えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

東條希

    このエントリーをはてなブックマークに追加
9: 名無しで叶える物語(茸) 2022/01/20(木) 14:39:56.77 ID:gyiF+d7+
真姫「ふーん、早く告白すれば?」

希「うーん、でも……ってゔぇえ!?」

真姫「何よ、そんな驚いて」

希「だ、だって!あれ、今聞いて……」

真姫「あれ心の中で言ってるつもりだったの?声に出てたわ」

希「うぅ……恥ずかしい……///」

真姫「はぁ……>>10.

【希「あ、あのね実は真姫ちゃんのことが好きで……」>>3「ふーん、早く告白すれば?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 希 「スピリチュアルをこの身に呼ぶんよ」

4: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2022/01/02(日) 18:33:54.76 ID:Gv2Mw1vC
穂乃果 「お正月だねぇ~」

希 「そうやねぇ~」

凛 『にゃ~』

穂乃果 「凛ちゃんどこから喋ってるの?」

凛 『こたつの中』

穂乃果 「本当に猫みたいじゃん」

穂乃果 「それよりなんで二人穂乃果の家のコタツに入ってるの?」

希 「だってみんなで集合だったけど早く来ちゃって暇やし」

凛 「待ってる間寒すぎるよ」

穂乃果 「あ、コタツから出てきた」

【希 「スピリチュアルをこの身に呼ぶんよ」 2nd】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
4: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2021/03/27(土) 23:21:00.20 ID:nPnqlbfP
穂乃果 「スピリチュアルを呼ぶ?」

希 「そう。例えば昔の偉人さんの霊とか、あと神様とか、他には守護霊とか? そういうのを自分の身体に呼んで対話することができるんよ」

凛 「す、すごいにゃ……!! それって霊媒師とかができるやつだよね!?」

希 「うん。イメージとしてはそれで正解」

穂乃果 「で、でも霊を体に呼ぶなんて希ちゃんは大丈夫なの……? その間希ちゃんはどうなっちゃうの?」

【希 「スピリチュアルをこの身に呼ぶんよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/24(水) 20:55:47.88 ID:SBtZDdfko
「止めるんや、穂乃果ちゃん……。そんなことしたって、何にもならないって分かっとるん?」

「そ、そうだよ、そんなこと止めよ?ねっ?」

憔悴した顔の穂乃果ちゃんに、ウチとことりちゃんが呼びかける。

でも……。

「うるさいっ!穂乃果がこうなっちゃったのは希ちゃんのせいでしょ!そうだ希ちゃんが悪いんだ……、

希ちゃんが穂乃果にあんな酷いことをしたから……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1435146937

【希「嵐の中で」穂乃果「輝いて」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 名無しで叶える物語(もなむす) 2021/12/05(日) 20:30:38.29 ID:vAUQGOaI
穂乃果「絵里ちゃん…私たちの音ノ木坂は、元気になったよ」

絵里の銅像「ハラショー」
(・8・) 「ちゅん…」




絵里「私どこからつっこめばいいの?」

【希「なかなかべっぴんさんやん」穂乃果「そうだね」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/18(木) 11:10:45.56 ID:BH9AJW+Z0
穂乃果「絵里ちゃん、にこちゃん協力の下、見事希ちゃんの抱き枕の中に入ることに成功しました」


穂乃果「酸欠にならない程度だけど綿とか詰めてもらったから余程のことが無い限りばれないと思います」


ガチャ

タダイマー


穂乃果「おっと、どうやら希ちゃんが帰ってきたようです」


希「ふう…今日も疲れたー」


穂乃果「(希ちゃんが自室に入ってきました。ちなみに小さいですが空気穴兼覗き穴をつけてるので、外の様子も見えます)」


希「んー?この抱き枕、ちょっとおっきくなってる…?」


穂乃果「!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1434593435

【穂乃果「希ちゃんの抱き枕の中に入ってみた」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/15(月) 13:53:46.80 ID:i8k3NSyx0
?朝の通学路?

ザーッ

絵里(今日は朝から雨・・・なんだか気が滅入りそうね)

絵里(肌寒いし、早く学校行かなきゃ・・・あら?)

ニャーニャー

絵里(段ボールの中に・・・捨て猫、かしら? まだ仔猫ね)

ニャーニャー

絵里(・・・ごめんなさい。私、これから学校だし、貴方を拾ってあげることは・・・)

ニャーニャー

絵里(・・・・・・・・・・・・)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1434344016

【希「ぽんこつエリチ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/13(木) 22:23:14.87 ID:B7pGc72P0
穂乃果「いやぁ、今日も練習疲れたねぇ」

凛「凛もくたくたにゃ~。帰りにラーメン食べて帰るにゃ」

海未「私はだいぶ楽になりましたよ?絵里先輩と希先輩がμ'sに入ってくれたおかげで」

絵里「そんな…私は何も…」

海未「本当に助かっているんです。流石は三年生です」

にこ「にこも三年生なんですけど」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1492089794

引用元: 希「真姫ちゃんは可愛い性格しとるなぁ」 


 

【希「真姫ちゃんは可愛い性格しとるなぁ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆3BqyoUoOT6 2015/05/23(土) 17:26:37.94 ID:M++L+Bzi0
希「μ'sはうちをいれて9人や」

8人(????)

希「あれれ?」

ことり「こいつ何言ってるちゅん」(のぞみ先輩どういうことですか?)

凛「まったくわけがわからないにゃ」(ことり先輩それベタすぎないなにゃ)

花陽「凛ちゃん…私は何も言わないよ」

【希「μ'sはうちを入れてっていう定番のやつ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/19(火) 08:11:50.13 ID:lPpNA0kK0
希「ウチのタロットカードやん」

海未「え?あぁ、すみません、机の上に置いてあったものですから、つい手に取って見てしまいました」

希「部室に忘れてたんか、無かってちょっと探しててん、ありがとう!」

海未「いえ、私は見てただけですよ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1431990700

【希「海未ちゃん、それ……」海未「はい?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆LOcdYVQIyguM 2015/06/10(水) 00:19:09.49 ID:TumjJ4bv0

希さん、誕生日おめでとうございます!

・ラブライブ!×バトルスピリッツのSSです
・今回は誕生日祝いとしての特別編です
・時間帯は本編内の4話目と5話目の間ぐらいです

穂乃果「ゲートオープン、界放!」 

ことり「ゲートオープン!」 海未「界放!」 

真姫「ゲートオープン」 花陽「開放!」【ラブライブ!×バトスピ】 

こちらが本編で、今回のは特別編でございます


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1433863139

【希「誕生日でもゲートオープン、界放!」 【ラブライブ!×バトスピ】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆UFNnDwMYPk 2014/03/12(水) 22:07:19.04 ID:zkvzGilq0
チュンチュン

希「………ふぁぁ」

希「ふぅ。よう寝た」

希「今日は久しぶりに朝練もないし」

希「ゆっくり朝ごはん作って、ゆっくり学校行こうかな」ガラッ

海未「ふんふ~ん♪」トントントン

希「………」

希「あれ……おかしいな。海未ちゃんが見える」



※キャラ崩壊があるかと思います。
苦手な方やストレスを感じた方は、読むのをやめるようお願いします。
書き溜めを投稿していくスタイルです。
規約等で問題がある場合、指摘お願いします。
拙い文章ですが、最後まで読んでもらえると幸いです。

http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/

【希「海未ちゃんがおかしい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(みかん) 2021/10/22(金) 13:22:53.49 ID:hSwDdIzg
希「重なる気持ちと、分かれ道」

希絵里、真姫。海未凛、穂乃果メインのSSです
『八月のシンデレラナイン』のサブシナリオほぼそのままで。
漫画等の設定から穂乃果が元剣道部です


序盤スレ落ち防止まで手伝ってください



では

【【12月の】希「重なる気持ちと、分かれ道」【メモリー】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2021/10/12(火) 22:24:09.64 ID:WznTQxrE
希 「ウチ、巫女さんやってるやん?」

真姫 「そうね」

希 「ある日神社の奥で変なお札を見つけてな、ついつい触っちゃったんよ」

真姫 (もしかしてこれ怖い話……?)

希 「それが呪いの札だったらしくて」

真姫 「えっ!? 大丈夫なの!?」

希 「ウチ、呪いかかっちゃったんよ」

真姫 「ど、どんな呪いのなの!?」

【希 「真剣な相談なんだけども」 真姫 「どうしたの?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/26(木) 08:41:04.91 ID:K4kB8YgG0
花陽「ことりちゃん!やるよ!」 ことり「かよちゃん!了解だよ!」 のアナザーサイドとして書いてます

真姫「何?それがどうしたの?」

凛「って、真姫ちゃんひどいにゃっ、冷たいにゃっ!?」

真姫「いや、別にそういうわけじゃないけど... 希がからかってくるのは今に始まったことじゃないし」

凛「でも、凛だけなんだよ?」

真姫「もしかしたら、凛が猫っぽいからじゃない?」

凛「ふにゃっ!?」

真姫「ふふっ、冗談よ」

凛「猫っぽいのは100歩譲っていいとして...」

真姫(譲る必要あるのかしら...?)

凛「毎日のようにワシワシしてくるのはこわいにゃ......」

真姫「わ、ワシワシ... な、なるほど... 妙に納得したわ...」

真姫(穂乃果たちがμ's結成時に一回やられたから、共感はできるわ...)

凛「別に希ちゃんが嫌いなわけじゃないけど、何でだと思う?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1427326864

【凛「最近希ちゃんがベタベタしてきてこわいにゃ...」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 00:08:15.32 ID:Ng72qq6zO
絵里「ほのか!いきなり何を言うの?」

海未「そうですよ!希をやめさせるなんて…」

花陽「仲間外れはよくないよ?」

穂乃果「まあまあ、落ち着いてよみんな。穂乃果にはちゃんと考えがあるの」





にこ「なるほどね」

真姫「ま、いいんじゃない?」

凛「面白そうにゃ!」

ことり「さすがハノケチェン!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1426604895

【【ラブライブ!】穂乃果「希ちゃんにはμ'sをやめて貰おう!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/08(日) 14:33:04.67 ID:JedzDC400
 『この世には誰にも詳細を気にされない、小さな異変が溢れてる』


 『小さな物音、いつの間にか移動している持ち物、視界の端に見える陰、鏡に一瞬間だけ映った自分の微笑み』


 『そういう現象の当事者は、些細な異変を知覚したとしても、最もらしい理由を探すものやんな?』


 『「あれは勘違い」、「あれは虫の報せ」、「あれは亡き祖母が励ましてくれた」』


 『誰もが深く気にしない異変。それは本当に「気にしない」のやろか?』


 『「気にしない」のではない、無意識が「気にしてはいけない」と認識してしまう結果やないかな?』


 『でも中には、つい「気になってしまう」人が居る。そういう人は気ぃ付けてや』


 『好奇心は猫を殺す、て言うやん?うっかり気になって、異変に深入りしてしまったら……』


 『深淵がぽっかり口を開けて呑み込んでしまうかもしれへんよ?』




















 ――やっぱりラーメンは最高にゃん♪


 ――好き嫌いが激しすぎます!


 ――魚嫌いと猫アレルギーです。


 ――その言い方だと凛が発情期の男の子だったみたいだよ!


 ――一体、アレは何?


 ――とにかく今は逃げて!


 ――ふざけないでよ……っ!!


 ――ごめんな。


 ――ごめんね…。







希「『お日様からの逃避劇 Case:凛』、Music START!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1425792784

【希「お日様からの逃避劇 Case:凛」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/18(水) 00:57:02.71 ID:7J636M/D0
※遊戯王5D's146~147話ネタです。

前回のラブライブ!

穂乃果「WRGPで、凛ちゃん、花陽ちゃん、真姫ちゃんたちチームニューワールドと勝負した穂乃果たち!」

穂乃果「穂乃果とチームニューワールドのリーダー・真姫ちゃんとのデュエルで、」

穂乃果「なんと凛ちゃんと花陽ちゃんと真姫ちゃんが合体して希ちゃんになっちゃった!」

穂乃果「希ちゃんを倒した直後、お空にアーククレイドルが!」

穂乃果「チームA-RISEの力を借りて、アーククレイドルに乗り込む穂乃果たち!」

穂乃果「そこで、海未ちゃんとことりちゃんは希ちゃんと戦った!」

穂乃果「そして穂乃果を待っていたのは…穂乃果たちの仲間だったにこちゃんだったの……」

にこ『全てを……全てを思い出したわ……』

にこ『穂乃果……あなたが戦う相手はこの私よ!!』

穂乃果「にこちゃんと命を賭けたデュエルをして、なんとか勝った穂乃果……」

にこ『お願い……!絵里を救ってあげて……!』

にこ『穂乃果……あんたたちと過ごした日々は最高に楽しかったわ……!』

穂乃果「にこちゃんの思いを胸に……絵里ちゃんのもとに行かなきゃ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1424188622

【希「希望を思い出してほしいんや」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆YhefPZis9A 2015/02/05(木) 00:08:35.97 ID:cTuptCxtO
希「もおー、にこっち何度言ったらわかるん?ここはこの公式を使うっていっとるやろ?」

にこ「ええー?そんなこといったっけー?にこわかんなーい」

希「ふぅーん?そんなこという子はワシワシMAにこ「すみませんでした真面目にやります」

希「もう、勉強教えてくれって言ったのはにこっちなんやからね!こんなになるまでほっといて...」

にこ「うぅ...返す言葉もありません...」

希「うちも復習になるからいいんやけどね」

にこ「でっしょー?にこもそれを狙ってたのよ!」

希「調子に乗らない!」

にこ「はーい」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1423062515

【希「笑顔の魔法、にっこにっこにー!!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆/BueNLs5lw 2014/12/24(水) 22:08:44.55 ID:ucTpAZWH0
 

絵里の部屋

絵里「……ひっく」

希「……んむぅ」

絵里「ちょっと……希、なんで5人もいるのよッ……っく」

希「えりち……のばかッ!」

パアン!

絵里「ふああ?!」

ドサッ

希「うちというものがありながら、5股?! ひどいやん!」

絵里「ちがうもん! してないもん! エリチカにそんな甲斐性ないもん!」

希「……それもそやな……ひっく」

絵里「……もう、誰よお酒……仕込んだの。頭痛い……」

希「さあ……でも、もう切れたで」

絵里「……>>4の所に行ったらあるかもね」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1419426514 




【【安価】絵里「色々な百合カップルの聖夜を邪魔しに行く」希「それを見守る」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/11(日) 22:19:14.02 ID:9HTjl/QI0
私は、幼い頃から転校を繰り返していた。

何回したのか、数えられないぐらい。

最初のうちは、転校しても、頑張って友達を作って、仲良くなって…

転校生らしい?学校生活を送っていた。

でも、仲良くなって来た途端、転校…。満足に思い出を作ることなんてできなかった。

そんなことを繰り返すうちに、いつしか私は友達を作らず、いつも1人で行動するようになった。もう、友達との別れで、その輪から自分だけが離れていって、傷つくのは嫌だった。だったら、いっそのこと友達なんていらない…そう思い始めたのだ。

学校では、本が友達で

休み時間も1人

登下校も1人

両親の帰りが遅いから、家でも1人…。

もちろん、寂しかった。

けれど、じきに慣れてしまって、1人でいるのが当たり前で落ち着くようになってしまったのだ。

それでもやはり、寂しかった。

だから私は、高校に通うのに1人暮らしさせて欲しい、と親に願った。

寂しいから、というのももちろん理由の一つだが、ちゃんとした友達を作ってみんなとお昼を食べたり、放課後遊んだり、一緒に帰ったり…ただ、そんなことがしたかったのだ。




【希「奇跡」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(しうまい) 2021/07/10(土) 17:32:15.18 ID:CR29bXfR
海未「綺麗な星空ですね」

希「そうやね。凛ちゃんもこれて良かったやろ?」

凛「うん。希ちゃんが色んな星の名前教えてくれるし。一時はどうなるかと思ったけど」

海未「…面目ありません」

希「ふふっ。それにしても海未ちゃんがこんなに登山が好きだったなんてな~」

凛「ね~今日まで知らなかったね。合宿って皆んなの意外な一面を知れるね」

希「真姫ちゃんのサンタさんとかね」

凛「そうそう」



【希「流れ星」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/16(日) 21:21:03.97 ID:vB2bYPw20
希「なんやて!?」

(・8・)怖いチュン

花陽「そういえば凛ちゃん、最近食べ過ぎたって言ってたような・・・」

凛「あ?やる気か?上等だぜ」

絵里「今宵の音ノ木坂は血に染まる・・・」


 

ラブライブ!The School Idol Movie 劇場版オフィシャルBOOK

KADOKAWA (2017-01-30)
売り上げランキング: 43
【穂乃果「この中に一人デブがいる!!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/28(日) 21:19:07.97 ID:yex8VGwDO
希「中身は何やろな~楽しみやわ~」

プレゼントの中身

>>2

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1419769147



【希「クリスマスプレゼントや!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(しうまい) 2021/07/04(日) 22:23:27.88 ID:XBgsgMJP
私と希には二人だけの秘密がある。  それは毎週金曜日の部活終わりの視聴覚室での事。  

真姫「そう言えば気になってたんだけど」

希「うん?」

真姫「どうしてここの鍵なんて持ってるの?」

 希「あぁ、生徒会やってる時にスペアの鍵を拾ってね。役得やね」

 真姫「それ…いいの?元副会長がそんな事して?」  

希「人間は良い事も悪い事も経験して大人になって行くんだよ。そんな事より映画始まるよ」

真姫「あっ、そう」 

今日も二人だけの映画館が上映する。

【真姫「希先輩と私の秘密」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2021/06/09(水) 19:16:40.28 ID:l3RRpwtO
ぼっーと小さな明かりを見ていると、マッチ売りの少女を思い出す。
そう、その少女はマッチの明かりの中に、自分の幸せな夢を浮かべるのだ。



【希 「マッチ売りのスクールアイドル」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : はまぐり :2017/12/06(水) 22:28:02 .rShkrE2

 希「大型二輪免許取ったで!」

 にこ「なんかデジャヴなんだけど」</font>





【のぞにこ≪タンデムツーリング≫】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/03(月) 21:23:02.05 ID:gCb5xQfR0
穂乃果「きっかけはほんのささいなことだと思うんだ」

穂乃果「希ちゃんって、私たちがスクールアイドルを始めた頃からずっと見守ってくれてたんだよね」

穂乃果「いろいろと手伝ってくれたこともあった」

穂乃果「今でこそ同じμ'sのメンバーとして活動してるけど、希ちゃんには助けられっぱなしだよ」

穂乃果「最初の頃は」

『なんて親切で優しい先輩なんだろう』

穂乃果「って思って憧れてた」

穂乃果「私もあんな先輩になれたらいいな~って」

穂乃果「μ'sにも希ちゃんみたいな、なんだかお母さんみたいなメンバーがいたらいいなとも思ってたよ」

穂乃果「え?じゃあなんで誘わなかったのかって?」

穂乃果「それはね…」

穂乃果「もし断られちゃったら…って思ったら、怖くて声をかけられなかったの」

穂乃果「ほら、それまでも一緒にいられる時間はあったし!」

穂乃果「だから…」


 

【穂乃果「スピリチュアルだね!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
5: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2021/05/14(金) 22:58:55.45 ID:/2GCLr0+
希 「凛二等兵!」

凛 「にゃ! なんでしょう希隊長!!」

希 「真姫ちゃんっていつもクール気取るやん?」

凛 「その通りにゃ! クールじゃないくせにいつもクール気取ってるにゃ!! 前だってノート見せてって言っただけなのに説教が始まるなんて……」 ブツブツ

海未 「それは完全に私怨ですよ、凛」

希 「実際は純粋だしチョロいし周りに甘々なのに、クール気取ってる真姫ちゃんに今からウチはちょっかいをかけたいと思ってます」

海未 「ちょっかい……? 希!! 真姫だって毎日忙しいのですよ!? そんなくだらない理由で」





【希 「真姫ちゃんにちょっかいをかけるの巻」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/01(土) 15:14:35.05 ID:8Y+w6kWP0
希「……」ポポンッ

希「うちのことどう思ってる?」ホ↑゚ポンッ

siri「私には意味がわかりません。よろしければ、webで検索しましょうか?」

希「……」ポポンッ

希「ううん、そんな事せんでもいいんよ?」ポ↑ポンッ

siri「わかりました」

希「……」ポポンッ

希「暇やねー」ポ↑ポンッ

siri「申し訳ありませんが、連作先に【島種】さんとおっしゃる方は見当たりません」

希「そういうことやないんよ?うふふ…♪」










絵里「……何あれ?」


 
【希「好きやでー?」siri「すみません、理解できません」】の続きを読む

このページのトップヘ