えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

涼宮ハルヒ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/25(土) 13:11:48.128 ID:FrnjxjmB0.net
ハルヒ「なぁ?なに言ってんのよあんた。あんたなんかに私の相手が務まるわけないでしょ」

キョン「たしかに経験豊富とは言えんが..おまえを悦ばせるぐらいならできるぞ」

ハルヒ「寝言は寝て言いなさい」

キョン「じゃあ長門はどうだ?俺が悦びを教えてやろうか」

長門「...お断りする」

ハルヒ「ちょっと、あんた誰でもいいわけ?」

キョン「冗談だ。天下のSOS団の団長様が、冗談のひとつも通じないとは」

ハルヒ「あんたねぇ..わかったわよ。じゃあ相手してもらおうじゃないの」

キョン「ああん?」

【ハルヒ「はぁーあ、最近体持て余してわぁ」キョン「俺が相手してやろうか」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/11(土) 11:52:45.419 ID:b0AOgWjP0.net
みくる「ちょっとダメそこだけはやめ..きゃああんん!!」

ガチャ

ハルヒ「なにしてんのよあんたたち!」

キョン「..なにって」

子猫「ニャーン」

みくる「あ、涼宮さん。校門に子猫が捨ててあったんです」

ハルヒ「それで?」

キョン「俺が首根っこつかんで持ち上げようとしたら、朝比奈さんが可哀想だってうるさくてな」

みくる「ごめんなさい、首の皮だるーんってなってたのであんまり痛そうで」

ハルヒ「...ふんっ、ならいいけど」

【みくる「ふぇぇんキョンくぅん、どこ触ってんですかぁ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/06(月) 13:36:04.300 ID:DQZX8QwR0.net
ハルヒ「いい歳なんだからいいかげん働きなさいよ」

キョン「分かっちゃいるが、一度働かなくなると抜け出せなくてな」

ハルヒ「あんたがバカで無能なのは学生時代から知ってるけど、そんなあんたでもできる仕事はあるはずよ」

キョン「励ましてるのかドン底につきおとそうとしてるのか、どっちなんだ」

ハルヒ「どっちでもいいよのそんなこと」

キョン「もういいから俺のことは放っといてくれ」

ハルヒ「そうはいかないわよ」

【ハルヒ「あんた、まだニートなんてやってるわけ?」 キョン「ああそうだが」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/22(水) 23:55:23.771 ID:Oxp6MjPZ0.net
ハルヒ「あんた、昨日部室でみくるちゃんと2人っきりで居たらしいじゃない」

キョン「そりゃ2人だけの時もあるだろ。何のやましいこともない」

ハルヒ「しかもわざわざ有希を部屋から追い出したっていうじゃない!」

キョン「追い出したのは俺じゃない、朝比奈さんだ」

ハルヒ「どっちでもいいわ。それで、2人で何してたのよ?」

キョン「何って、他愛もない話をしてだけだ」

ハルヒ「ふーん、話ねぇ。2人きりじゃないと出来ない話っていったい何かしら」

キョン「それは..(まさか時空移動の話と言うわけにもいくまい)」

ハルヒ「答えられないような話をしてたのね」

キョン「ちょっと待て、なんでわざわざお前に報告しなきゃいけないんだ」

ハルヒ「当然でしょ!団員のことは全部把握してるのが団長の役目よ」

【ハルヒ「あんた、昨日みくるちゃんとなにしてたの?」 キョン「な、何のことかな?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/14(火) 20:38:44.914 ID:U9OrCFOA0St.V.net
ハルヒ「あんたねぇ..」

キョン「冗談だよ。年に一度、アホどもが調子に乗る日だろ」

ハルヒ「あんたは興味なさそうね」

キョン「義理チョコをいくらもらったところで、何とも言えない虚しさがこみ上げてくるだけだしな。まぁ谷口なら諸手をあげるだろうがな」

ハルヒ「本命をもらったことないなんて、可哀想な奴ね」

キョン「ほっとけ!」

ハルヒ「そういえば、みくるちゃんも男子共に義理チョコを配るって言ってたけど、あんたはいらないのね」

キョン「それはまた別の話だ、で、どこで配るって?!」

ハルヒ「ふんっ!そんなの知らないわよ」

キョン「まぁ朝比奈さんのことだから、律儀に部室まで渡しにきてくれるにちがいない。いつまでも待っていますよ!」

ハルヒ「永遠に待ってなさい!」

キョン「おまえはどうなんだ?」

ハルヒ「なによ?」

キョン「おまえも誰かに渡したりしないのか」

ハルヒ「なんで私が見ず知らずの男子にあげなきゃいけないわけ?寝言は寝て言いなさい」

キョン「じゃあ古泉とか、俺にでもくれようとは思わんのか」

ハルヒ「あんた要らないんじゃなかったの」

キョン「まぁでも、くれるものを断る理由もない」

ハルヒ「欲しいなら素直に欲しいって言いなさいよ」

キョン「へいへい。あー義理チョコでもいいから誰かくれないもんかねー!」

ハルヒ「..仕方な」

ガチャ

みくる「あ、キョンくんここにいたんですね」

【ハルヒ「あんた、今日が何の日か忘れてない?」 キョン「ああん?誰かの誕生日だっけ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/28(土) 17:06:29.021 ID:bcSep0TJ0.net
古泉「不思議探索ツアーに行くそうです」

ハルヒ「今日こそ見つけるわよ、キョン君も一緒に来る?」

キョン「いや俺はやめとくよ」

ハルヒ「そっ、じゃあ出発するわよ!早くしなさい!」

古泉「はい。では行ってまいります」

キョン「お、おう...(なんだこの感覚..涼宮と古泉ってあんなに仲よかったか..?)」

みくる「珍しいですね、涼宮さんと古泉君が2人なんて、いつもはキョン君と2人..あれ?そんなことなかったですよね」

長門「...」

キョン「何言ってるんですか、涼宮と2人で何かしたことなんてほとんどないですよ」

みくる「ですよね...私の勘違いです」

キョン「長門、最近どうだ。何か変わったことで起きてないか?」

長門「...別に」

【ハルヒ「行くわよイツキ!」 キョン「どこへ行くんだ?」 ハルヒ「あら、キョン君あなたも来る?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) 2011/08/31(水) 00:18:07.53 ID:5fZ+aeFuo
自分としては大変不本意ではあるのだが、ハルヒの面倒事に付き合わされるスキルに関しては

日本一を自認している俺であるから、最初にそのニュースを見た時点で、既になんとなく予感

めいたものを感じていたりもしたものだが、とはいえ、そんな事を今更言っても後出しジャンケン

みたいなもので、負け惜しみにしかならないことだし、しかもそんな事を言ったってこの団長様の

決定事項は到底くつがえらないってことぐらいSOS団のメンバーなら誰もが学習済みなので、

従って、団室の扉を開け放って叫んだハルヒの言葉に『来たか』という顔をしてしまったのは、

もはや致し方ないと言うほかないのである。



 ついでに言うと、この俺の語り口調にはそろそろ辟易している向きもあるだろうが、少々お付き合い願いたい。



「ニュージェネ・・・ですか?」 


【キョン「ギガロマニアックス?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: それでも動く名無し 2024/02/04(日) 17:05:08.67 ID:6OPP0bR3a
誰か止めなかったのか…

【ハルヒ「8話ずっと同じ内容のアニメ放送します」←これ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/08/19(金) 19:44:13.439 ID:5xTqWME40.net
ハルヒ「ここで会ったが百年目よ!ずっと偽者のあんたに言いたいことがあったんだから!!」

ゆりっぺ「くっ…ここまでか。ここは私に任せて音無くんは早く逃げて!!」


音無「そう言われてもなぁ…」

キョン「うちのアホが迷惑をかけて本当に申し訳ない」

【ハルヒ「キョン見て!あたしの偽者がいるわ!」ゆりっぺ「な、なんで涼宮ハルヒがこんなところに!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/20(土) 20:59:59.212 ID:/9BYaBWJ0.net
キョン「まったくこいつは…」


ハルヒ「くぅ…くぅ…」


俺の嘆息など気にもとめずにハルヒはまた寝息を立て始める。


ちなみにここは俺の部屋であり、本日は休日だ。


本来ならば俺が惰眠を貪る為に存在している筈のマイベットをハルヒは我が物顔で占領し、この部屋の主であるこの俺が床に座らなければならないという異常事態が発生していた。

【キョン「おいハルヒ。そろそろ起きろ」ハルヒ「ん~…あと10分…むにゃむにゃ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/16(火) 21:12:04.424 ID:p4KG/+kk0.net
中三の冬。

受験を控え、いよいよ切羽詰まってきた冬季講習の帰り道での出来事だった。

佐々木は俺の同級生であり、クラスメイトでもあり、親友と呼べる存在だった。

そんな佐々木に何故こんなお願いとも呼べぬ妄言を吐いてしまったのかは、まぁ追々説明しよう。


佐々木「キョン。すまないが、君がなんて言ったのかよく聞き取れなかった。もう一度繰り返して貰っても構わないかい?」


キョン「はみらせてくれ」

【キョン「なぁ佐々木、ちょっとはみらせてくれないか?」佐々木「は?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/25(日) 18:06:48.15 ID:9bk2N+GWO
ハルヒ「今年のクリスマスは中止よ!」

長門「!?」

キョン「なんだ、ハルヒいきなり」

ハルヒ「いきなりもクソも無いわよ! 私は決めたの!」

みくる「ふええ」

ハルヒ「今年こそサンタクロースとかいう極悪非道な赤いヤツを成敗してやるのよ!」

古泉「おやおや」

【ハルヒ「今年のクリスマスは中止よ!!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: それでも動く名無し 2023/08/24(木) 10:02:28.29 ID:c8PcsMMKd
マジで

【涼宮ハルヒの憂鬱←いや「ったく…wこんな電波女好きになるのは俺だけだってーのw」だよね】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 11:35:54.34 ID:RMswcRGV0
キョン「だと思って買っておいた」

長門「これで包める」

黄緑「餡はもう出来てます。変り種も作りましょうか?」

キョン「趣向は好きですが、食えないのは勘弁ですね」

長門「ワサビ」

キョン「言った側からその提案はひょっとして俺の事嫌いだな長門」

長門「ユニーク」

黄緑「チーズとか入れてみましょうか」

朝倉「あっ、ちょっと美味しそうねソレ」

キョン「そういう楽しみ方をしましょう」

みくる「あのぉ~……」

キョン「ん? どうしました朝比奈さん」

みくる「そのぉ……、自分で包むんですか……?」

キョン「えぇ。そのつもりですが」

【朝倉「その…皮…」キョン「やっぱりか」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/13(日) 00:49:37.36 ID:iFnO/wvF0
キョン「どうだ?ちゃんと入ってるか?」

長門「…痛い」

キョン「す、すまん長門!大丈夫か?」

長門「大丈夫」

キョン「そうか、痛かったら無理しなくてもいいからな」

長門「平気」

【長門「入れて」キョン「いくぞ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 20:54:04.92 ID:snt1IFoJ0
ハルヒ「…………」

キョン「おいハルヒ!しっかりしろハルヒ!!」

古泉「どうかしましたか?廊下にまで声が響いてましたよ」

キョン「古泉、大変なんだ!ハルヒが、ハルヒが!」

古泉「落ち着いてください。これは……まずいですね。何があったんですか?」

キョン「分からない。あんまり馬鹿にされたもんだから、ついイラついて国語辞典で殴ったら……こんなことに」

古泉「疑問が残りますね。原因不明の重体、と言ったところでしょうか」

キョン「お前なんでそんなに落ち着いていられるんだ!!まさか、お前が犯人なのか……!?」

古泉「おかしなことを言わないでください。僕がついさっきここに来たのは、あなたも知っているでしょう」

キョン「じゃあ一体誰が……!ちくしょう!!」

【キョン「ハルヒ、嘘だろ?なんで……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/19(金) 20:54:54.29 ID:V22ipNO+0
キョン「おいどうしたハルヒ!!」

ハルヒ「かっ……!っ……!!」

キョン「ハルヒ!?」

古泉「もしかしてこのお餅がのどに詰まったんじゃないでしょうか」

キョン「そうなのか?ハルヒ」

ハルヒ「っ………!!っ……!!」コクコク

キョン「おい!そうなのかハルヒ?モチが喉に詰まったのか!?」

ハルヒ「んくっ……かっ……!!」コクコク

キョン「くそっ、全然わかんねえ!!」

【ハルヒ「んぐっ!?んんんんん!???……かっ……!っか……!!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 22:22:28.14 ID:ziuUlRyw0
キョン「元気玉ってあの元気玉か長門」

長門「そう」

キョン「つまりその天に向かって突き出した手は元気を集めているというわけだな長門」

長門「そう」

キョン「どうして元気玉を出したいんだ長門」

長門「ブウを倒すにはこれしかない」

キョン「ブウ編の最後なんだな長門」

長門「そう」

キョン「どれくらい溜まったんだ長門」

長門「雀の涙」

キョン「じゃあ俺も協力してやろう」スッ

長門「助かる」

キョン「うっ・・・?」ガクッ

キョン「はぁっ・・・はぁ。なんだ?急に息切れなんて」

長門「元気が来た」

【キョン「なにやってるんだ長門)長門「元気玉」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/09(金) 08:41:37.670 ID:imzUaIMO0
キョン「暇だな」

古泉「暇ですねぇ」

キョン「なんで今日はお前しかいないんだ?」

古泉「皆さん、用事があるんじゃないでしょう か」

キョン「そうかぁ…」

キョン「…」

キョン「…なぁ古泉」

【古泉「うまるーん」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/07(水) 00:16:58.971 ID:tFGlLfwR0
僕は殴った。涼宮さんを思い切り殴った。

唖然とする彼と鶴屋さん。朝比奈さんは
まだ酔いが回ってるのか、起こったことがよくわかってなさそうだが
長門さんまで少し驚いたような表情をしている。

古泉「はぁっ……はぁっ……朝比奈さんは……あなたのオモチャではないでしょう!」

キョン「お、おい。古泉……」

涼宮さんによる映画撮影でコキ使われていた僕たちだったが、
僕はもう堪忍袋の緒が切れた。

【ハルヒ「うああっ!!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/06(火) 19:09:52.803 ID:CwaYU2xD0
キョン「だよな」

【キョン「なぁハルヒ」ハルヒ「何?」キョン「お前ぶっちゃけ俺のこと大好きだよな?」ハルヒ「そうね、愛してると言ってもいいわ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/25(水) 21:55:28.69 ID:iaJDSdT1P
キョン「冗談はやめろ」

朝倉「冗談だと思う?」

キョン「意味が解らないし、笑えない。だいたい俺達は一緒に飯を食うような仲でもないだろう」

朝倉「あら、あたしはこれからそんな間柄になりたいと思ってるんだけど」

キョン「何にせよとりあえずその手を離してくれないか」

朝倉「うん、それ無理。だってあたしは本当にあなたに来て欲しいんだもの」

キョン「でもな……」

朝倉「ちなみに今夜はあなたの大好きなカレーよ」

キョン「ご馳走になります」

【朝倉「あなたを夕食に招待して涼宮ハルヒの出方を見る」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/20(水) 21:23:03.62 ID:zz+Nc2j7O

古泉「まずはフライパンを熱して……」

古泉「たまごをいれます」

古泉「目玉焼き……楽しみですね」

古泉「さて。醤油と塩胡椒を用意しましょう」

古泉「……」ゴソゴソ

古泉「醤油が切れてる……」

古泉「ソースで我慢してやりますか」

古泉「……あれ?」

古泉「油を入れ忘れました」


【古泉「料理をしましょう」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/31(土) 00:43:54.82 ID:odvsaEhaP
朝倉「あなたをトバして涼宮ハルヒの出方をみる。ロン! 48000!」

キョン「げぇっ! 隠れ大三元!」

長門「残念ながら頭ハネ。ロン。断ヤオのみ1300点」

朝倉「長門さん!」

長門「捨て牌の迷彩が甘い。山読みも、他家の手牌進行読みも甘い。だから私に気付かれる。和了を逃す」

朝倉「くっ……」

喜緑「手厳しいですねぇ」

キョン「長門、悪い。助かった」

長門「気にしなくていい。あなたは私が守る」

【長門「あなたの背中は煤けている」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/12(日) 21:39:18.80 ID:P0qlzNxU0
長門「まずい…」

長門「これが朝倉涼子の知ることとなれば…」

長門「…」ガクブル

長門「おしりをぺんぺんされる…」ブルブル

【長門「ハンカチを忘れた…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@おーぷん 2015/09/05(土)10:30:19 ID:JC9
【部室】


キョン「うーす」ガラッ


キョン「あれ? 今日は長門だけか?」

長門「…………」ペラッ (本をめくる)

キョン「長門、ハルヒや朝比奈さんや古泉はまだ来てないのか?」

長門「……」コクッ

キョン「何か理由は知ってるか?」

長門「……」コクッ

キョン「教えてくれないか?」

長門「文化祭の準備」

キョン「ああ……そういやもうすぐだったな」

長門「そう」コクッ

【ハルヒ「有希はキョンのことが好きなのね!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@おーぷん 2015/09/05(土)10:30:19 ID:JC9
【部室】


キョン「うーす」ガラッ


キョン「あれ? 今日は長門だけか?」

長門「…………」ペラッ (本をめくる)

キョン「長門、ハルヒや朝比奈さんや古泉はまだ来てないのか?」

長門「……」コクッ

キョン「何か理由は知ってるか?」

長門「……」コクッ

キョン「教えてくれないか?」

長門「文化祭の準備」

キョン「ああ……そういやもうすぐだったな」

長門「そう」コクッ

【キョン「涼宮ハルヒの誤解」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/12(金) 02:34:57.085 ID:269YD7Pc0
ハルヒ「ふあぁ・・・」スタスタ

キョン「おいハルヒ」

ハルヒ「・・・」

キョン「聞いてるのか?」

ハルヒ「・・・」

キョン「やれやれ、ご機嫌斜めだな」

ハルヒ「・・・」

【ハルヒ「ツンデレのキョンをちょっとだけ無視してみる」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 17:28:01.02 ID:q1i9iIDH0
ハルヒ「ふん!!」

キョン「お前なんか知るか!」

古泉(彼がここまで怒っているところは初めて見ました・・・)

長門(有機生命体の口論・・・興味深い)

みくる(ひええええええ・・・・・キョン君も涼宮さんもピリピリしてますぅ・・・)

古泉「まあまあお二人とも・・・喧嘩の原因は??」

ハルキョン「キョン(ハルヒ)が悪い!!」

【ハルヒ「キョンなんか知らない!」キョン「こっちのセリフだ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 23:15:33.82 ID:+hpx78j00
ハルヒ「ふーん、英語で何書いてあるかさっぱりわからないわ」

長門「……」

ハルヒ「有希は家庭科の課題で何つくったの?」

長門「……そば」

ハルヒ「そう。……」

長門「……」

【ハルヒ「有希、何読んでるの?」 長門「……これ」】の続きを読む

このページのトップヘ