えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

比企谷八幡

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆IjBBNMP0RUK. 2015/10/11(日) 01:16:39.69 ID:DFyRXbs9O
・謎かけ

八幡「なあ小町」

小町「んー?」

八幡「謎かけやっていい?」

小町「んー」

八幡「材木座とかけまして」

小町「ほうほう」

八幡「悪びれずに違法ダウンロードする奴と解きます」

小町「その心は?」

八幡「われ厨キモッ」

小町「おー。けっこう上手いんじゃなない?」

八幡「ふふん」

小町「それだけ?」

八幡「それだけ」

【八幡「ショートショート」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆9pp7qon/u2 2021/05/30(日) 18:44:06.31 ID:Nd+FtBaDO
【第一話】


雪乃「お腹が減って来たわ」

小町「それでは結衣さんのサブレでも食べますか」

結衣「小町ちゃん!?」

【八幡「はまち劇場」【俺ガイル】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆UYOMNZkX3A 2014/04/04(金) 01:33:54.34 ID:awqQi41/0
八幡「おいおい、いくら何でもそれは嘘だろう」

結衣「だって、優美子が二俣新町の猫カフェからゆきのんが出てくるところを目撃したって言ってたんだもん!」

八幡「そもそも、あんな辺鄙なところに猫カフェあったのかよ……」

八幡「あんな都会の外れにポツンと取り残されたような駅、二俣新町くらいだぞ」

結衣「いまは二俣新町ディスってる場合じゃないって!」

八幡「猫カフェに客として向かったんじゃないのか?あいつにバイトをする必要性なんてないだろ?」

結衣「それなら、どうしてここ数週間、部活に顔を出さないの?

八幡「……それもそうだな

八幡「しかし、あの雪ノ下がカフェで働くとはね……。あいつに接客なんか出来るのかよ」

結衣「だ・か・ら、調査しようよ!」

八幡「調査ぁ?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1396542834

引用元: 八幡「雪ノ下が猫カフェで働いてるだって?」

 

【八幡「雪ノ下が猫カフェで働いてるだって?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 19:30:54.02 ID:AcqThrCH0
八幡

葉山「・・・」

放課後

戸部「隼人部活行こうぜ!」

葉山「悪い。先に行っててくれ。すぐ行くから」

戸部「それじゃあ皆で軽くアップしてるからな」ダッダッ

八幡「(さて俺も・・・)」

葉山「ヒキタニ君。話があるんだけど少しいいかな?」

引用元: 葉山「ヒキガヤ俺と友達に」八幡「やめろ」

 

  【葉山「ヒキガヤ俺と友達に」八幡「やめろ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/28(火) 19:14:31.77 ID:kRoN61/V0
八幡「な、なんでそうなるんだよ」 

三浦「は?何その態度。あーしが直々に教育してやるって言ってんの」 

八幡「意味わかんねえし。教育とかカーチャンにすらされた覚えがねぇよ」 

三浦「最近アンタ結依や隼人と仲いいみたいだし、あーしと絡む可能性もあるのに目の腐ったヒキオのままじゃあーしが困るわけ」 

八幡「そ、それがどうして付き合うとかいう話になるんだよ」 

三浦「きも。だから教育するって言っててるっしょ。まずはそのキョドるのを直すから。」



引用元: 三浦「じゃあさ、あーしと付き合う?」 八幡「は?」

 

  【三浦「じゃあさ、あーしと付き合う?」 八幡「は?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/13(土) 22:59:06.19 ID:gvb+zFUj0
小町「ですです♪ちなみに8万ポイントでカンストですよ」

結衣「な、なにそれ!ヒッキーが自分で言ってるの?」ドンビキ

八幡「俺がそんなこと言うわけないだろ…」

小町「いやー、うちの母が発案者でしてね、将来の夢はお婿さん♪なんて言っておきながら彼女の一人も作らないんで、長男大安売り月間を始めたちゃったんですよ~」

雪乃「学校だけでなく家庭からも見捨てられようとしているのね、比企谷くん」ハァ

小町「大丈夫だよ!だれも貰ってくれなかった時は小町がお兄ちゃんを貰ってあげるから。あ、今の小町的にポイント高いっていうか」

八幡「はいはい、高い高い」

小町「大体今ので100ポイントですね~」

引用元: 雪乃「八幡ポイントを上限まで貯めると」結衣「ヒッキーと結婚!?」

 

【雪乃「八幡ポイントを上限まで貯めると」結衣「ヒッキーと結婚!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 SS速報VIP
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/27(木) 21:53:29.96 ID:AOCAKmpU0
八幡「俺は友達がいない」

八幡「そんなことは既に周知の事実だ。いや、俺を認識できるやつすら少ないのだから周知は語弊がある」

八幡「とりあえず俺には友達がいない――――いわば孤独だ」

八幡「ちなみに俺は孤独は気に入っている。よく『友達は大事に』とかいう結局自身のための戯言があるが、友達がいないのなら気を使う必要や触れ合う労力を削減できる」

八幡「どこぞの省エネ系主人公はフラグの立った美少女と一緒に過ごしていなければ好感が持てる」

八幡「しかし昨今のラノベ主人公たちは息をするようにフラグを立てて、しかも耳に疾患を持つ奴らばかり。だからここで一旦教えてやろう――――現実を」

八幡「ライトノベルの主人公だとしてもそれがモテモテと等号を結べるわけではないのだということを」

八幡「――――この俺の孤独な日々と共に」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1372337609

引用元: 八幡「ぼっちあるある?」

 

  【八幡「ぼっちあるある?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/17(木) 22:01:39.44 ID:lRGIpGBr0
月「(昨日の音原田一人じゃこのデスノートが本物かどうかわからない)」

月「(偶然ってこともある。だれか、もう一人くらい・・・)」

月「(なるべく身近ではない、死んだほうがいい人間・・・)」

月「(いや、世の中そんな人間ばかりじゃないか)」

月「(とにかくこのノートが本物かどうか試さなくては・・・)」

【月「ヒキタニ ハチマン?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/17(木) 22:33:47.18 ID:rtMjqqf20

奉仕部

八幡「…一色に甘えたい…」

雪ノ下・由比ヶ浜( ゚д゚)ポカーンナニイッテンダ

由比ヶ浜「…ヒッキー、それはどいう事…??」ゴゴゴゴゴ

ガラガラガラガラガラガラガラガラ

一色「せーんぱい♪可愛い可愛い後輩がわざわざ先輩の為に来てあげましたよ♪」

八幡(あざと可愛い」

一色(へ??いつもとリアクションが違う…)

雪ノ下「…一色さんその甘えたがりアマエタリヶ谷くんから速やかに離れたほうがいいと思うわ。」

一色「どういうことですか???」

【八幡「一色に甘えたい!!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/08(火) 01:43:09.73 ID:N9wdsuxD0
奉仕部

八幡「…一色に甘えたい…」

雪ノ下・由比ヶ浜( ゚д゚)ポカーンナニイッテンダ

由比ヶ浜「…ヒッキー、それはどいう事…??」ゴゴゴゴゴ

ガラガラガラガラガラガラガラガラ

一色「せーんぱい♪可愛い可愛い後輩がわざわざ先輩の為に来てあげましたよ♪」

八幡(あざと可愛い」

一色(へ??いつもとリアクションが違う…)

雪ノ下「…一色さんその甘えたがりアマエタリヶ谷くんから速やかに離れたほうがいいと思うわ。」

一色「どういうことですか???」

【八幡「一色に甘えたい!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/03(木) 18:33:42.85 ID:r250NZR40
とある酒場


結衣「ヒッキー」

八幡「なんだ?」

結衣「ほら、乾杯乾杯っ」

八幡「へいへい、乾杯」


結衣「かんぱ~~いっ!」チン


結衣「あ~あ、こうやって過ごすのももうすぐで終わりなんだね」

八幡「俺たちも大学4年だしな」

結衣「名残り惜しいよ~」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1441272822

【八幡「時が経つのは早いもんだな」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 15:10:50.28 ID:V6qXxeG30
八幡「ただいま」

陽乃「八幡、おかえり 私にする私にするそれとも私?」

八幡「先に風呂入ってからご飯食べます」

陽乃「も~相変わらずつれないんだから~新婚なんだからもっとイチャイチャしよ?」

八幡「そう言われましてもね…俺にそういうこと求めても意味ないの知ってるでしょう」

陽乃「あれれ~そんなこと言っていいのかなぁ?今日は八幡の大好きな物を作ったのに」

八幡「今日は俺が作るって言ったじゃないですか…仕事立て込んでるんでしょ?」

陽乃「仕事よりも八幡の方が大事だもん♪」ギュッ

八幡「そ、そうですか…」

陽乃「それに父さんから頼まれた仕事なんて大した量じゃないから」

八幡「ご飯食べ終わったら俺も手伝いますよ」

陽乃「八幡は高校生相手して疲れてるのにそんな事頼めないよ」

八幡「気にしないでください そ、その俺だって奥さんが大切ですから…」

陽乃「もう!八幡大好き!今日はいっぱいサービスしてあげるね?」

八幡「じゃあ俺風呂入ってきます」

陽乃「一緒に入ろう?」

八幡「い、いや一人でいいです」

陽乃「じゃあ私はご飯温めておくね」

八幡「お願いします」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1441001450

【八幡「陽乃さんと結婚して一ヶ月が経った」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/01(火) 12:43:24.14 ID:t5zQwCwRO
結衣「ん?嫌なの?」

八幡「……別に、嫌じゃねぇけどよ」

結衣「けど……なに?」

八幡「あ、いや……。ずっとそうだと、そのうち困るんじゃねぇかな」

結衣「困る?なんで?」

八幡「…………区別できなくなんだろ」

結衣「んー?ヒッキーはヒッキーだけだけど……。ごめん、よくわかんない」

八幡「……じゃあもういいよ。好きにしろ」

結衣「えー!?なんで怒ってんの?」

八幡「怒ってねぇよ」

【結衣「おかえり、ヒッキー」八幡「……いつまでヒッキーって呼ぶんだ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/26(水) 01:55:03.96 ID:e/WVRNNaO

小学校・教室

八幡(ようやく始まったクラス替え……人間最初の掴みが肝心だ。ここは慎重に……)

先生「はーい、次は比企谷くん自己紹介お願い」

八幡「ヒ、ヒキギャヤヒャチマンです!」ガッチガチ

シーン

先生「あ、あのー……比企谷くん?出来れば教卓での方が良かったかな~……」

八幡(し、しまった……小学校生活最後の自己紹介すらも失敗した……終わりだ……)ガクッ

先生「えーと次は……」

ガラッ

葉山「先生、遅れてしまってごめんなさい!」

引用元: 葉山「もし俺とヒキタニ君が同じ小学校だったら全てが……」

 

  【葉山「もし俺とヒキタニ君が同じ小学校だったら全てが……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆VMdQS8tgwI 2015/08/10(月) 20:53:33.03 ID:gfMLMwMs0
~奉仕部室~

八幡「うーす」ガチャ

八幡「ってまだ誰も来てねぇのか、珍しいな」

八幡「本読んで待って…そういや持ってきてるやつはさっき読み終えちまったんだった…」

八幡「…」

八幡「アレ観て待ってよう」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1439207612

【八幡「やべぇμ'sかわいい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/10(月) 14:44:02.29 ID:kjgOV3th0
結衣「ゆ、由比ヶ浜結衣です!」

八幡「大変元気がよろしいですね」

結衣「あ、ありがとうございます!」

八幡「では、私比企谷八幡との関係を説明してください」

結衣「ちょ、関係って//」

八幡「なにか言えないことでもあるんですか?」

結衣「な、無いけど…うぅ~」

八幡「ここでアピールをしないと後が大変ですよ?」

小町「…」メモメモ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1439185442

【八幡「それでは面接を始めます」小町「…お名前をどうぞ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/06(木) 22:00:12.76 ID:HojscNpY0


八幡「は?浮気?してねぇよ…」
 

上の作品の続きみたいなもんです

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1438866012

【八幡「とりあえず飲むことになった」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2 : ◆HVzqEIcQBs:2014/02/23(日) 22:33:15 ID:kbGncK6.


カーズ「何を考えているのだ……ジョジョ……」

八幡「そのまんまだ。命が惜しいってことだよ」

シーザー「ジョジョ……てめェッ!」

リサリサ「どういうつもりですッ!」

カーズ「どちらにせよ貴様は波紋戦士である以上、生かしておくわけにはいかぬ」

八幡「……この石仮面をかぶる」

シーザー・リサリサ「「!!!」」 



引用元:http://jbbs.shitaraba.net/internet/14562/storage/1393162350.html




  【八幡「カーズ、俺は見逃してくれないか」カーズ「なァにィィイイ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/15(水) 10:06:52.11 ID:2WqnGAXs0
高校、大学を卒業してから俺は雪ノ下雪乃と結婚した。

雪乃は俺の希望通り、専業主夫と言う立場を受け入れてくれた

夫婦生活も円満だと思われた

しかし何時からだろう、こんなにも夫婦との間に距離を感じてしまったのは

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1436922402

【八幡「晩御飯できてるぞ」雪乃「ごめんなさい、会社の人と食べてきたから」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 林檎味♪ 2015/07/16(木) 01:25:50.58 ID:X7cpcyF7O
八幡「なんか、チケット貰ったから、今度の休みに戸塚と温泉旅行にいくんだよ、」

ゆきのん「えっと、、なんで一緒にいく相手が戸塚さんなのかしら?」

ゆいゆい「そうだよ!私だっていきたいよ!」

八幡「いやいや、寝る部屋とか一緒だから、精神的に無理だから、」

ゆきのん「それは、戸塚さんでも同じじゃないのかしら?あの子可愛いでしょ?」

八幡「いや、あいつ男だから、ギリギリ、理性たもてるから、」

ゆいゆい「ギリギリなんだ、、、ヒッキーまじキモい!」

ゆきのん「まぁ、、いくら●●ガヤ君でも男に手はださないでしょうね、まずヘタレだもの」ニコッ

【八幡「戸塚と温泉旅行に行く」ゆきゆい「え、、、?」(戸塚SS)】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 林檎味 2015/07/14(火) 20:56:58.84 ID:VQaEU+dQO


いろは「きこえませんでしたかー?今度の休みに海に行こうって言ってるんですよー♪」

八幡(なんで俺が誘われているんだ……何か裏があると思い頭をフル回転した結果二つの答えがでてきた。一つ目は……)

八幡「……罰ゲームか?」

いろは「なんでそうなるんですかー思考がネガティブ過ぎてひきます」
八幡(違うのか…なら二つ目で決まりだな!……というかいろはすひかないで!悲しくなるから(泣)


八幡「なら葉山と行くときの練習ってことか」

【いろは「せんぱーい!海にいきましょー♪」八幡「…は?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/13(月) 15:31:45.71 ID:oLHkSOOW0
八幡と雪乃が結婚した設定での日常的な短編集です。

その1

雪乃「おかえりなさい八幡」

八幡「ただいま雪乃」

雪乃「今日は貴方の希望通りビーフシチューを作ってみたのだけれど」

八幡「雪乃は何を作っても上手いからなぁ」

雪乃「・・・・」イラッ

八幡「じゃあ飯にしてくれるか?」

雪乃「勝手に食べればいいと思うのだけれど」プイッ

八幡「は?お前は食べないのか?」

雪乃「どうぞ私にお構いなく食べてください」

八幡「何言ってんだよ冷めちまうぞ?」

雪乃「冷めてるのは貴方の反応だと思うのだけれど」ボソッ

八幡「何か言ったか?」

雪乃「別に言ってないのだけれど」プイッ

八幡(何か怒ってるな 俺何かしたか?)

八幡「なぁ雪乃、俺が何かしたなら謝るだから機嫌直してくれよ?な?」ダキッ

雪乃(本当に貴方は卑怯ね・・・)

雪乃「抱きつく前に何で私が怒ってるのか考えて見なさい」

八幡「割りとガチで分からないんだが」

雪乃「何よさっきの反応は?貴方の希望通りビーフシチューを作ったのに喜びの一言もないのかしら?」

八幡(こいつそんな事で怒ってたのか、可愛い…)



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1436769095

【八幡「雪乃との夫婦日記」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 01:10:17.37 ID:wc6O8OXL0
部室



由比ヶ浜「やっはろー!」ガラガラ


雪ノ下「こんにちは」


一色「結衣先輩やっはろーです!」


由比ヶ浜「ゆきのんもいろはちゃんもやっはろー!」


一色「あ、先輩もどうもでーす」キャピッ


八幡「おう」ガタッ


一色「むぅ~。反応うっす~い」


八幡(もうその手のやつには慣れたっつーの。てかなんでこの娘、部員の俺たちよりも先に部室にいるの。こわい、いろはす速くてこわい)


雪ノ下「今、紅茶を入れるわね。それにお茶請けも」ガタッ


由比ヶ浜「ゆきのんありがとー」


八幡「……ども」


八幡(まあ、それに関してはもはや慣れつつあるし、今は理由を聞く気にもなれないので置いとくとして、だ)


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1436544607

【八幡「一色×雪ノ下=いろゆき?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
八幡「ん……っと…………」

八幡(目が覚めて身体を起こし、大きく伸びをする)

八幡(二度寝をしても構わない時間ではあるが、俺はそのままベッドから降り、階下に向かう)

カマクラ「ニャー」

八幡「よ」ナデナデ

八幡(居間にはまだ誰もいない、と思ったら珍しくカマクラが起きていて挨拶してきた)

八幡(返事をして撫でてやるとそれで満足したか、ソファーに寝そべりだす)

八幡(うむ、実に羨ましい生活だ。どうにかして替わってもらえないだろうか)

八幡(あー駄目だ、川崎のやつ猫アレルギーだもんな。却下却下)

八幡(朝飯……の前にシャワー浴びとくか。寝汗掻いたし)

八幡(脱衣所で寝間着を洗濯機に放り込み、シャワーで汗を流す)シャワー

八幡(トランクス一丁で居間に戻ると珍しく母親が起きていた)

比企谷母「土曜なのに随分早いじゃない、どしたの?」

八幡「ちょっとな。そっちこそ早くね?」

比企谷母「午前中に町内会の集まりがあってね。めんどくさいけど近所付き合いあるから」

八幡「お疲れさまです」

八幡(普段朝早くから夜遅くまで働いているのにそういうとこもきっちりしてる両親を俺は尊敬している)

【八幡「なんだ、かわ……川越?」沙希「川崎なんだけど、ぶつよ?」2】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/07(火) 23:59:24.42 ID:anj9RLgAO
陽乃「はちま~ん♪」ダキッ

八幡「陽乃これから仕事に行くから離してくれるか?」ナデナデ

陽乃「え~八幡分補給中なのに~」スリスリ

八幡「きのうも充分補給しただろ、直接」

陽乃「ゆうべもお楽しみでしたね///」

八幡「ちょ、自分で言って照れるなよ…こっちまで恥ずかしくなるだろ」

陽乃「だって~」

八幡「ほんとおまえってかわいいなー出会ったころの印象とは大違いだ」ナデナデ

陽乃「八幡と陽子にだけだよ私がこんな一面を出すのは」スリスリ

八幡「そうだな…」
陽乃「うん!これで補給完了♪1日持ちそうだよ!」

八幡「おう、じゃあ行ってくる」

陽乃「うん!独神には気をつけてね♪」


【?「はじめましてお父様!娘の陽子です」八幡「…新手のサギか?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/07(日) 12:05:16.54 ID:rQtYb2XJ0
比企谷「おい、まじかよ…」

雪ノ下「…あら?」

比企谷「…うっす」

雪ノ下「こんなとこで会うなんて…奇遇ね」

比企谷「ああ、そうだな…その…俺は何も見てないことにするから気にすんな」

雪ノ下「何がかしら?」

比企谷「いや、なぁ…」

雪ノ下「ここから出て来たことに関して?」

比企谷「まぁそうだな…その、大変だなお前も」

雪ノ下「…なぜ他人事みたいに言ってるのかしら?」

比企谷「ん?」

雪ノ下「あなたももう父親になるんだから…その…しっかりして」

比企谷「…は?」

引用元: 比企谷「雪ノ下が産婦人科から出て来た」

 

  【比企谷「雪ノ下が産婦人科から出て来た」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

 SS速報VIP
1: 安全日地帯 2013/07/03(水) 01:43:12.85 ID:0mWzPiBIO
八幡「・・・どうした突然?いや突然なのはまぁいいとして、普段学校外で遊んだこともほとんどないクラスメイトに対し、泊まりに行ってもいいかという質問をするという行為に疑問を覚えるが」


戸塚「実は昨日寝る前に怖い話の番組見ちゃって、あまり寝れなかったんだよ・・・」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1372783392

引用元: 戸塚「八幡・・・今日泊まりに行ってもいい?」

 

  【戸塚「八幡・・・今日泊まりに行ってもいい?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/04(土) 20:07:47.30 ID:QDT4Lo980
奉仕部でブラクラ

久々に読み直したら思いついた
書き溜め全くなしなので思いつきでww

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1436008057

【八幡「ロアナプラで海賊?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

八幡「なんだ、かわ……川越?」沙希「川崎なんだけど、ぶつよ?」 前編

490: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/13(土) 07:46:51.59 ID:d+mqgVYAO
 ~ 週末 ~

八幡「すげえ雨になったな」

八幡(窓の外を見て俺は思わず呟いた)

八幡(大粒が窓を叩き、少し耳障りだ。仕事行ってるうちの両親は大丈夫だろうか?)

八幡(そんなふうに思った途端、家の電話が鳴る。ナンバーディスプレイを見ると親父からだ)

八幡(出ると両親とも今日は帰れそうにないとの連絡だった。この豪雨で交通機関が色々麻痺してるらしい)

八幡(小町は朝から友達の家に行っていてそのまま泊まってくるらしい。勉強会という名目だったが、カマクラを連れて行くのはどうなんだ?)

八幡(まあ最近受験勉強頑張っていたし、たまには息抜きもいいか。カマクラを相手の子の家に連れ込むのも初めてじゃないようだしな)

八幡(今夜一晩は完全に俺一人か。とりあえずやることもないしちょっと寝ますかね)

【八幡「なんだ、かわ……川越?」沙希「川崎なんだけど、ぶつよ?」 後編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/24(日) 13:31:47.41 ID:k0t0BdhAO
八幡「やめてください死んでしまいます」

沙希「あんたが名前間違えるからでしょ」

八幡「それより何か用じゃないのか?」

沙希「そうだった、あんたにまた依頼があるんだけど」

八幡「依頼なら雪ノ下に頼めよ」

沙希「あんたにしか頼めない、個人的な頼みなの」

八幡「めんどくせえ」

沙希「答えは『はい』か『YES』なんなら『承知しました』でもいいよ」

八幡「断る権利ねえじゃねえか」

沙希「んじゃ付いて来て」

八幡「なんなんだ一体」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1432441907

【八幡「なんだ、かわ……川越?」沙希「川崎なんだけど、ぶつよ?」 前編】の続きを読む

このページのトップヘ