えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

水瀬伊織

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/10(日) 15:37:11.94 ID:8A47WYPM0

響「じゃあ自分料理作るから、あふぅの面倒見ててね」

伊織「ええ、わかったわ」

伊織「……とは言っても」チラッ

あふぅ「……zzz」

伊織「ずっと寝てるから見るも何もないのよね」

伊織「今の内にあふぅが散らかした部屋でも片付けようかしら」スタスタ

引用元: 伊織「あふぅを煮ちゃったわ……」 



【伊織「あふぅを煮ちゃったわ……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/10(木) 23:57:34.52 ID:iqeDD4c10
春香「私、気になります!! うーん、違うかな……」

伊織「唐突に何よ?」

春香「あっ、伊織いたんだ」

伊織「さっき来たばかりよ。で、何が気になるわけ?」

春香「あー、気になるというよりも、なんていえば良いんだろ……」

伊織「?」

春香「私の個性って何だろ?」

伊織「へ?」

春香「個性ですよ、個性!!」

引用元: 伊織「春香が無個性すぎて放っておけない」 



【伊織「春香が無個性すぎて放っておけない」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 21:45:15.67 ID:8XKUwTr40
 8月上旬/午後/765プロ事務所

亜美・真美「あっづ~い……」ヘター

春香「ほんとに、夏はつらいよね~」パタパタ

亜美「壊れたエアコン!」

真美「オンボロのエアコン!」

亜美&真美「役立たずのエアコン!」

あずさ「そうねえ~……。ちょっと、胸元が蒸れちゃうわ~」ヒラヒラ

 ハム蔵「ktkr」ガタッ

響「こらハム蔵~。見ちゃダメだぞ~」ヘタリ

あずさ「あらあら。ハム蔵ちゃんは●●●なのね~」

千早「くっ……」ググッ

引用元: 伊織「スキスキ、だーい好き!」 




【伊織「スキスキ、だーい好き!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/08(日) 20:24:52.65 ID:CHmcH5hb0

寝付きが悪い日くらいある。

完璧に管理された空調の下、私専用に作られたベッドで横になっても、眠れない時は眠れない。

頭の中で羊を数えても兎を数えても、眠気は一向に来ない。

何度も寝方を変えてみたけど、まるで効果無し。

そのうち、布団に熱が篭り始め、その中にいるのが息苦しくなってきた。

溜息を一つつき、すぐに眠るのを諦める。

私は枕元に置いたシャルルを抱き上げて、そっとベッドを抜け出した。



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1378639492

引用元: P「俺の」伊織「私の」 


 

【P「俺の」伊織「私の」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/10/10(土) 01:00:18.67 ID:JuCEZ/A50
伊織「うわもう2時じゃない……」

伊織「明日ひさしぶりのオフだからって夜ふかししすぎたわね」

伊織「晩ごはんを食べたのが8時間前か、そりゃお腹もすくわよ人間だもの」

伊織「…………炭水化物が食べたい」

伊織「おっきなオムライスをスプーンでわっしわっし食べたい」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1602259218

引用元: 伊織「お腹がすいたわね」 


【伊織「お腹がすいたわね」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 21:30:17.18 ID:Ezd2Ty+c0

~三日前~

伊織「いきなり!黄金伝説から?」

P「あぁ!テレビ朝日から仕事の依頼が来たんだ!!」

春香「あのテレ朝からですか!?凄いですね」

伊織「ふ~ん、良かったじゃない」

P「ありゃりゃ、あんまり嬉しくないみたいだな」

伊織「どうせ私には関係の無い話しでしょ?なら別に私が喜ばなくてもい

P「伊織に出演依頼が来たんだよ!」

伊織「……わ、私に?」

P「あぁ!コレを機に一気にトップアイドルに近づけるかもしれないんだ」

P「伊織……やってくれるか?」

ガチャ

美希「プロデューサーさん、ミキに要ってなんなの?」

春香「あっ、おはよう美希」

引用元: 伊織「ニワトリの卵だけで一週間過ごすコンビ?」美希「うん」 




【伊織「ニワトリの卵だけで一週間過ごすコンビ?」美希「うん」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : ◆YpIZ0EcKqo :2014/01/29(水) 14:08:09 RxcY1tbQ
キラ「ーニューラルリンゲージ・ネットワーク再構築、メタ運動野パラメータ更新、フィードフォワード制御再起動、伝達関数、コリオリ偏差修正、運動ルーチン接続、システム、オンライン、ブートストラップ起動…!」

キラ「ほかに武器……あとは"アーマーシュナイダー"……?」

キラ「これだけか!?」

キラ「こんなところで…」

キラ「やめろおぉぉぉぉぉ!」


【(アイマス) 伊織「お金だけが私の全てじゃない!」 (ガンダム)】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/08/23(日) 01:24:32.83 ID:U/1bQ+qe0
亜美「いおりん!」

伊織「ん、なによ?」

真美「いおりん!」

伊織「はいはい」

P「いおりん!」

伊織「いおりん言わないの」

美希「でこちゃん!」

伊織「でこちゃん言うなっ!」

美希「ミキはいおりん言わないの!」

伊織「…別に良いけど?」

美希「……」

美希「やなの!」

伊織「なんなのよ…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1598113472

引用元: 【アイマス】美希「いおりん言わないの!」 



【【アイマス】美希「いおりん言わないの!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 23:28:26.19 ID:BE9RvVJD0
美希「ねえでこちゃん」

伊織「でこちゃんゆーな」

美希「でこちゃんは事務所のみんなのことどう思う?」

伊織「どうって…何が?」

美希「ミキ的には油断ならないって思うな」

伊織「だから、何がよ」

引用元: 美希「事務所のみんなが油断ならないの」伊織「はぁ?」 

 

THE iDOLM@STER 星井美希 浴衣Ver. (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)
フリーイング (2015-05-31)
売り上げランキング: 6,966
【美希「事務所のみんなが油断ならないの」伊織「はぁ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 22:43:01.28 ID:Y0W+NS/50

伊織「痛っ!もぅ真、またぶつかったじゃない!」

真「なにをー!今のは伊織の立ち位置が悪かったんだろ!」

伊織「なに言ってるのよ!そのテディベアが大きいから当たるのよ!なんでそんなもの選んできたの!」

真「ボクの大切なぬいぐるみと言えばテディベアに決まってるだろ!」

伊織「そんなの知らないわよ!」

P「まぁまぁ落着け二人とも。今度のライブは全員でやるんだぞ、そんないがみ合ってどうする」

P「このライブは二人がクロスするところが大事な見せ場なんだぞ。もっと息を合わせて移動してくれ」

伊織「息を合わせようにも、この熊のぬいぐるみが邪魔なのよ!そもそもぬいぐるみを持ちながらライブっておかしいじゃない!」

春香「まぁまぁ落ち着いて伊織。熊のぬいぐるみだってかわいいじゃない」

伊織「春香は黙ってて!あとそのぬいぐるみかわいくないのよ!」





のワの「」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1377783781

引用元: 伊織「もうあんたなんて大嫌いよ!」 


 

ミニッチュ アイドルマスター 水瀬伊織 アクリルキーホルダー
ファット・カンパニー (2016-07-25)
売り上げランキング: 71,680
【伊織「もうあんたなんて大嫌いよ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 14:09:13.17 ID:JyyfUB7E0
P「大丈夫、もう少しいけるって」

伊織「馬鹿……調子に乗らないでよねっ。んんっ!」

P「やっぱり、ちょっとキツいかなぁ」

伊織「くぅ……」

P「あと少しだ、頑張れ伊織!」

伊織「痛い、痛いってばぁ!」

春香「何をやってるんですか、プロデューサーさん!?」ガチャ

引用元: 伊織「無理だってば、もう入らないわよっ」 


 

  【伊織「無理だってば、もう入らないわよっ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 00:45:32.74 ID:5rwcH6mu0
事務所に行く途中。
道端に落ちてた瓶を何気なく拾ってみると、そんなラベルが貼られていた。


伊織「なにこれ、うさんくさいわね……」

伊織「……でも、本物らしいオーラみたいなものを感じるわ」

伊織「せっかく拾ったんだし、誰かで試してみようかしら」

引用元: 伊織「素直になる薬?」 


 

  【伊織「素直になる薬?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 20:22:20.24 ID:9tcnEQZv0
伊織「どういことなのお父様!?」

伊織父「なんと言えばいいのだろうかその........ドジってしまった」コツン☆

伊織「んなぁ!ド、ドジったって...!」

伊織父「そういう訳で今日から自分で生活してくれ」

伊織父「水瀬家....解散!」ダッ

伊織「はぁ!?ちょ、ちょっとお父様!」

引用元: 伊織「水瀬財閥が解体……!?」 


 

  【伊織「水瀬財閥が解体……!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/07/24(金) 21:24:20.32 ID:iAj/9ZbCO
やよい「おはようございまーす!」

伊織「おはよう、今日も一日…」

P「やよい!伊織!このアルコールで消毒しろ!」

伊織「え?」

やよい「は、はい…」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1595593460

引用元: 伊織「新型コトリウイルス?」 



【伊織「新型コトリウイルス?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 1 2014/06/15(日) 18:09:17.66 ID:JJ+uJ6bP0
父の日、最近殆ど意識したことの無い言葉だ。
幼少の頃は、この日になると必ず父に何かプレゼントしていたらしいが、
思い出そうとしても、海馬の中には何も残っていない。

そんな父の日前日を迎えた765プロでのことだった。

引用元: 伊織「父の日」 


【伊織「父の日」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 01:53:37.27 ID:eyYXHz430

伊織「え?今なんて…」

その言葉はあまりに唐突だった。

律子「竜宮小町は…解散…解散するの…」

伊織「何言ってるのよ…律子…ねぇ!」

伊織「亜美もあずさも何で黙ってるのよ!何か…何か言いなさいよ!」

亜美「いおりん…もう駄目なんだよ」

あずさ「伊織ちゃん、社長との約束だったのよ。IAもしくはIUどちらか取れなければ活動終了…そういう約束」

引用元: 伊織「アンタにはこの本命チョコで十分なんだからっっ///」 


 

  【伊織「アンタにはこの本命チョコで十分なんだからっっ///」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/05(木) 00:11:39.03 ID:1EMEuCfU0
喧嘩したのは初めてではないが、ここまで長引くのはたぶん付き合いだしてから今日が初めて。

今朝からずっと口を聞いてない。

お互い目があっても、ぷいと向こうをむいてしまう。

日曜日のダイニング。

昨夜からの雪が部屋の外の世界を白く染めていて、肌寒さを感じる空気を押しのけるように窓から差し込む光が、暖かそうな色を壁に映している。

やかんから立ち登る煙。

紅茶の匂い。

白い皿の上のクッキー。

ストーブのたてる、かすかな音。

何とも心温まる光景。

だってのに、冷たいこの空気が部屋の中に漂っている。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1462374698

引用元: 伊織「あいつと喧嘩した」 


 

ミニッチュ アイドルマスター 水瀬伊織 マウスパッド
ファット・カンパニー (2016-01-30)
売り上げランキング: 64,701
【伊織「あいつと喧嘩した」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
6: ◆IIiEuGs1j. 2014/06/08(日) 14:10:22.22 ID:FBYndBrzO
 
伊織「……あんたが犯人ね!」びしっ

P「……」

伊織「何とか言いなさいよ!」

P「……お前の調査に付き合うフリをして、証拠を消したつもりだったが……ミスを犯したようだ」

伊織「……そうね。あの時、あんたの行動はあまりにも不自然だったわ」

P「……そうじゃない」ダッ

伊織「何を……やめなさい! それ以上下がったら、崖に……!」

P「……実はな。推理に付き合うフリをして、お前を殺すつもりだった」

伊織「……え?」

P「でも、出来なかった……お前を好きになり過ぎた……ここまでだな」トンッ

伊織「プロデューサー!」

P「……」

伊織「……暇なのだけれど」

P「……だな」

引用元: 伊織「暇なんだけれど」P「……だな」 




【伊織「暇なんだけれど」P「……だな」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/02(月) 17:54:12.69 ID:J0EUh5R00
春香「ありがと伊織」

伊織「なんで私が台本読んでるのよ。ポッドキャストって何でもありじゃないわよ」

春香「いやほら、今日は伊織がゲストに来てくれたんだし・・・」

伊織「喉が痛いんでしょ」

春香「いやちょっと具合が・・・」

千早「そうなの。今日ちょっと春香体調崩しちゃってて」

春香「ライブの稽古で」

千早「そうそうライブの」

春香「疲れちゃったの」

伊織「それはそっちの事情でしょうが!」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1401699251

引用元: 【アイマスSS】伊織「はるちはラジオのポッドキャストです」【キャラ崩壊あり】 



【【アイマスSS】伊織「はるちはラジオのポッドキャストです」【キャラ崩壊あり】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 20:49:31.84 ID:z/xuZGJF0
   765プロ事務所



千早「水瀬さん、今時間はある?」

伊織「時間? レッスンはさっき終わったから、大丈夫だけど?」

千早「あの……それなら、もしよかったら、なんだけど」

伊織「何よ、はっきりしないわね。用があるならはっきり言いなさいよ?」

千早「そ、それじゃあ、私と……」

伊織「あんたと?」

千早「にらめっこをしない?」

伊織「はぁ?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1460980171

引用元: 伊織「にらめっこという名のいたずらっこ」 


 

アイドルマスター 全アイドル名鑑 2005-2016

KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2016-03-30)
売り上げランキング: 211
【伊織「にらめっこという名のいたずらっこ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 20:22:25.40 ID:KMu+iou4o
ミリオンライブのSSです。
前作 グリP「伊織と千鶴」 を読んでからのほうが楽しめるかもしれません。
ですが直接的なつながりはないので、この話だけでも読めると思います。
簡単に説明しますと伊織は千鶴と仲良くしたくて、千鶴は伊織のことがちょっと苦手、という関係です。
拙い文章ですが、よろしくお願いします。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1401448945

引用元: 【ミリマスSS】伊織「雨の日の思い出」 



【【ミリマスSS】伊織「雨の日の思い出」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@おーぷん 20/04/26(日)22:38:34 ID:xYB
アイドルマスターです。水瀬伊織さんのお話です。
アイドルマスターシンデレラガールズです。西園寺琴歌さんのお話です。

引用元: 水瀬伊織「お嬢様の」西園寺琴歌「お茶会ですわ!」 



【水瀬伊織「お嬢様の」西園寺琴歌「お茶会ですわ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/26(日) 01:25:51.33 ID:wZQJeidhO
伊織「最近は出歩けなくてつまらないわね…けど、こういう時こそ目立つ芸能人が模範になって家で過ごさないと…」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1587831951

引用元: 【765】【アイマス】伊織「さて、ステイホームで『あつ森』でもやろうかしら」 




【【765】【アイマス】伊織「さて、ステイホームで『あつ森』でもやろうかしら」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 01:02:37.85 ID:4tE/iQ9Oo

P「そうなんだ、俺と律子と小鳥さんと社長は大丈夫だったけど」

小鳥「…伊織ちゃん以外のアイドルの皆が全員インフルに罹ってね…」

伊織「やよいはインフルにかかったって聞いてたけど、まさか全員だったなんて……」

P「今、俺と律子で一人暮らしの子を中心に、手分けして回っているんだ」

伊織「そ、そう…」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1459872157

引用元: 伊織「インフルエンザ?」 


 

【伊織「インフルエンザ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/04(月) 23:23:28.73 ID:kMac+6mN0
――――事務所――――

水瀬伊織「ふう、ただいまー」

天海春香「あっ、おかえりお姉ちゃん!」

伊織「えっ!?違っ――違う!」

春香「あはは、冗談だよ。おかえり、伊織」

伊織「まったく、急に訳分かんないこと言わないでよね」

我那覇響「おかえり伊織。あながち訳分かんないことでもないぞ。お姉ちゃんって言うのは」

伊織「あら響、それはどういう意味?」

響「ほら、春香は精神年齢が低いからな。お姉ちゃんでも間違ってはいないんだ」

伊織「ああ、小学生並だもんね」

響「幼稚園だぞ」

春香「赤ちゃんだバブー」

響「よし、埋めよう」

春香「待って、思い切りが良すぎる」

引用元: 天海春香「伊織と」我那覇響「ファミレス」 


 

アイドルマスター 全アイドル名鑑 2005-2016

KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2016-03-30)
売り上げランキング: 30
【天海春香「伊織と」我那覇響「ファミレス」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

P「伊織か?」伊織「お兄様!?」 Re: 中編

502: ◆K6RctZ0jT. 2015/04/20(月) 00:27:16.49 ID:pxmzvZq/0
しばらくして、その場にへたり込むマネージャーさん。

マネ「うぅ……こんなんお嫁に行けない……」

麗華「ふんっ! 今日はこのくらいにしといてあげるわ」

りん「あら~……。余計なこと言ったねマネージャー」

ともみ「麗華ってやけに揉むのは上手いから、ちょっと気持ちよく感じるのが性質悪い」

ひかり「すごく色っぽい……」

つばめ「そうね……恐るべし麗華の手さばきね」

春香「いやいや、のんきに言ってないで、現場の雰囲気が……」

真美「麗華お姉ちゃん、ちょっとやりすぎ……」

真「ちょっと! のぞみはボクに同じ事やろうとしなくていいから!」

のぞみ「私も気持ちよくさせてあげますから!」

真「そんなの望んでないよ!」

真は超逃げて……。

引用元: P「伊織か?」伊織「お兄様!?」 Re: 



【P「伊織か?」伊織「お兄様!?」 Re: 後編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

P「伊織か?」伊織「お兄様!?」 Re: 前編

256: ◆K6RctZ0jT. 2015/04/16(木) 23:21:04.27 ID:uh1GYAOp0
P「……つっ!」

ひかり「やっぱり……」

P「おおげさだなぁ! たんなる突き指だよ……多分」

麗華「ちょっと見せて」

麗華が割って入ると、ひかりちゃんは残念そうな顔をした。

麗華「これはどう?」

そういう麗華は俺の右手を伸ばしたり握ったりしている。

俺はやせ我慢しようと思ったが無理だった。

痛みに表情が歪んでいるのが自分でもよくわかる。

しかし無理にでも笑顔を作って麗華をチラッと見る。

彼女の表情はうっとりしていた。

麗華「ね、どう?」

うわあ、こいつ生粋のドSに違いない。

P「俺が悪かった。痛いからやめてくれ麗華……」

麗華はやめてくれたが、その顔は俺を見てうっとりしたままだった。

女P「……気づかなくてごめんなさい」

P「あー、むしろ気づいてほしくなかったですから……。あはは……」

女P「でもなんでそんな怪我を?」

そのことは全員気になるようで、俺に注目している。

P「実は、ペンダントを拾ったのと同時に通ってた人に踏まれちゃって……。変な踏まれ方したかなとは思ったんですけどね。今になって痛み始めて……」

ペンダントはしっかり守れたんだけど。

引用元: P「伊織か?」伊織「お兄様!?」 Re: 



【P「伊織か?」伊織「お兄様!?」 Re: 中編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆K6RctZ0jT. 2015/04/11(土) 23:58:29.61 ID:bVJyxWqO0
『プロローグ』『宣材写真』『面談』

P「申し訳ありませんが高木さんに折り入って頼みがあります」

俺は、歳が離れてはいるが旧知の仲である高木順二郎さんに頭を下げてそう言った。

高木「君は水瀬君のところの……一体どうしたというんだい?」

高木さんはアポを取った時も驚いたような声を出したが、今もまだ驚きを隠せないようだった。

P「少しばかり、家庭内で不和が生じてしまい家を出ることになってしまったんです」

高木「なんてことだ……私にできることなら何でも言ってくれ」

P「高木さんならそう仰って下さると思いました。ではひとつお願いがあります」

高木「ああ」

P「高木さんのもとで働かせてください!」

持っていたすべての誇りをなげうって、膝をつき頭を地面にこすりつける。

高木「!! ……よしてくれ。ほら、顔を上げるんだ」

P「ですが…」

高木「何か事情があるのだろう?」

P「…はい」

高木「…うむ。なるほど、父親と衝突して君は勘当されてしまったわけか」

引用元: P「伊織か?」伊織「お兄様!?」 Re: 



【P「伊織か?」伊織「お兄様!?」 Re: 前編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/18(水) 20:39:42.64 ID:Wy7cdLZQ0
伊織「今、なんて言ったのかしら? 律子」

律子「ふっふっふ、喜びなさい。ようやくデュオのパートナーが見つかったのよ」

伊織「……それは嬉しいんだけど」

律子「それじゃ、入ってきてちょうだい」

伊織「……ゴリラっていってもアレよね」

伊織「ちょっとゴリラ入ってるアイドルって意味よね」

伊織「それもどうかと思うけれど、この伊織ちゃんだったらどんな……」

ガチャ

ゴリラ「ウホッ」

伊織「完全にゴリラじゃない……」

引用元: 伊織「えっ……ゴリラとデュオを組むですって……?」 


 

【伊織「えっ……ゴリラとデュオを組むですって……?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆3QFkN49T2. 2016/03/25(金) 20:07:10.95 ID:QbPl4MQR0

― 水瀬邸 伊織の部屋 ―


伊織「……」

トントントン

伊織「入りなさい」

???「失礼致します」

ガチャ

新堂「伊織お嬢様。お体に障りますのでそろそろお休みになられた方が……」

伊織「えぇわかってる。でも、あともう少しだk」

伊織「痛ッ!」バッ

新堂「お嬢様!」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1458904030

引用元: 伊織「隠し事」 


 

【伊織「隠し事」】の続きを読む

このページのトップヘ