えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

提督

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 17:49:23.54 ID:f2n0VidU0
提督「よし! 電、今日も張り切って走るぞ!」

電『なのです!』



 






SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1426668563

【提督「次は、開運橋前に停まります」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ルールとか

①ゾロ目が出ると死にます

②0が出るとイチャコラほのぼのします

③9が出ると更に判定して強烈に壊れます

④単発ダメゼッタイ。安価出てからの回避ダメゼッタイ。セプク。ズレます

⑤『応急修理要員』と艦名と共に宣言すればゾロ目を最大ダメージにダウン

⑥『応急修理女神』と宣言すればゾロ目を、その目の通常判定にランクダウン

⑦宣言しただけで消費。ほのぼので『要員』、複数ほのぼので『女神』補強

⑧正規空母が実際平坦なまな板を晒すと思いますか?おかしいと思いませんか?あなた

⑨コンゴウ=サンは一度轟沈したのにその後二回も死んだ。何故だか判りますか?

【【艦これ】提督「安価で艦娘を壊す……?」04】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/17(金) 19:51:50.96 ID:Q2YHKM6z0

浜風「駆逐艦浜風です。これより貴艦隊所属となります。よろしくお願いします」

提督「こちらこそよろしくなんだよなぁ!」


提督「俺はここの鎮守府の提督なんだよなぁ。お前の上官になるんだよなぁ!」

提督「これから出撃なり演習なり遠征なり色々やってもらう事になると思うんだよなぁ!」

提督「頑張って欲しいんだよなぁ!」


浜風「は、はい………よろしくお願いします………」


浜風(なにこの提督!?)





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1489747910

引用元: 提督「俺は浜風が大好きな提督なんだよなぁ!」 


 

【提督「俺は浜風が大好きな提督なんだよなぁ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
【ここまでのあらすじ】


世界全土をシンカイセイカンが覆いつくし、オカルティック技術が普遍化した未来。世界平和など稚気じみた夢。

人々は茶色のバラックシティに棲み、夜な夜なダイバースペースへ逃避する。

人類よりも力を持つシンカイセイカン群が、海洋を背後から掌握する。ここはネオヨコスカ。鎖国体制を敷かれた日本の鎮守府だ。

そして、マッポー的なこの時代に伝説化され空想の産物であると考えられていたグンカンが突如現れ始め、暗躍している……


テイトクはネオヨコスカ鎮守府の誇るカーネルである。彼は温厚で誠実な人柄で艦娘から慕われているが、実は違う。

その本性は人々の狂気と絶望を好む血に飢えた狂犬だった。

「フィーヒヒ」彼の齎す策略により次々と大破・轟沈していくカンムス。果たして彼女たちに未来はあるのか。アカギ=サンはカワイイ、いいね?


「イヤーッ!」アカギ=サンの容赦のないウンヨウ・ジツ。レ級に襲い掛かる九九カトン・モータークラフト。なんたる制空力か!これがアカギ=サンのシリアス!スゴイ!

「オヌシは……」アカギ=サンの鋭い眼光。「カガ=サンの食べたマグロよりもヒサンな死体になって貰う。それが運命だ。ハイクを詠め」

 二人の正規空母が居た。提督の財布は燃え上がった。何故だか判りますか?彼女たちがエアーキャリアー・カンムスだからです。

 おお、なんたることか!レ級に襲い掛かるのはそれよりも凄惨な運命だ!

「イヤーッ!」「ンアーッ!」レ級を吹き飛ばし、揺れるアカギ=サンの胸部装甲は実際豊満だった。隣の大鳳は装甲空母。装甲空母は母性がない。実際平坦だった。カナシイネ!


※嘘です※

【【艦これ】提督「安価で艦娘を壊す……?」03】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 【艦これ】提督「安価で艦娘を壊す……?」

2: 1 ◆8awvOzhCwi6S 2015/03/13(金) 01:42:43.96 ID:Dcc5ZvUGo
ルールとか

①ゾロ目が出ると死にます

②0が出るとイチャコラほのぼのします

③9が出ると更に判定して強烈に壊れます

④単発ダメゼッタイ。安価出てからの回避ダメゼッタイ。セプク。ズレます

⑤『応急修理要員』と艦名と共に宣言すればゾロ目を最大ダメージにダウン

⑥『応急修理女神』と宣言すればゾロ目を、その目の通常判定にランクダウン

⑦宣言しただけで消費。ほのぼので『要員』、複数ほのぼので『女神』補強

⑧二人の正規空母が実際平坦なまな板を晒しますか?おかしいと思いませんか?あなた

【【艦これ】提督「安価で艦娘を壊す……?」02】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 提督「野球がしたい」 【安価】

2: ◆Xg2hgTZEF9gM 2015/03/10(火) 14:28:08.45 ID:WRn53kj80
時雨「この前のMVPの特権としてね。駄目かな?」

提督「いや、時雨がそれを望むのなら断る理由なんてないが」

時雨「じゃあOKってことだね」

提督「うむ。ただ、すぐにとはいかんな」

時雨「日程についてはまた後で相談しよう」

提督「ああ」

時雨「それじゃ、楽しみにしてるよ提督♪」ガチャ

提督「…デート、か。まったく…いい笑顔しやがって」フッ



【提督「えっ、デートに連れてけ?」 時雨「うん」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 22:19:05.40 ID:MAb0DPZbO
艦娘、それは愛でたいと同時に壊したくなるもの

大人しい艦娘、うるさい艦娘
明るい艦娘、我が鎮守府には様々な艦娘がいる

壊すといってもやり方は様々だ
愛情漬けにして突然裏切るもよし
はじめから暴力を振るうもよし
壊した後の処分を考えるのもまた一興
 

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1425907145

【提督「安価で艦娘を壊したい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 2015/03/08(日) 00:19:45.25 ID:R3316qr8o

 ――毀したい。

 いつからだろうか。そう思って止まないのは。

 例えば、こんな覚えはないだろうか。

 好奇心と嗜虐心が混じりあい、優越感と征服感が満たされるような昏い妄想だ。

 人に捨てられて人間不信になった犬を大切に大切に育てて、暮らして、行動を共にして――。

 漸く懐いてその犬のかけがえのない人間になった時に、再びどこか遠くに捨てに行くような。

 自分を慕い、崇め、敬う、元気で可愛い後輩を――手酷く練習試合で痛めつけるような。

 苦心して作り上げた恋人との思い出になるガラス細工を床に叩きつけて、その欠片を踏みにじって台無しにするような。

 向上心があり、明るく、純粋で、人が良く、気さくな少女に無修正のスナッフポルノを見せつけるような。彼女の姉を目の前で組み伏せ破壊するような。

 そんな、己の心の一部にも痛みを覚える自虐的で恍惚とした陶酔。心の瀉血を行うごとき快楽と愉悦。

 静かに頬が吊り上がる――どうしても今までは実行できなかった。

 だけれどもこれからは出来る。

 いい時代になったものだ――本当にそう思う。

【【艦これ】提督「安価で艦娘を壊す……?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆6Vn1EAXh6k 2015/03/09(月) 01:03:05.44 ID:jJAEAdTb0
ありきたりな内容のSSです


艦娘安価と同時にコンマで心の閉ざし具合を判定

1→00(100)

2→99

3→98

のように対応

大きければ大きいほど心を閉ざしています


↓2 艦娘安価

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1425830585

【【艦これ】提督「艦娘の心をひらく」【セリフ安価】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 00:45:09.43 ID:2v1t2S3kO
不知火「はい、そのような噂が鎮守府内で飛び交っている様です」

提督「お化けかぁ~いるわけないじゃない」

不知火「同感です、しかしこのままでは士気に関わります」

提督「みんな年頃の女の子って事か」

天龍「ま、全くどどどどいつもこいつも、腑抜けけてやがるよな」

提督「天龍、ふふふ・・・怖いか?」

天龍「こ、怖くなんかねーよ!この天龍様がお化けなんかでビビる訳ねぇ!」

【提督「え?お化けが出たって?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆MPiH1UGsJplg 2015/03/09(月) 04:21:27.25 ID:Q285lhhB0
カーク「何だって?」

スポック「転属です。地球の極東部にある、ヨコスカ鎮守府への転属とのことです。」

カーク「私にエンタープライズを降りろというのか?」

スポック「この間のボーグとの戦闘で、独断で作戦を決行しましたからね。一時的な謹慎措置でしょう。」

カーク「またそれか……結果的に上手く行ったんだから多めに見てほしいものだがね。」

カーク「で、期間は?」

スポック「明記はされていませんが、一年といった所でしょう。」

カーク「ヨコスカ鎮守府か…確か、最近奇妙な生命体が海上を跋扈しているんだったな?」

スポック「ええ。制海権を奪われているとのことで、海上輸送路に被害が出ているとのことです。」

カーク「しかし、私にそんなものと戦えというのか? いくら私でもさすがに海の上は歩けないぞ」

スポック「その点についての詳細は機密とのことですが、到着後に説明があるようです。」

【スポック「提督、鎮守府への転属辞令が来ています。」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆KL2hxPQbS6 2015/03/07(土) 17:17:23.33 ID:yds35QVuO
〇六〇〇


長門「朝だぞ、提督。そろそろ起きろ」


ゆさゆさと身体を揺らされ、まどろみから少し意識がはっきりとする


まだ日も出ていないし、寒い。腹まで捲られた布団を被り直す


長門「あ、こら!起きろと言っているだろう?ほら、起きろ!」


昨日は夜遅くまで仕事だったのだ。身体も重いし頭もなんだかふらふらする。あと5分は寝かせてほしい


長門「いつまでくるまってる気だ!ほら!」


ゆさゆさと、肩がさっきより大きく揺すられる


提督「あと40分…………」


長門「そんなこと言って起きないだろう!っく、早く起きんか!」


ぺしぺし、と頬を軽く叩かれる


全然痛くないし、むしろ何だか気持ちいい。益々眠くなる


提督「や~……だ~…………」


布団を握りしめ、意地でも寝る


本当に疲れているんだ




長門「おい!おきろ!!…………ねぇ、起きてよ…………………うっく……………ぐすっ………」


あれ?何か鼻を啜る音が…………



長門「おきてよぉ………………ひっく」


これはまさか


提督「あーっ!!!すまん!!またやっちまった!!!」


急速に頭が冴える


布団から跳ね起きて長門の方を見ると、ポロポロ涙を零しながら嗚咽を漏らしていた

【長門「提督!」提督「ながもん!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆jPpg5.obl6 2015/03/06(金) 12:31:46.60 ID:8dzF+8T70
提督(もしだ、もし深海棲艦を倒し終え平和になったら彼女たちはどうするのだろうか…)

提督(きっと社会に出るのかもしれん)

提督(と言うか少々アレな子もいるから心配だな…)

提督(こうなったらテストするしかないな!)


---ここに艦隊一、いや艦娘一バカな子を決める「バカテスト」が始まろうとしていた。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1425612706

【【艦これ】提督「バカテストの時間だオラァ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/06(金) 02:27:49.64 ID:7bn3tT270
吹雪「野球…ですか?またなんでいきなり…」

提督「今まで隠してたというわけでもないが、俺は野球が大好きでね。学生時代には投手として甲子園に出場したこともあるぞ」

吹雪「えっ、ほんとに!?すごいです提督!」

提督「まあ、チームは初戦敗退に終わったんだけどな…と、とにかく、久しぶりに野球がしたくなったんだ」

吹雪「出場経験があるだけでも十分すごいですよ!それはそうと、野球をするとなると、提督を除いて17人は必要ですよね?そう簡単に人が集まるでしょうか?」

提督「むう」

吹雪「私たち艦娘は常人を凌ぐ身体能力を持った存在ですが、女性であることに変わりはありませんから…少なくとも積極的に参加したいって思う人はほとんどいないような気がします」

提督「なるほど…吹雪自身はどうだ?」

吹雪「私は…やったことないですし、正直気乗りはしませんが…提督が望むのであれば」

提督「そうか…ありがとな、吹雪」

吹雪「い、いえっ、気にしないでください!」

提督「よしっ、ではさっそく人を集めに行ってくる!」

吹雪「その前に書類を片付けちゃってください、提督」

提督「くっ…」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1425576469

【提督「野球がしたい」 【安価】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/05(木) 22:24:21.45 ID:Oih5oDib0

明石「そうです!これを使えば、提督と私達との、様々な相性を計ることができるんです!」

提督「相性・・・相性ねぇ。一言で相性って言っても、色々あるだろ」

明石「当然!ありとあらゆる相性を計れますよ!」

明石「たとえば、秘書艦としての相性や、友人としての相性は勿論、恋人や結婚、はたまた体の相性まで・・・」ニヤニヤ

提督「おいこら、ニヤニヤしながら指で作った輪に人差し指を抜き差しするんじゃねーよ」ペシッ

明石「あいたっ!もー、それくらいいいじゃないですか。提督と私の仲じゃないですかー」

提督「ただの上司と部下だろうが。大体、なんでこんなもん・・・」

明石「それはもう、偏に妖精さんたちのがんばりです!」

提督「魔法の言葉、妖精さん」

明石「そんなことはどうでもいいんです!大事なのは、今ここにこの機械があって、さらに提督がいるってことです!」

提督「それってつまり・・・」

明石「そうと決まれば、さっそく測定しにいきましょう!」

提督「やっぱりそうなるのね・・・」

明石「まずはそうですね~、↓2の相性を見てみましょう。
あら、ちょうどいいところに↓5が」

(↓5コンマで相性のよさ判定)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1425561861

【提督「艦娘との相性?」【安価】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/05(木) 12:18:06.30 ID:oQ3iG381O
提督「くくく、くはははは、長く苦しい士官学校だった……」

提督「猫を被り、文武両道にして人望もある、全て提督になるためだった……」

提督「そしていま俺様は提督になった!」

提督「くはははは!さーぁブラックなことをしてやるぜぇー!」

提督「先ずは初期艦選びだ!俺様は優秀だから好きな艦を用意してもらえるぜ!」

>>3

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1425525486

【【安価】提督「ゲハハハハ!俺様はブラック提督だ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

【艦これ】赤城「……さて、と」提督「昔話を、しようか」 前編

494: ◆hsyiOEw8Kw 2015/05/23(土) 22:36:25.40 ID:a1Zf4IAM0
………
……



北上「うっひょう!やるぅ翔ぴー!」

大井「艦隊が出会う前から大破1、中破2……これはかなり決定的じゃないかしら……」

隼鷹「……くそぅ……」

北上「速力も低下してるしねぇ。提督不利だねぇ。翔鶴は第二次攻撃も出来る訳だし」

隼鷹「だぁー!アタシが出れたらなぁ!」

北上「ほほぅ。艦攻を落とせると?」

隼鷹「そうだぜ!こう、バババババってな感じで……」

北上「ふっふっふ……そう思うじゃん?」

隼鷹「おおん?」

北上「前に演習した相手の空母が言ってたけど、怖いらしいぞぉ翔ぴーのケツにつくの。
なんせあんだけ高度低いからな。艦戦って艦攻より下が見えないんだろ?」

隼鷹「……」

大井「艦攻には後部銃座もあるわ。真後ろにつくしかないけど、真後ろについたら撃たれる。
それを避けようとすると、海に墜落、ってな感じね。
落とすのは簡単じゃ無さそうよ」

北上「翔鶴のシースキミングは……芸術だぜ?」 ニヤリ

隼鷹「……ぐぬぬ……」

北上「はぁーっはっはっはぁ!どうだ!まいったか!」


……
………

【【艦これ】赤城「……さて、と」提督「昔話を、しようか」 後編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
「本当にこの体制で良ろしいのですか?司令を引き込んでからの方が……」

「将を射んと欲すれば先ず馬を射よ。よく言うじゃないか」

「つまり?」

「勢いだ、勢い!」

「はぁ……あなた、本当に変わりましたね……」

「ハッ!眼鏡の必要無くなったお前に言われたくは無いな」



「……あの二人はいつも元気で、大変結構ですね」

「あら?一番血の気の多い人が何を言っているのかしら~?」

「ふふ、そうでしたか?」

「そうよ……それにしても、楽しみだわ~」

「そうですね……ふふふ。早く、あの人の心を折らないと」

「……相変わらず怖い女ね……うふふ」

「……待っていて下さいね、提督。あなたを絶望に染め上げて……そして、救済して差し上げますよーー」

赤城「……この、赤城が」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1429367001

【【艦これ】赤城「……さて、と」提督「昔話を、しようか」 前編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

【艦これ】提督「…さて、と」 前編

460: ◆hsyiOEw8Kw 2015/03/21(土) 12:18:30.83 ID:dGSmV5lW0
翌日、執務室


提督「よし、不知火以外全員揃っているな。」

一同「はい!」

提督「さて。今回、私は本土に召喚される運びとなった。」

榛名「え…」

鳳翔「…本土?」

足柄「…はぁ?」

隼鷹「…マジ?」

雷「…なぜ?」

提督「それは機密事項だ。…さて、本土へと向かう私の随伴艦には、榛名と不知火を任命する。私の不在時には、代理監督官が派遣される予定だが…」チラッ

隼鷹・足柄「…」

【【艦これ】提督「…さて、と」 後編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆hsyiOEw8Kw 2015/02/28(土) 18:21:34.45 ID:e7scRF+bO
とある島にて


提督「やっと到着か…ここが俺の新しい家、か。随分と遠くまで来たもんだな。…不知火。」

不知火「はい。」

提督「状況はどうなっている。」

不知火「既に書類、業務等の引き継ぎは完了しております。前任者は既に島を離れているそうです。また、本日午後、新たな艦娘が1名、もう1名が本土からの主計係として渡航、着任予定です。」

提督「そうか。しかし、引き継ぎ時に前任者不在とは…いくらここが防衛線の中とは言え、無責任が過ぎる。急ごう。」

不知火「はい。」


島の基地内


榛名「(今日から新しい提督さんが来るのですね…また、失敗する…もう嫌…)」

足柄「…榛名?探したわ」

榛名「ぁ…足柄、さん…」

足柄「もうすぐ提督の到着予定時刻。倉庫でボーっとしている暇は無いよ。準備準備…」

榛名「私は、行かない方が良いと思います。きっとまた…」

足柄「榛名…いや、でも…」

不知火「お二方。ここにいらしたのですか。」

榛名・足柄「?!」

不知火「提督が執務室にてお待ちです。急ぎ参上して下さい。」

榛名・足柄「は、はい!」

【【艦これ】提督「…さて、と」 前編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 【安価】提督「狂ってしまった彼女達」

1: ◆00ZRE1DaEk 2015/07/14(火) 15:17:05.79 ID:HMiC0BAtO
ここは安価で指名された艦娘の小話を>>1がひたすら書いていくという>>1による>>1のための修行スレです
暇な方は是非お付き合いください


注意

・ここはあくまでも>>1の修行するためのスレです。話のクオリティは察してください

・なるべく早く投下したいと思いますが、投下が来なくとも長い目で見てあげてください

・>>1はスレタイから想像できるような偏った内容しか書けません。ご了承ください

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1436854625

【【安価】提督「変わってしまった彼女達」【ヤンデレ注意】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆P2oog34ThKm7 2015/03/01(日) 08:40:15.12 ID:r9aRoKpy0


先日、家具コイン合計72000枚を使って、執務室にカウンターバーと各酒棚を設置した。


これは決して私用目的ではなく、一日秘書艦を勤めてくれた艦娘に対しての細やかな労いである。


ビールにウィスキー、ワインに日本酒。


酒に対する艦娘たちの趣向はそれぞれ異なり、姉妹艦であっても別々になることは珍しくない。普通の人間と同じである。


また、ビスマルクなどのドイツ艦が、ビールよりもワインを好むことに少々驚いたのも事実だ。


彼女曰く、『ドイツはビールというイメージだけれど、ワインも美味しいのよ? 今度、持ってきてあげるわ』


とのことだ。楽しみにしておこう。


……話が逸れてしまった。

【【艦これ】提督「ある艦娘の本音」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/01(日) 08:08:42.88 ID:dzf15WFRO
初心者!キャラ崩壊!gdgd!注意なのです!

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1425164922

【【安価】提督「うーん…二日酔いだ…」【コンマ】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆VmgLZocIfs 2015/02/28(土) 20:54:06.70 ID:iijj4noSo
夜の闇の中、オレは洋上を駆ける。

左手の短装砲が月に照らされた敵の急所を打ち抜くと、目の前のデカブツは悲鳴を上げて動きを止めた。

すかさず右手で軍刀を引き抜き、接近して止めを刺す。


たった今、弾を放った短装砲から立ち込める硝煙の匂い。
敵をこの手で切り裂いた高揚感。

【【艦これ】天龍「オレと、提督の恋」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆00ZRE1DaEk 2015/02/27(金) 22:40:51.71 ID:Nyq/6li+0
ここは安価で指名された艦娘の小話を>>1がひたすら書いていくという>>1による>>1のための修行スレです
暇な方は是非お付き合いください


注意

・ここはあくまでも>>1の修行するためのスレです。話のクオリティは察してください

・なるべく早く投下したいと思いますが、投下が来なくとも長い目で見てあげてください

・>>1はスレタイから想像できるような偏った内容しか書けません。ご了承ください


それでは手始めに下2

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1425044451

【【安価】提督「狂ってしまった彼女達」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 18:28:04.46 ID:YZgNJWl5o

前作 提督「俺ゲイなんだけど」

提督「……」

電「お、おかえりなさいなのです!」

提督「……」

電「お、お久しぶりにお会いしたけどお元気そうなのです!」

提督「……」

電「え、えーっと……艦隊の練度も順調にあがって海域の攻略も順調なのです」

提督「……」

電「……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1424856483

【提督「俺やっぱりゲイなんだけど?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 17:10:06.32 ID:haRjIMsy0
更新遅い
オリ設定あり、キャラ崩壊、駄文

とりあえずチーム決めます

Aチーム Bチーム
↓1~5 ↓6~10

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1424851806

【提督「鎮守府サバゲー大会」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/21(土) 19:22:59.31 ID:/KKZpi0EO


提督「どう思う?」

長月「それを私に聞いてどうするんだ?」

提督「いやお前秘書艦じゃん?」

長月「だからそんな事を秘書艦に話してどうするんだ?」

提督「どうしたらいいか一緒に考えてくれよ」

長月「はぁ……大体何でいきなりそんな事になったんだ?」

提督「昨日お前が部屋に戻った後な、まだ残ってる書類やってたんだよ」

長月「昨日はやけに多かったからな」

提督「そしたら夕張と明石が差し入れっつって」

長月「おい」

提督「いやいや手を着けてはいないぞ?怪しかったし、どうしてもっつーから二人に先に食わせてからしばらく様子みたし」

長月「……」

提督「……うん、飲み物の方だったらしくてさ」

長月「はぁ……それで?どんな能力なんだ?」

提督「>>3な能力なんだ」

 

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1424514179

【提督「何か能力に目覚めた」【艦これ安価】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/20(金) 22:23:33.93 ID:M+24c0tt0
時雨「今日は雨だね、提督」

時雨「そういえば」

時雨「レイテ沖のときも雨が降っていたね」

時雨「・・・・・・」

時雨「でも、今は扶桑も山城も」

時雨「満潮も最上も、みんなここにいるよ」

時雨「だから大丈夫」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1424438613

【提督「憲兵さん! どうして俺のことを見捨てたんですか!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: ◆KL2hxPQbS6 2015/02/21(土) 01:36:47.38 ID:BREpizPgO
~金剛~

『なべ』


「ヘェーイ!テイトクゥー!お鍋できたデース!開けてくだサーイ!」

執務室の扉の向こうから聞き慣れた、少しおかしなイントネーションの日本語で呼ばれる


部屋の中心に置いた炬燵から立ち上がり、ドアを開けると、嬉しそうな顔をした少女が鍋を持って立っていた


『金剛』とケッコンカッコカリをして早1ヶ月。カッコカリとはいっても、ほぼ夫婦のようなもの。そのせいか金剛は以前よりさらに甘えてくるようになった



その証拠に、鍋を置き、炬燵に入るとすぐに金剛も膝の上に座り、背中を預けてくる


金剛「エヘヘ…やっぱりテートクの膝の上、落ち着きマス………フフ」


提督「ああ、俺もこうしてると落ち着くよ」


腕を前で交差して、キュッと抱きしめると、金剛の髪の匂いと、柔らかな身体の感触でいっぱいになる



金剛「テートクも甘えん坊さんデスね~……スー…………ハァ…!テートクいい匂い……」


目を瞑り、提督の腕にその小さな鼻を押し付けて深く深呼吸をすると、そのままスリスリと頬を押し付けてくる


【提督「艦娘とケッコンカッコカリしたら」】の続きを読む

このページのトップヘ