えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

高森藍子

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆h8PchLJM6BH7 2017/05/16(火) 05:58:25.07 ID:akyqfqVD0


相葉夕美「藍子ちゃん、大丈夫?」

藍子「だいじょうぶです・・・!」グシグシ


藍子(大丈夫じゃないです・・・ね、ねむい・・・!)ウツラウツラ

藍子(考えてみれば当然のことだったんです・・・人生の3分の1を占める睡眠・・・)カクッ カクッ

藍子(それを少しのお昼寝で乗り越えようなどと・・・)フワー


モバP(以下P表記)(限界は近そうだ・・・)



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1494881904

引用元: 高森藍子「サ、サンタさんが来るまで起きてます・・・!」 


【高森藍子「サ、サンタさんが来るまで起きてます・・・!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆nfH.phpiwWNJ 2017/05/06(土) 00:36:25.23 ID:w3DY5Dt50
肇「ここがものづくりカフェ……」

加奈「すっごく可愛いお店だね!」

藍子「この前、未央ちゃんとも来たんです。二人もこういう所好きかなって思って」

肇「そうですね、ゆっくりと良い時間を過ごせそう……」

加奈「見て見て!ミシンまであるよ!すごいなぁ……」

引用元: [【モバマス】肇「ものづくり…」加奈「カフェ?」藍子「はい♪」 


 

  【[【モバマス】肇「ものづくり…」加奈「カフェ?」藍子「はい♪」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆K5gei8GTyk 2017/04/01(土) 11:53:42.85 ID:dadhtGpa0
 社員証をかざすと電子扉が開いて、中に入って少し歩いたところにおれの事務所がある。

 誰よりも早く来るのは、別に勤勉だからというわけではなくて、単純に朝早くに目が覚めてしまうからだった。

 部屋の明かりをつけて、デスク脇に荷物を置き、コーヒーを淹れる。

 早く着いたからといって、仕事を始めるわけでもない。必要があるなら手を付けることはあっても、仕事をするために来ているわけじゃない。


 今日日、残業を取り締まる流れが大きくなっている中、早く出社することはまだきつく言われていない。

 少なくとも、おれの働く部署はそうだった。

引用元: 高森藍子「夢で逢えたら」 


 

【高森藍子「夢で逢えたら」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/27(土) 18:52:08.48 ID:2Zm1tmZ9o
ガバガバなんちゃって推理ってほどでもない日常の謎っぽいミステリーもどき、始まります。
多少個性を盛っています。今回の話の元ネタは蒼井上鷹作の『4ページミステリー 60の奇妙な事件』より抜粋しています

前スレ
安斎都「Iにまつわるミステリー」荒木比奈「彼女が眼鏡を忘れた理由」 




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1435398718

【安斎都「Iにまつわるミステリー」高森藍子「遺産相続人高森藍子」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/31(金) 23:04:34.02 ID:GXJGIoln0
安部菜々「藍子ちゃんに動物キャラの座を奪われるううううううううううううう!!!!!」

高森藍子「ひゃああああああああああああ!?」

北条加蓮「……動物キャラの座?」


※ほぼ単発

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1490969073

引用元: 高森藍子「ハムスター」安部菜々「んなっ!?」 


 

【高森藍子「ハムスター」安部菜々「んなっ!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

1回戦終了後 スボミーイン

リーグスタッフ「それではごゆっくりお休みください」

ガチャン

凛「……ふう」

凛(まずは無事に1回戦突破。藍子も苦戦していたけど、ちゃんと勝ち上がってこれたみたいだね)

凛(2回戦に進出したのは、私と藍子、聖來さん、そして奏)

凛(組み合わせはまだ発表されてないけど、もしかしたらここで藍子と戦うことになるかもしれない)

凛(トリックルーム……どうやって攻略しようか)

凛「………………」

凛「なんだか、落ち着かないな……」

【【モバマス×ポケモン】凛・藍子「ガールズ・イン・ザ・フロンティア!!」 完結】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

≪あらすじ≫
新たな冒険を求めてガラル地方へ降り立った凛は、ひょんなことから新人トレーナー、藍子と出会う
そして彼女のコーチになり、共にガラルのジムチャレンジに挑戦することになった
旅の最中、ついに全てのバッジを手にした藍子。しかし時期を同じくして革命家集団『クローネ』の脅威がガラル中を覆う
剣と盾の英雄、チャンピオン楓、ムゲンダイナを従えたつかさ、そしてアイマスにいたはずの親友…全員で結託し、ガラルの未来を賭けた壮絶な戦いは、凛たちの勝利で幕を下ろした
その後、再開されたジムチャレンジに挑もうとする凛に、藍子は突然の別れを告げる
長く旅を続けてきた二人は、トーナメントでの再会を誓い、袂を分かつのだった

【【モバマス×ポケモン】凛・藍子「ガールズ・イン・ザ・フロンティア!!」 前編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/20(水) 23:06:26.23 ID:Lhg5R9Fd0
藍子「ぷろでゅーさーさん、だっこー」




P「ちひろさんどうしてくれるんですか!!」




ちひろ「私だって朝事務所に来たら藍子ちゃんが縮んでいたんですから!」




P「で、どうして藍子はこんな姿になったんですか?」



ちひろ「それがでしてね…昨日川島さんに頼まれてた若返る薬を作っていいて、事務所に置いたまま帰って朝来たらもう…」



P「なんでそんな危ないものを事務所に置いたままにするんですか、それで元に戻す薬はあるんですか?」




ちひろ「それが明日にならないと完成ができなくて、なので1日藍子ちゃんのお世話よろしくお願いします!」




P「わかりました、藍子の面倒は俺が見ますから薬のほうよろしくお願いいますね」



ちひろ「それでは奥のほうで作ってくるので何かあったら呼んでください」

【P「藍子が小さくなった」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/11(木) 00:08:27.06 ID:PZgFxguk0
キャラ崩壊注意
アイドルごとに担当Pが居る設定



P「藍子誕生日おめでと~」

藍子「ありがとうございますっ」

P「はい、これ俺からのプレゼント『なんでも言うこと聞く券』ね」スッ

藍子「『なんでも言うこと聞く券』ですか!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1636556906

【【モバマス】藍子「Pさんがなんでも言うこと聞く券ですか!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆8dLnQgHb2qlg 2015/04/28(火) 18:26:24.60 ID:egOwf1EG0

 朝起きると、妻の顔が目の前にあった。
 結婚して数ヶ月。触れるか触れないかの距離で寝ていることはけっこうあったりする。
 もう驚くことはないけれど、不意にこの距離で顔を見ると少しドキッとしてしまう。

「ん~……すぅ……」

 出会った頃からずいぶん大人っぽくなったが、優しく柔らかい雰囲気は今も変わらない。
 性格はずっと変わらないまま。むしろ一緒に居ると以前より色々な表情を見る。
 まあつまり、なにが言いたいかというと……うちの妻は、世界一かわいい。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1430213174

【モバP「藍子と新婚生活」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆Yomix.PB/Ozm 2021/10/03(日) 15:28:37.59 ID:kEiwbxiB0
藍子「なんでしょう、これ?」

自主練を終えて飲み物を取り出そうと冷蔵庫を開けると、見慣れないビンがありました。

興味本位で手に取って見ると

ラベル「志希ちゃん特性、ちょっとだけ胸が大きくなる薬だよー」

『ちょっと』って何センチなんでしょう。2センチ? 1センチ? それとも0.5センチでしょうか。

でも、0.5センチだとしてもちりも積もれば山となりますよね。

……………………

…………

……

【【モバマス】藍子「ちょっとだけ胸が大きくなる薬?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆U.8lOt6xMsuG 2017/03/11(土) 22:45:05.85 ID:VsyPdged0

『写真を撮られるのが、苦手で…』

今でも私は、プロデューサーさんのこの言葉が忘れられません。


引用元: 高森藍子「宝石になった日」 


 

  【高森藍子「宝石になった日」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 17:25:00.96 ID:sjLhNpyOO
P「みんな……ここまでよく頑張ってくれたな」

未央「ちょっとちょっと、プロデューサー! まるでこれで終わりみたいな言い方やめてよ」

P「お、おぉすまん……つい、感慨深くて」

藍子「でも、本当にいろいろありましたもんね……思い出、いっぱいです」

P「藍子……」

藍子「プロデューサーさん。今度のライブがんばりましょうね! 絶対に成功させたいです!」

P「ああ、そうだな! みんなも、準備をぬかりなくいこう!」

「「おぉーっ!」」

【モバP「藍子がパッションの良心なのに物理がすごい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 21:36:08.83 ID:WRsoToxd0
・『野崎くん』×デレマスのクロスオーバー、藍子Pなみこりんのお話です
・みこりんがTwitterにて「藍子」と呼んでくれたのが嬉しかったので
・一応前作『野崎「デレステ?」』を踏まえていますがほぼ関係ありません

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1487162168

引用元: 御子柴「俺が…藍子のプロデューサー!?」 


 

  【御子柴「俺が…藍子のプロデューサー!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆Vysj.4B9aySt 21/07/25(日)23:49:41 ID:gbxw
――それは数日前

――二人の愛の巣(二人は同棲中)

 

藍子「はぁはぁ……エアコンがないとやっぱり暑いですね……ふぅ…」

藍子P(以下P)「藍子、ちょっといいか?」

藍子「あ、はい。何でしょうか?」

P「今度の藍子の誕生日、買物に行かないか?」

藍子「え?……いいですけど?」

「えっと……プレゼントが決まってないとかですか?それなら私、全然気にしませんから……」

P「いや……その……プレゼントは買ってあるんだが……」

藍子「?」





P「夏の藍子の姿が見てみたくてな……是非、プロデュースさせてくれないか?」

藍子「えっと……」

「はい!喜んでプロデュースされちゃいますね」ニコッ

P「」ズキューン



「藍子好き……」バタン

藍子「わわわわっ、プロデューサーさぁぁぁぁん!!」



【【モバマス】藍子「サンドイッチより海苔巻やいなり寿司が好きです」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/07/25(日) 15:06:41.96 ID:y1B+CBuDO
藍子「今日は天気がいいから……」







ジリジリジリ

ミーンミーン





藍子「暑過ぎます……」

藍子「こんな時に猫はいても……」



猫「くてー」



藍子「ですよね……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1627193200




【藍子「暑い……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
事務所

沙理奈「おはよ〜♪……ってあれ、今朝は二人だけ?」

藍子「みんな仕事みたいで…私たちは次の仕事は夜なので、それまで事務所でゆっくりしてるんです。」

美玲「意外と今やってるテレビも面白いぞ?世界一可愛いドラム缶を探すっていうコーナーなんだけどな…」

沙理奈「それって…面白いの…?」




【藍子「付き合っていくんですよ……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/01(日) 01:00:16.11 ID:KRFu3uzn0
自分で言うのもなんですが……今を時めくトップアイドルの一人、高森藍子……私には、好きな人がいます。


昔から支えてくれたファンのみんなには言えないけど……ずっと前から、その人の事が好きでした。


みんなのアイドルとして、特定の一人を好きになる事は間違っている……と言われれば、その通りなんですが……それでも、好きなんです。


それは……私の担当プロデューサーのHさん……。ちょっと抜けた所があって、たまに意地悪な事もあるけれど……私の、大切な人。


私を……何でもないただの普通の少女、高森藍子をアイドルとして見い出してくれた人です。



引用元: 高森藍子「マーキング」 


 

【高森藍子「マーキング」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 高森藍子「加蓮ちゃんと」北条加蓮「『あいこカフェ』で」

2: 第93話 高森藍子「加蓮ちゃんと」北条加蓮「お互いを待つカフェで」 2021/05/23(日) 14:18:40.35 ID:Od8DbOFm0
――おしゃれなカフェテラス――

北条加蓮「お待たせ……! ごめんごめん、遅れちゃった……」

高森藍子「おはようございます、加蓮ちゃん。こちらこそ、朝から急に連絡してごめんなさいっ」

加蓮「藍子が謝ることじゃないって――」

藍子「それなら加蓮ちゃんが謝ることでもありませんね。待っている時間も楽しいですから……気にしないでください♪」




【北条加蓮「藍子と」高森藍子「今日もカフェテラスで」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加


前回 北条加蓮「藍子と」高森藍子「私たちの大好きな場所で」



2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/05/16(日) 14:26:03.21 ID:eE/KPeRw0




前回のあらすじ:3日限定の『あいこカフェ』、開店だよっ。













【高森藍子「加蓮ちゃんと」北条加蓮「『あいこカフェ』で」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/10/29(火) 00:20:16.98 ID:V2ed6qdE0

藍子「この人、新しいプロデューサーさんですか?」 

ロー「…」 

ちひろ「(デカッ!)いえ、そういう話は聞いてないけど…。」 

ロー「おい、銭屋」 

ちひろ「ぜ、銭屋!?」 

ロー「とにかく答えろ。ここはどこだ」 

ちひろ「え?え?」 



  【高森藍子「死の外科医?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 高森藍子「加蓮ちゃんと」北条加蓮「表情を見せるカフェテラスで」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/05/13(木) 18:48:57.50 ID:olNGque80
――おしゃれなカフェ――


北条加蓮「えーっと、藍子は……っと。いたいた、やっぱりいつもの席。店員さんと喋ってるのかな……?」トコトコ


高森藍子「――そうなんですね。それで……あっ、加蓮ちゃん!」オーイ


加蓮「お待たせー、藍子」

藍子「……わぁ、綺麗なネイル! 今日はエメラルドの色ですね」

加蓮「そういう日だもん。エメラルドカラーは、ドリンクに合わせて」

藍子「ふふ……。今日はそういう日です」

加蓮「店員さん、メロンソーダくださいっ。藍子はもう注文したの?」

藍子「いま、するところでした。そうですね~、私は……コーヒーにしようかな、それともココアにしようかな……」

加蓮「今するところって言いながら悩んじゃうんだ。店員さん、今日はどっちがオススメ? ……コーヒーに自信があるんだ、なるほどー」

藍子「あはは……。では、コーヒーにします。いつもの味で♪」

加蓮「おねがいしまーす」



【北条加蓮「藍子と」高森藍子「私たちの大好きな場所で」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/05/07(金) 18:24:08.87 ID:ez+bq+sk0
キャラ崩壊注意



P「藍子ー、ちょっとそこの書類取ってくれ」

藍子「はーい」スッ

P「藍子ー、ちょっとお茶淹れてくれないか?」

藍子「はーい」スッ

P「……」ズズッ

藍子「美味しいですか?」

P「うん、心が休まるよ」

藍子「それはよかったです♪おかわりが欲しい時は言ってくださいね♪」ニコッ

P「あぁ」

未央「……ちょっとプロデューサー?少しあーちゃんに甘え過ぎじゃない?」

P「えっ」

P(確かに……藍子がなんでもかんでも言うこと聞いてくれるもんだからつい甘えてしまっていた……)

P「あいやすまんかった。これからはちゃんと自分のことは自分で……」

藍子「ダ、ダメです!」

P「えっ」

藍子「プロデューサーさんのお手伝いは、私が好きでやってるんですから。むしろ頼られなくなっちゃったら……私、寂しいです」

P「そ、そーお?じゃあこれからも甘えちゃおうかな……」

未央「まぁ、あーちゃんがいいならいっか……」

藍子「はいっ♪これからもして欲しいことは『なんでも』私に言ってくださいね♪」

P「『なんでも』!?」ガタッ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1620379448




【【モバマス】P「藍子はどこまでなら言うことを聞いてくれるのか」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/04/01(木) 23:42:56.30 ID:AeL2pmBa0
 

P「ゆるふわ抱き枕?……これが?」スッ

藍子「はいっ、晶葉ちゃんと芳乃ちゃんに手伝ってもらって、ついに完成したんです!」

晶葉「藍子から絶えず分泌されるユルフワニウムを抽出し、抱き枕に定着させたぞ」

芳乃「更に藍子さんの魂を切り分け、抱き枕を付喪神にしましてー。半永久的にゆるふわにうむとやらがほわほわし続ける、究極の抱き枕になりましたー」

晶葉「ユルフワニウムは吸飲者に色々良い効果を与える。これを抱いて寝れば快眠間違いなしだ」

P「そんなすごいものを俺のために……?」ジーン

藍子「はいっ!プロデューサーさんに癒されて欲しくって……」

P「くぅ……ありがとう!一生大事にするよ!」ギュッ

藍子「はうっ!?」ビクッ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1617288176




【【モバマス】藍子「ゆるふわ抱き枕、作りました♪」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

…………………

『……そうだそうだ! 白けた顔してんなよチャレンジャー!』

凛「!」

『ターフタウンで初めて見た時からファンなのよ! 頑張ってー!』

『おねーちゃんがんばえー!』

『まだまだ勝負はこれからぞー!』

ワアアァァァァァァァァ

凛「み、みんな……」

藍子「……!!」 




【【モバマス×ポケモン】藍子「めざせポケモンマスター! …ポケモン、マスター?」 後編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆7P/ioTJZG. 2020/09/19(土) 00:42:40.39 ID:Nxbdv+tR0
本スレは

凛「めざせポケモンマスター」 前編 

凛「めざせポケモンマスター」 後編 

凛「めざせ」 卯月・未央「ポケモンマスター!」 前編 

凛「めざせ」 卯月・未央「ポケモンマスター!」 後編  

凛「ああ、あこがれのポケモンマスターに」   

【モバマス】凛「ああ、あこがれのポケモンマスターに」(続) 前編 

【モバマス】凛「ああ、あこがれのポケモンマスターに」(続) 後編 

【モバマス】凛・藍子「1・2・3で飛び込め!」 前編

【モバマス】凛・藍子「1・2・3で飛び込め!」 後編

の5スレの続きです

・ポケットモンスター×アイドルマスターシンデレラガールズのクロスSSです
・アイドルたちがポケモン世界を冒険します
・本SSの舞台は架空のガラル地方です。地名は同じですが、ホップやダンデ等は出てきません
・各世代から色々なポケモンが登場します
・ゲームともアニメとも異なるオリジナル設定が存在する可能性があります
・基本デレマスの子が出てきますが、稀にゲストが混ざる場合もあるかも
・メガシンカ、Zワザ、ダイマックス全てが登場する予定です
・ときどき安価あり
・本SSは4スレ目より作者が変更しています

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1600443760 




【【モバマス×ポケモン】藍子「めざせポケモンマスター! …ポケモン、マスター?」 前編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆SbXzuGhlwpak 2016/11/18(金) 21:42:22.38 ID:nh94n7r+0
 

藍子「最初の頃は顔が怖くて体もおっきいし、口数も少なくて苦手でしたけど、少しすると私たちがアイドルとして輝けるようにがんばっていただけているのが伝わってきて」

未央「」

藍子「そのことがわかると怖いと思っていた顔も愛嬌があるように思えて、ちっちゃい子たちに振り回されて困り顔になっているところを見かけた時は、断りも無いのについ写真を撮っちゃいました。ふふ」

未央「」

藍子「傍に立たれると影に覆われてびっくりしていたのが、今では大きな盾に守られているようで安心できて、思わず笑ってしまいます」

未央「」

藍子「私が笑った理由がわからなくて、不思議そうに首に手をあてる姿がまたおかしくって、あとで茜ちゃんから聞いたら私たち五分ぐらいそんな感じだったそうです」

未央「」

藍子「気は優しくて力持ちという言葉は、未央ちゃんたちのプロデューサーさんのような方のためにあるんでしょうね……未央ちゃん?」

未央「……え、あ、何?」ガタガタ、ブルブル

藍子「どうしたんですか? 急に顔色が悪くなったような気が……」

未央「いやいやいや。今日も未央ちゃんは元気ですし」

藍子「それに、なんだか体も震えてませんか? ひょっとして風邪をひいたんじゃ」

未央「ハッハッハッ。ポジティブパッションは常にバーニング! 風邪なんかかかったりしないからアハハハハハ!」

藍子「でも唇だって青いし、テンションもなんだか上下が激しくないですか?」

未央「光の加減と目の錯覚だよ。テンションについてはパッションだからね。ちかたないね」

藍子「は、はあ」

未央「いやー、それにしても! さすがはあーちゃん! うちのプロデューサーの良さに気づくだなんて!」

未央「とってもいい人なんだけど誤解されやすいから、こうやってわかってくれる人がいてお母さんは嬉しいです」

藍子「もう未央ちゃんってば。プロデューサーさんは未央ちゃんの倍ぐらい年上でしょ」

未央「アハハ。そばにいると心配したりやきもきしちゃって、つい。まあ私の方がよっぽどプロデューサーの世話になってるんだけどさ」

藍子「フフ。でもあれほどかっこいい人ですから」

未央「うん?」

藍子「当然彼女とかいらして、ひょっとしたら結婚の約束とかもされて――未央ちゃん?」

未央「」



引用元: 藍子「CPのプロデューサーさん(武内P)ってかっこいいですね」未央「」 



 

  【藍子「CPのプロデューサーさん(武内P)ってかっこいいですね」未央「」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 北条加蓮「藍子と」高森藍子「表情を見てくれるカフェで」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/03/21(日) 20:53:33.55 ID:ap9HJUSn0
――おしゃれなカフェテラス――

高森藍子「加蓮ちゃんっ」

北条加蓮「それでさー、店員さん――おっ。来た来た」

藍子「お待たせしました。……注文をしていたんですか?」

加蓮「ううん。少し話してただけ。せっかくだからって、お互い言いにくい話とか」

藍子「へぇ~……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1616327613 




【高森藍子「加蓮ちゃんと」北条加蓮「表情を見せるカフェテラスで」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 高森藍子「加蓮ちゃんと」北条加蓮「ほどほどに賑やかなカフェで」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/02/28(日) 17:37:55.28 ID:NAfswMO00
――おしゃれなカフェ――

北条加蓮「やっほ。急に相談って……どしたの? なんか珍しいっ」

高森藍子「うん……。ありがとう、加蓮ちゃん」

加蓮「それは終わった後に言いなよー」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1614501474

引用元: 北条加蓮「藍子と」高森藍子「表情を見てくれるカフェで」 



【北条加蓮「藍子と」高森藍子「表情を見てくれるカフェで」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 高森藍子「茜色の夕日」

3: ◆.FkqD6/oh. 2013/10/07(月) 22:31:37.43 ID:wXzZV/Aw0

――――――――――――――――――――


To: ――プロデューサー
Sub: お元気ですか?



お久しぶりです。高森藍子です。


あれからもう一ヶ月ですが、お元気ですか?




私はCGプロで、レッスンやお仕事を頑張っています。


同じ事務所のお友達もできました。楽しくやっていますよ?


私を担当してくれているプロデューサーさんは、少し無口ですが頼りになる人です。


……でも、一番のプロデューサーは、あなたですけどね。えへへ。




私は、こっちの事務所で頑張っています。


たまにはあなたからも連絡くださいね?


では、行ってきます!



――――――――――――――――――――


引用元: 高森藍子「離れていたって、届くように」 


 

  【高森藍子「離れていたって、届くように」】の続きを読む

このページのトップヘ