えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

萩原雪歩

    このエントリーをはてなブックマークに追加
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 12:36:30.40 ID:lfTzrJJY0
P「さぁて……今日も仕事頑張りますかなー」

P「律子も小鳥さんもいない一人の事務所で淡々とガンバル俺……」

P「あとで褒められる俺!ふっふっふ、やる気でてきたぜ」

P「ん?今日は雪歩が事務所に寄るんだっけ?」

ガラガラガラ

P「え?窓が勝手に開いた?」

雪歩「おはようございます~」バサッバサッ

P「……て、天使や、天使が舞い降りたったどー」

引用元: 雪歩「飛べマス!」 




【雪歩「飛べマス!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 19:24:00.19 ID:+4wj1kQo0
P「ゆっきー!ゆっきーはいるかい!?」

雪歩「はいはい、ここにいますよ。どうかしましたか?」

P「あっ、ゆっきー!ゆっきーの恐怖症を克服しよう!!」

雪歩「えっ?恐怖症を克服、ですか!?」

P「うんっ!犬も男の人もずっと怖いままじゃダメだよっ!!」

雪歩「そ、それは分かりますけど……克服するのはまたの機会ってことには……」

P「ダメだよ、ゆっきー!そうはいかんざきだよっ!」

雪歩「な、なりませんよね、やっぱり……」

P「そうやって、問題を先送りにしてちゃ、いつかその問題に周りを囲まれて動けなくなっちゃうよ」

P「それにね、ホントに克服できなくてもいいんだっ!挑戦することに意味があるからねっ!」

P「嫌なことに立ち向かえたってことは、ゆっきーの今後のアイドル活動においても、きっと役に立つと思うよっ!!」

雪歩「ぷ、プロデューサーがそこまでおっしゃるのなら……頑張ってみますぅ……」

引用元: 雪歩「穴掘って埋まってきますぅー!」 




【雪歩「穴掘って埋まってきますぅー!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/16(月) 03:23:58.92 ID:jQgE5YvGO
東京には空がない

と言ったその女性は、故郷の山と空を思い浮かべていたそうだ

同じ言葉を呟いた雪歩は、東京で生まれ育った

そしていま、東京の病院でベッドに横たわり、ボクから目を逸らしたまましゃがれた声で何度も繰り返している

「真ちゃん、ごめんね」




引用元: 雪歩抄 



【雪歩抄】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 11:06:47.28 ID:/kSjzYdr0
どこからか漂ってくるほんわかとした匂いに、俺は目を覚ました。

「~♪ー…~♪」

ふすまの向こうからは可愛らしい鼻歌が聞こえてくる。ふと隣を見ると、布団は綺麗に畳まれて部屋の隅っこに鎮座している。

「ふぁ~あ…」

間抜けなあくびが一つ。それから俺はもそもそと布団から這い出し、ふすまを開けた。

「あっ、おはようございます、ぷろ…あなた。」

彼女は、おたまを片手に持ちながらにっこりと笑った。俺はそれにもう一発間抜けなあくびで返すと、椅子に腰を下ろした。

「ふぁ~あ…おはよう…雪歩」

萩原雪歩、今年で19歳。元トップアイドル。そしてその元プロデューサー、俺。25歳。
俺達、結婚一年目です。

引用元: P「雪歩と結婚してはや一年…」 


 

  【P「雪歩と結婚してはや一年…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 23:57:08.12 ID:ycsQbBxaO
屋上から夜空を見上げるその人は、まるで月の光を浴びているみたいでした
長い銀色の髪はその光を溜め込んだみたいに、薄く淡く輝いています

私は声をその後ろ姿を、ボーッと眺めていました
詩的で幻想的な、四条さんの後ろ姿を…

「萩原雪歩ではありませんか。どうしたのです?」

私の視線が痛かったのかなぁ?
四条さんに気付かれちゃいました

「えっと…夜風に当たりに…」

引用元: 雪歩「月の光」 



【雪歩「月の光」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/25(水) 00:36:35.30 ID:X5qeQ0LG0
真「プロデューサー?どうしたんですか?」

P「え?」

春香「ボーッとしてますけど、何か悩み事ですか?」チラッ

P「あ、ああ、すまんすまん、なんでもないよ・・・」

雪歩「・・・」

雪歩(プロデューサー・・・まだ気にしてるのかな・・・?)

引用元: P「雪歩の顔を見るのがつらい」 



【P「雪歩の顔を見るのがつらい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 23:50:52.82 ID:dAsC7sIP0
社長「今日からマネージャー見習いとして入社することになった黒沢君だ」

黒沢「いやー、どうもどうも、はじめまして・・・!黒沢です・・・!」

社長「黒沢君は以前建設会社で勤務していたんだ。

  この業界は初めてだから、皆いろいろと教えてあげてくれたまえ」

P「はじめまして、よろしくお願いします」

黒沢「こちらこそよろしくお願いしますっ・・・!」

引用元: 雪歩「私の最強伝説です!」黒沢(大丈夫かこのお嬢ちゃん) 




【雪歩「私の最強伝説です!」黒沢(大丈夫かこのお嬢ちゃん)】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/24(月) 21:26:43.47 ID:PnVXdTzj0
「TOP×TOP……ですか?」

12月になり、だんだん外を出歩くのが辛くなってくる頃。
私は、プロデューサーの唐突の言葉に、目をしばたたかせていた。

「ああ。日程はクリスマスイブで、生放送だ。三人とも、久しぶりのゴールデンタイムだぞ!」

思わず真ちゃんや美希ちゃんと顔を見合わせる。

私たち三人がデビューしてからもう一年以上経つ。
今まで精一杯頑張ってきたつもりだし、小さくてもいろいろな仕事に出向いてきた。
だというのに、なかなかファンの人は増えてくれなくて、どうにもくすぶっている期間が続いていた。
そんな私たちが、ゴールデンタイムの番組に出られるなんて、にわかには信じがたい話だった。

「ゴールデンタイムだって! これでボクたちの実力が知れ渡れば……」

「ミキ達も人気アイドルの仲間入りなの!」

「うぅっ……私、今から緊張してきちゃったよ……」

小さく取り上げられるだけなのか。
はたまた、これからの命運を賭けて、大々的に出ることになるのか。

引用元: 雪歩「大きくなるということ」 



【雪歩「大きくなるということ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/26(金) 04:34:30 59u8mJ8E
小鳥「あら、雪歩ちゃんおはよう」

やよい「おはようございまーす!」ガルウィーン

真「おはよ、雪歩」

雪歩「………」

事務所に入ってきた雪歩は、全身を覆うようなコートに身を包んでいた!

P「なんだ? やけに厚着だな。いつもよりだいぶ大きく見えるぞ」

千早「どうしたの? 今日は寒いけど、そこまで…」

雪歩「………」スッ

彼女が千早の横を通り抜けたその瞬間!

千早「ウワァー!?」ドサッ

千早の足は力を失い、その場に崩れ落ちた!

律子「ち、千早!? どうしたのよ!?」

千早「ああ、あ…」ガクガク

貴音「何やら、怯えているようですが…」



【真・雪歩「おはよう、みんな」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/21(土) 10:21:04.36 ID:Y5EBicFv0
千早「ついに来たわね、決戦の日が……」

貴音「諸悪の元凶は、あの城にいるのですね。ここまで、長い道のりでした」

雪歩「ううぅ……。ちょっと怖いですぅ……」

あずさ「大丈夫よ、雪歩ちゃん」

貴音「そうです、恐れることはありません」

千早「私達四人が力を合わせれば、どんな困難も打ち破れるわ」

雪歩「う、うん! 私、足を引っ張らないように頑張るね!」

あずさ「ところで千早ちゃん。この旅の目的、覚えてるかしら~?」

千早「忘れるはずがありません。>>3のためです」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1379726464

引用元: 千早「萩原さんたちとRPGの最終決戦ごっこをする」【安価】 


 

  【千早「萩原さんたちとRPGの最終決戦ごっこをする」【安価】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 1 2014/08/29(金) 22:12:08.49 ID:koomCluv0

カンカンカン

カンカンカン

金槌が鉄を叩く音がする。
のそりと体を起こすと、音の主が振り向いた。

「おはよう、雪歩」

引用元: 雪歩・真「青いロケットを飛ばそう」 



【雪歩・真「青いロケットを飛ばそう」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/19(月) 18:13:48.35 ID:VSrZTC7J0
雪歩「は、はい…お邪魔にならないようコソコソしてますぅ」

美希「邪魔じゃないから沢山くつろいで欲しいの」

真「へへっ美希の家に行くの久しぶりだなぁ!」

P「雪歩も真も、凄く厳しい家だって聞いてたけど、お泊りくらいは許してくれるんだな」

真「どうせ許してもらえないだろうからって
  用件だけ一方的に言って切っちゃいました」

雪歩「じ、実は私も…」

P「以外と肝据わってるなお前ら…」

美希「お泊りするくらいで一大事なの」

真「ホントだよ、そんくらい許して欲しいよね」

P「大喧嘩になったりしないだろうな?」

真「ま、大丈夫ですよ」

P「ならいいけど…
 とにかく、何かあったらすぐに電話しろよ?」

3人「はーい!」

引用元: P「雪歩達は美希の家に泊まるのか?」 



【P「雪歩達は美希の家に泊まるのか?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Swing ◆VHvaOH2b6w 2012/08/02(木) 00:36:47.27 ID:6i7k24sj0
P「ふう、戻ったぞー……って、なんだこの鳥カゴ。響、また新しい家族か?」

響「違うぞ。それは雪歩が連れてきた九官鳥だぞ」

P「雪歩が?」

雪歩「そうですぅ。この子はとっても可愛そうな鳥さんで、できたらここで飼いたいんですけど……ダメですか?」

P「ここで、か? まあ、小鳥なら既に一羽いるし、それが二羽になってもあんまり変わらないけど」

小鳥「ピヨッ!? プロデューサーさん、ひどいですピヨ」

P「ははは、冗談ですよ。まあ、社長がいいと言ってくれたらいいよ、雪歩」

やよい「うわー! じゃあみんなでかわいがりましょうねー! よーしよし」ナデナデ

亜美「かわいいね→!」

雪歩「ありがとうございます。響ちゃん、私動物を飼うのは初めてなんだけど、色々と教えてもらえる?」

響「まかせろ! それに雪歩は優しいからな、ペットを飼ったりするのに向いてるぞ」

あずさ「そうね~私も犬を飼っているけど、やっぱり大事なのは愛情ですものね~」

雪歩「そうかなぁ。でも、私がんばってみるよ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1343835407

引用元: 響「九官鳥の」 雪歩「Qちゃん!」 



【響「九官鳥の」 雪歩「Qちゃん!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/07/29(火) 22:03:17 b/kW.eNc
真「雪歩、愛してる!」

雪歩「ええっ、突然告られちゃった!?」

真「さぁ、姫。誓いのキスを…」スッ

雪歩「真ちゃん…」ドキドキ

貴音「お待ちなさい!」バッ

雪歩「し、四条さん!?」

真「貴音、一体何の用!? ボクと雪歩の邪魔をしないでくれ!」

貴音「そうはいきません」

真「どうしてだよ! 理由を言うんだ!」

貴音「何故なら私も雪歩を愛しているからです」

雪歩「えっ、えーっ!?」

真「なんてことだ…やっぱり貴音も雪歩のことが好きだったのか」

貴音「真…まさか、このような行動に出るとは思いもよりませんでした」


【雪歩「どっちを選べばいいの~!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/10(日) 13:34:53.33 ID:73rf9Dj90
最後のコマには、そう書かれていました。

思わずそれを呟いてしまった自分自身に、少しの恥ずかしさを覚えます。

私は真ちゃんから借りた漫画を机の上に置いて、部屋の電気を消しました。


真ちゃんはよくこうしてお気に入りの漫画を貸してくれます。

貸してくれるのは嬉しいんですけれど・・・その内容が大抵、お姫様と王子様のシンデレラストーリーなんですぅ・・・。

うう・・・面白いんですけれど、時々こっちまで恥ずかしくなるようなセリフがところどころにあって・・・

真ちゃんがそのセリフを私に向かって得意げな顔で言ってくるのがもう・・・

・・・でも、今日読んだところで一番印象に残ったのは、今思わず呟いてしまったそのセリフでした。

引用元: 雪歩「恋なのかな」 



【雪歩「恋なのかな」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 17:40:26.30 ID:yJfi5aro0
雪歩「その…苦手意識を、克服したくて…め、迷惑…ですよね…」

P「別に迷惑では…」

雪歩「はぅ!やっぱり私みたいなちんちくりんは穴を掘ってうまってますぅ!」ダッ

P「あ!ちょ!雪歩!」

引用元: P「雪歩は男の人が苦手なんだよな?」雪歩「はい…」 



【P「雪歩は男の人が苦手なんだよな?」雪歩「はい…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 松田亜利沙「ニュース765TV」ジュリア「第23回」

1: 名無しさん@おーぷん 20/11/09(月)22:28:43 ID:zD2

・設定の元ネタはUNION@IRTV第9回第10回です。

・ここから読んでも大丈夫です。

引用元: 松田亜利沙「ニュース765TV」萩原雪歩「第24回」 




【松田亜利沙「ニュース765TV」萩原雪歩「第24回」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆5m18GD4M5g 2014/08/14(木) 15:06:41.22 ID:t6yY1OqK0
>>3「はがきで応募したら当たったから一緒に行こうよ!」

雪歩「でも…」

>>3「行きたかったんでしょ?>>7に」

雪歩「確かにそうだけど…」

>>3「なら早速行こうよ!」

※モバグリ以外でお願いします

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1407996391

引用元: 雪歩「え?一緒に>>7へ旅行するの?」>>3「うん!」 


【雪歩「え?一緒に>>7へ旅行するの?」>>3「うん!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/13(水) 14:44:21.20 ID:MDaL2jrjO
 


事務所内


春香「あ、見て雪歩 テレビで甲子園してるよ」


雪歩「あ、本当だ」


春香「」ワクワク


雪歩「…」


P 「ただいま戻りましたー」



皆「 お帰りなさい」


P 「お、皆甲子園見てたのか」


春香「はい 今 始まったばっかりですよ」


P 「仕事もほとんど終わったし 律子もいないし」


春香「そんなこと言ってると怒られますよ」


P 「な、内緒だぞ?」


雪歩「あ、あのプロデューサー 」


P 「ん?どうした?」



雪歩「どうして皆、ジョジョ立ちするんですか?」


P 「え?」


雪歩「ほら ここです」


P 「え、それは↓2だよ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1407908661

引用元: [安価] 雪歩「甲子園って」 



【[安価] 雪歩「甲子園って」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ゆきぴょんと一緒に穴堀りしたい 2014/08/10(日) 13:38:09.47 ID:f4/wwd+h0
雪歩「今朝、収録先の都合で今日のお仕事がキャンセルになっちゃった」

雪歩「ほぼ一日埋まってた予定がなくなっちゃった」

雪歩「折角オフになったのに、風邪気味なんだよね……けほ」

雪歩「そんなに辛くないから寝るのは勿体無いし、けどお外に出るのは流石になぁ……」

雪歩「何もする事がないなぁ」

雪歩「どうしようかなぁ」

雪歩「暇だなぁ……こほっ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1407645479

引用元: 雪歩「何もする事がないなぁ……けほっけほっ」 



【雪歩「何もする事がないなぁ……けほっけほっ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

雪歩「ユキポックス」

雪歩「ユキポックス -リローデッド- 」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19(土) 00:05:45.21 ID:P4n1/86h0
──現在より数時間前 ユキポックス メインソース──

千早「間違っているわ、萩原さん」

雪歩「……」

千早「あなたは今、楽観的でちっぽけな感情に囚われているに過ぎない」

千早「それは希望。人間の最大の強さであり、最大の弱さの源、ね」

雪歩「……」

千早「自分でも気づいているはず。その証拠に、ドアノブを握る手が震えてるわ」

千早「あなたは文字通り、ただの偶像でしかない」

雪歩「……」ガチャッ

千早「……理由を聞かせて欲しい。どうして?」

雪歩「──だから……」ボソッ

……バタン……。

………。

千早「……愚かね。ずっと眠ってさえいれば、どんな悲しみも忘れられるのに」


──ユキポックス崩壊まで、残り24時間。

引用元: 雪歩「ユキポックス -レボリューションズ- 」 



【雪歩「ユキポックス -レボリューションズ- 」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 雪歩「ユキポックス」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 10:51:30.75 ID:iqntV7NT0
─とあるビル 地上200㍍──

ヒュゥゥゥゥ……

真ちゃんが、アスファルトに向かって真っ逆さまに堕ちていく。

真「はは……ボクはここまでみたいだ……」

粉々に散ったガラスの破片が舞う。

真「最期に、仲直りしたかったな」

口の端から血の泡を吹き出しながら、苦しそうに微笑む。

真「ごめんよ、雪歩」



待って、真ちゃ──。



……グシャッ……

鈍い音と共に、真っ赤な噴水があがった。

引用元: 雪歩「ユキポックス -リローデッド- 」 


【雪歩「ユキポックス -リローデッド- 」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 春香「プロデューサーさん、冤罪ですよ! 冤罪!!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/26(木) 21:24:45.60 ID:WuLwarvbO
今宵も、765プロがお送りする特別番組。

芸能人の悪行を暴き、断罪する。

その名も芸能人特別裁判所765号法廷。

本日、裁かれる被告人。

その名は……

雪歩「あ、あのっ! 私、悪いことなんてしてません……ほんとですぅ」オドオド

引用元: 雪歩「うぅ。プロデューサー……え、冤罪。冤罪ですぅ」 


【雪歩「うぅ。プロデューサー……え、冤罪。冤罪ですぅ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/23(月) 22:24:23.84 ID:fRmfSxhG0
<盗聴開始>

真「予定通りに進んでる?」カチカチカチカチ……

律子『えぇ、全て計画通り』

真「やーりぃ……あのさ、貴音は"本物"だって言ってたよね……」カチカチカチカチ……

律子『……それを信じる?だってあの──』

真「待って!この電話盗聴されてる!切るよ」プツッ

真「ふぅ、ハッキング完了」

真「それにしても、まさかだよなぁ。まさか、あの」ポリポリ

真「あの雪歩が、この世界を救う救世主になるなんて」

引用元: 雪歩「ユキポックス」 



【雪歩「ユキポックス」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@おーぷん 20/07/23(木)11:10:07 ID:pC8

萩原雪歩「みなさん、こんにちは。萩原雪歩です」

雪歩「この番組は、ご覧のスポンサーの提供でお送りします」

引用元: 舞浜歩「イケメンファイブ!」 



【舞浜歩「イケメンファイブ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/30(火) 14:38:59.78 ID:e0uEKz+S0
P「え?何って?」

雪歩「いや、さっき……千早ちゃんと二人で何かしてましたよね?」

P「え、ああ。仕事の相談だよ」

雪歩「……相談、ですか」

P「あ、ああ……何か最近歌の事で悩んでるらしくて」

雪歩「……そうですかね、最近は調子がいいって言っていたような気がするんですけど」

P「えっ……そ、そうかなぁ。聞き間違いじゃないか?うん」

雪歩「……そうですか」

P「そうそう」

雪歩「ならいいんですけど」

P「で、他に何かあるのか?」

雪歩「……いえ、後は別に」

P「ああ、午後から仕事はいってるから準備しておけよー?」

雪歩「あ、はい」

P(……)

引用元: 雪歩「プロデューサー、千早ちゃんと二人で何してたんですか?」 



【雪歩「プロデューサー、千早ちゃんと二人で何してたんですか?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: ◆IIiEuGs1j. 2014/06/21(土) 19:18:54.56 ID:7xB4kHkpO
雪歩「プロデューサー。お茶が入りました」

P「うん……ありがとう」こくこく

雪歩「……」ニヤッ

P「ぐっ!? ゆ、雪歩……! お、お前……」

バタッ

P「」

雪歩「プロデューサーが悪いんですよ? ふふふ、ふふふ……」

P「」

雪歩「……暇ですね」

P「……だな」

引用元: 雪歩「暇だけど……幸せです♪」P「……だな」 


【雪歩「暇だけど……幸せです♪」P「……だな」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/21(土) 17:30:44.81 ID:PveWLRr+0
真「えっ」

雪歩「……」

真「あ、そ、そうなんだ……」

雪歩「……」

真「もしかして、相談したいことって……」

雪歩「……」コクン

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1403339444

引用元: 雪歩「真ちゃん私ね、実は男の子が大好きなの」 


  【雪歩「真ちゃん私ね、実は男の子が大好きなの」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20(月) 20:04:36.19 ID:ci9pVl1N0
【765プロ】

P「おい、新P君。今度のファンクラブイベントの構成なんだがな…」

新P「あ、はい。その件ならすでに先方に伝えてあります。それで…」

P「おう。ご苦労さん…」




小鳥「お二人ともお疲れ様です。はい、どうぞ。」

P「おう、ありがとな。ピヨスケ。」

新P「ありがとうございます。音無さん。」

P「ふう…しかし新P君が来てからもうすぐ一年になるのか。」

新P「そうですね。あっという間でした。」

引用元: 雪歩「春になったら」 


 

ミニッチュ アイドルマスター 萩原雪歩 アクリルキーホルダー
ファット・カンパニー (2016-07-25)
売り上げランキング: 2,653
【雪歩「春になったら」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17(金) 22:16:51.02 ID:JgDzRHxK0
10/13

今日はなんだかHAPPY DAY

私が私じゃないみたい

今日はなんだかSPECIAL DAY

みんなの笑顔が眩しくて

今日もやっぱりEVERY DAY

だけどやっぱり普通の日

EVERY DAYがSPECIAL DAY

そんな気がする普通の日

そんな気がする日常の一つ

そんな気がするHAPPY DAY

引用元: 春香「雪歩の日記を見つけちゃった…」 


 

  【春香「雪歩の日記を見つけちゃった…」】の続きを読む

このページのトップヘ