えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

蘭子

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 03:40:56.11 ID:hMfv/Ft60

――遥か昔、私たちの世界がまだ別の存在だったと言われていた時代。

――強大な力を持つ大魔王が、あらゆる世界を破壊せんと強大な力を振るいました。

――最初に輝いたのは十の光。新しい世界を照らし、楽園を築きました。

――再び現れた大魔王は、新しい世界に闇をもたらします。新しい世界を救ったのは、数多の光と、凄まじき力を操る五つの意志、そして希望。

――平和を取り戻した世界は、穏やかで美しい世界となるでしょう。



しかし――


……
…………

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1489948855

引用元: ランコの冒険 ―沈黙の章― 


 

【ランコの冒険 ―沈黙の章― (モバマス)】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/24(火) 18:47:44.57 ID:rxJAynw5o
眠りから覚めた魔王コズエは退屈しのぎに世界を滅ぼそうとしている!

勇者ランコとその仲間たちは、ついに魔王城にたどり着き決戦を挑んだ!

遊佐こずえ「こずえとあそぶのー……? いいよぉー」

神崎蘭子「くっ、なんと禍々しい魔力……!」





P(エチュード……アドリブ演技レッスンみたいなものだが、この題材は楽しそうだなぁ)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1485251264

引用元: エチュード・勇者ランコの冒険 


 

【エチュード・勇者ランコの冒険】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/06(金) 01:15:52.22 ID:NX6IbjlQo
ちひろ「プロデューサーさんってあんまり「かわいい」って言いませんよね?」

武内P「そうでしょうか?」

ちひろ「そうですよ」

武内P「気にした事がありませんでした」クビサワリ

ちひろ「プロデューサーさんのポエ、じゃなかった褒め方も素敵だと思いますけど、女の子はやぱり可愛いって言葉を待ってる部分はあると思いますよ?」

武内P「そういう物でしょうか?」

ちひろ「そういう物です。とりあえず目の前の可愛い女の子に言ってみてもいいんですよ?」

武内P「は、はあ、検討します…」

………
……

引用元: 武内P「神崎さんに可愛いと言ってみる」 


 

【武内P「神崎さんに可愛いと言ってみる」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/03(火) 04:12:50.99 ID:iDHzawPeo
蘭子「くっ……なんと強大な闇の力……っ! 我が瞳に宿りし"魔眼"すら通用しないだと……!?」

芳乃「ふふふ……でしてー」ゴゴゴゴ

蘭子「かくなる上は奥の手……禁術の"邪眼"を目覚めさせるしか……!」

芳乃「わたくしにーそのような小手先の技が通じるとでもー?」ゴゴゴゴ

蘭子「……この力を解き放てば、確かに我が身も無事では済まないだろう……しかし!」

蘭子「我らが友、堀裕子の尊い犠牲をここで無駄にするわけにはいかない! 覚悟!」

歌鈴「あわわわ……」

蘭子「顕現せよ! 狂気の瞳に蘇りし究極奥義、エターナルフォース――――




美穂「あれ、蘭子ちゃんと芳乃ちゃん。それと歌鈴ちゃんも。そんな所でなにしてるの?」

蘭子「あっ美穂ちゃん! あけましておめでとうございます」ペコリ

美穂「あ、うん。あけましておめでとう」ペコリ

芳乃「あけましておめでとうございますー。今年もなにとぞー、よろしくお願い申し上げますー」ペコリ

美穂「こちらこそ、今年もよろしくおねがいします……それで、三人一緒に初詣?」

歌鈴「はい。あ、でも本当は裕子ちゃんも一緒だったんですけど、ちょっと色々あって……」

美穂「?」

蘭子「そんな事より美穂ちゃん! 芳乃ちゃんが闇に飲まれたんですよっ」

芳乃「でしてー」

美穂「???」

引用元: 蘭子「芳乃ちゃんが闇に飲まれた」 


 

【蘭子「芳乃ちゃんが闇に飲まれた」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/20(日) 12:48:59.12 ID:09LTKW3ho
「左様。咎打てし小鳥の羽、地中より目覚めを待つものの骸、我が聖廟に欺瞞の風は吹き荒れる!」

「……そう……」

小梅が、ふいっと視線をよそに向けた。

「……うん、うん……わかった」

え、今の何。

「ナイショ……えへへ」

じゃ、行こう。と、俺に言う。

「……俺も行くのかよ」

「行くよ」

「エル・ドラドの新緑よ」

わかんねえ。

「左様か……」

しょぼん、と蘭子が凹む。ぐ……罪悪感。

「お、おい、悪かったよ、頑張るから」

「で、あるか。大義。深淵は常に汝を見守ろうぞ!」

小梅、小梅……。

「無理しなくていいです、ありがとうって」

罪悪感。


引用元: 蘭子「深智の書、記せしアルハズラッドの運命を」小梅「呪い……?」 


 

【蘭子「深智の書、記せしアルハズラッドの運命を」小梅「呪い……?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆AyvLkOoV8s 2016/11/07(月) 17:19:14.98 ID:+k+6bmf10

~346プロ女子寮~


輝子「こ、小梅ちゃん……」

小梅「な、なあに……?」

輝子「アレ……何だろうな……」

小梅「くっついてる、ね……」

輝子「くっついてる、な……」


みく「……」

李衣菜(お泊り中)「……何でそうなっちゃったの?」

美波「…………」



美波「あしゃ起きたら、こうなっていて……」

アーニャ「ダー。アーニャと、ミナミと、ランコで、ほっぺがくっついてしまいましたね?」

蘭子「ひゃまふぃいほふふぁひゃりふぉふぁんふぃるわ!!」



みく「さっぱり分からん蘭子チャンの言葉が益々ワケ分からんくなってるにゃ」

小梅「私も……これは、難しいかな……」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1478506741

引用元: 美波「頬っぺたが」蘭子「くっふゅいふぇ」アーニャ「取れないです」 


 

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER Take me☆Take you
THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS!!
日本コロムビア (2016-11-16)
売り上げランキング: 53
【美波「頬っぺたが」蘭子「くっふゅいふぇ」アーニャ「取れないです」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/30(土) 23:50:34.21 ID:idkBa7mC0
蘭子「と、友よ? 我を欲するとは一体……?(プ、プロデューサー? 私がほしいってどういう意味……?)」

P「だって蘭子可愛いしさー。家族だったらいくらでも可愛がり放題だろ?」

蘭子「家族!? そなたは我との血の盟約を望むのか!?(家族!? プロデューサーは私と血縁関係になりたいの!?)」

P「盟約? まあ、そんなところかも」

蘭子「うー……。だが、我等はち、契りの誓約すら交わしておらぬのだぞ!(でも、私達はキ、キスすらしたことのない関係なのに!)」

P「しょうがないだろ? ふと思ったんだ、蘭子が娘だったらなーって」

蘭子「……へ、娘?」

P「うん。娘にほしい」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1469890233

引用元: モバP「俺、蘭子がほしいんだ」蘭子「!?」 


 

【モバP「俺、蘭子がほしいんだ」蘭子「!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 14:27:22.10 ID:hDHDc4ydo

蘭子「……ボンソワール、マドモアゼル」

芳乃「蘭子、近頃さんほらを聞きましてー?」

蘭子「なんで分かったの芳乃ちゃん……!?」

芳乃「些事は気にせずー、たいとるこーるに参りましょー」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1467523641

引用元: 芳乃と蘭子の黄昏歩き 


 

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 006 神崎蘭子
神崎蘭子(CV:内田真礼)
日本コロムビア (2012-08-08)
売り上げランキング: 3,576
【芳乃と蘭子の黄昏歩き】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 21:36:02.58 ID:QfTUkbBL0
あれから一体、どれほどの年月が流れただろうか。
数えるのをやめてから、随分と経った気がする。
何度目かはもう忘れてしまったけれど、それでも忘れられない日がある。
あの人と出会った日、あの人と心の通じ合った日。
そして――今日、この日だ。
漆黒の衣に身を包んだ私は、あの場所へと向かう。
忘れられない今日という日を象徴する場所へと。

引用元: 神崎蘭子「夢現の狭間を揺蕩って」 


 

【神崎蘭子「夢現の狭間を揺蕩って」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/06/12(日) 03:26:33 ID:.gw0eJ1Q
女子寮 蘭子の部屋



神崎蘭子「......はぁ」


蘭子(明日からドラマの撮影が始まるけど、ちゃんと演技できるか不安だなぁ......)


蘭子(もう一回、台本見直しておこうかな......)

引用元: 神崎蘭子「そ、其方は...?」ハンバーグ師匠「ハンバーグだよ!」 


 

【神崎蘭子「そ、其方は...?」ハンバーグ師匠「ハンバーグだよ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/09(月) 21:47:29.21 ID:RTTiHwVhO
蘭子「我が友、闇に飲まれよ!(お疲れ様です、プロデューサー!)」

P「はい。お疲れ様、蘭子」

蘭子「魔王の采配はかくの如し!宴を彩る妖精達も歓喜の声を上げたわ!(今日のお仕事も頑張りました!現場のスタッフさん達も褒めてくれたんですよ!)」

P「流石だな。もう俺が付きっ切りじゃなくても安心だ」

蘭子「…否!魔王の羽は、友の感興によって輝きを増すのよ!(でも、プロデューサーにもお仕事の様子、見て欲しかったなぁ)」

P「ごめんごめん、最近は他の子のプロデュースで忙しくて。ご褒美にジュースをおごるよ。何がいい?」

蘭子「我が求める祝杯は、魂を導く掌の温もり…」

P「オッケー。はい、あったかいコーヒー」

蘭子「…ありがとう…ございます」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1462798049

引用元: 蘭子「…ねぇ、プロデューサー」 


 

【蘭子「…ねぇ、プロデューサー」】の続きを読む

このページのトップヘ