えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

東方

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/08/20(金) 17:57:40.01 ID:hrt/RN5C0
魔理沙「好感度スカウターとかいう、なんか面白そうな道具を香霖堂でちょっくら借りてきたぜ」

魔理沙「とりあえず↓1のところにでも行くか」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1629449859

【【東方】魔理沙「好感度スカウター?」【安価・コンマ】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆elqGmND3Pw 2015/05/24(日) 18:53:05.01 ID:snJQjUOY0

彼女、白玉楼の庭師兼剣術指南役である魂魄妖夢は目をつぶり、意識を自らの得物と目の前の竹に集中させる。

刹那、彼女は背中の得物―楼観剣を横に一閃。一瞬にして目の前の竹をまっぷたつにする。

「ふぅ…」

ぱちぱちと音がする。一息ついた妖夢に拍手を贈るのは、縁側に座る白玉楼の主、西行寺幽々子である。

「流石妖夢、と言ったところかしら」

「やめてください幽々子様、私はまだまだ未熟者です」

すると幽々子は傍らに置いてあるお茶を軽くすすりながら言う。

「ねぇ、決め台詞とか言わないの?」


【【東方】魂魄妖夢の台詞の話】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2021/11/11(木) 16:37:24.46 ID:Hn5Y1IP40
東方ファン「めーさく最高」
ZUN「冤罪で切れる程度の縁やぞ」
東方ファン「フランちゃんは閉じ込められて可哀想」
ZUN「ただの引きニート中二病で隠岐奈のポケモンやぞ」

【東方ファン「マリアリは正義」ZUN「不仲やぞ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/06(水) 08:13:05.56 ID:z6ab/4ms0
咲夜「パチュリー様」

パチュリー「はい」

咲夜「教えて下さいますか」

パチュリー「えぇ」

咲夜「魔法を」






パチュリー「えっ」

咲夜「えっ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1430867575

【咲夜「その包み紙は館の色で」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆tqsJezh7w. 2013/10/23(水) 23:41:24.71 ID:fSvhvU8Xo



 その日も幻想郷は『日常』を過ごしていた。
 何も変わらず、ただいつも通りの時が流れていく。

 誰かが言った。『歴史という物は非日常を集めた物』だと。つまり『日常』では歴史は動かない。
 今日も幻想郷の歴史はのんびり停滞しているのであった。

 しかし歴史の流れに関わらず、様々な物が永い時の流れに流され変わっていく。
 自然も、建物も、妖怪も、そして人間も。


 これはあの日々からどれだけかの時間が経った幻想郷の物語。
 再び『歴史』が動き始めるちょっと前の妖怪たちの物語。




 いつもと変わらないような暑い夏。

 そんな中、幻想郷に再び『あの日』がやってきた。








   東方追想録 ~ Everlasting and Returned Fantasy.









SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1382539284

【東方追想録 ~ Everlasting and Returned Fantasy.】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2021/10/07(木) 09:28:06.71 ID:Y9Q+aIT6d
やっぱり東方がナンバーワン🤗

【東方Project「世界観深いです、キャラも曲も良いです、遊び甲斐があります、二次創作も盛んです「】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: saga 2015/03/26(木) 07:36:17.76 ID:RYS47naB0
 
~博霊神社~
霊夢「なんでいきなり襲撃なんて?」

紫「たった今、外の世界からこっちに伸びてる古いパイプラインが切断されたのよ」

霊夢「なんで?」

紫「鎮守府には莫大なエネルギーが必要らしくて、無駄な配管の見直しが行われたらしいわ」

霊夢「でも、まだ地下の奴らに頼んで核融合炉を全開で動かせばまだ電気に関しては持つと思うわ」

紫「とりあえず、それで様子を見ましょう」

~旧地獄~
お空「核融合炉を最大出力で?」

さとり「そうよ、できるだけ出力を上げて」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1427322977

  【【艦これ×東方】霊夢「鎮守府襲撃作戦?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/06(金) 13:41:27.18 ID:BYvjmqKs0
これはハクメイとミコチと東方プロジェクトのクロスSSとなります。


ハクメイ「ふわぁ。今日も良い天気だな、って」

針妙丸「」

ハクメイ「行き倒れか? こんな場所で?」

ハクメイ「………息はあるみたいだな。ミコチーッ! おーいミコチーっ!」パタパタ

ミコチ「どうしたのよ、朝っぱらから」

ハクメイ「行き倒れだ。ベッドまで運ぶぞ」

ミコチ「へ? こんなところで?」

ハクメイ「私もそう思うんだが、ミコチ足の方持ってくれ」

ミコチ「せーので持ち上げるわよ」

ハクミコ「せーのっ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1425616886

【ハクメイ「幻想郷?」針妙丸「マキナタ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 1 2015/02/19(木) 15:38:58.24 ID:+SO2vLwY0
三月に入ってから、ストーブを焚く頻度も減ってきた。この分だと春はもうすぐだろう。
こんな日には窓から入って来る明りで本を読むに限る。

――カランコロン

そう考えた途端、白黒の人影が店の中に入ってきた。

魔翌理沙「おっす香霖、邪魔しに来たぜ」

霖之助「……それは商売の邪魔か?それとも読書の?」

魔翌理沙「どっちもだぜ」

霖之助「まったく……」

悪びれもせず言い放つ魔翌理沙、いっそ清々しいとでも言うべきか。

魔翌理沙「相変わらず辛気臭い顔だな香霖は、そのうち黴でも生えてくるんじゃないか?」

霖之助「辛気臭くて結構。それより何の用だ?」

魔翌理沙「用が無いと来ちゃいかんのか?」

そんな事を言いながら魔翌理沙は、机の前に椅子を引っ張り出して来た。

【霖之助「今、春が来て君は」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/15(木) 23:23:57.84 ID:u8tNZoLc0
里人「!? いらっしゃい」

里人「いつもながら派手な服だね。外じゃ芸人さんだったんだろ」

里人「あ、はいはいまいど。さすがお目が高いね」

里人「おいしいよコレ。6本で3せ」


ドドドドドド・・・・

里人「ん」

てゐ「うらぁ!」

バキィッ!


「ぎばーーーーっ!」ズザーーーー

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1421331837

【幻想郷にラブ&ピース】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2021/07/07(水) 23:42:58.05 ID:8Xn5I+zv0
なに




【東方(絵E、ゲーム性D、曲SSS、キャラデザA 世界観S)←こいつが天下取れた理由】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加


悟空「いや…オラそういうんは…あっ!」

さとり「くすぐるのは無しですよ、物理的なものはダメです」

悟空「おめえ本当に心が読めるんだな…しかしどうしたもんかなぁ」

燐「さとり様さとり様」

さとり「………そうね、いきなり言っても難しいでしょうし少し時間をおきましょうか」

空「ねーねーごくー私の部屋でお話しようよー」

燐「さとり様から笑いを取ろうと思ったらちょっとやそっとじゃ無理だからね」

燐「私達と話しながら考えようよ」

悟空「そりゃいいけど…オラには向いてないと思うんだよなぁ」

燐「ぼやかないぼやかない」

空「こっちだよー」

悟空「ま、なんとかなっかなぁ」



【悟空「おめえ本当に神様なんか?」諏訪子「小さくて悪かったね!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 「オラおめぇより随分年上だと思うぞ」紫「あらまぁ♪」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/17(金) 07:58:32 sMRtp3Bk

第一第二試合ともにあっさりと終わってしまい気の抜ける一同
しかしこの後に残るのは幻想郷屈指の強者ばかり、暢気にメシ食ってる場合じゃないぞ!











【妖夢の意地!決して折れない剣と心!!】


【悟空「目が三つあるなんておめぇ天津飯みてぇだな」さとり「…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/12(金) 08:20:22 RD9milVg
※「ふはははは、止めだ…お前を分子…いや原子の一個一個にまで
  ばらばらにして宇宙のチリに戻してやる」
※「もう二度と復活できないようにな……食らえ!リベンジデスボール!!」

※「くっそ…だめだ…身体がもう動ねぇ…ち…ちくしょう…」

  





【悟空消滅!?流れ着いた先は幻想郷】


【「オラおめぇより随分年上だと思うぞ」紫「あらまぁ♪」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆h0mTIOy3Gs 2014/10/14(火) 15:58:45.83 ID:qExu1zb/O

東方理円環~relief by erase~




【霊夢「あんた、神様なの?」アルティメットまどか「う、うん…一応」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/01(火) 01:46:52 ID:Ei4R1dos
デブ男「あれが紅魔館か……ついにたどり着いた……」


デブ男(俺の名は男、噂によればあそこにすっげえ可愛い幼女が2人住んでるらしい……)


デブ男(が、その姿を見たものは誰もいないと言う……俺らオタクの世界じゃ伝説みてえな存在だ……)


デブ男(そこで、オタク界でも数々の伝説を達成してきた俺が立ち上がった……この伝説に終止符を打つために……)


デブ男「ふひひ、燃えるねえ……俺が絶対にその伝説の幼女達を最初に目撃してやるぜ……」スタスタ

引用元: 美鈴「あなたもしつこいですね……」 デブ男「俺は諦めんぞ……」 



 

  【美鈴「あなたもしつこいですね……」 デブ男「俺は諦めんぞ……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/10/09(日) 11:26:28.77 ID:07U8aeui0
東方(主に風神録組)×まどかのクロス



―――――――幻想郷・守矢神社―――――――

思わず聞き返した私に、幻想郷の元締めとされるスキマ妖怪――八雲紫が頷いた。

早苗「確かにそんな街があった覚えはありますけど……、それって外の世界ですよ? どうして私が外の世界のその街に?」

紫「それは貴女が最近まで外の世界に居たからよ。 少なくとも霊夢たちを送り込むより確実でしょう?」

早苗「それは……、まあそうでしょうけど、でもなんで外の世界に介入しないとならないんです?」

引用元: 東風谷早苗「見滝原?」 八雲紫「ええ、見滝原」 



【東風谷早苗「見滝原?」 八雲紫「ええ、見滝原」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆54/V43DPgg 2011/03/21(月) 19:58:48.85 ID:VL81uURR0
ミステリー風、東方SS

引用元: The Murdercase of Marisa(東方) 



【The Murdercase of Marisa(東方)】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

命蓮寺退場の事 前編

417 : ◆0dUQJag7fY :2014/12/11(木) 16:35:46 2YpJKR6E
<font color="#000000">

ゴゴゴゴゴゴ…


レミリア「あらら」

パチュリー「はぁ、やっぱり今回も作っちゃったみたいね……」

レミリア「寺の連中は?」

パチュリー「あの魔法使いと一緒なのよ? 何の心配も要らないわ」


――――ズゥォォォオオオオオッッッ!!!


バキバキバキッ!

ゴガッ!

ガラッ…!
</font>


【命蓮寺退場の事 後編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : ◆0dUQJag7fY :2014/11/21(金) 18:57:36 OKD3oh8E

霊夢「あいつら、一体どういうつもり!?」

霊夢「今日という今日は徹底的に問い詰めてやる!」


怒りによりやや興奮気味になっていた霊夢の足は、一つの場所を目指していた
爆発しそうなほど逸る心を何とか収めることが出来ていたのは、まだそれを発散すべき時と場所を得ていないからだ


霊夢「毎日毎日そこら中でフワフワぷかぷか……目障りったらありゃしないわ!」

霊夢「何を企んでるのか、今日こそ突き止めてやるわ!」


何ヶ月か前に夜空のみを選んで飛んでいた聖輦船は、今現在、夜も昼もなく好き放題飛び回っている
異変と見れば解決せずにはいられない霊夢にしてみれば、そこで為すべきことはただ一つしかない



転載元:命蓮寺退場の事 



【命蓮寺退場の事 前編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/05/14(水) 19:07:17 UqWA6rnY

鍛冶屋「あぁー、暇だー」

ブレード「いいじゃないですか、平和が一番ですよ」

ハンマー「そうだよ、平和が一番」

鍛冶屋「あ、そうだ!今後の弾幕ごっこのためにいろんなのを作ろう!」

鍛冶屋「そうと決まれば、早速取りかかろう」

鍛冶屋「まずは形状だな、>>3だ!」


【鍛冶屋「幻想郷でも色々武器を作る」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/04/30(水) 20:06:27 CRmOkvjA
咲夜「素敵ですわお嬢様」

美鈴「いよっ幻想郷一!!」

咲夜「貴方次ふざけたら爪全部剥ぐからね」ボソッ

美鈴「じょ、冗談きついですよ咲夜さん…ははは」

レミリア「それではまず私が幻想郷支配計画の概略を発表するわ」


【レミリア「我々紅魔館が幻想郷を支配する!!」ドンッ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/09(土) 22:10:40 ID:LF2ZijtA
布団の中はとても温かく、人を堕落させる存在だ。マジギルティ。

なんとかその誘惑に抗おうとしてはみるが、結局あと5分あと5分を思い続けてはや1時間が経った。

映姫「布団の中までご飯もってきてくれる人、いないですかね」

着替えも食事も布団の中でしたい。というか何もしたくない。

そんなぬくぬくのいけない快楽を貪っていると、ぴんぽんとチャイムがなった。

映姫「………………」

狸寝入りをしよう。そう思っていたら、がちゃがちゃと鍵をあける音がなり、誰かがドアを開ける音がした。

映姫「誰ですか?」

小町「あたいです、あたい」

映姫「小町ですか。死刑」

小町「いきなりなんですか!?」

映姫「もう仕事の時間ですか?」

小町「何言ってるんですか、四季様閻魔クビになったじゃないですか」

映姫「………夢ですね。おやすみなさい小町」


東方外來韋編 Strange Creators of Outer World. 弐 (電撃ムックシリーズ)

KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2016-06-30)
売り上げランキング: 380
【映姫「しばらくニートでいいわ」小町「いやいやいや」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

――霧の湖の上空――




\ギュルルルルルルルルルルルルルルド―――――――――――――――ン!!!!/




びゅーん!! カシャカシャカシャ!!


文「皆さんこんばんは。毎度お馴染みの射命丸文と」

美樹「絶世の豊満美少女・細川美樹で~す!」

文「私たちは今、霧の湖の上空で繰り広げられている頂上決戦の模様を余すところなく独占生中継しています」

美樹「ぬ~べ~ファイトー!」


\カッ! ギュォォォン!!!/


文「現場ではこのように、激しい戦闘が繰り広げられていますが」

文「果たしてどういう決着がつくのか。我らが幻想郷に明日はあるのか」

文「解説の美樹さん、この戦闘の行方を占う上で何か注目すべき点はありますか?」

引用元: ぬ~べ~「幻想郷か……厄介なところに引きずり込まれてしまったものだ」その2 



【ぬ~べ~「幻想郷か……厄介なところに引きずり込まれてしまったものだ」その2 完結】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

ぬ~べ~「幻想郷か……厄介なところに引きずり込まれてしまったものだ」 前編 

ぬ~べ~「幻想郷か……厄介なところに引きずり込まれてしまったものだ」 中編

664: ◆8c/Sw4f94s 2014/09/02(火) 01:35:53.11 ID:xlVR2cqH0

――紅魔館(応接室)――


レミリア「なるほど、こいつ外界から召喚されてきたわけね」

ベベルブブ「ええ、まあ」

咲夜「悪魔の仮契約を交わしたものの本契約には躊躇して文通……」

小悪魔「もー、まどろっこしいですよね。男なら男らしくしないと」

ベベルブブ「だ、だって……今まで800年間の女性に契約を断られ続けて来て……それで……」

咲夜「あら。つまり貴方はド――」

ベベルブブ「う、うううっ……!」

美鈴「そう落ち込まないでいいじゃないですか。もう相手ができたのならそれで」


パチェ「それで、どうするのレミィ」

レミリア「ん、何を?」

パチェ「ベベのような無害な悪魔や、本が好きなだけの無害な浮遊霊がやってくるならまだしも」

レミリア「さっきのような得体の知れないのが現れたらどうするか……ってことね。いい案があるわ」

レミリア「この紅魔館を魔術工房と化してあらゆる侵入者を歓待してあげるのよ――まずは無数のホフゴブリンをその辺に配置して」

パチェ(……本当に大丈夫かしら)



                                         
【ぬ~べ~「幻想郷か……厄介なところに引きずり込まれてしまったものだ」 後編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

――人間の里――


ワーワー!! ギャーギャー!!


克也「やべーよ……何か周りのフンイキがやばいぜ」


克也「ごめん! 玉藻先生、ゆきめさん!!」

克也「やっぱオレ達……どうしても気になって……放課後、北区に行ったんだ」

克也「そしたら……森の中にスゲーヤバそうな井戸があってよ!」

克也「そこに近づいたら……オレ達……突然、中に吸い込まれちまったんだ!!」

克也「なあ、まこと――この田舎町は一体、どこなんだと思うか!?」


シ―――――――ン


克也「お、おい……まこと!! どこ行った!?」

【ぬ~べ~「幻想郷か……厄介なところに引きずり込まれてしまったものだ」 中編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/26(土) 19:38:18.06 ID:ER9JoE5x0

――童守小学校――


キーンコーン カーンコーン


美樹「だからさー、ホントなんだって」

美樹「北区に死の森ってあるでしょ?」

美樹「あそこの森の奥にね、古~~~い井戸があって……」

美樹「黄昏時にその井戸の中を覗いたものは……」


美樹「おぞましい怪物によって異界に引きずりこまれてしまーう! キャーこわ~い!」


郷子「あっそ、作り話にしてもありきたりで面白みがないわね」

美樹「ってホントなんだからー!」

広「で、その噂を確かめに見に行こーって話なのか?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1406371088

引用元: ぬ~べ~「幻想郷か……厄介なところに引きずり込まれてしまったものだ」 



【ぬ~べ~「幻想郷か……厄介なところに引きずり込まれてしまったものだ」 前編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/30(月) 18:40:19 kW/w1Tpg
チルノ「そんな奴いるの?」

大妖精「うん・・・最近妖精たちの間で噂になってるんだけど・・
    夜中になると、怖いうめき声を上げながら森の中をさまよっているんだって。」

チルノ「「ふぐ !」とか「げいばあああああああ!!」とか「いいめしてんね

大妖精「チルノちゃん、ソレは汚い森の妖精でしょ。」



【チルノ「黒い妖怪?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/20(月) 19:48:37 drMjFB6.
魔理沙「ああ、そうなんだよ。
    ここ最近人里で一週間に一度のペースで起こってる、
    村人の怪死事件なんだがな。」

アリス「そんなの、妖怪やら妖精やらが何かやらかしたんじゃないの?
    寧ろこの世界じゃ珍しくもないでしょ。」


【(東方) アリス「殺人事件?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/06(日) 21:43:16.47 ID:gRryxRCv0




天の声「長~~~い夢から覚めたら、そこには見知らぬ天井があった

……なんていうありがちな導入」






SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1404650596

引用元: 綾崎ハヤテ「へえ~、ここが幻想郷ですか」 



【綾崎ハヤテ「へえ~、ここが幻想郷ですか」】の続きを読む

このページのトップヘ