えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

渋谷凛

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆QbMLM0d8YE 2015/11/28(土) 23:34:01.25 ID:i/oy5RVQ0
美波「……」

凛(声、かけるべきかな)

凛(まだ事務所には誰も来てないし、そっとしておくていうのも……)

美波「……ふふっ」

凛(……笑った? 悲しくて泣いてるわけじゃないのかな)

凛(だったら、なんで泣いてるんだろう)

凛(……やっぱり、気になるな)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1448721240

【凛「美波が泣いてる……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/28(土) 20:50:35.18 ID:xurJ8CfiO

凛「え?えっと、20通くらい……かな」

卯月「わぁ、流石は凛ちゃんですね!私なんて5通でしたよ」

凛「アイドルとしては別にもらっても困るだけなんだけどね……しかも何故か半分くらい女の子からだし」


卯月「へえ、でもそれ分かります、凛ちゃんって同性でも見惚れちゃうくらいかっこいいし」

凛「……それこそ困るっていうか、何ていうか……うーん」ポリポリ


未央「96通」

卯月「……へ?」
凛「えっ!?」


未央「……96通」

卯月「」
凛「」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1448711435

【卯月「凛ちゃんは今週ラブレターいくつ貰いましたか?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 【デレマス時代劇】土屋亜子「そろばん侍」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/14(水) 12:00:14.58 ID:fH8Z0+6b0
 大日本帝国は、露戦において戦術的な勝利をおさめた。

 しかし真に大衆が望んでいたのは、不敗の大和神話の幕開けではなく、

 困窮した生活を潤す賠償金であった。

 北方の島がいくらか手に入ったところで、なんだと言うのか。

 連日のデモ、打ち壊し、

 華族や富裕層を狙った強盗、焼き討ち、

 民衆の怒りはとどまるところを知らぬように見えた。


引用元: 【デレマス近代劇】渋谷凛「Cad Keener Moon 」 


THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS LITTLE STARS!SUNFLOWER
V.A.
日本コロムビア (2017-06-28)
売り上げランキング: 67
【【デレマス近代劇】渋谷凛「Cad Keener Moon 」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/16(月) 21:58:08.45 ID:XJs0fpg1o
ガチャ

モバP「おはようございまーす!」

杏「うー誘拐犯ー変 ーっ!は~な~せ~!」ジタバタ

ちひろ「あ、おはようございます、プロデューサーさん、杏ちゃん」

きらり「杏ちゃん、Pちゃん、おっすおっす☆」

P「おう、おはよう。元気いっぱいのきらりには杏をあげよう」ポフ

きらり「うきゃーっ☆杏ちゃん朝からハピハピすぅー?」

ぎゅーっ

杏「ちょ、きらり待って、朝からそのテンショ……むぐ」バンバン

P「きらり、そのままレッスン連れて行ってくれ。その後はお持ち帰りでいいから」

きらり「うきゃー☆杏ちゃんきらりんルームへお持ち帰りー!」

杏「」

にょわー☆ ぬわああぁぁぁ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1387198688

引用元: 渋谷凛「プロデューサーって凄い仕事なんだね」 



【渋谷凛「プロデューサーって凄い仕事なんだね」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
凛「……プロデューサー。そろそろ本番だね」

凛「そうだね……緊張はしてる。初めての公開だし」

凛「大丈夫大丈夫、プロデューサーがいるんだから」

凛「いざというときは、何とかしてくれるんでしょ?」

凛「頼りにしてるよ。行ってくる」

凛「しっかり、私のこと、みててね」

【凛「Linkラジオ、凛と続くよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆QbMLM0d8YE 2015/10/24(土) 21:48:58.44 ID:q7aCdy9f0
凛「えっ、違うの?」

ジークフリート(以下ジーク「いや、俺が君のプロデューサーだ」

ジーク「竜殺しくらいしか能のない俺で不満かもれしないが、精一杯やらせてもらう」

凛「竜殺し……? ふーん、まあ悪く無いかな」

凛「けど、一つ聞いてもいい?」

ジーク「なんだ?」

凛「なんで、胸と背中そんなに開いた服着てるの?」

ジーク「すまない、決してセクハラではないんだ……。だから事務員を呼ぼうとしないでくれ……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1445690938

【渋谷凛「あんたが私のプロデューサー?」ジークフリート「すまない……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/22(木) 18:54:20.53 ID:vHHZnU6B0



~346プロ内~



本田未央「おっはよーございまーす!!」


渋谷凛「おはよう」


島村卯月「おはようございます!」


未央「お!しぶりん!久しぶり!そしてしまむーも久しぶりー!」ガバァ!


卯月「うひゃあ!?」


未央「うんうん、相変わらずしまむーは抱きしめがいがありますなぁ」ギュウウウ


卯月「も、もう!未央ちゃん!恥ずかしいですってばー」


未央「よいではないか、よいではないかー」ギュウウウ


キャッキャッ



【渋谷凛「未央ってさ・・・」本田未央「うん・・・」【モバマスSS】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆C2VTzcV58A 2015/10/18(日) 01:32:01.21 ID:khfjPUAS0
とある喫茶店にて


未央「どしたの? 失恋?」

凛「違うよ。というか本当にそうだったらアンタどう反応するつもり」

未央「彼女はまだまだこれからの選手。今回の失敗を糧に、次はやってくれるでしょう」

凛「試合に負けた監督のコメントだよね、それ」

【本田未央「あれ、髪切ったの?」渋谷凛「うん。バッサリ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

ちひろ「肝っ玉プロデューサー?」 

卯月「肝っ玉プロデューサーさん……ですか?」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/12(月) 00:07:02.45 ID:t+bvG9vX0
~~色々と染まってきている時期~~

――事務所ルーム

ガチャッ

凛「ただいま」

P「おや凛遅かったじゃないの、お帰り。もうそろそろで晩御飯だから手洗ってきなさい」パタパタ

凛「うん。あ、そうだこれ、今日学校からプリント貰ったんだけど」スッ

P「ん?なんだいこれ……あんたこれ、授業参観のプリントじゃないの」

凛「来週末みたいなんだけど大丈夫?」

P「来週末ね。5限目ならそうだね……昼に現場中抜けしていくから大丈夫だよ」

凛「そっか。それじゃプリントに参加のチェックつけて」

P「はいはい」カキカキ

……
…………

【凛「肝っ玉プロデューサー……かな?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/08(木) 20:04:09.61 ID:HWN9e0F40
――渋谷凛 手紙に困る

ありふれた白封筒には「渋谷凛 様へ」と書かれていた。

凛「また手紙来てるよ……」

凛は自宅の郵便受けを調べて溜息をついた。
渋々封筒を開けながら呟く。

凛「これで何通目だろ?」

手紙「愛する 渋谷凛 様へ 今日こそは僕の愛を分かって……」

手紙の主旨は大体一貫していた。
凛への一方的な恋慕をつづった物ばかりだ。

凛「こういうの困るんだけどな」

最初の内は、流し読み程度に内容を見ていたが、
次第に冒頭だけ読んで捨てるようになった。
何度も来る手紙の内容は、大体同じような物だったからだ。

そういう態度を取るようになってからも手紙は来た。
週に数回は投函されてくる。
切手も消印も見当たらないので、どうやら直接投函している様だ。

差出人は分からないし、住所や連絡先も書かれていない。
返事を出そうにも出せない手紙。
やがて、凛は封も切らず捨てるようになった。

それでも手紙は送られ続けた。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1444302249

【渋谷凛とストーカー 「凛ちゃんを壊さなければならぬ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 23:07:14.94 ID:Qdtfa+140
――――――



ワー ワー ワー



凛「……よし。今日のLIVEバトル、上手くいった」



律子「おつかれー。凛」


凛「お疲れ様です、律子さん。今日はありがとうございました」

律子「気にしなくていいわ。一緒にLIVEに出ることはあっても、プロデューサーとして
凛につく事はなかったから、いい機会だったわ。……でも、私がすることはなかったけどね」

凛「そんな事ないです。律子さんのアドバイス、とても助かりました。正直今回ぐらいのレベルが相手だと、不安な時もありますから」

律子「そう? 凛はもうちょっと自信持っていいと思うけど……まあいいわ。とにかくおめでとう凛。あとは事務所に戻りましょう」

凛「はい」

【凛「先輩アイドルと最終決戦」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10(日) 20:55:10.61 ID:JCDDoTjaP
凛「プロデューサー、ギュってして」

P「お、おう」ギュー

凛「わぅ……」スリスリ

P(凛に甘えられるのはいいんだけど)

瑞樹「ふーん、へー、やっぱり若い子がいいんだー……」

美優「凛ちゃん可愛いですから……」

のあ「彼の才能を独占されるのは面白くないわね……」

P(年長組が怖い)

【クールP「凛の親愛度が500を超えたわけだが」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 01:35:26.03 ID:5i8gT8xt0
まゆ「プロデューサーさーん♪ハグしましょうハグー」

P「今忙しいんだ」

まゆ「ふふふ、甘いですよぉ?」バッ

きらり「にょわー!あれはPちゃんのパンツー!絶対ゲット!」ドドドドド

ゲシッ

P「ぐふっ……!?」

まゆ「キャッチ♪……うふふ、プロデューサーさんの方からまゆの胸に飛び込んできてくれるなんて、まゆ嬉しくていつもよりぎゅーってしちゃいます」ギュッ

P「違う!きらりに吹っ飛ばされただけだ!くそ、離せー!」ジタバタ

凛(……)

【渋谷凛「教えてほしい事があるの」まゆ「……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 22:13:20.35 ID:D++/XDCD0
――――――



凛「―――と……いうわけなんです……」


真「ああ……確かにそれは……ちょっと……やりすぎたかもね……」

凛「ですよね……。はあ……」


真「めずらしいね。凛まで一緒になって、プロデューサーに攻撃なんて」

凛「……なんでだろ……最近、疲れてて……関係ないか……かっとなって……うーん……。わからないです」

真「あはは……。でもそういう話をしてくるってことは、凛も悪いって思ってるんだろ? そして仲直りしたいと」

凛「はい……お互いなんとなく、よそよそしい感じになっちゃったし」

真「んー、そうだなー……。まあ、謝るしかないかな」

凛「ですよね……」

【凛「先輩アイドルと全力勝負」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 22:57:32.69 ID:xZJ3HO7O0
P「……っておい、今日は休みなのに何で事務所に来てるんだ」

凛「いいじゃん別に、ちょっと気が向いただけ」

P「向いただけってなぁ……」

凛「プロデューサーこそ、今日は休みじゃないの?」

P「俺は溜まった書類があるからな、ちょっとそれを片付けようと」

P「まぁそんなに多くないから、ぱぱっと片付けて帰るけどな」

凛「そっか」

【モバP「今日は全員休みだ」凛「おはよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/05(土) 17:02:47.97 ID:WDo3YUnG0
卯月「風評被害ですか?」

未央「しぶりん何か変な噂とかあったっけ?」

凛「二人にはあまり縁がないかもしれないけど」

凛「私は何故かありもしない設定を付けられてちょっと困ってて…」

卯月「ありもしない設定ですか?」

未央「例えば?」

凛「たくさんあるけどまずヤンデレ属性でよくまゆと引き合いに出されている。もちろん私はヤンデレじゃないから」

凛「次になんか援交しそうだとか言われて正直迷惑。私はそんなことはしないよ…」

凛「そして極めつけはクンカー!!!何クンカーって!?まるで私が変態みたいじゃない!」

凛「そもそもこれは美嘉の役目でしょ!何でいつのまにか私が匂いフェチみたいなことになってるの!」

未央「ちょ、ちょっとしぶりん落ち着いて!熱くなっちゃダメだよ!」

卯月「凛ちゃんらしくないですよ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1441440167

【渋谷凛「安価で私が受けている風評被害を消してみせる」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 01:04:03.86 ID:waQ3KnN30
「お疲れ様でしたー!」



凛「お疲れ様です」

凛「……ふぅ」

P「お疲れ、今日も良かったよ」

凛「ん、ありがと」

P「今日の仕事はこれで終わりだから……このまま送って行こうか?」

凛「あー、いや、事務所まででいいよ」

P「分かった。なら裏に車回してくるから……」

凛「」 テクテク

P「その間に控え室で着替えといて……って、あれ? もう凛行っちゃったし」

【凛「プロデューサーのことなんか別に好きじゃないけど?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/01(火) 22:13:54.86 ID:mgk2WM5K0

モバP「余命ドッキリ」 

【モバマス】加蓮「蓮華の残火」 

の後日談と思ってください。私はこれの作者ではありません。

猶、オリジナルな設定あり、憎ければ読まぬようお願いいたします。



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1441113234

【凛奈緒「「そのへん詳しく」」 加蓮「へっ……?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
凛「さて。Linkラジオの放送を始めるよ」

凛「第19回、決めていくからね」

凛「気合いれて、いってみよー」

【凛「Linkラジオ、可愛く続くよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/03(日) 19:07:21.84 ID:8pwcZbOm0
――――――



ガチャ


凛「……今日のレッスンきつかった……ふう……」

凛「……ん? あれは……やよいさん?」



やよい「―――あ! 凛さんっ! おつかれさまでーすっ! 凛さんもお仕事だったんですか?」

凛「おつかれさまです。さっきまでレッスンでした。やよいさんも今日はおしご……と……」


やよい「? どうかしましたか?」

【凛「先輩アイドルと直接対決」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 18:48:40.36 ID:b4cuNKnS0
―――とあるスタジオ―――

監督「はいカーット! よし、今日はここまでだ!」

加蓮「お疲れさまでしたー!」

共演者「お疲れさまー。加蓮ちゃん、とっても可愛かったよ!」

加蓮「ホントですか? ありがとうございますっ」

共演者「うんっ。また次の撮影もよろしくね?」

加蓮「はい!」 

【モバP「りんなおかれんと!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆jma3vRngk.Px 2015/08/29(土) 01:46:36.18 ID:P9LsZ88k0





シンデレラガールズのアニメ20話のネタバレがあるぞ気をつけよう






SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1440780396

【渋谷凛「お城への道はどっちだ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: ◆IChdy0b67U 2015/08/20(木) 21:04:40.26 ID:4nNYPYM30

★聖帝サウザーと愉快な六聖拳★


『南斗鳳凰拳 将星サウザー』
 南斗最強にして自らを聖帝と名乗り、大観衆が見守る中「愛などいらぬ!」と叫んだ不器用な人。心臓が左右逆の位置にあり、北斗神拳が通用しなかったけど、ケンにバレて有情拳をお見舞いされた不器用な人

『南斗白鷺拳 仁星シュウ』
 かつてケンの命を救うために両目を失った損する人。サウザー打倒のため、レジスタンスを指揮するもサウザーのやりたい放題で最も被害を被った損する人

『南斗水鳥拳 義星レイ』
 ジャギにさらわれた妹を探す波のある人。最初は悪そうだったし不器用だったけど、ケンと心を通わし好プレーを連発するもラオウに触れる事なくやられた波のある人。そこから頑張ってカッコよかったので結果オーライです

『南斗紅鶴拳 妖星ユダ』
 自分の美しさを自負する南斗随一のサプライズキャラクター。マミヤさんをさらったり、女好きをアピールして周りをホッとさせるも、レイの必殺技をくらい観衆が見守る中、盛大にカミングアウトしたサプライズキャラクター

『南斗孤鷲拳 殉星レイ』
 ケンの胸に七つの傷をつけユリアさんをさらった張本人。サウザーに負けず劣らず不器用さを存分に発揮する人。一番周りが見えなくなり空回りする不器用な人

『南斗最後の将』
 五車星にその身と正体をまもられている謎な人。でも多分不器用。彼女の名前が出た場合、即再安価は必定


【サウザー「渋谷凛人質作戦」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
凛「Linkラジオは18回、もうこんなに続いてる」

凛「最後まで気は抜かないけど、ね」

凛「それじゃあ、今日も張り切っていってみよう」

【凛「Linkラジオ、ふんわり続くよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆gFfVr0K4TI 2015/08/11(火) 11:58:17.07 ID:czQd6I+Oo
アイドルマスターシンデレラガールズの二次創作ssです

以下に注意

・キャラ崩壊

・各アイドルにPがいる

・サザエさん時空ではない
(例:渋谷凛は昨日で19歳、高垣楓は29歳、安部菜々は17歳)


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1439261896

【モバP「渋谷凛と8月」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆P1ZZk9vB9M 2017/05/10(水) 01:52:27.43 ID:Nz01xJsUo
凛「わんっ!」 ペロ

モバP(以下P表記)「おう、返事だけはいいけど全く止まってねえな」

ガチャッ

卯月「おはようございますプロデューサーさん!と、凛ちゃん!」

P「おうおはよう卯月」

凛「わんっ!」

卯月「うん、凛ちゃんもちゃんと挨拶できましたね、えらいえらい」ナデナデ

凛「くぅ~ん」スリスリ

P「ふう、やっと解放された・・・どっこいしょ」

卯月「あれ?凛ちゃんの首輪新しくなりました?」

P「ああ、いい加減古くなってきたからな。新しいの買ってあげた」

卯月「ええ~っ!?私プロデューサーさんからプレゼントなんて久しく貰ってないですよ!?」

P「おいおい凛に嫉妬すんなよシンデレラガール」

卯月「でも確かに首輪かわいいですね!」ナデナデ

P「だろ?」

卯月「世紀末覇者みたいで!」

P「ん?俺と卯月の目は違う物を見てるのか?それとも感覚に著しい齟齬があるのか?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1494348747

引用元: 【モバマスSS】P「こら凛、そんなところ舐めるなくすぐったい」 


 

【【モバマスSS】P「こら凛、そんなところ舐めるなくすぐったい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆hhWakiPNok 2022/01/09(日) 08:39:02.66 ID:wJoYvkKh0
P「大胆な新解釈で、女性アイドルだけをキャストにして大河ドラマをやるという企画だ」

渋谷凛「ふうん。ちょっと面白そう」

北条加蓮「それで誰が出演るの?」

P「美嘉が源頼朝(みなもとのよりとも)役で、莉嘉が源義経(よしつね)役だ」

奈緒「待て待て待て!!!」

凛「どうしたの?」

奈緒「ダメだろ、その配役!」

加蓮「なんで?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1641685142

【渋谷凛「アイドルで」北条加蓮「大河ドラマ」神谷奈緒「源平物語!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 21:20:33.76 ID:GTi7+Qzi0
in CPルーム

卯月「…へ?」

未央「だーかーらー、しぶりんの家にお泊まりしたい!」

凛「…いきなり何言ってるのさ、未央」

未央が「じゃあしまむーの家でもいい!」

卯月「えっ、ええっ!?む、無理ですよ未央ちゃん!そんないきなりっ」

未央「無理じゃないよしまむー、不可能を可能にしてこそ新時代を築ける、ってものさ。ニュージェネを名乗る以上、しまむーにもその段階まで行ってもらわないといけませんなぁ、うむうむ」

卯月「そ、そうなんでしょうか……?」

凛「いや、全然違うでしょ…未央、卯月で遊ばない」

未央「えー?だってしまむーの反応、可愛くて面白いしさ。…ごめんごめん、冗談だよ!」

卯月「はうう、良かったです…」

【未央「お泊まり!」卯月「お泊まり?」凛「しないよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆h8PchLJM6BH7 2017/05/04(木) 23:09:54.37 ID:lw5jzm8o0

モバP(以下P表記)「そうだ。パッションのところがシンデレラでやるらしくてな」

P「おおかたキュートのも白雪姫あたりで続くだろう。そこで―・・・え、やなの?」

凛「絶対に七海が延々鱚の天ぷら食べさせる話になるもん」

P「そうは・・・・・・ならないさ」

凛「間」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1493906993

引用元: 渋谷凛「アドリブで眠れる森の美女の劇? ・・・やだな」 



 

【渋谷凛「アドリブで眠れる森の美女の劇? ・・・やだな」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/05(金) 21:08:49.34 ID:HLVmBZoDo
渋谷凛「この種…なんの種なの?」

モバP「今はまだ秘密だ」

凛「へぇ…女の子に隠し事しちゃうんだ…よくないなぁ…」

モバP「まぁ仕方ない…ほんとのこと教えたら意味がないからな」

凛「この種は花屋の娘たる私への挑戦状と受け取ったよ」

凛「なんの種か解明して見せる!」

モバP「期限は三年だ…もっとも、凛にはわからないかもしれないがな」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1493986129

引用元: モバP「凛…お前にこの種をやろう」 


 

【モバP「凛…お前にこの種をやろう」】の続きを読む

このページのトップヘ