えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

遊戯王

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆OYngVbWKK2 2015/06/07(日) 00:07:38.07 ID:U1z3lcxU0
数日前

小鳥「・・・」

遊馬「疲れてねえよ。もう何もかも慣れちまったから」

小鳥「そう・・・」

遊馬「その話は朝からするな、気が滅入るから」

小鳥「うん・・・」

遊馬「どいつもこいつもどうかしてるんだよ。デュエリストって何だよ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1433603248

【小鳥『ね、ねえ遊馬ちょっと疲れてるんじゃない?』 遊馬『小鳥』】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2021/11/26(金) 23:37:55.25 ID:2LjkRxx+d
いや路線変更しなかったら即打ち切られてたやろ

【遊戯王エアプ「遊戯王はカードバトル漫画になる前の方が面白い」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/01(月) 21:10:58.53 ID:XbAmBZK+0

舞網市立第二中学校・朝……

遊矢(柚子の奴遅いな。もうすぐ朝のHRが始まるっていうのに)

遊矢(今日は何時も合流する場所に居なかったから、てっきり一人で先に行ったのかと思ったんだけど)

遊矢(もしかして体調でも崩したのか? でもそれなら俺に連絡があっても……)

タタタッ……バン!!

柚子「おはよう! ふぅ、なんとか間に合った」

遊矢(あ、やっと来た……って、あれ?)

【遊矢「俺が嫌だから」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/01(月) 13:21:07.40 ID:vPlScxk4O

 真澄「だから、私と付き合いなさいと言っているのよ」

 柚子「……えっと、それは決闘?それとも買い物とか?」

 真澄「何を言っているの、恋人として付き合いなさいと言う事よ//」

 柚子「………」
 
 真澄「もぅ、女の子の口から言わせないでよ…ばか//」

 柚子「私も女だけどぉ?」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1433132467

【真澄「柚子私と付き合いなさい」柚子「………ごめんもう一回良い?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆OYngVbWKK2 2015/05/30(土) 22:26:42.99 ID:C00Y+V+w0
遊戯「・・・」

小鳥「噂通り凄い髪型してる」

遊馬「だろ?紹介するぜ遊戯さん」

カイト「俺は天城カイト」

シャーク「神代凌牙」

遊馬「けど遊戯さんがわざわざ来るなんて何かあったのか?」

遊戯「・・・」

遊馬「あー俺達の普段の姿を見に来たってわけか」

シャーク「じゃあ見せてやろうぜ」

カイト「ちょうど事件があってな。ついて来い」

遊馬「2人とも口は悪いけど根はいい奴なんだぜ」

小鳥「うん!」

遊戯「・・・」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1432992392

【遊戯『・・・』 遊馬『遊戯さんだぞ小鳥!』 小鳥『この人が!?』】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆OYngVbWKK2 2015/05/28(木) 19:33:41.18 ID:Unenn8XD0
「ママ!」

十代「セレナそっくりだな、ママだって」

セレナ「私は知らんぞ。こんな子供」

十代「ママなのか?」

「うん」

十代「だってよ」

セレナ「知らん!」

十代「でも嘘ついてるようには見えないぜ。セレナに似てるし」

セレナ「・・・」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1432809211

【『ママー!』 十代『ん?』 セレナ『誰だあの子供は』】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2021/11/18(木) 05:15:02.50 ID:U/SK0ofR0
no title


結構負けてて草

【【速報】遊戯王の主人公の勝率WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆OYngVbWKK2 2015/05/26(火) 21:06:30.41 ID:fil/gO4o0
クロウ「な、何だよ」

遊星「油断大敵だぞクロウ」

ジャック「遊星の言う通りだ」

遊星「ところで今日は何曜日だブルーノ」

ブルーノ「月曜日だけどどうかしたの?」

遊星「週の始まりだ。きっと何か来るぞ」

アキ「遊星!妙な声がアカデミア中に響いてるわ!」

遊星「何!?」

クロウ「マジで来たぜ」

ジャック「行くか遊星」

遊星「ああ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1432641980

【クロウ『最近は何も起こらねえな遊星』 遊星『何!?』】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆OYngVbWKK2 2015/05/25(月) 23:12:34.77 ID:zDP5ia9f0
小鳥「ほら!」

遊馬「すっげえな」

「助けて・・・助けて・・・」

遊馬「何か声がするぜ」

小鳥「どうするの?中に人が居るんじゃ」

遊馬「そこにホープ剣があるだろ。取ってくれ」

小鳥「でも中の人が真っ二つに」

遊馬「大丈夫だって、真っ二つにするから避けてくれよ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1432563144

【小鳥『遊馬!川から大きな桃が流れてきたよ!』 遊馬『桃?』】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆OYngVbWKK2 2015/05/24(日) 22:34:33.62 ID:qbrvNFQy0
遊馬「黒咲に?何で」

小鳥「私と同じ鳥っぽいしそれに身内じゃ」

遊馬「え?」

小鳥「ううん!じゃあ行ってくるね!」

遊馬「頑張れよ!」

カイト「小鳥がデュエルか」

シャーク「良かったのかよお前じゃなくて?」

遊馬「誰が教えたって変わらないんじゃねえか?」

シャーク「さあな」

カイト「少しは女心を学べ」

遊馬「な、何だよ!?小鳥がデュエルを覚えるっていい事だろ?」

シャーク「はあ・・・」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1432474463

【遊馬『デュエルを覚える?』 小鳥『黒咲さんに教えてもらうの!』】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2021/11/15(月) 20:50:19.18 ID:uD8d2vmFr
めちゃくちゃ面白かったわ
GXはキャラと熱い展開が多いのとデュエルがよかった
5dsに関してはストーリーが面白すぎなのと世界観がよかった

【遊戯王GX、5ds立て続けに両方見たんやが...】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆OYngVbWKK2 2015/05/24(日) 17:45:53.27 ID:qbrvNFQy0
遊馬「あー!そうだな。それがどうしたんだ?」

遊矢「いやどんぐらい強いのかと思ってさ」

遊馬「そりゃエクシーズだって使えるし」

遊矢「シンクロも融合も余裕でしそうだよな」

遊馬「会ってみたいな遊戯さん」

遊矢「俺も会ってみたい」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1432457143

【遊馬『武藤遊戯?』 遊矢『ほら十代さんと遊星さんの先輩の』】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆OYngVbWKK2 2015/05/20(水) 23:35:17.66 ID:qLAPp02G0
デニス「ハハハッ・・・」

セレナ「どうしたんだ?こいつに話があるなんて」

十代「ちょっとな。これから男同士で話があるから向こうに行っててくれよ」

デニス「!?」

セレナ「向こう?女の私はダメなのか?」

十代「時には男同士でしかわからない事だってあるんだぜ」

セレナ「?」

十代「後で何処か連れてってやるから頼むよ。な?」

セレナ「約束だからな。ちゃんと私を連れて行くんだぞ!」

十代「ああ」

デニス「・・・」

十代「じゃあ話しようかデニス」

デニス「・・・」ゴクッ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1432132507

【セレナ『こいつがデニスだぞ十代』 十代『ふーん・・・こいつが』】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/20(水) 22:09:01.81 ID:njAyY3nK0
佳奈多ルート後



アパート

理樹「うーん…どうしようかなあ」

葉留佳「ほれほれ!今のうちにサレンダーしたらどうですカ?」

理樹(僕らはあれからなんやかんやあってアパートを借り、そこでしばらく潜伏することとなった。僕らの居場所を知っているのは恭介達と二木さん達の両親だけだ)

佳奈多「ただいま」

葉留佳「おかえり~」

理樹(夕ご飯の準備をする二木さんは僕らを見ると言った)

佳奈多「……なにそれ?トランプ…じゃ無さそうだけど」

理樹「遊戯王のこと?」

佳奈多「遊戯王…聞いたことがあるような無いような……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1432127331

【理樹・佳奈多「「決闘(デュエル)!」」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆5m18GD4M5g 2015/05/20(水) 16:42:22.86 ID:jThNd3zh0
むかしむかし、機皇帝を取って暮らしている、アポリアがいました

アポリアは取った機皇帝を町に売って、生計を立てていました

アポリア「これだけ機皇帝があったら食事に困らないな」

アポリア「さて、今日のところはこれくらいにして…」

ピカアアアアアアアアアアアア!!!

アポリア「…なんだ?このまばゆい光は?」

ある日のことでした、おじいさんは全身が白く、巨大な機皇帝を見つけました。

機皇神マシニクル∞「…」ゴウンゴウンゴウン

アポリア「これはめずらしい機皇帝だ、いや…この神々しさは神といってもいい」

アポリア「間違いなく金になる…早速取るか…はあ!」

アポリアは機皇帝と戦い、勝利したらなんと機皇帝の胸の部分が開きました

アポリア「これは!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1432107732

【イリアステル滅四星でかぐや姫】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : ◆6lM76zkyEU :2014/01/22(水) 20:53:52 ioEahYKg
・『遊戯王ZEXALⅡ』のSSです。

・時間軸は璃緒が初デュエルした本編の79話から数日後辺りと考えています。

・遊馬×小鳥のカップリング要素が少しだけあります。苦手な人は注意して下さい。

・後半にちょっとしたデュエルがあります。


【小鳥「私にもデュエル、始められるかな?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆5m18GD4M5g 2015/05/18(月) 11:18:19.01 ID:QmkfLykI0
アポリア「誰と戦うのだ、シグナーか?」

Z-ONE「いいえ、そちらの戦うほうの戦闘ではなく湯につかるほうの銭湯です」

アポリア「湯につかる…?風呂のようなものか?」

Z-ONE「ええ、日ごろの疲れがたまっている時には銭湯に行くのが一番です」

Z-ONE「湯につかることで体の疲れを落とす、銭湯の常識です」

アポリア「しかしZ-ONE、私は機械だ」

アポリア「疲れを感じることもなければ湯に浸かる必要もない」

Z-ONE「もちろん、わかっています」

Z-ONE「しかしあなたのその人間だった心は変わっていない、違いますか?」

アポリア「何が言いたい?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1431915488

【Z-ONE「アポリア、銭湯に行きませんか?」アポリア「戦闘だと!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆pabVKfCDzNVk 2015/05/17(日) 20:29:17.51 ID:po6qau0g0
『新発売!ドラゴっち!!お家でドラゴンを育てよう!個性的なドラゴンが君を待ってるよ!』

『青眼の白龍!』

ミザエル(最近こういうものが流行っているらしいな……)パクパク

『真紅眼の黒竜!』

ミザエル(私にはタキオンフレンドがあるから関係ないが………)ゴクゴク

『銀河眼の時空竜!』

ミザエル「!!?!?!?」ブー!!

凌牙「おいミザエル!いきなり味噌汁吹き出すんじゃねぇ!!」

ベクター「ミザちゅわ?ん、ちょっとイケてないんじゃな?い?」

『ドラゴっち、発売中!!』

ドルべ「はぁ………、ウィングスもソードも良いが、やはりブックスは一番だ………。ブックスでご飯が3杯は食える………」

璃緒「ドルべ、食事中にゲームはやめなさい」






SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1431862147

  【ミザエル「ドラゴっち?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆OYngVbWKK2 2015/05/17(日) 19:02:15.34 ID:CM1lI3Ei0
遊矢「どういう意味?」

遊馬「俺がスタンダード次元に行って遊矢は俺の次元に行くんだ」

遊矢「つまり立場を交代するって事?」

遊馬「一週間だけでいいからさ頼むよ!」

遊矢「何でまた突然」

遊馬「俺もランサーズに入って色々したいんだよ!」

遊矢「別にいいけどランサーズは」

遊馬「やったぜ!行こうぜ小鳥!」

小鳥「うん!」

遊矢「小鳥も行くって事は俺が遊馬で」

柚子「私が小鳥ちゃん?」

遊馬「そして俺が遊矢で」

小鳥「私が柚子さんね!」

遊矢「何かややこしいけど大丈夫と思う?」

柚子「さ、さあ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1431856925

【遊矢『俺が遊馬で遊馬が俺?』 遊馬『ああ!!』】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆OYngVbWKK2 2015/05/16(土) 17:49:51.88 ID:sO9gpxJY0
ジャック「俺達の偽物だと?」

クロウ「どういう事だ?」

ブルーノ「わからないけど偽物が街で暴れていて」

ジャック「遊星」

遊星「俺達の偽物か・・・」

クロウ「行くしかねえよな!」

遊星「ああ」

ジャック「急ぐぞ!」

クロウ「グズグズしちゃいられねえ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1431766181

【ブルーノ『遊星!僕達の偽物が現れたよ!』 遊星『何!?』】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/16(土) 08:56:51.66 ID:EqAyQywmO
俺「いつまでも負け犬でいられるか!俺は絶対にトップスになってやる!」

俺「だから絶対の力を持つと言われる安価のカードを手にいれたんだ」

俺「>>3、まず俺は何をすればいい?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1431734211

【【遊戯王】俺「安価でコモンズからトップスに成り上がってやるぜ!」【安価】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆OYngVbWKK2 2015/05/13(水) 21:03:29.31 ID:2hpfxEc00
クロウ「どうしたんだ突然」

柚子「アユちゃん達に聞かれて、何て答えればいいかなって」

ジャック「そんな事は決まっている。あるわけがない」

遊星「それはどうかな」

ジャック「何だと!?あるとでも言うのか!」

遊星「無いだろうな。だが子供の夢を壊すわけにはいかん」

遊矢「じゃあ」

遊星「無ければ創ればいい。自分達の力で雲の上に天国をな」

遊矢「さすが遊星さん!」

遊星「しばらく時間がかかると思うから後日連絡する。楽しみにしていてくれ」

柚子「うん!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1431518599

【遊矢「遊星さん!雲の上には天国があるの!?」 遊星「何!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/15(金) 21:50:18.28 ID:Qc+3aPv50
遊矢「……」

セレナ「……榊遊矢、どうしたんだ、ボケッとして?」

遊矢「柚子!?」

セレナ「い、いや、私は柚子ではないが……」

遊矢「……なんだ、セレナか……ゴメン、なんでもない」

セレナ「……」

遊矢「……はあ、柚子……」

セレナ「……」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1431694208

【セレナ「わ、私は柚子……よ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: ◆pabVKfCDzNVk 2015/05/14(木) 22:11:54.22 ID:0p4N9eKj0


バラバラ……


八幡(うわ、やっちまった………)

雪乃「比企谷くん、そのカードは何かしら?」

八幡「遊戯王カードだよ。この後カードショップに行こうと思って持って来てたんだよ」

雪乃「あなた、ここは学校よ。そういうものは持ってこないのが常識じゃないかしら?」

八幡「悪かったよ……」

【雪乃「遊戯王って?」八幡「ああ!」【遊戯王SS】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆5m18GD4M5g 2015/05/12(火) 18:08:58.43 ID:zLeRzLEn0
765プロ

アポリア「ハム蔵!どこ行ったんだハム蔵!?」

P「おはよう…ってあれ?響?どうしたんだ?」

アポリア「プロデューサー…、ハム蔵がまたどっかいっちゃって…」

P「まさかまた黙ってご飯を食べたとかじゃないだろうな?」

アポリア「ううっ…正解…」

P「はぁ…ダメじゃないか、勝手にご飯を食べたら」

P「誰だって楽しみにしていたものを奪われたら嫌だろ」

アポリア「でもあまりにもおいしそうだったから…」

P「でももへちまもない、後でちゃんとハム蔵に謝れよ」

アポリア「うん…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1431421728

【アポリア「はいさい!自分、我那覇響だぞ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆OYngVbWKK2 2015/05/10(日) 23:28:04.17 ID:tnGLrW400
璃緒「野良モンスターみたいね」

ギゴバイト「ギゴ!」

シャーク「何でこんなところに居るんだ」

ギゴバイト「・・・」グー

璃緒「お腹が空いてるみたいよ」

シャーク「やめろよ。餌付けすんのは、行くぞ」

ギゴバイト「ギゴ!ギゴ!」

シャーク「ったく・・・ほらよ。これでも食ってろ」

ギゴバイト「ギゴ!」

璃緒「凌牙があげてるじゃないの」

シャーク「べ、別にいいだろ。行こうぜ」

璃緒「あ、待ちなさいよ!」

ギゴバイト「・・・」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1431268074

【シャーク『何だこいつは?』 ギゴバイト『ギゴギゴ!ギゴギゴ!』】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆5m18GD4M5g 2015/05/10(日) 14:54:51.09 ID:hluxwxjZ0
黒咲「やはり瑠璃か!会いたかったぞ瑠璃!」

マリルリ「ルリ…ルリ!?」

黒咲「ああ瑠璃…こんな変わり果てた姿になるとは…」

黒咲「おのれ赤馬零王…瑠璃に何をした!?」

マリルリ「ルリ!」

ユート「やめろ隼!こいつは瑠璃ではない!」

黒咲「何を言っているユート!見ろ!」

マリルリ「ルリ!ルリ!」

黒咲「瑠璃が自分の名前を呼んだ…間違いない、紛れもなく瑠璃だ!!」

ユート「違う…絶対に違う!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1431237281

【黒咲隼「瑠璃!?瑠璃なのか!?」マリルリ「ルリ!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆h8PchLJM6BH7 2015/06/13(土) 06:49:08.62 ID:djG4VPLS0
武内P「確か、池袋さんが共同開発を行っていた・・・」

モバP「ああ、ソリッド・ビジョン・システムを搭載してデュエルリングがなくても臨場感あるデュエルができるようにした新型カードバトルマシン、その最新モデルだ」

モバP「連絡したとおり今何人かにテストデュエルをしてもらっている。帰国してすぐで悪いがお前にも見ておいてもらいたくてな」

武内P「デュエルディスクの宣伝もかねて、アイドル達によるデュエルをドラマ化するのでしたね。実際にデュエルを行ってから脚本を書くとか・・・」

モバP「監督の意向でなー」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1434145738

【武内P「デュエルディスクが?」モバP「ああ、完成した」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆JRacjAUs2A 2015/05/08(金) 01:14:21.96 ID:AGIlGIC0o

遥「こんにちは、コナミさん。何をなさってるんですか?」

コナミ「――」

遥「適当にブラブラしてるだけ? 相変わらずですね、あなたは」

遥「……もし暇なのでしたら、少し私に付き合って貰えませんか?」

コナミ「――――?」

遥「いえ、別に規則がどうとか誰かとデュエルするとかではなくてですね」

遥「少し、あなたとお話がしたいな、と。……ダメですか?」

コナミ「――、――」

遥「……ありがとうございます! それじゃ、早速行きましょう!」


【【遊戯王TF】遥「コナミさん?」コナミ「……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/07(木) 23:29:49.84 ID:gIVNaWdo0
「遊星君、五歳にもなってこんな問題もできないのですか。お仕置きが足りないようですね」

「あなたは将来、大蔵家に仕える身なのですよ。この程度のことで腕が上がらないなどと甘えてはいけません。旦那さまに報告いたしますよ」

「さあ、早くお立ちなさい。あなたの怪我の痛みなど、大蔵家の偉業にはなんら関わりのないことです」

うんと小さいころ、ぼくはよく泣いていた。

泣けば泣くほど叱責と体罰が増すのだから、ほんとは泣きたくなんかなかった。

ある夜、いつもの屋根裏部屋、ぼくは母の胸でアイルランドの子守唄を聞いていた。

「お母さま。どうすれば恐いのや痛いのをがまんできますか」

尋ねると唄が止まった。

ぼくを抱く腕に、苦しいぐらいの圧力が加わったのを覚えている。

しばらく間があってから、やがて彼女は取りつくろうような笑顔をこしらえて、「ごめんね」と切り出して言った。

あの人たちはあなたを虐めているわけじゃない。

あの人たちはあなたを、厳しさに負けない強い大人にしてあげたいと思っている。

あなたが誰かの為に尽くせるような、立派な男の子になってほしいと思っている。

「だから恐がらないで大丈夫よ」と母は優しく言い聞かせた。

それは、ほんとかなあ。

それは、ほんとにぼくのためなのかなあ。

だけど幼い息子を説きふせる母の辛そうな笑顔が、幼心を抱えた小さな胸にじくりと刺さった。

「辛い思いさせてごめんね。お母さんの子に産まれちゃってごめんね」

「…………」

ぼくは何も言えなかった。

あまりにも優しげな、陰を帯びた母の笑顔がそれ以上の弱音を飲み込ませた。

しかし話は終わりだと思っていたぼくに、母はぽそりと呟きを漏らす。

「……もし、心から尽くしたいと思えるような相手にめぐり会えたなら……」

「お母さま?」

「…………い、いえ、なんでもないの。遊星……ごめんね」

その時母がくれた言葉の意味を、ぼくはまだ知らなかった。

ーーーーあの人に会うまでは。



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1431008979

【遊星「お慕いしております、衣遠兄様っ!」】の続きを読む

このページのトップヘ