えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

渋谷凛

    このエントリーをはてなブックマークに追加

凛「先日久しぶりにさ、友紀さんと茜、渚の4人でお出かけしたんだ」

凛「スポーツ観戦しようって話になったんだけど」

凛「三人ともそれぞれ違うスポーツを見たい、って言ってね」




【凛「Linkラジオ、そぞろに続くよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

凛「放送もこれで第6回、Linkラジオは絶好調だよ」



【凛「Linkラジオ、もっと続くよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

凛「Linkラジオ、始まるよ」 

凛「ラジオLink、続くよ」 

凛「Linkラジオ、まだまだ続くよ」 

凛「Linkラジオ、さらに続くよ」

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 22:28:19.47 ID:64GPfRzh0
凛「祝、Linkラジオは第5回を迎えたよ」

凛「相変わらずお便りは絶える事がなくて嬉しいです」

凛「でも、新たな問題が発生しちゃったね…」

凛「お菓子が届きすぎて、かな子が泣きながら体重計に乗ってたよ」

凛「まだまだ可愛いレベルなのに…」



【凛「Linkラジオ、これから続くよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 モバP「なぁ、凛」

2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/10(日) 19:31:37.65 ID:HIsjOaRQ0

若葉「~♪」

P「若葉ー?」

P(ソファに座り、ニコニコしつつ足をぷらぷらと振りながら上機嫌でお茶を飲んでいる……。
  若葉、何か良い事でもあったのかな?)

P「やあ、若葉」

若葉「あ、Pさんこんにちは~」

P「どうした、なんか機嫌が良さそうだけど」

若葉「あ、わかりますか~? うふふっ、そうですね。ちょっと良い事がありましたっ」

P(満面の笑みからするとちょっとどころか余程良い事があったみたいだけれど)

P「何があったの?」

若葉「ふふふっ、聞きたいですか?」

P「うん、聞きたいな」

若葉「えっとですねぇ……」

P「うんうん」
 


引用元: 凛「何してるの、プロデューサー」 


 

【凛「何してるの、プロデューサー」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

凛「Linkラジオ、始まるよ」 

凛「ラジオLink、続くよ」 

凛「Linkラジオ、まだまだ続くよ」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23(火) 00:33:29.20 ID:nhY/FLoD0

凛「いつもたくさんのお便りとこんにゃくをありがとう」

凛「でもそろそろ事務所の皆も辟易としてるよ」

凛「…できればお菓子が良いなあって、法子やかな子が言ってました」



【凛「Linkラジオ、さらに続くよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/07/15(木) 01:07:22.32 ID:e4FXtczk0

凛「いるけど、なに?」

P「こんどのライブのことで話があるんだ」

凛「どうしたの?」

P「凛はこのステップを踏むところがタイミングが掴めないと言っていたな」

凛「言った。今も難しい」

P「それで個別レッスンをしようと思うんだ」

凛「いいの?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1626278842 




【モバP「凛、いるか?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
44:  2012/09/06(木) 01:32:49.94 ID:A6AHli+H0

~凛ちゃんと杏ちゃんの間の空気をどうにかする委員会~

P「あ、戻ってきた。」

きらり「Pちゃあああああああん!」

未央「プロデューサーあああああ!」

P「うごふっぁ!」

千枝「ああっ……プロデューサーさん!」

ちひろ「みごとなフライングボディアタック×2だわ。」

きらり「杏ちゃん超恐いにぃ!足が震えるにぃ!」

未央「凛ちゃんとりつく島もありません!どうしたらいいですかああ!」




【モバマスP「最近、凛と杏の仲が悪い……俺がなんとかしないと」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/02(木) 21:08:35.56 ID:Ybp4dPto0

私の手にはプロデューサーに渡すためのチョコレートがある

私に、夢中になれることを教えてくれた感謝のきもちと、そして、それよりも大きな気持ちを込めて作ったチョコレートが

我ながら上手に出来た…とは思うけど

あとはこれをどう渡すかって事が問題なんだよね

ストレートに?それともちょっと違った感じで?

…ダメだ、答えが出ない

こうなったらもうぶっつけ本番の方が良い気がしてきた

その方が私の本音も出せる気がするし

よし、そうしよう


引用元: 渋谷凛「甘い時間と夢現」 


 

【渋谷凛「甘い時間と夢現」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

凛「Linkラジオ、始まるよ」 

凛「ラジオLink、続くよ」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 23:14:09.16 ID:4TtRPytP0

凛「前回はたくさんのお便りとこんにゃくをありがとう」

凛「おでんに五目に金平に…」

凛「みんなでおいしく頂きました」

凛「…それでも山のように残ってるけどさ」

【凛「Linkラジオ、まだまだ続くよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

凛「Linkラジオ、始まるよ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 09:21:46.77 ID:Al1UWiS90
凛「第2回、渋谷凛のラジオ、Linkが始まるよ」

【凛「ラジオLink、続くよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 00:43:48.21 ID:7SVZ6Ska0
凛「今日からこの時間帯は私、渋谷凛がMCを務める、Linkが放送されるよ」

凛「このラジオは、私のアイドル生活やゲストを呼んでのトークがメインになるかな」

凛「とりあえず、今日のプログラムはテンプレどおりに行こうか」

【凛「Linkラジオ、始まるよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 凛「で、夕美はモバPさんとどこまでやったの?」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/29(月) 19:57:18.59 ID:aYKV9Sbm0
夕美「えっ!?」

凛「違うの?」

夕美「え、ええっと」

凛「すごく話したそうな顔してるけど」

夕美「う……」

夕美「……違わない、です」 




【凛「で、夕美はのろけ話がしたいの?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/01/19(木) 00:40:06.72 ID:L6QL6tCc0
未央「はい。というわけで早速開始しましょー346プロ所属アイドル新年会~」

卯月「わーい」ドンドンパフパフ

凛「こうしてみんな揃ってお正月祝えなかったしね」

みく「すいません。実家のコレがアレらしいので」クルッ

まゆ「申し訳ありません、ニュージェネと食事を取るのはお医者様に止められているので」クルッ

卯月「ところがぎっちょん!」ガシッ

みく「はーなーせーにゃぁぁああ!!何でにゃあ!みく達番組の打ち合わせだって聞いて来たのに!」

まゆ「ロンドンハーツみたいな騙し方するんですねぇ…あ、凄い。卯月ちゃんに捕まれるとビクともしませんね」

凛「知らないの?大魔王からは逃げられないんだよ」

卯月「そんなぁ~……えへへっ」

未央「おぉう、大魔王ってしまむー的には誉め言葉なんだ?」

みく「新しい年を迎えて1か月も経ってないのにまたロシアンパーティーとかどんだけなの!どんだけなの!?」

凛「酷い言い方だね。卯月だって流石に4日間は常人ぶっていたんだよ?」

まゆ「1週間も持続出来ないんですねぇ…あ、卯月ちゃんそろそろ手を放して貰えませんか?まゆの右手が紫色になってきているんで…」

未央「しまむーしまむー、ハウス」

卯月「はいっ!」パッ

まゆ「うぅ…ここ最近平和だったので油断していました…」クスン

みく「同僚に対して油断できない職場だったっけ、この事務所って!」

凛「もう、2人とも今回が初めてって訳じゃないんだしそろそろ諦めれば?」

未央「うんうん、人間何事も慣れだよ慣れ。どこかで適当に折り合いつけないと」ハイライトオフ

みく「慣れた末路がサイコだよ!?」

まゆ「Pさん…まゆ、絶対この試練を乗り越えて貴方の元に戻ります…。どうか、どうかまゆを見守っていてください…」

卯月「盛り上がってきたところで早速始めましょう!」




注・ほんのちょっぴりキャラ崩壊してます

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1484754006

引用元: 凛「お雑煮」 まゆ「パーティーです」 みく「にゃ」 


 

  【凛「お雑煮」 まゆ「パーティーです」 みく「にゃ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 11:23:47.50 ID:4cKCevu8o
凛「…………急にどうしたの、加蓮」

奈緒「そうだよ、加蓮。なに言ってんだ、まったく」

凛「ホントだよ。奈緒、もっと言ってあげて」

奈緒「下手そう、じゃなくて下手の間違いだろ」

凛「!?」



加蓮「ごめんごめん。ホント今更だね」

凛「!!??」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1419128617



【加蓮「凛ってさ、甘えるの下手そうだよね」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/06/23(水) 07:04:12.71 ID:yQiU4gal0

凛「ほら、これ振ってよ、プロデューサー」つリスキーダイス

モバP「か、勘弁してくれ……も、もう……頼む……」ガクガク

未央「ダメだよ、早く振って?」

卯月「このダイスを振って大吉を出して『嫁籤(ヨメリー)』の呪文カードを唱えてください!」

ありす「そうすれば、貴方を一番幸せにできるお嫁さんアイドルが選ばれるんです」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1624399452

【凛「ハイハイハイハイ、モバP君のちょっといいとこ見てみたいー♪」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆AHvbf5ars. 2015/07/23(木) 02:17:41 ID:GJlgoaCw
凛「待ってよ……冗談でしょ?」

奈緒「冗談なんかじゃない」

凛「嘘だよそんな……」

奈緒「そんな嘘ついてどうなるっていうんだよ。本当だよ」

奈緒「本当に加蓮は死んじまったんだよ」

凛「そんな事って……そしたら……そしたら私達は……」

凛「今日の出かける予定どうすればいいわけ?」

奈緒「加蓮が生き返るのを待つしかないよ」

凛「はぁ……今月何回目?」

奈緒「今月に入ってもう五回目だな。加蓮が死んだの」

引用元: 神谷奈緒「凛、加蓮が死んだ」 

 

  【神谷奈緒「凛、加蓮が死んだ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆g74pqHDcWqgo 2014/12/09(火) 20:40:35.80 ID:LdvC/Dg10

モバP(※以下P表記)「なんだよ、急に」

凛「ほら、もうすぐクリスマスでしょ」

P「そうだな」

凛「それで、家族や友達と過ごす人もいるからって事で、24日はちひろさんも含めて事務所の全員オフにしてくれたでしょ?」

P「そうだな」

凛「それで、私は家族と過ごすよりも……その……もっと大切な人と……プロデューサーと一緒に居たいな、と思って……」

P「うん」

凛「24日……デート、して欲しいな……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1418125225




【渋谷凛「プロデューサーは、24日のイヴは予定ある?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆/ZsuQ/MGAE 2014/12/02(火) 03:56:20.41 ID:AiqszgpaO
1年前、アイドル業界を揺るがす事件があった。

765プロ所属のトップアイドル、天海春香が殺害された。

犯人は961プロ所属の天ヶ瀬冬馬とされていたが、彼には決定的アリバイがあったために釈放。
後に、天海春香の死因は自殺であるとされた。

その直後、今度はその天ヶ瀬冬馬、さらに765プロのもう一人のトップアイドル、星井美希が殺害される。
犯人は765プロ所属のプロデューサーであった。こちらはプロデューサー自身が自首したらしい。

この事件により、アイドル業界の主導者であった765プロと961プロの権威は失墜。
アイドル業界は主導者なき戦国時代に移ることとなる…




【静香「失われたM@STERPIECE」凛「繋ぐ世界の魔法」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/28(金) 03:44:33.19 ID:kREnCTiR0





プロデューサーの皆さま、お久しぶりです

我々プロデューサー達にとってひとつの節目を迎えた今日という日、皆さまはどうお過ごしでしょうか?


この記念すべき日に紹介するアイドルは……そう、三代目シンデレラガール『渋谷凛』です








SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1417113863

【モバP「渋谷凛の飼い方、君がいたから」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/14(土) 23:47:11.66 ID:cu/Dm66l0
渋谷凛「そう、プロデューサー。女の人で、私より背が高くて、スタイルもよくて、美人で、スーツがきまっていて、とても気配りのできる、かっこよくて……」

凛「……うん、なんか自分で言ってて恥ずかしくなった」

凛「でも、プロデューサーのこと、意識しちゃうんだよね。なんか最近、プロデューサーの顔もちゃんと見れない感じ」

凛「朝起きると、まずプロデューサーのことを考えるんだ。それから、プロデューサーのことを考えて身だしなみを整えて……」

凛「プロデューサーに会うと、まともに近くで顔を見れないんだけど、遠くからプロデューサーをみたりするんだ」

凛「でも、他の人にはこんなこと言えないよ……ハナコ」

ハナコ ワンッ

凛「うん、皆のこと信用しているけど、女の人が女の人のこと好きって思ったら、皆ひくだろうな……」

引用元: 渋谷凛「プロデューサー(女性)のことを恋したみたい……」 


 

【渋谷凛「プロデューサー(女性)のことを恋したみたい……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しのシンデレラ ◆vSqCWNhtWA 2017/01/11(水) 17:57:57.67 ID:Q/q+CA4+0

凛「はぁっ…はぁっ…っ…」
 

凛「はぁっ…はぁっ…ここなら…!」

 
ガチャ
 

凛「はぁっ…ふぅ…っ!」

 
?「…ぁん…凛さぁん…どこに行ったんですかぁ…」

 
凛「…………!」

 
?「ここにはいないですか…凛さぁん…凛さぁん…」

 
凛「………行ったかな?」

 
バタン


凛「まさかこんなことになるとは…困ったな。」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1484125077

引用元: 【モバマス】凛「これって本当に惚れ薬?」 


 

【【モバマス】凛「これって本当に惚れ薬?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 【モバマス】P「渋谷凛、6歳」

2: ◆5/VbB6KnKE 2014/11/20(木) 18:32:19.07 ID:76colPqN0


チュン…チュン…


りん「……むぁ」ゴソゴソ


りん「……ん…あさだ」パチッ


りん「ぷろでゅーさー……あさだよ、おき――んぅ?」ペラッ


ベチャア


りん「……」


りん「……にほんちず」


りん「……」


りん「……」モゾモゾ


タッタッタッ


―――――――――――――――
――――――――――
―――――


P「……むぁ」パチッ


P「朝か……あれ?凛がいな――」


ベッチャア


P「布団びっしょびしょやがな」


【【モバマス】P「渋谷凛6歳、家出をする」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
事務所

凛「今日の付けパン(※付けパンツ)はいまいちだったな…やっぱり3日物(*3日プロデューサーが履いていた物)じゃプロデューサーを味わえ無いな…出汁はプロデューサーの1週間物の上着からとったからなんとかなったけど…」

凛「はぁ…プロデューサー早く仕事終わらないかな…もう二週間も事務所に寝泊まりしてるから心配だよ…」

凛「…プロデューサーは隠しカメラで見た限り着替えはしていない!今プロデューサーはシャワー…ゴクリ。」




【凛「付き合わなくていいよ。」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/01/27(金) 11:14:47 FGeerRrc
ちひろ「何見てるんですか?」

モバP「!?」

ちひろ「プロデューサーさん?」

モバP「あ、いえ……別に大したものでは」

ちひろ「写真でしたよね?」

モバP「仕事で使う資料ですよ」

ちひろ「そうなんですか?」

モバP「はい」

prrrr

モバP「電話ですよ、ちひろさん」

ちひろ「はぁ……今日も大変ですね。そんなプロデューサーさんにオススメの商品があるんですが……」

モバP「間に合っています」

ちひろ「そうですか……はい、こちらCGプロダクション………………」





【凛「ここは……プロデューサーの学生時代?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆SU.cErYd62 2017/01/03(火) 20:10:43.20 ID:ZVvkRN9Y0


加蓮「え!次のロケって海で撮影なの!」

あたしの声が事務所のプロジェクトルームに響き渡る。それほどあたしは期待に胸を高ぶらせていたのだ。

P「ああ、そうだぞ!夏だから、アイドルは海に行かなきゃな!」

Pさんは理屈にならない理屈を言う。

引用元: 「ベル凛の壁」 


 

  【「ベル凛の壁」 (モバマス)】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/28(水) 23:37:22.51 ID:ROJ5+eJL0

プロデューサーのことは初めて見たときから何か特別なものを感じていて、気がつくと目で追ってたりして

まじめで、厳しくて、でも優しくて、アイドルのみんなのことを一番に考えているところも好きで…

いつもプロデューサーのことばかり考えてしまって、夜も眠れなくなって、胸が苦しくなるんだ

この気持ち、どうしたら良いのかな?




凛(・・・いや、自分のスカートに筆談で恋愛相談されてる私の気持ちはどうしたらいいの?)

スカート[あの~~、凛ちゃん?聞いてる?]サラサラ


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1482935842

引用元: 渋谷凛「恋するスカート」 


 

アイドルマスター シンデレラガールズ 渋谷凛 卓上時計
コスパ (2017-03-15)
売り上げランキング: 35,091
【渋谷凛「恋するスカート」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆r4vICyDKLo 2013/10/28(月) 20:57:51.06 ID:fMawRQot0


卯月「そうかな?」

凛「うん。悪いひとじゃないんだけどさ」

未央「でも確かにいろいろとスゴイ人だよね!」

卯月「事務所のほとんどを一人で回してるし」

未央「ね!いつ休んでるの?って感じだし!」

卯月「ああいう人を人間離れしてるっていうのかな?」

未央「お、言うねしまむー!」アハハ




凛「『ヒト』じゃないんじゃないかな、本当に………」

未央&卯月「「え゛?」」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1382961470

引用元: 凛「プロデューサーって変わってるよね……」 


 

【凛「プロデューサーって変わってるよね……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2016/12/21(水) 02:07:11.46 ID:DLDmFhG90
凛「布団このぐらいでいい?」

まゆ「大丈夫だと思いますよ。ふふ、リビングがお布団でいっぱいになっちゃいましたね」

凛「48時間不眠耐久レースでもする?」

まゆ「凛ちゃんお1人でどうぞ」

凛「冷たいなぁ…。さて、あとは買い出し係待ちだね」

まゆ「未央ちゃん遅いですねぇ。どこまで行ったんでしょう?」

バタンッ

未央「あーーっ!!寒いよ!寒かったよ!!」バタバタ

凛「あ、お帰り飲み物とお菓子」

未央「未央ちゃんです!」

まゆ「お部屋暖房つけてますから。はい、手を洗って」

未央「うあー、ほんとだ部屋の中暖かいよぉ…」

まゆ「飲み物とりあえず冷蔵庫に入れておきますねぇ」

凛「随分遅かったね。そこのコンビニじゃなかったの?」

未央「もうちょっと歩けばスーパーあるからそっち行ったんだよー。コンビニよりずっと安いし……ふわぁー…お湯が凍えた指先に染み渡るぅ…」ジャバジャバ

まゆ「未央ちゃんも戻ってきましたし、早速始めますか?」

凛「だね。ほら未央。早く脱いで」

未央「ちょいちょーい!自分で着替えるから引っ張らないで!」

まゆ「あ、未央ちゃん今日は黒なんですね」

未央「あれ、味方がいない?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1482253630

引用元: 凛「未央とまゆとパジャマパーティー」 


 

  【凛「未央とまゆとパジャマパーティー」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆Z9rYxRK0vI 2021/05/07(金) 20:00:07.47 ID:OrAhxnXX0
※ご注意です※
キャラ崩壊気味です。



---ある日、事務所にて


ガチャッ

まゆ「お疲れ様です。ただいま戻りまし……あら?」

凛「すぅ……すぅ……」

まゆ(凛ちゃんがソファで居眠りしてます)

まゆ(レッスン上がりで疲れちゃったんでしょうか。あれ? でも今日は凛ちゃんオフだったような……)チラッ

ホワイトボード「渋谷凛:本日オフ」

まゆ(やっぱり…。オフの日にわざわざ事務所に来て、ソファでうとうと居眠り…?)

凛「むにゃむにゃ」

まゆ「…………」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1620385207




【佐久間まゆ「凛ちゃんってプロデューサーさんが絡むとぽんこつですよね」凛「は?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/08(日) 22:04:18 ID:/kk7iBG2
表向きは花屋を営む私の実家には、誰にも言えない裏の顔があった。

父「これが不老不死の秘薬だ」

父は純潔種の魔法使い。
この世界の万物をも歪める力を持っている。

母は誇り高きエルフ族。
エルフの血には不老不死の力が宿っているという。

私は生まれながらにして、不死の存在となった。

齢二十歳を過ぎれば、私の成長は止まり、以降永遠に老いることなく生き続けるのだろう。

魔法使い……無意識に世界の真理に触れる者。

引用元: 凛「私が魔法使いだって言ったら……信じる?」 

 

  【(モバマス) 凛「私が魔法使いだって言ったら……信じる?」】の続きを読む

このページのトップヘ