!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 16:29:57.09 ID:z0CLLttfO
マミ「鹿目さんや美樹さんと一緒のクラスなんて夢みたい!」

まどか「私も嬉しいですよ」

さやか「あたしもマミさんとこうして話せるのが嬉しいよ」

マミ「ふふ。そう言ってもらえてよかったわ」

ほむら「…なんだか慣れないわね…」





【マミ「鹿目さん達と同学年になったわ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/30(月) 00:04:41.40 ID:++YlNcg70

マミ「はぁ…。」


QB「どうしたんだい?ため息なんてついて」


マミ「ねえキュウべぇ…『運命のひと』って信じてる…?」


QB「またいつものが始まったんだね、マミ」





【マミ「タキシード仮面に会いたいわ…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/14(土) 00:47:45.05 ID:LefJamRO0

マミ「おはよう、ファービー。昨日はよく眠れた?」

ファービー「グゥゥゥゥ…グゥゥゥゥ…zzz」

マミ「もう、ねぼすけさんなんだからっ」


QB「楽しそうだね、マミ」





【マミ「わたしの、一番のお友達」 ファービー「ファー…ブルスコ…ファー」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/17(火) 23:00:39.88 ID:x/xVULhj0

マミ「~♪」カキカキ…

QB「楽しそうだね、マミ。なにを書いているんだい?」


マミ「あっ!ダメよっ、キュウべぇ。これは女の子だけの秘密なんだからっ☆」

QB「そうかい」





【マミ「交換日記はたのしいなっ♪」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 00:23:22.10 ID:R3/AVN/Q0
マミ「私は山ね、静かだし聖なる、何というかその、アレを感じる気がするの」

まどか「私は海かな」

ほむら「私も海ね」

杏子「海」

さやか「海で」

QB「海一択」

マミ「えっ?」




【マミ「山と海、行くならどっち?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 08:17:03.69 ID:G2xyMbst0

マミ「おはようQB。準備はいいかしら」

QB「ああ。もちろんだよ、マミ」

QBはマミさんと一緒に住んでいます。

QBは宇宙からやって来たインキュベーターです。

宇宙の寿命を延ばすために魔法少女の契約をするのが仕事です。

マミ「それじゃ、行きましょうか」

QB「うん」

QBはマミさんと一緒に学校へ行きます。

マミさんの学校には大口契約できそうな逸材がいるので営業をかけたいのです。

どうしていつもついて来るのか、マミさんは聞いたりしません。

今までのようにQBと一緒に行くのが当たり前だと思っているからです。





【マミ「やさしいQB」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/14(土) 02:13:18.10 ID:W8n/5GfO0
まどか「ウェヒー!また、こいつだよ。良スレをだいなしにする。くそコテハン」

QB(ピクッ)

まどか「折角、青のxxxの模様を、なるたる並の胸くそ悪さで楽しめるSS楽しんでたのに。もう! だいなしだよ」

QB「ちょ、ちょっとまどか」 




【マミ「初カキコ…ども…」カタカタ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/24(土) 13:48:20.09 ID:cQG85Jwz0

――マスタードーナツ見滝原駅前店

ほむら「友情出演、ということであなた自身が演じてみるのはどうかしら」

マミ「いや、それはどう考えても浮くでしょう・・・・」

ほむら「下級生の出し物に一人だけ混じる先輩、というのもなかなかのものね」

マミ「見せ物を口実に人を見せ物にしないでほしいわね、まったく」

ほむら「無駄にうまいことを言うのね。でもあなた、以前から見せ物してたじゃない」

マミ「どういう意味なのよ」

ほむら「ティロ――こほっけほっ、なんでもないわ」ファサッ

マミ「・・・・・」




【マミ「ねぇ暁美さん、それなら私役は誰が演じるの?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/05(木) 21:33:30.90 ID:BBaX6br5O
マミ「魔女退治も済んだし、ちょっと奮発して外食にしちゃおう!」ワクワク

マミ「何を食べようかしら?>>7

1ラーメン
2焼肉
3寿司




【マミ「お腹空いたわ…」グゥウ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 01:02:34.90 ID:L4Wpo35u0
まどか「マミさんの抱き枕カバーが発売されるらしいよ」

さやか「流石マミさん!魔法少女一のナイスバディゆえの需要だね!」

ほむら「私には必要の無い物ね(だって私には、まどか抱き枕カバーがあるのだから///)」

杏子「けっ、あんなデブの抱き枕カバーなんて誰がほしがるんだよ」




【まどか「マミさんの抱き枕カバーが発売されるらしいよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/06(金) 22:04:36.72 ID:UdH5hI5cO
マミ「みんなー、こんにちはー!」

「わーい、マミせんせーだー」

「きょうも、おはなししてくれるの?」

マミ「みんなは今日が何の日かしってるかな?」

「しってるー!」

「たなばたー!」

マミ「うん、そうだね。今日は七夕なの」

「じゃあ、たなばたのおはなしなの?」

「おりひめとひこぼしでしょー?」

マミ「うん、でもみんなの知ってるの七夕とはちょっとだけ違うお話しかな?」

マミ「いい?みんな、始めるよ?」

「はーい!」

マミ「そのお話しはね?まだ先生が子供の頃で―」





【マミ「マジカル・ミルキーウェイ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 02:51:07.51 ID:I/NxWcBe0
まどか・ほむら・さやか・あんこ・白いの「「「「「えっ! えっ! えー!」」」」」

マミ「きっと何者にm」

さやか「マミさん! 夢じゃないよね? これ! 生きてるマミさんだ! マミさん! 私魔法少女になったんですよ!」

マミ「……」イラッ

さやか「よかった……。あのときからずっとマミさんのことおおおおおおおおおお!?」ヒュー

まどか「さやかちゃーん!!」

マミ「……きっと何者にもなれn」

まどか「マミさんどうしてさやかちゃんを! というかなんで私たちに手錠してるんですか! いやそれよりもなんで生きてるんですか!」

マミ「……」ポチッポチッ

まどか「マミさああああああああぁぁぁ……」

ほむら「マドカー!!」

白いの「僕は関係ないじゃないかああぁぁぁ……」

あんこ「あれはいいか。というか名前違うんだけど」




【マミ「せいぞーんせんりゃくー」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:43:36.59 ID:SarKMWEN0
QB「困った、この状況は想定していなかった。

解析がすんでいない今はまだうかつに動けない。

なにより、誰かに見られたくない。

動けないマミのためにグリーフシードをストックしておかなければ。

魔女退治も誰かに……」






【QB「巴マミに重大なエラーが生じた」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 05:56:34.38 ID:o5epr8yh0
さやか「ほむら様、杏子様、お願いがあります」

ほむら「だそうよ? 杏子」

杏子「悪いな、これから塾があるんだよ」

さやか「嘘吐けぇ!」

ほむら「うそぴょーん」

杏子「いい加減にしろ、どうも有難うございましたー」

さやか「いい加減にするのはお前だよ!」





【ほむら「マミのお兄ちゃん」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(三重県) 2011/06/08(水) 21:21:09.49 ID:X3/0OW3V0


マミ「♪~~」 シャワーー

QB「マミはシャワーを浴びているのか」

ガチャッ

QB「あ、出てきた。 でもマミ、君は風邪気味だと言っていたのに」

マミ「ふう、いい気持…… はっくちゅ」

マミ「やっぱりだめだわ。早く着替えなくちゃ」パジャマパジャマ

QB「やれやれ」

マミ「うーん、ふらふらする… 今夜は魔女退治は無理ね」

QB「はっきゅしゅ」

マミ「?」




【マミ&QB「風邪ひいた……」】の続きを読む

このページのトップヘ