えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

渋谷凛

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 22:57:32.69 ID:xZJ3HO7O0
P「……っておい、今日は休みなのに何で事務所に来てるんだ」

凛「いいじゃん別に、ちょっと気が向いただけ」

P「向いただけってなぁ……」

凛「プロデューサーこそ、今日は休みじゃないの?」

P「俺は溜まった書類があるからな、ちょっとそれを片付けようと」

P「まぁそんなに多くないから、ぱぱっと片付けて帰るけどな」

凛「そっか」

【モバP「今日は全員休みだ」凛「おはよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/05(土) 17:02:47.97 ID:WDo3YUnG0
卯月「風評被害ですか?」

未央「しぶりん何か変な噂とかあったっけ?」

凛「二人にはあまり縁がないかもしれないけど」

凛「私は何故かありもしない設定を付けられてちょっと困ってて…」

卯月「ありもしない設定ですか?」

未央「例えば?」

凛「たくさんあるけどまずヤンデレ属性でよくまゆと引き合いに出されている。もちろん私はヤンデレじゃないから」

凛「次になんか援交しそうだとか言われて正直迷惑。私はそんなことはしないよ…」

凛「そして極めつけはクンカー!!!何クンカーって!?まるで私が変態みたいじゃない!」

凛「そもそもこれは美嘉の役目でしょ!何でいつのまにか私が匂いフェチみたいなことになってるの!」

未央「ちょ、ちょっとしぶりん落ち着いて!熱くなっちゃダメだよ!」

卯月「凛ちゃんらしくないですよ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1441440167

【渋谷凛「安価で私が受けている風評被害を消してみせる」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 01:04:03.86 ID:waQ3KnN30
「お疲れ様でしたー!」



凛「お疲れ様です」

凛「……ふぅ」

P「お疲れ、今日も良かったよ」

凛「ん、ありがと」

P「今日の仕事はこれで終わりだから……このまま送って行こうか?」

凛「あー、いや、事務所まででいいよ」

P「分かった。なら裏に車回してくるから……」

凛「」 テクテク

P「その間に控え室で着替えといて……って、あれ? もう凛行っちゃったし」

【凛「プロデューサーのことなんか別に好きじゃないけど?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/01(火) 22:13:54.86 ID:mgk2WM5K0

モバP「余命ドッキリ」 

【モバマス】加蓮「蓮華の残火」 

の後日談と思ってください。私はこれの作者ではありません。

猶、オリジナルな設定あり、憎ければ読まぬようお願いいたします。



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1441113234

【凛奈緒「「そのへん詳しく」」 加蓮「へっ……?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
凛「さて。Linkラジオの放送を始めるよ」

凛「第19回、決めていくからね」

凛「気合いれて、いってみよー」

【凛「Linkラジオ、可愛く続くよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/03(日) 19:07:21.84 ID:8pwcZbOm0
――――――



ガチャ


凛「……今日のレッスンきつかった……ふう……」

凛「……ん? あれは……やよいさん?」



やよい「―――あ! 凛さんっ! おつかれさまでーすっ! 凛さんもお仕事だったんですか?」

凛「おつかれさまです。さっきまでレッスンでした。やよいさんも今日はおしご……と……」


やよい「? どうかしましたか?」

【凛「先輩アイドルと直接対決」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 18:48:40.36 ID:b4cuNKnS0
―――とあるスタジオ―――

監督「はいカーット! よし、今日はここまでだ!」

加蓮「お疲れさまでしたー!」

共演者「お疲れさまー。加蓮ちゃん、とっても可愛かったよ!」

加蓮「ホントですか? ありがとうございますっ」

共演者「うんっ。また次の撮影もよろしくね?」

加蓮「はい!」 

【モバP「りんなおかれんと!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆jma3vRngk.Px 2015/08/29(土) 01:46:36.18 ID:P9LsZ88k0





シンデレラガールズのアニメ20話のネタバレがあるぞ気をつけよう






SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1440780396

【渋谷凛「お城への道はどっちだ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: ◆IChdy0b67U 2015/08/20(木) 21:04:40.26 ID:4nNYPYM30

★聖帝サウザーと愉快な六聖拳★


『南斗鳳凰拳 将星サウザー』
 南斗最強にして自らを聖帝と名乗り、大観衆が見守る中「愛などいらぬ!」と叫んだ不器用な人。心臓が左右逆の位置にあり、北斗神拳が通用しなかったけど、ケンにバレて有情拳をお見舞いされた不器用な人

『南斗白鷺拳 仁星シュウ』
 かつてケンの命を救うために両目を失った損する人。サウザー打倒のため、レジスタンスを指揮するもサウザーのやりたい放題で最も被害を被った損する人

『南斗水鳥拳 義星レイ』
 ジャギにさらわれた妹を探す波のある人。最初は悪そうだったし不器用だったけど、ケンと心を通わし好プレーを連発するもラオウに触れる事なくやられた波のある人。そこから頑張ってカッコよかったので結果オーライです

『南斗紅鶴拳 妖星ユダ』
 自分の美しさを自負する南斗随一のサプライズキャラクター。マミヤさんをさらったり、女好きをアピールして周りをホッとさせるも、レイの必殺技をくらい観衆が見守る中、盛大にカミングアウトしたサプライズキャラクター

『南斗孤鷲拳 殉星レイ』
 ケンの胸に七つの傷をつけユリアさんをさらった張本人。サウザーに負けず劣らず不器用さを存分に発揮する人。一番周りが見えなくなり空回りする不器用な人

『南斗最後の将』
 五車星にその身と正体をまもられている謎な人。でも多分不器用。彼女の名前が出た場合、即再安価は必定


【サウザー「渋谷凛人質作戦」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
凛「Linkラジオは18回、もうこんなに続いてる」

凛「最後まで気は抜かないけど、ね」

凛「それじゃあ、今日も張り切っていってみよう」

【凛「Linkラジオ、ふんわり続くよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆gFfVr0K4TI 2015/08/11(火) 11:58:17.07 ID:czQd6I+Oo
アイドルマスターシンデレラガールズの二次創作ssです

以下に注意

・キャラ崩壊

・各アイドルにPがいる

・サザエさん時空ではない
(例:渋谷凛は昨日で19歳、高垣楓は29歳、安部菜々は17歳)


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1439261896

【モバP「渋谷凛と8月」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆P1ZZk9vB9M 2017/05/10(水) 01:52:27.43 ID:Nz01xJsUo
凛「わんっ!」 ペロ

モバP(以下P表記)「おう、返事だけはいいけど全く止まってねえな」

ガチャッ

卯月「おはようございますプロデューサーさん!と、凛ちゃん!」

P「おうおはよう卯月」

凛「わんっ!」

卯月「うん、凛ちゃんもちゃんと挨拶できましたね、えらいえらい」ナデナデ

凛「くぅ~ん」スリスリ

P「ふう、やっと解放された・・・どっこいしょ」

卯月「あれ?凛ちゃんの首輪新しくなりました?」

P「ああ、いい加減古くなってきたからな。新しいの買ってあげた」

卯月「ええ~っ!?私プロデューサーさんからプレゼントなんて久しく貰ってないですよ!?」

P「おいおい凛に嫉妬すんなよシンデレラガール」

卯月「でも確かに首輪かわいいですね!」ナデナデ

P「だろ?」

卯月「世紀末覇者みたいで!」

P「ん?俺と卯月の目は違う物を見てるのか?それとも感覚に著しい齟齬があるのか?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1494348747

引用元: 【モバマスSS】P「こら凛、そんなところ舐めるなくすぐったい」 


 

【【モバマスSS】P「こら凛、そんなところ舐めるなくすぐったい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆hhWakiPNok 2022/01/09(日) 08:39:02.66 ID:wJoYvkKh0
P「大胆な新解釈で、女性アイドルだけをキャストにして大河ドラマをやるという企画だ」

渋谷凛「ふうん。ちょっと面白そう」

北条加蓮「それで誰が出演るの?」

P「美嘉が源頼朝(みなもとのよりとも)役で、莉嘉が源義経(よしつね)役だ」

奈緒「待て待て待て!!!」

凛「どうしたの?」

奈緒「ダメだろ、その配役!」

加蓮「なんで?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1641685142

【渋谷凛「アイドルで」北条加蓮「大河ドラマ」神谷奈緒「源平物語!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 21:20:33.76 ID:GTi7+Qzi0
in CPルーム

卯月「…へ?」

未央「だーかーらー、しぶりんの家にお泊まりしたい!」

凛「…いきなり何言ってるのさ、未央」

未央が「じゃあしまむーの家でもいい!」

卯月「えっ、ええっ!?む、無理ですよ未央ちゃん!そんないきなりっ」

未央「無理じゃないよしまむー、不可能を可能にしてこそ新時代を築ける、ってものさ。ニュージェネを名乗る以上、しまむーにもその段階まで行ってもらわないといけませんなぁ、うむうむ」

卯月「そ、そうなんでしょうか……?」

凛「いや、全然違うでしょ…未央、卯月で遊ばない」

未央「えー?だってしまむーの反応、可愛くて面白いしさ。…ごめんごめん、冗談だよ!」

卯月「はうう、良かったです…」

【未央「お泊まり!」卯月「お泊まり?」凛「しないよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆h8PchLJM6BH7 2017/05/04(木) 23:09:54.37 ID:lw5jzm8o0

モバP(以下P表記)「そうだ。パッションのところがシンデレラでやるらしくてな」

P「おおかたキュートのも白雪姫あたりで続くだろう。そこで―・・・え、やなの?」

凛「絶対に七海が延々鱚の天ぷら食べさせる話になるもん」

P「そうは・・・・・・ならないさ」

凛「間」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1493906993

引用元: 渋谷凛「アドリブで眠れる森の美女の劇? ・・・やだな」 



 

【渋谷凛「アドリブで眠れる森の美女の劇? ・・・やだな」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/05(金) 21:08:49.34 ID:HLVmBZoDo
渋谷凛「この種…なんの種なの?」

モバP「今はまだ秘密だ」

凛「へぇ…女の子に隠し事しちゃうんだ…よくないなぁ…」

モバP「まぁ仕方ない…ほんとのこと教えたら意味がないからな」

凛「この種は花屋の娘たる私への挑戦状と受け取ったよ」

凛「なんの種か解明して見せる!」

モバP「期限は三年だ…もっとも、凛にはわからないかもしれないがな」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1493986129

引用元: モバP「凛…お前にこの種をやろう」 


 

【モバP「凛…お前にこの種をやろう」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
凛「Linkラジオは第17回だね」

凛「今日は一段と冷え込むよ。皆も体調には気をつけて」

凛「ああ、うちにはそんなことも気にせず元気な子がいるんだけど」

凛「幸子ちゃんとか、まさにそうなんだよ」

【凛「Linkラジオ、ぎゅっと続くよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18(金) 22:27:03.15 ID:p42W2y7nO
そういって、プロデューサーは子供みたいにはしゃいで、事務所の扉を開けた。

私はそれをみて、ぽかんと口を開けていたと思う。

【モバP「やったぞ、凛!!ドラマ出演だ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/22(水) 21:13:27.93 ID:VoQtJxSC0
凛「デュエリスト?」

男「君のプロデューサーはあっちにいるぜ。俺は彼やアイドルのサポートをする……言ってみれば雑用係だ」

凛「そうなんだ。えっと、よろしくお願いします。……あの、名前は」

男「俺か?」

男「俺の名は、アテムだ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1437567197

【渋谷凛「アンタが私のプロデューサー?」 男「いや、俺はデュエリストだ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆i/Ay6sgovU 2017/05/04(木) 22:45:23.10 ID:RvDU8r1w0

~事務所~


ガチャ
本田未央「おつかれー」

渋谷凛「あ、未央、お疲れ様」カキカキ

未央「あれ? なに書いてるの? 宿題?」

凛「ううん、設定を練ってるんだ」

未央「……設定?」

凛「あれ? 言わなかったっけ? 芥川賞狙ってるって」

未央「近年稀にみる初耳だよ」





――――――――――――――――――――

前作
渋谷凛「みんなをあだ名で」本田未央「呼んでみたい?」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1493905522

引用元: 渋谷凛「何かお話を」本田未央「書いてみたい?」 


 

  【渋谷凛「何かお話を」本田未央「書いてみたい?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 02:15:29.95 ID:/y9PduGg0
凛「親と、喧嘩したの」

P「仕事の関係で?」

凛「…」コクン

P「親御さんへの説明はどうするのさ?」

凛「友達の家に泊まってることにする」

P「用意は?」

凛「ちゃんとバッグに詰めてきてる」

P「学校は?」

凛「明日は休みだからいい」

P「そーいやそうか…つか、なんで俺の家なんだ?嘘つかなくても奈緒とかの家に泊まれば良かったんじゃ」

凛「奈緒の家族にも迷惑だし…」

P「一人暮らしの大人なら、他にも楓さんとか…」

凛「……」

P「…まあ、入れよ」

凛「お邪魔、します」

【凛「今夜は泊めてよ、プロデューサー」 モバP「!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/08(日) 10:54:00.33 ID:uWS+humR0
未央「そうみたいなんだよねー。この前ちょっとケイタイ覗いてみたんだけどさ」

卯月「う、うん」

未央「あのしぶりんが、なんとあの話題のソシャゲ『アイドルマイスター』をやってたんだ!」

卯月「えっ、『アイドルの男の子たちをプロデュースする』っていうあの?」

未央「そうだよー!意外だよねー、ふふっ♪」

卯月「な、なんだか未央ちゃん楽しそう……」



--これは、このプロダクションにプロデューサーが来る前のお話--

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1386467640

引用元: 卯月「えぇっ、凛ちゃんがソシャゲ!?」 


 

【卯月「えぇっ、凛ちゃんがソシャゲ!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/03(水) 19:25:28.92 ID:pM69aX9MO
志希「にゃははー、ごめんねー、赤ん坊になる薬間違って二人が飲んじゃったみたーい♪」

P「」

凛「ばぶばぶ」ペチペチ

まゆ「ふぇぇん…」ギュー

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1493807128

引用元: モバP「」凛「ばぶばぶ」まゆ「にーたんにーたん」 


 

【モバP「」凛「ばぶばぶ」まゆ「にーたんにーたん」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 凛「先輩アイドルに負けない」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/09(水) 22:11:46.96 ID:oh/I4JlL0
――――――



凛(……)ジー



雪歩「……どうですか? プロデューサー」

P「久しぶりだな、雪歩の淹れてくれたお茶も。……うん。おいしい。それにすごく落ち着くよ」

P「この前も春香にクッキーをもらったんだが、やっぱりお茶もお菓子も毎日いただきたいところだな」

P「……なんてな。俺の方からみんなと距離を置いたのに、勝手なこと言ってちゃだめだよな」

雪歩「いえ、安心しました。さびしいのは私たちだけじゃなかったんですね」

雪歩「……でも、凛ちゃんの前でそんなこと言っちゃだめですよ? せっかく今いい調子なのに、不安にさせちゃいますから」

P「もちろんだ。気をつけるよ」

【凛「先輩アイドルに追いつく」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/02(火) 19:49:58.05 ID:HNwlhegw0
澄み切った青空に薄暗い雲が波のように押し寄せてきたかと思うと、叩きつけるような雨が降りはじめた。
天気予報では一日快晴だったはずなのに、夏の夕立はいつも突然やってくる。
店の出入り口には軒先テントがあるけど、外に出している商品をもう少し奥にずらした方がいいかもしれない。
濡れるのを覚悟して店から外に出ようとしたとき、雨で視界の悪くなった街の先からよく知る人物がひとり。そんなある夕立の日のこと。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1493722197

引用元: 凛「店番してればアイドルがやってくる」 


 

【凛「店番してればアイドルがやってくる」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/08(日) 00:28:23.60 ID:1aLiI1TRo
あい「やぁ、おはよう」

凛「あいさんおはよう」

あい「おや?シャンプー変えたのかい?」

凛「え、うん、変えたけど……どうして分かったの?」

あい「分からないわけないだろ?こんなに甘くて良い匂いを振り撒いてたらね」

凛「……ッ///」ドキッ

あい「じゃあ、私はレッスンに行ってくるよ」ガチャ

奈緒「あいさんカッコいいなぁ」

凛「な、奈緒」

奈緒「さすがにプロデューサー大好きな凛でもドキッてしただろ」

凛「そ、そんなこと……」

奈緒「気にすんなよ!アタシもあいさんに『髪切ったかい?カワイイよ』って言われてドキドキしたからさ」

凛「あいさん、なんであんなに王子様みたいに振る舞えるんだろ……クールだし綺麗だし」

奈緒「本当にな……それに比べて……」

P「んがー……んがー……」

奈緒「いびきかいてるし……」

P「んがッ……やべ……ヨダレが……」ガタッ

凛「はぁ……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1386430103

引用元: 凛「プロデューサーはだらしないなぁ」 


 

【凛「プロデューサーはだらしないなぁ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 23:51:28.95 ID:iA/uOEzU0
奈緒「ん?」

凛「…」

奈緒「…」

凛「…」

奈緒「…?」

凛「……」ペラッ

奈緒「うおおおおおおい!?なんだよ!?」

奈緒「なに何事もなかったかのように雑誌読み始めてんだよ!」

凛「?」

奈緒「いや『?』じゃなくてさァ!」

加蓮「…奈緒、うるさい」

奈緒「はぁああああああああ!?」

奈緒「え?何?アタシが悪いってんのか!?」

【凛「奈緒ってさ…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
凛「最近、ますます寒さが身にしみるよ」

凛「皆は風邪なんかにかかってないかな?」

凛「事務所でも、ストーブを焚いたりしてるんだけどさ」

凛「残念ながら、聖ちゃんが風邪を引いちゃってね……」

凛「いつも歌を歌ってくれるんだけど、その日はお休みだったんだ」

【凛「Linkラジオ、ずばずば続くよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/28(金) 19:36:51.01 ID:KjQkbm7AO


「村長、もう食べるものがないわ!」

「村長、水も無くなりそうだ……」

「村長」

「村長……」

「村長!」


「大丈夫。大丈夫よ。私が何とかするからね。……」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1493375811

引用元: 裕子・凛・早苗・美優・瑞樹「セイバーズ!」 


 

  【裕子・凛・早苗・美優・瑞樹「セイバーズ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/04/23(日) 01:53:08.93 ID:+xqOu9ku0
未央「ハッピーバースデーしまむー!」パフパフッ

卯月「ありがとうございます!島村卯月、晴れて今日から17歳になりました!」ブイッ

凛「おめでとう。これで17歳の誕生日何度目だろうね」

卯月「その手のことを考えようとすると謎の頭痛がするんですよね!」

まゆ「あのぉ……卯月ちゃんのお誕生会ならさっき事務所でみんなでお祝いしましたよねぇ?」

みく「部屋の中ギッチギチになるぐらい大勢集まってあんなに盛大にパーティーしたにゃあ!なんでみく達また捕まってるの!?」

凛「捕まえるなんて人聞きの悪い…。ただちょっとだけ足枷と革ベルトでめっちゃギッチリ椅子に固定してるだけだよ」

みく「十分すぎるわぁ。これ多分茜ちゃんでも脱出不可能にゃ!」

まゆ「さっきのパーティーじゃあ気が済まなかったんですかぁ?「みんな、私のためにこんなに集まってくれるなんて…」ってボロボロ泣いちゃってましたよね?」

卯月「ビンゴで常務がキュウレンオー当てたぐらいの頃以前の記憶がありません!」

未央「あ、さっきまでのパーティーの時はよしのんに頼んでしまむーの普段のやんちゃオーラを封印して貰ってたんだよ」

みく「珍しくただの美少女だなぁ今日の卯月チャンは。とか思ってたら」

まゆ「普段から卯月ちゃん沈静化結界張ってくださいよぉ」

凛「ああ、私もそう思って頼んでみたんだけどさ」

未央「お腹がへるのですー、だってさ」

みく「歌舞伎揚げいくらでも御馳走するにゃ!」

卯月「さぁ、盛り上がってきたところで始めましょうか!惨劇の幕は上がりましたよ!」

まゆ「ご本人自ら惨劇とか言っちゃいましたねぇ」

みく「嗚呼…またあの悪夢の儀式が始まるんだ…今度は何?ロシアンおでん?それともロシアン寿司?」

未央「あらら、始まる前からみくにゃんのハイライト無くなっちゃった」

凛「卯月の誕生日にそんな変なことする訳ないでしょ?普通にみんなでケーキ食べようってだけだよ」

まゆ「ケーキですか?…刑機ってオチじゃあないですよね?」

未央「疑り深いなぁ。ケーキはケーキだよ。女の子ならみんな大好き甘くて蕩ける魅惑のスイーツだよ!」

卯月「まあ結局ロシアンですけどね!」

みく「ほれ見たことかぁー!!」

まゆ「お家帰してくださいー!まゆはPさんのお嫁になるまで力尽きる訳にいかないんですー!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1492879988

引用元: 凛「卯月の誕生日」 まゆ「パーティーです」 みく「にゃ」 


 

【凛「卯月の誕生日」 まゆ「パーティーです」 みく「にゃ」】の続きを読む

このページのトップヘ