えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

艦これ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 21:55:50.63 ID:0EhKZ8eao












































提督「ゲヒャヒャヒャヒャヒャヒャwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwもう終わりかァ?もっと俺を楽しませろよ!!!!!!!」MVP

伊58「狂ってる……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1448283350

【伊58「てーとく!一緒に行こ?」提督「よし来た!出撃だ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/10(火) 02:34:57.63 ID:N5W47AjL0
人類存続を脅かしたはずの深海棲艦との戦争。その終わり。

それは不意に現れた。走れば遠のく水平線のゴールテープを追いかけていたら、突然実在する白いテープがせり上がって大きくなってくるような。

対深海棲艦を自負する各鎮守府の目的は当然その脅威を排除することである。ただし、その目的は達成不可能であることが望まれたようだった。

いよいよ海図上から敵影の赤印が少なくなってくると、鎮守府は戦果を上げることに愚図りだした。亀をいつまでも追い越せないアキレスの図のように、戦果グラフは目的に近づくほど数値が横並びに密集し停滞する形となった。

どういうわけか駆逐艦イ級一隻に対して空母と戦艦の艦娘十隻が大敗北を喫するという戦況が常態化していた。しかし、そうした「延命療法」の限りを尽くした戦火も線香花火のような残り火を尾にしてぱっと消えてしまった。

その戦争は締まりのない印象であった。終戦報道を見る人は「ああ、あれ最近終わったのね」と些細なことだと無関心であった。人々にとって、とうの昔に終わっていたものが今更終わったと報道されてもさしたる反響もなし。流行遅れの終戦であった。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1447090497

【提督「花柳の娼鶴」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/08(木) 21:02:02.36 ID:jrJbFQEco


吹雪「すぅー………………」

吹雪「………司令ー!」


長門「……」

大和「……」

瑞鶴「……」

加賀「……」


提督「ん? どうした? 呼んだか?」ガチャ


長門「タイムは?」

大和「えーっと、19秒83ね」

瑞鶴「うーん、まぁこんなもんかもね」

加賀「今年は20秒切っているし、それなりに良い方ではないかしら」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1496923322

引用元: 提督呼び大会 



  【提督呼び大会】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆zBD0SRBQXI 2015/10/26(月) 01:06:14.54 ID:15cRyqBe0
このSSは艦これの青葉が一人称視点でとある作戦の顛末を振り返るSSです。
今のところ登場予定は青葉古鷹榛名Верный吹雪赤城です。
現在進行形で執筆していますがだいたいラストは決めているつもりです。
初投稿で文体がところどころ変わりますがご容赦ください。
それではどうぞ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1445789174

【青葉のプロパガンダ報告書】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

電「鋼鉄の咆哮・・・って何ですか?」【オリジナルストーリー】 前編

366: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/09(日) 01:28:10.62 ID:p0sFdTv70
ブラウン『超兵器レーザー戦艦ですか・・・厄介ですね』

大和『怪力線に似たようなものですか?』

ブラウン『高エネルギーの光を発射する兵器です。不発弾はなく、秒速30万kmという速さで敵を襲うので、電磁防壁なしでこれを防ぐことはできません』

電「アラハバキとヴリルオーディンに搭載されていたものなのです」

大和『やっぱり・・・熱いのかしら?』

電「すごく熱いのです・・・」

筑波『丸焼きになるのは嫌ですなぁ』

シュルツ『しかし、これを撃破しなければ欧州は解放されない。全力を以てこれを撃滅したい』

早川「シュルツ少佐の言うことはもっともだ。さっさと沈めてしまおうじゃないか」

電「テカテカ光るだけのノロマはとっとと海の底に叩き落としてやるのです」ジャキッ

大和『あ、あははは・・・』

筑波『ハハハハ!これは頼もしいですな!』

提督『本当にのんきねぇ』

引用元: 電「鋼鉄の咆哮・・・って何ですか?」【オリジナルストーリー】 



【電「鋼鉄の咆哮・・・って何ですか?」【オリジナルストーリー】 後編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/15(日) 01:19:51.20 ID:D33KrtNQ0
電「第六駆逐隊、出撃です!」

特Ⅲ型駆逐艦四番艦「電」は、僚艦「暁」「雷」「響」が所属する第六駆逐隊を率いて北方海域の敵泊地制圧作戦に参加するべく、鎮守府を発った。

後続の愛宕が率いる主力戦艦隊及び、龍驤が率いる軽空母機動艦隊もすぐに到着するだろう。提督は主力艦隊の愛宕に座乗しており、第六駆逐隊には彼女たちしかいない。

そんな中、彼女ら第六駆逐隊は偵察任務を帯びて出動していたのだった。

電「久々の前線で、少し緊張するのです・・・」

雷「しっかりしなさいよ。旗艦はしっかりするものよ!」

電「そ、そうなのです!電は頑張るのです!」

暁「ちゃーんとお姉さんたちを引っ張っていってよね!」

響「ちょっと心配だけど」

電「うう、頑張る、のです・・・」

そろそろ敵の勢力海域、というところで、雷が搭載する対水上電探が異常なノイズをキャッチした。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1387037991

引用元: 電「鋼鉄の咆哮・・・って何ですか?」【オリジナルストーリー】 



【電「鋼鉄の咆哮・・・って何ですか?」【オリジナルストーリー】 前編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/22(木) 22:40:32.78 ID:PzukCsMj0
58「てーとく、オリョールから戻ったよ」

悪徳提督「……」

58「て、てーとく?」

悪徳提督「おいでち公。いま、ウチが受けてる任務はなんだ?」

58「ろ、ろ号作戦でち」

悪徳提督「だよなぁ。南西諸島じゃないよなぁ」

58「……」

悪徳提督「それがわかってて、なんでボスに突っ込んでんだよテメーはぁ!?」

58「ご、ごめんなさいでちーっ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1445521232

【【艦これ】地獄艦娘】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆V2kTaHRVocol 2017/06/02(金) 01:17:16.03 ID:f4xb3DZa0

-アイテム屋-

提督「明石、居るか?」

明石「ようこそ提督。何かお探しですか?」

提督「万年筆のインクが無くなってしまってな。交換用のを頼みたいんだが」

明石「分かりました。え~っと、確かここに…………あったあった。どうぞ」

提督「すまんな。釣りはいらんぞ」

明石「毎度あり。ところで提督、資源等は大丈夫ですか?」

提督「今のところはな。ここで仕入れる程に切迫しちゃいない」

引用元: 提督「アイテム屋騒動」 



艦これスタイル 肆 (カドカワムック)

KADOKAWA (2017-04-24)
売り上げランキング: 7,397
【提督「アイテム屋騒動」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

※注意※

弥生「このSSは……加古さんの自叙伝風のSS……です……」

漣「バイオレンスな描写、独自解釈、オリ艦、その他もろもろが含まれておりますよ」

曙「それから前スレを読まないと多分話の流れがさっぱりわからないわよ」

漣「それでは!漣ちゃんの活躍をとくとご覧あれ!」

弥生「……あの」

漣「どったの弥生ちゃん」

弥生「もう、私たち死んでる……」

漣「……はっはっは、ご冗談を」

弥生「だってほら、足無いし……」

漣「SSにお足はいらないのヨ!」

弥生「いや……そういうのいいから……」

曙「コイツうまいこと言ったつもりかしら」

※お足のくだりをやりたかっただけです、ごめんなさい

【【艦これ】重巡加古はのらりくらり 完結】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

【艦これ】重巡加古はのらりくらり 前編

450: ◆TLyYpvBiuw 2015/11/26(木) 23:23:34.61 ID:aKEXmYlho

-演習-


紺色の長ったらしい外套を着込んで、あたしたちは鎮守府から遠く離れた海上にいた。

遠くで如月がカメラを構えている、また上空から秋津洲とか言う奴が動かしているらしい

二式飛行艇が全体をバッチリ写していた、生中継だ。さて、こうなったら頑張らなきゃいけないよ。

というのがチーム分けが白露型五人づつを二つに分かれ、古鷹とあたしを旗艦にするっていう

全く同艦種の編成で、まさに旗艦の指揮能力が問われる組み合わせだ。

さらに、あたしと古鷹は火力と装甲が駆逐艦と比べると桁違いなので、小口径砲の使用に加え、

必ずしも撃破する必要はない、というルールを加えた。

さらに、『勝ったチームの言うことをなんでも聞く』とかいうとんでもないことまで口走り、

まあなんだ、とにもかくにも勝たなくちゃいけなくなっちまった。

あたしのチームは白露、村雨、春雨、海風、江風の奇数番艦の編成だった。

【【艦これ】重巡加古はのらりくらり 後編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆TLyYpvBiuw 2015/10/18(日) 15:25:47.97 ID:U+bXT+mIo


自叙伝というのは前書きも自分で書かなきゃいけないってもんだ。

別に自分の思想なんかを啓蒙だとかそういう気概は全くもってない。

ただ、知って欲しいっていうのは少なからずある。

何をかって?

それはまあ色々と。

色々というのはとかく色々であって、艦娘ってものはこういうもんだよってこった。

そういうもんを知ってもらいたいんだよ、あたしは。


※加古の自叙伝風なSS
※独自解釈、バイオレンスな描写、その他もろもろある予定


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1445149547

【【艦これ】重巡加古はのらりくらり 前編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/18(日) 18:42:28.65 ID:0CyNqt5V0

磯風「司令、秋といえば秋刀魚の季節だな」

提督「そうだな~、秋刀魚は秋の味覚の代表だからな」

提督「鎮守府でも秋刀魚漁に勤しんでるし。まさに今が旬だよな」

磯風「それでだな司令。この磯風、司令のために秋刀魚を焼いてきた」

提督「おおっ、そうなのか!」


磯風「ああ。だからぜひ食べて欲しいのだが……」

提督「なるほど、確かにいいかもなぁ………でも―――」



提督「俺としては、秋刀魚よりも磯風の方を食べたいかなって」

磯風「し、司令……!/// 」




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1445161348

【提督「磯風が秋刀魚を焼いちゃうぅぅぅぅぅぅぅッッッッ!!!!!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆pysihcVNJQ 2015/10/18(日) 17:33:52.61 ID:5L0S3bMH0

<夕方 執務室>


提督「……比叡」カリカリ

比叡「……なんですか?」ペタンペタン

提督「今日の夕飯は何だったかな?」カリカリ

比叡「今夜は特製比叡カレー実証実験型17号です!」ペタンペタン

提督「名前からして不穏だな……」カリカリ

比叡「ひ、ひどいっ!」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1445157232

【比叡「気合い! 入れて! 耳かきします!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

提督「朝潮型、整列!」 

提督「朝潮型、出撃!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/16(金) 22:21:03.24 ID:35d1Lwj20


羽黒「あ、あの……」

提督「羽黒よ、君はいつから朝潮型になったのだ」

羽黒「い、いえ……その……」

提督「みなまで言うな。 君の気持ちはよーく分かるぞ」

羽黒「……はい?」

提督「私は朝潮型の容姿、性格、幼さ、あどけなさ、小ささ……すべてが大好きだ」

羽黒「は、はぁ……?」

提督「君がそんな、私に愛される朝潮型に憧れる気持ちは分かる」

羽黒「えっと……」

提督「だがしかし、君には君の良い所があるんだ」

羽黒「いやあの……」

提督「私は各方面から  コンだの犯罪予備軍だの適当なことを言われがちだが、

   羽黒のような綺麗な女性も好きだ。 ふ ふされたいし、   に挟まれたいとも思う!」

羽黒「 、 ふぱ ……!?」

提督「だから羽黒、君は君のままでいてくれ」キリッ

羽黒「提督……」

提督( 決まった…… )ニカッ

羽黒「う、うわぁあああああん」ボロボロ

提督「あれ!? な、ななな何で泣いちゃったの!?」




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1445001663

【提督「朝潮型、索敵!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名も無きT督 2015/10/16(金) 23:16:12.37 ID:3/ykTWRA0
タイトル通りです
サマーウォーズのストーリーに艦娘を当てはめてみたパロディSSです
サマーウォーズを見たことがある人はすんなり読めるかもしれませんが見たことない人は良く分からない点があるかもですが、おつきあいください



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1445004971

【【艦これ】艦これ夏の陣 ~サマーウォーズ~】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/23(火) 00:02:58.10 ID:niCIFacE0


第一回「長門、教導を頼まれる」


引用元: 【艦これ】 長門さんは困ってる 



【【艦これ】 長門さんは困ってる】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆CcRswLDDG6 2017/06/04(日) 22:06:23.67 ID:7gVj1uyr0
隼鷹さんが頑張ってバレずに銀蝿しに行くお話です


――鎮守府 空母寮 午前二時――

隼鷹「……んぅ、今何時……?」

隼鷹「午前二時……微妙な時間に目が覚めちまったなぁ」

隼鷹「……酒、飲みたいなぁ」

隼鷹「飛鷹は……寝てるか」

隼鷹「よし、なら銀蝿でも……おっと、飛鷹を起こしちゃいけないよな」

隼鷹「そうと決まれば、食堂目指して行くか!」

>>2
この時点で飛鷹は
00~09 起きてる
10~99 寝てる
>>3
空母寮から食堂までに遭遇する艦娘、無しや複数も可

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1496581583

引用元: 【安価コンマ】隼鷹さんの冒険 


【【安価コンマ】隼鷹さんの冒険】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆ruLKvjzBBY 2017/04/16(日) 21:58:43.49 ID:M5CZQL6LO
五十鈴「さぁ、あたしの番ね・・・!」

体重計<ギシッ




五十鈴「に、2kg太った・・・」orz

名取「この間のパーティで食べ過ぎたんだよ五十鈴姉さん・・・」

鬼怒「あーあ、五十鈴ねーちゃんってさーホント計画性ないよねー」

阿武隈「カロリー計算キチンとしなきゃ・・・」

五十鈴「う、うるさいわよ鬼怒と阿武隈!あんたたちはどうだったのよ!?」

鬼怒「へっへーん、あたしはきちんと体重変わってないもんねーだ」

阿武隈「あ、あたしだってキチンと50kg未満だからそう太ってないもん!」

五十鈴「うぐぐぐ・・・!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1492347523

引用元: 由良「最近長良型の皆がいっぱい構ってくる気がする…ような」提督「何でだろうな…」 



艦これ改 - PS Vita
艦これ改 - PS Vita
posted with amazlet at 17.06.04
角川ゲームス (2016-02-18)
売り上げランキング: 1,622
【由良「最近長良型の皆がいっぱい構ってくる気がする…ような」提督「何でだろうな…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 12:00:48.19 ID:mYZ+42f70
降りしきる雨の中、一台の黒塗りの車がレンガ造りの建物に到着する。

車から降りてきたのは、黒髪を後ろで纏めたセーラー服の少女。

彼女は長い廊下を進み、突き当りに位置する提督室の中へ一礼し入った。


吹雪「特型駆逐艦一番艦の吹雪です。本日付でこの鎮守府に配属されました」

提督「私がこの艦隊を束ねる司令官だ、よろしく」


彼は軽く敬礼を返すと、吸っていたタバコを灰皿の中に突っ込んだ。

灰皿の中では潰されたタバコがまだ煙を立てている。

彼はその様子をしばらく見つめていたが、ふっと顔を挙げ、再び視界に吹雪を入れた。





「ところで、君の名前を聞かせてくれるかい」




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1444532447

【押井守「艦これ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/14(水) 20:54:48.40 ID:ybT+3kKH0
瑞鶴「んー・・・」キリキリ

瑞鶴「えいっ!」パシュッ

瑞鶴「・・・よし! 当たった!」

翔鶴「すごいわ瑞鶴、また上手くなったのね」

翔鶴「最近よく頑張っているわね」ニコ

瑞鶴「えへへ、まぁね」

加賀「・・・・・・」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1444823688

【加賀「瑞鶴が私に反抗しなくなった」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: ◆VmgLZocIfs 2015/10/13(火) 21:57:54.39 ID:EQr+xYyWo
提督「秋刀魚釣り、かあ」

朧「おや?」

漣「ご主人サマって、釣りがお好きでしたっけ?」



ふとした僕の呟きを目ざとく(耳ざとく?)拾って、漣が尋ねてくる。

小首をちょこんと傾げて、頭上に浮かんだクエスチョンマークを探すしぐさが可愛らしい。



仕事の区切りもついているし、いまは秘書艦である加賀さんも休憩でいないためか、執務室には弛緩した空気が漂っていた。

これを機に自分も休憩しよう、と、僕宛の手紙から顔を上げる。

帰還報告に来てそのまま居座っていた第七駆逐の4人を端から見ていって、最後に視線を漣へ固定。

【【艦これ】少年提督「釣りのお誘いかあ」曙「だ、誰からよ」【ラノベ風SS】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆W7gaJxN1wk4q 2017/05/05(金) 22:06:06.24 ID:bvi/jBObo
人間が一か月間に飲み食いする糧は1人100キロ弱。
日本から遠く離れた鎮守府では途中で無くなったからと言って
近所のスーパーに走ることはできません。
当然、あらかじめ持っていった食材・飲料水が基本。


鎮守府にはおおよそ150人ほどの人が生活していて
半数近くが小柄な幼女
そのため少なく計算されているとはいえ
150人の胃を賄うだけの食糧

一月にするとおおよそ13トン

その量はとても膨大でした。

まぁ速吸が昔積んでいた量に比べれば些少なものですけどね えっへんo(*^▽^*)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1493989565

引用元: 【艦これ】鎮守府料理人 



艦これスタイル 参 (カドカワムック)

KADOKAWA (2016-12-14)
売り上げランキング: 12,810
【【艦これ】鎮守府料理人】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/06(火) 14:23:07.45 ID:j7LVu2NGO
球磨「おっちゃんて呼ぶくらい別にいいクマ」

提督「確かによくおっちゃんと呼んだりしてはいるが」

球磨「じゃあ提督をそう呼んでもいいクマ」

提督「なんでだよ、そんな年でもねぇのに屋台やってるだけでそう呼ばれたくねぇよ」

球磨「ケチくさいクマー、とりあえず一回分クマ」チャリン

提督「おう」

球磨「ようし今日こそやるクマ」

提督「程々にな?」

提督(ここは執務室……だが今は)

球磨「今日こそあのぬいぐるみを落とすクマー」ポン

提督(射的屋になっている)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1444108987

【提督「誰がおっちゃんだ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
【総司令部の一コマ】

 ―7時過ぎ、日本海軍総司令部・講堂―

提督「それでは本日も、皆さん一致団結して深海棲艦との戦いに臨み、平和な海を取り戻せるように頑張りましょう」

艦娘達『はい!』


 ―8時過ぎ、食堂―

司令長官「ああっ、ちょっと黎明君!今占いのコーナーやるんだからチャンネル変えないでよ!」

提督「見てると箸が進まないじゃないですか」

雲龍「まあまあ…占いも面白いし、戻してあげたらどうかしら?」

提督「……仕方ないですねぇ」ピッ

司令長官(……黎明君、雲龍君の言う事は断れないんだなぁ……)


 ―10時過ぎ、執務室―

提督「では、三日月さんを旗艦に、菊月さん、名取さん、高雄さん、龍驤さんはキス島沖へ出撃してください。目的は、三日月さん、菊月さんの練度向上です」

三日月&菊月&川内&高雄『はい!』

龍驤「えーと……きみぃ……」コソコソ

提督「はい?」

龍驤「なんであんな、名取と高雄はんなんてバインバインコンビとウチを同じ艦隊にしたの?いやがらせ?」

提督「被害妄想です」


 ―11時半過ぎ、≪万屋・明石≫―

明石「すみません提督……さっきアイオワさんがコーラを買い占めて……」

Iowa(以下アイオワ)「仕方ないじゃない!アメリカじゃコーラはソウルフード…いえ、ソウルドリンクよ!」

提督「だからって買い占めはいけません。他の皆さんも買うんですから」

アイオワ「でも~…」プシッ、ゴキュゴキュ

提督「今飲まないでください」

【【艦これ】総司令部日報 完結】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: ◆GFAFNejGqE 2015/10/05(月) 00:40:03.22 ID:W01TEKFh0

舞風「提督ぅ~、あたしと一緒に踊らない~?」クルッ

提督「お……舞風か」

提督「……悪いが、この書類の山を今日中に片付けにゃならんのだ」

舞風「あ~、そんじゃ仕方ないね~」

提督「……いつも断ってばかりですまんな」

舞風「いーのいーの。お仕事がんばってねっ(投げキッス」タタッ

提督「はは……」ポリポリ

【【艦これ】提督「舞風の踊る姿を見たことがない」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: >>1 ◆aKZmxL4TCc 2016/07/24(日) 21:38:36.37 ID:aniLiM+c0
 ―某鎮守府―

大淀「艦娘模擬試験…ですか?」

提督「そう。君たち艦娘も、いずれは社会に出て一人の社会人として生活をしていくことになるだろう。その時のために備えて、せめて一般常識ぐらいは

   身に付けていてもらいたいと思ってね。だから、模試をやってみんなの知識がどのぐらいの物かを見ておきたいんだ」

大淀「はあ…そういう事なら分かりました…。ですが、随分と急な話ですね…」

提督「………昨日、クイズ番組を見てね」

大淀「はい」

提督「出演者が、あまりにもなバカな解答をしていたのを見て、少し不安になったんだ」

大淀「……ああ…」

提督「社会に出てから身に付けるんじゃ、もう遅いんだ。今のうちに身に付けておいた方が、安心できる」

大淀「……分かりました。それで、その模試は…」

提督「うん、来月に全員出撃・演習・遠征をしない日を設けて、その日に模試をやろうと思う。対象は、ここにいる全ての艦娘に対してだ」

大淀「私も、ですか」

提督「ああ。構わないかな?」

大淀「分かりました。でも、来月と言うのは…」

提督「各方面にそのことを伝えるために少し時間がかかるからだ。後は、このことを皆に知らせないと…」

大淀「……確実に、反論が来るでしょうね。主に、天龍さんや摩耶さん辺りから」

提督「………まあ、何とかするしかないさ」

【【艦これ】艦娘達の珍解答】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/08(水) 10:40:25.97 ID:2kCmMVAk0
提督「うーん、良い朝だな」

提督「よし。今日は秘書艦が来る前に起きられたぞ」

提督「今日は確か叢雲だったからな。情けない姿を見せたら怒られてしまう」

提督「だが慣れない早起きをすると時間を持て余すな……テレビでもつけるか」ピッ


『最近では女性による男性への痴漢、暴行が急増しており――』
『次のニュースです。紳士暴行の疑いで30代の女性が逮捕され――』
『今時の男性なら見逃せない! セクシーな着こなし術を――』


提督「…………何だコレは」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1488937225

引用元: 提督「何かがおかしい……」 


  【提督「何かがおかしい……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

【艦これ】総司令部日誌 前編 

【艦これ】総司令部日誌 中編

672: >>1 ◆aKZmxL4TCc 2016/06/05(日) 21:12:38.11 ID:iZknE1Kb0
【クレーム】

 ―14時過ぎ、応接室付近―

暁「はぁ……由良さん、大丈夫かなぁ…」

電「鎮守府に戻る直前でイ級の不意打ちに遭うなんて…可哀そうなのです」

響「でも、かすり傷だったらしいし、すぐに入渠は終わると思うよ」

雷「って、あら?」


提督「………………」イライライラ


響「………なんだか、イライラしている感じだね」

雷「司令官、どうしたの?」

提督「…ああ、雷さん。皆さんも……北方海域から戻ってきたんですね?」

暁「あ、そうなんだけど……由良さんが鎮守府の近くでイ級の急襲に遭っちゃって今入渠してるの」

提督「そうですか……」

電「あっ、ごめんなさい!司令官さんの許可も得ずに入渠させちゃって、ごめんなさい!なのです!」

提督「いえ、それは気にしていませんが…」

雷「それより、こんなトコで司令官は何してるの?」

響「ここは…応接室だね」

電「誰か来てるのですか?」

提督「ええ……まあ」

暁「誰が来てるの?」

提督「………あー……」

4人『?』


提督「クレームです」


【【艦これ】総司令部日誌 後編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆AyLsgAtuhc 2017/05/30(火) 19:55:34.39 ID:AjKGQh/P0



北上さんと 大井さんという、 とても仲がいい 姉妹の兵隊さんが 居ました。




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1496141734

引用元: 【艦これ】『きたかみさん と おおいさん』 


  【【艦これ】『きたかみさん と おおいさん』】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

【艦これ】総司令部日誌 前編

309: >>1 ◆aKZmxL4TCc 2016/04/25(月) 21:59:02.94 ID:ZvV/RqwM0
…………

伊良湖「ご注文はどうなさいますか?」

秋月「………秋月は、クリームぜんざいで」

提督「おっ」

伊良湖「クリームぜんざいですねぇ。提督はどうなさいますか?」

提督「あー……ラムネ2つで。私の分と秋月さんの分を」

秋月「えっ?」

伊良湖「かしこまりましたぁ!ラムネは瓶のままでもよろしいでしょうか?」

提督「構いませんよ」

伊良湖「では少々お待ちくださぁい」パタパタ

秋月「し、司令…。スイーツのみならずラムネまで貰うなんて…!」

提督「いえ、今日の仕事のご褒美と水分補給を兼ねてですが……ここは大人しく受け取った方がいいですよ」

秋月「………ありがたく、いただきます」

伊良湖「お待たせしましたぁ。ラムネ2つでございまぁす」コトッ、コトッ

提督「ありがとうございます」

秋月「どうも」

間宮「秋月ちゃん、調子は良くなった?」

秋月「あ、はい。もう大丈夫です」

間宮「そう、よかった…。それじゃ、クリームぜんざいすぐに作るからね~」

秋月「気を遣わせてしまってすみません…」

間宮「いいのいいの、それじゃ~」

提督「…………」プシッ

秋月「」ピクッ

提督「…………」ゴクゴク

提督「……ふぅ」

【【艦これ】総司令部日誌 中編】の続きを読む

このページのトップヘ