えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

遠坂凛

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/18(月) 13:22:37.31 ID:VzcVaS840

ギル「さぁリンよ、今日は何をして我と戯れるのだ?」

凛「私、お姫様ごっこしたい!」

ギル「良かろう、許す……では我が宝物庫から、至高の衣服を持ってこよう」ゴソゴソ

桜「あ、あの……私、派手な服は……」

ギル「サクラ、お前はこのドレスを着ろ……これは王である我の決定だ」

桜「…あ、ありがとう……可愛い///」ポッ



葵「仲良いわね」

時臣「ぐぬぬ……」

引用元: 凛「私今日もギルガメッシュお兄様と遊ぶの!」 葵「あら」 


 

【凛「私今日もギルガメッシュお兄様と遊ぶの!」 葵「あら」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/28(土) 18:19:17 ID:YYIhhEo2
※Fate zeroのIFSSです。


1991年某日 冬木市・雨の降る墓所

璃正「――How my heart yearns within me」

璃正「Amen」

――――
―――
――


葵「お忙しい中、ありがとうございました」

引用元: 凛「これが・・・・・・令、呪?」 


 

  【凛「これが・・・・・・令、呪?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/26(土) 22:24:51 ID:xyd3ozpg
凛「時間は完璧だったし、報告ではセイバーかアーチャーのはずよ」

男「そう仰っられても困りますね。」

男「大体、先ほど召喚は荒すぎではないでしょうか。天井から落とされるとは思いませんでしたよ。」

男「あーあー。私の口ひげが台無しですよ。腰も痛いです。」

凛「うるさいわね。ちょっと失敗しただけじゃない」

凛「それに英霊なら少し高いところから落ちても大丈夫でしょ?」

男「私は耐久には自信ないんですよ。ちゃんとステータス確認しましたか。」

凛「あ」

男「私を使役するのですから、せめて私の状態くらい把握していただかないと。」

凛「わかったわよ、もう。口うるさいわね」

引用元: 凛「キャスター?ハズレじゃない!」ちょびひげ「あ、そう。」 

 

  【凛「キャスター?ハズレじゃない!」ちょびひげ「あ、そう。」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: アニメUBW前半完結記念 ◆ORRvzkdV2z9a 2014/12/28(日) 02:08:18.41 ID:wA99+R3o0
凛「あなたが私のサーヴァント?」

人修羅「…………」

凛「そう、あら貴方剣を持ってないのね」

人修羅「…」

凛「ってことはアーチャーか。ドジったな、アレだけ宝石を使ってセイバーじゃないなんて」

人修羅「……」

凛「ああ、それは私のミスだから、貴方が気に病むことじゃないわ、アーチャー」

凛「それより戦いの作戦をたてましょ。まず、貴方どこの英霊なの?」

人修羅「…」

凛「英雄じゃなくて悪魔?でも人修羅なんて悪魔聞いた事ないわよ」

凛「まずは貴方の事を調べないといけないわね」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1419700088 




【結城理「セイバーとして召喚された」人修羅「アーチャーとして召喚された」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/08/20(水) 22:56:13 ID:GiDALAfs
冬木特設スタジオ

司会「遠坂凛を、もっと知りたいー!」

司会「クイズ、遠坂凛300のことー!」

桜「次は姉さんですか……」

士郎「今度は遠坂かぁ。でも俺、あいつのことそこまで知らないんだよな」

セイバー「リンのことですか。私もあまり詳しくはありませんね」

アーチャー「・・・何だこの茶番は。なぜ私がこんなところに来なければならないのだ」

司会「これから、皆さんには遠坂凛に関する300の質問に答えてもらいます」

司会「そして正解数を競ってもらい、正解が最も多い方が優勝となります」

アーチャー「そして、このアナウンス。貴様、言峰なのだろう?」

桜「あっ、神父さんに話しかけても駄目ですよ。あの人、基本的に何も答えないんです」

アーチャー「それは・・・先が思いやられるな」 


 

  【司会「クイズ、遠坂凛300のことー!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/01(火) 13:10:24.96 ID:FIll9ROFO
時臣「大体君は一体誰なんだ?」

士郎「衛宮士郎って言います」

時臣「衛宮?」ピクッ

時臣「もしかして、衛宮切継のご親戚かな?」

士郎「はい、じいさん……衛宮切継は俺の父親です」

時臣「ふむ……。それでは君も魔術を使えるのかね?」

士郎「はい。強化と投影だけ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1380600624

引用元: 士郎「遠坂を俺にください!」時臣「断る」 


 

  【士郎「遠坂を俺にください!」時臣「断る」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/18(水) 21:18:35.78 ID:dkrSR/LB0
衛宮邸

士郎「ふんふーん」ガチャ

士郎「……!?」

士郎(おいおい……。誰だよ……)

士郎「……掃除しなきゃ」

士郎「……」ゴシゴシ

士郎(ここのトイレを使うのは、ライダーかセイバーだよな……)

士郎「……誤爆しておいてそのままにするなんて、考えにくいけど」

引用元: 士郎「誰だよ!!和式便所で誤爆したのは!?」凛「」ビクッ 





【士郎「誰だよ!!和式便所で誤爆したのは!?」凛「」ビクッ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/05(金) 11:06:31.72 ID:resVrGdI0
凛「・・・・・・・・・。」

ハッピー「質問でぇす!あなたがわたしのマスターですか?」

凛「・・・・・・・・・あんた、サーヴァント?」

ハッピー「そうでーす!」

凛「クラスは?」

ハッピー「アーチャーです!」

凛「いつの時代、どこの英霊?」

ハッピー「2012年の、伝説の戦士プリキュアでーす!」

凛「・・・・・・・・・。」

ハッピー「?」

凛「・・・・・・・・・。」スッ つ高そうな壺

凛「・・・・・・どういうことじゃあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!」ガッシャアン

ハッピー「ああ!?なんだかとっても高そうな壺が木っ端微塵に!」

引用元: キュアハッピー「聖杯戦争でウルトラハッピー!」凛「」 



【キュアハッピー「聖杯戦争でウルトラハッピー!」凛「」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/02(月) 20:37:53.46 ID:aZxC+hDK0
凛「えっじゃなくて、貴女って正直言ってけっこう弱くないかしら?」

セイバー「な、何を言うのですかリン!最優であるセイバーのクラスで召還された私が弱いなどと…」

士郎「いや、遠坂の言うことにも一理あるぞ、セイバー」

引用元: 凛「セイバーって正直弱くないかしら」セイバー「えっ」 



【凛「セイバーって正直弱くないかしら」セイバー「えっ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 凛「何なのよアンタ!」ダンテ「ぶっ飛んだお嬢ちゃんだ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 22:16:02.93 ID:B4iOp/zE0
昨日の続き的な

イリヤ「バーサーカーをあの一撃で三度も殺すなんて…」

ダンテ「お嬢ちゃんのバーサーカーも中々にいい筋してるな」

イリヤ「今日のところは引き上げるわ、邪魔も入りそうだし」

ダンテ「そうか、そいつは残念だ」

イリヤ「ええ、残念だわ。貴方を殺せなくて」

ダンテ「お嬢ちゃんみたいなのがそんな物騒なこと言うもんじゃないぜ?」

イリヤ「では今度会ったときは貴方をただの肉片にするとしましょう」

ダンテ「そいつはいやだな、パフェが食えなくなっちまう」

イリヤ「ではごきげんよう、皆様。今日はは楽しかったわ」

イリヤはスカートを広げお辞儀をした。その顔は少女らしい笑みを浮かべ、
とても先ほどまで殺し合いをしていたとは思えなかった。

ダンテ「さて、あっちはどうなったかな」

引用元: ダンテ「今帰ったぜ」凛「あんた今まで何処に行ってたのよ!」 



【ダンテ「今帰ったぜ」凛「あんた今まで何処に行ってたのよ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/21(水) 03:03:52.51 ID:zPl65SrO0
凛「……はぁ、こうなったらしょうがないわね。……で?あんたの真名は何よ?」

ダンテ「おいおい、人に名前を尋ねる時はまず自分からってママから教わらなかったのか?」

凛「なっ……!?私はあんたのマスターなのよ!?」

ダンテ「だからどうしたって言うんだ、お嬢ちゃん?俺の方は別に頼んだ覚えはないが?」

凛「あ、あんたねッ!いい加減にしなさいよ!こっちには令呪だってあるんだから!」

ダンテ「……やれやれ、また妙な事になったみたいだな。……まぁいい、俺の名はダンテだ」

凛「『ダンテ』って、あの神曲の……?」

ダンテ「いや、そっちとは違う。あんな下らんファンタジーとは一切関係ない」

凛「じゃあ、誰よ?その他に歴史上有名な『ダンテ』なんて奴いたかしら……?」

引用元: 凛「何なのよアンタ!」ダンテ「ぶっ飛んだお嬢ちゃんだ」 



【凛「何なのよアンタ!」ダンテ「ぶっ飛んだお嬢ちゃんだ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/18(火) 18:45:17.19 ID:TSCn7D/n0
千鶴「ごめんね?」

栄子「悪いな」

たける「イカ姉ちゃん……」

イカ娘「な、なんでこんな段ボールに……」

千鶴「海の家が経営不振でね……」

栄子「もうお前を養ってやれないんだ」

イカ娘「ちょ……」

千鶴「いい人に拾ってもらってね?」

イカ娘「待ってくれなイカ!!」

栄子「じゃあな、楽しかったぜ?」

イカ娘「嫌でゲソ!!!捨てないでくれなイカ!!!」

引用元: イカ娘「捨てられたでゲソ」凛「なんかいるわね」 



【イカ娘「捨てられたでゲソ」凛「なんかいるわね」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 21:41:24.21 ID:yrDUVi6O0
士郎「そんなことより、セイバー」

セイバー「はい」

士郎「はい。大判焼きを買ってきたんだ」

セイバー「どうも」

士郎「美味しいか?」

セイバー「はい」モグモグ

凛「セイバー、たい焼き買ってきたの。いる?」

セイバー「頂きます」

桜「セイバーさん、焼き芋買って来たんです、食べます?」

セイバー「はい。喜んで」

引用元: セイバー「シロウ、リンとサクラの様子が変です」士郎「興味ないな」 



【セイバー「シロウ、リンとサクラの様子が変です」士郎「興味ないな」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆X4BsWwLd5Zff 2015/12/05(土) 11:43:28.36 ID:V76IwtXgO
~~~弓道場~~~

士郎「ふぅ、このくらいでいいか」キュッキュッ

士郎「さて、すっかり遅くなったし早く……ん?」

カキィン……キィン……

士郎「……何の音だ?」



ランサー「はっ、弓兵風情がやるじゃねぇか!」

アーチャー「そちらこそ、野良犬にしてはなかなか……!」

ガキィン!

凛「…………」

士郎「……あれは、遠坂?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1449283408

引用元: 士郎「ん……あれは、遠坂?」 


 

  【士郎「ん……あれは、遠坂?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 10:51:22.35 ID:xpv4iduk0
学校 教室

凛「……」

凛(携帯電話、買ったはいいけど……使い道がないのよね……)

三枝「蒔ちゃん、昨日のメールどういう意味なの?」

蒔寺「え?面白くなかった?」

三枝「いや、だって……『( ゚Д゚)y─┛ゆきっちぃ、フォォ』だもん。意味、分からないよ?」

蒔寺「駄目だな。分かったないなぁ、ゆきっちはよぉ」

三枝「ご、ごめんね?」

氷室「お前のメールほど金の無駄遣いはないな」

蒔寺「へっへーん。しらないのかぁ?メールはただなんだぜ?」

氷室「……まぁいい」

凛(メールか……できれば楽しいのかしら……?)

引用元: 凛「携帯電話なんて通話できればいいでしょ?」セイバー「ですね」 


 

【凛「携帯電話なんて通話できればいいでしょ?」セイバー「ですね」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/30(木) 17:41:50.98 ID:hC1p7XrA0
>>3「やぁ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1588236110

引用元: 遠坂凛「>>3を召喚したわ」  



【遠坂凛「>>3を召喚したわ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/03(火) 15:08:59.64 ID:3lld63CP0
凛「嘘!?」

セイバー「出てます」

凛「まぁ、別に聞かれて困るものでもないけど」

セイバー「全く」

凛「セイバーも士郎とイチャイチャしたいでしょ?」

セイバー「いえ。全く」

凛「ほんとぉ?」

セイバー「はい」

凛「じゃ、私はしてこよーっと。最近、欲求不満だったしー」

セイバー「リン!!はしたないですよ!!そういうことは黙ってしなさい!!」

引用元: 凛「士郎とイチャイチャしたいなー」セイバー「声に出てますよ」 


 

Fate song material (完全生産限定盤)
Fateシリーズ
アニプレックス (2019-12-18)
売り上げランキング: 158
【凛「士郎とイチャイチャしたいなー」セイバー「声に出てますよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 11:00:59.50 ID:/q8SdcP80
学校

蒔寺「でさぁ、昨日ユーチューブでみた動画がすごくってさぁ」

氷室「ふむ。蒔の字の評価は当てにならんが」

三枝「どんなの?」

蒔寺「それがさ、普通の高校生が登校中にいきなり女の人を、あ、この女は美人で外人な」

氷室「どうでもいい」

蒔寺「なんと!!―――殺しちゃうんだ」

三枝「それがすごいの?」

蒔寺「ゆきっち、見てないからそういえるんだ」

凛「……」

凛(何の話してるんだろう)

美綴「遠坂?どうかしたか?」

凛「いえ、別に」

引用元: 凛「パソコンって何が出来るの?ただの箱でしょ?」セイバー「同意」 

 

メドリズム -Fate短編作品集- (マジキューコミックス)

KADOKAWA/エンターブレイン (2016-01-25)
売り上げランキング: 758
【凛「パソコンって何が出来るの?ただの箱でしょ?」セイバー「同意」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: erc312 2019/04/28(日) 12:14:51.46 ID:1oQnS3jFo
・Fateのメンバーに大喜利をやってもらうSSの2スレ目です。前作を楽しんでくれた方がいたので続編書きました。

・登場するサーヴァントは基本的に五次鯖です。

・全編Fateネタバレ&キャラ、世界観、設定崩壊していますが、「あくまで洒落」なので、広い心でお願いします。

前スレ

【Fate】士郎「聖杯大喜利戦争?」【大喜利】

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1556421291

引用元: 【Fate】アーチャー「聖杯大喜利戦争」 凛 「座布団二枚目よ」【大喜利】 



【【Fate】アーチャー「聖杯大喜利戦争」 凛 「座布団二枚目よ」【大喜利】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/10(日) 18:51:38 ID:9C8C0opQ
凛「セイバー……ではなさそうね、貴方のクラスは?」

ハンター「……」ガシャン

凛「弓……アーチャーね」

ハンター「……」フルフル

凛「どういうこと?弓使いなら役職はアーチャーの筈……少しステータス見せてもらうわね……って、何よこれ!?」

クラス:ハンター

筋力:A
魔力:E
耐久:A++
幸運:A
敏捷:D
宝具:E~A++

クラススキル:
マイセット装備
すぐさま別の装備に変化可能

固有スキル
装備によって変化 



Fate/Grand Order カルデアエース VOL.2

KADOKAWA (2018-12-25)
売り上げランキング: 65
【凛「変なの召喚した」ハンター「……」】の続きを読む

このページのトップヘ