えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

水瀬伊織

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 23:53:21.11 ID:16iy7khHO
あれは14歳の夏休み
中学2年生だった私は、初めて765プロの事務所を訪れた

「実は、君のお父さんとは古い付き合いでね」

社長のそんな言葉に、心の中では苦笑いしてたっけ

「ああ、ここでも水瀬の名前が付いて回るのか」

ってね

それがアイドルとしての最初の日
いまでもハッキリと思い出せるわ
1人で冗談を言って1人で笑ってた社長の声や、社長室に冷たいお茶を運んでくれた小鳥の笑顔
それから……
頼りなさげな顔で社長の隣に座ってた、アイツのことも

引用元: 伊織「メロディーズ・オブ・ライフ」 



  【伊織「メロディーズ・オブ・ライフ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/03(月) 19:53:29.67 ID:T7pdNTSp0
亜美「あっづぅ~……」

真美「ねぇ~……」

伊織「ホントにね……」

亜美「7月でこんなに暑いならきっと12月は地獄だねぇ~……」

真美「うわぁ、それってサイアクっしょぉー……」

伊織「……暑さで双子がやられた…病院行かないと」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1499079209

引用元: 伊織「冷蔵庫に」亜美「なにも」真美「ない」 


【伊織「冷蔵庫に」亜美「なにも」真美「ない」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/16(水) 04:41:07.43 ID:0ipNR1BZ0

765プロ

P「」プチプチ

小鳥「久しぶりに見ました、無限プチプチ」

P「知ってますか?実はこれ伊織が声収録したやつなんですよ」プチプチ

小鳥「あれ、声ってどういうことですか?」

P「待っててくださいね」プチプチ

∞プチ「変態!」

小鳥「へぇ、押してると喋るなんて…おもしろいですね」

P「み、み、み…」

小鳥「あれ…プロデューサーさん?」

P「みにゅううううううううううううう!」

小鳥「ピヨ!?」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1397590867

引用元: P「あー、水瀬病だわ」 伊織「はぁ?」

 

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)
ファット・カンパニー (2014-05-31)
売り上げランキング: 264
【P「あー、水瀬病だわ」 伊織「はぁ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/14(月) 15:54:18.61 ID:J4qY8Tvmo
伊織「……ったく。なんでこの伊織ちゃんが自分で衣装を取りに来なくちゃならないのよっ!?」ツカツカ

亜美「仕方無いじゃん。律っちゃんは居なくなったあずさお姉ちゃん探しに行ったんだもん」トテトテ

伊織「だいたいこういうのはスタイリストの仕事でしょ! 増税の影響で経費削減って言ってたけど、ケチり過ぎだと思わない?」プンプン

亜美「まあまあ、そう言わずに。衣装が無いとお仕事出来無いじゃんか……あっ! あずさお姉ちゃん居たっ!」

伊織「えっ? どこ?」キョロキョロ

亜美「あっちの倉庫の中に入って行ったよ! 見失う前に捕まえなくっちゃ!」タッタッ

伊織「ちょっと、亜美っ……! もうっ。しょうがないんだから」スタスタ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1397458458

引用元: 伊織「オークっ!?」

 

  【伊織「オークっ!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02(土) 00:03:52.06 ID:Ylv5x6zy0
伊織「うん、そう。そんな感じ」

P「なんちゃっ――え」

伊織「毎回ツッコミ入れる身にもなってよ。疲れたわ」

P「な、なんでやねん!」

【伊織「ボケてみたい」P「なんでやねん!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 01:35:59.50 ID:x9nku5xA0
P「バカだ無能だと散々罵りやがって、もう我慢の限界だ。二度とチューしてやらん!」

伊織「ちょっ……ふざけるんじゃないわよ!」

P「俺は本気だ」

伊織「チューくらいしなさいよ! ひゃ、百歩譲って朝昼晩の三回だけでもいいから!」

P「いーやーでーすー。もうしませーん」

伊織「そんなぁ……おはようのチューもおやすみのチューも無しに私が生きていけるわけないでしょ!?」

P「自分でなんとかするんだな、ははは」

伊織「うう~……あ、あっそ! それならこっちにも考えがあるわ!」

P「へー」

伊織「アンタがそういう態度をとるなら、今日からは寝る前にだっこさせてあげないから!」

P「…………は!? お、おいふざけんな! 言って良いことと悪いことがあるだろ!」

引用元: P「こうなったらもうチューしてやらないからな」伊織「……は!?」 



THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 3 05水瀬伊織
水瀬伊織(CV:釘宮理恵)
日本コロムビア (2015-06-03)
売り上げランキング: 9,197
【P「こうなったらもうチューしてやらないからな」伊織「……は!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/09(土) 23:09:00.38 ID:b3jdgJ370
春香「今日事務所に来てみたら……」

P「伊織、今日の仕事ではちょと素が出てたぞ。あれはいけないな」

伊織「うっさいわね!!」バシン!

春香「ちょ、ちょっと伊織、いくらなんでも叩くのはやりすぎだよ!」

伊織「いいのよこんな奴!」バシンッ!

P「いてて」

春香「……何かあったんですか?」

P「あー、実はなー」

【伊織「『トイレ使用禁止』ですって?!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/09(土) 23:28:49.40 ID:7mz+dJhI0
伊織「ふーん……」

律子「……」ゴク

伊織「……あ、枝毛」チョイチョイ

律子「……ふぅぅ~」

伊織「そんなに美味しいの?」

律子「まぁね」

伊織「ふーん、コーヒーなんて苦いだけなのに」

律子「プロデューサーのコーヒーだから」

伊織「…………」

律子「何よ」

伊織「いや……、淹れてもらったの?」

律子「まぁ、自分で淹れたんじゃないかしら」

【伊織「何飲んでるの?」 律子「コーヒー」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
P「アイドルの共同生活」 

千早「一夜限りの」真美「共同生活だYO」  

律子「一夜限りの」やよい「共同生活かなーって」 
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/09(水) 22:09:41.42 ID:YX0Lx+Dy0

P「さて、気がつけば第4回」

P「調子に乗って、よくもここまで続けたものです」

小鳥「今回の組み合わせは……」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1397048981

引用元: 伊織「一夜限りの」雪歩「共同生活ですぅ」

 

アイドルマスター 萩原雪歩 1/8スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア
ファット・カンパニー (2016-01-08)
売り上げランキング: 25,999
【伊織「一夜限りの」雪歩「共同生活ですぅ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14(木) 21:37:55.16 ID:y3k+Y81B0
―伊織の家―


伊織「はっくしゅっ!!」

伊織「ちょっと熱が下がってきたけど、まだだるいわね……」

伊織(ついてないわね……こんな日に風邪ひいて寝込むなんて……)

新堂「お嬢様、お体の具合はいかがでしょうか?」

伊織「だいぶ楽になってきたわ……
  心配かけてごめんね」

新堂「いえいえ、今はしっかりお休みになってくださませ」

【伊織「バレンタインに風邪ひいちゃうなんて」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 00:23:02.41 ID:tM75Tm0N0
―765プロ 事務所―

伊織「あずさ、何やってんの?」

あずさ「美希ちゃんとメールしてるのよ~。最近仲良いの」

伊織「ふーん……」

伊織「…………暇ね」

春香「うん……」

伊織「いきなり撮影が延期になるなんてついてないわ」

春香「折角竜宮と一緒の仕事だったのに、突然オフになっちゃったね……」

【伊織「ババ抜きで負けたら罰ゲームでアイツに告白……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/11(水) 20:51:35.56 ID:H8PKrSZf0
伊織「冗談じゃないわよ!何なのその企画!?アンタふざけてんの!?」

響「冗談じゃないぞ!全然ワケわかんないぞ!?ちゃんと説明してくれ!」

P「……落ち着け」

伊織「アンタ、暑さで頭がやられちゃったの!?まだ6月よ!?しっかりしてよ!」

響「何だってそんな事しなくちゃいけないんだ!?いくらプロデューサーだからって、納得出来ないぞ!」

P「落ち着け。2度言わすな」

伊織「……」ムスーッ

響「……」ブー


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1386762695

引用元: 伊織「冗談じゃないわよ!」 響「冗談じゃないぞ!」 


PETIT IDOLM@STER Twelve Seasons! Vol.9
水瀬伊織&いお(CV:釘宮理恵) 水瀬伊織 いお 釘宮理恵
メディアファクトリー (2013-03-06)
売り上げランキング: 93,125
【伊織「冗談じゃないわよ!」 響「冗談じゃないぞ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/23(水) 03:38:48.59 ID:5SYr8zMR0
美希「ハーニーィ~??」

P「ああもう??仕事なんだから放してくれよ??」

亜美「ミキミキもよくやるよね?」

真「ほんとだね、いや、僕らも好きだけどさ…」

響「あそこまではできないぞ…」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1442947128

【伊織「亜美の理想の人」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/20(日) 22:25:26.78 ID:Bm3yR1ltO
美希「うん!ミキ、来年から高校生でしょ?」

伊織「私もだけどね」

美希「だからね、いろいろ参考にしようと思って、みんなに高校の制服持ってきてもらったの!」

伊織「ああ、なるほどね。制服ってけっこう高校選びのポイントになるみたいだし」

美希「でしょ?」

伊織「まぁ私は中高一貫なんだけどね」

美希「制服見れば『他の高校行きたい!』って思うかもだよ?」

伊織「思っても実行はできないけどね……」

※実在する高校の制服を『アイドルが通っているor通っていた高校』の制服として貼っていきます
「○○にはこういう制服が似合いそう」という完全な主観です
悪しからずご了承下さい

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1442755526

【伊織「高校の制服?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 16:48:42.35 ID:n7zG2YU70
伊織「」ビリッビリッ

真「ああっ! 何で台本破っちゃうの!」

伊織「ふざけんじゃないわよ!」

真「もー……何が気に入らないの? けっこう面白そうじゃないか。『果てしなく仁義ない戦い』」

真(僕もいくつかツッコみたいことはあるけど)

伊織「いや色々言いたいことはあるけど……とりあえずあんたと私の関係にまず物申したいわ」

【伊織「私が花屋の娘で?」真「若頭の僕に片思い」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22(火) 23:03:42.50 ID:brZyYFIR0
伊織「ねぇシャルル、今日のレッスンどうだった?」

シャルル「……」

伊織「上手だったって?ふふ、ありがと、シャルル」

シャルル「……」

伊織「シャルルはいつも私のこと見ててくれる、アイツみたいだね」

シャルル「……」

伊織「ふぁぁ……眠くなっちゃった……もうそろそろ寝ようか、シャルル?」

シャルル「おやすみ、伊織ちゃん」

伊織「おやすみ、シャルル」

伊織「って、ええええええええええ!?」

伊織「しゃ、シャルル!?」

伊織「あなた今喋った?喋ったわよね!?」

シャルル「伊織ちゃんがボクのことを大事にしてくれたから……」

シャルル「神様が10分だけ伊織ちゃんとお話するチャンスをくれたんだ」

伊織「シャルル……」みたいな感じのやつでいいから早くしてよ

【P「伊織の人形に携帯仕込んで、人形が話しかけるドッキリをやる」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 松田亜利沙「ニュース765TV」木下ひなた「第59回」

1: あけおめ@諭吉 22/01/02(日)23:02:23 ID:7JV0
・設定の元ネタはUNION@IRTV第9回第10回です。

・ここから読んでも大丈夫です。

【松田亜利沙「ニュース765TV」水瀬伊織「第60回」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 春香・響「うたばん?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/16(水) 23:30:03.90 ID:tW+kZMfQ0
「さぁ、またもや帰ってきたました」


中居「さぁまたまた復活うたばんなわけですけれども」

石橋「何やら前回の放送がえらく好評であったということでっ」

中居「人気のAKBと嵐、それと765プロから…」

石橋「天海と安仁屋がね」

中居「我那覇ですねwww」


よろしくお願いします

【伊織・あずさ・亜美「うたばん?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 1 2013/12/08(日) 09:30:55.28 ID:OWwQizcX0
―小鳥の囀りと共に、重い目蓋を開かせる。
寝相で乱れた髪をかき上げながら、カーテンの隙間から窓の外を見やる。

…まだ空に藍が残ってる。 さっきの鳥も随分早起きなものね。
正面に立てかけてあるアンティークの壁時計を見ると、午前五時を差そうとしていた。


この時間は、確か……。


と思ったと同時に、ベッドのすぐ近くにある、ラックの上の電話が鳴り出した。
ルルルルル、という無機質な音を止め、二度寝に入る為に受話器を手に取る。

「お早う御座います。 起床時間となりましたので、モーニングコールをさせて頂きました」

今までで一体何百回言ったかしら、とても慣れた口調で語りかけられる。
朝一番に聞いても、全く不快にならない、優しく、そしてとても落ち着いた声。

引用元: 伊織「広き心 思いやり」 


 

THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 08 水瀬伊織
水瀬伊織(釘宮理恵)
コロムビアミュージックエンタテインメント (2007-09-05)
売り上げランキング: 16,963
【伊織「広き心 思いやり」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/13(日) 22:44:02.12 ID:+TyFcHj40
―夜中―

いお「……もっ……」←目が覚めた

ゴソゴソ

いお「……もっ……?」

うさちゃん「……」ゴソゴソ

いお「……」

うさちゃん「……!」

【伊織「「いお?うさちゃんがどうしたの?」いお「もっ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 01:05:22.97 ID:1SqT41dE0
真「……」ピッ

伊織「むーっ! むーっ!」ジタバタ

真「うわっ……何それ……」

伊織「無言の抗議」ピッ

真「無言じゃなかったよ」

伊織「うっさいわねぇ。今いいところなんだから変えないで」

【真「チャンネル変えていい?」伊織「ダメ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/04(金) 02:50:10.97 ID:vUvREr+30
やよい「見た事無い木が沢山ある…」

伊織「顔みたいな模様ね」

やよい「や、やめてよ伊織ちゃん!」

伊織「木だけじゃなくて、石とかも変な形してる」

やよい「ほんとだ…」

伊織「何なのよ、これ…」

伊織「!?」

伊織「や、やよい…」

やよい「?」

伊織「空…」

【伊織「イタタ…」やよい「ここ、どこ…?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/06(土) 21:29:33.30 ID:FkE2lWKQ0
??月??日

ガタガタガタガタ・・・・・・・・

・・・・シーン

SPW財団員A「すげー揺れたな・・・」

SPW財団員B「地震なんてめずらしいな。日本でもないのに・・」

ブーッ ブーッ

SPW財団員AB「なっなんだ!?何事だ??」

SPW財団員C「おいッ!みんな大変だ!!!今の地震で・・ッ」

SPW財団員C「装置が壊れてっ・・・・脱走しちまったっ・・・ヒィィ」

SPW財団員A「なんだぁ?ペットのネコでも逃がしたかぁ?」

SPW財団員B「お、おい・・もしかして・・・」

SPW財団員C「ああ、そうだ・・・」

SPW財団員A「?」





SPW財団員C「サンタナが、逃げちまった・・・」

-------------------------------------

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1433593763

【P「キレーなペンダントだな」伊織「エイジャの赤石よ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 22:27:44.85 ID:8Qgknx5J0



P「まー見てなって」




P「今年のIU、俺が面白くしてやるよ」






  ザワ……ザワ……

   「おい、今何か言ってた?」

  「よく聞こえなかったけど、喧嘩売ってたぞ」

      「961プロ相手に何言ってるんだか………」

  「765プロ?どこの事務所だよ」


律子「…ぷ、プロデューサー……」

引用元: 伊織「馬鹿プロデューサーとジャイアント・キリング」 


 

THE IDOLM@STER: 6 (REXコミックス)
一迅社 (2016-12-27)
売り上げランキング: 34,085
【伊織「馬鹿プロデューサーとジャイアント・キリング」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 00:18:06.47 ID:hjfIY6XJ0
―脱衣所―

響「みんなで温泉なんて初めてだー!!」

響「テンションあがっちゃうぞー!!」

響「……あれ……?」

引用元: 響「伊織って……その……無いんだな……」 

 

  【響「伊織って……その……無いんだな……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/02(土) 17:31:02.57 ID:XCHDEpYu0
伊織「それではお願いします。」

上司「了解」

伊織「お先に失礼します。」

上司「はい、お疲れ様」

私がアイドルを引退して5年、今年で24歳になる

765プロもなくなり今では普通のOLをしている。

仕事も私生活も楽しく充実していた。
アイドルをやめたことに後悔もない

たったひとつの心残りを除いて

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1430555452

【伊織「いつも隣にいてほしい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/28(火) 22:47:45.27 ID:9ameeKEy0
P「見たいんだ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1430228855

【P「アイドルのおでこが見たい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/26(火) 22:12:32.44 ID:MhjlgXQ10
―――

伊織「あら、どうしたの3人揃って」

真「ああ、伊織か」

響「いやぁ~、それが、貴音が『ディズニーランド』に行ってみたいって言い出してさぁ」

伊織「……は?ディズニー?」

真「そうそう」

貴音「……」

伊織「なんでまた、ディズニーランドなの?」

貴音「はい……先日、春香と千早が遊びに行ってきた、と聞きました」

真「そうだね。お土産ももらったし」

貴音「あの二人、普通の遊園地には何度も行くということは無いのに……でぃずにーらんどは何度も行っているそうです」

響「……まあディズニーは普通とはちょっと違うしな」

貴音「そこです、そこなのです」

貴音「一体なにが、あの二人をそこまでさせると言うのか……非常に興味があるのです」

伊織「ふーん……」

引用元: 伊織「アンタたちは夢と魔法の国をナメすぎよ!」 


 

  【伊織「アンタたちは夢と魔法の国をナメすぎよ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/26(火) 00:42:11.25 ID:PqEGNrsu0
―発端―

P「あ、どうも新堂さん。いつもお世話に……え?」

P「伊織が、頭を打って……意識が……?」

P「は、はい、はい、ええ、すぐ参ります」

P「~病院の~病棟ですね?」

P「は、はい、ではまた……」

P(伊織……!!)

引用元: 伊織「ぱぱー!」P「……へ?」 

 

  【伊織「ぱぱー!」P「……へ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆MwVw2o8fTQ 2013/12/28(土) 20:20:46.57 ID:NnC9aHkt0
2013年12月23日  ― 765プロ事務所前 ―


律子「やよい、今日の仕事もよかったわよー♪ ばっちりじゃない♪」スタスタ

やよい「えへへっ/// 律子さんもプロデューサーの代わりに付き添ってくれてありがとうございました!!」ガル-ン!

律子「ううん、私のほうこそ良い刺激になったわ♪」スタスタ

律子「……にしても、すっかり日が落ちるのも早くなったわね~」スタスタ

やよい「そうですね~ 事務所に戻ったらあったかいお茶入れますね!」スタスタ

律子「ふふっ。ありがとう、やよい♪」ニコッ♪

ガチャ

律子「――ただいま、戻りました……って」




P「はぁ…… はぁ……」ボロボロ

真「ぜぇ…… ぜぇ……」ボロボロ

伊織「……相変わらず、手強いわね」ボロボロ

P「伊織たちもな。……なぁ、そろそろ諦めたらどうだ?」ニヤッ

伊織「キー!! 誰が諦めるもんですか!」プンスカ

真「今年も…… やよいや、かすみちゃんたちの純粋な思いはボクたちが守ってみせるッ!」キリッ




律子「……何やってるのよ、あなたたちは?」ハァー

  【伊織「過去を変えて」 真「Pをピュアな心の持ち主に」 美希「するのー!☆」】の続きを読む

このページのトップヘ