えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

幼馴染

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/23(金) 15:08:44.57 ID:YoMnb2TA0
――冬休み初日

幼馴染「ほらほら、よそ見してたら死んじゃうよ?」

男「わ、わかってるよ」

男(輝かしき冬休みの一日目、いつものように幼馴染がウチに遊びに来てゲームをやってるわけだけど――)

幼馴染「あーあ、残機一個減っちゃったね」ピッタリ

男(なんであすなろ抱きでピッタリ密着してるんだよおおおお!)ドキドキ

男(薄い肌着のせいで肌の感触とか体温とか密に伝わってくるし)

男(顎を俺の肩に乗っけて肩越しにテレビ画面を見てるせいで幼馴染の髪が時々頬に触れるし)

男(ついでにいうと今家には俺たち以外誰もいないし!)

男(まずい……正直超猫背であぐらかかないとヤバイレベルでまずい)

幼馴染「あっ! そこ後ろ後ろ!」ユサユサ

男(ゆらすなあああああああ!!)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1482473324

【幼馴染「ほらほら、よそ見してたら死んじゃうよ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/20(火) 22:49:17.171 ID:7qRsGZTh0.net
男「幼馴染ぃ」ギュッ

幼馴染「もう!これで何回目だよ!」

男「初めてしてから5年と3ヶ月だから1700回目くらいかな?」ギュッ

幼馴染「ボクとキスしながらじゃないと寝れないって…」

男「ホントなんだ!マジで寝れないんだ!」

男「一週間幼馴染が海外旅行に行ったときなんて不眠症で睡眠薬飲んでも寝れなかったんだぞ!」ギュゥッ

幼馴染「ふぅん…」

男「…そろそろいいか?…」

幼馴染「いいよ、電気消してね」

男「おう!」ピッ

男「幼馴染…」スッ

幼馴染「…んっ」 

男「んっ…」 

ちゅう、ちゅっ…ちゅうっ 

幼馴染「お、おと…こっ!」 ギュッ

男「はぐ…はむっ、む…にゅっ…」 

ちゅうう、ちゅうっ…ちゅっ、ちゅうっ

【男「幼馴染と抱き合ってキスしてからじゃないと寝れなくなってしまった。」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/11/24(木) 19:22:56.249 ID:kbw5Sciy0.net
幼馴染「なんだよぉ…元気ないなぁ~」

男「お年頃なんだよ、悩んでるの」

幼馴染み「お年頃なんだ…てかそれ自分で言うなし」クスクス

男「はぁ…」

  【幼馴染「男!よっ、会いに来たぞ!」男「またきたのかよ…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/07(水) 00:20:46.634 ID:g/YEhCYU0.net
幼馴染(12歳・152cm)「いつも女のあたしに守られて恥ずかしくないの?w」 

僕(12歳・142㎝)「ううう…だってぇ」

幼馴染(12歳・152cm)「情けない。そんなによわっちぃ人は男として見れないなぁ…」


5 年 後


幼馴染(17歳・155cm)「……ひさしぶり」

俺17歳・>>2のコンマcm)「よぉ…おめぇは相変わらずだな」

【幼馴染女(12歳・152cm)「君って男のくせに弱すぎwwww」 僕(12歳・142㎝)「うう…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/19(水) 11:32:58.299 ID:xmb6M1CN0.net
男「え?でも俺たち保育園からの付き合いだろ・・・」

幼馴染「はぁ?」

女友「え?幼馴染ちゃん、コイツに話かけられてるの?」

女友2「キモーイ」ププ

男「え」

幼馴染「話しかけてくんな陰キャ」

女友「次、体育だねイコー」

女友3「幼馴染ちゃんw大丈夫?ww」

幼馴染「うん。へーき」

男「…」

男(昔はよく一緒にいたのに)

【幼馴染「もしかして私に話しかけてる?もう話しかけてこないでね。キモいから」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 22:15:11.05 ID:K4MsX08P0
幼馴染「は? 一回死ねよ」


男「いやいや、正直に答えただけだが」


幼馴染「もう一回聞く。ボクってかわいいかい?」


男「全く」


幼馴染「......」


男「......」


幼馴染「よし分かった。君を今から殺す」つ包丁


男「いや待て待て。何故そうなる」


幼馴染「ボクのことをかわいいと思わない人はこの世に必要ないからな」


男「そんなこと言ったら、多分人口の90%は必要なくなるな」


幼馴染「は?」


男「いや、なんでもない」


幼馴染「じゃあ、情けでもう一回聞いてあげる」


男「そうですか」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1459516506

【女幼馴染「ボクってかわいいと思うかい?」男「別に」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/14(日) 01:24:27.728 ID:5oQPzpBCd.net
幼馴染「はぁ?なんでボクがあげなきゃいけないの」

幼馴染「毎年あげてるからって今年もー、なんて勝手に計算しないでよ」

幼馴染「ないの! 君の分はありませーん」

幼馴染「あ、友実ちゃん友彦くんおはよー」タッタ

幼馴染「ハッピーバレンタイン! 友チョコと義理チョコだけど食べてねー」

幼馴染「わぁボクにもくれるの?ありがとー」

【幼馴染「バレンタインチョコ?あるわけないじゃん……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/20(土) 22:33:11.107 ID:7YZlxsZs0.net
男(6)「結婚しよ」
幼馴染(6)「いやだよー。あたしパパと結婚するもーん」

男(7)「結婚しよ」
幼馴染(7)「いやだもーん。男ちゃんはともだちだもーん」

男(8)「結婚しよ」
幼馴染(8)「なんでー? やだよー。かっこいい人とするもーん」

男(9)「結婚しよ」
幼馴染(9)「だめー。結婚なんてまだ考えるのはやいよ」

男(10)「結婚しよ」
幼馴染(10)「恥ずかしいからやめてってば」

男(11)「結婚しよ」
幼馴染(11)「話しかけないで」

男(12)「結婚しよ」
幼馴染(12)「……(無視)」

男(15)「…」
幼馴染(15)「……(あれ?)」

【男(5)「結婚しよ」 幼馴染(5)「やだー」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/07(日) 20:15:40.164 ID:qABPlola0.net
幼馴染(8)「やだー帰りたくないー! ずっといっしょに遊ぶー!」

幼馴染(8)「ずっとはむり? ばーかしらないのか」

幼馴染(8)「男と女はな、けっこんしたらずっと一緒にいられるんだぜ!」

幼馴染(8)「朝も昼も夜もだぜ!」

幼馴染(8)「だからお前と結婚したら一日中遊べるんだ! あははは」





幼馴染(12)「え…久々に遊ぼうって…?」

幼馴染(12)「やだよ…お前と一緒に居たら他のやつらにからかわれるもん…」

幼馴染(12)「ボクは女同士で遊ぶから。じゃ…」

【幼馴染♀(8)「だがし屋いこーぜ!虫取りしよー! 川あそびしたいなー!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆/BueNLs5lw 2016/01/20(水) 20:13:41.93 ID:3zhdyp9A0
幼馴染の末路  

幼馴染の末路2 

幼馴染の末路3



百合
かれん視点


結局、次の日、ひよちゃんは大学に顔を出しませんでした。
あの日、私の部屋に脱ぎっぱなしだった服は全部無くなっていました。
つまり、嫌われてしまったということだと思います。
当たり前です。
初恋だったんですが。
実らないとも言われてますし。

ひよちゃんの喜ぶ顔が見たくて、私がやってきたこと、
その全てがたった一日で無駄になってしまいました。
あまり言い訳もしなかったので、今までの日々が全て下心でできていた、
なんて思われてしまったらどうしましょうか。
仕方がないですかね。
それだけのことを、私はしたのですから。

何もせず、ひよちゃんの隣で笑い合う未来もあったのに。
どうしてその未来を選べなかったのでしょうか。
壊れた関係を戻すために、また、同じ時間を過ごしたい気持ちもあります。
でも、それはしません。
そういう約束を私はあえて交わしたのです。
ひよちゃんに近づいて分かったのは、
自分は滑稽だと言うことでした。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1453288421

【幼馴染の末路4】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/29(土) 03:36:10.703 ID:4MeQ4k7D0
男「そうだよ…ゴミ…さっさと俺が呼んだらこいよ…」

幼「すみません!」

男「たく…これだからゴミは…」

幼「申し訳ありません」

男「ま、いいか…それで用なんだが…」

幼「はい…!」

男「このゴミを捨ててきてくれゴミ」

幼「わかりましたっ!ゴミが今ゴミを捨ててきます」

男「ああ、そういうくだらないこと言わなくて良いから」

幼「すみませんっ!」

幼「…」タッタッタ

男「はぁ…一体何時まで続くんだこれ…」

【男「おいっゴミ!」幼馴染「はいっ!すみません」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/26(日) 22:49:25.45 ID:zNS0fswkO
僕の幼馴染はもういない

しかし彼女は確かにいたのだ

でももう会えることはない

悲しんではいけない

彼女は風になったのだ

僕はそう言い聞かせて顔を上げた

【男「幼馴染みはもういない…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/04/10(金) 05:59:58.82 ID:7ZObay2o0
男「何の事?」

幼馴染み「と、と、惚けないで」

幼馴染み「わ、わ、私、見たんだから」

男「もしかしてバイトの話か?」

幼馴染み「!」コクン

男「ただのバイト仲間だよ」

幼馴染み「う、嘘・・・だって仲よさそうにしてた」

男「というか何でバイト中の事知ってるんだ?」

幼馴染み「そ、それは・・・その」

【幼馴染み「お、男君・・・今日一緒に居た女の子・・・誰?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/25(木) 01:26:11.547 ID:T8tQ+Rx/0
幼「好きなんだぞー!!」

男「わかったから、そんなに叫ぶな」

男「近所迷惑だろ」

幼「…男~好きだー」ボソッ

男「…いや普通でいいよ」

幼「…男~好きだー」

男「…はぁ~…で?どうしたんだ」

幼「?」

男「お前がそんなこというんだ…なにか裏があるんだろ」

幼「そ…そんな…こと…ないぜぇ~」

男「…はぁ~いいからそういうの」

男「目が泳いでるし」

【幼「男ーー好きだー!!」男「わかったわかった」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/25(木) 01:26:11.547 ID:T8tQ+Rx/0
幼「好きなんだぞー!!」

男「わかったから、そんなに叫ぶな」

男「近所迷惑だろ」

幼「…男~好きだー」ボソッ

男「…いや普通でいいよ」

幼「…男~好きだー」

男「…はぁ~…で?どうしたんだ」

幼「?」

男「お前がそんなこというんだ…なにか裏があるんだろ」

幼「そ…そんな…こと…ないぜぇ~」

男「…はぁ~いいからそういうの」

男「目が泳いでるし」

【幼「男ーー好きだー!!」男「わかったわかった」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/19(日) 23:22:22.27 ID:JOzqHJbU0

幼「あれって割と失礼だと思わない?」

男「あー、確かに最近じゃあ鳶に油揚げというか後から出たヒロインとかの引き立て役になること多いもんな」

幼「うん、それもあるけど私が怒ってるのはそうじゃなくって」

男「じゃなくって?」

幼「そもそも幼馴染=恋愛感情を持ってる、という前提が腹立つのよ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1429453342

【幼馴染「幼馴染は負けフラグって言うじゃない?」男「うん?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/19(日) 23:22:22.27 ID:JOzqHJbU0

幼「あれって割と失礼だと思わない?」

男「あー、確かに最近じゃあ鳶に油揚げというか後から出たヒロインとかの引き立て役になること多いもんな」

幼「うん、それもあるけど私が怒ってるのはそうじゃなくって」

男「じゃなくって?」

幼「そもそも幼馴染=恋愛感情を持ってる、という前提が腹立つのよ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1429453342

【幼馴染「幼馴染は負けフラグって言うじゃない?」男「うん?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/13(月) 22:18:01.71 ID:DQvfjFby0
男「・・・は?」

急だった。それはあまりにも急で、反応するまで5秒以上はかかった。

幼「だーかーらww私あと1か月で死ぬんだってばww」

男「冗談・・・だろ?」

信じたくなかった。というか信じることができなかった。

幼「嘘じゃないってwwこれマジだからww」

幼はいつも俺をからかってくる。嘘をついてはケタケタ笑う。

男「は・・は?だってお前元気じゃん」

幼「いついおっかなーって思ってたんだよww」

幼とは幼稚園のころから一緒で、いわば喧嘩友達のような存在。

でも最近は俺は幼に対する感情がかわりつつあった。

そんな幼が・・・あと一か月?

男「い、いいからさ、今日はエイプリルフールじゃないだろ?」

幼「だからマジだっt 男「うるさい!」 え!」

男「そ、そんな冗談ききたくねぇよ!」タッタッタッタ

幼「あ・・・本当なんだよなぁ・・・」

信じたくなかった。これは嘘だと、そう思い込んだ。いや、そう思うこむしかなかった。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1428931081

【幼「私の寿命あと1か月だから」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/12(水) 23:54:14.89 ID:QuRHnbQ+0

幼「何を言うかと思えばそんなことかい?」

男「ああ、お前がクーデレだと確信している」

幼「ふん、くだらないね。ボクに二次元要素を盛り込むのは止めてほしいよ」

幼「ホント、君と話していると頭がおかしくなりそうだ」

幼「じゃあね、ボク帰るから。帰ったらその二次元脳みそキチンと洗いなよ」スタスタ

男「............」

男「幼の目の前が真っ暗になったーーー!!!」グイ!! シュ!!

幼「ひゃ!?」

幼「な、なんだい? ボクに目隠しなんかして、そんなにボクを返したくないの?」

男「幼......」ギュ

幼「ぁ......ふっ、君はいつもそうだね......///」

幼「こうやって逃げられないようにしてから、ボクを弄んで///」

男「幼、可愛いよ......」

幼「んあ/// へぇハグの次は胸かい? 大胆だね?///」

男「幼、幼......」

幼「あん....../// ホント、女性に目隠しして弄ぶ君のような変 さんを
  拾ってくれる人なんでボクくらいじゃないかな?」

男「幼、幼......幼」

幼「ふふ、そんなにボクの名前呼んで
  ボクのことが好きなのかな?///」

男「ああ、大好きだよ幼。ちゅーしよ」

幼「ぇ......ちょ、おと......んん/// ん、んんん///」

幼「んん/// はぁ....../// ら、乱暴だね君は......///」トロン



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1392216854

【男「お前はクーデレだ」 幼馴染「え? ボクが?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/03/03(火) 21:26:28 ml12NxFk
幼「何が?」

男「桃の節句は桃太郎とは何にも関係ないと思うんだ」

幼「?」

男「だからその桃太郎コスプレは恥ずかしいやつだと思う訳だ」

幼「えー?これ似合ってない?」

男「呼ばれたから来てみれば……てかその衣装何気に凄いな」

幼「演劇部から借りてきた、本物だよ!」チャキッ

男「何の本物だよ」


"
"

【幼馴染「桃の節句だ! とあぁ!」 男「それ違わない?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@おーぷん 2015/02/10(火)21:23:30 ID:K17

ぼく「ひどくない?」

幼馴染「ひどくない」

【ぼく「好き?」幼馴染「嫌い」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@おーぷん 2015/01/28(水)21:07:10 ID:etE

幼馴染「男くんは隠し事をしている」

男「いきなり何だ」

幼馴染「わたしにはわかる。エスパーだから」

男「ポンコツが何を言うか」

幼馴染「すぐに暴く。そして虐げる」

男「おお怖い怖い」

幼馴染「……」

男「~♪」

幼馴染「……ヒントは?」

男「自力で暴けよ」

【男「幼馴染はポンコツエスパー」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/04(木) 19:12:04.32 ID:SxTKYojBO
男「ふーん」ピコピコ


幼馴染「む、信じてないな」


男「いや、だってさ…幼馴染だし。どこからどう見ても」


幼馴染「ふふん、これは地球人になりすますための仮の姿…私の真の姿を見せてあげよう!」


男「勝手にどうぞ」ピコピコ


幼馴染「…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1417687924

【幼馴染「私、実は宇宙人だったのです!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2023/03/31(金) 20:14:45.23 ID:yMtRPvT0O
幼馴染「ただいまー」

男「ここ俺の家なんだけど……」

幼馴染「キミのものはボクのもの。ボクのものはボクのもの」

男「ボクはキミのものって言った?」

幼馴染「56すぞ」

男「バイオレンスッ!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1680261285

【男「ボクはキミのものって言った?」幼馴染「56すぞ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/23(木) 19:49:20.46 ID:/x1o/OTG0

「男くん、おはよう」

「おはよ」


朝、ボロアパートから出ると待ち構えていた幼馴染が満面の笑顔とともにあいさつをしてきた

毎朝一緒に登校しているが、特に付き合っているわけではない

そもそも俺なんかがこんな美人と釣り合うはずもないのだ


「今日もいい天気だね。ちょっと暑いかな」

「そうだな。もっと湿度が低ければ、気持ちいい暑さなんだろうけど」


適当な会話をしながら、学校へ向かう

今日は体育があるので憂鬱だな

幼馴染は隣で嬉しそうに笑っている。勉強もスポーツもできて、さぞ毎日が楽しいのであろう

どれも中途半端な俺は、さっぱり理解できない楽しみだ

途中、路地の暗がりでネコが死んでいた

妙に印象に残る死体だった






【幼馴染「なんとか男と付き合いたい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆j7bs8A2EbGtG 2014/11/17(月) 02:57:32.22 ID:k/xzzphAO
男「なんでかわからんけどいいよな」

女幼馴染(以下幼)「よくわからないんだけどいいわよね」

男「なんでだろうな」

幼「まあ、知り合いにボクっ娘がいるからだと思うんだけどね」

男「あぁ、だからか」

幼「だからよ」

男「じゃあいっそ今日はボクっ娘の何がいいのかについて話そうぜ」

幼「アナタにしてはナイスアイディアよ。褒めて遣わすわ」

男「なんでそんな上からなんだよ……」

幼「なんとなくよ」

男「………………」

幼「………………」

男「なんとなくなら仕方ないな」

幼「そうね、仕方ないわね」

【男「僕っ娘はいいよな」女幼馴染「まったくね」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/26(日) 00:18:01.81 ID:9Nt7DIWf0
男の部屋


男「はぁ?お前何言ってんだよ」


幼馴染「男には失望したよ」


幼馴染み「私という存在がありながら他の女の子とイチャイチャして…私見たんだからね!」


男「(うーん、何か勘違いしてるなぁ…)」


幼馴染「止めても無駄だからね。それじゃ」ガラッ


男「帰るときは玄関から出ろ!」


男「…何なんだ一体」


男「(あいつの思い込みっつーか勘違いっつーか、極端なんだよなぁ。しかも暗黒面に堕ちるって、ア○キンじゃねーんだからw)」


男「ま、明日になりゃ忘れとるだろ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1414250271

【幼馴染「私、暗黒面(ダークサイド)に堕ちるから」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/02(木) 05:30:59.19 ID:nmqEw22P0
男「彼女作りたくてもできないよ」

幼馴染「そんなわけないよ、男君かっこよくて背も高いし、男くんに憧れてる女子たくさんいるよ」

男「そうかなぁ」

幼馴染「絶対そうだよ!」

男「お前こそどうなんだよ」

幼馴染「え?」

男「お前こそ彼女作らないのか?」

幼馴染「ぼっ僕、女の子苦手だから・・・」

男「男の子は得意なのかよ」

幼馴染(僕が好きなのは君なのに・・・)

【幼馴染「男くんってさ、彼女作らないの?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/07(日) 02:32:33.36 ID:X069GRoR0
ー数日前ー

キンコンカンコンー
男「よし…終わったぁー……」

幼馴染「おーい!男く~んっ!いっしょに帰ろう~!」

男「おぉー、じゃあ帰るかな」

女友「あ、男くん。帰る前にちょっと…イイ?」

男「ん?どうかしたのか?」

女友「うん…ちょっと来て…」

幼馴染「?」

男「あ、わりぃ…ちょっと行ってくる。先に帰っていてイイぞ」

幼馴染「えっ!…あ…うん…」

幼馴染「(なんの話するんだろ…)」



【幼馴染「あの女のにおいがする…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/01(金) 02:12:33.88 ID:EwJEgduo0
学校

男「ふぁあ……眠いなぁ」

幼馴染「男ー!お昼だぞー!」

妹「だぞー!」

幼馴染「はい、お弁当」

男「ありがと。って…なんで、お前もいるんだよ」

妹「いいじゃない!私もお兄ちゃんと一緒にご飯たべる!」



【幼馴染「好きだよ!」妹「大好き!!!」男「困ったなぁ……」】の続きを読む

このページのトップヘ