えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

巴マミ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/27(月) 21:28:58.98 ID:5tUWK/v3P
マミ「それに、大きいと何かと不便なのよ?」

マミ「Tシャツは伸びるし、肩だって凝るし、匍匐前進出来ないし、仰向け苦しいし」

さやか「それに男子の目もちょっと…ね」

マミ「小さい方が実用的よね」



ほむら「…」


 
  【マミ「小さい方が可愛いわよ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 21:01:58.37 ID:Qwc2q2JMO
マミ「~♪」コトコト

マミ「さて、味見を…」

マミ「うん、美味しい!」

マミ「ふふっ、これなら三樹さんも鹿目さんも喜んでくれるわよね?」

マミ「あとは来るのを待つだけね」

キュゥべえ「マミー」

マミ「あっ、キュゥべえ」

キュゥべえ「ただいま」

マミ「おかえりなさい」




【キュゥべえ「さすがマミ!ボクの下僕!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/21(月) 22:14:21.19 ID:vw4K80680
 
    放課後

さやか「おーい、ほむら、帰ろー」

まどか「帰ろ、ほむらちゃんっ」

ほむら「…ごめんなさい、先生にプリントを出しに行かないとならないの。まだ帰れないわ」

さやか「なんだ、それくらいなら待ってるよ。お喋りでもしてるからさ。ね、まどか」

まどか「うんっ」

ほむら「それならすぐ行ってくるわ。…ありがとう」フフッ …スタスタスタ

まどか「…ほむらちゃん、綺麗だなー…」///

さやか「最近よーやく笑ってくれるようになったしね。確かにあの笑顔は反則だわ…」

まどか「うんっ!ほむらちゃんはとっても綺麗で格好良いんだよっ!」

さやか「ははっ、まどかのほむら好きもたいしたもんだわ。あたしは、綺麗で格好良いって言ったらマミさん推しだけどね」

まどか「そうだねぇ、マミさんも格好良いよねぇ…。憧れちゃうなぁ」

さやか「あたしたちの中じゃほむらとマミさんだけ別格だよね。なんつーか、大人ーっていうかさ」





【まどか「ほむらちゃんは悪くない!」さやか「マミさんが正しい!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 16:29:57.09 ID:z0CLLttfO
マミ「鹿目さんや美樹さんと一緒のクラスなんて夢みたい!」

まどか「私も嬉しいですよ」

さやか「あたしもマミさんとこうして話せるのが嬉しいよ」

マミ「ふふ。そう言ってもらえてよかったわ」

ほむら「…なんだか慣れないわね…」





【マミ「鹿目さん達と同学年になったわ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/30(月) 00:04:41.40 ID:++YlNcg70

マミ「はぁ…。」


QB「どうしたんだい?ため息なんてついて」


マミ「ねえキュウべぇ…『運命のひと』って信じてる…?」


QB「またいつものが始まったんだね、マミ」





【マミ「タキシード仮面に会いたいわ…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/14(土) 00:47:45.05 ID:LefJamRO0

マミ「おはよう、ファービー。昨日はよく眠れた?」

ファービー「グゥゥゥゥ…グゥゥゥゥ…zzz」

マミ「もう、ねぼすけさんなんだからっ」


QB「楽しそうだね、マミ」





【マミ「わたしの、一番のお友達」 ファービー「ファー…ブルスコ…ファー」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/17(火) 23:00:39.88 ID:x/xVULhj0

マミ「~♪」カキカキ…

QB「楽しそうだね、マミ。なにを書いているんだい?」


マミ「あっ!ダメよっ、キュウべぇ。これは女の子だけの秘密なんだからっ☆」

QB「そうかい」





【マミ「交換日記はたのしいなっ♪」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 00:23:22.10 ID:R3/AVN/Q0
マミ「私は山ね、静かだし聖なる、何というかその、アレを感じる気がするの」

まどか「私は海かな」

ほむら「私も海ね」

杏子「海」

さやか「海で」

QB「海一択」

マミ「えっ?」




【マミ「山と海、行くならどっち?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 08:17:03.69 ID:G2xyMbst0

マミ「おはようQB。準備はいいかしら」

QB「ああ。もちろんだよ、マミ」

QBはマミさんと一緒に住んでいます。

QBは宇宙からやって来たインキュベーターです。

宇宙の寿命を延ばすために魔法少女の契約をするのが仕事です。

マミ「それじゃ、行きましょうか」

QB「うん」

QBはマミさんと一緒に学校へ行きます。

マミさんの学校には大口契約できそうな逸材がいるので営業をかけたいのです。

どうしていつもついて来るのか、マミさんは聞いたりしません。

今までのようにQBと一緒に行くのが当たり前だと思っているからです。





【マミ「やさしいQB」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/14(土) 02:13:18.10 ID:W8n/5GfO0
まどか「ウェヒー!また、こいつだよ。良スレをだいなしにする。くそコテハン」

QB(ピクッ)

まどか「折角、青のxxxの模様を、なるたる並の胸くそ悪さで楽しめるSS楽しんでたのに。もう! だいなしだよ」

QB「ちょ、ちょっとまどか」 




【マミ「初カキコ…ども…」カタカタ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/24(土) 13:48:20.09 ID:cQG85Jwz0

――マスタードーナツ見滝原駅前店

ほむら「友情出演、ということであなた自身が演じてみるのはどうかしら」

マミ「いや、それはどう考えても浮くでしょう・・・・」

ほむら「下級生の出し物に一人だけ混じる先輩、というのもなかなかのものね」

マミ「見せ物を口実に人を見せ物にしないでほしいわね、まったく」

ほむら「無駄にうまいことを言うのね。でもあなた、以前から見せ物してたじゃない」

マミ「どういう意味なのよ」

ほむら「ティロ――こほっけほっ、なんでもないわ」ファサッ

マミ「・・・・・」




【マミ「ねぇ暁美さん、それなら私役は誰が演じるの?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/05(木) 21:33:30.90 ID:BBaX6br5O
マミ「魔女退治も済んだし、ちょっと奮発して外食にしちゃおう!」ワクワク

マミ「何を食べようかしら?>>7

1ラーメン
2焼肉
3寿司




【マミ「お腹空いたわ…」グゥウ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 01:02:34.90 ID:L4Wpo35u0
まどか「マミさんの抱き枕カバーが発売されるらしいよ」

さやか「流石マミさん!魔法少女一のナイスバディゆえの需要だね!」

ほむら「私には必要の無い物ね(だって私には、まどか抱き枕カバーがあるのだから///)」

杏子「けっ、あんなデブの抱き枕カバーなんて誰がほしがるんだよ」




【まどか「マミさんの抱き枕カバーが発売されるらしいよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/06(金) 22:04:36.72 ID:UdH5hI5cO
マミ「みんなー、こんにちはー!」

「わーい、マミせんせーだー」

「きょうも、おはなししてくれるの?」

マミ「みんなは今日が何の日かしってるかな?」

「しってるー!」

「たなばたー!」

マミ「うん、そうだね。今日は七夕なの」

「じゃあ、たなばたのおはなしなの?」

「おりひめとひこぼしでしょー?」

マミ「うん、でもみんなの知ってるの七夕とはちょっとだけ違うお話しかな?」

マミ「いい?みんな、始めるよ?」

「はーい!」

マミ「そのお話しはね?まだ先生が子供の頃で―」





【マミ「マジカル・ミルキーウェイ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 02:51:07.51 ID:I/NxWcBe0
まどか・ほむら・さやか・あんこ・白いの「「「「「えっ! えっ! えー!」」」」」

マミ「きっと何者にm」

さやか「マミさん! 夢じゃないよね? これ! 生きてるマミさんだ! マミさん! 私魔法少女になったんですよ!」

マミ「……」イラッ

さやか「よかった……。あのときからずっとマミさんのことおおおおおおおおおお!?」ヒュー

まどか「さやかちゃーん!!」

マミ「……きっと何者にもなれn」

まどか「マミさんどうしてさやかちゃんを! というかなんで私たちに手錠してるんですか! いやそれよりもなんで生きてるんですか!」

マミ「……」ポチッポチッ

まどか「マミさああああああああぁぁぁ……」

ほむら「マドカー!!」

白いの「僕は関係ないじゃないかああぁぁぁ……」

あんこ「あれはいいか。というか名前違うんだけど」




【マミ「せいぞーんせんりゃくー」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:43:36.59 ID:SarKMWEN0
QB「困った、この状況は想定していなかった。

解析がすんでいない今はまだうかつに動けない。

なにより、誰かに見られたくない。

動けないマミのためにグリーフシードをストックしておかなければ。

魔女退治も誰かに……」






【QB「巴マミに重大なエラーが生じた」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 05:56:34.38 ID:o5epr8yh0
さやか「ほむら様、杏子様、お願いがあります」

ほむら「だそうよ? 杏子」

杏子「悪いな、これから塾があるんだよ」

さやか「嘘吐けぇ!」

ほむら「うそぴょーん」

杏子「いい加減にしろ、どうも有難うございましたー」

さやか「いい加減にするのはお前だよ!」





【ほむら「マミのお兄ちゃん」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(三重県) 2011/06/08(水) 21:21:09.49 ID:X3/0OW3V0


マミ「♪~~」 シャワーー

QB「マミはシャワーを浴びているのか」

ガチャッ

QB「あ、出てきた。 でもマミ、君は風邪気味だと言っていたのに」

マミ「ふう、いい気持…… はっくちゅ」

マミ「やっぱりだめだわ。早く着替えなくちゃ」パジャマパジャマ

QB「やれやれ」

マミ「うーん、ふらふらする… 今夜は魔女退治は無理ね」

QB「はっきゅしゅ」

マミ「?」




【マミ&QB「風邪ひいた……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/16(木) 22:21:08.21 ID:UUZQ1O2U0

マミ「か、かなめさん!」

まどか「は、はい!?なんですかマミさん?」

マミ「き、今日の放課後カラオケ行かないかしら!?」

まどか「いいですよ、さやかちゃんとかも誘っていきましょう」

マミ「やったわ!ありがとう!」

まどか(今日のマミさんなんか変だ…)

マミ「やったわ!私もカラオケデビューよ!」

QB「おめでとう、マミ」


 
  【マミ「カラオケに行ってみたいわ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/15(金) 23:48:57.72 ID:/waaO/JbP
マミ「……」

ほむら「『拾ってください』と書いてあるわね」

マミ「……」

ほむら「もとの持ち主に捨てられたの?」

マミ「……」コクン

ほむら「そう……かわいそうね」

マミ「……」

ほむら「どうしようかしら……」

マミ「……」ジー


 

引用元: ほむら「マミを拾ったわ」 



【ほむら「マミを拾ったわ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/22(日) 19:02:43.27 ID:pba4wYfPO
杏子「ねえ、マミさん」

マミ「なあに?」

杏子「マミさんの武器って、ほんとはリボンなんでしょ?」

マミ「うん、そうだよ」

杏子「じゃあ何で鉄砲で戦ってるの?」

マミ「あっ、それはね?お姉ちゃんに教えてもらったからなんだよ」

杏子「えっ?マミさんにお姉ちゃんがいたの?」

マミ「うん、わたしの大切なお姉ちゃんなんだ」

杏子「わぁー。じゃあやっぱりマミさんと似てるんだ?」

引用元: マミ「大好きなお姉ちゃん」 



 

  【マミ「大好きなお姉ちゃん」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 19:31:56.46 ID:V6c5kasI0
電光魔法少女グリッドマミOP「夢のヒロイン」

グリッドマミ 
Tiro finale Tiro finale
夢見て
グリッドマミ 
Tiro finale Tiro finale
輝け

CRY!マスケット銃が熱く叫んでるよ
SHOT!思うままにぶっ放すのさ

もしもソウルジェムが傷ついても
怯えないわ 私はもう独りじゃない

グリッドマミ
誰もが皆ヒロインになれるよ
グリッドマミ
舞い踊れよアイドルのステージ
いつの日も電光魔法少女

グリッドマミ 
Tiro finale Tiro finale
夢見て
グリッドマミ 
Tiro finale Tiro finale

引用元: さやか「電光魔法少女……?」マミ『グリッドマミ!』 




【さやか「電光魔法少女……?」マミ『グリッドマミ!』】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : ◆S2v70Cg8NY:2014/07/05(土) 16:58:53 ID:c8vcNkOc
QB「君に友達なんていたっけ?」

マミ「私の目の前にいるわ」

QB「いつから僕と君は友達になったんだい?そもそも僕は人間ですらないじゃないか」

マミ「どうしてあなたは種族の違いなんて些細なことにこだわるのかしら、全く訳が分からないわ」

QB「僕の口調を真似しないでくれないかい?」

マミ「こっちの方が分伝わりやすいでしょ?」 




  【マミ「私の最高の友達」QB「訳が分からないよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19(土) 23:00:23.31 ID:qV42CTmU0
ガラガラ


まどか「マミさん!?」

マミ「あら、鹿目さん。奇遇ね」

まどか「どうもです」

まどか「誰かと待ち合わせですか?」

マミ「いいえ、一人で飲んでるの。話し相手には事欠かないわよ」

まどか「話し相手って、店主?」

マミ「隣の席のおっさんよ」

引用元: まどか(大学生)「飲み屋に入ったらマミさんが一人で飲んでた」 




【まどか(大学生)「飲み屋に入ったらマミさんが一人で飲んでた」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 QB「暁美ほむら、僕と契約して魔法少女になってよ!今なら・・・」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 19:17:11.99 ID:0ppKC7ZJ0
QB「前回の契約失敗から1週間」

QB「様々なオマケを試行錯誤し、その中でも特に好感触だった等身大マミフィギュア」

QB「これを契約のオマケに付ければきっと大丈夫だよね」

QB「さあ、暁美ほむら。君と契約させてもらうよ!」

QB「・・・」

QB「とりえず見せに行ってみようかな・・・」


※QBはメガほむ勧誘のための契約特典を試行錯誤中です

引用元: QB「ついに等身大マミフィギュアが完成した」 




【QB「ついに等身大マミフィギュアが完成した」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加


沙々「わたし、マミさんの弟子になりたいんです!」 前編


246: ◆2DegdJBwqI 2013/11/02(土) 16:37:26.40 ID:BM9C0kDqo


沙々「なっ……!」


沙々(やられたっ……!)

沙々(こいつらの狙いは巴マミの身柄の確保)

沙々(わたしの処分に関する問題は二の次)


沙々(あくまで巴マミが目的っ……!)

バッ

ほむら「動くな」ダァン!


沙々 さやか「!」


ほむら「次は当てる。今のはさやかに配慮しての一発」

ほむら「流血は、みたくないでしょうからね」

ほむら「次は確実にどこかに当てるわ」


ほむら「選びなさい」

ほむら「大人しく巴マミの洗脳を解くことを選ぶか」

ほむら「それとも……」

引用元: 沙々「わたし、マミさんの弟子になりたいんです!」 




 

  【沙々「わたし、マミさんの弟子になりたいんです!」 後編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆2DegdJBwqI 2013/09/30(月) 19:09:35.52 ID:sIx92S9Ho
~☆

ー優木邸ー

沙々 「要件は、なんですか?お父さん」


優木父「……」

優木父「ようやくお前の行く先が決まった。見滝原だ」


沙々「……見滝原、ですか」


優木父「ああ、見滝原だ。それもあそこらでは一番のお嬢様学校に」

優木父「沙々、今の内に一つだけお前に言っておきたい事がある」


沙々「は、はい」


優木父「よく心がけなさい、もう二度と、あのような不名誉な事件は起こしてはならない」


沙々「……で、ですがあれは!周りの者達の言い掛かりだと話は付いたはずで――」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1380535775

引用元: 沙々「わたし、マミさんの弟子になりたいんです!」 




 

  【沙々「わたし、マミさんの弟子になりたいんです!」 前編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 21:53:54.38 ID:Bb/FqIa60
マミ「ナデナデシテー」

まどか「マミさん…?」

さやか「大丈夫?マミさん?」

マミ「ナデナデシテー」

ここまで思い浮かんだ

引用元: ほむら「巴マミがモルスァとか言いながらすごい勢いで飛んで行った」 




【ほむら「巴マミがモルスァとか言いながらすごい勢いで飛んで行った」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 21:24:30.63 ID:W2KDtIdX0
マミ「Hey!Listen!」

まどか「うぅっ、マミさんどうしてこんなことに……」ブワッ

さやか「きっとあの魔女に食べられそうになったショックで……」ブワッ

ほむら「悲観しても仕方ないわ、体も頭もソウルジェムも無事なのがせめてもの幸いね」

マミ「Hey!」

引用元: まどか「マミさんが簡単な英語しか喋れなくなっちゃった……」 


 

  【まどか「マミさんが簡単な英語しか喋れなくなっちゃった……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
あらすじ


ほむらの家族が見滝原にきました。
それは養子にきたアメリカ人が借金を肩代わりしてくれたからです。

宇宙人に中指突き立てる地球の八百万の神との契約で魔法少女以上の力を手に入れたほむら達は、なんだかんだでワルプルギスの夜を倒すところまで行きましたが、まどかが宇宙人に攫われました。

引用元: マミ「……感情を嘗めるなよ、孵卵器共」 




【マミ「……感情を嘗めるなよ、孵卵器共」】の続きを読む

このページのトップヘ