えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

衛宮士郎

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 20:58:04.13 ID:10ti97aP0
切嗣「どうしてアイリを悲しませるんだ!」

士郎「いや、俺は悪くないだろ!母さんを母さんと呼んで何が悪い!」

アイリ「いいのよ、切嗣……。この思いが届かないのなら、聖杯に託すのも悪くはないわ」

士郎「奇跡はもっと有効に活用してくださいよ……」


引用元: 切嗣「士郎!おまえというやつは……!」 


 

  【切嗣「士郎!おまえというやつは……!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/10(土) 01:15:19.37 ID:tNrrlIU20
セイバー「これ、おいちい」モグモグ

士郎「ごめん、聞こえなかった。もう一回言って」パクパク

セイバー「……気分が悪くなりました。寝ます」

士郎「あ、ああ。風邪薬飲むか?」

セイバー「結構です」スッ

士郎(苺パンツの時期かな……?)



【セイバー「おいちい」士郎「は?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 03:55:09.94 ID:X0w5RzYe0
スマイル スマイル スマイル スマイル スマイル プリキューア レッツゴー♫

イリヤ「スマイル スマイル プリキュア 一緒に~♪」

切嗣(プリキュアもイリヤも可愛いな)

切嗣(そうだ!)

切嗣「タイムアルター、ダブルアクセル!」シ シ シ シ シ

切嗣「ぐぅっ……!はぁ……はぁ……!」

切嗣「………」フキフキ 

イリヤ「ヤッちゃえプリキュア!」

切嗣(ふぅ、気づかれてないようだ)

切嗣「2倍の速度で動けばこんなに堂々  れるなんて今まで気づかなかったよ。」

セイバー「…………」




【イリヤ「キリツグー、プリキュア見ようよー」切嗣「ああ、いいよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2021/05/24(月) 23:20:53 ID:qZ4bqZkE
Fate/stay night のマスター達が「笑う犬」のコーナーである信号確認ゲームを繰り広げる二次創作ssです。

ルール及び内容と注意事項
1:基本ルールは本家「笑う犬」の信号確認ゲームと同様(具体的な説明は後で言峰綺礼が説明します)。参考として↓をチェック。
https://dic.pixiv.net/a/%E4%BF%A1%E5%8F%B7%E7%A2%BA%E8%AA%8D%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0

2:ゲーム上、Fateシリーズの世界に存在しない・知らない言葉を発する事があります。
3:本家「笑う犬」のネタから一部のキャラ違い・キャラ崩壊あり。
4:回答順は衛宮士郎→遠阪凜→間桐慎二→ランサー(クー・フーリン)→イリヤ

以上の事がダメなら、ブラウザバック推薦
大丈夫ならそのまま楽しんでください。
更新速度は亀です。



【衛宮士郎「信号確認ゲーム?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/05(月) 20:57:47.39 ID:as+PXQwd0
全裸セイバー「コーヒー牛乳を」

士郎「服は?」

全裸セイバー「まだ体を拭いていないので、着てません」

士郎「……」

全裸セイバー「コーヒー牛乳を」

士郎「あのさ……」

全裸凛「セイバー、お風呂あいたぁー?」

士郎「わぁ!?」

全裸セイバー「はい」

全裸凛「じゃ、はいろっと」

士郎「……」

引用元: 全裸セイバー「シロウ、風呂上りの一杯を!!」士郎「おい」 




【全裸セイバー「シロウ、風呂上りの一杯を!!」士郎「おい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/01(火) 13:10:24.96 ID:FIll9ROFO
時臣「大体君は一体誰なんだ?」

士郎「衛宮士郎って言います」

時臣「衛宮?」ピクッ

時臣「もしかして、衛宮切継のご親戚かな?」

士郎「はい、じいさん……衛宮切継は俺の父親です」

時臣「ふむ……。それでは君も魔術を使えるのかね?」

士郎「はい。強化と投影だけ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1380600624

引用元: 士郎「遠坂を俺にください!」時臣「断る」 


 

  【士郎「遠坂を俺にください!」時臣「断る」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 11:47:57.64 ID:nk2jm9uW0
大河「そーなのよ、そろそろ結婚しろーって無理やりね」

士郎「なんか似合わないな」

大河「でしょ?……ってどういう意味よー!」

士郎「ははっ、ごめんごめん」

大河「もうっ、とにかく明日はお見合い行ってくるから
    ご飯には遅れるかも」

士郎「はいはい、了解」

大河「それじゃ、そろそろ帰るわね。おやすみー」ガラガラ

士郎「ああ、おやすみ藤ねえ」

引用元: 士郎「え、藤ねえがお見合い?」 



【士郎「え、藤ねえがお見合い?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/18(水) 21:18:35.78 ID:dkrSR/LB0
衛宮邸

士郎「ふんふーん」ガチャ

士郎「……!?」

士郎(おいおい……。誰だよ……)

士郎「……掃除しなきゃ」

士郎「……」ゴシゴシ

士郎(ここのトイレを使うのは、ライダーかセイバーだよな……)

士郎「……誤爆しておいてそのままにするなんて、考えにくいけど」

引用元: 士郎「誰だよ!!和式便所で誤爆したのは!?」凛「」ビクッ 





【士郎「誰だよ!!和式便所で誤爆したのは!?」凛「」ビクッ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: >>1 2014/08/30(土) 00:43:31.24 ID:j2tGpeoR0

 
【二大タイトル】

志貴「最近調子はどうだい?」

士郎「いやぁ、10月からまたアニメ化ですよ。正直疲れます」

志貴「fateは人気でいいね。スピンオフもアニメやってるし」

士郎「月姫あってこそですよ」

志貴「こっちは月姫2どころかリメイクすら音沙汰無いけどね……」

士郎「あ、あはは……」

志貴「士郎くんには申し訳ないけど、fate商法はもうやめてほしいなぁ」

士郎「きっと次は月姫リメイクですよ」

???「ちょっと待った!」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1409327001

引用元: 志貴「やぁ士郎くん」士郎「あ、志貴さん」 




【志貴「やぁ士郎くん」士郎「あ、志貴さん」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/28(土) 13:10:27.31 ID:ZYB3+uSm0
士郎「一成・・・なんだよこれ」

一成「ふむ、実は知り合いから譲り受けてな。 俺にはそう言う趣味は無いし・・・
とりあえず衛宮にこれの視聴を一任しようと言うわけだ」

士郎「なんで俺なんだ!しかもこれ・・・   丸出しじゃないか」

一成「どうみてもズボンだが・・・」

士郎「え・・・」

引用元: 士郎「ストライクウィッチーズ?」 




【士郎「ストライクウィッチーズ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 22:35:54.33 ID:nFOpUo0u0
セイバー「分かりました。私がこの家から出て行けばいいのですね?」

士郎「なんでそうなるんだよ!!」

セイバー「そういうことでしょう?」

士郎「どうしてそういう言い方しかできないんだ!!」

セイバー「しかし、それで全てが解決するのも確かです」

士郎「もういい!!勝手にしろ!!セイバーのわからずや!!」

セイバー「……はい。勝手にさせていただきます」

桜「あ、あの……」オロオロ

セイバー「お世話になりました」スタスタ

ライダー「……」

士郎「ふん……」

引用元: 桜「セイバーさんと先輩が居間で大喧嘩してる…」ライダー「ほぅ?」 


 

【桜「セイバーさんと先輩が居間で大喧嘩してる…」ライダー「ほぅ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 16:48:49.81 ID:dcROd38L0
イリヤ「……ねえ、セイバー」

セイバー「……なんでしょうか、イリヤスフィール」

イリヤ「一体どうしてこんな状況になっちゃったの?」

セイバー「いえ……それが私にもさっぱりで。今朝には既にこうなっていて」

イリヤ「貴女、それでもシロウのサーヴァントなの? わざわざ隣の部屋に陣取っておいてこの体たらくだなんて、最優が聞いて呆れるわ」

セイバー「ぐぅっ……返す言葉もありません……」

イリヤ「まあいいわ。今は貴女を責めてる場合じゃないもの」

セイバー「そうですね、今は……」

士郎(ショタ)「…………」

イリヤ「どうやってシロウを元に戻すかが先決よね」

セイバー「はい」


 

引用元: 士郎(ショタ)「おねえちゃん、だあれ?」イリヤ(か、可愛い!!) 




【士郎(ショタ)「おねえちゃん、だあれ?」イリヤ(か、可愛い!!)】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 16:29:13.42 ID:XBLxmEqZ0
士郎「セイバー、穴を掘ってくれ」

セイバー「はいわかりました」

ザッザッザッ

セイバー「どれぐらい掘ればいいですか?」

士郎「いっぱい掘ってくれ」

セイバー「はい」

ザッザッザッ

士郎「もういいよ」

セイバー「はい」

士郎「ありがとう」ナデナデ

セイバー「えへへ、シロウ」

士郎「じゃあ穴を埋めてくれ」

セイバー「はいっ!!」

引用元: 衛宮士郎「セイバー、穴を掘ってくれ」 



【衛宮士郎「セイバー、穴を掘ってくれ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 20:08:38.11 ID:VLGTN4hx0
士郎「何やってるんだセイバー」

セイバー「おやシロウ」

セイバー「今ちょうど畳の目の数を数えていたのです」

士郎「どうだった?」

セイバー「多すぎてちょっと数えきれないです」

士郎「そっか」

セイバー「はい」

士郎「多いよなぁ」

セイバー「ペンで目印をつけながら数えてもいいですか」

士郎「駄目だよ」

セイバー「鉛筆はいいですか?」

士郎「それも駄目、汚れるだろ?」

セイバー「ちゃんと消しゴムで消します」

士郎「じゃあいいよ」

セイバー「はいっ!」

引用元: 衛宮士郎「何やってるんだセイバー」 



【衛宮士郎「何やってるんだセイバー」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/23(木) 19:20:55.99 ID:oynbD4Af0
士郎「そうか、はいこれ」

セイバー「メモですか」

イリヤ「まぁ、私一人でも十分だけどね」

セイバー「それはこちらの台詞です」

士郎「今晩の夕食のだからな」

セイバー「分かりました」

イリヤ「じゃ、着替えてくるわ」トコトコ

セイバー「私も着替えてきます」トテトテ

士郎「……」

ライダー「あの、士郎がいけばいいのでは?」

士郎「あの二人は本当はすごく仲良くできると思うんだ」

ライダー「そうですか」

士郎「日頃から仲良くしてほしいんだけどな」

引用元: 士郎「二人ともおつかい頼めるか?」イリヤ・セイバー「おk」 



【士郎「二人ともおつかい頼めるか?」イリヤ・セイバー「おk」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/04(水) 17:54:24.70 ID:j2tpKsJBO
 
士郎「なんだよ、おかしいか?」

セイバー「し、士郎…大河のことをいつから…」

士郎「この家で飯を食うようになってきてからかな、あのおいしそうに食べる顔がなんとも…」

セイバー「私だっていつもおいしそうに食べます!」

士郎「確かに可愛い、だけどセイバーと藤ねえは何か…こう…違うんだよ」


引用元: 士郎「教師と生徒で結婚って無理なのかな?」 




【士郎「教師と生徒で結婚って無理なのかな?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 21:41:24.21 ID:yrDUVi6O0
士郎「そんなことより、セイバー」

セイバー「はい」

士郎「はい。大判焼きを買ってきたんだ」

セイバー「どうも」

士郎「美味しいか?」

セイバー「はい」モグモグ

凛「セイバー、たい焼き買ってきたの。いる?」

セイバー「頂きます」

桜「セイバーさん、焼き芋買って来たんです、食べます?」

セイバー「はい。喜んで」

引用元: セイバー「シロウ、リンとサクラの様子が変です」士郎「興味ないな」 



【セイバー「シロウ、リンとサクラの様子が変です」士郎「興味ないな」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/02(月) 22:03:37.52 ID:rhe95t120
セイバー「やはり……リンですか?」

士郎「違うよ」

セイバー「サクラですか?」

士郎「いいや……」

セイバー「じゃあライダー?」

士郎「違う、セイバー」

セイバー「シロウ……まさか……」

士郎「そんなの決まってるじゃないか、セイバー?」

セイバー「シロウ……!!」

士郎「イリヤだよ」

セイバー「……え?」

士郎「イ リ ヤ」

引用元: セイバー「シロウは結局誰を選ぶのですか?」士郎「勿論―――」 



【セイバー「シロウは結局誰を選ぶのですか?」士郎「勿論―――」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/28(水) 11:21:32.91 ID:AihHfLLs0
―――衛宮邸

セイバー「どうなのですか?」

士郎「あの……」

セイバー「はい」

士郎「えと……君が?」

セイバー「は?」

士郎「だから……今日から来ることになってる……」

セイバー「はい、サーヴァントです」

士郎「サーヴァント?」

セイバー「メイドのことです」

士郎「あぁ」

引用元: セイバー「問おう。貴方が私のご主人様(マスター)か?」士郎「え」 



【セイバー「問おう。貴方が私のご主人様(マスター)か?」士郎「え」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 14:22:10.84 ID:Jz7+BItS0
セイバー「ないのですか」

士郎「バイトもないなぁ」

セイバー「そうですか」

士郎「うん」

セイバー「……」

士郎「あ、お茶淹れようか?」

セイバー「士郎」

士郎「ん?」

セイバー「クリスマスは意中の相手と一緒に過ごすのがこの国の倣わしと聞き及んでいますが」

士郎「うん」

セイバー「凛か桜のところに行ったほうがいいのでは?」

士郎「なんでさ?」

引用元: セイバー「士郎、クリスマスの予定は?」士郎「ないよ」 


【セイバー「士郎、クリスマスの予定は?」士郎「ないよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/13(火) 17:00:57.55 ID:cvozq4/70
セイバー「分かりません」

凛「教会って……今はカレンがいるわよね」

セイバー「はい」

凛「……」

セイバー「あと……これは気のせいかもしれませんが」

凛「なに?」

セイバー「シロウの言葉が少し……乱暴になったというか」

凛「例えば?」

セイバー「この前は私に向かって『大飯食らいのニート、今日はどんな餌を望む?』とか言ってきました」

凛「え?それ、ちゃんと怒った?」

セイバー「すいません……突然のことで激昂するよりも茫然としてしまいました」

引用元: セイバー「最近、シロウが教会に行くことが多いです」凛「なんで?」 




【セイバー「最近、シロウが教会に行くことが多いです」凛「なんで?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆JRacjAUs2A 2014/06/20(金) 01:36:02.68 ID:+cTuOPhao
・Fate/stay night、遊戯王タッグフォースシリーズクロス
・このコナミ君は姿TF6中身TF1~6+DCまで経験したコナミ君です
・ネタバレを多分に含んでいるので注意

次レスからプロローグ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1403195762

引用元: 【Fate】士郎「お前は…?」コナミ「――」【遊戯王TF】 

【【Fate】士郎「お前は…?」コナミ「――」【遊戯王TF】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 09:49:16.40 ID:35iroiR20
セイバー『問おう。貴方が私のマスターか?」

士郎「むずかしいなぁ。このボーカロイド。マジ、調整糞すぎ」

セイバー『問おう。貴方が私のマスターか?』

士郎「間に合うか……声配戦争に……」


大河「最近、士郎が部屋から出てこないの。どうにかできないかしら?」

桜「先輩……」

引用元: セイバー『問おう。貴方が私のマスターか?』士郎「もっと低音だな」 



【セイバー『問おう。貴方が私のマスターか?』士郎「もっと低音だな」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 01:29:48.07 ID:MXxVtGx40
セイバー「しろー!あさごはんはまだですかー!!」グイグイ

凛「う~ねむい~・・・」 ゴシゴシ

桜「せんぱい・・・だっこしてほしいなぁ・・・」 ギュッ

士郎「・・・あ~も~!!今作ってやるから!!
遠坂は顔洗って来い!!桜はだっこな!?」

セイバー「ごはんには、いんぐらんどのこっきをさしてください!」

士郎「家にそんなものはない!!」

桜「・・・せんぱいはやくだっこ・・・」 グスッ

引用元: 士郎「セイバー達が幼くなった!?」 



【士郎「セイバー達が幼くなった!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆X4BsWwLd5Zff 2015/12/05(土) 11:43:28.36 ID:V76IwtXgO
~~~弓道場~~~

士郎「ふぅ、このくらいでいいか」キュッキュッ

士郎「さて、すっかり遅くなったし早く……ん?」

カキィン……キィン……

士郎「……何の音だ?」



ランサー「はっ、弓兵風情がやるじゃねぇか!」

アーチャー「そちらこそ、野良犬にしてはなかなか……!」

ガキィン!

凛「…………」

士郎「……あれは、遠坂?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1449283408

引用元: 士郎「ん……あれは、遠坂?」 


 

  【士郎「ん……あれは、遠坂?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/08(水) 13:19:46.04 ID:Mb4DTl6p0
教会

言峰「衛宮士郎。珍しいな」

士郎「ちょっとな」

言峰「ふふふ。いい目だ。迷いを孕んだその双眸は私にとって甘美なるもの」

士郎「悩み、聞いてくれるんだろ?」

言峰「ああ、いいとも。どんなことでも告解したまえ」

士郎「……みんなを幸せにしたいんだ」

言峰「みんな、とは?」

士郎「セイバー、遠坂、桜、イリヤ、ライダー」

言峰「ほぅ」

引用元: 言峰「では次の人、悩みをどうぞ」士郎「みんなを幸せにしたいです」 


 

  【言峰「では次の人、悩みをどうぞ」士郎「みんなを幸せにしたいです」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/03(火) 15:08:59.64 ID:3lld63CP0
凛「嘘!?」

セイバー「出てます」

凛「まぁ、別に聞かれて困るものでもないけど」

セイバー「全く」

凛「セイバーも士郎とイチャイチャしたいでしょ?」

セイバー「いえ。全く」

凛「ほんとぉ?」

セイバー「はい」

凛「じゃ、私はしてこよーっと。最近、欲求不満だったしー」

セイバー「リン!!はしたないですよ!!そういうことは黙ってしなさい!!」

引用元: 凛「士郎とイチャイチャしたいなー」セイバー「声に出てますよ」 


 

Fate song material (完全生産限定盤)
Fateシリーズ
アニプレックス (2019-12-18)
売り上げランキング: 158
【凛「士郎とイチャイチャしたいなー」セイバー「声に出てますよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆.o0NofLgs2 2014/05/19(月) 17:44:24.29 ID:M/Uu/AF+0
切嗣「本当さ、みてろよ? このベルトで…変身!」

士郎(仮○ライダー?)

切嗣「ジュワッ」

士郎(ウル○ラマン?)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1400489054

引用元: 切嗣「…僕はね、正義の味方切嗣マンなんだ」 士郎「ほ、ほんとかよ!」 



劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]」Ⅱ.lost butterfly
(2019-11-22)
売り上げランキング: 1,089
【切嗣「…僕はね、正義の味方切嗣マンなんだ」 士郎「ほ、ほんとかよ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 士郎「それで…誰も泣かずにすむのなら――」 前編

233: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/12(月) 18:19:43.68 ID:g2Gztp9g0
宝物庫にある宝具で威力を最大にまで上げ、全魔力を込めたエアの一撃

その一撃で辺りは砂埃が立ち込め、人影等一切見えない

英雄王「跡形なく消えたか。聖杯と言峰はやられたか……贋作者と遠坂の娘を消しに行くとしよう――」

英雄王の手足に鎖が巻き付く

英雄王「な――どういうつもりだ鎖(とも)よ――いや、まさか――」

アーチャー「その慢心が命取りよ、慢心も王として必要だと思うがな」

英雄王「何故だ――何故全力のエアを受けて立っている」

アーチャー「お前も見覚えはあるだろう?」

英雄王「せ、セイバーの鞘――」

アーチャー「ただの贋作だがな、それなりの仕事はしたと言えよう」

アーチャーの手の中から鞘h崩れ去ってゆく

英雄王「あの贋作者――だがそれはセイバーの魔力がなければ発動せんはずだ!!」

アーチャー「我の雑種はセイバーの魔力の供給を行っていた。そしてあやつは本来保存できぬはずの魔力を宝石に移して保存ができる」

英雄王「――宝石にセイバーの魔力を遺していたというのか」

アーチャー「我の雑種とあの小僧は中々に優秀でな、見ていて飽きん。鎖(とも)よ、あれも我だからと加減する必要はないぞ」

英雄王「ぐ……はな…せ、鎖よ」

アーチャー「凛が言うには道を踏み外した友を殴ってでも戻すのがこの国のやり方だそうだぞ」

一瞬緩みかけた鎖が再びきつく締め上げる

英雄王「おの…れえ!!」

凛「アーチャー!!」

アーチャー「そちらも終わったか。雑種、二度と見れぬであろうエアの真の威力を見せてやろう――天地乖離す、開闢の星!!」




引用元: 士郎「それで…誰も泣かずにすむのなら――」 


 

Fate/strange Fake vol.2 (TYPE-MOON BOOKS)
森井しづき
KADOKAWA/角川書店 (2016-01-14)
売り上げランキング: 448
【士郎「それで…誰も泣かずにすむのなら――」 後編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/01(火) 21:05:08.24 ID:3Z8EbzSh0
※地の文あり、冒頭は多め


本来静かなはずの夜の学校――
友人の頼みを聞いて遅くまで学校に残っていた俺が見たものはそれとはかけ離れた物だった

吹き荒れる砂荒らし、鳴り響く数多の金属のぶつかる音――
赤い槍を持った青い男と金ぴかの鎧をまとった男が夜の校庭で戦っていた

士郎「何だよあれ…」

青い男がかまえると同時に凄まじい魔力が放たれる
殺される…あの金ぴかの男は殺される――


青い男「誰だ!!」

士郎「あ…」

青い男の体が沈むと同時に、それの標的は自分に切り替わったとわかった
足が勝手に走り出す――
走らなければ殺される、死を回避しようと人気のない校舎の中へと逃げ込む――

立ち止まり振り返ると追いかけてくる足音はない

士郎「ふう、逃げきれ――」

青い男「よう、わりと遠くまで走ったなお前」

誰もいないはずの後ろから声をかけられる

青い男「運がなかったな坊主。ま、見られたからには死んでくれや」

容赦もなく男の槍は衛宮士郎の心臓を貫いた
衛宮士郎は死んだのだ――

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1441109108

引用元: 士郎「それで…誰も泣かずにすむのなら――」 


 

Fate/stay night (Heaven's Feel) (2) (カドカワコミックス・エース)
タスクオーナ
KADOKAWA/角川書店 (2016-02-02)
売り上げランキング: 34
【士郎「それで…誰も泣かずにすむのなら――」 前編】の続きを読む

このページのトップヘ