えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

渡辺曜

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(もなむす) 2022/07/05(火) 10:42:00.99 ID:6gZO5b/3
ヨシコ「時間はどうするの? 何時もの時間でいい?」

曜「んー5時にしとこうかな。明日はちょっと走りにいこうかなって思ってるから」

ヨシコ「了解、セットしておいたわ。朝っから頑張るわね」

曜「最近衣装作りが続いててサボってたからね、練習も忙しくなってきたし。体力もしっかりつけてかないと」

ヨシコ「ケガしないように程にしときなさいよ」

曜「ありがと、ヨシコ」

ヨシコ「ヨハネよ」

【曜「OK, Yoshiko. 目覚ましセットして」 Yoshiko「ヨハネよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆6cZRMaO/G6 2017/07/17(月) 16:51:29.57 ID:039qrVa9O

千歌「あー!! もう!!」

善子「落ち着いて、千歌さん!」

千歌「善子ちゃん!!」ガシッ

善子「は、はいっ!?」

千歌「ちょっと千歌の話聞いてくれる……?」ゴゴゴゴ

善子「っ」コクコクコク

千歌「……よーちゃんが……よーちゃんが……」



千歌「わからず屋なんだよ!!」バーンッ




善子「!?!?」

千歌「そう、あれは……二人で遊園地に遊びに行ったときの話だよ」

引用元: 【ラブライブ】千歌「曜ちゃんのわからず屋!」善子「落ち着いて」【サンシャイン】 



  【【ラブライブ】千歌「曜ちゃんのわからず屋!」善子「落ち着いて」【サンシャイン】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: 名無しで叶える物語(はんぺん) 2022/05/17(火) 21:38:18.33 ID:eCI1R89p
 
◆初めてSS書きました。
ここに書き込むのも初めてなので、ミスとかあったらごめんなさい。

Aqoursがデュオトリオコレクション冬の楽曲を作る話です。
某シブにアップしたものと同じですが、改行等して少し文章を整えています。

よう(ちか)りこが一応メインですが、ルビまる、かなまりを始め全デュオトリオ出てきます。一部モノローグあり。

時系列的にはアニメ二期の9話と10話の間、函館の後、お正月前の出来事となっています。
長めですがまったり楽しんで頂ければと。

【曜「私と梨子ちゃんとでラブソングをデュエット!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: ◆6cZRMaO/G6 2017/06/29(木) 20:10:01.06 ID:a+uQTCr4O

曜「…………え?」

梨子「……いや、そんな、なんで知ってるのって顔されてもね?」

曜「ま、待って? likeじゃないよ?」

梨子「loveの方でしょ?」

曜「!?」

梨子「いや、うん。知ってるわよ」

曜「な、なんで……?」

梨子「普段から千歌ちゃんに熱い視線送ってたら……普通ばれるわよ」

曜「!?」

梨子「…………いや、そんな顔されても……ってもういいわ。それで? 私に話したってことはなにかあるんでしょ?」

曜「う、うん……///」モジモジ

引用元: 【ラブライブ】曜「千歌ちゃんが好きなんだよね」梨子「知ってる」【サンシャイン】 


  【【ラブライブ】曜「千歌ちゃんが好きなんだよね」梨子「知ってる」【サンシャイン】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(SIM) 2022/04/17(日) 19:28:10.29 ID:b+9rj1pN
梨子「……」ムギュッ

曜「……」

梨子「……」ムギュー

曜「……こんなのでいいの?」

梨子「うん」

曜「……」

曜(抱きしめて欲しいんじゃなくて抱きしめさせて欲しいだなんて、変なお願いだなー。まあいいけど)

梨子「……」ムギュー

曜(うわー、でもやっぱり梨子ちゃんめんどくさいなぁー)

梨子「~♪」ナデナデ

【曜「誕生日だからお願い一個だけ聞いてあげるね!」梨子「ほんとに?じゃあ……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 23:34:05.17 ID:ILpcLu2CO
「よ、う、ちゃ、ん、が――」

私は、海水で重くなった砂に描いた文字を読み上げる。
と、やや大きな波が近づいてきたことに気付かず、

「あ、梨子ちゃん!」

「え?」

足元から膝くらいまで、思いっきり潮水を浴びた。

「きゃあ?!」

「大丈夫!?」

「……」

靴の中が、びしょびしょだ。
しかも、先ほど砂に書いた告白用のカンペも綺麗に洗い流されてしまった。

「た、大変、ちょっと待ってタオル貸すから!」

ついてない。
曜ちゃんが自分のタオルを私に差し出した。
汗の匂い。曜ちゃんの匂いに自然と呼吸が浅くなった。

「えっと、それで梨子ちゃん何て?」

「いいの……日が悪かったみたい」

海のばかやろう。

引用元: 曜「梨子ちゃん、怒るわけないよ」 



  【曜「梨子ちゃん、怒るわけないよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2022/03/03(木) 22:02:09.48 ID:4UOCEpjC
キーンコーンカーンコーン!

曜「わわっ!ちょっと待って~っ!!」テテテッ!

コーンキーンカーンコーン!

曜「と~うっ!ふぅ~、今日は久々に間に合っ

先生「いやアウトだ」ペチッ

曜「いてっ!」

先生「渡辺、お前何回言えばわかるんだ。チャイムが鳴り始める前に教室を入っていなきゃアウトなんだよ」

曜「えぇ~!?そんなの誤差だよー!」

先生「誤差でも差は差だ。ルールはルール、ちゃんと守れ」ペチッ

曜「いてっ!」

先生「はぁ、お前今日で今学期遅刻何回目だ?」

【曜「でも寒い時期に遅刻しちゃうのは仕方なくない?」梨子「……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2022/02/01(火) 19:35:13.57 ID:II/+f9TT
【1】

~部室~

花丸「ルビィちゃんルビィちゃん、みてみて」チョンチョン

ルビィ「なになに?」

花丸「ほら、雑誌のこのページ。今ね、カップルにお化け屋敷が人気なんだって」

ルビィ「カップル、お化け屋敷……なんで?」

花丸「二人の仲がより深まる、って書いてあるずら」

善子「あぁ、それね。『吊り橋効果』ってやつなんじゃない?」

ルビィ「割り箸……?」

善子「吊り橋よ。谷にかかってる揺れるやつ」

ルビィ「あぁ~!」

花丸「でもなんで吊り橋ずら?」

善子「吊り橋にデートで行くと、そこでの恐怖のドキドキ感を、一緒にいる人へのドキドキ感だと脳が勘違いするんだって」

花丸「なるほど~、だからお化け屋敷なんだね。二人で行くとドキドキ出来るから」

善子「そうね。怖いところに一分くらい滞在してれば恋でも芽生えるんじゃない?ほんとかどうかは知らないけど」



曜「……」

曜(ふ、ふ~ん……)チラチラ

【曜「ドキドキで梨子ちゃんと両想いを目指すよ!」梨子「……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/03(水) 13:49:06.06 ID:kQq6B8ow0
千歌「学校面倒だなぁ......」

志満「ほらっ、そんなこと言ってないで!早く行かないとバス遅れちゃうよ」

千歌「......志満姉、やっぱり今日学校休んじゃダメ?」

志満「ダメです」ムッ!

千歌「は~い......」ズルズル

美渡「新学期早々テンション低いな~。学校楽しくないの?」

千歌「......別に。クラスの子とはうまいことやってるし」

美渡「そうだ!せっかくの新学期なんだしさ。あんたも髪飾りでもつけてイメチェンしていけば?私が学生のとき使ってたのあげるから」

千歌「私は髪飾りなんかしなくてもいいの!そんなのつけても悪目立ちするだけだし」

美渡「悪目立ちって......あんたも華の高校生なんだからさ~」

千歌「とにかく!私はそういうのいいから!じゃ、行ってきます」

ガララ

美渡「行っちゃった......」

美渡「『うまいことやってる』、かぁ。やっぱ楽しくないのかな、高校」

志満「昔はもっと元気で、学校も楽しそうだったのにねぇ......」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1493786945

引用元: 千歌「もしも!私と曜ちゃんの幼馴染設定がなかったら!」シャキン! 


 

  【千歌「もしも!私と曜ちゃんの幼馴染設定がなかったら!」シャキン!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: 名無しで叶える物語(あら) 2021/12/24(金) 11:09:12.09 ID:oJdTD5Rt
曜「はあ・・・ついてないなぁ」


梨子「どうしたの?」


曜「今朝は寝坊しちゃうし、バスに乗り遅れちゃうし、スマホは家に忘れちゃうし」


梨子「めずらしいね」


曜「明日クリスマスライブじゃん、その準備がね~」


梨子「ごめんね、衣装の子と任せちゃって」


曜「けど、くよくよしちゃダメ!切り替えてがんばらないと!」




曜「あれ?そういえば、千歌ちゃんは?」

【曜「千歌ちゃんがクリスマスデート?!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2021/12/06(月) 19:07:12.18 ID:trD6wGKB
千歌「ねえねえ曜ちゃん!知ってる?今日はカップルデーなんだよ!」

曜「カップルデー?」

千歌「うん!カップルで見れば半額なの!半額!」

曜「ふ、ふ~ん……」

千歌「~♪」

曜「……」

曜(そっかぁ。『カップルで来ると』半額なんだよね、うんうん。カップル、だったら……)チラッ

千歌「というわけで、曜ちゃんは今日だけ私の恋人なんだからね!いーい?」

曜「わかっ……ってうぇぇっ!?ほ、本当に!?///」

千歌「じゃないと半額にならないじゃん」

曜「いや、そうだけど、でも……」

千歌「ねえねえ、早速チケット買いに行こうよー!」グイグイ

曜「あ、いや!私、まだ心の準備が……!!///」ドキドキ

【千歌「映画見に行こっ!」曜「いいよ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(しうまい) 2021/10/23(土) 22:13:29.36 ID:AKG2RGIT
梨子「うん。そのコンプライアンス委員会から曜ちゃんに出頭依頼が来てるんだって」

曜「ちょちょちょ、え!?何それ!?」

梨子「さぁ……」

曜「えぇー…私、何かしちゃったのかな…?」

梨子「私にもわからないけど、ひとまず日時と場所が指定されてるから必ず行くようにって」

曜「やだなぁ…怒られるのかなぁ…」

【曜「コンプライアンス委員会?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(茸) 2021/10/22(金) 19:47:44.63 ID:AF6a7K3v
―千歌の部屋―

千歌「なんか先週くらいから付き合い始めたって。めでたいよねー」

果南「……」

千歌「元気な曜ちゃんとお淑やかなダイヤちゃん。こう、凹凸がピッタリはまるカップルっていうの?すごくお似合いだよね。流れに乗って私たちも付き合っちゃう?」

果南「……聞いてない」

千歌「へ?」

果南「付き合うこと、何も聞いてない……」ドヨーン

【果南「知らない間に曜とダイヤが付き合ってた」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(SIM) 2021/09/19(日) 22:17:27.74 ID:eafuH9Ss
~10月上旬~

曜「梨子ちゃん梨子ちゃん!」

梨子「なあに、曜ちゃん?」

曜「えへへ、もうちょっとでハロウィンの季節だよね!」

梨子「ハロウィン……」

曜「うん!今年は手作りのお菓子用意しようと思ってるんだけどさ!梨子ちゃんはどんなお菓子が好き?」

梨子「えっ?そうね、とびっきりに甘いのだったらなんでも……」

曜「ん~、甘いものかぁ……」

梨子「……」

梨子(そっか、もうすぐそんな季節なのね……)

【曜「梨子ちゃんどうぞ!ハロウィンのお菓子だよ!」梨子「……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(SIM) 2021/09/01(水) 16:46:49.65 ID:y0YXtG1g
梨子(最近、曜ちゃんが私に対してどうも冷たい)

梨子「あ、曜ちゃん。今日はお昼一緒に……」

曜「ごめん梨子ちゃん!私ちょっと用事あるから!」

テテッ!

梨子「……」

梨子(最近の曜ちゃんはいつも私より何かを優先してる。私よりも大切なものがあるってこと?)

梨子「……」ジトーッ

梨子(……なんかやだ。私じゃない一番が曜ちゃんの心の中にあるのって、言葉に出来ないけどすっごくモヤモヤする)

梨子(あれだけ梨子ちゃん梨子ちゃん!って勝手に懐いてきたくせに、飽きたらすぐにポイなんて………なんかムカつく。釣り上げられた側の気持ちもちゃんと考えなさいよ、ばか)

梨子「むぅ……」

梨子(やだやだ、そんなの絶対にいや。浮気だなんて許さないから。心変わりだなんて考えたくもないもん)

梨子(絶対に、絶対に曜ちゃんの気持ちを繋ぎとめてやるっ!)

【梨子「最近、曜ちゃんが私を女の子として見てくれません」曜「……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2021/08/30(月) 19:33:28.12 ID:eBFa3SsA
ある夜

曜「…」

鞠莉「曜、ここにいたのね」

曜「…鞠莉ちゃん」

鞠莉「なにやらお悩みのご様子。私で良ければ、力になるわ」

【曜「罪深き夜」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2021/04/30(金) 18:46:27.82 ID:bPK2SIKe
ようまり短編集

【曜「雨傘の音」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2021/08/23(月) 19:42:30.38 ID:tj5EHu4q
―帰り道―

ポツ、ポツ…

曜「でねでね!ゲームしてる時に善子ちゃんがね!」

梨子「ね、ねえ曜ちゃん。それより……なんか雨降って来そうじゃない?」

曜「えっ?あ~、確かに。ゲリラ豪雨とか来そうな雰囲気かも」

梨子「そうよね。なんか遠くの方で雷も鳴ってる気がするし……」

曜「もしかして梨子ちゃん雷苦手?」

梨子「だ、だって怖いじゃない!当たったら死んじゃうのよ!?心配するに越したことないじゃない!!」

曜「なるほどね~。でもだいじょーぶ!梨子ちゃんが家に着くまでは絶対に雨は降らない

ザァー!!

梨子「って曜ちゃん!!?」

【梨子「うわぁ、結構強く降ってきちゃったね……」曜「そうだね。制服びしょびしょになっちゃったよ……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 22:32:29.40 ID:RX1KQGX/0
私の名前は渡辺 曜

浦の星女学院に通う高校生二年生!

スクールアイドルグループ『Aqours』の衣装担当とか高飛び込みの選手とか大変ながらも充実している学園生活を送っているのであります!

さて、この私がこの場をお借りして何を話したいかと言いますと……おっと、また来たか

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1487165549

引用元: 曜「私の拳は何の為に」 


 

  【曜「私の拳は何の為に」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2021/07/23(金) 21:57:01.06 ID:i8wtx6bg
理事長室――

鞠莉「それで、頼みがあるって言ってたけど、なにかしら」

曜「あの、えっと、その…」

曜「鞠莉ちゃん!わ、私を抱いてっ!」

鞠莉「…」

鞠莉「…ふええっ!?」



【曜「鞠莉ちゃん!わ、私を抱いてっ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2021/07/19(月) 20:31:05.87 ID:x+SRhHFl
ある休日の昼下がり――

曜「たまの休日。一人でいるのも退屈で、なんとなく家から出て来たものの、何しようかな」

「へーい、そこのとってもシャイニーな彼女ぉ」

曜「えっ?」

鞠莉「チャオ!暇ならマリーとお茶しない?」

曜「…ふっ、あはははっ!」




【曜「鞠莉ちゃんにナンパされた」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(SIM) 2021/07/12(月) 19:41:47.88 ID:FfOo+dz4
~曜の部屋~

梨子「おじゃましまーす……」

曜「適当にその辺でくつろいじゃっててよ!梨子ちゃん!」

梨子「う、うん……」

梨子(曜ちゃんのお部屋にいるなんて、なんかちょっぴり不思議な気分……)ドキドキ

梨子「それで?曜ちゃん、今日はどんな用

曜「待ってて!今準備してきちゃうから!」

梨子「あっ!」

ピューッ!

梨子「……」

梨子(もうっ、曜ちゃんってばほんと落ち着きがないんだから……)



【曜「みてみて梨子ちゃん!新しい水着だよ!」梨子「……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(みかん) 2021/07/10(土) 12:42:48.21 ID:Iod0Woyu
曜「どうしよう……」アワアワ

【曜「千歌ちゃんが不登校になった」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2021/06/30(水) 20:28:10.65 ID:lj5pCjtB
曜「ふえっ!?」

鞠莉「ほらほら、遠慮しないでこっちきて。いっぱいいっぱいぎゅーってしてあげる♪」

曜「えっ、ええっ、ええええーっ!?」

――なんやかんやありまして――

曜「よしよし、いい子いい子」

鞠莉「んぅ…」



【鞠莉「ねぇ曜。マリーのこと、お姉ちゃんって呼んでくれてもいいのよ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(SIM) 2021/06/29(火) 19:27:22.33 ID:yoVG+PYu
曜「ねーねー梨子ちゃ~ん、聞いてるー?」

梨子「……」

曜「梨子ちゃーん」ユサユサ

梨子「聞いてる。聞いてるから揺らさないで」

曜「やっぱ梨子ちゃんもそう思うよねー。千歌ちゃん絶対私のこと好きだって」

梨子「はいはい。どうせまたお得意の妄想のお話でしょ?」

曜「違うもん!!今回はちゃんと証拠があるってば!!」



【曜「千歌ちゃんって絶対私のこと好きだよねー」梨子「はぁ……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2021/06/14(月) 20:47:03.22 ID:0xNqudZd
千歌「昔は可愛いなーって思ってたけど、今考えると異様だもん。あそこまでお父さんのこと好きなんて」

千歌「だって一緒に暮らしてるお父さんだよ?華の女子高生がパパー、パパ―って言ってるんだよ?なんかキモくない?」

梨子「う~ん……」

千歌「なーに?もしかして梨子ちゃんも曜ちゃん派?」

梨子「派閥とかあるの?」

千歌「お父さんっ子とお母さんっ子っているじゃん。千歌はお母さん派かなー」

梨子「確かに千歌ちゃんのお父さんってあんまり話聞かないわね」

千歌「いつも厨房の奥にいるからねー。あと地位が誰よりも低い」

梨子「地位?」

千歌「うん。美渡姉が昔お父さんに家のことでぶちギレて、それでお父さんがあんま子育てのことに口出せなくなっちゃったんだってー」

梨子(そんなトラウマになるほどのことって何よ……)

千歌「あと志満姉だってお父さんのご飯の量にだけさりげなく制限かけていること、チカにはきっちりお見通しなのだ」

梨子(それはちょびっとだけ可哀想かも……)




【千歌「曜ちゃんのお父さん好きってぶっちゃけ異常だよねー」梨子「あぁ~……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 名無しで叶える物語(なっとう) 2021/06/07(月) 22:32:13.51 ID:EYsUOGLP
曜「善子ちゃん、ミスドよっていかない?」

曜「ハンカチ借りちゃったし、ご馳走するよ」

善子「ヨハネよ」

善子「…いく」

帰りのバスはいつも曜と一緒。
それもそのはず、沼津市街に住んでいるのは私と曜だけだから。

この日はとある事情があって、曜が千歌に対してずっと抱いていた、

『一緒に何かをしたかった』と言う感情を私に漏らした。
その気持ちのせいで、梨子に嫉妬していたことも。

曜「自分の中では整理できたと思ってたんだけどね」

曜「たまに思い返すとうわ〜ってなっちゃうんだ」

いつも飄々としている曜が涙ながらに話す姿を見て、私はお気に入りのゴシック柄ハンカチを差し出すことしかできなかった。




【SS 僕らの夢の色は変わってくと気がついた Part1 〜曜&善子〜】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(SIM) 2021/05/31(月) 20:32:52.63 ID:eTSh8P2D
千歌「えっ、海未ちゃん内浦に来てくれたの?わーい!」ハグッ!

海未「千歌!?あんまりくっつかないで下さい……//」

千歌「ねーねーどこ行く?チカは三津シー!みとシー行きたい!沼津のお魚いっぱい見せてあげるね!」

海未「観光に来たんじゃありません!ただ少し千歌に言わなくてはいけない大切なことがあって……」

千歌「海未ちゃん絶対気に入ってくれると思う!ねーねー!早く行こうよー!」ギュゥゥ♡

海未「!?」

海未(む、胸が……柔らかい気持ちいい思いっきり当たっていますよ千歌///)

千歌「えへへ~、海未ちゃんとお魚デート~♡」

海未「はぁ、やれやれ。本当に千歌は仕方がないですね……//」




曜「……」




【海未「幼馴染を邪険にするなんて許せません!沼津に乗り込みます!」曜「おぉ~!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2021/05/26(水) 20:41:38.61 ID:Oc3/Z5Kr
―とある金曜日―

ピロリン♪

梨子(あ、曜ちゃんからLineだ)

スッスッ

———

曜:梨子ちゃん!週末予定ある?

梨子:どうしたの?

曜:ららぽーと行こっかなーって思って!

梨子:ららぽーと?

曜:うん!新しいお洋服見に行きたいのと、ちょっと探検してみたいなって!

曜:梨子ちゃん梨子ちゃん!私に合うの見繕ってよ!

———




【梨子「ふーん、曜ちゃんってば私以外の女の子と遊びに行ってたのね」曜「そ、それはその……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2021/05/23(日) 15:50:07.21 ID:unJ3pOxn
ホテルオハラ

鞠莉「出かける準備はできた?」

曜「うん、バッチリ!行ってきまーす」

鞠莉「待って曜。忘れ物よ」

曜「えっ?」

鞠莉「知ってた?日本には家を出るときや家に帰ったとき、キスをする風習があるの」




【曜「玄関ですること」】の続きを読む

このページのトップヘ