えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

高木さん

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/29(土) 19:02:32.80 ID:eKcrdM5M0

5つのナゾ

君は事件の真実に気づけるか!?


……なんちゃって推理ものです。

ゆる~く読んでいただけると幸いです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1501322552

引用元: からかい上手の高木刑事 【コナンSS?】 


【からかい上手の高木刑事 【コナンSS?】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/07/23(金) 21:35:40.38 ID:sp1eyNH5O
「西片、待った?」

振り返るとそこには高木さんが佇んでいて。
空から照りつける太陽の光を高木さんが着ている白いワンピースが反射して、眩しくて思わず目を細めてしまう。

「ううん……今来たとこ」

すんなりと受け答え出来るようになるためにはそれなりに場数を踏まなくてはならなくて、つまり夏休みが始まってから高木さんと毎日会っているのだけど、それでも見惚れてしまう自分が恥ずかしくて変な汗をかいた。

「今日も暑いねぇ」
「そうだね」

きっと、高木さんよりもずっと俺は熱があるに違いない。だって、頬が焼けそうだから。赤くなっているであろう顔面を見られないように先に歩き始める。早歩きにならないように気をつけながら、時折後ろを確認しつつ。

「西片、日に焼けたね」
「そうかな」

皮が剥けるほどではないけれど、毎日待ち合わせで先に来ていたから、それなりに日焼けしているかもしれない。すると、いきなり。

「日焼け、痛い?」
「……痛くないよ」

しっとりして柔らかい高木さんの手が腕を掴んできてそのまま離さずに隣を歩いている。
手を繋いだり腕を組んでいるわけでもないのに、触れられているだけで、ドキドキした。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1627043740

【高木さん「もしもわたしが転校したらどうする?」西片「えっ……?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/09(土) 21:45:26.76 ID:LjRTeZP60
~とある書店~

西方「フフフ…ハーハハハハハ!!!!!」

西方「遂に来てしまったぞ、風のタイツの作者のサイン会に!」

西方「きんたましましの頃からファンだったんだよな~」

西方「しかし結構 ネタも多いからな…こんな所知り合いに見られたら…」










高木さん「あれ?西方何してるの?」

西方「!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1589028326

引用元: 西方「かくしごと上手の高木さん」 



【西方「かくしごと上手の高木さん」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/22(日) 12:52:56.42 ID:HcWI6Pg00
《教室》

西片「……」

高尾「よお、西片」

西片「お、おはよー」

木村「腹減ったよなー、誰か食うもん持ってないか?」

西片「相変わらずだなぁ、悪いけど何もないよ」

木村「ちぇっ」

高尾「まだ授業も始まってないだろ…いつものことか」

高尾「そうだ。西片、前に言ってたあのゲームな…」

西片「…へー。知らなかったな…」

高尾「だろ?それでな…」

西片「…へー…」

西片(遅いな…)

木村「西片、やけにソワソワしてんな」

西片「へっ?」

高尾「確かに、ゲームの話なのに上の空だしな」

西片「いや、そんなことは…」

高尾「…あ、そういうことか」

高尾「西片、お前の彼女、今日学校来ないってよ」

西片「だから彼女じゃないって!…え?そうなの?」

高尾「ああ、多分な」

過去作↓

「引っ越し」

「テレビ」 

引用元: 【からかい上手の高木さん】「お見舞い」 



からかい上手の(元)高木さん 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
稲葉 光史
小学館 (2017-12-12)
売り上げランキング: 1,607
【【からかい上手の高木さん】「お見舞い」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/20(金) 23:39:57.55 ID:Ynz7o0ip0
高木「えっ?」

西片「いつもそうやって僕をからかってくるけどさ…最近成績落ちてきたし、授業に集中したいんだよ…前向いててよ…」

高木「ふーん、わかった」

西片「……」

高木「……」

教師「ここはxに3を代入して…」

西片「……」カリカリ…

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1524235197

引用元: 西片「高木さん…マジでやめてよそういうの…迷惑なんだよ…」 



【西片「高木さん…マジでやめてよそういうの…迷惑なんだよ…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/25(日) 20:11:02.68 ID:aJWwGX+J0
高木「あははは!」

西片「うぅー……」

西片(クソー! 今日も散々からかわれたな……)

高木「じゃ、帰ろっか西片」

西片「あ、今日はごめん」

西片「ちょっと用事があって」

高木「……そっか」

高木「また明日ね、西片」

西片「うん、さよなら高木さん」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1519557062

引用元: 高木さん「じゃあ今日も一緒に……」西片「あ、今日はごめん」 


【高木さん「じゃあ今日も一緒に……」西片「あ、今日はごめん」】の続きを読む

このページのトップヘ