えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

艦これ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 17:49:23.54 ID:f2n0VidU0
提督「よし! 電、今日も張り切って走るぞ!」

電『なのです!』



 






SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1426668563

【提督「次は、開運橋前に停まります」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 23:42:51.72 ID:rLBZM0uU0
提督「破棄」

夕張「え!?何でですか!?」

提督「何もかもメリットが無いだろうが!」

夕張「まあまあ、提督?那珂ちゃんっていつでも明るいですよね?」

提督「まあ…そうだが」

夕張「つまり!那珂ちゃんみたいな性格になればみんな明るく鎮守府の未来もハッピーに!」

提督「…なるほどな」

夕張「さあさあ!提督!使いましょーよ!」

提督「…」チラ

夕張「…?」ポカーン

提督「夕張、ごめんな」ポチッ

夕張「え!?ちょっと待っ…」

キラキラリーン

提督「…なんだこの音は」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1426603371

【【安価】夕張「出来ましたよ提督!那珂ちゃんみたいな性格になるマシーンです!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 10:13:11.32 ID:/wAEGnqA0
ロイズ「そう、艦娘」

虎徹「艦娘ってあの、最近出てきた深海棲艦って奴を倒すのにNEXT能力者だけじゃ足りないって事で戦ってる子達ですよね?」

ロイズ「その認識で問題ないだろう」

虎徹「それで、艦娘と俺に何の関係が?」

ロイズ「君は相変わらず察しが悪いね。君には提督をやって貰おうと思ってるんだよ」

虎徹「はい?何で俺が....それにコンビはどうするんですか」

ロイズ「NEXT能力者で尚且つ提督になってくれる人が少なくてね。出せる人員を出せって事で君が選ばれたんだ」

虎徹「いやだからなんで俺が!」

ロイズ「ちょっと考えれば解るでしょ能力が減衰してて人望は他のヒーロー達より良い君はバランスが取れているんだよ」

ロイズ「艦娘はまだ世間には広くは受け入れられていないんでまた引き立て役になるんだけどね?」

虎徹「は、はぁ...まあ解りましたよ」

【[TIGER&BUNNY]虎徹「艦娘...?」(安価)】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
【ここまでのあらすじ】

(世界全土をシンカイセイカンが覆いつくし、オカルティック技術が普遍化した未来。世界平和など稚気じみた夢。

 人々は茶色のバラックシティに棲み、夜な夜なダイバースペースへ逃避する。

 人類よりも力を持つシンカイセイカン群が、海洋を背後から掌握する。ここはネオヨコスカ。鎖国体制を敷かれた日本の鎮守府だ。

 そして、マッポー的なこの時代に伝説化され空想の産物であると考えられていたグンカンが突如現れ始め、暗躍している……)

 テイトクはネオヨコスカ鎮守府の誇るカーネルである。彼は温厚で誠実な人柄で艦娘から慕われているが、実は違う。

 その本性は人々の狂気と絶望を好む血に飢えた狂犬だった。

 「フィーヒヒ」彼の齎す策略により次々と大破・轟沈していくカンムス。果たして彼女たちに未来はあるのか。アカギ=サンはカワイイ、いいね?)


「イヤーッ!」アカギ=サンの容赦のないウンヨウ・ジツ。レ級に襲い掛かる九九カトン・モータークラフト。なんたる制空力か!これがアカギ=サンのシリアス!スゴイ!

「オヌシは……」アカギ=サンの鋭い眼光。「カガ=サンの食べたマグロよりもヒサンな死体になって貰う。それが運命だ。ハイクを詠め」

 二人の正規空母が居た。提督の財布は燃え上がった。何故だか判りますか?彼女たちがエアーキャリアー・カンムスだからです。

 おお、なんたることか!レ級に襲い掛かるのはそれよりも凄惨な運命だ!

「イヤーッ!」「ンアーッ!」レ級を吹き飛ばし、揺れるアカギ=サンの胸部装甲は実際豊満だった。隣の大鳳は装甲空母。装甲空母は母性がない。実際平坦だった。カナシイネ!


「ウフフ……テイトク=サン、ウフフ」ハヤシモはトリップを味わっていた。ソウマト・リコールのように脳内で繰り返されるテイトクとの日々。「イイ……遥かにイイ……」

 テイトク=サンはハヤシモを受け入れてくれた。彼の澄んだ目。四六センチトリプルモーターガンの砲口めいた黒い瞳は、ハヤシモの過去を聞いても揺るがない。

 ハヤシモは、テイトク=サンと結ばれるべきだと確信した。彼ほど立派な男はこのネオヨコスカには存在しないだろう。

「テイトク=サンは私のもの。近付く女は……」ハヤシモの妖艶な笑みが変貌した。真っ直ぐに伸びる黒髪から覗く鋭い眼光。オニめいてコワイ!「テウチする。私の命令で」

 よちよちとヒヨコめいた航行をするサミダレ=サンに迫る魚雷。ああ、なんたることか!彼女は気付かない。そのまま魚雷の穂先が迫り来るではないか。

 ハヤシモのアンブッシュは、ボーキサイトを盗み食うアカギ=サンよりも隠密だ。傷付いたサミダレ=サンの電探には掛からないのだ。

「サヨナラ……フフ、サヨナラ……」ハイクを詠む暇もなく爆発四散したサミダレ=サンを眺めるハヤシモはどこか悲しげだ。彼女も、味方を手にかけるのはこれが最初だったのだ。

「サヨナラ……ああ、サヨナラ……」それほどまでに高められたテイトク=サンへの愛。ハヤシモの笑いが泊地に木霊した。「テイトク……イイ……遥かにイイ……アーイイ……」


「フィーヒヒ、ハヤシモ=サン……オヌシは捨て駒だった」テイトクの邪悪な笑い。ハヤシモ=サンはこれまでからは信じられないほどのテイトクの悪魔めいた変貌に、目眩いを感じた。

「そんな……テイトク=サン……そんな……」ハヤシモ=サンの嘆き。レ級改の雇ったパンクスたちによる違法な前後の最中、彼女が必死に思ったテイトクはどこにいったのか。

「ハヤシモ=サン。これまでご苦労だった。オヌシは実際」いや、そんなものは最初から居なかったのだ! 「これからはあの世で休むがいい!」

 その証拠に……ああ、ああ……! テイトクがスイッチを押した途端、レ級改ごとハヤシモ=サンは無惨にも爆発四散! 死体は残らない! なんたる最期だろう!

 実際彼女は悪辣だった。だが考えて頂きたい。ここまでされる謂われはない。彼女はテイトクへの純愛を誓ったのだ。

 これは、まさしくテイトクが悪鬼なのだ! その証拠に……ああ、なんと……見よ!

「アーイイ、実にイイ……アー」 アオバ=サンに覆い被さるテイトク。うら若き乙女の柔肌に舌を這わせながら殆ど違法な前後。

 おお、なんたる邪悪な所業か! ブッダよ、寝ているのですか!

「そこまでであります!」 だが見よ! ブッダは彼女を見捨てては居なかった! ゴミ・ステーションのカラスめいた黒服。カラテがみなぎる四肢。

 ああ、彼女こそは貧弱な海の娘とは比べ物にならない……ああ、見よ! これこそが真の軍人、真のカンムスだ!

「ドーモ、テイトク=サン。アキツ・マルです。オヌシの邪悪は見させて貰った」「ドーモ、アキツ=サン。テイトクです……ならば死んでもらうまでよ」

 死人にくちなし! 死んでからはハイクを詠めぬ! 同じように死人が喋る筈がないのだ。つまりテイトクはアキツ・マルを闇へ葬りさろうというのである。コワイ!

「オヌシのカラテではムボウ……おとなしくハイクを詠め。カイシャクしてやる、であります」「こちらには人質が……アバッ!?」「既に奪い返した」「アイエエ……」

「覚悟を決めるのだ。ブッダも泣いている」「ヤメロー! ヤメロー!」追い詰められたテイトクが、ニワトリめいて首を振る。ブザマ!「ヤメロー! ヤメロー!」

「オヌシの行く先は深海よ! ……で、あります!」

 ゴウランガ……おお、ゴウランガ! カンムスは常人の一万倍以上の馬力を持つ。スリケンめいて回るアキツのレップウ・スマッシュ・ジツ!

「イヤーッ!」「グワーッ!」「イヤーッ!」「グワーッ!」「イヤーッ!」「グワーッ!」「イヤーッ!」「グワーッ!」「イヤーッ!」「グワーッ!」

「イヤーッ!」「グワーッ!」「イヤーッ!」「グワーッ!」「イヤーッ!」「グワーッ!」「イヤーッ!」「グワーッ!」「イヤーッ!」「グワーッ!」

「イヤーッ!」「グワーッ!」「イヤーッ!」「グワーッ!」「イヤーッ!」「グワーッ!」「イヤーッ!」「グワーッ!」「イヤーッ!」「グワーッ!」

 インガオホー! テイトクはしめやかに爆発四散!

※嘘です※

【【艦これ】提督「安価で艦娘を壊す……?」EX】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ルールとか

①ゾロ目が出ると死にます

②0が出るとイチャコラほのぼのします

③9が出ると更に判定して強烈に壊れます

④単発ダメゼッタイ。安価出てからの回避ダメゼッタイ。セプク。ズレます

⑤『応急修理要員』と艦名と共に宣言すればゾロ目を最大ダメージにダウン

⑥『応急修理女神』と宣言すればゾロ目を、その目の通常判定にランクダウン

⑦宣言しただけで消費。ほのぼので『要員』、複数ほのぼので『女神』補強

⑧正規空母が実際平坦なまな板を晒すと思いますか?おかしいと思いませんか?あなた

⑨コンゴウ=サンは一度轟沈したのにその後二回も死んだ。何故だか判りますか?

【【艦これ】提督「安価で艦娘を壊す……?」04】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/17(金) 19:51:50.96 ID:Q2YHKM6z0

浜風「駆逐艦浜風です。これより貴艦隊所属となります。よろしくお願いします」

提督「こちらこそよろしくなんだよなぁ!」


提督「俺はここの鎮守府の提督なんだよなぁ。お前の上官になるんだよなぁ!」

提督「これから出撃なり演習なり遠征なり色々やってもらう事になると思うんだよなぁ!」

提督「頑張って欲しいんだよなぁ!」


浜風「は、はい………よろしくお願いします………」


浜風(なにこの提督!?)





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1489747910

引用元: 提督「俺は浜風が大好きな提督なんだよなぁ!」 


 

【提督「俺は浜風が大好きな提督なんだよなぁ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆Nua7OFNO/vuE 2015/03/13(金) 21:27:41.72 ID:pPpjhbDJ0

・艦これアニメ提督=初代コンボイ司令官説

・肩の力を抜いてお読み下さい

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1426249661

【吹雪「コンボイ司令官の為に私、頑張ります!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/15(日) 00:29:07.10 ID:9Mb904GL0
ーある日の提督室…ー

提督「…」カリカリ

那珂「…はい!提督!こっち側終わったよ!」

提督「…お前っていつもふざけてるわりにはこういう仕事得意だよな…」

那珂「提督が下手くそなだけでしょー!それに那珂ちゃんは別にふざけてないー!」

提督「地味に傷付くこと言うなよ…終わったならこっち手伝ってくれよ」

那珂「しょうがいなぁ〜。感謝してね!」

【【艦これ】那珂「な、那珂ちゃんはアイドルだからトイレなんて行かないんだよ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 漣「あなたに贈る幸せの形」

2: ◆VgLY1HQ3xE 2015/03/14(土) 14:07:55.99 ID:s7IuOncxo
漣「~♪」

潮「漣ちゃん、なんだか機嫌がいいね。何か良いことあったの?」

漣「え~?まあちょっと、その…色々と、ね…わかっちゃう?」

潮「うん、漣ちゃんすごく良い笑顔してるから」

漣「そ、そうかな!?あははは」

潮「もしかして、提督となにかあった?」

漣「え!?ち、違う!ご主人様は関係ないって!」

潮「えー本当?」

漣「本当よ、本当!」

潮「本当かな~?」

漣「あはは~…」

【漣「あなたと描く幸せの色」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
【ここまでのあらすじ】


世界全土をシンカイセイカンが覆いつくし、オカルティック技術が普遍化した未来。世界平和など稚気じみた夢。

人々は茶色のバラックシティに棲み、夜な夜なダイバースペースへ逃避する。

人類よりも力を持つシンカイセイカン群が、海洋を背後から掌握する。ここはネオヨコスカ。鎖国体制を敷かれた日本の鎮守府だ。

そして、マッポー的なこの時代に伝説化され空想の産物であると考えられていたグンカンが突如現れ始め、暗躍している……


テイトクはネオヨコスカ鎮守府の誇るカーネルである。彼は温厚で誠実な人柄で艦娘から慕われているが、実は違う。

その本性は人々の狂気と絶望を好む血に飢えた狂犬だった。

「フィーヒヒ」彼の齎す策略により次々と大破・轟沈していくカンムス。果たして彼女たちに未来はあるのか。アカギ=サンはカワイイ、いいね?


「イヤーッ!」アカギ=サンの容赦のないウンヨウ・ジツ。レ級に襲い掛かる九九カトン・モータークラフト。なんたる制空力か!これがアカギ=サンのシリアス!スゴイ!

「オヌシは……」アカギ=サンの鋭い眼光。「カガ=サンの食べたマグロよりもヒサンな死体になって貰う。それが運命だ。ハイクを詠め」

 二人の正規空母が居た。提督の財布は燃え上がった。何故だか判りますか?彼女たちがエアーキャリアー・カンムスだからです。

 おお、なんたることか!レ級に襲い掛かるのはそれよりも凄惨な運命だ!

「イヤーッ!」「ンアーッ!」レ級を吹き飛ばし、揺れるアカギ=サンの胸部装甲は実際豊満だった。隣の大鳳は装甲空母。装甲空母は母性がない。実際平坦だった。カナシイネ!


※嘘です※

【【艦これ】提督「安価で艦娘を壊す……?」03】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/04(土) 18:35:13.71 ID:M6gOrwxuo

暁「ちょっと!」

潮「え、えっと、私でしょうか……?」

暁「そうよ、他に誰がいるの?」

潮「だよ、……ですよね。それでその、私がなにか……?」

暁「思うんだけど、あんたってレディじゃないわよね」

潮「はい……? えっと、まぁ、……そうですよね。私もそう思います」

暁「おっぱいが大きくても、中身はまだまだお子さまってところかしら?」

潮「……はい」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1488620113

引用元: 【艦これ】暁「気に入らないわ」潮「……」 


 

艦隊これくしょん -艦これ- いつか静かな海で 3 (MFコミックス アライブシリーズ)
さいとー 栄 C2機関
KADOKAWA (2017-02-23)
売り上げランキング: 637
【【艦これ】暁「気に入らないわ」潮「……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 【艦これ】提督「安価で艦娘を壊す……?」

2: 1 ◆8awvOzhCwi6S 2015/03/13(金) 01:42:43.96 ID:Dcc5ZvUGo
ルールとか

①ゾロ目が出ると死にます

②0が出るとイチャコラほのぼのします

③9が出ると更に判定して強烈に壊れます

④単発ダメゼッタイ。安価出てからの回避ダメゼッタイ。セプク。ズレます

⑤『応急修理要員』と艦名と共に宣言すればゾロ目を最大ダメージにダウン

⑥『応急修理女神』と宣言すればゾロ目を、その目の通常判定にランクダウン

⑦宣言しただけで消費。ほのぼので『要員』、複数ほのぼので『女神』補強

⑧二人の正規空母が実際平坦なまな板を晒しますか?おかしいと思いませんか?あなた

【【艦これ】提督「安価で艦娘を壊す……?」02】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆y7KoWCuA1M 2015/03/11(水) 23:11:35.43 ID:nAzS9laSO
【女性提督】

女提督「ふんふ~ん♪」

那智「提督、ご機嫌だな」

女提督「え?そう?」

那智「あぁ、先日の憲兵の視察あたりから…」

女提督「け、憲兵!?」

那智「そういえば随分若い憲兵だったな」

女提督「あ、あいつとはなんでも無いの!別に付き合ってるとかそういうわけじゃ…」アタフタ


【【艦これ】いろんな提督】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/10(火) 20:34:57.64 ID:99L+yix00

【吹雪「第五遊撃部隊でボウリングをした」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆li7/Wegg1c 2015/03/10(火) 20:24:21.63 ID:pTFetVIM0
初めに

このSSは如月提督のために書いた、アニメ版艦これ3話の補完SSです。
アニメがお好きな方にとっては不快な記述が含まれる可能性があるので、閲覧の際にはくれぐれもご注意ください。
書き溜めたものを投下していきます。

タイトルに反して弦太朗の出番ちょっと少なめですがご容赦ください。橘さんと剣のキャラも何人か出てきます。
如月が(ゲームの)如月っぽくないかもしれませんが、筆者がアニメから入ったにわか者のため、何卒ご容赦いただければと思います。

前作

祥鳳「私が轟沈・・・?」 剣崎「ウゾダドンドコドーン!!」 


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1425986661

【弦太朗「俺は全ての艦娘と友達になる男、如月弦太朗だ!!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 提督「野球がしたい」 【安価】

2: ◆Xg2hgTZEF9gM 2015/03/10(火) 14:28:08.45 ID:WRn53kj80
時雨「この前のMVPの特権としてね。駄目かな?」

提督「いや、時雨がそれを望むのなら断る理由なんてないが」

時雨「じゃあOKってことだね」

提督「うむ。ただ、すぐにとはいかんな」

時雨「日程についてはまた後で相談しよう」

提督「ああ」

時雨「それじゃ、楽しみにしてるよ提督♪」ガチャ

提督「…デート、か。まったく…いい笑顔しやがって」フッ



【提督「えっ、デートに連れてけ?」 時雨「うん」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/10(火) 21:58:50.68 ID:HaqmrrkH0
提督「ああ…それもただの麻雀じゃない」

提督「賭けの対象は金じゃない…資材さ」

提督「各鎮守府から1人ずつの艦娘を選んで総当たり、決勝はその中から残った4人で戦う」

提督「これこそが海軍伝統の麻雀大会…『All for the One』」

青葉「最高にセンスのない名前ですね…」ゴクリ

提督「言ってやるな…」ゴクリ

【青葉「麻雀・・・ですか」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

艦これ】艦娘とその娘たち の前の話です。

2: ◆df7m4bsNCU 2017/03/04(土) 00:47:30.97 ID:QpGRhWgEo
――執務室――


提督「なぁ吹雪、前に鎮守府のみんなで映画を見た時の話なんだけどさ」

吹雪「はい、『艦娘の名は。』ですよね? あの映画、話題作だけあってすごく面白かったですよね!」

提督「その映画の中で、主人公とヒロインの中身が入れ替わるシーンがあっただろ?」

吹雪「そうですね、たしか冒頭のシーンで……」


提督「……あれ、いいと思わないか?」

吹雪「……はい?」

引用元: 【艦これ】吹雪「魂が入れ替わるブレスレット……ですか?」 


 

艦隊これくしょん -艦これ- おねがい!鎮守府目安箱1 (電撃コミックスNEXT)
種十号 「艦これ」運営鎮守府
KADOKAWA (2017-03-27)
売り上げランキング: 746
【【艦これ】吹雪「魂が入れ替わるブレスレット……ですか?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 22:19:05.40 ID:MAb0DPZbO
艦娘、それは愛でたいと同時に壊したくなるもの

大人しい艦娘、うるさい艦娘
明るい艦娘、我が鎮守府には様々な艦娘がいる

壊すといってもやり方は様々だ
愛情漬けにして突然裏切るもよし
はじめから暴力を振るうもよし
壊した後の処分を考えるのもまた一興
 

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1425907145

【提督「安価で艦娘を壊したい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆8sA8xtnAbg 2015/03/09(月) 15:12:28.17 ID:HOCoSYDWo
---居酒屋鳳翔

鳳翔「はぁ、すごいプレッシャーを感じる…ですか?」

提督「はい、なんというか、鎮守府全体に、こう…圧迫感のようなものを…」

鳳翔(ニュータイプですかっ)

提督「あと、艦娘たちが全体的に様子がおかしいようで…」
提督「その様子がおかしい一部の艦娘から、強烈なオーラというかプレッシャーを感じるんですよ」

鳳翔「あー、なるほど、それの件でしたか。」

提督「何かご存知なんですか!?」

【【艦これ】俺の鎮守府が修羅場…?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
エラー娘「前スレ>>1000さん。ふむ、神話生物を出す予定はありませんが、」

エラー娘「今後深海棲艦の大量襲来があるのでご安心を!」

矢矧「安心できないわよ!」

【【安価コンマ】艦娘達が理不尽すぎるTRPGっぽいゲームやる3【艦これ】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 2015/03/08(日) 00:19:45.25 ID:R3316qr8o

 ――毀したい。

 いつからだろうか。そう思って止まないのは。

 例えば、こんな覚えはないだろうか。

 好奇心と嗜虐心が混じりあい、優越感と征服感が満たされるような昏い妄想だ。

 人に捨てられて人間不信になった犬を大切に大切に育てて、暮らして、行動を共にして――。

 漸く懐いてその犬のかけがえのない人間になった時に、再びどこか遠くに捨てに行くような。

 自分を慕い、崇め、敬う、元気で可愛い後輩を――手酷く練習試合で痛めつけるような。

 苦心して作り上げた恋人との思い出になるガラス細工を床に叩きつけて、その欠片を踏みにじって台無しにするような。

 向上心があり、明るく、純粋で、人が良く、気さくな少女に無修正のスナッフポルノを見せつけるような。彼女の姉を目の前で組み伏せ破壊するような。

 そんな、己の心の一部にも痛みを覚える自虐的で恍惚とした陶酔。心の瀉血を行うごとき快楽と愉悦。

 静かに頬が吊り上がる――どうしても今までは実行できなかった。

 だけれどもこれからは出来る。

 いい時代になったものだ――本当にそう思う。

【【艦これ】提督「安価で艦娘を壊す……?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/04(土) 22:22:32.67 ID:cobMKj7E0
電「何がなのです?」

雷「私たちの司令官よ。なんで甘えてこないのかしら」

電「?」

雷「弱音を吐かないっていうか、愚痴の一つもこぼさないじゃない」

雷「おかげで私の『甘やかしたい欲』が限界突破してて、手がうずうずしてるの」ワキワキ

電「か、かなり特殊な欲なのです。でも確かにそうなのです、司令官さんはとてもしっかりしてるのです」

雷「そうなのよ、だからこう……やりきれない気持ちが……」ワキワキ

夕張「呼んだ?」ヒョコッ

雷・電「!?」ビクッ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1488633752

引用元: 【艦これ】雷「おかしいわ」 電「えっ」 


 

艦隊これくしょん -艦これ- いつか静かな海で 3 (MFコミックス アライブシリーズ)
さいとー 栄 C2機関
KADOKAWA (2017-02-23)
売り上げランキング: 482
【【艦これ】雷「おかしいわ」 電「えっ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆vVnRDWXUNzh3 2017/03/14(火) 17:01:37.28 ID:G2YjeW/lO
      ________
 | ̄ ̄ ̄|___       |
 |     艦娘 |専門店!!|
 |______|_____|
    ∧∧ ||     || ∧∧
    ( ゚д゚)||      ||(゚д゚,,)
    / づΦ     Φ⊂ ヽ

瑞鶴「………」

________
 | ̄ ̄ ̄|___       |
 |     艦娘 |専門店!!|
 |______|_____|
    ∧∧ ||     || ∧∧
    ( ゚д゚)||      ||(゚д゚,,)
    / づΦ     Φ⊂ ヽ

瑞鶴「………何これ怪しい」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1489478497

引用元: 川 ゚ -゚)艦娘専門店へようこそ!のようです 


 

艦隊これくしょん -艦これ- おねがい!鎮守府目安箱1 (電撃コミックスNEXT)
種十号 「艦これ」運営鎮守府
KADOKAWA (2017-03-27)
売り上げランキング: 871
【川 ゚ -゚)艦娘専門店へようこそ!のようです】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆6Vn1EAXh6k 2015/03/09(月) 01:03:05.44 ID:jJAEAdTb0
ありきたりな内容のSSです


艦娘安価と同時にコンマで心の閉ざし具合を判定

1→00(100)

2→99

3→98

のように対応

大きければ大きいほど心を閉ざしています


↓2 艦娘安価

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1425830585

【【艦これ】提督「艦娘の心をひらく」【セリフ安価】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 00:45:09.43 ID:2v1t2S3kO
不知火「はい、そのような噂が鎮守府内で飛び交っている様です」

提督「お化けかぁ~いるわけないじゃない」

不知火「同感です、しかしこのままでは士気に関わります」

提督「みんな年頃の女の子って事か」

天龍「ま、全くどどどどいつもこいつも、腑抜けけてやがるよな」

提督「天龍、ふふふ・・・怖いか?」

天龍「こ、怖くなんかねーよ!この天龍様がお化けなんかでビビる訳ねぇ!」

【提督「え?お化けが出たって?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆MPiH1UGsJplg 2015/03/09(月) 04:21:27.25 ID:Q285lhhB0
カーク「何だって?」

スポック「転属です。地球の極東部にある、ヨコスカ鎮守府への転属とのことです。」

カーク「私にエンタープライズを降りろというのか?」

スポック「この間のボーグとの戦闘で、独断で作戦を決行しましたからね。一時的な謹慎措置でしょう。」

カーク「またそれか……結果的に上手く行ったんだから多めに見てほしいものだがね。」

カーク「で、期間は?」

スポック「明記はされていませんが、一年といった所でしょう。」

カーク「ヨコスカ鎮守府か…確か、最近奇妙な生命体が海上を跋扈しているんだったな?」

スポック「ええ。制海権を奪われているとのことで、海上輸送路に被害が出ているとのことです。」

カーク「しかし、私にそんなものと戦えというのか? いくら私でもさすがに海の上は歩けないぞ」

スポック「その点についての詳細は機密とのことですが、到着後に説明があるようです。」

【スポック「提督、鎮守府への転属辞令が来ています。」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆KL2hxPQbS6 2015/03/07(土) 17:17:23.33 ID:yds35QVuO
〇六〇〇


長門「朝だぞ、提督。そろそろ起きろ」


ゆさゆさと身体を揺らされ、まどろみから少し意識がはっきりとする


まだ日も出ていないし、寒い。腹まで捲られた布団を被り直す


長門「あ、こら!起きろと言っているだろう?ほら、起きろ!」


昨日は夜遅くまで仕事だったのだ。身体も重いし頭もなんだかふらふらする。あと5分は寝かせてほしい


長門「いつまでくるまってる気だ!ほら!」


ゆさゆさと、肩がさっきより大きく揺すられる


提督「あと40分…………」


長門「そんなこと言って起きないだろう!っく、早く起きんか!」


ぺしぺし、と頬を軽く叩かれる


全然痛くないし、むしろ何だか気持ちいい。益々眠くなる


提督「や~……だ~…………」


布団を握りしめ、意地でも寝る


本当に疲れているんだ




長門「おい!おきろ!!…………ねぇ、起きてよ…………………うっく……………ぐすっ………」


あれ?何か鼻を啜る音が…………



長門「おきてよぉ………………ひっく」


これはまさか


提督「あーっ!!!すまん!!またやっちまった!!!」


急速に頭が冴える


布団から跳ね起きて長門の方を見ると、ポロポロ涙を零しながら嗚咽を漏らしていた

【長門「提督!」提督「ながもん!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

【艦これ】加賀「……さて、と」 前編

489: ◆hsyiOEw8Kw 2015/12/27(日) 00:42:29.45 ID:tpxx/i590



幹部会議中、船渠にて


三◯七司令『なんということだ……なんということだ……』

霰『……』

加賀『……』

霰と加賀に向かい合うようにして、三◯七司令が立っている。

三◯七司令『まさか……輸送船を……喪失するとは……』

霰『……』

三◯七司令『輸送船を握っているから……帰還が遅れたのではなかったのか……?』

【【艦これ】加賀「……さて、と」 後編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
遥か昔。
とても懐かしい、記憶の奥底。
まだ、二人きりの頃。
夜中。
食堂で。

加賀『……ぁ』

提督『……おう』

提督の手には出来たばかりのグラタン。

提督『……すまん、夜食を作ってたんだ……
起こしたか?』

加賀『い、いえ……』

提督『そうか……
しかし、なんでもこんな時間に……』

加賀『そ……れは……』

加賀は落ち着かない様子で、チラチラとグラタンに視線を送っている。

提督『……そうか。腹が減ったんだな』

加賀『ぇ……ぁ……』

提督『艦娘の食事は単調で少ないもんな。
腹も減るだろ。ほら、食え』

加賀『……いけません。か、艦娘と人間が同じ物を食べるのはーー』

提督は加賀の目の前に、無言でスプーンとグラタンを置いてやる。

提督『お腹、空いてんだろ』

加賀『っ……』

しばらく葛藤していたが。
加賀はついに我慢出来なくなって、パクパクと食べ始めた。

加賀『……美味しい……美味しいっ……』

その様子を、微笑みながら見つめる提督。

提督『美味しそうに食べるなぁ……
それくらい、いつでも作ってやるよ』

加賀『ほ、本当ですか』

食べてる途中、嬉しそうに顔を上げる。

提督『あーあー……そんな勢い良く顔をあげたら飛び散るぞ……
しかし……ふふっ。
そんな顔も出来るんじゃないか』

加賀『……?』

提督『お前はいつも無表情だから心配してたんだぜ。
……可愛らしい、笑顔だ』

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1435589523

【【艦これ】加賀「……さて、と」 前編】の続きを読む

このページのトップヘ