えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

涼宮ハルヒ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 19:56:47.02 ID:0LS60WwUO
ハルヒ「キョン…」

キョン「なんだ…」

ハルヒ「海っていいわね…」

キョン「なにがだ…」

ハルヒ「あ イカつり漁船よ…」

キョン「ここは函館だからな…イカつり漁船が海にあると相場がきまってるんだよハルヒ…」


【ハルヒ「あ イカつり漁船よ…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :涼宮ハルヒの看病:2009/09/16(水) 19:36:38.31 ID:k6kol3p40
ハルヒ「遅れてごめーん!」

キョン「遅かったな、何か用事でもあったのか」

ハルヒ「ちょっとね。SOS団の新しいポスターを作ろうかと思って、デザインを考えてたの」

キョン「お前も大変だな」

ハルヒ「そう思うんなら手伝いなさいよね!」

キョン「(今のは皮肉のつもりだったんだがな……)」

ハルヒ「それで、ポスターにみくるちゃんの悩殺ショットを載せたらどうかと思って……」


【ハルヒ「何でもやるって言ったのは、あんたなんだからね……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/13(日) 15:54:51.92 ID:C/dmg5a5O
キョン「何の」

ハルヒ「声優の」

キョン「スーパーの面接か」

ハルヒ「バカ違うわよ。声の方!」

キョン「誰が」

ハルヒ「SOS団全員」




【ハルヒ「キョン、オーディションを受けに行くわよ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 05:35:20.99 ID:fBDBvYAg0
キョン「は?」

ハルヒ「飽きた」

古泉「…………」

ハルヒ「解散」

【ハルヒ「SOS団飽きた」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 19:22:52.26 ID:WSXNmIVbO
ついこの間まで蝉がやかましく幅を利かせていた夕暮れ時は、幾分穏やかになり秋の虫の音が響くようになった。そういえばもう久しくクーラーも使っていないなあと、ベッドと壁の間で見つけた空調のリモコンを手に、ぼんやりと考える。



もう夏も終わる。夏休みが終わる。

けだるい暑さは足早に去った。あれだけいやだった熱帯夜が、なんだか恋しい。



そうやって、網戸の向こうから流れてくる夕風に季節の変わり目を感じていると、携帯がやかましく着信を伝えた。やれやれ、どうして機械音はこうも風情がないのか。


……ハルヒか、

ピッ


キョン「よう、どうした」


ハルヒ「旅行に行くわよ!」


【ハルヒ「旅行に行くわよっ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2 : ◆sjPepK8Mso :2009/08/27(木) 15:49:56.38 ID:1vVBBed00
キッチン「私たち地球人の移民星はこのキャラルだけではないのよ」

    「それなのに、あんた達は地球から追い出されたからってキャラルに逃げ込んで」

ハルヒ 「キッチン、でも」

キッチン「あんた達のおかげでバッフクランに攻め込まれて、戦争に不慣れなキャラルはめちゃめちゃになったわ」

コスモ 「でも、俺たちには……」

キッチン「迷惑なのよ。軍人の父も死んだわ。私の周りの子供たちも。みんな両親を亡くしたわ」

ハルヒ 「……武器弾薬を手に入れたらすぐにでも出ていくつもりをしてるのよ?」

キャラル司令「それは出来ん、出来ん相談だ!」

ベス  「何故です!」

ハルヒ 「!」

司令  「半分以上の戦力を叩かれている我々には全くの余裕が無い。諸君らが出ていけばキャラルの安全は保障される」

ハルヒ 「私たちが出ていけばバッフクランは私たちだけを追いかけそうなものなのよ! それなら少しぐらい弾薬を分けてくれたって!」

司令  「そのバッフクランが、恐れでもって我々までも攻め滅ぼさないと、誰が保証してくれる!」

ハルヒ 「それは……」

司令  「貴様ら程度の人数が生き残るためにと、キャラル全体を滅ぼすようなまねをされては困るのだ! すぐにも出て行ってもらう!」



【ハルヒ「……イデのする事ってこういう事なの?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: それでも動く名無し 2023/04/19(水) 22:28:09.71 ID:mXgBfsvfd
名作やろ

【涼宮ハルヒの憂鬱、今見てもやっぱり面白いwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/11(火) 22:19:54.12 ID:M3SwPupW0
キョン「知らんな。」

ハルヒ「ルールは簡単よ。同じ食べ物を時間内にどれだけ食べられるか競うのよ」

キョン「へぇ…(聞いちゃいねえ)」

ハルヒ「応募しておいたからね」

キョン「は?」


【ハルヒ「キョン、フードファイトって知ってる?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/11(火) 03:13:05.23 ID:mUh/Urzq0
キョン「おい、一体何なんだ?急に」

ハルヒ「あーあかんて!今言ぅたやん?そういうナヨナヨした喋り方やめよって言ぅてんの!」

キョン「そんな無茶言われても、俺はもともとこういう喋り方なんだ」

ハルヒ「ほんなら何か指定するわ!」



【ハルヒ「今から東京弁禁止っ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/31(金) 22:14:08.35 ID:W8YVQMgz0
ハルヒ「なんか面白いことないかしら?」

古泉「では、ジン・ラミーなどいかがですか?お相手いたしますよ」

ハルヒ「悪いけどパスだわ、古泉君。そういう気分じゃないのよ」

古泉「そうですか、それは残念です」

ハルヒ「みくるちゃん、何かない?」

みくる「えっ…、じゃあ…しりとりはどうですか…?」

ハルヒ「みくるちゃん、あたしは小学生じゃないのよ」

みくる「す、すいません…」

【ハルヒ「暇だわ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/07(水) 23:21:18.45 ID:JMuH878R0
キョン「……あん?」

古泉「ヒウィゴッ カモン」カクカク

キョン「」

古泉「涼宮さんはァ~ 自由人~ 倒すぜ青い巨人」カクカク

キョン「」

古泉「ナナナナァwナナナナァwなんとw負けましたwww」カクカク

キョン「」

古泉「いきなり話しかけてすみませんwww誠にすみませんwwwwwんふっwんふふふふwww」キリッピタッ

キョン「お……おい」

古泉「ウヒィッヒゲッホゲホwwww」

キョン(何だコイツーーーッ!?)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1420640468

【キョン「古泉か?ボロボロだぞ?」古泉「……ヒウィゴッ」ボロッ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/09(日) 05:54:14.64 ID:iqHdgy180
ベジータ「俺に部活に入れだとぉ?」

ハルヒ「そうよ、あなたが入ればいろいろと助かるのよ」

ベジータ「お前の噂は聞いているぞ、変な女みたいだな」

ハルヒ「変な女はちょっと酷いんじゃない?」

ベジータ「宇宙人や未来人や超能力者などこの世に存在するわけがないだろう」

ハルヒ「そんなのわからないじゃない!」

ベジータ「おいトランクス、傑作だぞ。この女は本気で宇宙人や未来人がいると思ってるみたいだ」

トランクス「そんなに笑うのは失礼じゃないですか、夢を持つのはその人の自由ですから」


【ハルヒ「ちょっとベジータ、あなたSOS団に入らない?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/05(月) 18:35:30.32 ID:HrOQn0bH0
短編クロス



ひんやりと額に冷たい感触があり、鹿目まどかは目を開けた。
視線の先には優しく微笑む古泉一樹の姿が。

まどか「古泉さん…」

古泉「大丈夫です、そのまま寝ていてください」

軽く上げた頭はズキズキと痛んで何時もの何倍も重たく感じられた。
古泉一樹にやんわりと止められて、再びふかふかの枕へと頭を沈める。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1420450529

【まどか「うさぎ、ですね…!」古泉「どうぞ、食べてください」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/07(金) 19:00:40.88 ID:gDa/Bp94O
キョン「やれやれ、また学園長先生並みの迷惑な思い付きか」

ハルヒ「なんですって…」

キョン「いやいや、なんでもないさ」

みくる「どうやって決めるんですかぁ?」

ハルヒ「くじよ!もう作ってあるわ!…古泉君が」

古泉「さぁどうぞ引いて下さいみなさん」


【ハルヒ「一人称を変えるわよ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 17:29:08.68 ID:H42Us67f0
【涼宮ハルヒの憂鬱と妖怪ウォッチ】





自分が「猫」だった頃、大好きだった人がいる。

太陽のようにまぶしい笑顔。己の頭を撫でる柔らかな手のひら。己の名を呼ぶ凛としたその声。
注がれる全てが優しさに溢れていた。

『よーしアカマル、散歩に行くわよ!』

そんな彼女、涼宮ハルヒが毎日のように、自分に告げた言葉がそれだった。
自転車のかごに乗せられ、住宅街や公園を過ぎ、緩やかな坂を駆け上って
風と共に流れてゆく街の景色を眺めるのが好きだった。
彼女と共に見る世界の全てが、幸福そのものであるかのように光り輝いていたのだ。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1420273748

【キョン「ジバニャン散歩に行くぞ」ジバニャン「い、いきなりどうしたニャン?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/01(木) 01:13:44.20 ID:unI/WHlB0
涼宮ハルヒの憂鬱×魔法少女まどか☆マギカ



--お菓子の魔女ダンジョン中枢--


マミ「鹿目さん本当に一緒に戦ってくれるの?そばに居てくれる?」

巴マミは目に大粒の涙を抱え今も泣きそうな勢いである。
マミの問いに鹿目まどかは「はい、私なんかで良ければ」と答えた。

マミ「参ったな、まだまだ先輩ぶってなきゃいけないのに…そうだわ!」

するとマミは、何かを思い出したかの様に、おもむろにポケットを弄り一枚の紙切れを取り出すと、その紙に何かを書き始めた。
しばらくすると、その紙を空中に投げそしてその紙はどこかえと飛んで行ってしまった。
もちろんまどかはマミが何がしたいのか理解できず頭の上に?マークを浮かべていると、マミはクスリと笑みを浮かべ、

マミ「さっきのも魔法の一つで魔法の手紙みたいなものよ。内容は、私に新しい後輩が出来たから観にきて欲しいって昔お世話になった魔法の師匠に送ったのよ」

そう言ってマミは魔法少女の姿に変身した。そしてその紙が届いたのは数日後のことだった。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1420042423

【魔法少年キョン☆マギカ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/12/28(日) 22:48:59.96 ID:o5jdpb4T0.net[1/15]
 とある休日、不思議探索は休みと団長様からお達しがあり、久々に惰眠を貪ることができるなどと俺は考えていた。
もはやお約束と言われても仕方がないのだが、ハルヒによってその快適な睡眠は妨げられることとなる。

 いや、薄々はわかってはいたのだ。ここのところ何かと忙しく、ハルヒと二人っきりになる時間がほとんど無かった。
それをハルヒがどう思っていたのかは、今日の行動を待たずとも明白であったわけだ。

 実際、俺としてもハルヒと一緒に過ごせないのは残念に思っていたわけで、本日の訪問は素直に嬉しく思う。

 しかし、一つだけ納得いかないのは、快適な惰眠を妨げられたことだ。
 

【キョン「休日の午後?」ハルヒ「休日の午後!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/11/04(火) 23:18:21.00 ID:IDJyz5S30.net
古泉「それは本当ですか?」

キョン「ああ、授業中当てられても答えられないことが多いし、テストの点数でもよく教師に呼び出されてる」

古泉「それはもしかすると大変なことかもしれませんね」

キョン「なんでだ?ハルヒがサボっただけだろ?」

古泉「別に涼宮さんが成績優秀なのは彼女の努力でも頭のよさでもありません、願望実現能力のせいです。」

【キョン「そういえば最近ハルヒが勉強についていけないらしい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/04/29(火) 22:25:05.20 ID:jXBfmrTP0.net[1/32]
 最近、何故かは知らんがハルヒの様子が少しおかしい。元々おかしいのは百も承知だが、
それに輪を掛けておかしいのだ。具体的な例を挙げると、とにかく処構わず俺にくっついてくる。
少々誤解を招きそうな言い方なのだが、事実だったりするわけで致し方ない。

 休み時間などはあまり動き回るということはないので、何時もと同じと言えばそれまでだが、
一度移動教室ともなると確実に俺と行動を伴にしようとする。その意図はまったくもって不明なのだが、
谷口が冷やかしてきたり、クラスメイトの生暖かい視線を感じるのは俺の精神衛生上よろしくない。
止めさそうとはするのだが、ハルヒは聞く耳を持たないから困ったもんだ。

 ハルヒの目を盗んで古泉にいろいろ原因を訊ねてみるのだが、上手くはぐらかされて結局はわからず仕舞い。
一つだけ言えるのは、古泉もクラスメイトと同じ生暖かい視線を投げ掛けてくるってことぐらいだ。

【キョン「犬?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :名無しさん@おーぷん 2014/09/01(月)20:38:44 ID:1erMwMQdW

「ねぇ、ジョン。最近何か変わったことあった?」

ジョンって誰だ?俺だ。

ジョンと呼ばれ始めて早くも一年が経過しようとしていた。

ハルヒのやつが俺のことをジョンと呼んでくれたおかげで、俺のあだ名はキョンからジョンへと変化した。
ジョンもキョンも、正直なところあだ名としては勘弁してもらいたいと思っている。

しかしながら、一度定着してしまったモノをいまさら誰も変えようとはせず、俺はこのあだ名を受け入れねばならないのだ。
それもこれも、涼宮ハルヒに出会ってしまったのが運の尽きなのだろう。

やれやれだ。



【キョン「Am I Jhon?」ハルヒ[You Are John!]】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: それでも動く名無し 2023/04/04(火) 00:34:51.49 ID:WQV05WjCM
消失まで見たらめちゃくちゃおもろかったけど一期の範囲はそこまでじゃない?

【涼宮ハルヒの憂鬱見たけどこれなんで一期の時点で流行ったんや?🤔】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/17(土) 22:09:35.94 ID:cSHh5PRH0
椅子を蹴っ飛ばして立ち上がったキョンは、あたしを睨んだ。
負けずに睨み返す。

「……俺はSOS団を辞める。いいな」

キョンの声は、僅かに震えていた。
いつもなら『団長の命令無しに辞めるなんて許さない』と言うところだけれど。

「勝手にしなさいよ」

これは本心。

「じゃあな。今まで世話になった」

キョンはドアを開け、足早に出て行った。
古泉君が言う。

「彼と話をしてきます」

あたしが何かを言う暇もなく、古泉君も出て行った。
団室には、あたし、みくるちゃん、有希の三人だけが残った。



【キョン「もうお前にはついていけない」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/10/31(金) 22:27:31.41 ID:z/28asry0.net[1/10]
ハルヒ「!?」

ガタッ
俺「玄界灘中出身、涼宮ひろし。ただの人間には興味はない」
 「この中に『組織』について有力な情報を持った奴がいたら俺のところに来てくれ・・・以上だ」

ハルヒ「」

~休み時間~

ハルヒ「ちょっとアンタ! さっきのどういうつもり!?」

俺「さっきの・・・俺の自己紹介のことか?」

ハルヒ「そうよ!組織がどうとか・・・説明しなさい!」

俺「アンタ、『組織』について何か知ってるのかい?」

ハルヒ「知らないから聞いてるんじゃないの!」

俺「(やれやれ・・・付き合ってられないな・・・)ほりゃっ」ブゥゥ~

ハルヒ「!? 屁!?」

シュゥゥゥゥ・・・

ハルヒ「ケホケホ・・・ちょ、ちょっとアンタ!一体どういう・・・」

ハルヒ「消えた!?」

【ハルヒ「東中出身、涼宮ハルヒ。ただの・・・」 俺「へぇ、アンタも涼宮っていうんだ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/08/18(月) 22:51:49.69 ID:TNnnOefj0.net[1/22]
 この世の中の学生にとって、いや、世間一般人にとって最も憂鬱な瞬間とはなんであろう。

 言わずもがな、月曜日の朝である。

 土日という至福の休日の後にやってくるそいつは、誰にとっても平等に訪れる。
時間の流れはある意味残酷で、そんな残酷さをもって月曜日という憂鬱を加速させていく。

 とにかく、何が言いたいのかというと、憂鬱だってことだ。

 どこぞの団長様にとってみれば、退屈でなければそれで構わないのだろうが、生憎俺は平凡な一般人である。
日曜日の夕方6時頃になると、既に憂鬱である。
別に、そう感じるのは俺だけではなく、多くの人がそう感じているだろう。

 夏真っ盛りの今日この頃。朝からセミは働きもので、休むことなく鳴き続けている。少しはその元気さを分けてもらいたいものだ。
まぁ、どこぞの団長様には静かさを学んで欲しいとこではあるが。

【キョン「月曜日の朝?」佐々木「月曜日の朝だね」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 19:09:15.99 ID:jyIZ/BHV0
??「……ンくん、キョンくん!」

キョン「ん……ぅ……」

??「ほら、早く起きるっさ!」

キョン「……もうちょっとだけ、寝かせてくれ……って、え?」

??「そんなこと言ってたら遅刻しちゃうよっ? ほら、早く起きた起きた!」

キョン「な……!? つ、鶴屋さん……っ?」

鶴屋「ようやく起きたのかなっ? でも、その“鶴屋さん”って呼び方はいただけないねぇ」

キョン「え……?」

鶴屋「もぉ~、まだ寝ぼすけさんかいっ? “つるねぇ”って呼んでくれないと!」

キョン「つ、つるねぇ……?」

鶴屋「ほらっ、早く起きた起きた! おばさんが朝ごはん作って待ってるよっ!」

キョン「あ、はい……お、起きます……」

鶴屋「ん、よろしい! じゃあ、私はお先に下に降りてるにょろ! 早く来るんだよ~っ?」

キョン(な、何だこれは……朝起きたら鶴屋さんが目の前にいて……しかも、“つるねぇ”って何だ……?)

【キョン「あ、あの、鶴屋さん?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆tr.t4dJfuU 2014/10/11(土) 00:47:51.97 ID:Kg1277h9o

衝撃的ではなかったものの、きっかけはただただ唐突だった。


ハルヒ「佐々木さん、ちょっと話があるんだけど」


怒ったような、機嫌の悪そうな目つきはそのままに、一抹の不安を隠した瞳。
只事ではなさそうな気配に気圧された私は、おずおずと返事をかえすことしかできなかった。


佐々木「私?」

ハルヒ「そうよ。・・・ちょっと明日の放課後、私の学校に来なさい」

佐々木「・・・わかったわ。明日の放課後ね。SOS団だっけ、部室でいいの?」

ハルヒ「ええ」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1412956061

【佐々木「私、あなたのこと好きなのかもしれない」ハルヒ「・・・そう」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 00:57:30.04 ID:OCvjyTlLO
キョンの部屋

妹「キョンくんでんわ~!」バタン

キョン「勝手に扉を開けるな…全く…はいもしm…」ピッ

??「んふっ、さて私は誰でしょう」

キョン「切るぞ古泉」

古泉「申し訳ありませんが切らないで頂けますか。わざわざ貴方が帰っているであろう時間に電話したのにも関わらず用件も言えないのではこちらとしても貴方としても非常に不味いので」


【長門「私の体はあなたのためにあると気づいた」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆1a/nSLw7QflD 2014/10/06(月) 04:35:30.36 ID:fQ8D1M87O
放課後、俺たちはいつも通りダラダラと団室で過ごしていた
するとハルヒが突然意味のわからんことを言い出した

「古泉君をモスグリーンに染めるわよ!」

何がしたいんだこいつは
俺にとってはこいつの頭の中が一番の不思議だ

不思議を見つけたぞハルヒ、よかったな
灯台もと暗しとはまさにこのことだ
不思議探索はもう終了でいいんじゃないか
なんて思うだけで口には出せない
神様の逆鱗に触れたらどうなることやら分かったもんじゃないからな

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1412537730

【ハルヒ「古泉君をモスグリーンに染めるわよ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/09/18(木) 22:01:51.36 ID:K+133+210.net
キョン「なんだ藪から棒に」

ハルヒ「あんたとバカ谷口が話してるの、聞いちゃったのよね」

キョン「ああ、あれか」

みくる「なんの話ですか?」

キョン「実は俺今日の数学の小テストで・・・」

ハルヒ「言わせないわよ!」
キョン「」

【ハルヒ「キョンの癖に生意気よ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/07/29(火) 00:31:53.73 ID:QLPnCkja0.net
 最近、ハルヒの様子が少しおかしい。いや、おかしいのはいつものことで、それにおかしいと言うといささか語弊がある。
率直に現状を述べるとするならば、どうやら俺はハルヒに嫌われたらしい。別にこれは、何の根拠も無い俺の被害妄想ということでは断じてない。
根拠というか……まあ、言葉にしてはっきりと嫌いと言われたわけなのだが、ショックだった。嫌いと言われたことではない。

 ハルヒに嫌いと言われたことにショックを受けている俺自身にショックを受けたのだ。ややこしいが、二重にショックだったわけだ。

 それにしても、いきなり面と向かって嫌いだなんて、いくら思っていても心の中でひっそりと言えばいいだろうに。

 そんなわけで、ここ数日はもやもやとした気分で過ごしている。仮病を使うことも考えたが、それはそれでなんとなく悔しいのでこうして学校に通っている。
長い長い坂道が憂鬱を加速させていく。

「やれやれ……」

 こうやって溜め息をこぼすのも果たして何度目やら。とにもかくにも、今日も嫌な日常が始まるのだった。
 

【キョン「ツンデレ?」】の続きを読む

このページのトップヘ