えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

巴マミ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/24(火) 18:03:27.89 ID:b10hheFV0
QB「呼んでないよ」

マミ「いやいや。呼んだでしょ?」

マミ「心の声が聞こえたわよ」

QB「だから呼んでないって」

まどか「マミさん……」

まどか「私……!私…………!」

マミ「ほら!」

QB「良かったね」

引用元: マミ(論破厨)「どうやら私の出番のようね」 



【マミ(論破厨)「どうやら私の出番のようね」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 09:15:44.85 ID:raIp8Rsl0
マミ「ティロ・フィナーレ!!!」

ドギャアアアアアアアッ

使い魔「ぐああああああああああーーーーっ!!!!」

ほむら「 」

引用元: マミ「聖闘士に同じ技が通用すると思って?」 


 

  【マミ「聖闘士に同じ技が通用すると思って?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/17(土) 00:04:46.43 ID:l/FehBkH0
マミ「自分より強い相手は邪魔者ってわけ? いじめられっ子の発想ね」

ほむら「……巴マミ。あなたに提案がある」

マミ「聞きたくもないのだけど、一応聞いてあげる。何?」

ほむら「一緒に戦うことは出来ないかしら」

マミ「……何を企んでいるの?」

ほむら「一ヶ月後に、この街にワルプルギスの夜が来る」

マミ「ワルプルギスの夜……!? 根拠は?」

ほむら「統計よ」

マミ「信用すると思って?」

引用元: ほむら「巴マミと共同戦線を張る」 


【ほむら「巴マミと共同戦線を張る」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/13(火) 21:03:10.61 ID:B2asDhu00

――マミさん家――


さやか「大晦日ですねー」

マミ「そうねー」

杏子「スゴいとろけてるぞ……」

まどか「コタツでぬくぬくしてると、ダレちゃうからねー」

杏子「そうだなー。あ、みかん貰っていいか? まどかー、そっちの色の濃いヤツ取ってくれ」

まどか「はい、杏子ちゃん」

杏子「サンキュー」

さやか「今日はアンタが先にいたなんて、珍しいよねぇ」

杏子「ひ、暇だから来たんだよ! 悪いか!」

引用元: マミ「ゆく年、くる年」 



【マミ「ゆく年、くる年」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/19(木) 20:41:57 ID:Dd3Rw2Ng

マミ「…こ、ここは…?」

マミ「……はっ!」

マミ「…そうだ!私は…!」

ゆり「…目が覚めた?」

マミ「あなた…」

ゆり「ようこそ、死んでたまるか戦線へ」 


 

Angel Beats! (10) -Heaven's Door- (電撃コミックス)
浅見百合子
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2016-04-27)
売り上げランキング: 10,022
【マミ「…こ、ここは…?」ゆり「…ようこそ死んでたまるか戦線へ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/22(日) 18:11:48.64 ID:+Is4cYzH0
まどか「テストどうだった?」

ほむら「まあ、なんとか追試は免れたわ」

さやか「ワルプルギスの夜を倒して、もう過去に戻ってないから勉強大変だって言ってたね」

ほむら「少なくともあの時の成績を維持するのは無理ね」

さやか「この後も色々学校行事があるから気長にやるとしますか」

ほむら「そうね、あの戦いも終わったのだし」

さやか「折角なら心機一転して明るい女でもなってみたら?」

ほむら「嫌よ、私には似合わないからあなたが何か変わりなさい」

引用元: マミ「髪切った?」 


【マミ「髪切った?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/22(日) 11:58:56.37 ID:laAEi8iw0
 
マミ「さあ、みんな。時間よ!」



さやか「なんかわくわくしてきた!」



杏子「んなこと言ってドジるなよ、さやか」

まどか「う~緊張するな~」



上條「一番最初のインパクトが大事だよ、暁美さん」



ほむら「ええ、わかってるわ。みんな、覚悟はいいかしら?」



ほむら「ショウタイムよ!!!」

・・・・・・

引用元: まどか「ティロ・フィナーレがただの火薬!?」 




【まどか「ティロ・フィナーレがただの火薬!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/13(火) 18:39:21.41 ID:Yly/X+yD0
マミ「私、こんな街外れで何してるのかしら……」

マミ「銃なんか持って……。やだ! こわい!」カラン

ほむら「巴マミ?」

マミ「家に帰りましょう。……家ってどこかしら?」

ほむら「巴マミ。先を越されたわね。今日は、まどか達は一緒じゃないのかしら」

マミ「よく見ると服も何だかおかしいわ……」

ほむら(無視されてる?)

ほむら「ちょっと聞きたいことが……」ガシッ

マミ「きゃっ! 誰あなた!」ビクッ

ほむら「?」

引用元: マミ「記憶を失ったわ……」 



【マミ「記憶を失ったわ……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/10(土) 00:54:49.06 ID:l6Kfzwfm0
マミ「はぁ……」

QB「どうしたんだい、マミ。元気がないね」

マミ「わたしのネーミングセンス、一向に鹿目さんたちにウケが良くないのよ」

QB「君のネーミングセンスというと、『ティロ・フィナーレ』とか『円環の理』とかかい?」

マミ「後者は言いがかりよ! あれはあの世界では一般的な表現で……。まあいいわ。とにかく厨二っぽいって言われて……」

QB「厨二? その表現は初耳だね」

マミ「う~ん、何て言うのかしら……。実例を挙げるから理解して。抽象化は得意でしょう?」

QB「出来るか分からないけど、言ってごらん」

引用元: マミ「キュゥべえ厨二病説」 



【マミ「キュゥべえ厨二病説」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/05(月) 06:41:38.65 ID:j2jCvMUd0
マミ「楽しかった・・・・出来事を・・・消し去るように・・・・」

引用元: マミ「クーリスマスが今年もやってきた・・・」 



【マミ「クーリスマスが今年もやってきた・・・」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 20:35:45.10 ID:D0pLXVZE0
深夜、マミほーむ リビングルーム 布団を敷きパジャマ姿の5人

マミ「…まだ始まってないわよ、佐倉さん」

ほむら「意外な一面ね」

さやか「可愛い悲鳴あげちゃって。おお、よしよし」ナデナデ、ギュッ

杏子「お前らなぁっ!あたしは普段ひとりで寝てるんだからなっ!やってみろよっ
   怖い話聞いた後で、ひとりで橋の下とかで寝てみろよっ!」ブルブル

まどか「今日は、みんなでお泊りだから怖がらないで、杏子チャン!」

引用元: マミ「魔法少女お泊り会兼、怖い話大会~」  杏子「きゃあああ」 


 

魔法少女まどか☆マギカ[魔獣編] (2) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
原案:Magica Quartet 漫画:ハノカゲ
芳文社 (2016-06-11)
売り上げランキング: 2,556
【マミ「魔法少女お泊り会兼、怖い話大会~」  杏子「きゃあああ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 22:49:43.16 ID:bR2CrcwC0
――マミさん家

QB「マミ、おなか空いたー」

マミ「待ってぇ…今マンガ読んでるから…」ごろごろ ぺらっ

QB「マミー」ゆさゆさ

マミ「戸棚にガムあるわよ…」

QB「うう…」

引用元: マミ「キュゥべえがおもちを喉に詰まらせて死んだ」 


【マミ「キュゥべえがおもちを喉に詰まらせて死んだ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 00:02:05.69 ID:gEgyLIKF0
俺「なんでお前そんな太ってんの?w」

マミ「ふ、太ってなんか・・・」

俺「太ってんじゃんかよwこことかww」二の腕プニプニ

マミ「うっ・・・」

俺「やーい! デブー!」

マミ「・・・」

俺「どうしたー? 悔しかったらもっと痩せろよー! このデブちーん!」

引用元: 俺「やーい、デブー!」 マミ「ううっ・・・」 


 

【俺「やーい、デブー!」 マミ「ううっ・・・」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 23:34:26.70 ID:Nl6ovkBBP
まどか「カッコいいですねー」

マミ「昨日買ったの」ドヤ

さやか「早速使ってみましょうよ!」

マミ「ちょっとお茶を淹れてくるから、使ってていいわよ」タタタ

まどか「ありがとうございます ウェヒヒ」

さやか「よーし マミさんがどんなサイト見てるのか調べちゃおう!」

まどか「もう・・イタズラはダメだよー」

さやか「んん なになに?」

さやか「>>6のURLにアクセスしたようね・・」

引用元: マミ「パソコンを買ったわ」 


【マミ「パソコンを買ったわ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 さやか「クイズ鹿目まどかの500のことー!」

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 01:34:21.24 ID:a5VoJT240
・鹿目まどかの500のコトから一週間後

さやか「待てー!杏子―!」ヒュンッ (ビルの上を飛ぶ)

杏子「勘弁してくれー!」ヒュンッ 

ほむら「あぁもうめんどくさいわね。鬼ごっこで私に勝てると思ってるのかしら?」

カチッ

ほむら「ハイ、捕まえた」ガッ(腕を掴む)

杏子「ちぃっほむら!だがお前の細腕に掴まれた程度で…!」

引用元: さやか「クイズ巴マミの500のことー!」 



【さやか「クイズ巴マミの500のことー!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 16:16:50.02 ID:EYj4awfM0
まどか「う~ん、この服可愛いと思わない? ほむらちゃん」

ほむら「ええ、まどかになら似合いそうね」

まどか「でもね、すっごくたかいんだよね。はぁ~お金があればなぁ~」

ほむら「うちの学校はバイト禁止だし、ご両親に相談してみてはどうかしら?」

まどか「無理だよ~。パパとママ、ああ見えて結構厳しいんだもん」

ほむら「そういえばそうだったわね。少しずつお小遣いを貯めるぐらいしかないんじゃないかしら?」

まどか「あ! そうだよ! キュゥべえ~? いる~?」

QB「よんだかい? まどか」ヒョイ

まどか「ねぇねぇ、私、お願いが決まったよ!」

ほむら「ッ!?」

QB「本当かい? まどか。それは嬉しいね。一体君はどんな願いで――」

 パァンッ!!

QB「」

ほむら「まどか! だめよ!! この服が欲しいのなら手に入れるわ! だから契約はだめ!!」

まどか(ほむらちゃんの反応面白いなぁ~。こんなの冗談にきまってるの、ティヒヒヒ)

引用元: まどか「私の願いは、マミさんのお嫁さんになること!」 



【まどか「私の願いは、マミさんのお嫁さんになること!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 20:27:20.90 ID:U1jH/cad0

深夜、マミほーむ

マミ「ふぁあ~~…もう寝ましょう…」

寂しがり屋の彼女は、テレビなどの音が聞こえている状態じゃないと逆に眠れなくなるのだった。

パチッ ブーン

さやか『こんばんわ~~世界各国、津々浦々の魔法少女の諸君~~♪』

杏子『今夜も、すっげぇお得感いっぱいの情報発信お買い物番組!』

あんさや『深夜の魔法少女ショッピング~!!』

マミ「…なに…やってるの?…あの子たち…」

引用元: あんさや「深夜の魔法少女ショッピング~」 マミ「!?」 



【あんさや「深夜の魔法少女ショッピング~」 マミ「!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 16:06:18.73 ID:zj9ANB9Y0
マミ「遅いわ! そこよ!」ターン! クルッ ターン!

マミ「決めるわ! ティロ・フィナーレ!」ゴオオッ!!


まどか「マミさんの戦い方ってかっこいいなあ……踊ってるみたい」

QB「いいところに目をつけたね。マミは確かにベテランだけど、あの実力の理由はそれだけじゃない」

QB「称号の力が働いているのさ」

まどか「称号?」

QB「そう、これのことさ」

   ↓
【魔弾の舞踏】巴マミ


まどか「えっ、何これ」

引用元: まどか「称号師?」マミ「そう……私は【魔弾の舞踏】」 


 

魔法少女まどか☆マギカ MUSIC COLLECTION
TVサントラ
アニプレックス (2013-12-25)
売り上げランキング: 1,672
【まどか「称号師?」マミ「そう……私は【魔弾の舞踏】」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/27(木) 23:37:45.89 ID:ZPlqvSJW0
さやか「えぇっ!? マミさんカードゲームやってるんですか!?」

マミ「や、やっぱり変かしら……」

さやか「いえ、変じゃないと思いますけど……。あたしも子供の時はしてましたし」

マミ「ほんとう?」

まどか「たしか、恭介くんがやってたからさやかちゃんも始めたんだよね」

まどか「わたしも、さやかちゃんに無理やり練習相手にされてたから、少しだけ……」

さやか「なにおぅ! まどかも結局ハマってたじゃん!」

まどか「てぃひひ!」

引用元: まどか「あれ?これは…」マミ「遊戯王よ」 

【まどか「あれ?これは…」マミ「遊戯王よ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 17:23:43.82 ID:8nZ02mlJ0
QB「マミー?ごはんまだー?」とことこ

マミ「ちょっと待ってて。もうすぐできあがるから…」トントントン

QB「はやくー…」とことこ

ガッ

QB「ぬがぁぁぁぁ!!タンスの角に足の小指ぶつけたぁぁぁ!!いったぁぁぁ!」じたばた

マミ「キュ、キュゥべえ!?」

QB「ああああぁぁぁ…!!」じたばた

QB「」ばたっ

マミ「キュゥべえーーーーッ!」

引用元: マミ「キュゥべえがタンスの角に足の小指をぶつけて死んだ」 



【マミ「キュゥべえがタンスの角に足の小指をぶつけて死んだ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/24(月) 20:25:18.63 ID:1k9WPx9S0
まどか「へ? なっ、何でですか?」

マミ「あー……今ちょっと、汚れてるというか」

まどか「そんなの気にしませんけど……」

マミ「いや、その……結構ひどいのよ」

まどか「……良かったら、掃除しましょうか?」

マミ「だっ、駄目! 近づくのも駄目! もう足の踏み場もない程だから!」

引用元: まどか「あの……お風呂入りたいんですけど」マミ「だっ、駄目よ」 



【まどか「あの……お風呂入りたいんですけど」マミ「だっ、駄目よ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/12(日) 21:24:16.06 ID:pUWkxIlq0
さやか「あんたはまどかや杏子呼ばずに私を呼ぶなんて」

ほむら「あら、そんなにおかしい?」

さやか「まぁこっちとしては誤解してて悪かったって思ってるし」

マミ「えぇ」

ほむら「私がそっち側なら同じように思うでしょうししょうがないんじゃない?」

マミ「それで相談って?」

ほむら「……笑わないでね?」

マミ「えぇ」

さやか「大丈夫だって」

ほむら「最近……悪夢を見るの……」

マミ「悪夢?」

ほむら「あなた達とまどか、杏子が必ず出てくるのだけど……」

さやか「……あたしらが死ぬ夢とか?もうワルプルギスの夜は超えたのに……」

マミ「暁美さん……」

ほむら「最初はマミ……次はさやか……そして杏子……最後にまどか……」

引用元: マミ「私達にあなたが相談?」さやか「珍しいね」ほむら「えぇ……」 



【マミ「私達にあなたが相談?」さやか「珍しいね」ほむら「えぇ……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 00:12:24.99 ID:J6WfcXyF0
キーンコーン… カーンコーン…

マミ (ふぅ。今日も終わりね…。宿題も無いし、時間が空いてるけれど……)

マミ (……ユザワヤでも覗いて帰ろうかしら?)

ガヤガヤ ザワザワ

「うん、あとで行くよ、先行ってて」

  「―――だから、―――だってさ! ビックリだよね!」

「えへへ、家族で出かけるんだ―――」

  「―――お前今度の連休どうする? 暇なら男だけで」

マミ (……そっか。もうそんな時期だったのね)

マミ (まだ先とはいえ……今年は連続しているわけじゃないけれど、三日間の休みが続くのだっけ)

マミ (連休か……また一人で暇になるわねえ……)

マミ (はぁ………)

バサッ トコトコ…

「ん、マミ帰るのー? ばいばい、また明日なー」

マミ「ええ、お先に失礼させて貰うわ。また明日ね」

引用元: まどか「えっ?マミさん連休の予定無いんですか?」 



【まどか「えっ?マミさん連休の予定無いんですか?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/14(金) 18:31:10.26 ID:/BKmoPwr0
──事故現場

マミ「う、うぅ……あ、あなた……誰?」

QB「やあ、僕の名前はキュゥべえ。魔法少女になる代わりにどんな願いだって叶えてあげる」

マミ「どんな……願いでも?」

QB「ああ、ここから無事に助かることだってできるし、なんでもいい」

マミ「じゃあ……まぐろ」

QB「……え?」

マミ「まぐ……ろ」バタッ

QB「あ、気絶しちゃった、けど……君の願いはエントロピーを凌駕した……ことにしておこう」シュパアァァァァ

引用元: マミ「まぐロ・フィナーレ!」 



【マミ「まぐロ・フィナーレ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 19:59:19.05 ID:/sHeN+p1O
マミ「ついにこの日がやってきたわ」

マミ「3月3日バンボラ・フェスタね」

杏子「なんだそりゃ?」

マミ「ふふっ、当ててみて?」

杏子「えー?わかんねーよ」

さやか「イタリア語でひな祭りだってさ、あんこちゃん」

杏子「誰があんこだ」

引用元: マミ「とっても楽しいひな祭り」 


 

魔法少女まどか☆マギカ 巴マミ (1/8スケール PVC塗装済み完成品)
グッドスマイルカンパニー (2012-05-15)
売り上げランキング: 5,634
【マミ「とっても楽しいひな祭り」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 21:48:45.58 ID:4yM4E6VO0
マミ「バターをたっぷり使って……」

マミ「そうだわ。茹で上がるまで、ケーキでお茶にしましょう」

マミ「スパゲティ200gじゃ、少なかったかしら」

マミ「そうだわ。たしか冷凍ハンバーグがあったはずだわ」

マミ「でも、肉とスパゲティじゃバランスが偏っちゃうわ……」

マミ「ポテトサラダを作りましょう」

引用元: マミ「やっぱりお昼はたらこスパゲティよね」 




【マミ「やっぱりお昼はたらこスパゲティよね」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/08(木) 22:53:33.81 ID:3HGltRPP0
これは、巴マミがまどかたちと会う以前のこと。
QBとマミ、二人だけが知っている小さな思い出のお話。



放課後の帰り道

マミ「今日のシフォンはよくできたわね」

女生徒A「マミのおかげだよ。
やっぱりまだ一人じゃうまく焼けないや」

マミ「ふふふ。少しずつよ」

女生徒A「ねえ、マミ。
私のお嫁さんになってー!」

マミ「うーん、同性では難しいわねぇ」

女生徒A「じゃ、法律を変えるところからとりかかるわ!」

マミ「頼もしいわね、A。
あっ……!」

引用元: QB「マミ、君は最高の魔法使いだ」 



【QB「マミ、君は最高の魔法使いだ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:23:36.93 ID:eBJ9aXQc0
ジュジュジュジュ…

マミ「……」

マミ「うん、やっぱりこれはいい肉ね」

マミ「……」ジュジュ… ヒョイ

マミ「……」モグモグ

マミ「うん、おいしい肉……いかにもお肉って感じの肉だわ」

マミ「こっちは……カルビかしら。うん、おいしい」ハフハフ

マミ「すいませーん、ご飯もう持ってきちゃってくださーい!」

引用元: マミ「おいしい!おいしいわ!」 




【マミ「おいしい!おいしいわ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 ほむら「お願い、力を貸して!」俺「ふっ……任せな!」

1: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/17(火) 17:16:04.36 ID:hAVNlr4f0
一瞥するには只凡百 沸立つ才の気色無し
されど内実逆模様 湛えた力は強大無比

白き剣先は魔の顕現 魑魅魍魎もが凍りつき
紅き剣戟は死の誘い 森羅万象を血に染める

天地を揺るがす其の閃光 次元の壁をも打ち崩し
安息の世を混沌せしめ 終焉の果てへ駆り立てる

彼の者は正に唯一無二 その眼前に敵は無し
彼の者は正に災の風 けして立ち向かうことなかれ


――――――とある知的生命体に伝わりし伝説『夢幻塵風(ヘヴン・ブレッザ)』より

引用元: マミ「もう、何も怖くない!」俺「一緒に戦おう、マミ!」 




【マミ「もう、何も怖くない!」俺「一緒に戦おう、マミ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆uOSHePfhFc 2012/01/20(金) 00:18:30.79 ID:ApEp5mdY0
さやか「マミさんうるさいです」

杏子「マミは黙ってろよ」

引用元: マミ「二人ともいい加減にしなさい!!」 



【マミ「二人ともいい加減にしなさい!!」】の続きを読む

このページのトップヘ