えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

超電磁砲

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 20:08:56.59 ID:hbnOyqJt0
佐天「うーいーはーるぅ!!」

初春「きゃぁぁああ!佐天さんいつもいつもいい加減にして下さい!!」

佐天「良いじゃん良いじゃん減るもんじゃあるまいし」

初春「私の心がすり減ります!!」

佐天「ハイハイごめんねごめんね、カルシウムが足りないぞっ」

【佐天「カルシウムを自由に操れる能力かぁ・・・」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/02(火) 21:42:43.13 ID:mYz2mU/V0
御坂「またヤドクガエ太…、ついてないわねぇ。まだ百円玉あったかしら」ゴソゴソ

初春「あれ?御坂さんじゃないですか。なにやってるんですかこんな所で」

御坂「う、初春さん!? き…奇遇ねぇ、ちょっと小銭が邪魔になってきたから仕方なく…。うん仕方なく処分してたのよ」ガラガラ

初春「へぇ、ゲコ太カードダスですか。こんなの出てたんですね」

御坂「うぅ、……今度は、コバルトヤドクガエ太。なんで…なんでなのよ…」ゴソゴソ

初春「また毒ガエルですか、悪そうな顔してますねぇ」

御坂「ねぇ、初春さん百円玉もってな……」

ダッダッダッ

佐天「うーいーはーるぅー! そりゃぁぁー」ガバッ


【佐天「最近、初春が私に冷たい気がする」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/15(水) 08:19:03.53 ID:knkP+SKLP
佐天「二人とも裸って事は……いやいやいや!それはない!
    思い出せ……」

───
────────

佐天「お邪魔しまーす」

御坂「どうぞー、佐天さん何か飲む?」

佐天「はい、頂きます!」

御坂「と言っても水くらいしかないわね……」

佐天「何でも大丈夫ですよー」

御坂「あ、そういえば黒子から貰ったチョコレートミルクがあったんだった。
    何かパッケージ怪しいから飲んでなかったけど」

佐天「なんか高そうですね……」

御坂「どうなんだろ……二つあるし飲んでみる?」

佐天「御坂さんがよければ」

御坂「じゃ、決定!」

【佐天「んん……ふわぁ~、あれ?私なんで裸なんだろう」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/02(火) 01:19:35.25 ID:gWRAn5zT0
佐天「今月は、グー、グー、パー、チョキかー……」



【佐天「サザエさんとのジャンケンで確実に勝てる能力かぁ……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/19(水) 02:14:13.59 ID:aXJhiMV70
佐天「…どのタイミングで使えばいいんだろ」

佐天「まさかこれで荒稼ぎしようものなら初春に殺されるだろうし…」

佐天「でも誰かで試してみたいなぁ、せっかくだし」

佐天「そうだ、お金持ちな御坂さんでまず試してみよう!」



【佐天「水を800円で売る能力・・・かぁ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/17(火) 18:33:43.09 ID:Rj91SYvtO
佐天「で、できた! これがもうひとりの私……」

佐天「そう、私はあなた。もうひとりの私」

佐天「しゃべった!」

佐天「私はあなたが超能力で生み出した写し身。身体の造りから知識、筋力、思考や行動パターンまでうり二つ」

佐天「これがどういう事かわかる?」



【佐天「自分そっくりの人間を作る能力かぁ…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/28(火) 23:30:35.46 ID:wIRhUmqK0
佐天「実際、可愛い人の眼球なら部屋に飾っておきたいよね」ウンウン

佐天「もちろんブサイクの眼球なんて要らないよ」

佐天「もし御坂さんみたいに可愛い人の眼球を自分の部屋に永久保存できるって考えたら…」

佐天「年齢を重ねない一番可愛い時の御坂さんの眼球を、その目は私だけを見ていて、私だけがその眼球を部屋に飾って独り占めできて…」ゾクゾク

佐天「…私が御坂さんの唯一の人になれるのかぁ」カァァ

佐天「苦しむ御坂さんも可愛いだろうし、生涯そのことに怯える御坂さんも可愛いだろうなぁ…」ワクワク

佐天「…うん!御坂さんの眼球を舐めてみたい!!」グッ

佐天「……」

佐天「……絶対犯罪だよね」

佐天「やめよ。…御坂さんは友達だし」

佐天「…なんで私こんな能力なんだろ…」

佐天「……」


【佐天「眼球を綺麗に抉り取れる能力かぁ…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/04(木) 13:22:47.24 ID:gtoyG23ZO
初春「佐天さん。システムスキャンの結果はどうでした?」

佐天「うん。能力身についてたよ」

初春「おめでとうございます。どんな能力ですか?」

佐天「ニャンピョウと遭遇する能力なんだ」

初春「へえ。凄い能力ですね」


【佐天「ニャンピョウと遭遇する能力かあ……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 19:38:40.66 ID:Himtl0shO
初春「佐天さん。システムスキャンの結果はどうでした?」

佐天「うん。能力身についてたよ」

初春「おめでとうございます。どんな能力ですか?」

佐天「一人につき一つ願いを叶える能力なんだ」

初春「へえ。凄い能力ですね」


【佐天「一人につき一つ願いを叶える能力かあ……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 12:34:11.76 ID:5gxka3TwO
初春「佐天さん。システムスキャンの結果はどうでした?」

佐天「うん。能力身についてたよ」

初春「おめでとうございます。どんな能力ですか?」

佐天「口に電球突っ込んで思い切り顔面膝蹴りする能力なんだ」

初春「へえ。凄い能力ですね」


【佐天「口に電球突っ込んで思い切り顔面膝蹴りする能力かぁ……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 21:15:40.48 ID:5gxka3TwO
初春「佐天さん。システムスキャンの結果はどうでした?」

佐天「うん。能力身についてたよ」

初春「おめでとうございます。どんな能力ですか?」

佐天「チョビを可愛がる能力なんだ」

初春「へえ。凄い能力ですね」


【佐天「チョビを可愛がる能力かあ……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/14(金) 18:50:11.84 ID:oMElOgIlO
初春「佐天さん。システムスキャンの結果はどうでした?」

佐天「うん。能力身についてたよ」

初春「おめでとうございます。どんな能力ですか?」

佐天「タラちゃんの足音を出すことが出来る能力なんだけど」

初春「へえ。凄い能力ですね」



【佐天「タラちゃんの足音を出すことが出来る能力かあ……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/10(月) 01:26:15.09 ID:1rl0kFyf0
佐天「が発現しました~」

初春「やりましたね佐天さん!」

御坂「おめでとう、佐天さんの努力の成果ね!」

白井「おめでとうございます。でも一体どういった能力何ですの?」

佐天「そうですね、じゃあ試してみますね」


【佐天「都市伝説を再現する能力」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2 :しょーちゃん ◆sho/Nrx0p2 :2013/02/14(木) 19:40:30.56 ID:P5jD1GJj0
レッサー「面白そうです」

佐天「へ? あの…どちら様?」

レッサー「魔術師…と言ってもわかんないですかね、イギリスのある組織に所属している者です」

佐天「はぁ、イギリスですか」

レッサー「ではさっそく行きましょうか、佐天涙子さん」

佐天「え、何処にです?」

レッサー「もちろんイギリスに」

佐天「えっ」

レッサー「こちらの準備は整ってますから早く行くとしましょうか」グイッ

上条「んーッッ!?んーッッ!!」ジタバタ

佐天「え?」キョトン


【レッサー「好感度を数値化して閲覧する能力ですか」佐天「へ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/20(月) 23:08:50.63 ID:lAKFKbszP
佐天「初春~!」

初春「佐天さん、どうしたんですか?」

佐天「えいっ」ギュッ

初春「え?」

佐天「ふふふ……」

初春「さ、佐天さん……」キュンッ

佐天「はいおしまいっ」

初春「はっ!今のは一体……」

佐天「これが私の目覚めた能力だ……」

初春「凄い……これならレベル5の人間も虜にできますよ!」



【佐天「袖をぎゅってすると相手をきゅーんとさせちゃう能力かぁ……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/12(水) 20:55:52.04 ID:tce5dQXAO
初春「佐天さん。システムスキャンの結果はどうでした?」

佐天「うん。能力身についてたよ」

初春「おめでとうございます。どんな能力ですか?」

佐天「アレイスター・クロウリーとお友達になる能力なんだってさ」

初春「へえ。凄い能力ですね」

【佐天「アレイスター・クロウリーとお友達になる能力かあ……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/08(水) 18:35:19.46 ID:Ev9ePW980
佐天「初春のあだ名聞きたい?」

初春「……まあ、一応聞きたいです」



【佐天「有吉ばりにあだ名を付けられる能力かぁ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 08:41:01.50 ID:R2I1f+8C0
佐天「どうりで私のカービィすぐドンッ0%0%0%になるわけだよ」

佐天「ちくしょー、アレは私の能力のせいだったのか~」

佐天「格闘王まで全部行けたのになぁ・・・」


【佐天「星のカービィ スーパーデラックスのセーブデータを消す能力かぁ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/13(月) 07:49:31.92 ID:j+IL+t2y0
佐天「……」トコトコ

佐天「こ、これって……」トコトコ

佐天「とんでもない能力……じゃない?」トコトコ

ドン

佐天「あ、すいません」ペコッ

一方「ちっ……(なんだこの年増は……)」スッ

佐天(なにあれー……態度悪っ)トコトコ

一方「……?」トコトコ

佐天(あれ、でも今あの人と目合ったよね……? もし能力者だったら……)トコトコ

一方「あァ? なンで、音は遮断出来なくなってンだ?」キョロキョロ

佐天(まぁ、良っか)トコトコ

【佐天「目が合った相手の能力を完全に消しさる能力かぁ……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/04(土) 20:04:55.93 ID:NBpzR9K50
佐天「しかも能力発動中は、会った相手がすぐボケてくれるのかぁ……」

佐天「あ、御坂さんだ!」

佐天「御坂さーん!」

御坂「あ!」

御坂「>>4(ボケ)」



【佐天「キレのいまいちなツッコミを入れる能力かぁ……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 19:52:00.05 ID:8N8H4Sik0
佐天「うーいーはーるーっ!」ガバー

初春「ひゃあ!何するんですか佐天さん!」

佐天「えへへー、今日は水玉かー!」

初春「もう!ひどいです!」

佐天「あっ、いや、あの、ごめん…」

初春「えっ?」

佐天「あ、あの、ほんとごめんね、調子乗って…」

初春「い、いえ、別にそこまで気にしては…」

佐天「ごめんほんと…き、き、嫌いになったよね」

初春「そ、そんな事は…」

佐天「ごめんね、調子乗ってごめんね…嫌いにならないでね…」


【佐天「嫌な事があるとすぐにふさぎ込んで手首を切る能力か…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/18(火) 23:21:44.60 ID:V5QyRvcz0
佐天「なにこの能力」

佐天「……これはもしや!わたしと初春の友情をブチ壊そうとする誰かの陰謀では!?」

佐天「そんなわけないよね……あはは」

佐天「……なんでこんな能力になっちゃったんだろう、ホント……」

佐天「こんな能力使わないほうがいいよね……うん」

佐天「えっと、宿題でもやろうかな!」

佐天「…………」カキカキ

佐天「…………」ウーン

佐天「……やっぱりちょっとぐらいなら使ってみてもいいよね」

佐天「そうだ!出てきたお金で初春に甘いものでもおごってあげればいいんだ!」

佐天「行きたい店があるとか言ってたし……よし!そうと決まれば今日はもう寝よ!」グーグー

【佐天「初春を殴るとお金が出てくる能力か…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 00:35:38.19 ID:radfW+JC0
佐天「ういはるー」

初春「あれ? 佐天さんの声がしたような……ええっ!?」

佐天「よいしょー!」ゴロゴロ

初春「きゃー!!」

佐天「あっ、ごめんごめーん。初春も巻き込んじゃったよー」ゴロゴロ

【佐天「物をくっつけて塊にして転がす能力かぁ……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :みかんW:2010/06/29(火) 12:54:15.80 ID:U1DubzhT0
<注>
これは、短編推理小説です。
間を置かずに、30レス程度で終了予定ですが。
オチが読めた人も、ぜひ最後までお読みいただけると幸いです。



【佐天「死体を作り出す能力、かぁ…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/25(火) 13:54:07.64 ID:HmrEzUBMO
御坂「佐天さん、能力者になったんだって?」

佐天「……はい」

御坂「浮かない顔ね?せっかく念願の能力者になれたっていうのに」

佐天「………そうなんですけど」

御坂「で?どんな能力なの?」

佐天「トランプゲームで必ず勝てる能力です」

御坂「トランプ?」

佐天「……はい」

御坂「……………トランプってあの?」

佐天「……………はい」

【佐天「トランプゲームで必ず勝てる能力かぁ………」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/20(火) 22:17:40.00 ID:N5WKyoHx0
佐天「………」

佐天「…どうしよう」

佐天「……本当、どうしよう、この能力…」

初春「あ、佐天さん!能力者になれたって本当ですか?」

佐天「…うん」

初春「…なんかあんまりうれしそうじゃないですけど…どんな能力なんですか?」

佐天「…うん、あのね…ダイオウグソクムシを好きなだけ召喚出来る能力…」

初春「…ダイオウグソクムシ?なんですか?それ?」

佐天「こういうのだよ」

ぽんっ

ダイオウグソクムシ「…」ワサワサ

初春「ぎゃああああああああああああああああああああああああああっっっっっ!!!!!!?!!?」


【佐天「ダイオウグソクムシを好きなだけ召喚出来る能力、かぁ…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/11(土) 20:16:34.71 ID:tL2AlhBq0
初春「はい、上からの命令で佐天さんと御坂さんの写真を撮れって言われてるんですよ」

御坂「えーと…いったい何のために?」

初春「それが私にもよく伝えられてないんですけど、本の表紙がどうとかって言ってました」

佐天「本?なんかいかがわしいんだけど……」

初春「そこはちゃんと確認しました。学園都市外の健全な本らしいですよ」


【佐天「写真撮影?御坂さんと?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/04(土) 03:30:27.03 ID:Ga/TURyt0
佐天「それってどんな能力なんですか?」

佐天「うーん口では説明しづらいなー」

佐天「そうだ!御坂さん!ちょっとそこに立ってもらってもいいですか?」

佐天「へ?私?別にいいけど」

佐天「じゃあいきますよー!春上さんも危ないので下がっててください」

佐天「了解なの~(裏声)」

佐天「ん~~~…きてますきてます…」

佐天「これから何が始まりますの?(ババア声)」ごくり

佐天「ほいきた!きました!ほじゃらかぱっぱのぱ!えーい!」

佐天「ぼっかーん!」

佐天「きゃっ!」佐天「な、なによこれ!」佐天「すごすぎるの!(裏声)」佐天「ありえませんわ!(ババア声)」

佐天「どうですか?これが私の能力です!」

【佐天「宇宙の法則を自在に変える能力かぁ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 佐天「他人の妄想を具現化する能力かぁ」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/06(水) 18:02:48.20 ID:evAiGbiY0
上条「…と言う訳で佐天さんに能力使って欲しい奴が居るんだよ」

佐天「はあ、まあ良いですけど」

上条「悪いな、あんまり能力使いたがらないのにこんな事頼んで」

佐天「いえ、上条さんの頼みなら構わないですから、御坂さんと白井さんを止めてくれた訳ですし」

上条「そう言って貰えると助かるよ、んじゃさっそく行こうか」

【佐天「他人の妄想を具現化する能力…えっまた?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/04(月) 17:43:04.83 ID:6LzYOa8/0
初春「へぇ、なんか凄そうな能力ですね」

佐天「5秒しか具現化出来ないけどね、まだレベル低いし」

初春「もう試したんですか?」

佐天「先生に一回だけね、とりあえずたくさん使ってレベル上げたいな」

初春「……私には使わないですよね?」

佐天「使うよ?えいっ☆」ボンッ

初春「えっ!?ちょっと佐天さん!!」


【佐天「他人の妄想を具現化する能力かぁ」】の続きを読む

このページのトップヘ