えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

白井黒子

    このエントリーをはてなブックマークに追加
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/04(木) 08:59:10.59 ID:vFUiFYZVO
美琴「そうよ!道具は私の貸してあげるわ!」

黒子「釣りには興味ありませんけど…まあ、お姉様とデートが出来るならいいですわ//」

美琴「じゃあまずは準備よ!黒子!動きやすくて汚れてもいい服に着替えなさい!あ、帽子も忘れちゃだめよ!」

黒子「は、はあ…」

引用元: 美琴「黒子!!バス釣りに行くわよ!!」黒子「バス釣りですの?」 




【美琴「黒子!!バス釣りに行くわよ!!」黒子「バス釣りですの?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/02/21(火) 18:33:45.02 ID:jYv6qOBS0
上条「あれ…お前ら何してんの?」

一方通行「っち…なんで此処にクソ三下がいやがんだァ?」

黒子「類人猿と出会ってしまうなんて…最低な休日ですの」

上条「あの…せめて…名前でよんでいただけないでせうか?」

一方通行「あンだァ三下」

黒子「なんですの類人猿」

上条「…もういいです…で、此処で何してんの?」

一方通行「コーヒー買いにきただけだァ」

黒子「デザートを買いに」

上条「普通だなぁ…まぁコンビニだしな」

引用元: 上条「あれ?」一方通行「アン?」黒子「類人猿と・・・誰ですの」

 

とある魔術の禁書目録II 白井黒子 通常版 (1/8スケール PVC塗装済み完成品)
ペンギンパレード (2011-12-14)
売り上げランキング: 103,246
【上条「あれ?」一方通行「アン?」黒子「類人猿と・・・誰ですの」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 05:02:59.08 ID:gxd9FHxO0
黒子「まったく……あの類人猿ときたらいつもいつも……」

初春「あ、あのー……白井さん?」

黒子「何ですの、初春。何か用でも?」

初春「さっきから一人でブツブツ言ってますけど、何かあったんですか?」

黒子「初春……盗み聞きとは趣味が悪いですわね」

初春「白井さんの独り言が私にも聞こえる位大きかったんだと思うんですけど……」

黒子「……まあいいですの。はぁ……どうすればあの類人猿をお姉様から遠ざける事が……」

初春「あの、白井さん?」

黒子「……今度は何の用ですの?」

初春「その、類人猿って呼ばれてる方はいったいどういう人なんですか?」

引用元: 黒子「誰があの類人猿を好きになんかなるもんですか」 



【黒子「誰があの類人猿を好きになんかなるもんですか」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 10:28:52.55 ID:GE1mq+Oj0
本屋

御坂「あ、黒子のバスケの新刊でてるわ」

御坂「ちょっと読もうかな」パラッ

黒子「お•ね•え•さ•まっ!」がばっ

御坂「っうわ! って、黒子じゃないの。 あんたどうしたの?」

黒子「今日は見回り当番ですの。 それよりお姉様、なにを読んでますの?」

御坂「あぁ、コレ? 黒子のバスケよ。 新巻でたからちょっと読もうかなって」

黒子「黒子の…バスケ?」

御坂「まぁ、若干能力物っぽいバスケ漫画ね」パラッ

黒子「そうですか…わたくしあまりバスケには興味ありませんわ」

御坂「…ん?」

引用元: 黒子「バスケですの?」 



【黒子「バスケですの?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09(土) 11:28:34.17 ID:ZPoSd6ayO

黒子「ボーッとしていて上の空だったり」

黒子「端末を執拗に何度も見たり」

黒子「何より常時ニヤニヤしてますの…」

黒子「これはお姉さまに何かあったに違いませんわ!!!」

黒子「この白井黒子、責任を持って調べさせていただきますわ!!!」キラーン

引用元: 黒子「最近お姉さまの様子が変ですの…」 



【黒子「最近お姉さまの様子が変ですの…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/22(日) 22:31:02.66 ID:smC9GJ6VP
黒子「……何を言っているんですの?」

結標「ちょっと、テンション低いわよ? せっかく私たちに陽があたる時が来たっていうのに!」

黒子「……なんなんですの一体。というか貴女、そんなに『!』を付けて話すキャラじゃないでしょうに」

結標「何言ってるのよ! 今日は私たち空間移動系能力者の強さが証明された日なのよ!? テンション上げないでどうするの!」

黒子(鬱陶しいですの……)

黒子「はぁ……、まあ話だけは聞きますわ。ですが、わたくしジャッジメントの活動もありますので手短にお願いいたしますの」

結標「ふふーん。そのやる気の無さもこれを見たら吹っ飛ぶわよ!」スッ

引用元: 結標「テレポーターって最強らしいわよ!?」 黒子「……はい?」  



【結標「テレポーターって最強らしいわよ!?」 黒子「……はい?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/11(金) 02:41:02.50 ID:1digDa0r0


とある公園 下校中

美琴「あっついわねえ…黒子」


黒子「そうですわねお姉さま……なんせ今年の夏
は特に暑い、って評判ですものね…」


美琴「あーもう、なんか私のど渇いてきちゃった…
ね、黒子。あそこの自販機のベンチで休憩しない??
アンタの分の飲み物も私がおごってあげるからさ」


黒子「結構ですの!!」

引用元: 黒子「(計画通り…ですの!!)」 



【黒子「(計画通り…ですの!!)」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/02(水) 23:13:32.13 ID:bcOADja2O

「は? 今なんと仰いましたの、お父様?」

 とある日。白井黒子は常盤台女子寮の自室で携帯電話片手に眉をひそめた。

「いや……だからな……父さんの会社が倒産してしまってな……」

「あの、わざわざ洒落を言うために電話を寄越されたのですか、お父様?」

「えぇい、冗談ではない! 全ては不景気が悪いのだよ! まあ、正確には、倒産しそうになったところをある方に助けていただいたのだが……」

「まあ、それは良いことですのね。それで、お父様の会社とわたくしがどういう関係が?」

「それが……その方と色々と話をしているうちに、すっかり盛り上がってしまって……」

「ふむふむ……」

 父親の話題に興味が失せてきた黒子は携帯を頬と肩に挟み、靴下を脱ぎ始めた。

引用元: 黒子「上条黒子ですの」 



【黒子「上条黒子ですの」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/05(火) 18:31:43.07 ID:mGwOFatwO
ピピピピ…

美琴「ん…朝か…」ムクリ

美琴「…あれ…?」

美琴「…黒子がいない…」

美琴「…まぁいっか…」

「ですの!」

美琴「ひっ!?」ビクゥッ

「ですの!ですの!」

美琴「なっ…何っ!?」キョロキョロ

ミニ黒子「ですの!」

美琴「え…えぇっ!?」

美琴「ち、ちっこい黒子ぉ!?」

引用元: 美琴「手乗り黒子!?」 



【美琴「手乗り黒子!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/13(金) 22:03:46.51 ID:DX/rJdbqO
上条「フンフンフフ~ン♪」

美琴「勝負よ!上条当麻!」

上条「またか」

美琴「いいからさっさと勝負しなさい!」

上条「ハイハイ」

美琴「行くわよーーー!!」

ツルッ

美琴「えっ?」

上条「あっ」

ゴッチーン!

引用元: 美琴「滑ってゴッチン!!」黒子「ですの」 



とある科学の超電磁砲T Vol.1(初回仕様版)(おまけアニメ&前半収納BOX付) [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2020-04-30)
売り上げランキング: 963
【美琴「滑ってゴッチン!!」黒子「ですの」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 12:09:43.98 ID:2A/ffah30
黒子「…え、今なんと?」

美琴「だから今日は一緒に寝てあげるって言ってんの!」

美琴「ほ、ほら、最近寒くなってきたじゃない?足元も冷たいしさ、せっかく私達同じ部屋にいるんだし、一緒に暖まったほうがいいかなぁって…」

黒子「お姉さま…」

美琴「べっ別に私は寒いだけなんだから、勘違いしないでよ!私はアンタみたいに度を超えた考えなんて持ってないんだから」

黒子「(あぁ、お姉さま。わたくしのお姉さまへの愛がようやく!くぅぅ、ついにやりましたわ黒子!どれだけこの日を待ちわびたことか!)」


創約 とある魔術の禁書目録 (電撃文庫)
鎌池 和馬
KADOKAWA (2020-02-07)
売り上げランキング: 141
【美琴「黒子、今日は一緒に寝ない?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 23:40:35.75 ID:RtcYOSP9O
AM 3:20


黒子「ハッ!」

美琴「黒子!!黒子!!」パチパチ!!

黒子「お姉……さま……?」

美琴「黒子!!黒子!!黒子!!」パチパチ!!

黒子「あの……失礼ですが、何をしていらっしゃいますの……?」

美琴「」ピタッ

黒子「!?(……止まりましたわ)」

美琴「……」パタリ

黒子「お、お姉さま!?」

美琴「Zzz……」スヤスヤ

黒子「ええっと……」

黒子「? ??」


【美琴「黒子!!黒子!!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/17(土) 16:08:28.99 ID:kB4iw2tK0
黒子「と、どなたかが叫びながら街中を走る殿方が……」

御坂「へぇ、どんなやつなの?」

黒子「つんつん頭の……あ、そうですわ昔お姉さまを訪ねてきたことがありました」

御坂「え?私を?」

黒子「公園で一緒にいらっしゃったこともありますわ」

黒子「確か、上条当麻とかいう……」

がたんっ

御坂「えっ?」

引用元: 上条「黒子おおおおおお!お前が好きだ!お前が欲しい!」 




とある魔術の禁書目録II Blu-ray BOX スペシャルプライス版
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2017-10-25)
売り上げランキング: 27,242
【上条「黒子おおおおおお!お前が好きだ!お前が欲しい!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/23(火) 22:34:12.62 ID:gt/5yvmH0
―4月―
この中学に入って一年、私は常盤台のエース”超電磁砲”と呼ばれていた。

学園都市にたった七人しかいない超能力者の一人として、教員や研究者たち
は私を特別扱いしてくれたし、何もしなくても、銀行の口座には大量のお金
が振り込まれる。

周りからみたら、それはうらやましいことなのかもしれない・・・

   でも・・・・

美琴「・・・・・・(今日から、学校か・・・・)

  「・・・・・・・」

  「・・・行かなくちゃ・・・だめ・・・だよね・・・」

引用元: ・黒子「・・・常盤台の超電磁砲・・・?」 


【黒子「・・・常盤台の超電磁砲・・・?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/28(日) 19:29:47.59 ID:DlWUXzBB0
美琴「え゙!? な、何言ってるのよあんた……」

上条「年齢の割にはしっかりしてるっていうか……」

美琴「そ、そりゃジャッジメントだししっかりしてなきゃダメでしょ」

上条「それはそうなんだけどなんかこう……なんだろ? 守ってあげたくなるっていうか?」

美琴「なっ!?」

上条「なぁ、よければちゃんと紹介してくれないか?」

美琴「紹介って……」

上条「俺、もっとあの子の事が知りたいんだ!」

美琴「」

引用元: ・上条「いつもお前と一緒にいる白井って子可愛いよな」 



新約 とある魔術の禁書目録(22) リバース (電撃文庫)
鎌池 和馬
KADOKAWA (2019-07-10)
売り上げランキング: 14,608
【上条「いつもお前と一緒にいる白井って子可愛いよな」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/19(金) 21:48:23.35 ID:jrOnuFYv0

黒子「はぁ、もうこんな時間ですの……門限はテレポートでなんとかするとしても、夕食はどうしましょう」
 
 風紀委員の仕事が終わり、白井黒子は溜息をついた。

 常盤台の寮では夕食時間を過ぎると夕食はない。
 現在の時刻は21時少し前、最終夕食時間は20時半だ。

黒子「不本意ですけれど、どこかで食べていくしかありませんね……」

黒子「でもこの時間に一人でファミレスと言うのも……こんな事なら初春にも残業をさせるのでしたわ」

黒子「仕方ありませんの、コンビニで何か買って帰るとしましょう……」

 白井黒子は思考する。
 コンビニ弁当は約500円強。そこにドリンクや食後のデザートをつけると、下手をすれば1000円を越えてしまう可能性もある。
 特に金欠というわけでもないのだが、コンビニ弁当ごときにファミレスでがっつり食べたのと同じ値段を支払うのは癪だった。

引用元: ・黒子「半額弁当?」 



とある魔術の禁書目録II 白井黒子 通常版 (1/8スケール PVC塗装済み完成品)
ペンギンパレード(Penguin Parade) (2011-12-14)
売り上げランキング: 187,257
【黒子「半額弁当?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/10(水) 07:21:11.59 ID:Jj4bYhbA0
黒子「お姉さまの武勇伝、感動しましたの!」ポロポロ

美琴「黒子・・・あんた・・・」

黒子「どうされましたの?お姉さま?」ポロポロ

美琴「あんた今自分が目から出してるものみなさいよ!」

黒子「え・・・?」

ちびくろこ「ですのーですのー」

黒子「んまー!目からくろこ!」


引用元: ・黒子「目からうろこですの!」 



とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲(15) (電撃コミックス)
冬川 基
KADOKAWA (2019-10-10)
売り上げランキング: 175
【黒子「目からうろこですの!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/08(月) 10:00:02.19 ID:SMIRMaqY0

 でーすの、ですの でーすの、ですの
 でーすーのーでーすーのー

 でーすの、ですの でーすの、ですの
 でーすーのーでーすーの、の、のー


 でーすの、ですの でーすの、ですの
 でーすーのーでーすーのー

 でーすの、ですの でーすの、ですの
 でーすーのーでーすーの、の、のー

黒子「ようこそいらっしゃました。今日のお客様は――――」

上条「ども」

黒子「とある魔術の禁書目録でおなじみ、幻想殺しの上条当麻さんでございますの」

上条「その幻想をぶち壊す!!」グワシ!!

引用元: ・白井「黒子の部屋ですの」 



とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲(15) (電撃コミックス)
冬川 基
KADOKAWA (2019-10-10)
売り上げランキング: 244
【白井「黒子の部屋ですの」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/28(月) 01:50:02.29 ID:jR5aJLet0
「はぁー。思ったより時間がかかってしまいましたわね……」 

今日はジャッジメントの仕事はデータバンクの整理だけだったのでもっと早く終わる予定だったのだが、 
初春が風邪で休んでしまったので黒子が一人で作業をしていたのだった。 

すっかり日が傾いてしまい、学園都市の町並みを夕日が赤く染めている。 
寮への帰り道を一人歩いていると、美琴がいつも蹴りをいれる例の自販機の前に見覚えのある人物がいた。 
というか、這いつくばって、いた。 


とある科学の超電磁砲外伝 アストラル・バディ3 (電撃コミックスNEXT)
乃木 康仁
KADOKAWA (2019-07-26)
売り上げランキング: 2,925
【黒子「と、当麻さんっ!///」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/19(火) 23:46:43.31 ID:GK1O9VvF0
初春「そうです。いくらなんでも、その声はないんじゃないんですか?」 

黒子「……そう言われましても、声なんてそう簡単に変えられるモノではありませんし」 

初春「ヘリウムガスがあるじゃないですかw」 

黒子「ヘリッ!?」 

初春「ほら、白井さんのために3ダースほど買ってきました。さあ、どうぞ」ニコッ! 

黒子「ちょっ……わ、私はババァ声なんかじゃありませんわよ!」 

初春「いいえ。こっそりとアンケートをとってみたところ「甘ロリだと思って近づいたら声が酷い」「ジャッジメントですのww」等様々な声をいただきました」 

黒子「そ、それは本当ですの……?」 

初春「はい、勿論!」( ^ω^) 

黒子「うっ……」ジワ 

とある科学の超電磁砲 S ねんどろいど 白井黒子 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
グッドスマイルカンパニー(GOOD SMILE COMPANY) (2014-02-18)
売り上げランキング: 69,796
【黒子「ババァ声……ですの?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/14(土) 21:09:00.13 ID:fluDvt3b0

黒子「ジャッジメントですの。おとなしくこのボールに……」 

ケーシィ「!」 ――ブゥン 
黒子「……って聞くわけありませんわね。でも逃げられると、」 ――ヴゥン 

ケーシィ「!!」 

黒子「思ってますの?」 
ケーシィ「……」 

黒子「さ、このボールに入って頂けます? 
まぁそう怯えずに。悪いようには致しませんわ」 


ケーシィ「……」 
黒子「いい子ね」 

―― 


ポケモンカードゲーム サン&ムーン ハイクラスパック2019 BOX
ポケモン(Pokemon) (2019-10-04)
売り上げランキング: 3
【黒子「えぇとケーシィケーシィ、……あれですわね」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 22:33:10.49 ID:N0zd6F3H0
黒子「絶対何か隠してますの」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1370784790

引用元: 黒子「お姉さまの様子がおかしいですの」 

 

とある魔術の禁書目録II 白井黒子 通常版 (1/8スケール PVC塗装済み完成品)
ペンギンパレード (2011-12-14)
売り上げランキング: 45,874
【黒子「お姉さまの様子がおかしいですの」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/25(火) 06:59:13.32 ID:tSEzZ7wl0



~常盤台女子寮、美琴と黒子の部屋~


美琴(E:ミニスカサンタ)「ヒック、ひぐっ…ばーろーちくしょー!!」グスン

黒子「…」

美琴「あのバカ!!ぬぅあにが『ゴメン今日は野郎だけで”彼女居なくてメニークルシミマス会”するから』よ!!!」ガン!

美琴「だったら断んなよぉおお!!可愛い女の子の私が誘ってんだろぉおお!!!クルシミマス会を断れよぉおお!!私を誘えよぉおお!!!一気に●夜な聖夜のハッピーホワイトメリークリスマスにしてやるわよ!!!一生忘れられない一夜をプレゼントしてやるっつーの!!!!」

黒子「…」

美琴「なんなら来年にはアンタをパパにしてやってたっての!」

黒子「!?」

美琴「バッカじゃねーの!!バッカじゃねーの!!」

黒子「お姉様今ちょっととんでもない失言が」


引用元: 美琴「クリスマスなんざクソ喰らえじゃァァァァッッ」黒子「…(察し)」 



【美琴「クリスマスなんざクソ喰らえじゃァァァァッッ」黒子「…(察し)」】の続きを読む

このページのトップヘ