えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

艦これ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/21(月) 22:53:38.40 ID:DyRSQrJ30
大和「おかしいなぁ……」ガサガサ

長門「……入渠でないなら邪魔になるぞ、大和。何をしている?」ガラガラ

大和「フィギュアがないんです。私の部屋に確かに飾ってあったはずなんですが」

長門「飾ってあるならなぜここを探す」

大和「いや、もしかしたら持って歩いてたのかなと」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1442843618

【【ゼERO】大和「私のフィギュアがなくなってる!誰がこんなことを!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2024/03/06(水) 01:10:44.80 ID:5mBiJ1N+0
注!このスレは読めたもんではないので読んではいけません!!!!!!!!!

あとキャラ崩壊とメアリースーがダメな人は今すぐブラウザバックして履歴を消し飛ばすんだ!!!!!!

一応艦これのはずだが補償も保証もしないぜ!!!!!!!!!
あと全編深夜テンションだぜ!!!!!!!!!
これ絶対朝起きたら黒歴史になってる奴や!!!!!!!!!!

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1709655043

【【艦これ】提督「レベルを上げて物理で殴ればいい」比叡「ヒエェェェェェェwwww」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/28(水) 20:37:46.03 ID:ScbIFTbfO

提督「!?」

 飛び起きて辺りを見渡すと、窓の外はまだ日の昇っていない明け方だった
当然、提督が飛び起きた原因の電はいない

提督「本当に言ったら、電はなんて言うんだろうな」

 欲望の種が下腹部から解き放たれた提督は虚ろな目で机上の写真を見つめる
写っているのは電と提督だ

 鎮守府が設立され、提督が着任したのと同時に来た艦娘。それこそが電である
駆逐艦である電は容姿で言えば女子中学生くらいであり、頑張りに頑張っても女子高生で、低く見れば小学生だ

提督「…………」

 そんな子供な容姿に欲情し、あろうことか弾薬を放出したことで
提督の心は中破しているからだろう
汗と汁を拭った提督は顔をしかめると首を振り、俯く

提督「疲れてるんだろうな……」

 心なんか大破すれば良い。いや、轟沈して二度と砲撃出来なくなれば良い。そうだ、珍退化改修しよう
思い至った提督は頷いて枕に頭を落とす

 明日(今日)にでも妖精に要請して愚息には夭逝して貰おう
提督はやる気だった

でなければ、電に被害が及ぶと思ったからだ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1446032266

【提督「何がいなづまだよ、妻になれオラァ!!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆3HTJL2wVew 2015/04/19(日) 15:16:11.85 ID:7vNdf3790
提督「しまったイチゴジャムがもう空だ」

提督「食堂にあるか見に行ってみるか」

【大鯨「お口でイチゴジャム?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆LUr9isZgQk 2017/01/12(木) 19:28:38.21 ID:HTEDJF0f0
秘書「所属不明の艦影あり」

秘書「鎮守府までの距離凡そ○○」

提督「領海警備隊は何をしてる!」

秘書「観測班より映像が届きました。スクリーンに出します」

提督「うむ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1484216917

【提督「たった11隻で攻めてくるとかwww」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/07(土) 12:06:56.151 ID:x+UXLQcFK.net
磯波「あ、あの……まだ寝てますか……?」

磯波「もうお昼ですよ、起きてください」ユサユサ

磯波「うぅ……」

磯波「提督ー、起きてくださ~い」ユサユサ

磯波「もう……お寝坊助さんなんだから……」

ぐいっ

磯波「ひゃぁっ!?」

磯波「て、提督? あ、あの……?」

ぎゅーっ

磯波「……っ」

磯波「お、おはようございます?」

なでなで

磯波「あ……」

磯波「も、もう寝たふりなんて提督はいじわるですね……」

磯波「……えへへ」ギューッ

【磯波「お、おはようございます提督……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆GFAFNejGqE 2015/09/09(水) 22:55:26.63 ID:PESwkkwu0

浦風「――うち、浦風じゃ! よろしくね」

提督「…………」ジーッ

浦風「……提督さん? どこ見とるんじゃ?」

提督「……浦風、君は艦種は何だったかな」

浦風「? うちは陽炎型駆逐艦の、十一番艦じゃよ」

提督「……そう、か」

提督「着任ご苦労。……明日から頑張ってくれ」

浦風「任しとき!」ユサッ

提督「……」ムラッ

【【艦これ】提督「中破した浴衣浦風を襲ってしまった……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/14(水) 14:18:41.61 ID:unQex3+n0
酒匂「ぴゃん!」

卯月「ぴょん?」

酒匂「ぴゃん…!」

卯月「ぴょん…」

酒匂「ぴゃん!ぴゃん!ぴゃん!」

卯月「ぴょ…ん…ぴょん…」

酒匂「ぴゃーんぴゃんぴゃんぴゃんぴゃん!」

卯月「ぴょん…ぴょん!」

酒匂「ぴゃん?」

卯月「ぴょん!ぴょんぴょん…!ぴょん!」

酒匂「ぴゃんぴゃんぴゃんぴゃんぴゃんぴゃん!!!」

卯月「ぴょ…ん…」

酒匂「ぴゃ~ん?」

卯月「ぴょん…ぴょんぴょんぴょんぴょんぴょんぴょんぴょんぴょんぴょん」

酒匂「ぴゃ…」

卯月「ぷっぷくぷ―!!」

酒匂「ぴゃっ…ぴゃん!」

卯月「ぷっぷくぷくぷくぷくぷくぷー!!!!!!!」

酒匂「ぴゃぁぁぁぁぁぁ…!!」

卯月「…」

酒匂「」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1481692721

【ぴゃん VS ぴょん】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/27(日) 21:29:39.71 ID:SB09J96i0
瑞鳳「えへへ」ニヤニヤ

提督「どうした瑞鳳。そんな締まりのない顔をして」

瑞鳳「だって提督と外食なんて久しぶりじゃない。作戦が忙しかったのは分かるけど…かまってくれなくて、ちょっと寂しかったのよ」

提督「ははは、悪い悪い。瑞鳳がそうやってへそ曲げてると思って今日は誘ってみたんだよ」

瑞鳳「はうッ…なんか子供扱いされてる気がするわ…」

提督「子ども扱いなもんか。ほら、俺の服装だってちょっと気合い入れてきたんだぞ」ビシッ

瑞鳳(た、たしかに…ちょっとカジュアル目だけど、ジャケットでばっちりきまってるわね…)ジロジロ

瑞鳳(…私服の提督、ちょっとカッコいいかも)//

提督「おーい瑞鳳固まってないで感想おしえてくれよ~」

瑞鳳「え!?ええっと、その…」

瑞鳳「きょ、今日の提督、ちょっとかっこいいかも」テレテレ

提督「」

瑞鳳「な、なーんてね、じょ、冗談だんよじょ提督「ずいほうぅぅぅぅぅぅ!!」ギュー

瑞鳳「きゃっ!?て、てーとく!?急に抱き着かないでよ~!」///

提督「可愛いすぎるぞ俺の秘書艦!白のワンピースも、おろした髪もさいっっっっこうに可愛いぞ!!」

オイオイアツイネー
ウラヤマケシカラン!

瑞鳳「も、もぉ~提督ぅ//みんな見てるよぉ…?」

提督(とか言いつつ抵抗しないづほちゃん可愛い)

提督(…どさくさに紛れて格納庫もまさぐっちゃえ)サスサス

瑞鳳「ひゃう!?ちょ、ちょっと格納庫は…ば、ばかぁ!!」バシッ



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1480249779

【艦娘との日々】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆DpM/5nZU1E 2016/01/18(月) 16:19:48.44 ID:RkUw8W4R0

瑞鶴「そうなの!鉄製の門も食べられちゃったのよ、なんとかしないと!」

提督「艦娘バクバクの実の能力者説が俄然現実味を帯びてきたな…」

瑞鶴「そんなわけないでしょ!とにかく来てよ!」

翔鶴「そうですよ提督、急がないと・・・」

瑞鶴(やっぱり翔鶴姉ぇは頼りに・・・)

翔鶴「赤城さんがお腹壊しちゃいます」

瑞鶴「違う、そこじゃない」

提督「じゃあ麻酔持ってかないと・・・」イソイソ

瑞鶴「何する気よ提督さん!」

提督「赤ずきんちゃんてわかりやすいよね」

瑞鶴「いいから来てってばぁ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1453101588

【提督「えっ!赤城が外壁を食べているだって!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/15(火) 01:07:10.33 ID:bpNfCG7W0
続いた

前回 提督「艦娘達の成長具合を見てみる」【夕立編】 







霧島「提督と組手なんて、久しぶりですね」

提督「そうだな。以前と同じ、これはお前の成長を見るための組手だ……遠慮せずに全力で殺しに来い」

霧島「勿論です」

提督「ふふっ……」


グラウンドの中央で、2人は互いに向き合って笑っている。

霧島はこれから始まる死闘に、提督は霧島の成長に期待して胸が高鳴っているのだ。


霧島「ッシャオラァ!!」


一瞬で間合いを詰め、型もくそも無い素人丸出しの拳を提督の顔面目掛けて振り抜く。

激しい衝突音と衝撃波。二人を中心に暴風が巻き起こり、軽く地震が起きた。



提督「……ふぅ、顔に喰らってたら鼻血出てたかもな」


まるで主砲のような破壊力の拳を、提督は左手で受け止めていた。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1479139629

【提督「艦娘達の成長具合を見てみる」【霧島編】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/13(日) 17:17:33.03 ID:5yE7A+Gd0
提督「夕立。改二になったからと言って慢心してないか?」

夕立「慢心なんてしてないっぽい!」

提督「よし。ならお前の力を見せてみろ」


鎮守府の敷地内にあるグラウンド。そこには提督と夕立、そしてそれを見守る時雨がいた。


夕立「ハアッ!」


地を蹴り跳躍し、提督の鳩尾目掛けて常人では視認することさえ不可能な拳を放つ。


提督「遅い」

夕立「ぽいっ!?」


完全に夕立の拳を目で見て躱し、夕立の顔面を掴む。

提督の手から逃れようとするが、夕立がいくら暴れても提督は微動だにしない。


提督「ムゥン!」


そのまま夕立を地面に叩き付け、地面が大きく陥没した。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1479025052

【提督「艦娘達の成長具合を見る」【夕立編】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :名無し:16/11/07(月) 00:40:30 ID:OuF主 
深夜のノリで書いた、いろいろひどいがご愛嬌

【ツ級「辛い…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆j/7iZROIts 2015/11/05(木) 21:37:26.30 ID:oCo8b6vh0
五月雨「ああ!うっかり>>3を>>5しちゃった!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1446727046

【五月雨「ああ!うっかり!」【安価】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 08:14:09.59 ID:qVrGL5ns0


摩耶「…よし」

摩耶「……」チラッ


高雄「すぅ…すぅ…」

愛宕「すやぁ…すやぁ…」

鳥海「スー…スー…」


摩耶「ふふん…」

摩耶(いってきまーす…)ソロリソロリ…


バタン…―――




【【艦これSS】摩耶「てーとくとデートか…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 03:14:43.28 ID:DeRN0L5vo

提督「より一層の活躍を期待するぞ、Warspite」

Warspite「Lifetime honorary raddish graterですか、いい響きですね」

提督「鎮守府サンマ祭りでの活躍、実に見事だったからな」

Warspite「あの時で一生分の大根をおろした気がします」

提督「なんの、これからもどんどんおろしてくれ」

Warspite「Off course. 誠心誠意頑張ります」

提督「ありがとう、では下がってくれ」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1478024082

【【艦これ】提督「Warspiteを終身名誉大根おろし係に任命する!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/25(火) 08:52:50.53 ID:GH9i/M7J0

 キィィィ

暁「……ん? 何? あなたまた来たの?」

暁「ここには来ちゃダメって言われてるんじゃないの? 私が怖くないの?」

暁「……怖くないって……何を根拠に……いや、まぁいいわ。適当に座りなさい。コーヒー、飲める?」

暁「あら、ごめんなさい。別に子ども扱いしたわけじゃないのよ? ただ確認しただけ。今淹れるわね」

暁「はい、どうぞ。お砂糖とミルクは……え? いらない? そのまま飲むの? 私と同じブラックでいいの? あっ、そう。まぁ別に止めはしないわよ。オススメもしないけど」

暁「……ふふ、ほら、だから言ったじゃない。苦かったんでしょ? 素直にお砂糖とミルクを入れなさい。というか、あなたくらいの歳でブラックを飲むなんて、どうかしてるわ。もう少し大きくなってからにしなさい」

暁「え? 私はいつ頃からブラックで飲んでたかって? ……正確には覚えてないわ。まぁ、意地はって飲んでたけど、いつもひぃひぃ言いながら飲んでたわ。大人の皆はなんでこんなの飲めるんだろうって思いながらね」

暁「じゃあなんで飲んでたかって? そうねぇ、あなたが先に教えてくれたら教えてあげる。……ふぅん、その方が大人っぽいから、ねぇ……ぷっ、ふふふふ」

暁「あ、ちょ、いじけないの。ごめんなさいね。ちょっと、懐かしくなっちゃって、面白かったのよ」

暁「私もあなたと同じ理由で飲んでたから、ね」

暁「まっ、意地はってブラックコーヒーを飲んで後悔してた大先輩に私が言うわ。もっと大きくなってからブラックコーヒーは飲みなさい。以上」

暁「……ね? その方が美味しいでしょ? うん、素直でよろしい」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1477353170

【【艦これ】暁「一人前のレディ? あぁ、そんなの目指していた時もあったわね」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/22(水) 23:20:49.48 ID:b5qH9p8Io
─提督の部屋─

春雨「…」コソコソ

春雨「…」ガサゴソ

春雨「!!」

春雨「スーハースーハー」クンクン

春雨「はぁ…はぁ…」サワサワ

春雨「司令官…司令官…」ビ ビ 

春雨「ん…はぁ…あん…んんっ」

春雨「はぁはぁ」

春雨「全身が司令官の匂いに包まれて幸せ…」

春雨「はっ!証拠消してすぐに立ち去らないと」

春雨「し、下着一着くらい持ってってもバレないよね…」

春雨「よし」

春雨「それじゃあ自分の部屋に戻って」

提督「気をつけて帰れよー」

春雨「ありがとうございます、司令官」

春雨「…」

春雨「司令官!?何でここに?」

提督「だってここ俺の部屋だし」

春雨「────っ!」

春雨「終わった…春雨の人生はもう終わりだァ…」

提督「まぁまぁ、そんな気にするな」

春雨「…いつから見てたんですか?」

提督「最初から」

春雨「え…」

提督「君と初めて会った時から…いつも君だけを見ていた」

春雨「…司令官」

提督 春雨「「イェス、フォーリンラブ」」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1437574839

【提督「いつも君だけを」春雨「…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/28(水) 21:52:43.404 ID:YCcGjkMh0.net
金剛「ヘーイ提督、今日の演習もバッチリだったヨ!」

提督「トムの勝ちデース…艦隊名がトムは流石に変なので次からは別の名前にしマース」

金剛「改弐になってからずっと調子がいいデース!」

金剛「あとは艦隊名と…艦隊の編成さえ何とかなればいいのデスが…」

提督「確かに金剛単艦では限界がありマース…今日も辛勝デース」

金剛「ウゥ…真面目ないデース」

提督「それを言うなら『面目ない』デース…デスが、面目ないのは提督であるこちらの方デース」

【金剛「デース鎮守府デース!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/15(水) 22:27:17.93 ID:s31ReDs50
提督「え? 今夜5人で飲まないかって?」

金剛「YES! 久しぶりに妹達と飲みたくなりマシタ!」

金剛「この後テイトクも一緒にどうデスか?」

提督「んー・・・そうだな・・・」

提督「もう少し仕事してから行くよ」

提督「お前はもう上がって良いから、少し遅くなっても良いなら・・・」

金剛「No problem! テイトクと飲むのも久しぶりネ~」

提督「最近は忙しかったからなぁ・・・」

金剛「ワタシは一足先に準備をしているデース!」

提督「わかった、楽しみにしているよ」ニコ



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1436966827

【提督「酒の勢いで榛名と関係を持ってしまった」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆W2Wa1JgiWbwL 2016/09/09(金) 20:09:25.35 ID:IOjA6lB40
―――提督のお部屋

提督(どこから話したものか……俺は今――)

村雨「ふふふ。提督……村雨の膝枕、どうかしら?」ナデナデ

提督(村雨に膝枕されている)

提督「あ、ああ。柔らかくて気持ちいいよ」

村雨「そう? いい感じいい感じ♪ ねえ、他には?」

提督「へ?」

村雨「他にはないの? 感想」

提督「そ、そうだな。スベスベの肌が気持ちいいよ」

村雨「ふ~ん。他には?」ナデナデ

提督「そ、そうだなぁ……。む、村雨のいい香りがする……?」

村雨「そうなの? ねぇねぇ。村雨の香りって、どんな香り?」

提督「え? それはちょっと、言い表しにくいかな……。それに、なんか変態っぽいし」

村雨「え~。教えてくれたっていいじゃない」

提督「あと、恥ずかしいし……」

村雨「……へぇ。それなら」ゴソゴソ

サリサリサリ

提督「!?!??!?!!?」ゾクゾクゾクゾク

【【艦これ】村雨「耳かきして欲しいでしょ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆VmgLZocIfs 2015/04/01(水) 20:17:14.31 ID:EPoFgb1to
「これ以上あなたと・・・”提督”と話すことはありません、失礼します」



ついさっきまでこの人に感じかけていた好意が、一辺に薄れていくのを感じます。

暖かい親愛の情から冷たい憎しみとすら言える醜い感情が私を支配していくのも。


何故、こんな出会い方をしてしまったのでしょうか。

いえ・・・それ以前に何故、私の気持ちはこんなにも風が吹き荒れているのでしょう。

【【艦これ】神通「私と提督の、恋」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/06(土) 02:20:45.60 ID:yRbGf4v6o

龍田「お触りは禁止って言いましたよね~」

大正義海軍提督(以下提督と表記)「待った、待った、出来心なんだ!!」

龍田「その手、落ちても知らないって、前に言いましたよねぇ~」

提督「すまない!! 龍田があまりに魅力的だったから、つい、な!!」

龍田「あ~ら~」

提督(これは押し切れるか……?)

提督「な、俺だって男なんだ、龍田みたいなスタイルのいい美人が居たら、

   ついつい触ってしまうんだ!! 悪気は無いんだ!!」

提督「なんならここで龍田の魅力を小一時間語ってもいい!!

   それだけ龍田は魅力的なんだ!!」

提督「練度が99になったらケッコンカッコカリ、いやガチもしたい気分なんだ!!」(壁ドン)

龍田「あら~……」

提督「うん龍田は本当綺麗だ」(顎クイー)

龍田「…………」

提督「でもおたんこナースの似鳥ユキエに何か似てる気がする」

龍田「…………」

【【艦これ】大正義海軍提督のお話】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆o8Jn.8ZlOFsY 2015/06/15(月) 02:13:10.03 ID:T40AM6NE0
とある日の昼


夕立「提督さん、それ間宮さんのデザートっぽい?」


提督「ん?そうだ。お前も食べるか?」


夕立「食べるっぽい!」


提督「ほれ」


夕立「いただきまーす!あ~ん」


提督「待て!」


夕立「!?ぽい!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1434301980

【【艦これ】提督「縛った加賀に肉じゃがを食べさせてあげた」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 00:26:15.03 ID:DkM3SVP70
Z3スレがすくないので書きました
設定は自己設定です
読みにくいかもしれませんがどうぞご了承ください。


Z3「はぁー・・・」

大きなため息をつく。最近秘書艦になってばっかりだ。

というよりこの鎮守府に着任してからは大体秘書艦。

Z3「案外疲れるのよね・・・この仕事。」

提督「お疲れさん。今日はもう終わろうか。」

Z3「そうね。・・・コーヒーでも入れてくるわ。」

提督「おっ、ちょうど飲みたかったところなんだ。淹れてきてもらえるか?」

Z3「じゃあ二人分ね。ちょっと待ってて。」

提督「うん。待っとくー。」

そう言って提督は椅子にもたれかかってくるくる回り始めた。子供ね。

Z3「さて・・・と。二人分だから・・・このぐらいね。」

Z3「そういえば、もうここに来てから結構日が経ったわね。」

そう言って、お湯を沸かしている最中のヤカンを見ながら、着任当初を思い出してみる。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1467473174

【Z3「思い出」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/25(土) 00:56:45.20 ID:kFauYHRZ0
赤城「皆様、本日はお忙しい中お集まりいただき、誠にありがとうございます」

武蔵「・・・・・・」

天龍「・・・・・・」

川内「・・・・・・」

不知火「・・・・・・」



※小ネタ、呼称を全員『提督』に固定。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1466783804

【龍驤「雨の中、信じて送り出した提督が」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/23(木) 09:31:28.07 ID:ELqsEspzO
提督「何が出るかな」ウキウキ

大淀「新しい艦娘だといいですね」

チーン

提督「おっ!出来たぞ!!」

エイリアン「フシュルルルル」ポタポタ

提督「」

大淀「」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1466641888

【提督「そろそろ建造が終わる時間か…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆MMusA44DK6 2016/06/19(日) 23:10:06.69 ID:JWrXn7YDO
スレタイ通り>>1の安価捌きを鍛えるスレです。※遅筆です…

後今日は24:20まで

最初に着任する娘
↓2

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1466345406

【>>1の安価捌きを鍛えるスレ 艦これ編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/17(金) 15:19:46.58 ID:TosGms1W0
遊星「No.39 希望皇ホープ!?」

遊星「見たことのないカードだな」

遊星「それにエクシーズと書いてあるが…」

遊星「まあいい、カードは拾った」

遊星「俺達が、新たな道を走り始めてから1週間が経ったのか」

遊星「ジャックならすぐにキングになるだろうな」

ドカ-ン

遊星「ん?何だ!?かなり近いところで、何か爆発したのか!?」

遊星「妙な胸騒ぎがする…急いで見に行くか…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1466144386

【遊星「ん?このカードは…!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/17(金) 01:27:32.15 ID:1Z4vpxl/0
駆逐艦響、進水日記念 支部に上げたものをこちらでも上げてみます
ちょうど梅雨の時期なので合わせた話を記念にひとつ置いていきます
久しぶりの投稿なのでどこか変だったりしたら申し訳ないです


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1466094451

【【艦これ】響「雨」】の続きを読む

このページのトップヘ