えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

渡辺曜

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(SIM) 2021/09/19(日) 22:17:27.74 ID:eafuH9Ss
~10月上旬~

曜「梨子ちゃん梨子ちゃん!」

梨子「なあに、曜ちゃん?」

曜「えへへ、もうちょっとでハロウィンの季節だよね!」

梨子「ハロウィン……」

曜「うん!今年は手作りのお菓子用意しようと思ってるんだけどさ!梨子ちゃんはどんなお菓子が好き?」

梨子「えっ?そうね、とびっきりに甘いのだったらなんでも……」

曜「ん~、甘いものかぁ……」

梨子「……」

梨子(そっか、もうすぐそんな季節なのね……)

【曜「梨子ちゃんどうぞ!ハロウィンのお菓子だよ!」梨子「……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(SIM) 2021/09/01(水) 16:46:49.65 ID:y0YXtG1g
梨子(最近、曜ちゃんが私に対してどうも冷たい)

梨子「あ、曜ちゃん。今日はお昼一緒に……」

曜「ごめん梨子ちゃん!私ちょっと用事あるから!」

テテッ!

梨子「……」

梨子(最近の曜ちゃんはいつも私より何かを優先してる。私よりも大切なものがあるってこと?)

梨子「……」ジトーッ

梨子(……なんかやだ。私じゃない一番が曜ちゃんの心の中にあるのって、言葉に出来ないけどすっごくモヤモヤする)

梨子(あれだけ梨子ちゃん梨子ちゃん!って勝手に懐いてきたくせに、飽きたらすぐにポイなんて………なんかムカつく。釣り上げられた側の気持ちもちゃんと考えなさいよ、ばか)

梨子「むぅ……」

梨子(やだやだ、そんなの絶対にいや。浮気だなんて許さないから。心変わりだなんて考えたくもないもん)

梨子(絶対に、絶対に曜ちゃんの気持ちを繋ぎとめてやるっ!)

【梨子「最近、曜ちゃんが私を女の子として見てくれません」曜「……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2021/08/30(月) 19:33:28.12 ID:eBFa3SsA
ある夜

曜「…」

鞠莉「曜、ここにいたのね」

曜「…鞠莉ちゃん」

鞠莉「なにやらお悩みのご様子。私で良ければ、力になるわ」

【曜「罪深き夜」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2021/04/30(金) 18:46:27.82 ID:bPK2SIKe
ようまり短編集

【曜「雨傘の音」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2021/08/23(月) 19:42:30.38 ID:tj5EHu4q
―帰り道―

ポツ、ポツ…

曜「でねでね!ゲームしてる時に善子ちゃんがね!」

梨子「ね、ねえ曜ちゃん。それより……なんか雨降って来そうじゃない?」

曜「えっ?あ~、確かに。ゲリラ豪雨とか来そうな雰囲気かも」

梨子「そうよね。なんか遠くの方で雷も鳴ってる気がするし……」

曜「もしかして梨子ちゃん雷苦手?」

梨子「だ、だって怖いじゃない!当たったら死んじゃうのよ!?心配するに越したことないじゃない!!」

曜「なるほどね~。でもだいじょーぶ!梨子ちゃんが家に着くまでは絶対に雨は降らない

ザァー!!

梨子「って曜ちゃん!!?」

【梨子「うわぁ、結構強く降ってきちゃったね……」曜「そうだね。制服びしょびしょになっちゃったよ……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 22:32:29.40 ID:RX1KQGX/0
私の名前は渡辺 曜

浦の星女学院に通う高校生二年生!

スクールアイドルグループ『Aqours』の衣装担当とか高飛び込みの選手とか大変ながらも充実している学園生活を送っているのであります!

さて、この私がこの場をお借りして何を話したいかと言いますと……おっと、また来たか

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1487165549

引用元: 曜「私の拳は何の為に」 


 

  【曜「私の拳は何の為に」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2021/07/23(金) 21:57:01.06 ID:i8wtx6bg
理事長室――

鞠莉「それで、頼みがあるって言ってたけど、なにかしら」

曜「あの、えっと、その…」

曜「鞠莉ちゃん!わ、私を抱いてっ!」

鞠莉「…」

鞠莉「…ふええっ!?」



【曜「鞠莉ちゃん!わ、私を抱いてっ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2021/07/19(月) 20:31:05.87 ID:x+SRhHFl
ある休日の昼下がり――

曜「たまの休日。一人でいるのも退屈で、なんとなく家から出て来たものの、何しようかな」

「へーい、そこのとってもシャイニーな彼女ぉ」

曜「えっ?」

鞠莉「チャオ!暇ならマリーとお茶しない?」

曜「…ふっ、あはははっ!」




【曜「鞠莉ちゃんにナンパされた」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(SIM) 2021/07/12(月) 19:41:47.88 ID:FfOo+dz4
~曜の部屋~

梨子「おじゃましまーす……」

曜「適当にその辺でくつろいじゃっててよ!梨子ちゃん!」

梨子「う、うん……」

梨子(曜ちゃんのお部屋にいるなんて、なんかちょっぴり不思議な気分……)ドキドキ

梨子「それで?曜ちゃん、今日はどんな用

曜「待ってて!今準備してきちゃうから!」

梨子「あっ!」

ピューッ!

梨子「……」

梨子(もうっ、曜ちゃんってばほんと落ち着きがないんだから……)



【曜「みてみて梨子ちゃん!新しい水着だよ!」梨子「……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(みかん) 2021/07/10(土) 12:42:48.21 ID:Iod0Woyu
曜「どうしよう……」アワアワ

【曜「千歌ちゃんが不登校になった」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2021/06/30(水) 20:28:10.65 ID:lj5pCjtB
曜「ふえっ!?」

鞠莉「ほらほら、遠慮しないでこっちきて。いっぱいいっぱいぎゅーってしてあげる♪」

曜「えっ、ええっ、ええええーっ!?」

――なんやかんやありまして――

曜「よしよし、いい子いい子」

鞠莉「んぅ…」



【鞠莉「ねぇ曜。マリーのこと、お姉ちゃんって呼んでくれてもいいのよ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(SIM) 2021/06/29(火) 19:27:22.33 ID:yoVG+PYu
曜「ねーねー梨子ちゃ~ん、聞いてるー?」

梨子「……」

曜「梨子ちゃーん」ユサユサ

梨子「聞いてる。聞いてるから揺らさないで」

曜「やっぱ梨子ちゃんもそう思うよねー。千歌ちゃん絶対私のこと好きだって」

梨子「はいはい。どうせまたお得意の妄想のお話でしょ?」

曜「違うもん!!今回はちゃんと証拠があるってば!!」



【曜「千歌ちゃんって絶対私のこと好きだよねー」梨子「はぁ……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2021/06/14(月) 20:47:03.22 ID:0xNqudZd
千歌「昔は可愛いなーって思ってたけど、今考えると異様だもん。あそこまでお父さんのこと好きなんて」

千歌「だって一緒に暮らしてるお父さんだよ?華の女子高生がパパー、パパ―って言ってるんだよ?なんかキモくない?」

梨子「う~ん……」

千歌「なーに?もしかして梨子ちゃんも曜ちゃん派?」

梨子「派閥とかあるの?」

千歌「お父さんっ子とお母さんっ子っているじゃん。千歌はお母さん派かなー」

梨子「確かに千歌ちゃんのお父さんってあんまり話聞かないわね」

千歌「いつも厨房の奥にいるからねー。あと地位が誰よりも低い」

梨子「地位?」

千歌「うん。美渡姉が昔お父さんに家のことでぶちギレて、それでお父さんがあんま子育てのことに口出せなくなっちゃったんだってー」

梨子(そんなトラウマになるほどのことって何よ……)

千歌「あと志満姉だってお父さんのご飯の量にだけさりげなく制限かけていること、チカにはきっちりお見通しなのだ」

梨子(それはちょびっとだけ可哀想かも……)




【千歌「曜ちゃんのお父さん好きってぶっちゃけ異常だよねー」梨子「あぁ~……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 名無しで叶える物語(なっとう) 2021/06/07(月) 22:32:13.51 ID:EYsUOGLP
曜「善子ちゃん、ミスドよっていかない?」

曜「ハンカチ借りちゃったし、ご馳走するよ」

善子「ヨハネよ」

善子「…いく」

帰りのバスはいつも曜と一緒。
それもそのはず、沼津市街に住んでいるのは私と曜だけだから。

この日はとある事情があって、曜が千歌に対してずっと抱いていた、

『一緒に何かをしたかった』と言う感情を私に漏らした。
その気持ちのせいで、梨子に嫉妬していたことも。

曜「自分の中では整理できたと思ってたんだけどね」

曜「たまに思い返すとうわ〜ってなっちゃうんだ」

いつも飄々としている曜が涙ながらに話す姿を見て、私はお気に入りのゴシック柄ハンカチを差し出すことしかできなかった。




【SS 僕らの夢の色は変わってくと気がついた Part1 〜曜&善子〜】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(SIM) 2021/05/31(月) 20:32:52.63 ID:eTSh8P2D
千歌「えっ、海未ちゃん内浦に来てくれたの?わーい!」ハグッ!

海未「千歌!?あんまりくっつかないで下さい……//」

千歌「ねーねーどこ行く?チカは三津シー!みとシー行きたい!沼津のお魚いっぱい見せてあげるね!」

海未「観光に来たんじゃありません!ただ少し千歌に言わなくてはいけない大切なことがあって……」

千歌「海未ちゃん絶対気に入ってくれると思う!ねーねー!早く行こうよー!」ギュゥゥ♡

海未「!?」

海未(む、胸が……柔らかい気持ちいい思いっきり当たっていますよ千歌///)

千歌「えへへ~、海未ちゃんとお魚デート~♡」

海未「はぁ、やれやれ。本当に千歌は仕方がないですね……//」




曜「……」




【海未「幼馴染を邪険にするなんて許せません!沼津に乗り込みます!」曜「おぉ~!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2021/05/26(水) 20:41:38.61 ID:Oc3/Z5Kr
―とある金曜日―

ピロリン♪

梨子(あ、曜ちゃんからLineだ)

スッスッ

———

曜:梨子ちゃん!週末予定ある?

梨子:どうしたの?

曜:ららぽーと行こっかなーって思って!

梨子:ららぽーと?

曜:うん!新しいお洋服見に行きたいのと、ちょっと探検してみたいなって!

曜:梨子ちゃん梨子ちゃん!私に合うの見繕ってよ!

———




【梨子「ふーん、曜ちゃんってば私以外の女の子と遊びに行ってたのね」曜「そ、それはその……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2021/05/23(日) 15:50:07.21 ID:unJ3pOxn
ホテルオハラ

鞠莉「出かける準備はできた?」

曜「うん、バッチリ!行ってきまーす」

鞠莉「待って曜。忘れ物よ」

曜「えっ?」

鞠莉「知ってた?日本には家を出るときや家に帰ったとき、キスをする風習があるの」




【曜「玄関ですること」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆Qe7X7xrNvI 2016/11/15(火) 23:35:01.44 ID:aW2dP0tio
帰り道


千歌「じゃ、ばいばーい!また明日ねー、曜ちゃーん、善子ちゃーん!」

梨子「また明日。最近"例の噂"もあるし物騒だから、気をつけて帰ってね?」


善子「善子じゃなくてヨハネよー!そっちこそ気をつけなさいよね!」

曜「そろそろバスも来るし、急がなきゃ。それじゃ二人共、あばヨーソロー!」

善子「おぉ、新しいのがきたわね…」



(みんなは知らない。私の本当の姿を)




バスの中


ブロロロロロ…


善子「"例の噂"、ね…」

曜「ん?どうしたの?」

善子「いえ、本当に存在するのかな、って。だってなんていうか、その…」



(善良なる一市民や、スクールアイドルとしての私は仮の姿)



曜「んー…、いるんじゃないかな?いたら面白いじゃない?」

善子「そう…?私は面白い、っていうか…」

善子「バカバカしい…って思うんだけど」



(火曜日の夜にだけ現れては、とあるものだけを狙い、誰にも知られず華麗にそれを奪い去っていく)

(その犯行には一種の美しさすら感じさせる、現代に蘇った怪盗)

(それが、私の中に眠っている、真の私なんだ)



善子「…だって、よりにもよって盗んでいくものが……」



(その怪盗が狙う、とあるもの。それが…)




善子「…女子の制服、だなんて」





※安価スレです。ちょっとだけストーリーあると思います。

※なるべく最後まで完結させることを目指します。

※積極的に安価取ってってくれると助かります。




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1479220501

引用元: 曜「制服怪盗チューズデー、ただいま参上!」 


 

  【曜「制服怪盗チューズデー、ただいま参上!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 18:31:15.58 ID:umzlhiaw0
梨子「ええ、そうなのよ……」

曜「えーと、つまりどういうことなの?」

梨子「始めは、ほんの出来心だったのよ……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1478079074

引用元: 曜「千歌ちゃんの壁クイレベルがMAXに?」 


 

【曜「千歌ちゃんの壁クイレベルがMAXに?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/14(金) 19:54:12.46 ID:GwdZhu6+0
(沼津)

曜「いやー、今日の水泳大会久しぶりだったのに結構良かったなー!」

曜「Aqoursの練習もやってるし体力は落ちてないね……ってあれ、ここスクールアイドルショップだ」

曜「そういえばAqoursのグッズも近々作らせてくださいって言ってたの聞いたなー」

曜「ちょっと見に行こーっと」

引用元: 曜「あ、千歌ちゃんのグッズだ……」 


 

  【曜「あ、千歌ちゃんのグッズだ……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 23:46:00.64 ID:EVA3Hj/c0
土曜日 朝 2年教室

千歌「そう!ホッケンだよ!!『穂乃果の拳』だよ!!」

曜「いや、言われてもわかんないんだけど。なにそれ?」

千歌「えー、知らないのー?ゲーム!昨日発売したゲームだよ!2D格闘ゲームだよ!」

曜「あー、ゲームね。」

梨子「そのゲームがどうかしたの、千歌ちゃん?」コクバンケシケシ

千歌「ふっふっふ。・・・じゃじゃーん!」

曜「あー!なにもってきt・・・」

千歌「ちょちょぉっと、大きな声で言わないでよ!」

曜「・・・ぷはぁ!自分のほうがよっぽど大きな声だよ・・・」ハァ

梨子「昨日早く帰った理由はそれだったんだね」ポンポン

千歌「そう!ねぇねぇ、帰ったら一緒にやろうよー」

曜「まぁいいけど、千歌ちゃんゲームうまいからなぁ。梨子ちゃんはゲームとかするの?」

梨子「えっ?そ、それなりに、かなぁ」オテテフキフキ

曜「へぇ、そうなんだ。ちょっと意外かもー」

梨子「わ、私インドア派だから・・・。それに、ゲームならちょっと空いた時間でも気軽にできるし・・・。」

千歌「おぉ?梨子ちゃんできるんだー?これは楽しみになってきたー!!」

梨子「あ、あんまり期待されても困るんだけど・・・」

曜「私はかなり自信がないなー。前も千歌ちゃんに付き合ってひどい目に・・・」

千歌「心配ないよ曜ちゃん!このゲームは誰でも簡単にできるモードがあるから!」

曜「そうなの?それなら大丈夫なのかな?」

千歌「うんうん。あ、よーし!こうなったら・・・」

ようりこ「「・・・こうなったら?」」

千歌「Aqours全員でやろう!野郎どもー」オー

ようりこ「「」」キーンコーンカーンコーン

千歌「・・・ぁ、ちなみに今のは行動するのやろうと、君たちって意味の野郎をかけt」

ようりこ「「説明しなくて、いいから」」オマエラセキニツケー

引用元: 曜ダイヤ善子「「「ホッケン?」」」 


 

ラブライブ!サンシャイン!! FIRST FAN BOOK

KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2016-06-29)
売り上げランキング: 35
【曜ダイヤ善子「「「ホッケン?」」」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/07/13(月) 20:41:42.74 ID:8g+cp2Kr0
曜「皆は、善子ちゃんのバースデーおもらしをもう見られたかな?」

花丸・ルビィ「「教室で4回」」

梨子「お昼休みに2人でご飯食べてる時に屋上で」

千歌「部活行く前のトイレで1回みたのだ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1594640502

引用元: 【ラブライブ!】曜「今日はよしっこちゃんの誕生日!」【サンシャイン!!】 



【【ラブライブ!】曜「今日はよしっこちゃんの誕生日!」【サンシャイン!!】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

曜「神隠しの噂」 中編

214: ◆tdNJrUZxQg 2019/11/08(金) 02:00:25.80 ID:WJ3m1kFK0


    *    *    *





理事長室に到着して、全員が入室したのを確認してから、鞠莉ちゃんが扉を閉めようとしたら、


聖良「あ、鞠莉さん。そのままで少し待ってもらえますか?」

鞠莉「え?」


何故か、聖良さんに止められる。

そのまま、5秒……10秒……。


鞠莉「……ねえ、閉めちゃだめ?」

聖良「……もう、閉めていいですよ。ただ、ゆっくりお願いします」

鞠莉「……? わかった」


聖良さんの許可が下りて、ゆっくり扉を閉める。

……何、今の?


理亞「それで、何が起こってるの」


それはそれとして、とでも言わんばかりに、早速、理亞ちゃんが話を切り出してくる。


聖良「理亞、焦らない」

理亞「だって……!」

聖良「まず、事実の確認からしましょう。お二人とも、ルビィさんのことを覚えているということでいいんですか?」

鞠莉「いいえ。わたしは、そのルビィちゃんのことは知らないわ」

理亞「な……!?」

曜「覚えてるのは私だけなんだ」

鞠莉「わたしは曜に聞いて、おかしいことに気付いたってところかしら……」

曜「数日前までは、皆、顔と名前が一致しない、くらいだったんだけど……今日見た感じだと、ルビィちゃんの存在ごと忘れちゃってる感じだったよね……」

聖良「なるほど……かくいう私も、ルビィさんのことは存じ上げていなくて……」

理亞「え」

聖良「ただ、理亞が嘘を言っているとも思えない……。となると、自分の記憶を疑うべきかと思いまして」

鞠莉「……真っ先に、そんな発想になる?」

聖良「鞠莉さんが曜さんの言葉を信じたように、私も理亞の言葉を信じただけですよ」

理亞「ね、ねえさま……!」


あまりに察しが良すぎるとは思わなくもないけど……聖良さんって、確かに見透かしたところがあるし、出来そうと言えば出来そうではある。

どっちにしろ、協力してくれるなら、助かるし、そこを疑う理由もないか……。

引用元: 曜「神隠しの噂」 



【曜「神隠しの噂」 後編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

曜「神隠しの噂」 前編

111: ◆tdNJrUZxQg 2019/11/07(木) 19:37:23.11 ID:NOmScrmB0


曜「──……ん……」


──なんだか、頭の下に柔らかい感触。

……あれ、私……何してたんだっけ……。


曜「……ん、ぅ……」


ゆっくりと目を開けると、


鞠莉「おはよ、曜」


鞠莉ちゃんの顔がすぐ目の前にあった。


曜「あれ……鞠莉ちゃん……」


ぼんやりとした、頭で考える。

……確か、鞠莉ちゃんとお話してて……。

…………。


曜「……私、もしかして、寝ちゃってた……?」

鞠莉「うん、話してたら割とすぐにうとうとし始めたから」

曜「ぅ……ごめん……」


よくよく考えてみたら、眠くなるからソファーから離れて何かしようとしたのに、結局ソファーに戻って話してたら、そりゃこうなる。


鞠莉「それで、感想は?」

曜「……感想?」


なんのことかと思ったけど、


鞠莉「わたしのひ・ざ・ま・く・ら♪」

曜「……。……!?///」


鞠莉ちゃんから見下ろされているこの状況、言われて気付く。

私は膝枕をされていた。


鞠莉「マリーの膝、気持ちよかった?」

曜「え、あ、はい」

鞠莉「ふふ~ん♪ そうよねぇ~曜ったら寝ぼけたまま、わたしのフトモモに頬ずりしてたもんね~」

曜「……!?/// し、してないよ!?///」


……してないよね!?

眠くなってきてからの記憶がほとんどないから、自信がない。


鞠莉「ふふ♪ じゃあ、してないってことにしておいてあげるわね♪」


鞠莉ちゃんはいたずらっぽく笑う。

またしても、鞠莉ちゃんにからかわれる口実を与えてしまった。


曜「……はぁ」

引用元: 曜「神隠しの噂」 



【曜「神隠しの噂」 中編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆tdNJrUZxQg 2019/11/07(木) 14:17:54.86 ID:NOmScrmB0
ラブライブ!サンシャイン!!SS

ダイヤ「吸血鬼の噂」  

の続編です。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1573103874

引用元: 曜「神隠しの噂」 



【曜「神隠しの噂」 前編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: キャラ崩壊注意です 2019/11/07(木) 16:59:31 ID:sQARkDtM
――千歌の部屋

千歌「どうなるかなー?」

梨子「…え?」

千歌「だからぁ、曜ちゃんを無視したらどうなるかな?」

梨子「…なに、曜ちゃんとケンカでもしたの?」

千歌「ううん、ケンカなんてしないよ。だって私と曜ちゃんは仲良しだし♪」

梨子「じゃあどうして無視しようなんて言い出したの?無視なんて、そんなことしたらダメでしょ」

千歌「ダメなのはわかってるけどさ、気にならない?曜ちゃんがどんな反応するかなーって♪」

梨子「…べつに気にならないわよ」

千歌「えー?私は気になるよ?…怒るかな?それとも泣いちゃうのかな~?」

千歌「あーっ、考えただけでわくわくするーっ!!」バタバタ

梨子(笑顔でなに言ってるのかしら、この子は…)

引用元: 千歌「曜ちゃんを無視したらどうなるか」 



ラブライブ!  9th Anniversary Blu-ray BOX Forever Edition (初回限定生産)
バンダイナムコアーツ (2019-10-25)
売り上げランキング: 45
【千歌「曜ちゃんを無視したらどうなるか」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

曜「浮気がバレそうだよーそろぉ…」 前編

192: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/10/23(水) 22:32:43 ID:aPoggLtQ
――曜の部屋

曜「…」プルルルル…

「ただいま電話に出ることができません。ピーッという発信音のあとに、お名前とご用件を…」ピッ

曜「千歌ちゃん出ない…。もう寝ちゃったのかなぁ…?」

曜「あ、ルビィちゃんにもLINEを……いや、寝てるだろーし明日でいいか…」

曜「ふあ…」

曜「ねむ……私も寝よっかな…」ボフッ

曜「…」モゾモゾ

曜「……明日、朝早くに梨子ちゃん家行かないとね…」

曜「んー…」ゴロッ

曜「…」ウトウト

曜「すぅ、すぅ…」ムニャムニャ

引用元: ・曜「浮気がバレそうだよーそろぉ…」 



【曜「浮気がバレそうだよーそろぉ…」 後編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2019/10/21(月) 01:39:47 ID:tAFoTEFs
――曜の部屋

曜(現在3股してるけど、どーも疑われてるんだよね…)

曜(この前なんてスマホを見せてとか言われちゃったし…)

曜(見せれるわけないじゃん…。そんなことしたらそっこーでバレるし、修羅場ってやつになっちゃうよ…)

曜(なんとしてでも疑いを消さなくちゃ…!)ピコンッ♪

曜(…? LINE?)スッ

千歌:よーちゃーん

曜「あ、千歌ちゃんからだ」スッスッ

曜:どうしたの?

千歌:なんでもないよー。曜ちゃんとお話したいからメールしちゃった!

千歌:あっ、いまって時間大丈夫だった?

曜:大丈夫だよー(*> ᴗ •*)ゞ

引用元: ・曜「浮気がバレそうだよーそろぉ…」 



ラブライブ!  9th Anniversary Blu-ray BOX Forever Edition (初回限定生産)
バンダイナムコアーツ (2019-10-25)
売り上げランキング: 7
【曜「浮気がバレそうだよーそろぉ…」 前編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 梨子「Aqoursがお送りするラジオ」ルビィ「スクールアイドル」鞠莉「放送局デース」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/21(木) 23:21:06.92 ID:SSLg2Z5a0
プップップッ ポーン

曜「ヨーソロー!Aqoursの渡辺曜です」

ダイヤ「こんばんは。同じくAqoursの黒澤ダイヤです」

曜「や~緊張するね?」

ダイヤ「そうですか?」

曜「え?緊張しませんか?」

ダイヤ「まあ、大勢の前で話すのは慣れてますから」

曜「そうなんだ。あっ、一旦CMです」

引用元: 曜「Aqoursがお送りするラジオ!」ダイヤ「スクールアイドル放送局ですわ!」 



【曜「Aqoursがお送りするラジオ!」ダイヤ「スクールアイドル放送局ですわ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/06/20(木) 22:45:14 ID:K8V5/gxg
~寝る前~

曜「千歌ちゃぁん」

千歌「なぁに」

曜「かまって」

千歌「やーだ」

曜「いじわる」

千歌「いじわるじゃないもん」

曜「むぅ」

引用元: 曜「千歌ちゃんにいたずらしちゃお♪」 


【曜「千歌ちゃんにいたずらしちゃお♪」】の続きを読む

このページのトップヘ