えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

碇ゲンドウ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@おーぷん 2015/07/23(木)02:17:00 ID:Cg4
ゲンドウ「さっさと搭乗。でなければGo home 」

シンジ「親父が登場。エヴァに搭乗?いいぜ上等。内心焦燥」

引用元: ゲンドウ「読んだか手紙。では乗れエヴァに」 



【ゲンドウ「読んだか手紙。では乗れエヴァに」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/02(火) 21:17:27.82 ID:EUFB4ss70
冬月「ああ」

ゲンドウ「確かに使徒殲滅はできているがエヴァの出番すらない」

冬月「これではゼーレの思い通りではないか?」

ゲンドウ「だが目標の達成のためならゼーレは繋がりが濃い国防省管轄の戦略自衛隊に要請させるはずだ」

ゲンドウ「なぜ繋がりがない防衛庁管轄の陸空海の自衛隊に対使徒作戦を任せたんだろうか・・・」

※陸空海の自衛隊は国連軍に吸収されたと言う設定というのはない 
・・・・・・・・
時は遡り第三使徒サキエル襲来時

国連軍司令「なんとしても目標を潰せ!」ポキッ

冬月「ATフィールドか」

ゲンドウ「ああATフィールドがあるかぎり使徒に通常兵器は効かんよ」

オペレーター「第2次防衛線突破されました!」

国連軍司令2「第4師団もすべて投入しろ!」

プシュ

ゲンドウ「なんだ?」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1433247437

引用元: ゲンドウ「対使徒作戦に陸空海の自衛隊を関与させるべきではなかったか」 




【ゲンドウ「対使徒作戦に陸空海の自衛隊を関与させるべきではなかったか」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆Ssv/X/YQbc 2014/12/22(月) 16:51:22.10 ID:IetqMfntO


ミサト「君が碇シンジくんね?」

シンジ「そーですけど?あー、手紙くれた人ですか?」

ミサト「葛城ミサトよ。覚えてね……というか早くここから逃げないと!さ、乗って!」

シンジ「はいよ、お邪魔します」

ミサト「とばすから捕まっててね!」ブゥオオオオオン!


引用元: ゲンドウ「久しぶりだな…シンジ……」シンジ「おぅ…久しいなオヤジ殿よぉ!」 




【ゲンドウ「久しぶりだな…シンジ……」シンジ「おぅ…久しいなオヤジ殿よぉ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/31(水) 07:40:59 wteG.0ec
シンジ「え?」

ゲンドウ「帰れ」

シンジ「いや、呼んだのそっちですよね…?」

ミサト「帰りなさい、シンジ君」

シンジ「」


【ゲンドウ「帰れ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 21:05:47.41 ID:rSksNBbAO

サキエル「……」

ゲンドウ「帰るのか?」

サキエル「……」コクン

初号機(!?)

ゲンドウ「そうか。では帰れ」

サキエル「……」クルッ

シンジ「バイバーイ!」フリフリ

サキエル「……」フリフリ

 ズシーン! ズシーン!



ゲンドウ「……ではシンジ。使徒も帰ったことだし久しぶりに親子水入らずで食事でもしようか」

シンジ「本当父さん!? わーい、やったー!!」

初号機(……!?)

ミサト「あらあら、シンジ君はお父さんが大好きなのね」

シンジ「はい!」

リツコ「ウフフ、微笑ましいわねぇ」

冬月「羨ましいぞ、碇」

レイ「ぽかぽかする」

初号機(!? ……!? …………!!!???)



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1422533147

引用元: ゲンドウ「やるなら早くしろ、でなければ帰れ」 


【ゲンドウ「やるなら早くしろ、でなければ帰れ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/18(火) 22:17:33.66 ID:dstjSyL20
ゲンドウ「お前はシンジなのか?」

はぐれメタル「そうだよ父さん、忘れちゃったの?」

ゲンドウ「いや待て、どうなっているんだ?その体」

はぐれメタル「わからないよ!気づいたらこうなってたんだ」

ゲンドウ「・・・・・・出撃」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1416316643

引用元: ゲンドウ「久しぶりだな」 はぐれメタル「父さん・・・」 ゲンドウ「え?」 




【ゲンドウ「久しぶりだな」 はぐれメタル「父さん・・・」 ゲンドウ「え?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/09(日) 20:27:23.36 ID:tG5QXFCZ0
シンジ「アイドルって……」

シンジ「僕がライヴに出て、ステージに立って、歌って踊れって言うの……」

ゲンドウ「そうだ」

シンジ「無理だよ、そんなの! 盆踊りすら一回もやった事ないのに、出来っこないよ!」

ゲンドウ「レッスンを受けろ。用意は全て整っている」

シンジ「でも……!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1415532433

引用元: ゲンドウ「アイドルになれ。でなければ帰れ!」 シンジ「!?」 




【ゲンドウ「アイドルになれ。でなければ帰れ!」 シンジ「!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、 VIPがお送りします 2014/08/21(木) 02:31:10.53 ID:gWhX63lJ0
シンジ「そんな無茶だよ聞いたことも見たことも無いのに!」

ゲンドウ「説明を受けろ」

シンジ「そもそも何で僕なんだよ!」

ゲンドウ「お前で無くては駄目だからだ」

ミサト「シンジ君乗りなさい」

シンジ「そんな!」

ミサト「シンジ君、何のためにここに来たの?だめよ、逃げちゃ。お父さんから、何よりもゲッターから」

シンジ「そんな事言ったって!」

ゲンドウ「葛城二佐」

ミサト「はい?」

引用元: ゲンドウ「ゲッターに乗れ。でなければ帰れ!」 



【ゲンドウ「ゲッターに乗れ。でなければ帰れ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@おーぷん 2014/09/27(土)07:58:44 ID:ciF0YuBe6
ゲンドウ「」フッ

ゲンドウ「出撃……」


ミサト「え!?」
シンジ「え!?」
俺「え!?」


ミサト「そんな! 無茶です! レイでさえエヴァとシンクロするのに六ヶ月もかかったんですよ!」

リツコ「ミサト、他に道はないのよ」

ミサト「でも……」

俺「いや、俺はこんなん乗れねーよ!! 無理だって!!」


リツコ「」クルッ

リツコ「碇シンジ君」

シンジ「…………」

リツコ「あなたが乗るのよ」

シンジ「え!?」

俺「え!?」

引用元: ゲンドウ「久しぶりだな、シンジ」 シンジ「父さん!」俺「おっさん!」 




【ゲンドウ「久しぶりだな、シンジ」 シンジ「父さん!」俺「おっさん!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 02:02:49.24 ID:jGbC47Qe0

シンジ「絶望した! 久々に会ったと思ったら捨て駒扱いする父親に絶望した!!」

ゲンドウ「……」

ミサト「……」

リツコ「……」

シンジ「大人が汚いのはよくわかっています。

    ですが、まさか実の父親にまでこういった仕打ちをされるとは

    思いもよりませんでしたぁ!」
    
ミサト「……あの、あれ? どうしたの? シンジ君」

引用元: ゲンドウ「早く乗れ。でなければ帰れ」シンジ「絶望した!」 




【ゲンドウ「早く乗れ。でなければ帰れ」シンジ「絶望した!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 19:55:18.54 ID:8Hdp4CUcO
ミサト「だ、誰だって司令の息子さんですよ!ね、シンジくん」

シンジ「アーハン」

ゲンドウ「・・・わたしの息子はいつからインド人になったのだ」

ミサト「ちょっと日焼けしすぎちゃっただけですってば。まあ男子三日会わなければーとも言いますし」

シンジ「エヴァのるネとーさ」

ゲンドウ「とーさ?」

ミサト「(父さん、でしょ。父さん)」ゴニョゴニョ

シンジ「イエス、とぅさん」

ゲンドウ「・・・」

ミサト(なんとかごまかせそうね・・・)
ミサト(寝坊して迎えにいったら、本物のシンジくんがN2地雷の爆風で飛んできた瓦礫に潰されて死んでた時はどうなることかと思ったけど)
ミサト(ムハンマドくんのおかげでクビは回避回避~!)

引用元: シンジ「イカーリシンズィでーすネ」ゲンドウ「・・・誰だ貴様」 



【シンジ「イカーリシンズィでーすネ」ゲンドウ「・・・誰だ貴様」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/25(月) 06:27:25.74 ID:bwb8JyEc0
ゲンドウ「え?」

シンジ「毎回毎回そればっかかよ!」

ミサト「ちょ、シンジ君?」

ゲンドウ「おい、今なんといった?」

シンジ「2回もいわせんな!毎回毎回そればっかかって言ってんだよ!!」

ミサト「??」

ゲンドウ「・・・・・・(え?なんで知ってんの?いや、いつもみたいに冷たいとかでキレてんだろ、反抗期だし」

ゲンドウ「おまえの言っていることがわからん、いいからさっさとエヴァに乗れ、さもなくば帰れ」

シンジ「いいよ、乗ってやるよ、後でしっかり話つけるぞ」

ゲンドウ「・・・・(何この子怖い)」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1364160445

引用元: ゲンドウ「乗れ、でなければk シンジ「黙れよ!」 



【ゲンドウ「乗れ、でなければk シンジ「黙れよ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 21:32:18.10 ID:8PDtALNs0
ミサト「…」

リツコ「……」

冬月「…碇、なんだって?」

ゲンドウ「第一種戦闘配置だ。二度言わせるな。」

引用元: ゲンドウ「総員、第一種しぇん闘配・・・」 


【ゲンドウ「総員、第一種しぇん闘配・・・」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31(日) 21:18:38.08 ID:TtGS8ARW0
マヤ「しかし...ダミープラグにはまだ問題も多く...」

ゲンドウ「構わん、今のパイロットよりはマシだ。やれ」

マヤ「はい...」

マヤ「パイロットとのシンクロを全面カット、ダミープラグに切り替えます」

ピ。カシャウィーンガシャン

初号機「ウオオオオオオオオオオオオ」

SS投稿初めてですが暇な方は見ていってください

引用元: ゲンドウ「制御をダミープラグに切り替えろ」

  【ゲンドウ「制御をダミープラグに切り替えろ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/10(土) 20:19:44.82 ID:czXExenU0
ダースベイダー「嘘をつくな!貴様はここについて何か知っているはずだ!」

ゲンドウ「そんなことを言われても知らないものは知らない」

ゲンドウ「私も目が覚めたらここに居た、それだけだ」

ダースベイダー「ではなぜ我々はここに閉じ込められた?(フォースで心を覗いてみたが、本当に知らないようだな)」

ゲンドウ「さあな、検討もつかんよ」

ゲンドウ「それより君こそ何者だね?全身黒ずくめのマスクをかぶった男など普通ではない」

ダースベイダー「貴様に我が名を教える必要があるか?」

ゲンドウ「そうか……」

ダースベイダー「………」

ゲンドウ「………」

引用元: ダースベイダー「どこだここは?」ゲンドウ「私も知らんよ」 



【ダースベイダー「どこだここは?」ゲンドウ「私も知らんよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 昔々の事じゃった。
冬が終わり、山に木を切りに二人の木こりがやって来た。
しかし、その山には牛鬼淵が有ったのじゃ。
近づいた人間を底まで引きずり込む、
恐ろしい化け物牛鬼の住みかじゃ。



シンジ「おやずよ~ぅ!元気だったがぁ~!」

ゲンドウ「ああ…久すぶりだな…スンズ…」


 二人は親子じゃったが、
シンジが嫁を貰った事を機に、
離れて暮らしておった。


ゲンドウ「ガガぁ元気にすてだが?…」

シンジ「元気も元気、おらケツさ敷がれでだじゃあ…」

ゲンドウ「そうが…」


ゲンドウ「ワラスばまだ成さねのが…?」

シンジ「いっこど成さね…いづになっだら孫の面見せられっか分がんねじゃ…」

ゲンドウ「そうが…」



シンジ「まんず、あのあだりの木がら切っぺが」

ゲンドウ「ああ…」


カーン カーン カーン

ギーコ ギーコ ギーコ


 二人は早速仕事に取り掛かった、
シンジは斧を使い、
ゲンドウはノコギリを使って仕事をした。
して何本か木を倒したところ、
そろそろ日が傾き始めたのじゃった。


シンジ「やんべ木ぃ倒すたす、暗ぐなんねうぢに小屋っこさ入ぇるべ」

ゲンドウ「ああ…んだな」

二人は木こり小屋に帰った。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1364079010

引用元: 【解読困難】 ゲンドウ「ああ…間違いねぇ…牛鬼だ」 【エヴァ昔話・第四話】 



【【解読困難】 ゲンドウ「ああ…間違いねぇ…牛鬼だ」 【エヴァ昔話・第四話】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 01:29:44.54 ID:RRuGYt+30
ゲンドウ「⁉」

Shinji「 ? Who are you?」

ゲンドウ「アイアムお前の父だ」

Shinji「xxxx! in English. Ok? In English 」

ゲンドウ「イエス アイアム」

引用元: ゲンドウ「久しぶりだな、シンジ」シンジ「who are you?」 



【ゲンドウ「久しぶりだな、シンジ」シンジ「who are you?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/04(金) 02:33:55.92 ID:cc3NniZAO
ユイ「ネルフが忙しいのは分かりますがシンジも交遊に飢えて・・・」

ゲンドウ「シンジもまだそんな歳じゃないさ、物心もないし、
託児所で十分さ」
ユイ「すみません、私がシンジとの交遊に飢えてるんです」

ゲンドウ「我が儘言わないでくれ、
君がいないと計画がすすまないのは君が一番理解しているだろ」

ユイ「せめてシンジを連れて行くぐらい・・・」

ゲンドウ「公私混同は困る、ネルフは託児所じゃないんだ」

プチッ

ユイ「ウオオオオオオォォォォ!!!」

ユイのオーバーヘッドキックがゲンドウの脳天に直撃し頭から血が噴出する

ゲンドウ「ユイ?ユイ!!止めろ!!・・・痛い・・痛いぃ!!
ごめん!!・・・いや・・・ごめんなさい!!」

ユイ「ウオオオォウオオオォ!!!」

ユイはゲンドウの髪の毛を引っ張り腹部に何発も重い一撃を喰らわす!!!

ゲンドウ「ぐぶぅ!!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1357234435

引用元: ゲンドウ「今日も仕事なんだ、すまん」 



【ゲンドウ「今日も仕事なんだ、すまん」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/20(火) 08:45:24.09 ID:Ad/nzP6m0
冬月「いやいやwww辺り一面真っ赤やんwwwwww真っ赤なファサファサめっちゃ積もってますやんwwwwww」

ゲンドウ「いや、これも俺のシナリオ…」

冬月「部下みんな出て行ってwww天井えぐれた部屋でジジイ二人傷の舐め合いするのがシナリオですかwwwwwwぴえwwwwww」

ゲンドウ「それは…シナリオが…」

冬月「おkwwwシナリオねシナリオwwwwwwそろそろゼーレのブレーカー落としてくるwwwwww」

ゲンドウ「お願いします…」

引用元: ゲンドウ「シナリオ通りだ」冬月「んなわけあるかいwwwwww」 



【ゲンドウ「シナリオ通りだ」冬月「んなわけあるかいwwwwww」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 19:41:42.21 ID:/wdkbD0f0
レイ「碇君を攻略したら、あなたの碇ユイが復活します」

ゲンドウ「なんだと…レ、レイ!!」

引用元: レイ「碇指令に、呪いをかけました」ゲンドウ「…?」 



【レイ「碇指令に、呪いをかけました」ゲンドウ「…?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/10(月) 11:21:34.29 ID:v5ggrdUn0
エヴァのSSです。
テーマはギャグ・感動。注・ゲンドウだけキャラ崩壊が激しいです。



シンジ「あ・・・もしもし父さん?今度学校で進路相談があるんだ。で父兄の方にも来てもらうようn」

ゲンドウ「そういうのは・・・葛城一佐に一任してある。が葛城一佐は父兄ではないので
     私がいく。」

シンジ  「本当!?父さん!?」

冬月  「なっ!?碇!?」

ゲンドウ「今日の会議が終わり次第、葛城一佐の自宅に向かう。詳しい話はそこで聞こう。葛城一佐に
     そう伝えてくれ。」

シンジ「わかったよ!じゃあ後でね!」


ゲンドウ「冬月・・・今日と明日の予定を全てキャンセルしろ。」

冬月  「馬鹿をいうな・・・。国連の会議だけでも・・・。」

ゲンドウ「これは司令命令だ。国連の犬どもぐらい。お前一人でもどうとでもなる。」

冬月  「手間をかけさせおって・・・。」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1355106094

引用元: ゲンドウ「シンジから進路相談の電話がきた。」 



【ゲンドウ「シンジから進路相談の電話がきた。」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/24(月) 15:41:47.08 ID:NkyWUdJX0
冬月「ほう……」

ゲンドウ「ブログというやつを始めるときがきたのだ。冬月」

ゲンドウ「ちなみにブログはインターネット上の日記だ。所謂な」

冬月「しかし、何故コミュニケーション障害を患っているお前がそんなものを始める」

ゲンドウ「職員にスパイがいると言う噂だろう。ブログをやれば分かるらしい」

冬月「……日記をやるとなぜスパイが分かる」

ゲンドウ「知らんが、そう言う感じらしい」

冬月「……で、どこのブログをやる」

ゲンドウ「このミックス・アイというやつだ」

冬月(それはmixiだ……碇)


【ゲンドウ「インターネットを始めるぞ、冬月」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/11(火) 22:45:21.48 ID:snPmCJit0
ゲンドウ「乗るなら早く…ちょ、冬月やめっ……早くしろ!でなければ帰れ!」

シンジ「あの……」

ゲンドウ「冬月ぃ…レイ呼んでくれるぅ?」

冬月「えー、碇ぃ、使えるぅ?」

ゲンドウ「だいじょぶだってー。ほらほらぁ……」

冬月「どうしよっかなぁー」

ゲンドウ「呼んでくれなきゃむくれちゃう」

冬月「碇ぃ、かーわーいーいー」


【ゲンドウ「冬月ぃー」イチャイチャ 冬月「いかりぃー」イチャイチャ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/04(火) 00:43:21.15 ID:evmMy7fQ0
ミサト「みんな、仲良くしてあげてね」


アスカ・シンジ「えっ」

綾波「………」

ゲンドウ「やる気だけは負けないつもりだ。しかし他の面に置いても君達に負けないように頑張って訓練に励む。よろしく頼もう」

シンジ「ミサトさん……ちょっとコレは」

アスカ「……どういうことよ」


【ゲンドウ「ファーストアダルトの碇ゲンドウだ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/01(木) 19:09:17.75 ID:qTZ1UGt0O
ゲンドウ「でなければ帰れ!」

マダオ「いや、清掃員の面接に来ただけなんですけどー…」

ミサト「乗るのよ、長谷川さん」

マダオ「いや、重機の操作は慣れてるんだけどね」

マダオ「問題は給料の方で時給はー…」

ゲンドウ「お前には失望した。」

マダオ「え?何?ちょっと待って!!」

マダオ「乗らないなんて言ってないよ?言ってないからね?」


銀魂 銀祭り2019(仮)(初回仕様限定版) [Blu-ray]
アニプレックス (2019-11-27)
売り上げランキング: 964
【ゲンドウ「乗るなら早くしろ」マダオ「えっ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/22(木) 21:24:30.65 ID:v2upLgey0
シンジ「が、ガンダムって、そんな…そんなもんあるわけ…」

ゲンドウ「ある」

シンジ「!?」

ゲンドウ「見てみろ、お前が選択した。エヴァに乗らないことをな」

ミサト「シンジくんがエバーに乗らないって言ったからガンダームが出てきたわ」

シンジ「ほ、本当にガンダムなの!?」

ゲンドウ「ああ…」

シンジ「何かやたらスリムだしところどころ紫色の塗装が見え隠れしているのに!?」

リツコ「使徒が出たわよ!」

レイ「エヴ…ガンダム零号機、出ます」

シンジ「いまエヴァって言いかけた!エヴァって言いかけたよね!?」



【ゲンドウ「エヴァに乗れ、でなければガンダムに乗れ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/21(水) 21:39:41.47 ID:7nv+f0Zr0
シンジ「え……」

ゲンドウ「冬月が司令に成り代わって……何故だ……」

シンジ「父さん上司と折り合い悪いからでしょ」

シンジ「冬月さんが板挟みになって辛い、って何回も愚痴ってたよ」

ゲンドウ「ゼーレと私の人類補完思想は違うんだ」

シンジ「思想とか言ってる場合じゃないよ」

シンジ「早く再就職先見付けてよね」

シンジ「僕はネルフから給料出るからいいけど」

シンジ「中学生の僕に養われるなんて父さんも嫌でしょ」


【ゲンドウ「……ネルフをクビになった」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/20(火) 10:41:23.33 ID:tan1oeoh0
ゲンドウ「・・・」
冬月「・・・」
ミサト「・・・」
リツコ「・・・」
マヤ「・・・」
日向「・・・」
青葉「・・・」
レイ「・・・」
マリ「・・・」
シンジ「えぇ・・・?」
アスカ「うわぁ・・・」

ゲンドウ「冬月」

冬月「なんだ碇」

ゲンドウ「只今をもって初号機と弐号機のパイロットを更迭する」

アスカ・シンジ「!?」


【ゲンドウ「ゲンドウは逃げんどうwwwwwなんつってwwwww」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/16(金) 21:52:14.62 ID:9UPDuOLO0
シンジ「えっ、父さん今なんて」

ゲンドウ「………」

ゲンドウ「………鍋をやると言った」

シンジ「でも……」

ゲンドウ「嫌ならいい」

シンジ「父さん……」


ねんどろいど ヱヴァンゲリヲン新劇場版 碇シンジ ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
グッドスマイルカンパニー(GOOD SMILE COMPANY) (2020-06-30)
売り上げランキング: 412
【ゲンドウ「シンジ、鍋パーティーをしよう」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/27(土) 13:55:15.65 ID:UIkjSzUR0
シンジ「そう」

ゲンドウ「……」ガタッ

ミサト「司令!」

リツコ「ちょっと待って下さい!勝手に帰られては……!」

ゲンドウ「……」スタスタ

冬月「待て碇!帰らせはしないぞ」ガシッ

ゲンドウ「シンジが乗らないのであれば帰る」

ミサト「シンジ君!お願い!エヴァに乗って!」

シンジ「え、イヤですけど」


【ゲンドウ 「乗るなら早くしろ、でなければ帰る」】の続きを読む

このページのトップヘ